ぐうたら母さんの台所雑記

2005年娘の中学進学を機に始めたおべんと日記は、娘の高校卒業後、台所雑記にタイトル変更しました。 その2年後、息子も高校を卒業し家を離れ、文字通りますます「ぐうたら」に磨きがかかっている・・かも?

世の中は夏休み。

だのに、試験も終わらず、息子も娘もまだ帰省してきてない我が家では
なんだか違う世界の話みたい・・。

とはいえ、8月半ばにふたりとも帰ってきますんで
さあ、しばらくは忙しくなりそう・・。

ご飯作りと洗濯だけでも・・・・

と思っていたら
8月後半、地元で2週間実習する予定の娘が
先日電話かけてきて言うには

「お母さん、今度の実習中、お弁当いるから・・ヨロシク!!!」

一瞬、「否」と言ってしまいました。

なんって、子煩悩じゃない母・・・(-_-;)

だって、お弁当に縛られない朝がどんなにすがすがしいか
知ってしまったんだもん・・。


というのは、半分冗談にしても


とりあえず今は英気を養い、後半へ続く・・と行きましょうか。

余裕があれば、久しぶりにここにもアップすることにしましょう。

高校生の息子が今日まで冬休みということで
(すでに、模試で週末登校しておりますが・・)
今朝は私ものんびりしてしまいました・・。

今日は七草ってことで
我が家でも「ふたたき」と呼んでいるおかゆで七草粥をいただきました。

昨夜娘を送っていった帰り、スーパーに寄ったところ
たくさんの七草セットが積んであって
かなりの売れ残りが出そうな感じではあったのですが
いぜんワゴンのお勤め品で見つけていたフリーズドライの七草が残ってたもので
ここは心を鬼にして
地域経済に貢献することはしませんでした。

それにしても
七草の「由来」については売り場にもパッケージにも載ってるのに
「調理法」だとか「食べ方」とかって書いてないんですよね・・。

我が家も母が町の人間だったので
子どものころ七草粥を食べた記憶がありません。
あのころは七草はまだ自分で摘んでくるものでした。
我が家から少し行った田んぼのあたりにはセリも生えてたらしいのですが
町育ちの母にはそういうものを摘む習慣も知識もなかったので・・。
ちなみに子どものころ(昭和初期)の遊び場がデパートのショーウィンドーだったという・・。

まあ、そもそもほとんどが雑草ですし・・。
あのころは、そこまでして食べなくてもいいって感じだったのだと思います。

商品としてお店に並び始めたのも、比較的最近のことのような気がします。

たまたま娘の名前が七草に関係するもので
私は娘が生まれてからは何回か買って作ってみたりもしてますけど
そういうわけで我流です。

七草セットを出されて、戸惑うおうちも多いんじゃないでしょうかね?!

伝統的な食べ方、調理の仕方、はたまた「おいしい食べ方、調理の仕方」を
売り場なり、パッケージなりに添えて売れば
もう少し売り上げも上がるんじゃないかな〜〜

なんていうことを思った7日の朝でした。

久々に画像をアップしてみました。
写りがイマイチだけど・・・。

2012110308010000


世の中の祭日とは無縁の週末模試。

寒くなって寝ざめが悪くなってきたもので
7時起きのやっつけ弁当・・。

バターライスに炒めた牛肉と玉ねぎを乗せて
ナポリタンを添えました。

ご飯がドーン弁当のアレンジバージョン。

昼、冷めてたら
ナポリタンが固まってそうです・・。

学校にゃ電子レンジなんてない(あっても使えない)もんね・・。

息子高校3年生。
たぶん今年が最後の体育祭弁当です。
IMGP0892


IMGP0893


IMGP0894


このほかに、おにぎりがどっさり・・。

ちなみにおにぎりと玉子焼は帰省してきてくれた大学生の娘作。続きを読む

昨夜遅く、たまたま鳥取県の話題をワンセグで見てたら
鳥取の特産のらっきょを使った料理が紹介されていました。

比較的簡単そうだったので
とりあえず頭に入れておいたのですが
なんと、今日、生のらっきょが手に入り
一つ、アレンジしてみました。

元の料理はたしか;
らっきょを串刺しか何かにして
マヨネーズを乗せて、とろけるチーズを乗っけて焼くというもの。

で、これをアレンジしてみたのですが・・・続きを読む

このあたりの地域では、もうすでにすいかの最盛期が過ぎつつあります。

すいかといえば
すいかの皮のおつけもの。

私の母がそういうことしない人だったので
子どものときは食べたことなかったのですが、
スイカ丸ごと一個買ったときは
廃棄量を減らす意味で
最近は良く作ります。

一番外のかた〜いところをむいて
その内側の部分をてきとうに薄切りにして
ジッパーつきビニール袋とかにいれて
塩を降っておきます。

え〜っ 食べた後でしょう??

と言われる向きもあるかもしれませんが
我が家では
スイカ丸ごと→半分を皮つきのまま適当に切り分ける 半分を皮をむいてカットスイカ
このカットスイカの皮の部分のみを使います。

で、そのままお漬物として食べる方法もあるのですが
うちではにがうり(ゴーヤ)の料理の時に少し足したりします。

ゴーヤのカサを増す意味もあるけど
これを入れとくと
ゴーヤの苦みが薄らぐ感じもするので
苦みな苦手な子どもさんとかにおすすめかも?!

で本日は、ゴーヤがなかったので
すいかの皮とジャガイモ豚肉のチャンプルを作りました。

ジャガイモは薄切りにしておきます。
すいかの皮のお漬物は水分が出てるので
水気を軽く絞っておきます。
塩分が強すぎるときは洗っておきます。
豚肉は大きすぎるときは、食べやすい大きさに切って・・。

で、豚肉、すいかの皮のお漬物、ジャガイモの順に
フライパンに入れていき、いためます。

味付けは、すいかの皮の塩気があるので
軽く塩コショウ、またはコショウだけでもいいかもしれません。

今日のはややつかりすぎて「漬物臭」が強い気がしたので
アクセントにナンプラーを垂らしてみました。

とりあえず、我が家の家族には好評でした。

2011体育祭のお弁当
最近は、ちょっとマンネリではありますが、それもまた良しということで・・・。
来年への参考の意味もこめて、久しぶりの投稿です。


とり天
何年か唐揚が続いたような気がして、とり天に・・。
ただ、ぱっと見にはあまり変化はないかも。
上には彩りにそばの芽スプラウトを散らしてます。

ごぼうとにんじんのサラダ
キンピラでも良かったのですが、かぼちゃが甘辛なので
サラダに・・・。

焼きウィンナー

卵焼き

かぼちゃの煮物

塩サバ

めんたいちくわ&チーズちくわ

こないだ旅先で購入。若干高め?

あとは白おにぎりに別に焼き海苔を持参し、
きゅうりの奈良漬(市販品)など。

2011年7月12日のお弁当(画像なし)

今日は黒一段弁当箱のおにぎり弁当。

おにぎりは塩むすび3個。

昨日一昨日スーパーで買い物してないので
何ができるか不安だったんですが

ありました、ありました。

生協で頼んでいた豚とねぎの味付けパック(冷凍)。
昨夜から冷蔵室に移しておきました。
フライパンでこれを炒めて
豚の炒め物

たっぷりある卵で卵焼きは大2本。
おじいちゃんの昼のおかずもかねているので・・・。
少し塩が勝ちすぎた感もありましたが
まあ、時節柄、悪くなりにくいかな?

昨日に引き続き、きゅうりの白キムチ漬け

焼きウィンナー。これもあると便利なお助けメニュー。

野菜はあと一品。
茹でキャベツとグリーンアスパラの黒ゴママヨ和え

ということで、乗り切りましたが明日はどうするかな・・・。
今日もとうとうスーパーには行かなかったのです。
でも、きっと何かできるはず。

今日も画像はなしです。

今日は特に買い物もしていなかったので
何をメインにするかちょっと悩みました。

冷蔵庫の中を覗くと
馬刺しの燻製のB級品のベーコンもどきの残りが・・・・。

で、まずメインは
馬刺しのベーコン(らしきもの)と玉ねぎの赤ワイン炒め

つぎに見つけ出したちくわ
これは立て半分に切って白い方に細かく切り込みを斜め十字に入れて
フライパンで甘辛く味付け
ちくわのくわ焼き

卵焼き 卵はいっぱいあります。

グリーンアスパラのマヨネーズ添え

きゅうりの白キムチ漬け

プチトマト&ふりかけ(ご飯の友)


そういえば、昨日帰ってきてた娘に
「あなたになら大丈夫だったのでも、だめなのあるんだよね」
と息子のお弁当のおかずの話題をしたときに
それが何かが思い出せなかったんだけど・・・

梅干
でした。

すっぱいのが苦手みたい。続きを読む

久しぶりの投稿です。

さて、昨日娘が帰省してきて、
今夜のご飯は久しぶりにとんかつになりました。

ところが、最近ときどき知人から分けてもらう豚肉とは違うので
少し残してしまいました。

まあ、今夜あってたテレビで「脂肪」の話をしてたってのも大きかったんですけど・・・。

で、ほかの一品が・・・続きを読む

黒2段弁当箱使用

とりつくね
卵焼き
冷凍もずく
大豆と昆布煮
大根とにんじんの柚子ごしょう風味

黒2段弁当

とりつくね
卵焼き
冷凍もずく
大根とにんじんの柚子ごしょう風味
大豆と昆布煮

5月13日から6月2日までの分をアップしましたけど、
XPのせいか、
はたまたライブドアのせいか、
やっとこさで、できました。

結構しんどいですね。

ちなみに、
課外に出かける娘の分は写真が間に合わなかったりした分もあるかも・・。


ちょうどテレビNHKBSで「こころの遺伝子」辻井さんの話。

しんどい作業の中
なかなかいいものを聞かせていただきました。


さあ、次のもあまりためないうちにアップしなきゃ・・・。

このページのトップヘ