ウチごはん

October 16, 2018

Vol.3365 松茸すき焼き

23B528F4-4A4F-4643-BC8B-091F3DAA7218
みっちゃんが小布施の六斎市で買ってきた松茸。世の中にはめったに掘り出し物は無いのだが、これはまさに破格の安さ。聞けば松本産だと言う。中国産ではない。全長約13cm。獲れたての瑞々しさだ。

IMG_1542
もともとこの日はすき焼の準備をしていた。手で裂いて鍋に投入。部屋の中が松茸の香りで満ちる。

IMG_1543
他の農直やツルヤで見ると同様の松茸が一本4000円くらいする。思いがけないご馳走に大満足の夜。

kerokich at 00:06|PermalinkComments(0)

August 30, 2018

Vol.3337 なんちゃって海鮮丼

相変わらず忙しい日が続いています。今が線香花火の最後のバチバチでしょうか。今年の「軽井沢の夏終了日」は9月2日(日)と想定しています。この日から「作り過ぎ注意報」が発令されます(笑)
DFA90555-E802-445E-9BEB-EF89E85B0447
そんなけろけろ週始めの木曜の夕食。ツルヤのお刺身が安くなっていたので家に帰ってから簡単酢飯を作り庭の大葉を取ってきて「なんちゃって海鮮丼」を作った。ホントはイクラやウニも入れたかったけど、まあまあの出来。今日はこれを食べて10時過ぎに寝る。また週末に向けて忙しいから。

kerokich at 22:35|PermalinkComments(0)

August 06, 2018

Vol.3324 ケンタディナー

05EDDE61-E47F-4AE9-9675-65336B1D67B9
朝6時から夜8時までの労働がずっと続いている。自分達が食べるものもろくに作れない、いや作る気にもなれないこんな時、お客様からケンタッキーフライドチキンの差し入れ。我々はこれを外で鉄板で焼いて食べるのが大好き。この夜はチキンの他にほうれん草のバター炒めとちくわも焼いて。

A0412CCD-B425-4009-8528-5798EFAA8C79
夏を乗り切るにはとにかくよく食べ、よく寝ること。これしかない。

kerokich at 06:32|PermalinkComments(0)

July 30, 2018

Vol.3320 ある日の夕食

土日は台風が接近中だと言うのに超多忙。今日月曜日は天気も落ち着いて来たのに暇です。ホントに商売は解らない。おかげで仕込みと掃除が進みます。
441F90B6-E761-41AC-9034-963D71F3BE89
さて、そんな多忙な日は結局ろくな物を食べていない。そんなことが続くと力が出ないので最低限の栄養を付けようと努力してみる。この夜の夕食は釜揚げうどんに「CAVA CAN 納豆」枝豆、ビール、ツルヤの鰹たたき。このCAVA CAN (サヴァ・カンと呼ぶ)岩手県の缶詰メーカーが作った岩手産の鯖を従来の味付けの常識を破り、オリーブオイル(プレーン)味、レモンバジル味、そしてこのパプリカ・チリ味の三種で発売。品薄になるほどの人気だそうだ。友達が差し入れてくれた。ウチでは昔から納豆に鯖缶を入れて食べているので、おそらく(ちょっともったいないが)この高級サヴァ・カンを入れても美味しいのではないか、と。

釜揚げの讃岐うどんをこのサヴァカン納豆に漬けて食べるのだ。

美味しい!!!
スパイスと納豆の絶妙のコラボ。

次はレモンバジルだ。

kerokich at 16:57|PermalinkComments(0)

May 24, 2018

Vol.3280 えびめし

最近は「寒い」日が続いている。昨日の最高は12度だった。今日はいきなり10度以上アップするらしい。
25D2FF32-44AC-46E1-97B3-0420403CD366
さて、お客様からこんなものを戴いた。岡山のインスタント「えびめし」 確かケンミンショーで昔やってたな。インスタントのわりになかなか手が込んでいて、フリーズドライのえびと野菜を熱湯で戻し、炒めたご飯に特製のソースといっしょに混ぜると言うもの。とても良くできていてインスタントとは思えない旨さだった。

70BA9CFF-5B2A-42A0-93D0-B7E85D06C711
今や岡山の県民食とまで言われるえびめしだが、発祥の地は渋谷の「いんでいら」と言うカレー店だと言うから驚きだ。岡山出身のここの店員さんが里帰りして店を開店した時、本店から許可を得て作ったのが始まりだと言う。何といってもこのソースが特徴的。ドミグラソース、ケチャップ、カラメルなどが入っているようだ。

渋谷を中心にチェーン展開をして一世を風靡した「元祖」えびめしの「いんでいら」は渋谷再開発の際に移転してから急激に業績が落ち、今は道玄坂の一店舗を残すだけだという。皮肉な話だ。

kerokich at 07:24|PermalinkComments(0)

May 12, 2018

Vol.3272 山椒しゃぶしゃぶ

軽井沢は静かで爽やかな、一年で最高の季節を迎えています。先週までの混雑が嘘のよう。何故皆さんいらっしゃらないんでしょう。
2295281E-8BED-406D-BD52-7EFCFCC60204
さて、今日は春の訪れとともに必ず食べる「山椒しゃぶしゃぶ」のご紹介。山椒は今ちょうど食べ頃です。軽井沢の林をちょっと歩けばいくらでも見つかります。

C731DF5E-F633-42CA-9EBE-4DDC83F26C60
材料は、、、

・しゃぶしゃぶ用の国産牛肉
・出汁(鰹と昆布の合わせだし)無ければだしの素で
・醤油、酒、みりん、薄めのうどんのつゆ程度の濃さのつゆ、醤油は薄口がオススメ
・白菜、豆腐、きのこ類、(ネギ、春菊など香りの強い野菜は避ける)
・山椒の花芽(肉一枚に1軸使う)
・お好みでシメのうどん(稲庭、五島うどんなどが合う)事前に固茹でにしておく

山椒は今の季節の柔らかい花芽だけを使うこと。これを逸して夏のしっかりとした葉を使っても硬くてアクが出て美味しいしゃぶしゃぶにはなりません。お肉は国産の柔らかいお肉を使うこと。輸入肉ではアクばかり出て美味しくありません。山椒の葉は煮てはいけません。お肉を湯がいて食べる直前にさっと鍋に投入していっしょに食べます。山椒の香りが口中に広がります。これに冷やしたキレの良い大吟醸酒を合わせれば言うことなしです。是非お試しください。

kerokich at 13:37|PermalinkComments(0)

April 23, 2018

Vol.3255 ソトケンタ

C7C85E91-B3DB-4FD7-B9D8-BFF28598679B
土曜・日曜とお日柄がよろしかったらしく、建築ラッシュ真っ只中の軽井沢では上棟式がたくさんあったようだ。お陰でけろけろキッチンにも3件ほどお弁当のご予約があり、朝早くから大忙し。それに加え、都心が異常な暑さとなったため今年初めて「避暑」に来られる人も多かったようで店頭も久々のにぎわい。

疲れて帰って来て、夕食に何を食べようかと言うのがいつも問題。帰ってから料理をするなんてあり得ない。外食はお金がかかるしお酒も飲めない。店の残り物? それともツルヤの何か? などと思っていたところになんと常連のお客様から差し入れが。

ケンタッキーフライドチキン。定期的に食べたくなるヤツ。ヤッター! 夕食はこれで決まり。店にある野菜を適当に集めてサラダにして持ち帰り、風呂に入ったあと庭でチキンを鉄板焼きにして食べる。庭の木々もやっと新芽が出始めた。仕事の後に新緑の下で食べるチキンとビール。ソトケンタ最高! I さんごちそうさまでした。

kerokich at 07:24|PermalinkComments(0)

February 02, 2018

Vol.3202 苺のリゾット

三週間ぶりに軽井沢に戻ってきた。
B695E273-C9D2-452F-A104-53306019A0A7
在軽の友人と久々の夕食。ぽんきちは苺のリゾットを作りました。手土産の赤いシャンパンに色も味もベストマッチ。美味しかったぁ。

AB8E58B1-8358-43D0-BB0E-B555B3CAF097
夜も更け、雪の中を帰って行きました。

kerokich at 10:28|PermalinkComments(0)

August 28, 2017

Vol.3096 夏の非常食

夏は店の商品も毎日完売するし、わざわざ夕食を作ることも、ましてや外食するなど以ての外。そもそもどこのレストランも長蛇の列。予約だって取れやしない。
IMG_4909
そんな時に助けられているのが友達がお土産に買って来てくれる真空パックの「崎陽軒のシウマイ」外にホットプレートを持ち出し残り物といっしょに焼いて食べればりっぱな夕食。ご飯はちょちょいとチャーハンにして、あとは紙皿をゴミ袋に捨ててしまえばごちそうさま。いやぁ助かるなぁ、ありがとうFさん。またお願いします。

kerokich at 12:40|PermalinkComments(0)

July 26, 2017

Vol.3083 枯れた鉄板焼き

雷雨や大雨の予報がさっぱり当たりません。一日中どんより曇り時々雨は降るものの傘もいらない程度。しかしこの湿気はタマリマセン。
IMG_4813
さて、そんなパラパラ雨の中駐車場でささやかな鉄板焼きのディナー。鉄板右側には一応牛カルビがあるのですが、この夜は無性に魚肉ソーセージが食べたくなり、厚揚げとオクラといっしょに焼いているのであります。日本で本格的ソーセージがまだ普及していなかった昔、ソーセージと言えばこの魚肉ソーセージか何の肉が入っているが正体不明な真っ赤なタコソーセージだった。その当時の味覚が未だに忘れられず、たまに食べたくなり、食べればそれなりに美味しく感じるおやじぽんきちです。

kerokich at 00:06|PermalinkComments(0)

June 24, 2017

Vol.3067 納豆ディナー

IMG_4669
このところ飲み過ぎ食べ過ぎが続いているのでそんな時はデトックスを兼ねて夕食のおかずは納豆のみ。他には何も食べません。もっとも納豆には刻み葱と大葉、酒少々、鰹節、卵が入っていますが、、。大好きな「しもにた納豆」は経木入りの大判を三つ一度に食べてしまいます。ご飯は茶碗に一杯だけですから明らかに納豆の方が多い。これを納豆ご飯と言うのかご飯納豆と言うのか、、。まぁ、とにかく納豆を大量摂取した翌日は体調がすこぶる良いのであります。

kerokich at 00:24|PermalinkComments(0)

July 20, 2016

Vol.2833 彩り野菜と大シジミのパスタ

image
青森県・十三湖のシジミをご近所さんからいただいた。これがアサリと見紛うほど大きい。火曜日に「彩り野菜野菜サラダ」がたっぷり余ったのでシジミといっしょに炒めてパスタを作った。シジミの風味がパスタに移ってこれは旨い! 今日は飲まないつもりだったけど、あんまり旨いので一本だけビールをいただきました。Sさんごちそうさまでした。

kerokich at 14:36|PermalinkComments(0)

June 18, 2016

Vol.2809 闇鍋=Yummy Pot !

ブログを書き始めてかれこれ11年。ネタに窮することはめったにないぽんきちだが、ネタを下書きのまま投稿出来ずに立ち消えになってしまうことはしょっちゅうだ。

ブログの管理ページを見ていたら「下書きを表示する」と言う機能に初めて気がついた。「表示」をクリックしてびっくり。書きかけでアップできていない記事がなんと33件もあった。

そんな中で本人も驚いたのが去年の3月のこの記事。書きかけではなく書き終えているのに下書きファイルに残っていた。突然の停電で気が動転してしまったのか、そのまま放置してしまった模様。どうしようかな、と思ったけど、せっかくなんで1年3ヶ月ぶりに公開です。

信州大停電の夜ウチでは恒例の河豚鍋祭の真っ最中でした。
image
今日のウチごはんは知多半島からお取り寄せの生の虎河豚。これがこれまで取り寄せたどこの河豚より美味しいのだ。写真はぽんきちが刺身にしたテッサ。腕が悪いから肉厚でかえって食べ応えあり!

image
物凄いボリューム。自宅でこれだけ食べられれば言うことなし。

image
ぽんきちさんもヒレ酒が入って超ご機嫌です。

image
と、その時突然の停電。まぁ良くあること、なんて言いながら食べ続けていたが、まったく復旧せず。ここから先はまさに闇鍋状態。でも美味しかったからYummy Pot と呼ぶことにしよう。いい思い出になりました。

【お知らせ】
6月20日(月)〜22日(水)まで都合により休業いたします。ご不便をお掛けしますが宜しくお願いいたします。

kerokich at 00:08|PermalinkComments(0)

May 26, 2016

Vol.2792 採れたて野菜で

image
南牧村のS海さんから新鮮な無農薬の野菜を戴いた。シャッキシャキのチンゲンサイ、大地の味がするレタス、甘〜いにら。

定休日の夜友人を呼んでにらワンタン鍋。S海さんちの無農薬にらはエグ味や臭みが無く歯ごたえがあって噛めば噛むほど甘みがにじみ出る。チンゲンサイも加えて手作りワンタンを沢山食べた後はさらに溶き卵を加えてにら玉ラーメンに。これが旨いこと旨いこと。しっかり滋養を蓄えてまた来週も頑張ろうっと!
image

S海さんありがとうございました!

kerokich at 00:09|PermalinkComments(2)

April 16, 2016

Vol.2764 牛肉の山椒しゃぶしゃぶ

image
町内で有名和食店を営む大先輩Sさんが山椒の木の芽を摘んで来てくれた。軽井沢ではまだ殆どの木の芽は出ていない。どうやら山を降りて群馬で採ってきたらしい。まだ柔らかく花の蕾も付いている木の芽の最高の食べ方は「山椒の牛肉のしゃぶしゃぶ」だ。今回はお世話になっているご近所さんといっしょに頂くことにした。

image
作り方は簡単。材料は牛肉、白菜、豆腐、油揚、水菜、そして山椒、今回は仕上げにうどん(五島うどん)を用意した。ネギ、春菊など香りの強いものは使用しない。ツユは鰹と昆布でだしを取り、酒、みりん、薄口醤油と少量の砂糖で味付けをする。木の芽は煮過ぎると香りが飛ぶので牛肉といっしょにさっと湯通しする程度で良い。

軽井沢に春が来る前に頂く春の味。最高です。Sさんありがとうございました。

kerokich at 06:26|PermalinkComments(0)

March 21, 2016

Vol.2752 マルちゃんの塩ラーメン

image
ツルヤで「マルちゃんの塩ラーメン(北海道限定)」を見つけた。昔別荘族だった頃、散々飲んだ挙句明け方にシメで食べていたのが決まってマルちゃん塩ラーメン。かつてはどこでも手に入ったような気がしたんだけど、いつの間にか入手困難になった。

東洋水産のHPによれば塩ラーメンは何故か東北信越静岡中京限定販売らしい。そして今回見つけた塩ラーメンは北海道限定。どういうわけか東京大阪福岡などの大都会でもこのラーメンは売っていないことになる。

image
さっそく作ってみた。「いや〜、懐かしい味」 でも確か昔はすりゴマが別袋だったような気がするが、粉末スープの中に入っている。

昨今東洋水産が仕掛けた新タイプのラーメンが各社続々と発売されたが、「今食べたいラーメンは何?」と言う調査ではやっぱり昔ながらの「サッポロ一番味噌ラーメン」や「日清のチキンラーメン」などが上位を占める。マルちゃんの塩は残念ながらランク外。全国区でないのがアダに。

この「北海道限定・塩」はHPによれば通常の「塩」と一味違うらしく、「香味野菜を程よくブレンドしたあっさりタイプの塩ラーメン」すりごま入り」 通常の塩は「チキンとポークをベースに、野菜の旨みを加えたあっさり塩味ラーメン。すりごま付き
そうか、味もすりごまもちょこっと違ったんだね。

kerokich at 07:36|PermalinkComments(0)

March 17, 2016

Vol.2750 イチゴのリゾット

IMG_5959
久々にイチゴのリゾットを作ってみた。みんな「え〜! イチゴで〜?」と驚くけどこれがたまらなく美味しいのだ。いちご大福だって餅といちごだし、ご飯に餡子を乗せて食べようとは思わないけど、おはぎならOKだろう。ご飯に甘みと酸味を加えた最も身近な食べ物はお寿司だ。色々調べてみたらブルーベリーご飯なんてものもあった。先入観を取り除けば食の世界はもっと広がるはず。作り方はずっと前にもブログに載せているので(読みにくいですが)是非お試しアレ。

kerokich at 06:36|PermalinkComments(0)

February 24, 2016

Vol.2733 分厚いテッサ

image
これも毎年恒例自宅で「フグ三昧」 ぽんきちは送られてきたフグをテッサ(刺身)にする係。友達の知り合いの某料亭に無理を言って送ってもらっている代物なので、一般の通販のように冷凍ではありません。さばいてすぐにチルド発送しているので、まぁ活きのよいこと。これを一枚一枚引いて盛り付けるのだが、これが大好評。何故ならぽんきちの腕では料亭のようにお皿が透けるような刺身は引けないので、歯応えバッチリの厚切りテッサになるのであります。

テッサから始まり、トウトウミの酢味噌和えなんかを食べ、メインのふぐちりへと進むわけだが、あまりの美味しさに鍋の写真は撮り忘れ。

kerokich at 00:04|PermalinkComments(0)

December 21, 2015

Vol2696 Paella for ourselves

image
師走はホームパーティ月間だ。シーズン中お世話になった人、なかなかゆっくり話が出来なかった人たちと美味しいものを食べ酒を酌み交わす月。外でやることもあるが基本は厨房で作って持ち帰りだ。それなりのものを作ることができるので絶対お呼びした人にも喜ばれる。

今日はムール貝とアサリでご飯が見えない貝類たっっぷりのパエリア。スターターは今だけの牡蠣のアヒージョとぽんきち自慢の信州サーモンのカルパッチョ。これでワインを浴びるように飲んで話して寝る。実にいい年末の過ごし方だ。

kerokich at 00:31|PermalinkComments(0)

November 11, 2015

Vol.2666 ウチの松茸鍋

IMG_1837
この間初めて松茸小屋に行き、とても美味しかったのでウチでも作ってみた。殆どの松茸小屋の松茸鍋は鶏肉を使っているようだが、恐らく牛の方が旨いのではないか。
しかし国産松茸×和牛はいくらなんでも高すぎる。でも、輸入松茸×輸入牛では哀しすぎる。結局カナダ松茸×和牛で手を打つことに。

IMG_1838
けっこうな量のカナダ松茸を投入。松茸の下からすき焼きが顔を出す。柔らかい和牛と相まってまずまずの松茸鍋になりました。

kerokich at 00:11|PermalinkComments(0)

November 07, 2015

Vol.2663 焼きカレー

image
先日秘密のケンミンショーで「焼きカレー」なるものを視聴。北九州のソールフードだと言う。とても美味しそうだったのでウチで作ってみた。下地のご飯の上にカレーをたっぷり乗せて、、、いやその前にご飯の真ん中をちょっと凹ませてそこに生卵を落とし、ピザチーズを振り掛けてオーブンで焼く。スプーンでほじくると半熟卵がとろけ出す。これは旨い。

kerokich at 00:07|PermalinkComments(0)

September 02, 2015

Vol.2614 戴き物deディナー

けろけろの超リピータであり、ご近所の良きお友達でもあるIさんから嬉しい戴き物。わざわざ東京のデパートから送って頂きました。
image
越前・谷口屋の油揚げ。TVで再三紹介されていた山の中で行列ができる油揚げ屋さんの巨大油揚げです。雨が降っていますがさっそくガレージの下でホットプレートで焼いてみました。国産の上質な大豆と越前の天然にがり、そして白山の伏流水で作った豆腐を職人さんが一時間もかけてじっくり揚げているそうです。こんな大きな油揚げなのにふたりで一枚食べてもさっぱりしています。豆腐好きにとってはたまらない一枚です。まさか軽井沢で食べるとは思いませんでした。

image
そしてもうひとつは大阪北新地・点天の一口餃子です。昨今全国各地に餃子を売り物にする町があり、その殆どは冷凍で発送されてきますが、点天の餃子は生で販売されているそうです。ホットプレートで焼き始めるとまるでガレージが餃子専門店になったかのような匂いで包まれました。これは旨い! 一口サイズ30個はあっと言う間に無くなってしまいました。

image
他にCさんから貰った取れたてのししとうのオリーブオイル焼き。取れたては甘いのです。味付けは塩のみ、バリバリ食べてしまいした。でも、たまに辛いのがあってロシアンルーレット遊び。

image
〆は玄米ご飯のガーリックライス。餃子を焼いた鉄板で焼いたらこれがより美味しく感じられます。

こんなに食べちゃっていいんでしょうか、、、。いいんじゃないかな、、夏の間死ぬほど働いたんだから。IさんCさん本当にありがとうございました。

kerokich at 00:02|PermalinkComments(0)

April 27, 2015

Vol.2521 納豆薬味考-その2

納豆薬味考のその1で添付写真を間違えてしまった。ので、差し替えました。
IMG_8652
一概に「薬味」と言っても実に様々なバリエーションが考えられる。薬味もさることながら「塩味」も重要なポイントだ。そして「旨味」をどう整えるのかによって出来あがりが違ったものになる。整理してみる。

まずは基本の納豆は大きくは大量生産のメーカー品、地元ならではの材料で少量生産のものに分かれるが、使用される大豆によって「国産」と「輸入大豆」に分けられ、さらに粒の大きさで「大粒」「中粒」「小粒」「極小粒」「挽き割り」に分別される。この分類は全国納豆協同組合連合会で採用されているものだ。恐らく納豆の粒の大きさも勘案しなければいけないのだろうが、そうすると組み合わせは天文学的になってしまうので、日頃ぽんきちが食する「中粒」を基準にする。

【薬味】
.優類
  長ねぎ、わけぎ、小ねぎ、九条ねぎ、下仁田ねぎなどの地ねぎ
▲好僖ぅ肯
  からし、わさび、一味唐辛子、七味唐辛子、タバスコ、カレー粉、コショウ
その他
  大葉、みょうが、大根おろし、海苔(青海苔)、ゴマ、たくあん、白菜漬、キムチなど

【塩味】
‐潴

ナンプラ(しょっつる)

【旨味】
鰹節、生卵、とろろ昆布、鯖(ツナ)缶、イカ、酒など

まぁざっとこんなところだろうと思う。小ネギ、大葉、ゴマ、生卵、醤油、鰹節、生卵を混ぜたものをご飯にかけて海苔で包んで食べるのが定番。からしは入れたり入れなかったり。

ネギは下仁田みたいな地ネギは味が濃すぎてよろしくない。かと言ってわけぎでは物足らない。九条ネギをたっぷり入れるのが味も口当たりもよい。

スパイス類はいろいろ試したが、からしは納豆の味を変えるのではないかと思います。苦すっぱくなるかな、、。ワサビは納豆のネバネバが風味を包み込んでしまうらしくさっぱり効かない。入れるのならわさびの茎の入ったものが良い。最近納豆に一番合うと思っている薬味は七味唐辛子だ。タバスコも見逃せない。卵は黄身だけの方が味が濃くなるが、もったいないから白身も入れる。

それぞれを組み合わせるとこれまた天文学的な順列ができるが、最近のお気に入りは、、、
天日干塩(笹川流れの塩など)、鰹節(本枯節を自分で削ったもの)、八幡屋磯五郎さんの七味唐辛子、酒(料理酒でない)、卵(できれば卵黄のみ)、たっぷりの九条ネギ、大葉、ゴマですね。塩を使うと納豆本来の味がより実感でき、粘りも強くなる。写真はこうして作った納豆。

【お知らせ】
明日4月28日(火)振替休業いたします。29日(水)から5月6日(水)まで連続営業、5月7日(木)が振替休業となります。連休中特に2日、3日、4日は既にたくさんのご予約を頂いております。パーティー料理、BBQ、お鍋などのご予約はお早めにお願いいたします。


 




kerokich at 00:07|PermalinkComments(0)

April 24, 2015

Vol.2519 納豆薬味考-その1

日頃から納豆をよく食べる。ずいぶん前に納豆の薬味に何を入れるかと言うことを書いたことがあるが、一般的には長葱とからしくらいのものなのだろう。ウチでは葱、大葉、酒、ゴマ、鰹節、生卵、そしてからし。食べるときは海苔で納豆ご飯を巻いて食べるのが最近の定番となっている。
IMG_8674

あまりに食べる回数が多いので果たして薬味を固定してしまっていいのだろうかと思い始めた。いろいろ試してみたらもっと美味しい、意外性のある味に出会えるかもしれない。

IMG_8675
納豆はすばらしい自然食品。原材料は大豆・納豆菌、それだけ。ただし、パックを開けてから摘んで捨てるのが「納豆のタレ」という添付物。ウチではからしは使うがこの甘ったるいタレを入れるとせっかくの納豆が不味くなるからまず使うことはない。あまり聞き慣れないものがいろいろ入っている。タレと言えば鰹と昆布のダシ、醤油、砂糖、酒、みりんくらいが材料になるはずだが、、、これくらい添加物を入れないと持たないのだろう、、。

続く、、、。



kerokich at 01:25|PermalinkComments(0)

April 18, 2015

Vol.2515 ぽん寿司

IMG_8598
友人が泊まりに来たので寿司を握った。スーパーのネタで適当に握るのだが、米とウデがいいから!? なかなか旨い。今日のネタはちょっと少なめ。しかもあのお買い得お刺身4点セット(サーモン、いか、鯛、まぐろ)+市販の卵焼き。

IMG_8599
握りの後はこうして手巻き寿司で楽しむ。基本はカリフォルニアロール。材料は海苔、アボカド、きゅうり、かにかま、ゴマ、大葉、かいわれ、それにマヨネーズとわさび。

IMG_8600
海苔は一枚を1/2に切るところがポイント。1/4では小さすぎ。それからご飯やネタを入れすぎないこと。

ビール飲んで美味しい日本酒飲んで、安上がりで Happy Happy !


kerokich at 05:53|PermalinkComments(0)

March 23, 2015

Vol.2492 ピエンロー鍋

IMG_8192
最近家で食べる鍋がマンネリしてきた。その理由は昆布だしに白菜、豆腐、きのこ類、油揚げ、はんぺん、肉類を入れてしまうと美味しいのだがいつも同じ味、同じ具の鍋になってしまうから。時には「今日は湯豆腐」と決めていてもあっさりしすぎるからと言って豚肉と野菜を入れてしまうことさえ、、。でもこれって寄せ鍋だよね、、。

そこで何でも寄せ鍋状態から脱却するため鍋にはあまりごちゃごちゃ入れないことにした。今日の鍋は「ピエンロー」と言う中国風の鍋。基本は材料は干ししいたけだけで取っただしでトロトロになるまで煮た白菜、春雨、豚肉だけなのだが、、、やっぱり豆腐とはんぺんは入れてしまったけど(笑)、大変良く出来ました!

週明けからまた氷点下6〜7度に気温が下がるらしい。また新しいシンプル鍋試してみるか。

kerokich at 10:17|PermalinkComments(0)

December 15, 2014

Vol.2420 塩川ベーカリー

IMG_4240
佐久のイオンのパン売り場でこんなパンを見つけた。ぽんきちは知らなかったが、地元の人はみんな知っている(らしい)塩川ベーカリーのパン。恐らく軽井沢以外ではパンなどはまだ珍しかったであろう大正2年の創業。つまり昨年で丸100年、今年は101年目となる佐久の超老舗パン屋さん。トレードマークがちび黒さんぼみたいだなぁ。

けっこうボリュームがあってバターとアンコのバランスも最高! これを温かいカフェオレで頂く。

高校の頃学校の正門前におじいちゃんとおばあちゃんが二人でやっている小さなパン屋さんがあった。そこの名物が「あんぱんバター」 放課後小腹が空くと必ず立ち寄って食べていたっけ。確かクリーム、イチゴジャム、あんこ、バター(実はマーガリン)の他やきそばとかコロッケとかがあったと思うが、いつも決まってあんぱんバターを頼んでいた。注文を受けるとおばあちゃんがパンの真ん中をナイフで裂いて、業務用のブリキの缶に入ったたっっっぷりのバターとあんこをはみ出しそうなくらい塗ってくれるのが食べ盛りのぽんきちには嬉しかった。その味にそっくり、とても懐かしい味。





kerokich at 00:05|PermalinkComments(0)

November 21, 2014

Vol.2403 Beaujolais nouveau

IMG_3865
昨晩はボージョレーヌボー解禁の日。11月の第三週は大抵はぽんきちの誕生日と前後するのでお祝いはボージョレーの会となる。今回はご近所さんと4人でラクレットなどを楽しみながらの試飲会。

IMG_3867
ワインはハルニレテラスのセルクルでも購入。スーパーなどとは一味違うボージョレーを毎年ソムリエが選んでくれるからだ。このうさぎちゃんボージョレーが今年のお勧め。すっきりと澄み渡りぶどうの酸味を残した大人の味。さすがセレクルセレクション!

kerokich at 07:22|PermalinkComments(0)

November 20, 2014

Vol.2402 ストーブ料理

IMG_3840
毎日薪ストーブをつける日がやってきた。ただ燃やすだけではもったいないのでストーブの上では色々なものを温めている。今日はスキレットのひとつにムカゴのオリーブオイル焼き、もうひとつには銀杏のバター焼き、店で作ってきた牡蠣のアヒージョも載せた。このあとは湯たんぽのお湯を温めてと。部屋を温め、料理を作り、お湯も沸かす一台3役の大活躍だ。

kerokich at 00:00|PermalinkComments(0)

June 09, 2014

Vol.2287 しもにた納豆

IMG_0392
納豆好きのぽんきちが勧める「しもにた納豆」 世の中の納豆の殆どが発泡スチロールの味気ない容器に納められているのに、この「しもにた納豆」は昔ながらの経木に包まれている。まずそこが気に入っている。もちろん藁に包まれたあの納豆も大好きだ。藁は藁なりのワイルドさが、経木には経木なりの品の良さがある。

IMG_0393
経木の殆どは杉や檜でできている。これらの針葉樹には抗菌作用と独特の芳香がある。雑菌は最強の納豆菌を突破してまで進入してくるとは思えないが、この木の香りは日本人の最も愛する匂いでもあると思う。・・・つまりは臭い消しになっているのかも、、。

しもにた納豆は納豆品評会で金賞を取るとか、大量生産で全国展開するとかの類の納豆屋さんではないようだ。地元とその周辺で国産の豆を使って細く長く営業している、そんなお店だからこそ一味違う美味しい納豆が作れるのだと思う。

kerokich at 00:09|PermalinkComments(0)