2006年06月04日

昔もてたでしょう

26歳と36歳のときに言われた言葉。

言われた瞬間はちょっと喜んでしまったのだが、その意味をよく吟味するまでもなく、けっして誉め言葉でないことがわかる。

”ね・・・
今は違うのね・・・

「今は違う」というのは妥当だが、””ももてたことなんてない。

「昔エロかったでしょう」
だったら的を得ているね。
”はどうかな?

微妙だな。

ketsumakuen at 14:13|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 | 日記

足が長いですね4

誰のことだろうと思った。

ズボン(パンツというべき?)を買うために店員に丈を調整してもらっているときのこと。
短いと言われたことはないが、長いなんて言われるのは初めてだ。

たとえ、その店員が客みんなに言っているのだとしても、相模原市民がのきなみ足が短いのだとしても、悪い気持ちはしなかった。

1本でよかったのだが、2本買ってしまったのは、自分の意思だよ。
けっして、店員にまんまとのせられたからじゃないよ・・・フン

ketsumakuen at 14:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 | 日記

2005年10月17日

宅建受験記2(不合格記?)

手ごたえはまったくなく、試験の最中に「合格は無理」との感触を得た。
帰り道、追い討ちをかけるようなことが発覚した。
時間が余って見直しをしたときに、ある問題につき選択肢を変更したところがあるのだが、訂正前の選択肢が正解だった。
これで1点損した・・・

家に帰り受験予備校の正解速報で自己採点をしてみた。

33点

例年の合格ボーダーには達していないが、まったく手ごたえのなかったわりには良かったのではないかと思った。
いくつかの予備校では、合格推定点を発表していた。
そこには予想外の数字が・・・

33点前後

これは私の予想より低く、私の点でも合格の可能性があることを示している。
だからかえって合格発表の日(11月30日)までが悩ましい。
胃が痛い・・・
「前後」とはなんだろう。
「後」の34点ならば不合格。
でも、見直しをしなければとれていた点数・・・

2chにあった発言に共感した。
「たいして欲しいわけじゃないけど、落ちればすごくくやしい」

合格発表まで長い・・・

ketsumakuen at 13:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 | 日記

宅建受験記1(不合格記?)

ただほど安いものはないと思っている私は、もらえるものはもらっておこうという気持ちで宅建主任者の試験に挑むことに決めた。
3カ月ほど前のことだ。

当初はなめきっていて、
「勉強しないで合格する」
「しても2週間」
と広言していたが、勉強が進むうちにそんなに簡単なものではないことに気づき、結局1ヵ月半ほどすることになった。
暗記事項が多く、おぼえてもおぼえても水を飲めば忘れてしまう。
脳の老化が進んでいるな、と気落ちしながら学習に励んだ。

試験前日と前々日に総仕上げとして、直前模試が載っている本に挑戦した。
2回分の試験で、合格目安が50点中36点、私の得点は1回目が37点、2回目が38点。
微妙だ・・・
正解した問題すべてに確信があってこたえたならばいくぶん安心もできるが、自信がなかったり適当にこたえたものがたまたま正解というケースも含んでの成績だ。
不安は募る一方だ・・・

当日の試験会場にはスーツ姿の受験者が目立った。
試験は13時からなので、不動産会社の人は午前中仕事をしてそのまま会場まできたのかもしれない。
試験監督から発表があったが、受験予定者は20万人を超えているという。
不動産取引に関係する人間って、そんなに多いのだろうか?
私みたいに「もらえるものはもらって・・・」の輩や、資格マニアが案外多いのではないかと、勝手に推測する。

こまかい内容はいいとして、試験は例年より難しく、過去とはタイプの違う問題が多かったような気がする。
「権利能力なき社団」
なんて、私が勉強した参考書にはまったく載っていない。
こんな言葉をきくのは、10年以上ぶりのことだ。

受験会場周辺では、予備校の勧誘がさかんだった。
宅建にも予備校がある、というまったく当たり前のことを、いまさらながら実感することとなった。
ビラなどは全部無視したが、正解速報がうんぬんという声が聞こえてくる。
「家に帰ったら、みてみよう」

ketsumakuen at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 日記

2005年10月11日

みんな

ketsumakuen at 13:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 日記

2005年10月05日

バカバカしさ、嫌いじゃない

ketsumakuen at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 日記

2005年09月16日

ピーター・フランクルに再会3

昨日会社の前を歩いていると、大荷物をかかえた外国人が私の脇をすり抜けて行った。
「おお懐かしい、大道芸人ピーター・フランクルではないか!」
彼には、13年前たいへんお世話になったのだ。

「ピーター、単位をくれてありがとう。あなたが単位をくれなかったら、私は卒業できなかったのです」
と、心の中で密かな感謝。

彼は大道芸人だけど、世界的な数学者でもある。
授業はつまんなかったけどね。
大道芸もないし。

ketsumakuen at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年09月06日

最近2

伊東美咲の夢ばかりみます・・・

ketsumakuen at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 日記

2005年08月09日

解散じゃ、民意問えず!

重要とはいえ、一つの政策だけで候補者を選ぶことはない。
郵政民営化支持だが反自民である俺は、いったい誰に投票すればいいんだろう?

選挙結果が、郵政民営化についての民意を反映するとは到底思えない。

ketsumakuen at 13:02|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 日記 

2005年08月08日

桐光学園幼稚園の紹介

桐光学園、逆転勝ち。

いまだに「慶應がでていれば・・・」とは思っているのだが、神奈川代表であるから勝てば嬉しいのは間違いないのだ。
特に昨日は、鎌倉のお好み焼き店でラジオを聴かされていて、5点先行された時点で諦めてしまっただけに、よけい。

桐光ということで、わが幼稚園のサイトをみてみたのだが、知らぬ間に小学校もできて、幼稚園から高校までエスカレータも可能になっている。
自分が在園していたときは、「学校法人桐光学園」ではあったが、幼稚園しかなかったのに。
まあ当時、そのまま高校まで進学できても嬉しくもなんともなかったけどね。
でも今や、野球やサッカーでの知名度アップもあってか、けっこうの進学校になっているらしい。

30数年も前のことになりますが、幼稚園の方、ハード・ソフトともに悪くなかったような気がします。
ご子息・ご令嬢にどうぞ。
http://www.tokokg.com/terao-top.htm

ketsumakuen at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年08月04日

よくわからないもの1

とんねるずの面白さ

ketsumakuen at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年08月03日

2ちゃんねらー?の署名

よくわからないんだが、↓こんな署名のビジネスメールはあり?

------
XXXX社
鎌倉新参者様

誰野@XXX社XXX営業部です。
いつもお世話になっております。
          
先日は、ありがとう御座いました。
先ほどお電話差し上げました掲題の件ですが、
明日の16:00に貴社にお伺いしたいと思います。

弊社の部長も提案のご挨拶に伺いたいと思います。

夏休み前、お忙しい所申し訳御座いませんが、
何卒、宜しく御願い致します。

                             以上         

_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○

  ・   ☆・☆゜☆    XXX社
*  . ☆*゜。*  Name
 ☆  ゜*☆*☆ ・   誰野 何兵衛
.  *☆☆* .・  Address 〒1XX-XXXX 東京都XXX区XXX
  ☆☆*。* ゜ ゜ E-mail  XXX@XXX.com
゜ ☆ 。*☆゜. ☆ Tel 03-XXXX-XXXX
☆ 。.☆  . *  

_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○

ketsumakuen at 15:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

2005年07月29日

ステッドラー アバンギャルド(3150円)を買った

もういい歳だし、編集者のはしくれだし、いつまでも会社支給の安ボールペンばかり使うのは恥ずかしいと思い、ステッドラーのボールペンを買ってみた。
赤・黒・蛍光オレンジのボールペンとノック式鉛筆が一体で、3150円と、なかなかのお得感だ。

3150円が「非」安物だとは自信を持って言えるわけじゃないが、ペンの片方の端に歯型がついている80円のボールペンに比べれば格段に高級だ。

ちょうど今、会社の元役員のおじさんが私の席まで来たので話しをしたら、ステッドラーの赤は他のメーカーのものと比べて色落ちしないそうだ。
ことの真偽は定かでないが、書き味を含め、感想はまた後日。

よく知らないが、ステッドラー(ドイツ)は日本で言えばコクヨやトンボなどの大衆メーカーなのだろう。
浪人時代に、ステッドラーの曲定規を使って化学の勉強をしたことを思い出し、ちょっと切ない気持ちになるのが、心地よかったりする。

曲定規、使い道は思いつかないけど、買ってみようかな。

ketsumakuen at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年07月28日

がっかり・・・−慶應敗れる−

夏の甲子園、神奈川県予選の決勝で、慶應が桐光学園に敗れてしまった。
がっかりだな〜
桐光学園の幼稚園出身なんだが、全然嬉しくない。
慶應の校歌、甲子園で聴きたかったよ。
春は見逃したから。

桐光のアホ。

ketsumakuen at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 日記 

2005年07月27日

観てるドラマ

今クールのドラマ、不作だなあ・・・
テレビっ子としては悲しい限り。

今観ている番組と、そのコメント。

・スローダンス
観ると面白い。でも観よう、という気持ちがイマイチ強くならない。
妻夫木、深津、藤木がいいね。広末はいらん。
これは最終回まで観るだろう。

・女系家族
みんな人間が悪すぎ。観てて暗くなる。
とは言いながら、観続けているが、最終回まではたどりつかないかな。

・電車男
伊東美咲と劇団ひとりがいいね。
でも番組じたいは面白くない。
やめる最有力候補。

・ドラゴン桜
長谷川京子がいい、というだけ。
これも最終回までたどりつかないかも。

・女王の教室
天海祐希と子役がいい。
ストーリーは、みててつらくなるもの。
これは最終回まで観るだろうが、「打ち切り」の懸念も。

・義経
壇ノ浦の戦いが近づき、義経の栄華もそろそろ終わり。
後半は視聴率が厳しくなるんじゃないかな。
頼朝役の中井貴一がいいね。

ketsumakuen at 10:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年07月25日

物議をかもす「女王の教室」

天海祐希主演の「女王の教室」(日本テレビ、土曜21時〜)、物議をかもしてますな。
マスコミの言論、表現にはかなり寛容なつもりだけど、このドラマはどうだろ?微妙だ。
回を重ねるうち、みるのがだんだんつらくなる・・・

オフィシャルサイトの掲示板も賛否両論とのことだったが、「否」が大勢だよ。
話題になるという意味では、日本テレビの目論見どおりと言えるけど、ちょっと行きすぎかな。
この番組に不満を持つ知恵の働く視聴者は、スポンサーの方に文句言うだろうからね。
制作側は、スポンサーからの圧力に耐えられるかな?

キャストはなかなかいいよ。
天海祐希の悪魔教師ぶりは最高だ。
まさにはまり役。
準主役の子役も良い。
ロリコンではないが、可愛らしさに「萌え」だ。

一度みられることをおすすめします。

ketsumakuen at 11:54|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 日記 

2005年07月20日

恋愛相談

asahi.comの恋愛相談コーナー(提供:サンマリエ)を愛読しているのだが、ここに相談に来る人たちはたいていバカか、勘違い野郎だ。

ketsumakuen at 10:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年06月30日

バカ女

ルックス、学歴までにしとけ!
教養って・・・・・・

「朝日新聞 恋愛・結婚特集」

ketsumakuen at 02:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年06月21日

DVDレコーダーを買った

東芝の「RD-XS57」というやつだ。
79540円(税込)だった。

昼休みに末広町で買って、会社まで持ち帰ってきた。
配送料をけちったのをものすごく後悔、すさまじく重いんだもの。
店から末広町駅まで徒歩1分、地下鉄に乗って、最寄り駅から会社まで徒歩3分。
たったこれだけの時間で、腕が完全に麻痺してしまった。

帰りは、他人より重い鞄が加わり、会社から東京駅まで徒歩10分、電車に乗って、鎌倉駅から家まで徒歩11分。

買ったことで概ね満足感を得られたので、会社に置いといても別にいいや。

めんどくせ〜  もうしらね〜

ketsumakuen at 13:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

2005年06月15日

ライブドア訪問

今日は仕事でライブドアを訪問。
約束の時間よりだいぶ前についてしまい、六本木ヒルズの総合受付のところで時間を潰していたところ、なんとホリエモン登場。

しかし、私はその直前にかかってきた電話の相手をしていて、ホリエモンには気づかず・・・
連れがみかけたにすぎなかった・・・

ホリエモンをみられなかったのは残念だが、3人いる受付嬢(ライブドアの受付)の綺麗さが目の保養になった。

仕事の方はどうだろう?
若いのにいかにもキレモノといった2人組にちょっと気後れしたが、ライブドアという会社にはより興味をもてるようになった。
パートナーとして仕事をすることになれば、面白いことになりそうな気配はする。
ただ、飲み込まれることには注意が必要だろう。

ketsumakuen at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年06月10日

クールビズって何?

単にネクタイをしないことかな?

それだったら俺なんか年がら年中クールビズ。
今さら騒ぐな!ってんだ。

都心のど真ん中に毎日通うサラリーマンだが、今年は1度もネクタイをしていない。
2004年は、調理師の家に挨拶に行ったときだけ、仕事では一度もしていない。
2003年も記憶なし。

ネクタイで首をしめたら、創造的な仕事なんてできやしない(持論)。

かといって、(特に今日)俺のかっこはどうかと思うけどね。
よれよれのポロシャツに、部分的に薄くなったインチキズボン、さらに小汚い革靴・・・
こんなかっこでラーメン二郎に並ぶ俺は、まともなサラリーマンにはとても見えないね。
でも、嫌いじゃないけどね。
スーツ着て、二郎のラーメンなんて食えないもの。

俺のかっこうをうらやましいと言ってきた連中には、絶好の機会到来。
「クールビズ」にせいぜい便乗してください。
ただし、趣味の悪い服には気をつけよう!

ketsumakuen at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

失礼千万な記者

でも嫌いじゃないよ。
ZAKZAKは、タイトルのつけ方とかセンスあるニュースが多い。
以下、ZAKZAKより引用。

-------
タイトル:ケータイ盗撮みずほ脚フェチ行員、ダメ人生の果て…
サブタイトル:出世できず、妻子にも愛想尽かされ

大事件ではないものの、とっても恥ずかしい脚フェチ事件。「みずほさん」が揺らぐことはないけれど…
 買い物中の女性の脚を盗撮したとして、神奈川県警幸署に県迷惑防止条例違反(ひわいな行為)の現行犯で逮捕されたみずほ銀行行員の男(44)。脚フェチ男は、働き盛りなのに出世とも縁がなく、妻子にも愛想をつかされていた。仕事もできず、家庭も失った男に残されたものは、性欲だけだったのか。

 調べでは、男は今月5日夕、自宅近くのリサイクル店「ハードオフ国道1号多摩川大橋店」(川崎市)で、買い物をしていたミニスカート姿の主婦(27)の脚を背後からカメラ付き携帯電話で撮影した。

 盗撮に気づいた他の客が主婦とその夫(30)に知らせ、夫が男を問い詰めたところ、携帯電話に主婦の脚が写った画像が保存されていたのが見つかった。

 調べに対し、男は「女性の脚が好きなので撮影した」と供述。携帯の中には、主婦の背中や横顔を写した画像が数枚保存されていた。「取り立てて美人というわけでも、際立った脚線美の持ち主でもなかった」(同店関係者)というから、よほどムラムラしていたようだ。

 関係者によると、事件当日は日曜だったため、店内には家族連れの客が多く、被害に遭った主婦も家族連れで訪れていた。夫婦は子供に気をとられ、男が盗撮しているのに気づいていなかったという。

 この日、男は自転車で来店し、襟付きシャツにスラックスという普段着姿で、ショルダーバッグをぶら下げていた。店の従業員は「どこにでもいる中年男性という感じで、変質者には見えなかったが、夫婦から『こんなことやめてください』と厳しく責められ、平謝りしていた」と、そのトホホぶりを振り返る。
(後略)

ketsumakuen at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年06月08日

ボーナス支給

これだけ税金・社会保険料をひかれると、額面の数字は目の毒としか言えない。

今回は大きな買い物の予定なし。
調理師は時計を欲しがっていたけど。
俺も欲しい、ゼニスのやつ。
でも我慢。

ketsumakuen at 12:15|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 

2005年06月06日

人工知能搭載コンピュータに心を読み取られる

人口知能を搭載したコンピュータ、なるものにまず下記の質問をされた。

「何かひとつ、モノを思い浮かべてください!」
(例えばこんなモノ! 「ネコ」「キリン」「カブトムシ」「にわとり」といった生き物や「チューリップ」「トマト」「スイカ」「大根」などの植物、「水」「ダイヤモンド」「土」などの鉱物、その他「自動車」「冷蔵庫」「はがき」「ノートパソコン」「カレーライス」・・・など一般的に知っているモノなら何でもOK! でも、地名とか人の名前、車の名前みたいな固有的なモノはダメです。)

私が思い浮かべたものを、20程度の質問であててみせるという。
それがあたったところで、ふ〜ん、ていう感じだと思ったが、下記の質問で私の頭の中にあるものを導き出したのは見事だ。
(質問は下記のほか、性別と年齢)

Q1. それは、 生き物、 植物、 鉱物、 又は、 その他?
A1. その他

Q2. それは金属でできていますか?
A2. イイエ

Q3. その表面に何か書いてありますか?
A3. イイエ

Q4. それって、バターひと箱より重いですか?
Q5. ハイ

Q6. それを持ち上げることができる?
A6. ハイ

Q7. それを食事の時に使用しますか?
A7. ハイ

Q8. それは熱いですか?
A8. ハイ

Q9. それは茶色い色をしていますか?
A9.  ときどき

Q10. それは黄色い色をしていますか?
A10. ときどき

Q11. それって、落としたら壊れちゃう?
A11. ハイ

Q12. それを工場で生産していますか?
A12. ときどき

Q13. それに液体が含まれていますか?
A13. ハイ

Q14. それはでこぼこしていますか?
A14. ハイ

Q15. アジア生まれのものですか?
A15. ハイ

Q16. 熱を発するものですか?
A16. ハイ

Q17. 水分でできていますか?
A17. ハイ

Q18. それは色が決まっていますか?
A18. おそらく、そう

Q19. それはこれじゃないかい?カツ丼?
A19. アタリ!

ketsumakuen at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

ミスターピブを飲みたい

0e9d78ee.jpg昔やっていたラーメンサイトの裏ページに書いたけど、ミスターピブには深い思い入れがある。

ミスターピブとは、1973年だか74年だかに、コカコーラから発売されていたドクターペッパーライクの炭酸飲料。
市民権の得られなさは、ドクターペッパー以上で、小学校に上がる頃にはもう姿をみられなくなったと思う。

アメリカではまだ売っているか、少なくとも最近まで売られていたらしい。
誰か手に入れてくれませんか?
高価買取します。



ketsumakuen at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年06月03日

セクハラじゃないの?

ketsumakuen at 18:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

コンラッド東京

7月1日オープン。

泊まりて〜
とりあえず、会社からさほど遠くないので、打ち合わせに使おう。

http://www.conradtokyo.co.jp/

ketsumakuen at 16:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年06月02日

貴乃花

好きじゃないね、昔から(光司の方)。

俺が好きなのは北の湖。
江川がいた頃の法政。
原辰徳がいた頃の東海大相模。
和田が投げるときのソフトバンク。
ラヲタだったのにカツどん
サッカーのワールドカップを観なかった俺。

ketsumakuen at 09:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

2005年06月01日

校了日を間違える

自分が担当している商品の校了日が3日(金)に迫っていて、あせりながら、かつ、いつもより残業も多くしながら作業を進めていたのだが、なにげなく印刷会社から提示されたスケジュール表をみてみたら、校了日は7日(火)と書いてあった。

なんだよ!

すっかり気が抜けて、なかなか更新しないブログを書いてみるのだった。

3日のつもりで急かしてしまった業者のみなさん、申し訳なし!

スケジュール表くらいよく確認せねばと肝に銘じた。

ketsumakuen at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年05月31日

金融再編の余波

東京日本橋にて、修学旅行や社会見学とおぼしき地方出身(断定)の中高生が、地図を片手に、

「安田信託銀行のところを・・・」

目的地への道のりは遠い・・・

ketsumakuen at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年05月26日

ばか。

今週のビックコミックスピリッツの
「ばか。」(曽山一寿)
は最高だ。
今年度No.1の面白さだ。

だめなやつはだめだろうが。

ぜひご覧あれ!

ketsumakuen at 09:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年04月21日

パークハイアットでケチる

新宿で打ち合わせのあと、男2人、パークハイアットのピ−クバーで一息。
バカと煙なみの私にとって、地上41階の眺めは格別だ。

こういうところはカップルでくるものと思っていたが、18時前という時間もあってか、男どうし、女どうしの組み合わせが目立つ。

でもやはり、こういう場所で男と飲むために高い金額を使うのはもったいないと思い、1杯1000円の生ビールのみでつまみのオーダーなし。
すきっ腹で2杯飲んだら、日付が変わるくらいまでムカムカが消えなかった。

男どうしだったけど、たまには贅沢な気分も悪くないです。
10%のサービス料は取らないで欲しいけど。

ketsumakuen at 10:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年04月09日

昭和株式会社の花見

銀座でのセミナーの帰り、一緒に参加した同僚と近くの公園で花見をした。
ちっぽけな冴えない公園なのだが、咲き誇る桜は立派だった。

ビールを飲みながら1時間くらい過ごした。
桜とともに、↓をつまみにして。

花見



僕らが到着した15時には既にいたので、何時間ここで過ごすことになったのだろう?

今どきあなたのような会社には入りたくないです。
セクハラも横行しているのだろうな、と勝手に推測しました。

続きを読む

ketsumakuen at 15:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 

2005年03月24日

ミラーマンって

ヒーローのはずじゃ・・・

ketsumakuen at 13:19|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

ちんぴら

先日、メガネをかけたままサウナに入り、レンズをだめにしてしまった。
コーティングが溶けてしまったのだ。
新しく買ったメガネのレンズの説明書にはちゃんと書いてあった、サウナでは使用不可って。
無知は怖い・・・

メガネ店でいろいろかけて試してみたんだが、ちんぴらっぽくみえるのがなかなか良い。

ひげ面とともに、インチキさを醸し出している。
自分に似合うかは別にして、ちんぴらメガネいいな、と思ったのだが、調理師が反対するので断念した。
でも今までと似たようなものでは面白くないので、ほんのちょっとちんぴら度の入ったメガネを購入した。

昨日の会社帰りの横須賀線、座れずに立っていたら、目の前のおばあさんが隣の人になにか注文をつけている。
話し声はよくききとれなかったのだが、どうやら携帯のメールをやめるように言っているらしい。
自分はペースメーカーをしているので、という理由だ。
注文をつけられた若者は、すいませんでした、なんてさも自分が悪いことをしたように謝っていたが、どうもみている私は釈然としない。
じきに若者が降りたので、私がそのおばあさんの隣に座ることになった。
タイミングが良いというか悪いというか、メールを受信したので、読み、書き、送るの一連の操作を行った。
私の場合は何も言われることはなかった。
しばらくすると、私とは反対側のおばあさんの隣の席が空き、おばさんに近い若者が座った。
座る前からメールの操作をしていたが、案の定おばあさんにやめるように注文をつけられていた。
すいません、電源きりましたので、と、さっきの若者より数倍の申し訳なさ度で謝っていたが、おばあさんはそれが当然というような顔をしていた。
またまた私は釈然としない気持ちになった。

そしてまた私の方にメールの着信があった。
今度はさすがにどうするか迷って、しばらくほうっておいたのだが、どうもそのおばあさんに同情的な気持ちになれなかったので、そそくさとだがメールを処理した。
やはり私は何も言われなかった。

下手に注意したら危ない、と思われたのか?
危ない人とちんぴらは、同義ではないが、そのようにみえたのなら、それも悪くない、なんて普通の人とは異なる価値観で喜んだりしてみた。

われわれが座っていたのは優先席ではないし、携帯で通話をしていたわけでもないのに、こんな権利の制限って妥当?
まあこれは、権利の問題でも、マナーの問題でもなく、気持ち、大げさに言えば人道的な問題だと思うけどね。
おばあさんに配慮してあげるような気持ちになれなかったんだからしかたないね。

科学的な根拠はないけど、止まらないですよペースメーカー、携帯では。

ketsumakuen at 10:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

2005年03月23日

不快感に不快感

ニッポン放送の看板アナウンサーの言葉、

「上にくるかもしれない人たちがラジオに対する愛情を持っていないこと、これがとってもとっても残念です」

ニッポン放送やフジテレビ関係者は堀江氏に対し、口をそろえて、「ラジオに対する愛情を持っていない」と言うが、なんでこうも決めつけるのだろう?
商売の道具という認識は当然あろうが、道具にすぎないとしか考えていないなんて偏見だ。
誤解されるような発言はあったのだろうけど、単に言葉尻を都合よくとらえたにすぎないと思うなあ。
「公共性」を主張するならば、こんな偏見に満ちた解釈はいけないよ。

気になる高裁判断は今日の夕方にもでるだろう。

ニッポン放送の看板女性アナが不快感

ketsumakuen at 11:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年03月16日

カレーごちそうさま

日本橋の紅花で、仕事上つきあいのあるベンチャーの社長さんにカレーをご馳走になった。
鰻、寿司、カレーどれにしますかときかれて、遠慮したわけじゃなくカレーを選んだ。
どれも好物だが、カレーは特に目がない。
最初からご馳走になる気だったわけじゃないから、遠慮という観点はそもそもおかしいが。

紅花は中よりは明らかに上に位置するレストランだが、何料理が本業なのかよく知らない。
紅花といえば、カレー、それしか思い浮かばない。
ここのカレーは、辛いのが有名で、食後4時間以上たってもまだ胃腸のほてりが消えない。
社長さんいわく、辛いので誰も付き合ってくれない、そうだ。
私ならいつでも付き合います、と言いたいところだが、今日オーダーしたのが2100円だから、いつでもとなるとかなり懐が痛む。いつもご馳走になるわけにもいかないし。

それにしても、起業する人というのは、のほほんと会社生活を送っている私とはバイタリティーが違う。
専門性も高く、その点でも私とは差異があるが、やはりビジネス生命力の違いが一番大きい。
でもこういう人と関わると、刺激になってよい。
いろいろアイデアをだしあって、これらがすべて実現したらすごいことになるのに、と思うが、願望だけで大半は無理だよなあ、なんて思ってしまっている自分がちょっと嫌だ。

社長さんのバイタリティーもうらやましいところだが、オフィスがCOREDOにあるということの方が勝るかな?
うちなんて築半世紀にもなろうかというボロビルだから。
外眺めたって、隣のビルしかみえないよ・・・

ketsumakuen at 17:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年03月14日

珍食物「イタリアン」

新潟名物「イタリアン」、名が知れつつはあるが、まだその体まで知るのは少数派であろう。
ずっと興味津々であったが、上大岡の京急百貨店の「大新潟展」に登場すると耳にした。

いてもたってもいられずに、10時の開店早々を狙い、上大岡まで行ってみた。

大新潟展の会場に近づいてみると、大行列が目に飛び込んできた。
すわ、イタリアンに大行列?と出遅れを後悔するが、行列の後に続こうと思ったところ、記念品を受け取るための行列だとわかり、一安心。

あっちをうろうろこっちをうろうろ、ようやくイタリアンを販売している「みかづき」まで辿りつくと、待ち客なんて誰もいなかった。
やはり知名度は低いのだろうか?
基本メニューである「イタリアン」(310円)を注文した。

イタリアン


イタリアンとは、焼きそばの上にトマトソースを載せたものだ。
スパゲッティ・ミートソースの麺が焼きそばにとってかわっているのだ(ただし、ひき肉抜き)。

みかづきのイタリアンは、ソースにコーン、麺は極太のソース焼きそば、具はキャベツともやし、つけあわせに白生姜。
味付けはかなり甘い。
残念ながら、トマトソースはみかけに比して非常に存在感が薄く、彩り程度の意味合いしかもたない。

本場ではどのような存在だかわからないが、ジャンク度から言っても、主食となりえるものではない。
部活動が終わって、学校の近所の店でたむろする中高生のおやつとしては絶好であろう。

味云々よりも、珍食物を味わえたことに強い満足感を覚えた。

完全にイタリアンのおまけだが、元ラヲタとしては新潟ラーメンの「信吉屋」もはずせない。
まだ10時台、食事時ではないということもあって、店内はガラガラ。
注文した「中華そば」(650円)は↓

信吉屋


新潟ラーメンはいろいろなタイプがあるが、三吉屋系のラーメンであろう。
ラヲタじゃないので、出自までは調べない。
済んだ醤油ラーメンで、魚系が強く、麺は細く縮れている。
だしも味もけっこう強く、「おまけ」 と位置づけたのが申し訳ないほどうまく思えた。

大新潟展では魅力的なものがまだまだたくさんあったが、イタリアンで大満足、信吉屋でとどめ。
もうこれ以上はいらないよ、ということでそそくさと帰宅。

ketsumakuen at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

くそう

でも立派!

母校の活躍

ketsumakuen at 11:41|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

2005年03月11日

早退

会社に着いたら急に体調が悪化した。
最初の症状は頭痛だったので、頭痛持ちの私にとっては、よくあること、で薬を飲めばじきによくなるとタカをくくっていたのだが、だんだん体が重くなってきた。
頭痛はだいたい消えた、でも体がかなりだるく、熱はないが吐き気がする。
風邪や熱で体がだるくなるのはあたりまえだが、そんな症状も無いのに、ただ体がだるいというのは今までに経験が無い。
時間がたつにつれ体も頭も動かなくなってきたので、午後休で早退した。
職場ではインフルエンザが蔓延しているので、早めに手をうつ(症状が出てからでは遅いか?)ために、帰宅後病院に行くことに決めて。

鎌倉駅前の東急で、気休めのアリナミンVを飲んだら、なんだか体調がよくなってきた。
栄養ドリンクの効用なんて期待してないし、具合が悪くなってから飲むのはかえってよくないと聞いたりもするけど、もしかしたら、と思っていたところまんまと私の思惑通りになってきたような気がする。
プラシーボ効果かもしれないし、のまなくても良くなるものだったかもしれないけどね。
とりあえず病院は様子見。

まあこのまま快方に向かえば良いです。
あと、会社への拒否反応で体調が悪くなったのでなければ。

ketsumakuen at 14:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

2005年03月08日

調理師免許入手

今日は有給、鎌倉保健所まで調理師の調理師免許をもらいにいった。
たいていの人は、飲食店に掲示されているのを目にしたことがあるだろう。
当然ながら、それらと同じ形状のものをもらうことになった。

でかくて立派だ。

私も資格はいくつか持っているが、こんな立派な免状のものなんて手にしたことがない。
そして、現業系の資格というのもはじめてだ。
(もちろん自分でとった資格ではないが)

調理師は嫌がっているが、100円ショップの立派な額縁に入れて玄関に飾るつもりだ。
土曜に受けた試験が仮に受かっていたとしても、こんな立派な免状の前には芥の如しだ。

今までは、興味がある、仕事の役に立つ、という観点でさまざまな資格に挑んできたが、次は、免許や合格証が立派である、という観点で資格取得を目指すことに決めた。




                                    ウソ

ketsumakuen at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年03月06日

終わった〜

人生が・・・                    嘘

ここ数ヶ月ずっと心の負担だった試験が昨日で終了。
結果は散々だが、とりあえず年内は勉強しなくていいと思うと、本当に気持ちが楽だ。
鎌倉散策もたくさんして、メインのブログのほうも更新するようにするさ。

バンザーイ!

ketsumakuen at 10:32|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

2005年03月03日

シンセリティーのビーフシチュー

今日の昼食は最近お気に入りのシンセリティー、ちょっと贅沢してビーフシチュー(1575円)をオーダー。
カレー以外のランチメニューには、スープ・サラダ・コーヒーが付く。

スープは、コンソメ。けっこう濃厚。
サラダは、ポテトサラダ、コールスロー、トマト。
ドレッシングのマヨネーズは特筆すべき美味さだ。酸っぱくないところが、市販のものとの違いを感じさせる。

ビーフシチューは、デミグラスソースの酸味の強さがちょっと残念。
目に見える具は、牛肉と少量の玉ねぎのみ。
ステーキの誠と同じものを使っているだろう牛肉は、箸で切れるほど柔らかく煮込まれている。
もちろん、美味。

食後のコーヒーは、アイスだった。
同行者によると、数日前に訪れたときはホットだったとのことなので、「陽気によって」なんて配慮はなさそうだから、店員の気分しだいで決まるのだろう。
もしかしたらホットコーヒーは面倒くさいのかも。アイスはペットボトルのものをコップに注ぐだけだから簡単。

12:30すぎには、カレーは売り切れになった。
カレーが売り切れた場合、店に入るやいなやその旨伝えてくれるが、カレー(700円)とその次に安いメニュー(コロッケなど1365円)に値段の格差があるので、この姿勢は良心的と言える。

何度目かの来店となるが、今日はじめて、この店の向かいがステーキの誠であるという認識で、噂の超高級店の外観を眺めてみた。
看板はなく、一回の利用で数万円という店から想像できる店構えの荘厳さはなく、中をうかがい知ることができないとともに、その様子を想像することさえ不可能だ。
今の身分では縁もなかろうが、興味は津々だ。

ketsumakuen at 20:26|PermalinkComments(1)TrackBack(1) 日記 

愛しのビーエム、もうすぐ型落ち・・・

BMW3シリーズの7年ぶりのフルモデルチェンジが間近だ。
たまらずにNew3の記事が載っている「NAVI(二玄社)」の4月号を買ってしまったけど、これからはそんな行動は自重だ。できるだけ私の視界にNew3が入らないようにしなければいけない。
少々のトラブルくらいで、ディーラーを訪れるのはやめよう。
営業マンから電話がかかってきても居留守を決め込まねば。
衝動買い、怖い。
「絶対にない」と言い切る自信がないのも、心細い。

私は37歳にして、自己所有の車歴は10年弱でわずか2台。
その2台はいずれも、BMW320iだ。
「ビーエム!」と贅沢しているように言われることもあるが、BMWと言っても3シリーズであるし、30代なかばであるし、車を移動手段としか見ない人を除けば、中堅サラリーマンが持つ車として相応に考えてくれる人も少なくないだろう。

贅沢と言うか、身分不相応というのは、私の半分ほどの収入しかない8歳下の弟のことを指す。
やつは、高校を卒業してすぐに車を購入、まだ20代であるが、車歴は以下の通りだ。

スズキ・ジムニー→スバル・レガシー→トヨタ・ランドクルーザー→メルセデス・SLK→トヨタ・プリウス

メルセデスのSLKを除きすべて新車。でも、SLKは中古と言っても400万円超だ。
おかけで貯金なんてこれっぽっちもありはしない。借金はないらしいので、それだけは救いだ。
そんな愚弟も、トヨタのプリウスを買うに至り、ようやくまともな金銭感覚に近づいたような気がする。
次は、カローラにでも乗り換えれば完全に改心したと認識してやろう。

自分の話に戻る。
ビーエム乗りというと、さも車好きなんだろうと思われるのだが、私は車を買うことと、自分の車をまっすぐ走らせることにしか興味はない。知識もない。
電車で済むところへ行くのに、わざわざ車を使ったりしない。

先代の320iを購入して3年くらい経ったある日、ガソリンスタンドで給油をしていると、「無料で点検しますので、ボンネットを開けてください」と店員に言われた。
ただほど安いものはない、と思っている私は、喜んでボンネットを開けようと思ったが、どうもその方法がわからない。
そう言えば、今までに開けた記憶がどこにもない。
さんざんハンドルの下あたりを探ってみたのだが、結局ボンネットを開ける方法はみつけられなかった。
「開け方がわかんないから、いいです」
って素直に言った。
この間も、トランクを車内から開けようと思ったのだが、またまたその方法がわからない。
普段はキーについているボタンを押して開けるのだが、エンジンをかけてしまった後だったから、キーのボタンは使用不可。キーを抜くためにエンジンを切るのはしゃくなので、 車内をくまなく探してみたが、やはり開ける方法はみつからなかった。
泣く泣く、エンジンを切って、キーで開けた。
先代は、ドアとトランクのロックが連動していて、ドアがロックされていなければトランクを開けることができたのだが・・・

今の車は、購入して2年ちょっと。
良い車だし、まだ新しくもあるのだが、もうまもなくで「型落ち」だ。
あんまり良い気分ではないなあ。
モデルチェンジは10年おきにしてください。

ketsumakuen at 09:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 

2005年03月02日

ビジネス相手のメールアドレスを勝手に商用リストにいれてはいかん!

少し前の話になるが、仕事の関係で、Infoseek(楽天傘下)に問い合わせをしたことがある。
仕事の話はこちらの要望を受け入れてもらってつつがなく済み、以降なんの問題もないのだが、ちょっと「どうかな?」と思わせられることがあった。

それは、私のメールアドレスが楽天のニュースリリース配信リストに入れられてしまったことだ。
楽天で商品を買ったわけでも、資料請求したわけでもなく、ましてやアダルトサイトじゃあるまいし、ビジネス相手のアドレスを許可もなく商用の自動配信リストに入れてしまう神経がよくわからない。
こういうことはよくあることなのだろうか?

楽天からのメールは、「削除済みアイテム」に着信するように設定をしてあるのだが、メール新着の表示だけは解除できない。
特にプロ野球参入で話題になった時期には、1日に何通も届いて非常にうっとおしかった。
リストからはずしてくれと言えば済むのだろうが、仕事では便益を受けているだけにそれも言いづらい。

楽天ではよく買い物をするものの、ライブドア派の私にとっては、楽天の動向なんてさほど興味はないのだ。
まだ、↓のバレーボールチームの方が興味深い。

--------(会社のアドレス宛に届いたメール)

はじめまして、突然のメールをおゆるしください
◆ ━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥…━…‥…━…‥…━ ◆。
当方は週末や平日夜に集まり、バレーボールを楽しむスポーツチームです。簡単に言えばママさんバレーチームといったところでしょうか。
実は当方、表向きはママさんバレークラブだったのですが(これ以上詳しいことはご勘弁ください)日常の不満や夫との不満を語っているうちに、男性との合コンをセッテングする場となっていました。しかし、たくさんの女性より「個人的に付き合いたい」という声にこたえ、男性を人妻に紹介する場へと変化していきました。それが今では口コミで全国へ広がり、たくさんの人妻さん達から好評を得ております。
数ヶ月前、某ネット記事に当所がすっぱ抜かれたところ、当所がひそかに話題になり人妻さんたちの登録が一時的に増加してしまい、現在では男性を紹介するのに数ヶ月待ちという困った現象がおきてしまい頭を抱えている次第です。
そこで、あなたの力をぜひお借りしたいのです。
◆ ━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥…━…‥…━…‥…━ ◆

【↓重要↓】
°★.*°☆.*°★.*°☆.*°★.*°☆.*°★.*°☆.*
もし当バレーチームの選手に興味がおありならば、
.織ぅ肇襪法攵匆雋望】記入して頂いて
∨槓犬法屬△覆燭僚擦鵑任い訝楼茵弋入して頂いて、
コチラの【20代女性、30代女性、40代女性】の中からお選び頂いて、

以下までご返信お願いいたします。
コチラから後ほど貴方様にピッタリの女性を紹介させて頂きます。

ketsumakuen at 10:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

2005年02月28日

鎌倉在住をもどかしく思った

ラーメン店では一番のお気に入り、大石家@淵野辺に行ってきた。
はじめから大石家を目指したのではなく、あてにしていた味乃やまびこが店舗ごとなくなってしまっていたので、次善の策として。

大のお気に入りながら、私が転居したという理由もあるが、だいぶご無沙汰。
記憶が定かでないが、2002年11月にうちの会社の雑誌のラーメン特集に大石さんに協力してもらって以来だと思う。
出来上がった雑誌を届けに行ったのが最後だから、2年ちょっとぶりか。

店と店主については、語りしつくしたので割愛。
店をでるときに後悔するようなことをしてしまったので、今日はその話。

なんのことかというと、帰り際、精算を終えて店をでるときに、
「麺を売ってくれませんか?」
と唐突に言ってしまったこと。
そのときは、以前はちょくちょく麺をもらっていたので、昔と同じ、ということでさして気にしていなかったのだが、
(もしかしてもらった麺の分だけ、ラーメンが売れなくなってしまうのではなかろうか?)
(他に客がいたのに、自分だけ麺をもらうようなことをしてしまって、他のお客と、常連に特別のサービスをすることになってしまった大石さんに申し訳ない)
などと帰る途中、ぐたぐたと考えてしまった。

売ってくれ、と言って、金を支払う意思はあったのだが、大石さんが受け取るわけもなく、2玉求めたところ7玉もただでもらってしまった。
2玉でなく、7玉というところが少し気持ちを楽にさせた。
(2玉と言ってるんだから、余裕がなければ7玉もくれないよな)

だいたい、私は常連への特別なサービスが嫌いだ。
店がお得意さんに対して、特別な便宜を図ることを否定する気はないが、それは他の客にわからないような配慮をもって行うべきだと思う。
昔経験した例だが、同じラーメンを頼んで、自分はチャーシュー4枚、隣は2枚。その差異に隣客が気づく、ということがあった。
サービスしてもらったにもかかわらず、心苦しくて、ありがたい気持ちになんてちっともなれなかった。
こういうときは、丼の底にチャーシューをもぐらせてくれればいいんだ、と思った。
この件は、ラーメンのHPを開設している頃に、仲間と議論したのだが、
「常連なんだから、それくらいのサービスをされるのはあってもいいことで、隣客にそれが知れても、"常連"ということで、店の姿勢を非難する者なんていない」
という趣旨の考えをする人が多数派で、すごく違和感をもった。

せっかくのうまいラーメンも、軽率な自分の行動でありがたみ半減。
考えすぎならいいが、単に「ずうずうしいやつ」と大石さんに思われている可能性もあるし、すぐにフォローできない場所に引っ越してしまったことがもどかしい。

もらった麺は、調理師に焼きそばにしてもらったが、とてもうまかった。
うってから寝かせるタイプじゃないので、小麦感が非常に強い。
日本で一番うまい麺は、大石家(二番はなると商店)と思っているので、その麺を堪能できたのは嬉しかった。
でも、後味の悪さは少し残った。
自意識過剰ならばそれでいいが。

ketsumakuen at 13:28|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

2005年02月25日

敗色濃厚、がんばれ!ホリエモン

ホリエモンとフジテレビがやりあってますな。
心情的にはホリエモンを応援するよ。
だからこそ、ブログの開設先としてライブドアを選んだんだもの。

新株予約権というのはちょっと汚い気がするけど、企業を守る手段は多くないんだろうね。
フジは放送や報道の公共性を強調して、一般企業とは違うと主張するけど、フジサンケイグループの公共性が失われても代替がきくから別にいい。
テレビで言えばNHKがあるし、民放にしたって東京キー局はフジ以外に4つもある。
産経新聞だって、なくなって困るのは社員くらい。
ホリエモンが商標登録した「東京経済新聞」になっちゃって、エンターテインメントを追求する方が、それこそ社会的意義があると言えるよ。
扶桑社もポニーキャニオンもしかり。

ホリエモンの発想は、すごく新しいというわけでもないし、誰も思いつかないということでもない。
他人と違うのは、実際に行動を起こすこと、しかもそれが他人よりちょっと早いこと。
楽天やソフトバンクなんてフォロワーにすぎない。野球に関しては。

こういうの嫌いじゃない。
でも自分の身に降りかかってきたことだったら、フジ的理屈をこねて、保身に走ると思うよ。

ketsumakuen at 09:22|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 日記 

2005年02月24日

3日連続のカレー

調理師が寝坊して弁当を作ってくれなかったので、今日の昼食も外食。

いろいろと迷ったが、一人で入りやすい店の中から、日本橋の「シンセリティー」を選ぶ。
シンセリティーは、政財・スポーツ・芸能界著名人御用達(というネットの情報、実情知らず)の「ステーキの誠」という店が経営している。
食材は誠と同じものを使用しているとのことだが、店が街の洋食店の態をなしているので、値段もその態にみあったものとなっている。

ランチはほとんどの客がカレーをオーダー。
メニューでは、カレー(中)と(大)があり、それぞれ700円と800円。
量的には、(大)が他店の普通盛りくらいだ。
カレーは、欧風タイプのビーフカレー。
目に見える具は、牛肉のみ。
牛肉は大きく、柔らかく煮込まれていて美味。
ステーキの誠と同じ高級肉を使っているに違いない、と思い込むとその味もいっそう引き立つ。
肉に比べて、ルーは地味。
良い食材を使い、作り方にも凝っているのかもしれないが、客にはイマイチ伝わっていないかもしれない。
うまいけどね。

1Fはカウンター席のみ。
上がったことはないが、2Fはテーブル席がいくつかある模様。
ほとんどオーダーされないカレー以外のメニューは、コロッケなどのフライ、ハンバーグなどが1300円台、ビーフシチュー、タンシチューなどが1500円台。

会社への帰路、とんかつの宇田川の前を通ると行列。
ここのカツどん(1400円、土曜は200円引き)はうまいよ〜

昨日の昼もカレーだったが、好物は何食続いても気にならないのだ。
ブログを開設する前なので書いてないが、おとといも丸善@OAZOのカレー(ビーフカレーとハヤシライスとの2色盛り、1100円)だった。
家に帰ったら夕食もカレーだと、調理師が言ってた。
それは楽しみだ。

ketsumakuen at 14:36|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 日記 

魔の中2

そんな言葉があったのか!

確かに中2の頃は、勉強やさまざまなことに不調な時期だった。
勉強で言えば、担任に「ア・テストで満点とっても県立Y高校には行けないよ」と言われたのも中2のときだ。
いや〜絶不調だったなあ・・・

その言葉に奮起してがんばったわけじゃないけど、結果としてはY高校より偏差値的に上の学校に行けた。
でもやはり、思い出すに「魔の中2」だったよ。

ちなみに、「ア・テスト」というのは、アチーブメントテストの略で、私立は知らんが神奈川県の公立中学の生徒全員が中2の3学期に受験。
この結果は、当時公立高校入試の25%のウェイトを占めた。
今はもうない。

この記事はトラックバックのテストのつもりなんだが、使い方は正しいのかな?

ketsumakuen at 09:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日記 

確かに

だが堪忍袋の緒というものは、慎重な配慮に基づいて切れるものではない。
                          (森村誠一著、太平記より)

ketsumakuen at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 
コメント
Categories