May 21, 2009

ある日事務所にくると、机の上にぽつーんと見慣れぬ箱が置かれていたのです。
なになに?おかし?あまいもの?スイーツ(笑)?
CA340261














とワクワクしながら箱を開けてでてきたのはこちら。
CA340262







HORII FAX EXCITER LAMP
HORII FAX 記録針
FAX STYLUS(上の記録針と同じもの)
ハケ

食べ物じゃなかったことに多少がっかりしつつも、気を取り直して箱に描いてある文字を読んでみると…
あら、もしかしてこれは、ガリ版を発明した堀井さんの、堀井謄写堂の製品じゃないですか。そういえばわっしーさんが滋賀のガリ版伝承館に行くとか行かないとか言っていた、そのアレですね。ドレだ。

CA340263







ところでファックス記録針って何だろう?
ファックスに針なんてあったかしら?
と調べてみると…
初期のファックスはなにやら物々しい方法で印刷されていたようなのです。
wikiによれば、
初期には、放電破壊式が用いられた。表面に黒色の導電層と白色絶縁層の2層を塗布した放電破壊を使用し、走査を行う記録針に高圧を印加して導電層との間で放電させる。これにより表面の絶縁層を除去して内面の黒色を浮きだたせ、文字を印刷する物だった。印字中は放電に伴いオゾン臭がするという欠点があった。

     放電…破壊…絶縁層…高圧…オゾン臭…

文字だけ拾い出すと、なんだかすごいです(笑)。
字面に圧倒されて、あらぬ方向に妄想が暴走し、本来の機能を頭に描けません。こまったこまった(笑)。
ここのサイトの上部に初期ファックスの写真が掲載されていますが、こういうものに使われていたんでしょうか。このサイトもなかなか面白いです。手回しハンドルのついたファックスもあります。



ファックス記録針がなくてお困りの方がいらっしゃいましたらご一報を。
Kero宅にありますよ(・∀・)


(18:24)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 松本麗香   May 23, 2009 06:47
こんにちは(^-^)

そんな無骨な箱に入っているスイーツって、何が頭に浮かんだのですか?(笑)

ファックス稼動中はオゾン発生しているので、近くにいれば
インフルエンザの予防になるかな?(謎)

 
2. Posted by Kero556   May 28, 2009 17:21
>麗香さん、
雷オコシ的なものを想像してにんまりしてました。
ってそれはスイーツじゃないか(笑)
丁度夕方でお腹減ってるときだったからつい^-^;

オゾンって消毒消臭できるんですねぇ。
知らなかった…
3. Posted by やまかつ   June 04, 2009 01:39
ファックスが「ぴ〜ひょろ〜」という音ではなくて「まいやひ〜まいやふ〜」とかいう異音を発しているとかいう話ですよね?(←かなりの力技)
#いちおう「オゾン」と「イオン」も掛けてたり。(←言うなって(^^;))
4. Posted by どーむ   June 17, 2009 23:27
この針だって心の舌で味わえば甘いかもしれない(*´艸`)

へーこんな方式でまで送る原稿ってよっぽど大事な文章だったんでしょうね。
5. Posted by Kero556   June 29, 2009 17:01
>やまかつさん、
そうそう、って何でやねん(笑)

>どーむさん、
そっかぁ、私もまだまだ修行が足りないですね…。
昔は電話にしろ電報にしろ今よりもずっと貴重だったでしょうから、よほどの急ぎや大切なものだけを送ってたんでしょうね。そう思うとほんと今は便利です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔