rootsrockreggae
京都でも上映中なので行ってきました!

『ROOTS, ROCK, REGGAE』


1977年、ジャマイカ、キングストン。
ストリートと権力の抗争が絶えないこのカリビアンの小国で、レゲエ・ミュージックはただ聴くだけのものとしてだけではなく、政治、宗教、文化といった人々の生活のあらゆる所でそのリズムを響かせていた。「ROOTS, ROCK, REGGAE 」は、西欧社会にレゲエ文化の輸出が始まり、世界的に注目が集まる中、その音楽と社会情勢、文化のルーツを映し出した音楽ドキュメンタリーの金字塔である。


出演:
ボブ・マーリィ、ジミー・クリフ、リー“スクラッチ”ペリー、Uロイ、ジョー・ヒッグス、トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ、ジェイコブ・ミラー&インナー・サークル、サード・ワールド、アビシニアンズ、ジャック・ルビー他


A HARCOURT FILMS PRODUCTION
(c)Harcourt Films Ltd 1978
プロデューサー/監督:ジュレミー・マー(Jeremy Marre)
制作年1977年
制作国 ジャマイカ/イギリス 
映時間: 約54分
54分と短いので映画というよりもドキュメントフィルムといった感じで、アッという間でした。
しかしその中に当時の貴重なルードボーイ時代(?)のJIMMY CLIFFのインタビューや、LEE "SCRATCH" PERRYBLACK ARKスタジオでのレコーディング風景(これめちゃめちゃヤバかっこよかったです!)、RAS MICHAELU-ROY etc...のビッグスター達JACK RUBYのところで歌うストリートミュージシャンなど、見所たっぷりです♪

ルーツレゲエ全盛期当時のトレンチタウンやキングストンの町並み、ファッション等も大変興味深いです。30年前の映画なんですが、レゲエミュージックは昔から今までずっとずっとアツいのがよくわかります。
54分と短いフィルムなので、ダンスホール好きの皆さんも軽い気持ちでぜひ観に行ってみて下さい♪楽しいですよ☆