January 26, 2009

広島の素敵なショップ、Minetteさんのサイトを拝見していて見つけた、おおお!と思わず唸ってしまった木製ペンケース。
写真や説明はこちらで是非ご覧を!
http://minette72.net/bungu/k-narapencase/narapencase1.html

最近、木製ペンケースに凝り始めた私としては、
これはもうとてつもなく魅力な商品。
蓋がしまる仕組みとか、二段になってるところとか、
楢の木で、純正エゴマ油仕上げとか、もうタマラン。
倉敷意匠計画室の商品です。

ああ、実物を見て触れて、その良さを思い切り味わいたい。
と身もだえする夕暮れ時。



(17:39)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 明治の舶来木製筆箱の図版 ??明治43年『伊東屋営業品目録』より?? その3  [ けふこの本棚と文具の引き出し ]   January 28, 2009 22:09
Kero556さんのブログの一つ、コーリン鉛筆カタログ化計画 ANNEXの記事「

この記事へのコメント

1. Posted by けふこ   January 26, 2009 23:40
この筆箱の形、明治の伊東屋のカタログに出ている「舶来製筆箱」によく似ていますね。
ふたがスライドして、さらに斜めに開くところも。
こういうのっていいな〜と思っていたら、今作っているところがあるとはうれしいです^^
何を選んで入れたらいいのか迷いますが。
2. Posted by Kero556   January 28, 2009 16:15
>けふこさん、
ふむふむ。既にあった形なのですね。
木製の筆箱は資料としていくつか入手したのですが(なので今手元にないものがほとんど…)中に入れるものを選んじゃって。素材同士の相性が大きいみたいで。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔