夜間取引という
ある意味穏やかな時間のようですから
しっかりと検証をしておきたいと思います。

もちろん、穏やかなのは夜を迎える日本だけであって
お天道さまがガンガンとなる米国市場は
此処から盛り上がるってことなんでしょうけね。





2016y09m26d_204058274






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン


金日足

09/07の高値4410円を起点とした右肩下がり。
08/26の安値4250円を取るような値動きにとなるのか?

もし4250円を取るのならば全値押し。
全値押しになるまでには
どのような関門が待ち受けているのか?

目先は09/21に4267円を下抜けすることが必須。
4267円を下抜けせずに4250円を取ることは不可能。

流れ的には右肩下がりのままであるため
4267円を取る形なのかどうかを時間足で検証する状況なのかも?

もし、ここから立ち上がった場合には
4267円を取らずに反発するという地点を
現状で設定しておく必要はある
ってことでしょう。





2016y09m26d_204203775






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン


金1時間足

安値が現状で4296円
この安値が出てくる可能性は
ダブルトップの形が出来てきたときには
必要だったのでしょう。

こんな言い方が後付なのか?
それとも事前に目標値なりを出せたのか?
それは、毎日メールを受信されている方はお分かりでしょう。

52本線に支えられている状態でありならば
その下を目指すことも考えておくのは
リスクのこともあるけれども
チャートの形がそうなっているから。

窓埋めをするということになれば
当然と言えば当然の下げであり
売りの形の状況ならば
目標にはなりやすい形なのでしょう。

次の記事を読んだときにはどう思いましたか?⇒こちら

全てが繋がっています。
点で捉えるのではなく線で捉えるセンスが必要なのでしょう。


点ではなく線で捉えられるように
メールでその都度解説しております。
今は無料で配信となります⇒こちら