一喜一憂

朝目を覚ますと、隣には・・・・

IMG_20161020_232909

隣にはチャッピーの寝顔が・・(´∀`*)

猫と一緒に寝ると、すごく暖かいし、ゴロゴロが心地よくて
本当こっちもぐっすり眠れる

でもね、毎晩2時〜3時頃
唸り声とシャーっていう威嚇で目が覚める

バスタオルでくるみ抱き上げて
頭を撫でて少し落ち着かせてから
枕元に置いてあるカリカリ&お水の近くにおろすと
カリカリ、ゴクゴク食事が始まる

お腹がすいて目が覚めちゃうのかなぁ

腹を満たすと、唸りながらも室内徘徊、散歩
唸りのテンションがMAXになると
今度は、部屋を縦横斜めにと、暴走し
壁に突進してしまう

そうなるとかなり危なく
またバスタオルでくるみ、抱き上げ
腕の中でウトウトするまで、
「チャッピー、いいこねー、ねんねー」などと
真夜中にやってる私

まるで、夜泣きの赤ちゃんに悩まされる母である

寝付いたころ、布団の中に入れて、
睡眠の続き・・・

こんなん毎晩なんですよ、あなた・・('A`|||)

そして
最近一番頭を悩ませていたトイレ事情

特に一度ウンチした後の始末が大変なこと

先日の診察時に
先生に相談
「オムツをしましょう」ということに。

前もって購入したペット用おむつSSサイズは
小さすぎでダメだったと思っていたところ
先生が装着してくれたら、意外とピッタリサイズだったのだ

それで試しにどうなるか昨日から
オムツで過ごすチャッピー

IMG_20161021_211753

あら、おむつの後ろ姿もかわいいじゃない


IMG_20161021_212155

本人 本猫 まったく気にならない様子

さあ、いつするかなぁ
シッコはどうかな
ウンチはどうかな

わくわく♪

翌日、仕事は半日。
夫が家で見ていたから、もし尿がもれたりしたら
オタオタしてLINEでもするだろう

しかし、なんの連絡もないまま
お昼過ぎに帰宅

チャッピーは、珍しく
部屋の隅におとなしく横になっていた

よしよし・・と頭を撫でながら
オムツを確認すると、お知らせマークの色が変わっているではないか

そう!おしっこしてたのよ

しっかりおしっこ全部を吸収して、
まったく外へ漏らしていない
しかも、驚いたのは
お知らせマークで気づいたのであって、
尿の匂いがまったくしないのだ

すごいね、すごいね。オムツ様


これで、夜寝るときも、おむつ着用すれば
普通に一緒に布団の中で寝れる


さて、問題はウンチである

どうなのかなぁ・・オムツにウンチって。

いつするのかなぁ
わくわく、わくわく♪


と楽しみに待っていると
今日の夕方、やっとオムツ着用時にウンをされておりました。

それが!
なんと!
ウンチもまったく同じく、気づかなかったの
なんとなく、そういえばどうかなと思って
オムツのそばに顔を当てて臭いをかいでわかったこと


チャッピーのは、硬くもなく柔らかくもなく、粘土くらいの感じ。
窮屈なオムツの中で、それは
つぶれた饅頭のようだったけど
そのまま、トイレへぽろんと流せたし
あとは、お尻周りを拭いてあげるだけで済んだ


ほっ(*´∇`*)
これで、糞尿対策ばっちりだ!





IMG_20161022_145420

こんな風に、リラックスしていい顔しているチャッピーだけど

IMG_20161022_155423

この撮影の数分後に

突然、うーーっていって、シャーっていって、
部屋中の暴走が始まった


なんでかな?

先生曰く
「何かが怖いとか、怒ったとか、ふつうの猫はそういうことが原因で
威嚇をしますが、チャッピーは、そういう原因ではなく
あくまでも脳の障害から、そうなっていると思います」とのこと


そうか・・そうなのか

言ってみれば、これもまた脳の発作なのだろう


やっぱり、暴走して、壁に頭を打ち付けちゃうのを防ぐには
こないだのようなサークルが必要かもね

また買いますわ

IMG_20161019_121455


チャッピー、奇跡が起きて目が見えるようになるといいね!



IMG_20161019_121819

その日が来るまで、一緒にがんばろー!



チャッピー、突然の豹変で



今朝起きてから、しばらく寝室をうろつくチャッピーを眺めていた

水の入った器の中に足を突っ込んじゃったから、
タオルで拭いてあげようと抱きかかえたそのときだ


突然

うぅぅぅぅぅーーーーー

シャーッ!

って、威嚇したのだ


びっくりして、床にチャッピーを降ろすと
今度は、部屋中を走りまわる
縦に、横に、斜めにと・・すごいスピードで

そしてそのまま壁や家具に頭から激突。
まるで、ピンボールのようだ

いつまでも、いつまでも唸っている
いったいどうなってしまったの?


昨夜
チャッピーを抱っこして
そのまま私の布団の中で寝た

部屋中にチャッピーのゴロゴロ音が響き渡った
至福の時である(*´∇`*)

とにかく
抱っこすると、すぐに寝ちゃうのだ

S_5061843816173
こうして、抱っこすると・・



S_5061844270899

ほらね・・スヤスヤ・・zzz



S_5061844152793

娘に抱かれてもスヤスヤ・・・


朝晩のお薬も、チュールっていうペースト状のおやつに混ぜちゃえば
こうして、らくらく食べてくれるようになってた

S_5061844096632
S_5061843936060

S_5061843992795

えぇーい、スプーンはいらない、直接ペロペロ・・・



S_5061844049346

たまに、あんよがね、こうしてね
クロスしちゃって


S_5061843866287

クロスが元に戻せにゃいー・・・・ってなるの( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


そんな感じで
これからなんとか、この家でまたチャッピーとの生活も
楽しくできそうな気がしてきてたし
良い方向へ向かっていると確信していたところだったのに・・


それなのに、それなのに・・・・
もうゴロゴロなんて聞けないのか
抱っこして眠ることなんてないのか
そして、私のことなんてわからないのか(ノД`)・゜・。


室内に放していると
突進してぶつかって危ないから
サークルに入れておくしかないよね(;´Д`)

午後病院へ連れて行ったが
鎮静剤を打たれ
血液検査ではアンモニア値が高いということで
それの薬が出る

体重も3.4kgのまま

まったく別人、いや別猫になってしまったチャッピー

いつか元に戻る日がくるのだろうか

















チャッピー 絶望〜希望!

10/11(火)
17日間の入院からやっと退院

獣医さんの話だと

・なんとか自分の足で立って歩けるようになった
・ご飯は自分の口から食べるのが難しいので、強制給仕。
・右回りにぐるぐる歩く(右脳に障害があるとこうなるそう)
・目が見えていないと思う
・嚥下障害があります

と、こんな感じ

4kg〜3.5kgと体重も落ちてしまったので
まずは体重を増やしましょうと。

朝晩のごはんに、薬を混ぜて、シリンジで与えることに・・。

これがまた、なかなかたくさんは食べてくれないの

私の膝にのせて
シリンジを口の横から、1mmずつ食べさせる
ゆっくりゆっくり

でもリボンで慣れてるから、へっちゃらなのだ

S_5049378807850

さて
久しぶりに我が家へ帰宅したチャッピーは

リビングの中を、くるくると右回りに徘徊・・

壁や椅子にぶつかりまくりです

でも、ゆっくり歩いているので、それほどの衝撃はなさそう


ぶつかることで、ここに壁があるとか
ここにトイレがあるとか
そういう位置も覚えていくのではと
そんな気もするんだけどね


ただ退院初日は、
とにかく、歩きながら、ずーっと鳴いている

にゃぁ〜じゃなくて

にゃおん!わおん!って
大きな声で怒鳴るように・・・

これでは、さすがにリビング隣で寝る旦那が寝れないだろうと
2階の私と娘の寝る部屋へ移動

カラーボックスや段ボールなどを使って
小さなスペースを作り、ペットシートでおしっこ対策

その中に入れてみる。
やはり、狭いスペース内で
鳴きながら右回り旋回が止まらない

そんな中でも、娘は寝入ってしまったが
私は寝れない(;´Д`)

毎晩、こんな日が続くのか?
私も寝れないけど近所に聞こえてないだろうか
心配だ

鳴き声を聞くたび、胸の奥のほうが
ズキンとなるのだ

あぁ・・
ちょっと今後のことを考えると絶望的な気持ち・・。゜゜(´□`。)°゜。

何度か布団から出て、チャッピーの様子を見る
ペットシートがおしっこで濡れていた
ということは、もう朝までおしっこしないはず。
じゃ、私の布団の中で一緒に寝ようよ
チャッピーを抱き上げる

すると!鳴き声がピタッと止まった

抱っこしている間はまったく鳴かないの
それどころか、目を閉じ安心しきった顔で
そのままzzz

か、かわいい.。゚+.(・∀・)゚+.゚

そうか、そうだよね
目が見えなくなって、暗闇の中で
すごい不安だったんだよね(*´Д`*)

朝までずっと布団の中で二人で寝ました


S_5049379070976

朝起きたときのチャッピー(*´∇`*)
ぐっすり寝たにゃあ〜


S_5049378865149


本当にこのお目目が、見えていないのか・・・?



10/12(水)

仕事が休みなので、1日中チャッピーといられる
今日も、がんばってリビング中を右回り旋回のチャッピー


疲れると休む
S_5049378990111

ちょっと疲れたニャン、休憩中


野良の黒猫ヤマト君も遊びにきたよ

S_5049378953149


S_5049378834329




昨日1日で、チャッピーの行動も大体わかってきた

そして、少し、いや確実に進歩している


獣医さんは、口から食べれないといっていたし
水は足を入れたり、こぼすから置かないと言った
(フードに水分を含ませてあげてくれてた)

でも私はいつもと同じ場所に
ご飯と水を置いた

何度も水入れの中に足を突っ込んでいたけど

なんと、自分で水を飲み始めたじゃないかー


S_5049378920681

ここで水が飲めるんだにゃ〜ピチャピチャ



そして、ドライフードはまだ食べれませんと言われていたが
食べてるじゃないかーー

S_5049378772521

パクパク・・・おいしいにゃあ〜



こんな風に、間違いなく元の状態に近づいている!


あとはトイレを覚えてくれれば安心



10/13(木)

今日・明日と仕事はお休みして
チャッピーのそばで過ごすことにしたよ


今日、サークルがこれから届く予定

こんなやつ

main-q1s06


仕事行くときは、ここに入ってもらおうと思って注文したんだけど
どうかなぁ・・かわいそうかなぁ?

直径1m
病院の病室よりは広いんだけどなぁΣ(´д`;)

やはり旋回する犬を
出かけてしまうときに
この中に入れてるというレビューを見たんでね


今日届いたら様子を見てみる
ずっと仕事も休んでらんないしねー


なぜ、8歳のチャッピーがてんかんの発作が起きたのか
原因はわからない

りぼんも2歳で腎不全となったし

グーは心臓を悪くして他界(TДT)


DSC00076

(左からグー、チャッピー、りぼん)

3匹とも、ずっと健康で一緒にいたかったけど・・



でも!

りぼんは、去年死ぬといわれたのが奇跡の回復を遂げたし

チャッピーも、間違いなく回復すると私は信じてる

きっと、グーが見守ってくれてるのかな



最初はこれから、チャッピーの介護生活が始まるぞ
なんて、ちょっと悲観的になってたけど

当の本人、いや本猫は至って前向き!

私も、前向きにチャッピーとの生活を楽しみまーす( ´∀`)つ


ただ、まだうちに来て
一度もウン〇をしてないのよね・・・

それがどうなるかだなぁ・・・

仕事から帰ってきたら
サークル内がウン〇まみれになっているー

ってなるかもねー(; ̄Д ̄)


続きを読む

チャッピー、てんかん発作にて入院中

今まで大きな病気などしたことなかった健康なはずのチャッピー

チャッピー3

↑は、9/24(土)に撮影
このときは、まったく元気でいつもと変わらぬ様子


そして翌朝・・・


5時くらいだったか、まだ寝ている私を夫が呼びに来た

「大変だ!チャッピーが大変なんだ」


えっ、なになにーーー!


嫌な予感を感じながら階段を下りると
リビングの床でぐったりしているチャッピー
意識が無いようす


床によだれの後がある

よく見ると、
口の脇にピンクのよだれが(血が混じっている)


呼びかけても反応がない


急いでネットで「猫 ぐったり よだれ」
で検索するも拉致があかない



後でわかったことだが
夫が異変に気づいたのは
寝ていたら、隣のリビングのソファで
バタバタした音が聞こえ、見に行くと
チャッピーが手足をばたつかせていたということ

それで慌てて、私を呼びにきたのだけど
私が到着したときには
すでに、痙攣は収まってぐったりしている状態だったのだ

ピンクの血の色が混ざったよだれも
きっと口がガクガク痙攣したときに
歯で口内を傷付けてしまったためだろう



数分すると
チャッピーは何事もなかったように立ち上がり
普通に戻った


チャッピー2


これがそのときのチャッピー
まだ目が少しうつろです


わけはわからないが
しばらく様子見ようとそのまま過ごすことに。


それから5時間くらい経った頃
また発作が起きた

全身をバタつかせて苦しそうに見える
見ているこっちもどうしていいかわからない
手足、そして口が
ガクガク、ブルブル、バタバタ・・・

発作は1分くらいで収まった気がする

その後は
もうだらーんとして
意識があるのかないのか

2回も発作が起こったとなれば
こうしちゃいられない
即、病院へ・・・

そして、即日入院



今日で4日目ですが
経過は、あまり良くありません(´・ω・`)


てんかんというのは、
脳の神経からくる発作ですが
肝臓の値もよくなかったり
詳しく丁寧な説明を毎回してくれるのですが

要は楽観視できない状態


このまま入院して、24時間点滴して、投薬されても
元の元気なチャッピーに戻るかもしれないし
戻らないかもしれない


と言われています


チャッピー1


↑昨日の仕事帰りにお見舞いに行ったときの様子


「チャッピー」と、呼びかけても反応はありません。゜(´Д`)゜。




顔がたまにピクピクしたり
手足が、震えたり、動いたりしてました



「てんかん」と聞いて真っ先に頭に浮かんだのが


何年か前に観た映画「誤診」です
その映画を見たときの感想をブログに書いていました



「誤診」を観て思うこと


チャッピーは今鎮痛剤やら何とか剤やら
薬漬けになっています

薬漬けという表現は誤解があるかもしれないけれど

あんなに元気だったのに
突然なんでこんな寝たきりで
意識のない姿になってしまったのか・・

本当に信じ難くて


発作が起きると脳がとても疲れるそう
それで鎮痛剤を何度か投与したとか

他にも何とか剤と、何とか剤と・・・

薬で寝かせてる状態ですとも言っていたっけ



そうはいっても、こっちはド素人ですから
医師の言うことに文句は言えないし

そうじゃなくて、こうしてください
などという知識もあるわけもなく


でもでも、なんかこのままでいいのだろうか

「チャッピーは今苦しいとか、痛いとか、
気持ち悪いとか感じてるんですか?」
って聞いてみると

「それはないです。今は意識がありませんから」
という答え


お金のことも正直心配だ
薬や点滴など治療も含めて
入院は1日1万〜12000円くらいかかるそう

今日で4日目


元のチャッピーに戻ってくれるのを期待しつつ

できるだけのことをやってもらおうとは
思っています



では、今からお見舞い行ってきます!







続きを読む

高尾山ハイキング

6月25日(土)

最近ずっと引きこもりな休日を過ごしていたけろよんですが、

高校時代の友人に誘われて

高尾山へ行ってきました


13502047_1041753619235732_6430968474794901633_n

天気予報通り

朝のうちだけ雨で、高尾山口に到着したときには

すっかり雨も上がってました

13501926_1041753639235730_6727079656430194349_n

さあ、スタートです!

友人は慣れているようだけど

私が初めてということで

初心者向けのらくちんコースを選んでくれました


13495070_1041753659235728_7726541294479003098_n


紫陽花が、ところどころに咲いています


13438936_1041763662568061_6742800751158327031_n


二人とも、まだまだ元気いっぱい



13528927_1041753675902393_6890669040801726757_n


だんご休憩〜


13524375_1041753699235724_9120653334537862097_n


木の根っこが、たこの足のようでしょ?

なので・・・



13524456_1041753729235721_7370016890700701911_n


13510920_1041763635901397_7514909179753534845_n

所々に設置してある 六根清浄と書かれた石碑(?)

後に知りましたが、

パワースポットなそうな・・



13438923_1041753745902386_6515961800572509467_n


薬王院境内にある

願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)


くぐってお願いしてきましたよ

今一番の願いは・・・・・

やっぱ、言わないでおこっと

aaa

金運上昇する、打ち出の小槌を持って



13557845_1041753772569050_8962136392232291967_n


紅葉の時期には、真っ赤に染まるんだろうなぁ





13537639_1041753812569046_2070762842851620326_n

はい!山頂到着


初心者コースといえども
最初の15分くらいと、最後の15分くらいが
とってもキツかったですわ(;´Д`)


bbb

登る前に買ったサンドイッチで

ちょっと腹ごしらえ




13501702_1041753855902375_3168040304152385029_n

さて、下りは

コースを変えて、4号路へ


これがまた

朝方まで降っていた雨で

地面が濡れてて、すべりそうで怖かった


13512044_1041753882569039_2877886613024818900_n


吊り橋にて


どうしても、吊り橋渡るとき、ゆらしちゃうの・・・( ̄m ̄〃)ぷぷっ!



13507183_1041753909235703_3282580415769468447_n


帰りは、途中からリフトに乗っちゃった

リフトも風が気持ちよくて

何より楽ちんでした


スマホ落としちゃったら大変だから

写真撮れなかった




13466515_1041753932569034_2680564824052268219_n

〆は、蕎麦なのだ




13439070_1041753962569031_5779169058881033250_n

柿の木が

店内から屋根を突き抜けている「高橋屋」にて





ということで

初めての登山

歩き始めてすぐ、きつくてきつくて

大丈夫かぁ?と思ったけれど

終わってみると楽しかったよー


誘ってくれた友人に感謝です

11314


万歩計アプリでは


2万歩となっていました。


いつも1日8時間くらい仕事して16000〜18000くらいなので

結構、歩いたのではないでしょうか


しかも坂道だもんね



おかげで、

今朝から、筋肉痛なり〜。゜(´Д`)゜。


イタリアンと膵臓とグルコサミンな誕生日


6月4日

はい、私の誕生日


この歳で誕生日だからといって
どうなのよ
と思われてしまいそうだけど


いくつになっても
誕生日というのは
自分の中では特別デーなのだ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



幸いなことに
今日休みだった旦那が
スクラッチくじを2000円分買ったところ

なんと1万円当たったそうで

それならば!と

心置きなく

夕飯おごってもらうことに(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

(この時点でステーキガスト却下)


家族で行くのは初めての

キャナリィロウ


IMG_20160604_182906

前菜バイキングの一部

スパイシーシュリンプが美味い





IMG_20160604_183922

薫りベーコンのアーリオーリオ(私)



IMG_20160604_184140


カルボナーラ炭焼風(娘)





IMG_20160604_183758


ベーコンとなすのトマトソース(夫)





IMG_20160604_191943


選べる3種のドルチェ(私)





IMG_20160604_192015


ドルチェ(娘)

バラのゼリー(手前左)が絶品でした!




いつもの回転ずしとは違って

ちょっとだけ

特別気分を味わえました





そして何よりも
サプライズで
嬉しかったのが


娘からのプレゼント





IMG_20160602_185405





IMG_20160602_185421


この小説

本屋の店頭で手に取ったとき
今度読んでみようと思っていたのだ

先日娘が学校からもらってきた
「図書だより」に紹介されていたのを見て


そうか!図書室で借りてきてもらえれば
タダで読めるじゃんって

「ねぇねぇ、これ借りてきてー」と
娘にお願い

しかし一向に借りてこない
「ねぇねぇ、膵臓は?」って聞いても

「あ、忘れた」とか
「うーん、明日行ってみる」と
気のない返事(;´Д`)



そしたら
一昨日のこと

「ちょっと早いけど、誕生日プレゼント」

って渡されたのだ



お小遣いのない娘は
ネットのポイント使って
調達したらしい


やるなぁー('▽'*)ニパッ♪


と、


ささやかながらも

誕生日な夜になりましたとさ・・・マル



あ、そうそう

旦那からも、プレゼントがあったんだ



コレ


IMG_20160604_224106


ありがたや、ありがたや〜


あれから9か月・・・現在のりぼん


なんと9か月ぶりの更新

今日はうれしい出来事がありました!

コレです




BlogPaint


↓ 一つ前の記事、9か月前より

さらに、さらに!

腎臓の状態を判断する数値(BUNとCRE)が
良くなっていたのです.。゚+.(・∀・)゚+.゚


医師曰く
「今はまったく問題のない数値です」と


週に2回の自宅点滴

1日1回の3種類の投薬

のおかげ?



死ぬかもと

過去に2度言われたりぼんですが

これはもう

奇跡の生還を遂げたといっても
過言ではありません
よね?



見るからに
健康そのもののりぼんでしたが

血液検査の結果を聞くときは
ハラハラドキドキでした

とりあえず
太鼓判押され


よかったよかった( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \






9255

「あー、検診疲れたわ、お茶でも飲もうかしら」




9256

「僕も、行きたいニャー」


と自らバックへ入るチャッピー





9257

「ちょっと、ちょっと
血取られるの痛いんだから、
そこから出たほうがいいニャ」



「やだ、僕も行きたいんだニャ」




9258

zzzz


いつまでも

キャリーバックの中で

ふて寝しているチャッピーなのでした。(*´∇`*)







9261

「元気になってよかったニャ」




9263


ぺろぺろ ぺろぺろ



9262


こらっ、聞いてんのか

退院後のりぼん


IMG_20150814_222326

8/5〜8/13 8泊9日の入院を終え、帰宅したりぼん


おっかえりぃ〜(*゚∀゚)っ



経過は、順調そのもの (のように見えます!)


入院前

オシッコ出ない
ご飯食べない
口からよだれ
舌出したまま
嘔吐がある
元気なし

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

退院後

オシッコたくさん出る
ご飯 カリカリ食べてる
よだれなし
舌、少し出てる
嘔吐なし
元気いっぱい


まるで生き返ったよう!


腎臓病の血液検査では、
特にBUN値とクレアチニンの値が重要


りぼんは、5年前
2歳8か月という若さのときに腎不全と診断

そのときの
BUN値 153.9 (正常は17.6〜32.8)
クレアチニン値 8.5 (正常は0.8〜1.8)

70%以上、腎臓の働きが壊れてしまって
もう元には戻らない
残りの30%が、一生懸命がんばっている状態と
説明された

でも、獣医師さんに教えてもらった通りに
自宅で点滴を行い
腎臓病の療養食を食べさせて
今まで5年近く元気で過ごしてきた

定期的な血液検査では
値はどんどん下降し、
点滴の頻度も少なくなり
病気であることも忘れるくらい元気に…

つい3か月前の検査では
なんと正常値範囲にまでなっていたのに。


それが8月に入って
BUN 140以上(計測不能)
クレアチニン 15 という
最悪の値が(((( ;゚д゚)))

一生懸命がんばっていた残りの腎臓が
とうとう悲鳴をあげたのだろうか

もう覚悟を決めねば!
そんな思いだった

それが、
今回の入院&治療により
最終的には
BUN 50
クレ 5.0 

まで下がってくれました


まだまだ正常値ではないし
手放しで喜べるほどではないけれど
かなり、りぼんも
楽になったに違いない(*´▽`*)


大好きな寝室で、
とってもリラックスして過ごしている

階段も、駆け上るわ
高い洋服ダンスの上までジャンプするわ
何より、
夜中に、カリカリカリと
ご飯を食べる音が聞こえてくると
ホッ(*´∇`*)


IMG_20150813_185020

カリカリカリ・・・

あっ、それはチャッピーのご飯だよーε=ε=(;´Д`)






退院してきたからには
自宅でやることもたくさん


IMG_20150814_071051

毎日、朝晩 7種類のお薬を飲ませます


IMG_20150814_071308


粉薬は、お水に溶かして
シリンジで
エイッと、口の中へ


これがもう、もう大変。
絶対私、りぼんに嫌われるわ・゚・(ノД`)


それと
皮下点滴も今のところ、毎日やってる

こっちは、もう何年も続けているので
慣れてるから問題なし


とりあえず

積立貯金、なくなったけど(涙

この元気な姿を見ていると
本当によかったと思うのでした。マル



IMG_20150813_192204


これで、また

寿命が、伸びたにゃあ〜






日光1泊2日と、その後のりぼん

8/6(木)

りぼんを入院させたまま
向かった先は、ここ

日光です


 IMG_20150806_111940



見ざる、言わざる、聞かざるのお猿さん





IMG_20150806_113156

眠り猫

徳川家康を守るため、寝ていると見せかけて
実は、いつでもとびかかれる姿勢であると、その踏ん張った前足が語っている

または
裏で雀が舞っていても、“猫が眠るほどの平和”という教えもあるそうな・・・



 

 

IMG_20150806_114325


お願いごとのできる場では
みんなで、りぼんの回復を祈りました



 

IMG_20150806_140515

 壮大な華厳の滝



 宿泊は、ラムチャップ日光


食事が美味しいという口コミだけで決めました


その通り
前菜から、デザート、そして翌朝の朝食まで
本当に美味しいお料理でした

料理1


料理2




8/7(金)

ペンションを出て
大笹牧場により、ソフトクリーム食べる

その後は、お土産買って、
早めに帰路へ


旅行中に、りぼんに何かあった場合は
私の携帯へ連絡が入るはずなので
つねに、携帯へ神経集中でしたが

結局、電話が鳴ることはなかったので
ホッ(*´з`)


夕方4時ごろ
りぼんの待つ病院へ到着


入院中のりぼんと対面


IMG_20150807_165124


思ったより、元気そう
かすれた声で、ずっと鳴いてる


右前足に、針を刺し
24時間、静脈点滴を受けてます

オシッコもたくさん出てるそう
ご飯は、強制給仕してもらってる

ここまで聞くと
すっかり回復したのではと喜びたくなります
が、
血液検査の数値は、あまり変わらず(´・ω・`)


医師いわく
点滴と注射のせいで、オシッコも出るし
口の痛みも軽くなってきてるとのこと

もう少し、入院治療をして
数値を下げていきたいということで
お任せすることにしました。



 8/8(土)

今日は、半日仕事をして
午後お見舞いへ。

ゲージのドアを開けて
りぼんをたくさん撫でてあげました。

すりすり寄ってきて
自ら私の手に頭を付けてくる

あぁ、、ずっと撫でてあげていたい(*´∇`*)

IMG_20150808_155958

抗生物質や、痛みどめの
注射のおかげで、
口回りも、きれいになってきたような…


なんだか
この場所で24時間点滴や注射のおかげで
命が続いていくのなら
ずっとこうしてあげたいくらいだ

まあ、現実はそうもいかないのだけれどね(-_-;)



明日、また血液検査です


どうか

数値が良くなっていますように・・・

続きを読む

りぼん 容態急変、そして入院

7月30日(木) 

2011年1月に腎不全と診断されたりぼん
あれから、自宅で皮下点滴と療養食、経口薬をしながら
なんとか元気でいてくれた
一時は、もう病気なんて治ってしまったのではと
思えるほどだった。

それが突然、“おしっこが出ていないかも!”
ということに気づいたのだ

昼間は、チャッピーと同じ空間にいたりもするので
猫トイレに、オシッコの固まりを見つけても
それが、チャッピーなのか、りぼんのなのかはっきりわからない

しかし、夜は決まって、りぼんは私の寝室で過ごすから
朝起きたときに、寝室の猫トイレにある固まりは、間違いなくりぼんのだ。
その寝室のトイレの固まりが、2日続けて無かったのである

幸い娘が夏休みで家にいるので、
何かあったらすぐ連絡をと伝え、とりあえず出勤

出勤して間もなく、
「ぐったりして、元気ないよ。おしっこまだしてない・・」
とラインが来る。(((( ;゚д゚)))

もういてもたってもいられず
社員にワケを話し、一旦帰宅して、病院へ連れて行く。

この日は、かかりつけの院長先生がお休みで他の医師だった

私「腎不全で、オシッコでなくなると、尿毒症になっちゃうんでしょうか?」

医「うーん、どう見ても尿毒症には見えないわね。ちょっと様子見ましょうか?」

その言葉で少しほっとして
“じゃ、大丈夫なんだ、きっと”
と楽観的になった私

帰宅してすぐ皮下点滴行い、シリンジで水と薬を与え
昼間も寝室で過ごさせて、
おしっこが出てるかどうかをチェック

そして、結果、まったく出ていなかった(;´Д`)
これはかなりヤバい状態だ

りぼん2



7月31日(金)

もう一度病院へ連れて行く
あぁ、今日もまた昨日の医師か…(*´з`)

昨日も一度もオシッコをしていないことを伝える

では・・と、血液検査とレントゲンを取る

最悪の結果だった

BUN 140(これ以上の数値は計測不可能なので、もっと上かもしれない)
CRE 15.1

腎臓病の子を持つ飼い主ならわかるだろうが
最悪の数値である。
いつ死んでもおかしくない

4年半前に発症したときと同じくらいだ

しかしそれでも、あのときは持ち直し元気になったので
今回もどうか・・復活してくれと願うばかり

もう長くないかもしれない
数日くらいかもしれない
そんなニュアンスのことを言われて
覚悟もしていたつもりだが、涙が出てくる(TT)

「入院しますか、自宅に連れて帰りますか」と聞かれ
私は 迷わず「自宅で」と答える

それから、4日間

なんと、出なかったオシッコが出てるではないか!
普段は、じーっと動かずうずくまっているけど
尿意を感じると
しっかりトイレまで歩いていき
そして、ジャーっと音までさせてオシッコしている

毎日の点滴と利尿剤のおかげなのだろうが、
それでも、こんなに大きな塊のおしっこが出てるということは
尿毒症ではないんじゃないの?

少し明るい希望が

ただ、それとは相反して
ご飯をまったく食べなくなった
シリンジでお水を飲ませることも難しくなった

口からよだれを流し、舌先がずっと出たままになっている
後でわかったが
尿毒症により、口の粘膜に影響がでて
大きな口内炎ができ、
すでに、口の中が壊死している部分があるという(T_T)
これでは、
水はおろか、フードなんてとても口に入れられないのだ

素人の考えで
ご飯さえ食べられれば、また回復するのではと思い
もう一度病院へ連れて行くことにした


りぼん




8月5日(水)
やっといつもの院長先生に診てもらえることに。
↑の口内炎で壊死しているという
口の中を見せてくれた

あぁ・・(´Д⊂)
これじゃ、ずっと痛いだろうな、つらいだろうな
無理やりお水あげたりしてごめんね

熱は38.5度と平熱
体重は2.6kg
そして、今日の血液検査も前回と変わらず最悪の値

さらに、貧血、脱水を起こしている

入院させ静脈点滴をして、口から出はなく
注射による投薬を行ったほうがいいのではと
院長先生からの提案

夜中も2,3時間おきに
院長自ら様子を見てくれるという


もうすぐ死んでしまうという覚悟でいた私
それなら、自宅で過ごさせたいと思ったけど

できるだけのことをやって
また、回復する可能性が1%でもあるのなら
それに賭けてみたい

第一、もう私自身が、りぼんにご飯をあげることができない
皮下点滴をすることしかできないのだから

しかし、院長先生は言う
もちろん、入院中に亡くなるという可能性もありますと。

しばし葛藤したけど
入院をお願いした

ということで
本日、お昼頃
りぼんは、入院してしまいました。


そして、
実は、とっても不謹慎に思われますが
我が家は
明日から1泊2日で旅行へ行くのです(´・ω・`)

もちろん旅行のキャンセルも考えました
ってか、私は今でもキャンセルしたい
せめて夫と娘だけで行ってきてと言ってはみたけど
それは嫌だと、娘。それはそれで気持ちはわかる

毎日留守番し通しの夏休みで
この1泊2日の旅行は、娘なりに楽しみだったのだ
しかし、父と二人なんて嫌だろう(うちの場合はね)

こういっちゃ何だが
仕方なく行くことにしたのだ

最初、旅行の2日間は、病院で預かってもらう予約をとっていたのだが、
それが、「お預かり」ではなく、「入院」に変わったということだ

その間、しっかり治療もしてくれるので、安心
ただ、
何か急変したときに、
すぐに飛んでいけないことが気がかりである(>_<)


どうか、旅行から帰る8/7(金)まで
無事に待っててほしい
りぼんよ・・・



りぼんチャッピー

病院から帰ったりぼんをじっと見つめるチャッピー

いつもなら、噛みついたりちょっかい出すのだが
じっと見つめているだけ



りぼんチャッピー3

心なしか、心配そうに
りぼんを見つめるチャッピー



りぼんチャッピー2

しばし、ずっとこの距離間




livedoor プロフィール
月別
楽天ショッピング





かわいいペットを見守る留守番モニター




化学調味料無添加、産直野菜&お肉&お米で安心食生活を!!
けろよんおすすめでーす
    ↓





  • ライブドアブログ