親というものは

親というものは、何があっても子供の味方であることはわかる。
しかし、その供がひどい裏切りを犯し、それが原因でカットしたのを「捨てた」と非難されても、逆にこちらが腹がたつ。もともと誰が悪いというのだろうか。

最近の報告

自分でも、「癒し」をもとめての行動だらけだと思う。

ガルパンにはまる。
ガルパンはいいぞ。

BABYMETALにはまる。
TOKYO DOMEは落ちた。
生METAL見たかった。

フィギュアにはまる。
安いのばっかりだけど。
このへんで、癒しを求めているのだと自覚した。

ギターにはあいかわらずはまってます。
全然うまくならないけど。
スクールに通いたいけど、だれかのせいでお金が全くない。
先週8000円弱でJUNKのLes Paul もどきを手に入れ、自分で直した。
かっこいいんだけど、重いし、座って弾くと、角があたって痛い。
やっぱり自分は、ストラト派。

裏切られた心を、少しずつ癒してきたつもりですが、
また元に戻った感じ。

食欲なし。

ギター弦高調整

大学時代に購入した、フェルナンデスのストラトタイプのギターですが、弦高が高くて弾きにくいので、弦高を下げました。ネックも反り気味だし。

フロイトローズのライセンス品が付けてありますが、どうせアームは使わないので、フローティングしない状態にしました。まず、ユニット全体の高さをきめるボルトを目一杯締め、ついでにボディー裏のバネも強くなるように、これまた目一杯に調整。バネを追加することなく、ノン・フローティング状態になりました。

ついでにトラスロッドを締めて、反りも修正。

当然、オクターブ調整は必要になってくるのですが、これは大変でした。フロイトローズは、これがとにかく厄介ですね。チューニングメーターで測って、弦を緩めて、六角レンチでボルトを緩めて調整して、またチューニングして、測って、やり直して、というのを弦6本ですから。正直、妥協しました。

でも、弦高を下げる前、3弦4弦で和音がおかしかったのが治りました。
そしてなによりも、大幅に弾きやすくなりました。
ネックが薄すぎて弾きにくいのは、解決しようがありませんが。

我慢できず

リッチー・ブラックモアになりたくて、3シングルのストラトを入手してしばらく弾いていましたが、ディストーションサウンドでは、リアのシングルがなかなか扱いづらい。

ノイズの関係でゲインを上げづらいし、できる音色もなんだかいまいち。
リッチー以外も弾きたいし。

で、ネットで買ってしまいました。
GOTOH pickーupsのtwin-rails。

ペグのGOTOHとは関係ないらしい。 ペグはもとからGOTOHですが。

自分で交換するので、半田ごて関係の工具などもついでに入手して、あわせて6000円ぐらいでした。

20年ぶりのはんだ付けなので、手こずりました。

ネット情報で、3芯のうち赤がタップ線だということは確認済みで、ピックアップ付属の回路図から白がHOT、黒がアースと判断して、配線しました。(フェンダージャパンも、そうなってた)

一応、ハーフトーンがフェイズサウンドになるのは避けたかったので、古い弦を張って確かめたはずだったのですが、組み上げてみたら、やっぱりフェイズっぽい。

大昔、フェルナンデスのギターにスーパーディストーションをつけたときにもやらかしましたが、またやってしまった。

そんなこともあろうかと、わざわざ入手した安い弦を張ってありますが、それでももったいないので、というよりも気力が萎えたので、この弦を張り替えるまで、フェイズのままにしてしておきます。

で、肝心の音ですが、現状、満足しております。ハムバッキング構造ですから、当然ノイズは激減。シングルのキラキラ感は全くなくなりましたが、普通のハムバッカーよりは倍音を拾っている感じ。思いっきり歪ましても大丈夫です。

調子こいて、はずしたフェンジャパのピックアップを激安Photogenicにつけてみましたが、音色以前に、Photogenicの中身がすごかった。

配線やはんだ付けは、すっきりかつ上手。しかし、もとのピックアップのケーブルがひどい。同軸構造というか、ホットのワイヤーの外をコールドの銅線が覆っているんですが、それがしょぼい。被覆を剥いても、出てくる銅線が黒いって、どういうこと?

あと、ボリュームポッドに半田が全然乗らず、ヤニを買ってこないとダメかと思いました。もちろんヤニ入りはんだを使用しております。実際、ポッドにはペーストを付けたような跡がありました。自分の作業は、かなり怪しいはんだ付けだったので、そのうち全部やり直す羽目になるかも。

フェイズのチェックをしたいから、テスターは買っとこ。

クリスマス気分

去年の12月は、クリスマスどころじゃなかった。

自分の欲望のために、人に平気で嘘をつき、騙し、利用し、お金をとり、裏切る。
そんなやつが、この世の中には存在することがよくよくわかりました。

こんな奴らは、倫理観とかなんにもない。

自分に何の落ち度もないのに、傷つけられ、世間的に恥をかき、不便を強いられ、
更に面倒な手続きをしなければならない。
解決に向け努力していきますが、それは100%自分を守るためです。

自分の人生設計は、完全に狂いました。
今でもたまに夢にみて、最悪の気分で目が覚めるときがあります。
だから、寝たくないです。

私はわりとPCとかその手のものが好きな方だと思いますが、
SNSは誰がなんと言おうと、出会い系サイトとして完全に機能していることもわかりました。
原子力利用は、核兵器と同じだから悪という理屈がありますが、
それならSNSも出会い系として使えるのだから悪という理屈になってしまいます。
電話だって、LINEだって、SNSだって、便利な技術を悪い連中が使えば、
核兵器と同じ。こいつらは核兵器を批判する資格はない。


そして、決して立ち直ったわけではないのですが、
ある程度、心の整理もついてきたような気もしないではないので、
今日はクリスマス気分を味わいに、ちょっとお出かけしてきました。

ドイツでは、クリスマス前になると教会前の広場に屋台が並びますが、
それを真似したところに、ちょっとだけ行ってきました。

牛肉のカツ(名前は忘れた)とバームクーヘンを揚げたのを食べてきました。
強烈に高かったですが、うまいことはうまかった。

ようやく、美味しいものを美味しく食べられるようになったことを感じました。

自由に生きて行こうとは思いますが、人を傷つけたり、騙したりはしない。
決して。
人として最低の、当然のことです。

それはそうと、ストラトがEの音でトレモロユニットのスプリングが共振していたんですが、
スプリングを増やし、スプリングのテンションを上げることで、解決できました。
アーミングにはとんでもない力がいりますが。
ほとんどしないからいいけど。

あぶないところだった

今日、ハードオフに行ってみたら、Squierのストラトがけっこうきれいだったのですが、8000円ほどで出てました。ピックアップはシングル3つのスタンダードなストラトでしたが、欲しい音はフロントとリヤにハムバッカーをつけた音。このストラトを改造すればいいやと思わず買いそうになりましたが、よく考えたらハムバッカーを2つ買う金額で、Squierの新品の2ハムが買えてしまう。

あせってはいかんね。

で、ストラップ(フェンダーのフォノグラム)とアイアンメイデンの一番新しいライブを、それぞれ中古で買ってきました。しめて3000円もしない。

これは安かった。

まあそれはともかく、ハードオフは、弦など消耗品が安い。鮮度に問題はあるかもしれませんが。
某ネット通販大手よりも安い。

なお、その帰りに業務スーパーでいろいろ安い食料を買い込んできました。

若気のいたり

最近少しずつですがギターの練習をしています。
調子こいて木村カエラのファーストアルバムのスコアを古本で購入し、ちょっとずつコピーしているのですが、なんかギターが弾きにくい。なんだか弦高が妙に高い気がしてチェックしたら、ネックが少し反ってきたようです。

わがギターは、ボディーはストラト系ですが、ネックは80年代へヴィーメタルがはやったころの、ヘッドがとんがっているやつです。フェルナンデス製ですが、カタログにはないモデルで、たぶんイシバシ楽器オリジナル。ヘッドが後ろに反っていて普通のハードケースに入らないのがガンですが、トラスロッドの調整がヘッド部分でできるんですね。

で、今日、調整してみました。

トラスロッドは六角レンチで回すのかと思ったら、ナットを回すタイプ。手持ちの8ミリのソケットだと空回りするので、サイズを測ろうとしたらノギスが入らない。6ミリくらいにも見えましたが、情報を収集すると、7ミリのようです。なのでホームセンターでメガネレンチを買ってきました。60度くらい締めこんだら、ちょうどよかったようです。

ども、めんどくさかった。ナットを回して、弦をはってネックの様子を見て、また弦を緩めてまたナットを回して。
大したことはないのでしょうが、フローティングしているフロイトローズが、弦のチューニングを困難にします。

ここまでは若気の至りではないですね。

若気の至りはそのギターの中身。ギターのカタログとかを見ていると、ハムバッカーのタップスイッチとかいいなあと思ってました。自分でつけたスーパーディストーションは古いので、そんな配線は無理かなと思ってました。なんですが、今日ふたを開けてみたら、スーパーディストーションからのケーブルが4芯になっていたし、トーンポッドの下に6ピンのスイッチみたいなのがついています。あれっと思ってトーンポッドのつまみを引っ張ってみたらスイッチになっていました。なんと自分でパラレルの配線をしていたんですね。(はんだ付けが汚いから)

ストラトってスプリングが鳴るのね

知らなかった。
ストラトって、ブリッジ側ピックアップが、トレモロユニットのスプリングの振動を思いっきり拾うのね。アームを使わないことにして、スポンジでもいれちゃうか、スプリングでも増やすか。

今日は休みではありましたが、買い物で忙しく、あんまり弾けなかった。コーヒー、お茶の買い出し、カレンダーなど。洗車しようかとも思いましたが、時間的にまるで無理。

日が暮れてからハードオフに行きましたが、エレキ関係の弦など消耗品が以外と安いことを発見。商品の回転が悪い可能性はありますが。あと、ほとんど新品のような、初心者向けのギターが5千円弱で複数売られていました。本当の初心者には、お店が頼りにならないからダメでしょうが、仲間がいれば大丈夫か?

完全に日が暮れて帰宅したら、接点復活剤が到着していたので、サブのベースのメンテナンスをしました。ピックガードを外したんですが、経年劣化で、ピックガードが縮んでいるのか、ピックアップと干渉していました。ピックアップ下のスポンジはやっぱり死んでました。そのうち交換したいと思います。フレットも磨きましたが、ハイフレットは、何箇所か錆びがひどくて残念。弾かないあたりではあるので、問題はあまりないけど。

もう寝る。

いいもの見つけた?

2台あるプレシジョンベースですが、どちらもコンディションは悪そう。

メインは、異常にピックアップが沈み込んでいるので、ピックアップしたのスポンジみたいなやつは死んでいるっぽいです。ボリュームポッドもガリがあることが判明。
サブは、ジャックがなんかゆるい。こちらもまた、ピックアップ下のスポンジみたいなのは、ダメっぽい。今、接点復活剤を発注中なので、到着したらピックガードを外して、中を見てみようかと。

で、見つけたものは、ディマジオのPre Wired PU set。ピックガードにすでに配線がしてある状態で、ピックアップが付いて1万3千円ちょっとくらい。取り付けも頼んでも、比較的安くできそうです。

しばらく様子をみて、必要であればつけてみようと思います。


そして最近、ほぼ毎日ギターかベースを弾くようにしていますが、独学なので、とても効率が悪い。今、お金も暇もないのであれですが、しばらくして仕事も落ち着いてきたら、教室でも通ってみたいかな?

その場合、ちょっと気になったのが我が機材。ギターは相当調子こいちゃった仕様(ディマジオの半分ピンクのハムバッカーとか、フロイトローズもどきとか)だし、ベースはクソ下手なくせにUSA。しかもブリッジは交換ずみ。

初心者としてはかなり恥ずかしい状態。

フレット磨き

メインで使っていたプレシジョンベースですが、20年に及ぶ放置によりフレットに錆が浮いておりました。なので今日、磨いてみました。

用意したものは、フェルナンデスの「スクラッチメンダー946」とマスキングテープ。いきなりプレシジョンベースでやるのは怖いので、まずはフェルナンデスのギターでやってみました。

指板をマスキングテープで覆って、ウェスにほんの少しスクラッチメンダーをつけて磨けばよいわけですが、およそ1時間半ほどかかりました。結構疲れたので、ベースの方は来週にしようかと思ったのですが、今日やってしまいました。

かかった時間は約2時間。錆びの浮いているフレットはやっぱり大変でした。まあ、休み休みやりましたが。さらにマスキングテープでネックの塗装が1箇所割れてしまいました。

多少のトラブルはともかく、綺麗になったことは嬉しい。

あと、サブのベースの方ですが、どうも電気系が怪しい。ピックアップは生きているようですが、ジャックがかなり腐食しているみたい。これは直したほうがいいかも。

ストラトサウンド

え〜またもギターネタです。

復活させたギターは、フェルナンデスの、楽器店オリジナルモデルで、1988年ごろ、確か5万円で購入。ストラトスタイルですが、ピックアップはSSH。ネック先端がとんがっていて、しかも後ろに反っています。ナットは最初っからフロイトローズのように、ロックするタイプでしたが、トレモロユニットはフェルナンデスオリジナルの、フローティングタイプながら、なんだかしょぼいものでした。そして若く無謀だった私は、早速改造したのでした。

まず、トレモロユニット。あらかじめどっかでやす〜く買っておいた、フロイトローズのライセンスモデルを打ち込みました。タケウチのTRS−101というやつです。特に加工なしで、装着できました。

次にピックアップ。リヤのハンバッカーは、これまたどっかでやす〜く購入した、ディマジオの多分スーパーディストーションに交換。半分ピンク色しています。どうでもいいですが、国産のピックアップと洋物のピックアップは極性が違うので、配線時に気をつけないといけません。というか、一回間違えました。そしてセンターのピックアップは、ピッキング時に邪魔な気がしたので、外してしまいました。

それにしても若気の至りというか、ギター初心者のくせに、いきなりフローティング式のトレモロユニットのブリッジ調整まで、自分でやっていたのですね。多分、チューニングメーターを使ったのでしょう。

なお、2本所有しているフェンダーUSAのプレシジョンベース(両方とも78年ごろ製のを中古で購入)は、ブリッジをバダスに交換し、トーンポッドを無効にしてあります。

そんなギターとベースを復活させたのですが、練習しているのは、レインボー。我がギターの音は、ロック式のナットがいけないのか、ディマジオのピックアップがいけないのか、それともボディーか、薄すぎるネックか、とにかく無機質な音がします。初期のレインボーであれば、シングルコイルの、もっと深みのある音がマッチすると思うんです。

その辺にけっこう悩んでいます。演奏の下手さはさておいて。

ギターアンプ

IMG_0043エレキベースはアンプ無しで弾いても結構大きな音が出ますが、エレキギターはアンプ無しだととてもつまらない音ですね。なので、どうしても欲しくて、お金はないのですが、買ってしまいました。

写真右側のがそうですが、ギターのジャックに差し込んで、ヘッドフォンへ出力してくれます。我が家は木造アパートなので、これは便利。お値段は2千円しません。VOXのが有名なようですが、これは約半額。我がギターがまともに生きているかも不明だったので、これにしました。
ショップのホームページによると、種類は3種類。「Vintage English」「Valve Tone」「Super Solo」ですが、一番歪んでそうな、「Super Solo」にしました。Metal者の私には、なかなか良いです。

写真左側は、チューナーです。1000円もしませんが、ギターやベースのネック先端に挟むだけ。ケーブルもいりません。実に使いやすいです。ごく稀に、うまく使えないこともありますが、固定場所をちょっと変えるとだいたい大丈夫です。

なお、ベースにこのアンプを突っ込んでみたら、一応音が出たので、ベースの電気系も、なんとか生きているようです。

20年ぶりのギター・ベース

20年間放置してきたエレキベースとエレキギターですが、久しぶりに弾いてみたくなりました。

先週末を利用して、ベースを2本綺麗にしました。弦は古いままですが、一応チューニングはできたようです。ベースの弦は高いので、そうおいそれとは買えません。先ほど、ストックを発見したので、そのうち張り替えようと思います。2本ともカラーはサンバーストであり、掃除機をかけて磨いたら、ボディーは綺麗になりました。残念ながら、片方は金属パーツのサビが結構出てて、こちらは磨いても磨いてもダメでした。手の感触が悪いことを除けば、使用には問題ありませんが。

今週末は、エレキギターを綺麗にしました。こちらはホワイトパールでしたが、クリーム色に変色しちゃっています。金属パーツに関しては、こちらもまた、けっこうやられちゃっていました。弦は、ストックがあったので、早速張り替えました。

先週、ギターチューナーを買ってきてあったので、弦の張替えは楽だったと言いたいところですが、6本いっぺんに張り替えたのが失敗でした。掃除のためでもあるんですけど。

というのは、チューニングがドンドン緩んで行っちゃうんですね。わがギター。

最初は、弦が古くて、どんどん伸びているのかと思っていたんですが、違いました。トレモロユニットが問題でした。このギターは、自分でトレモロユニットを交換していたんですが、フロイトローズのライセンス品を、フローティングで使っていました。そのせいでした。

ああ、びっくり。

PC改造

2013年春に中古のXPマシンを購入し、Lubuntuをインストールして運用してきましたが、この夏からかなり手を入れました。というより、もとのまままのはケースだけです。

まず、もとのPCは、ドスパラのBTOで、CeleronD330でした。(購入価格は、送料込みで約6千円)
あまりの発熱に、ケースファンを増設しておりました。

この8月、最初の大改造をしました。
CPU     PentiumG3220(約6,000円)
マザーボード ASUS B85M-K(約5,000円)
メモリ    バルク PC-3 12800 4GB(約4,000円)
電源     玄人志向 KPRW-L4-400W/A(約3,000円)
HDD    SATA 80GB(手持ちの中古)
これにUbuntu14.04をインストールしました。いろいろやっているうちに、不便なので
DVD    バルク(約2,000円)

9月に入ってから、
OS     Windows8.1 Update 64bit(約12,000円)
SSD    ADATA Premier Pro SP600 128GB(約7,000円)

Ubuntuもインストールし直し、SSDにWindows8.1、HDDにUbuntuのデュアルブートになりました。

結局安いBTOパソコンが普通に買えるくらいのお金がかかってしまいましたが、CPUが若干いいこととSSDの効果で、かなり軽快です。

やっぱりSSDだな。

スマホ その3

今日、車をいじっている最中に落っことしてしまいました。まあ、ケースには入れていたので本体には傷がつかなかったようです。

バッテリーについてはやはり、新品に入れ替えたら快調に動いているので、もともとは寿命であったようです。カーナビソフトも順調に動いておりますが、誤差が多少あるので、細かいところは信じすぎてはいけないようです。

GPSの精度について言えば、GPSをスイッチオンして30分くらい同じ場所に置いておいてその記録を見ると、あたかもあっちいったりこっちいったりふらふら歩いているような記録が残ります。最終的に置いてある場所にたどりつきますが。その時の精度は相当高く、数m以内に入ります。で、その後はかなり正確ではありますが、GPSアンテナの設置場所で大きな影響を受けます。例えば衣服のポケットに入れたりすると、大荒れのデータとなります。なんでかと言うと、ちゃんと理解はしておりませんが、GPSというのはGPS衛星からの時報信号をいくつか受けて、それから地球上の位置を計算する訳ですが、間にものが入ると、特に水分を多く含む人体のようなものだと、電波が遅延し、精度が狂う原因となるのです。ですからアンテナの設置場所として最適なのは、車の屋根の上なのです。それがだめならせめて、フロントガラスの真下のダッシュボード上くらいがいいところです。

いいスマホホルダーが欲しいところ。

スマホ その2

結局バッテリーはどうも怪しいです。
時々電気を受け取らなくなってしまいます。

で、買っておいたバッテリーに付け替えたところ快調です。

その他、F-11Dにナビソフトをインストールしましたが、こちらも問題なく動いております。

スマホ

スマホを買いました。とはいっても中古。

買ったのはARROWS Me F-11Dで9千円くらい。それに月1000円くらいのSIMをつっこんで、ガラケーとの2台持ちです。機種を選んだ基準は、
1 安いこと とにかく安いこと
2 Android 4以降
3 できれば状態がきれいなこと
その辺に合致したのが上記機種。

で、到着したものは傷も無く、それどころか取説も開いた形跡すら無く、使用すらされなかったのではないかと思うくらい。第4世代iPod touchと同じくらいの重さ大きさで、持ち歩きは楽です。

1週間くらい使ってみました。

まず、ブラウザは強烈にモッサリ。なのであまり使っておりません。スペック的にも1.0GHzのシングルコアなので、あたり前でしょう。また、回線も3Gなので、それも遅い原因かも知れませんが。

それよりも前に、使用開始が意外と面倒でした。
まず、自宅のWiFiにつなげなければなりませんが、それはよかった。しかし、会社のWiFiについては、ルータが古いこともあり、設定に四苦八苦。結局IPアドレスが重複していてつながらないということが、判明し、会社のルーターを設定し直すはめに。

バッテリーの持ちは悪く、夜充電して、出勤して、帰宅するまで持つか持たないか。

ある日、寝ている間に充電していたら、朝、充電エラー。その後、会議中にどえらく発熱し、あっという間に電力を使い果たしそうになっていました。で、バッテリーが死んだかと勘違いし、ドコモショップに行ってみたらバッテリーの在庫は各店に無く、結局ヨドバシに発注。

その後、バッテリーは満充電可能になり、どうやらアプリの暴走が絡んでいたみたいです。
その根拠は、とあるニュースアプリが、強烈にデータをダウンロードしていた。そしてそれをアンインストールしてみたら、バッテリーの持ちが急によくなった。

なので、アプリの暴走に注意が必要なようです。

もてぎ行って来ました

日月でもてぎに行って来ました。
日曜日はもてぎチャンピオンカップレース第1戦の観戦、月曜日はモテラスポーツ走行で、宿泊は贅沢にもホテルツインリンク。

レースは主にVITAの偵察でした。シビックとの混走で、確かにタイムはあんまり変わらないようですが、車体の大きさがかなり違うので怖くないのかな?

ホテルは食事も良く快適でした。発見したのはソファーとはとても気持ちいいものだということ。今までは腰が良くないので敬遠して来ましたが、考えが変わりました。

モテラの方は、タイムはめちゃめちゃでした。1コーナーを上手く走れないこと、ヘアピンの走り方も早い人と全然違うことが判明しました。特にヘアピンは、適切にブレーキを残して進入すればテールスライド気味に小さく回れそうですが、それが全然ダメ。
したがって次回は外周で、1コーナーとヘアピンに絞って徹底的に練習したいと思います。

久しぶりのもてぎ

本当は先週行くつもりだったのですが、雪のため1週遅らせてしまいました。もてぎは営業していたのですが、うちの車が無理でした。

でモテラは5か月ぶりでメタメタ。スタックこそしませんでしたが、コースアウトは数知れず。1コーナー出口でドリフトしてしまった。

水戸で一泊して、偕楽園の梅祭りと茨城空港を見学して帰って来ました。

梅祭りは、まだほんの少ししか咲いておらず、もう1から2週間後ぐらいがよろしいかと…

茨城空港は、思ったより人はいて、レストラン類もさほど高く無く、自販機は完全に普通の値段。
2時間くらいいて旅客機は出発2機しか見れませんでしたが、T4とかファントムとかはいっぱい見れました。15は残念ながら、飛ぶのは見れませんでした。

また行きたい。
The next version of Ubuntu is coming soon
swift67dsをフォローしましょう
旅の空
kaela
Profile
けろおっと
けろけろビッキーの夫です。Macをつかって15年。
あっという間でありました。
  • ライブドアブログ