辻の点〜Tsuji Yosukeの学習帳〜

大阪のロックバンド“nezire”専属ムービーカメラマンの日々の奮闘を綴るブログ。その他、上原ひろみ(Hiromi)の記事も多め。

久しぶりのライブ撮影(YouTubeやUstreamでなく生で体感するもの)

久しぶりにnezireのライブでした。実に9ヶ月ぶりでした。この9ヶ月間はレコーディングやUstreamを中心に活動してきた彼ら。僕もレコーディングにカメラとして参加し、Ustreamでもカメラはじめ配信技術担当として参加しているので、久しぶりのライブに感動もひとしおでした。ライブといえばUstreamではスタジオライブという形式をとっているので、カメラを回している僕はnezireの2人に一番近いところで彼らの音を聴かせてもらっていますが、やっぱり生のライブは違いますね。観客が目の前にいるとやっぱり温度とか熱量が上がる。彼らもすごく気持ち良さそうでした。

その時間、その場所でしか生まれないものってのはあるわけで。

YouTubeやUstreamをバンドとしてはこれまで類を見ないくらいに積極的に活用していることについては賛否両論あるかもしれませんし、実際、いわゆるバンドと呼ばれる方々はあまりやっているのはお見かけしません。ただ、ライブハウスで音楽を聴くという体験は案外一般的ではないんです。もちろんその人の属性によって変わってきますし、ライブジャンキーみたいなクラスタが存在する一方で、ライブハウスに行ったことある!っていう人は、広い世の中で半分もいないはずです(統計を見て言っているわけではありません)。そんな方々へも音楽を届けたいとnezireはインターネットを使っています。と、僕が「やっています」というのも変ですが、彼らのそんな活動の片棒を私も担いでいまして、他人事のように書けもしないのです(笑)。そういった活動を彼らとしてきて、nezireの音楽はインターネット上でも聴けるし見られるという環境を整えていますし、そこで提供する音楽や動画については全く手抜きもしていませんし、日々改良を重ね活動してきました。

インターネットでいつでもどこでも繋がることはできるし、インターネットで伝えられる価値もあります。それにインターネットでしか提供できないものもあるかもしれません。そんなことを考えながら、最良のものを提供しようと日々研究しながら、YouTubeやUstreamにどっぷり浸かった活動を彼らとやってきたからこそ何か見えてきたように思います。

インターネットでは決して届けられないものの存在にどこかむず痒くヒリヒリした時間でした。
Ustreamのスタジオライブで毎回、間近で生音を聴いている僕が言うんだから間違いないんじゃないかと(笑)


そんなライブでしか味わえない感動をできる限りパッキングした動画はこちらです(笑)。




ライブの撮影は久しぶりでしたが、あまり技術的なことばかりに囚われず(日頃のUstreamスタジオライブのおかげ?)、以前よりリラックスして臨むことができたからでしょうか、だいぶいい動画に仕上がったと思います。何より和田さんが貫禄のステージを見せてくれたことはもちろんなんですが。

どうぞご覧ください。


Ustream企業向け注力で考える動画のエコシステムとUstreamの今後

Ustreamが動画の保存期間を変更するらしいです。

2014年9月30日
アーカイブ映像の保存期間の変更について

Ustream Asia株式会社では、アーカイブ映像(過去の番組)の保存期間を変更させていただくことになりました。変更後のアーカイブ映像の保存期間は30日間となり、30日間を経過すると自動的に削除されるようになります。また、これまでに保存されてから既に30日間経過しているアーカイブ映像も、2014年10月10日以降に削除されますのでご注意ください。なお、「Ustream Biz」および「アドフリープラス」をご利用のお客さまが、手動で録画・保存されたアーカイブ映像の保存期間に変更はありません。

引き続きアーカイブ映像の保存を希望されるお客さまは、10月9日までに「Ustream Biz」または「アドフリープラス」へお申し込みいただくか、お客さまご自身でダウンロードしてくださいますようお願いします。

今回のアーカイブ映像の保存期間の変更に合わせて、「Ustream Biz」や「アドフリープラス」の自動録画機能で保存された映像についても、自動生成後30日以内に保存操作を行わない場合、削除されるようになりますのでご注意ください。

ご利用のお客さまには、ご迷惑をお掛けしますことを深くおわび申し上げます。

以上


今回の発表はUstream Asiaの発表で実はUstream米国は既に1月に同内容を発表していたので、Asiaもいつかやるんだろう、と思っていましたが、とうとうそのときが来たようです。

この変更の意味するところは、個人ユーザ向けのビジネスからの撤退だと思います。ニコ生もツイキャスもある中、個人が配信をするためだけに、そして動画保存のために月額9,800円以上を払う人はほとんどいないでしょう。Ustreamは前々からそうですが、アクティブユーザがYouTubeやニコニコ動画に比べて圧倒的に少ないです。何か統計があるわけではないですが、Ustreamを開くと「人気の番組」が出てきますが、そこに出てくる番組のリアルタイム視聴数は数十程度、なかには1桁の番組もゴロゴロしています。昨今、テレビも録画で見るのが当たり前になっていますし、YouTubeといったそもそも録画されたいつでも見られる動画が溢れている現代において、視聴者をリアルタイムに拘束することは以前より確実に難しくなっています。Ustreamがおそらく志向していたであろうリアルタイム性が多少なりとも成功したのは、知名度のあるスターによる配信くらいでした。といっても、リアルタイム性という意味ではテレビの生放送が昔からあり、それはいわば媒体が変わっただけ。Ustream上で視聴数を稼ぐ知名度のあるスターはどこで市民権を得たかというと、それもテレビという大衆メディアでした。その意味では何かUstreamらしいコンテンツを生み出したか、Ustreamからスターを生み出したか、そういったプラットフォームになったかというと残念ながらそうはなっていないと思います。

Ustreamらしいコンテンツ、Ustreamスターと書きましたが、それが必要であるわけでもありません。ただ、Ustreamはそういったエコシステムの構築を将来像として持っていたように思います。だから、個人向けにも動画の保存期間の制限を設けていなかったのだと思います。誰でも配信ができる、そこに視聴者が集う、そこに広告価値が生まれる。きっとそう考えていたと思いますし、今もそういった余地は残っていますが、個人からお金をとることについて、Ustreamの事業戦略上の優先順位が下がったことは確実だと思います。

一方で、YouTubeはある意味、コンテンツを個人が生み出し、それを他の個人が視聴し、そこに広告価値が発生するというエコシステムを作り出しました。YouTubeは開始当初はずっと赤字でGoogleが買収した後もしばらくは赤字と言われていたと記憶しています。シリコンバレーでは将来価値を見込んだベンチャーキャピタルからの資金調達で事業を継続することがよく見られますがYouTubeもその典型だったように思いますが、昨今のYouTuberといったYouTubeで生計を立てる人の登場やYouTubeで見られる広告にも一昔前よりもだいぶバラエティに富んだものが見られるようになったことからYouTube広告を出稿する企業も増えてきていることが想像できます(広告主は私のアカウントの属性で変わってくるでしょうが、定期的にキャッシュを消してログインせず見ていても色々な広告が出てきていると感じます)。ナショナルクライアントと呼ばれるトヨタも確か昨年は「白黒歌合戦」といった大々的なキャンペーンを組んでいましたし、Panasonicもサッカーブラジル代表のネイマールを起用したテレビCMをYouTube広告でも流していましたし、それと驚いたのが、そういったネイマールといった知名度のあるスター以外にも、ほとんど個人に近い方と組んで(確かエクストリーム系の商品紹介をしていた気がします)小さい広告を出していたように思います。といったように、YouTubeはコンテンツを生み出す個人とそれを視聴する個人との間を繋ぐプラットフォームを広告でマネタイズすることに成功しています(ように見えます。もしかしたらまだYouTube自体は赤字でGoogle検索への流入とその広告費で売上を上げているのかもしれませんが)

以上、UstreamについてYouTubeとも比較しながら散々に言っていますが、Ustreamがニッチなプラットフォームであることを逆手にとり、nezireの生配信番組『動くnezire』は引き続きUstream配信を継続中です。アーカイブをどうするかという課題はあるものの、ニッチプラットフォームを使うという逆張り路線をひた走っております!どうぞご覧くださいませ。


Broadcast live streaming video on Ustream

【動画】パイ投げのやり方②(nezire『閃光』『cry』メイキング第2弾)

大変お待たせしております。パイ投げ動画第2弾の完成です。




前回は、パイ投げ前を収めた「寸止め動画」をご紹介しましたが、今回は皆大好きパイ投げ動画です。人間がパイ投げでぐちゃぐちゃになっていく一部始終が収められております。詳しくは動画をご覧いただくとして、パイが柔らかかったこともあり、「そうそう、これがパイ投げだよね〜」「バラエティで見たことある」といったよく見るパイ投げから遠く離れて、人間がこうも変わっていくのかというグロテスクな動画となっており、また一つ新たな領域に踏み込んだという達成感を持っています。僕らは分かり易く「ゾンビ」といっていますが、ゾンビでもない得体の知れないものになっているように思います。


CM動画の本編はこちらからどうぞ。






パイ投げ動画第1弾はこちらです↓




【動画】パイ投げのやり方①(nezire『閃光』『cry』メイキング第1弾)

パイ投げ動画を作りました。




パイ投げ動画って何?という話ですが、もう3ヶ月前の話ですが、nezireのリリースした楽曲『閃光』『cry』のCM動画用にパイ投げをしまして、その撮影時の裏側をnezireの和田さんと辻がトーク形式でお送りする動画となっています。撮影の生データを見ながら二人でトークしており、元々はどんな撮影素材だったの?といったことがわかる動画になっています。バラエティっぽくテロップも付けています。

今回の動画は、パイを投げられる前のシーンの撮影となっており、おそらく多くの方が気になるであろう肝心の部分には至らない「寸止め動画」となっております点ご容赦ください。

パイを投げられるシーンは編集真っ只中です。もうしばらくお待ちください。
第2弾完成しました!(2014/07/22)




CM動画の本編はこちらからどうぞ。






Ustreamテスト配信(第3回)〜安定の光!光の道万歳!!〜Ustreamに光回線は必要条件!?〜

Ustream配信のテスト結果の考察(雑感)、第3回目です。




「一体誰得!?Ustream配信、テストテストテスト!!
 〜奇特な貴方のきっとお役に立てるはず〜」   
  


第1回:Core2DuoのiMacで配信なんて無理!

第2回:メモリが足りないんじゃない、CPUが遅くてメモリが使い切れていないんだ!

第3回:安定の光!光の道万歳!!Ustreamに光回線は必要条件!?←本エントリー

第4回:Ustream Producer[free版]でたぶん一番高品質な配信設定←Coming Soon!!

(第5回以降:鋭意制作中!)

◆Ustream番組『動くnezire』配信中!!

Broadcast live streaming video on Ustream


◆安定はするが遅かったADSLのWifi、速度は早いが安定しないLTE

私が検証時に使用しているWifi環境は自宅の有線回線を無線化したものを使っていますが、正月のテスト時はADSL回線でした。Wifi以外にもauのLTEのテザリング環境でもテストを行っていました。しかし、今回のテストでは自宅回線が光回線(フレッツ光プレミアム)に変わり、光回線(を無線化したWifi)でテストしています。というように、テスト環境は実は回線環境でも異なっていまして、この回線の違いについても触れないわけにはいきません。なぜなら、今回のテストでは回線が乱れて途中で切れるということは一度もなかったからです。普段出先で「動くnezire」をやる際は近くのWifiだったりLTE(テザリング)を使っていますが、これが結構ちょくちょく落ちるんです。

「動くnezire」ではこれまで色々な場所で配信を行ってきました。第一回目は、某カラオケ店でしたし、その次はボーカル和田さんの幼なじみの方のトレーニングスタジオ、その後は地下の音楽スタジオだったり、トークの場合にはよくお世話になっている某カフェだったり。スマホやタブレットの普及と時期を同じくして広がったネットワーク網をふんだんに活用して、どこからでも配信をしたいといった裏テーマを実は持っていたりするんですが、それが思いのほかうまくいかない。ご覧いただいている方から「何か見れないんだけど」と言われることも多々有り…。その原因が回線側にあるのか、配信PC側にあるのかがはっきりわからないなか、手探りで色々とやってきました。配信が安定しない原因特定が正月の検証時からのテーマでした。

既に第1回第2回でテスト配信について書いていますが、配信が停止する原因はやはり回線の問題だったと考えています。第1回目ではiMacでの配信は激しいCPU負荷の上昇とコマ落ちしまくることについて書きました。第2回では、動くnezireでも使っていたMacbook Airが第1回のiMacよりマシではあるものの、CPU負荷上昇とコマ落ちが依然としてボトルネックになっていることを書きました。しかし、PCが配信の負荷に悲鳴を上げていて非常にストレスフルな映像をお送りしていたものの、一度も配信が停止するという事態には陥りませんでした


これまで配信が途中停止することの原因は回線にありました。では、配信が途中停止するかしないかの差はどの程度のものでしょうか?両者の間には、どれくらいの数値差があったのかを正月のテスト配信時(ADSLのWifi、LTEのテザリング)と今回のテスト配信(光プレミアムのWifi)で比較して見ていきたいと思います。

回線速度測定には、PC(ブラウザ)から測定する場合はBNRスピードテストを使い、スマホでは、OOKLA SPEEDTESTを使用しています。


①ADSLのWifi(正月のテスト配信時のデータより)

4_Wifi時速度




②LTEのテザリング(正月のテスト配信時のデータより)
アップロード1_2014-01-01

3_テザリング時速度



①と②の比較(①はWifiマークが付いているところ、それ以外はLTE)

4-2_速度結果一覧


アップロードはWifiが1.44Mbps、LTEは約3〜7Mbps、ダウンロードではWifiが12.31Mbps、LTEは約14〜19Mbps出ています。WifiのテストがLTEと比べて回数が少ない(Wifiは1回、LTEは3回といった検証回数にバラツキがあり申し訳ない)ですが、LTEのほうが数値上高くなっています過去の配信経験からも、LTEの速度が(ADSLよりも)早いのは納得ですが、 一方で、LTEは急激に速度が低下することも結構あります。回線速度も常時変化をしています。回線というのは、今更言うまでもないかもですが「ベストエフォート」です。常に回線速度が一定に保たれているわけではなく、通信会社も速度保証なんてしていません(企業向けの専用線は違ったりしますが)。そのため、この(一瞬を切り取った)スピードテストの数値が高いからといってLTEが安心とも言えないのです。



③光プレミアムのWifi(今回のテスト配信のデータより)

Upload

Download



光回線恐るべしです。アップロードが25Mbpsも出ています。ダウンロードも27Mbps出ています。このキャプチャ以外に何度かスピードテストを試しましたが、常時これくらい出ていましたし、上りも下りも40Mbpsを超えるときもありました。これまで自宅の引っ越しを何度かしてきましたが、一度も光回線を使ったことがありませんでした。なので、この数値には感慨深いものがありました。これまでは大体10Mbps〜20Mbpsが御の字でしたから。繰り返しになりますが、光回線で行った今回のテストでは一度も配信が途中停止することはありませんでした。


ここで配信時の配信設定についても触れておきましょう。これまで回線速度について散々記載してきましたが、基本的に配信設定は480p(16:9, 854x480, 1150kbps)です。これはUstream Producerフリー版のデフォルト設定で、正月のテスト配信も含め、これまでずっとこの配信設定で配信をしています。

[配信]→[配信設定]
配信設定1

[ストリームのエンコード]480p 16:9(854x480)1150kbps
配信設定2


Ustream Producerでも、フリー版でなく有料のStudio版やPro版を購入すると、720pや1080pでの配信が可能になりますが、今のところ購入していません。720p以上のHD画質で配信したいのですが、そのためには約50,000円以上の投資が必要となりますし、そもそも悲鳴を上げている配信PCのスペックを考えると、その投資も無駄遣いになることが見えています。

配信設定3


といったように、正月と今回のテストでは同じ配信設定であり、配信PCから回線へ送り出しているデータ量という意味では同じ条件です。正月のWifi(ADSL)とLTEテザリングは度々切れましたが、今回の光回線では切れませんでした(ADSLでも有線だと違うと思いますが、今回は検証していません)。

そう考えると、(480pの配信でも)光回線があったほうが望ましいというのが現時点での私の結論です。




「一体誰得!?Ustream配信、テストテストテスト!!
 〜奇特な貴方のきっとお役に立てるはず〜」   
  


第1回:Core2DuoのiMacで配信なんて無理!

第2回:メモリが足りないんじゃない、CPUが遅くてメモリが使い切れていないんだ!

第3回:安定の光!光の道万歳!!Ustreamに光回線は必要条件!?←本エントリー

第4回:Ustream Producer[free版]でたぶん一番高品質な配信設定←Coming Soon!!

(第5回以降:鋭意制作中!)

◆Ustream番組『動くnezire』配信中!!

Broadcast live streaming video on Ustream



Ustreamテスト配信(第2回)〜メモリが足りないんじゃない、CPUが遅くてメモリが使い切れていないんだ!〜

Ustream配信のテスト結果を踏まえた考察(雑感)、第2回目です。


「一体誰得!?Ustream配信、テストテストテスト!!
 〜奇特な貴方のきっとお役に立てるはず〜」   
  


第1回:Core2DuoのiMacで配信なんて無理!

第2回:メモリが足りないんじゃない、CPUが遅くてメモリが使い切れていないんだ!←本エントリー

第3回:安定の光!光の道万歳!!Ustreamに光回線は必要条件!?

第4回:Ustream Producer[free版]でたぶん一番高品質な配信設定←Coming Soon!!

(第5回以降:鋭意制作中!)

◆Ustream番組『動くnezire』配信中!!

Broadcast live streaming video on Ustream


◆Macbook Air[mid 2011]とiMac[early 2009]との比較

まず前回のおさらいから。前回のiMac配信時は下記のiMac環境を使用して配信しました↓

【iMac(24-inch, Early 2009)】
  • CPU:Core 2 Duo 2.93GHz
  • メモリ: 8GB
  • GPU:NVIDIA GeForce GT 120 (256MB)
  • OS:Mac OS X Lion 10.7.5

CPUはCore 2 Duo、二昔前くらいのCPUです。結果的には、配信開始しただけで5fpsという状態。テレビ放送は昔から30fps、今の地上波デジタル放送では、60fpsが主流になってきているという時代に、コマ送りのような非常にストレスフルな映像となりました。


さて、今回はiMacに変わって、Macbook Air(mid 2011)での配信について書いていきます。
このMacbook Airは『動くnezire』スタート時から配信PCとして使用していますし、正月のテスト配信時にも使用している、いわば『動くnezire』の母艦PCです。

【Macbook Air(mid 2011)】
  • CPU:Core i5 1.7GHz
  • メモリ: 4GB
  • GPU:Intel HD Grphics 3000 (384MB)
  • OS:Mac OS X Lion 10.7.5

『動くnezire』配信時、


◆配信方法別のPCへの負荷をモニタリングする


①動画再生無し時のデスクトップ配信
動画再生無し_edit

Ustream Producerのデスクトップ画面を配信する機能(Desktop Presenter)を使って配信をしているときのキャプチャ画面です。このときはデスクトップ上でも動画の再生は行っていません。この状態では、CPUは67%、FPS(1秒当たりのコマ数)は30fpsという状態です。テレビ放送でも30fpsが使われることが多く(昨今のデジタル放送では60fpsも使われ始めたという話も聴きますが)、Ustreamは30fps配信を基本としているため、上記の状態ではコマ落ちすることなく配信ができているということになります。
このときのメモリ使用率は46%となっています。

②動画再生有り時のデスクトップ配信
動画再生有り_edit

続いて、①と同様にデスクトップ画面の配信をしている状態ですが、デスクトップ上で動画再生を行ったときのキャプチャ画面です(動画再生にはQuickTimePlayerを使用しています)。左側に2つの動画が再生されていることがわかると思います。このときのCPU負荷は「96%」とPCが悲鳴を上げています。FPSも20fpsと減っており、コマ落ちが見られ始めました。先程テレビは30fpsと書きましたが、映画は24fpsで作られています。20fpsという数字は映画の24fpsよりも低く、これくらいになるとストレスを感じる方もチラホラ出てくるはずです。一方、メモリは45%と①とほぼ同じ数値。動画再生をすると、CPU負荷が上昇し、FPSも減少しましたが、メモリの使用率は変わっておらず、CPUの処理待ち状態になっていると考えられます。


③動画ファイルをUstreamProducerから直接配信
2-動画ファイルUstPro再生_edit

今度は、動画ファイルをUstream Producerの直接配信した場合(Ustream Producerで「ビデオファイルを追加」し配信する)のキャプチャです。②のプレイヤーで動画再生をしたときのデスクトップ画面配信時の20fpsに比較して、15fpsと更にコマ落ちが見られました。一方、メモリの使用率は44%となっており、①・②と同じ使用率となっています。やはり動画再生はCPU負荷とFPSに影響があるものの、メモリへの影響はありません、というより、CPU処理が一番のボトルネックになっていると考えられます。

6-動画ファイルUstPro再生_edit

今度は21fpsと先程の動画ファイルよりも若干改善が見られます。動画ファイルによって異なるのでしょう。こちらの動画ファイル再生時については②(動画再生をしているデスクトップ画面の配信)と同程度というより、1fps改善しています。といっても、1fpsの差というのは誤差の範囲でしょう。この検証に使用した図表は検証時の画面キャプチャ、つまりは、一瞬をモニタリングしたものであって、実際配信時はこの数値データは常時変動をしているため、この②と③の差というのは、今回検証時の数値データのみを見ると、ほとんど差がないと思っていただくほうがよいかもしれません。ただ、私が配信をしながら、数値データの変遷を見た感覚的にいうと、③(UstreamProducerから直接動画ファイルを配信した場合)のほうが②よりもコマ落ちしやすいように見えました。


以上、今回の記事では、デスクトップ画面の配信時(①)、動画ファイル再生中のデスクトップ画面の配信時(②)、Ustream Producerから直接動画ファイル配信時(③)といった3パターンでの配信テスト結果を簡単にまとめました。


私の環境(Macbook Air mid 2011)では、①がギリギリの状態と思えます。①の場合でもCPU負荷が60%を超え冷却ファンが唸っていました。動画再生を行う②や③となると、CPU負荷は90%を超え、20fps前後にまで低下し、コマ落ちがかなり見られました。一方で①②③すべてのパターンでメモリ使用率は一定の数値を刻んでおり、私の使用しているMacbook Airに足りないものは明らかにCPUのパワーだと思います。CPU負荷が100%に近い状態になるとコマ落ちが激しくなるため、Macbook Airでの配信はもう限界なのではないかと思える結果となりました。というより、前々から気づいていてそれを改めてまとめました、というのが実態です(笑)どなたかの参考になればと思います。


次回はネットワークについて書いていきます。


「一体誰得!?Ustream配信、テストテストテスト!!
 〜奇特な貴方のきっとお役に立てるはず〜」   
  


第1回:Core2DuoのiMacで配信なんて無理!

第2回:メモリが足りないんじゃない、CPUが遅くてメモリが使い切れていないんだ!←本エントリー

第3回:安定の光!光の道万歳!!Ustreamに光回線は必要条件!?

第4回:Ustream Producer[free版]でたぶん一番高品質な配信設定←Coming Soon!!

(第5回以降:鋭意制作中!)

◆Ustream番組『動くnezire』配信中!!

Broadcast live streaming video on Ustream

Ustreamテスト配信(仕切り直しの第1回)〜Core2DuoのiMacで配信なんて無理!〜

Ustream配信のテスト結果の考察(雑感)を今回連載形式でまとめました。


「一体誰得!?Ustream配信、テストテストテスト!!
 〜奇特な貴方のきっとお役に立てるはず〜」   
  


第1回:Core2DuoのiMacで配信なんて無理!←本エントリー

第2回:メモリが足りないんじゃない、CPUが遅くてメモリが使い切れていないんだ!

第3回:安定の光!光の道万歳!!Ustreamに光回線は必要条件!?

第4回:Ustream Producer[free版]でたぶん一番高品質な配信設定←Coming Soon!!

(第5回以降:鋭意制作中!)

記念すべき第1回なのに「仕切り直しの」とあるのは、今年の正月にも実は何度かやっていてそのときの様子を本ブログに書いていたからなんですが・・・


正月のエントリー

◆Ustream番組『動くnezire』配信中!!

Broadcast live streaming video on Ustream


だがしかし(!)シリーズ形式で何本か書く予定で「前書き」と題したエントリーを1本書いたのち4ヶ月が経過。もう当時のことなんて忘れてしまいました!!(笑)というのは、冗談でして、当時のテスト内容はきちんと覚えています。そのときの画面キャプチャとかも律儀にフォルダも作って残っています。ただ、つい最近またテストをやって色々わかったことがあるため、それに触れずに過去の(正月の)テスト内容だけのエントリーを書くのはどうももったいない気がして、改めてテスト内容と考察を記載することとします。正月は「前書き」しか書いていませんでしたので、今回の「仕切り直し」シリーズでは実際のテスト内容の詳細、画面キャプチャも貼りつつ、また正月のテストにも触れながら書いていきます。


さて、本題にいきたいと思いますが、まずテスト環境に触れないわけにはいきません。今回使用した環境は「iMac(Early 2009)」と「Macbook Air(Mid 2011)」です。スペックは下記の通りです。

【iMac(24-inch, Early 2009)】
  • CPU:Core 2 Duo 2.93GHz
  • メモリ: 8GB
  • GPU:NVIDIA GeForce GT 120 (256MB)
  • OS:Mac OS X Lion 10.7.5

【Macbook Air(mid 2011)】
  • CPU:Core i5 1.7GHz
  • メモリ: 4GB
  • GPU:Intel HD Grphics 3000 (384MB)
  • OS:Mac OS X Lion 10.7.5


正月のテスト時はMacbook Airのみでテストを行いました
が、今回は違うPC(iMac)でもテストしてみることでMacbook Airがどんなもんかがわかるかなと。世の中比較しないとわからないものだらけですから。「どんなもんか」というのは僕の場合、専ら「自分の用途に合っているのか(このままでいいのか)」「買い替えるなら何がよい?」ということであります。正月のテスト配信でもそうだったのですが、回線も安定せず落ちるわ、PCもCPU100%張り付いて冷却ファンがぐわんぐわん鳴るわでMacbook Airでの品質向上は難しいだろうと思いつつも、僕が主に編集で使用しているiMacも何せ5年前のモデルでして・・・。iMacでの編集時もレンダリングにすごく時間かかるわ、プレビューが全くプレビューにならないそんな状態であります。こちらも案の定CPU100%張り付きに陥っております。そろそろ買い替えを考えておりまして、ユーストで使っているMacbook Airがどんなもんよを見ること以外にも、「iMacって実際どうなのよ」という逆の意味裏テーマもあったんです!・・・と、回りくどくてご免なさい。要するに僕は「Macbook Airの配信結構辛い!」「iMacも編集しんどい!」と日々頭を悩ましているんです。だからこうして「ちょっと聞いて聞いて!」といったことが出てきます。僕にとってこの悩みは実に深いのです。PCだけじゃなくてカメラも欲しいんです。レンズも欲しいんです。照明器具も欲しいんです。色々欲しいんです。だから、今後何に投資するべきかを考えてるんです。

さてさて、本題に戻りましょう。このiMacのテスト内容ですが、使用したソフトは
Ustream Producer(ver 5.0.2、2014/05/02時点最新)
です。

今回のテスト方法としては、
  • 映像はデスクトップ画面、音声はPC内部の音声(外部入力は使わず)
  • デスクトップ上で動画プレイヤー再生時とビデオファイルを直接触ったときの負荷を比較
結果としては、
  • 常時CPU100%張り付き
  • 動画再生無し(デスクトップ画面を映したのみ)で5fps(大体動画は30fps)
  • デスクトップ上で動画プレイヤー再生時は2〜3fpsに落ちる
  • Ustream Producerからビデオファイルを直接読み込み時は1〜2fps

■動画再生無しの場合(配信PCのキャプチャ画面)
1_動画再生無し(回線速度_CPU負荷率)


■デスクトップ上で動画プレイヤー再生時(配信PCのキャプチャ画面)
2_動画再生あり_デスクトップ上


■Ustream Producerからビデオファイルを直接読み込んだ場合(配信PCのキャプチャ画面)
3_動画再生あり_ビデオファイル直接

3_動画再生あり_ビデオファイル直接2


■実際の配信の様子(録画)



動画をご覧いただいたらわかる通り、非常にカクカクしています。ブロードバンド(死語?)が行き渡って、インターネット上でHD動画が幾らでも転がっているし、こうして配信の裾野が広がった今となっては非常にストレスフルな配信結果となっております。配信開始しただけで5fpsですからね…。インターネット上の動画は大体30fps、配信も30fpsがデフォルトですし、古くからテレビ放送も30fps(昨今は60fpsが主流だとか?)ですから、こんな5fpsの動画は動画になっていませんし、静止画のスライドショーにしては早すぎるし、何とも中途半端なもの、惨憺たる結果となりました。



ちなみに、正月のテストとは下記の点で異なっています。
  • 外部入力の使用有無(正月は外部カメラの映像、外部マイクの音声使用が中心)
  • 回線環境が変わっている(正月は「ADSL(50Mbps)」、今回は「光プレミアム(100Mbps)」)
  • Ustream Producerのバージョンが違う

■正月のテストの様子①(外部入力について)
1_テスト方法
  • Macbook Air = 配信PC
  • Q2HD = 外部カメラ
  • マイク=外部音声入力(取り込み)
  • オーディオインターフェース=外部音声を取り込み変換
  • (iMac = 音声出力[YouTube Audioライブラリ再生])
↓配信PC画面をiPhoneで撮影
2_負荷状況


■正月のテストの様子②(回線環境について)
  • 【パターン1】自宅Wifiを使用(ADSL 50Mbps)
  • 【パターン2】LTEを使用(au LTEテザリング)


【パターン1】自宅Wifiを使用(ADSL 50Mbps)

4_Wifi時速度
※スマホからのスピードテスト(配信PCからのテストはキャプチャ忘れ…)


【パターン2】LTEを使用(au LTEテザリング)
アップロード1_2014-01-01

3_テザリング時速度



【パターン1】【パターン2】速度一覧

4-2_速度結果一覧


アップロードはWifiが1.44Mbps、LTEは約3〜7Mbps、ダウンロードではWifiが12.31Mbps、LTEは約14〜19Mbps出ています。WifiのテストがLTEと比べて回数が少ない(Wifiは1回、LTEは3回)ですが、LTEのほうが数値上高くなっています過去の配信経験上もLTEの速度が早いのは頷けます。但し、様に経験上LTEは途中で切れることも結構ありますので、スピードテストの数値が高いからといってLTEが安心とも言えません(上記データには現れていませんが)。正月とは異なり今回のテスト時は、有線回線(Wifiの元となる回線)が光回線に変わっていましたが、それでだいぶ安定感がありましたし、実際スピードテストの数値も大幅にアップしていました。結局、Wifiは何の有線回線を敷いているかが影響してきますが、このあたりについては別エントリーで考察予定です。

今回の「仕切り直しの第1回」はこれにて終了です。随時更新していきます。


「一体誰得!?Ustream配信、テストテストテスト!!
 〜奇特な貴方のきっとお役に立てるはず〜」   
  


第1回:Core2DuoのiMacで配信なんて無理!←本エントリー

第2回:メモリが足りないんじゃない、CPUが遅くてメモリが使い切れていないんだ!

第3回:安定の光!光の道万歳!!Ustreamに光回線は必要条件!?

第4回:Ustream Producer[free版]でたぶん一番高品質な配信設定←Coming Soon!!

(第5回以降:鋭意制作中!)


◆Ustream番組『動くnezire』配信中!!

Broadcast live streaming video on Ustream


★参加中のUstream番組「動くnezire」、過去配信(録画)はYouTubeからどうぞ!







【iPhoneだけで撮影・編集】Magisto, Video Shader, Reel Moments

昨今のスマホの進化は凄まじいですね。カメラの性能もどんどん向上するわ、カメラフィルターも有象無象に出てくるわ、自動編集アプリまであるわで簡単に動画をつくれちゃう時代になりました。今の時代、スマホがあれば何でもできちゃうみたいなことを冗談めかして言ったり聞いたりしますが、スマホを取り巻くエコシステムは映像方面でも急激な進化をしています。

本当に簡単に動画をつくれてしまう時代です、少しだけ手間をかければ。そして、それを公開する場がネット上にあり、それを共有するSNSがある。ここ数年、YouTubeを中心に僕のような個人が撮影・編集した動画が溢れていて、それがFacebookやTwitterで世界に拡散される。中にはいわゆる「YouTuber」と呼ばれる”YouTubeで生計を立てる人”まで出てきました(ごく一部ですが)。動画で身を立てる!といった人が雨後の筍のように出てきて、「今、動画が熱い!」「動画は儲ける!!」と従来のメディアや胡散臭い情報商材サイトも動画を盛んに話題にするようになりました。一昔前だったら、YouTube等動画共有サイトを小馬鹿にしていた地上波テレビ局様や大新聞様も最近では改心したのか「某インターネット動画サイト」という古臭い言い回しは変わらないものの(もう変わった?)、YouTubeにスピンオフの動画を出していたり、タイアップ動画を出したりしています。そして、何と言っても彼らのお客様である広告主様がじゃんじゃんYouTube広告を出しています。やっぱり客には勝てないのでしょう。YouTubeをはじめとする動画サイトはどんどん拡大しているように思います。

ただ、依然として動画をアップロードする人はごく少数のように思えます。写真であればInstagramを中心にフィルターかけたお洒落な写真がFacebookやTwitter上にわんさか出てきますが、動画に関してはまだまだ一部のようです。最近知ったのですが、YouTubeに動画をアップロードしている人は総視聴者数に対して0.4%しかいないようです(※中島聡氏のメルマガで紹介されていました)。

しかし、冒頭に書いた通りですが、その動画をつくる敷居を下げる試みというのがスマホを中心に出てきています。カメラフィルターもありますし、編集ソフトもありますし、今やスマホだけで撮影・編集までを完結させることが可能です。その動画作成に役立つスマホ(iPhone)アプリを僕が実際に使って撮影・編集・アップロードした動画を貼付けておきます。ただ、アプリの操作方法等細かい説明については割愛させていただきます。他に詳しく書いている方はおられますし。ここに挙げている動画は全てiPhoneだけで撮影・編集・アップロードしている、ただそれだけが言いたかったのです。iPhoneが1台あれば動画ができる。どうぞ僕を踏み台にして(このエントリーを活用して)動画作成の道へ羽ばたいてください。

※動画作成のフローだけを記載しておきます。




  【撮影】    Reel Moments(←タイムラプス撮影アプリ)
    ↓
  【編集】    YouTube Capture(※音楽追加のみ)
    ↓
  【アップロード】YouTube Capture





  【撮影】    Reel Moments、iPhone標準カメラアプリ
    ↓
  【編集】    Magisto(※素材を自動でカット割りしてくれる。音楽や文字もここで追加可)
    ↓
  【アップロード】YouTube Capture






  【撮影】    Video Shader(←ビデオフィルターが豊富)
    ↓
  【編集】    iMovie(※カット割りのみ)、YouTube Capture(※音楽追加のみ)
    ↓
  【アップロード】YouTube Capture


★補足★「YouTube Captureについて」
【撮影】【編集】【アップロード】の3段階のうち【アップロード】は全てYouTube Captureを使用していますが、真ん中の【編集】のところでYouTube Capture、その後【アップロード】でまたYouTube Captureと書いているフローについては厳密には、YouTube CaptureでYouTubeサイト(サーバー)へアップロードしてから編集することになります。



いかがでしょうか?例が悪かったかもしれませんが、iPhoneだけで撮影・編集・アップロードまでできます。試しに遊んでみてはいかがでしょうか?


今回紹介したアプリの操作方法は下記リンクを参照いただくとよいかもしれません。


【Magisto】
・Magisto: あなたが撮ったなにげない動画を、PVのようなクオリティにしあげてくれる凄いアプリ!無料。
・App Store


【Video Shader】
・App Store



【Reel Moments】
・【動画】iPhoneタイムラプス(Reel Moments)
・App Store


neziREC days公開③(第二弾・アコエ編)—ベーシストを引きずり出す—

neziREC days、続いてはベースの「アコエ」編の動画です。



【関連記事】


これ、和田さんの動画と比べて、素材があり過ぎて困りました。レコーディング当日、ボーカルは別採りでしたので、アコエさんをターゲットにしていました。「寄って撮ってやろう!」とアコエさんの指使いをもっと見たいという人にとって垂涎ものの動画を作ろうと、この日はアコエさんばかり撮っていました。結果、撮り過ぎて使いどころに悩む、「編集まだー?」のプレッシャーに曝されることとなりました(決してnezireの2人がそう言っているのではなく僕自身の思い込みです)。撮る前に、今日はこれとこれを撮れればいいかなとか少しは思うのですが、いざ現場に行くと、「うっほ!たまらん!!」とあれもこれも撮ってしまいます。

neziRECdays_akoe1


neziRECdays_akoe2


一応今回の動画作成においてはコンセプトがありました。それは、指使いを見せるベースの音を表に出すアコエさんのいつもとは違った一面を画面に出す、です。ベースが個人的には凄く好きなのですが、ギターやドラムといった音と重ねると、比較的裏方に回るものだと思います。最近のイヤホンやヘッドホンは重低音を重視したものが数多く出ているようですが(SONYのExtra Bass等)、それはある意味、ベースが縁の下の力持ちであることの裏返しでもあると思うのです。重低音重視のオーディオについては、R&Bが一般的になったりという音楽の変遷の影響もあるとは思いますが、そんなことを考えています。といった話はさておき、ベースが好きな僕としては、ベースの音をもっとフィーチャーしつつ、普段は控えめな彼が動いているところ(失礼w)を画面に出したかったのです。


今回の動画で個人的に惜しまれるのは、レコーディングでカメラを回していないときに起きた一幕。サウンドチェックをしているときに、モニター用のイヤホンを付けてアコエさんがかる〜くベースを弾いていました。そのときも、いつものように安定の音を繰り出していて、その安定さと言ったら「もうこれ、本採りでもいいんじゃね?」くらいの反応を周囲は見せていました。ですが、このときアコエさんが付けていたイヤホンはメトロノームしか鳴っていませんでした!w 普通はモニター用に他の楽器(パート)の音+メトロノームを聞きながらやるものらしいんですが。それを聴いたエンジニアさんも「えぇっ!」といった反応で場がドッと湧いたのを鮮明に覚えています。いつも通り、安定のベースを刻んでくれていたアコエさんに和田さんが呟いた一言がまた秀逸で今回の動画に収められなかったのが心残りです。


「君は修行僧みたいだね」

58)_1



ちなみに、僕の好きなベーシストは、トニー・グレイ、アンソニー・ジャクソン、スタンリー・クラークです(全て上原ひろみ繋がりですw)。


レコーディングの様子を収めたneziREC daysはまだまだ続きます。
次回は、サポート参加のヤマザキコウジロウさん(komodo.inc)にも登場いただきます。


neziREC days公開②(第一弾・和田編)—neziREC days命名、編集方法について—

一昨日公開されたインディーズバンド"nezire"のレコーディング風景を収めた「neziREC days」についてまた書きます。

今回の動画は、和田さん中心の「和田編」であります。



【関連記事】

さて、この和田編、nezireをご存知の方はお気づきかもしれません。少し珍しい絵だと思いませんか?そう、横からのショットです。普段のライブ撮影では、真横からのショット、斜め後ろのショットというのは実はありません。ライブのときは基本的に観客席側から撮影するため、前から、もしくは斜め前からのショットが多かったのです。据置カメラを置く場合でも、斜め前が多いです(何度か後ろに置いたこともありますが)。なので、この横からのショットというのは、結構狙っていたショットでもありました。運良くノリノリで弾く和田さんの表情もこの横からのショットで撮れたので今回はこのショットを主軸に動画を作成しました。

昨日の記事にも書きましたが、今回は困ったことに30秒の動画です。たくさんの素材を撮り溜めたカメラマンとしては、この30秒に凝縮するのは結構しんどい作業でした。和田さんの表情がたくさん詰まってますから。今思えば30秒だったからこそ、いつもとは一風変わった仕上がりになったと思うんですけども。


あと、今回の一連の動画は「neziREC days」といった形になっていますが、このタイトルは和田さんの考案です。バンド名のnezireとレコーディングのRECを重ねているんです。流石、うまいこと言う。RECが赤いのも和田さんのアイデアです。RECを大文字にしようと言ったのは僕です。笑

recを大文字にするか小文字にするかはあんまり悩まなかったのですが、今更ながら皆さんはどちらがいいと思いますか?RECを大文字にして編集した動画を「こっちがいいと思うんですけど…(再編集したくないけど)」と送りつけたので、和田さん実際どう思っているかあんまり聞いてませんが、皆さんの意見も聞いてみたいところです。


【採用案】
30)_1


【不採用案】
30)_2




【採用案】
58)_1


【不採用案】
58)_2



聞いても変える気ございませんが。



あと、動画制作の話を少し。今回のこの30秒の動画、3つのパートに分かれています。3つのパートに分かれているというか、僕の動画編集環境上、3つに分けて作らないと、僕のPCの処理が追いつかないんです。僕は編集にはFinal Cut Pro Xを使っていますが、Final Cut上でプレビューしようと思っても、カクカクするわ、音声途切れるわで、プレビューが全くプレビューになっていない、そんな状態なんです。

30秒の動画を一つのプロジェクト(タイムライン)上に並べて一気に編集しようとすると、プレビューどころか編集もままなりません。今回はマルチ画面を使っていますので、とくに処理が重く、3つのパート分けをして各々作成、一旦各パートの動画を出力し、再度取込んで3つの動画を並べて作成しています。

下のキャプチャがそのFinal Cut上の各パートの動画を並べたものです。

1


これを一旦書き出して最終一本の動画に仕上げて出来上がったものがこちらです↓

1



今回の動画、正確には30.30秒で60fps(fps=1秒当たりのフレーム数)で編集しています。上のキャプチャで「30:30」「60fps」と書いてあるのがわかると思います。「60fps=1/60秒=1フレーム当たり約0.016秒」で30:30フレーム、つまりは「(30秒×60フレーム)+30フレーム=1830フレーム」の動画です。パート毎に05:27(5秒27フレーム)、18:10(18秒10フレーム)、06:30(6秒30フレーム)となっており、合計30秒と30フレームです。60p撮影、60fps編集は過去のライブビデオでも基本的に同じ方法で行っており、その点ではあまり変わっていませんが、今回の動画では厳密にフレーム数を数えながら作成しました。ここらへんは動画編集者しか体感しない、もしかしたらそんなの誰も気にしていない自己満足の世界かもしれませんが、数フレームの差で動画の印象が変わってきます。今回であれば、3つのパートの最初と終わり、繋ぎの部分では、とくに気をつけました。60fpsで1フレームの差(約0.016秒)とまでは言わないものの、僕の場合、5〜10フレームくらいになると体感差を感じました。といっても、これは動画編集時に比較してみたときに気づく差だろうなと思います。つくづく世の中は比較だらけ、比較しないと気づかないものだなと思った次第です。


さてさて、今回の動画は「和田編」と書いてます通り、続いては「アコエ編」を近日公開予定です。


どうぞご覧ください。


Twitter プロフィール
大阪のロックバンドnezire専属カメラマン、映像班。上原ひろみ(Hiromi)の追っかけ。自YouTube http://t.co/919sXWeOzk
記事検索