March 30, 2009

指先からの血液採取

指先からの血液採取

血糖値を測定するうえでややおっくうなのは指先からの血液の採取です。
専用の穿刺針で指先を突いて血液を絞り出すのですが、一瞬痛みがあったりします。

人によっては失敗して指先から血液が出なかったりします。

その場合は穿刺深度の調節するとか採血前に指を動かして血行をよくしておくとうまくいく場合が多いようです。
また、心臓より低い位置で穿刺すると血液が出やすいです。
血液が出にくい場合は片方の指で絞り出します。

穿刺の前と後には必ず脱脂綿で消毒しましょう。

携帯用の血糖値測定器は電池式が多いので電池切れには注意しましょう。

血糖値の測定はずいぶん簡単になってきましたが、穿刺などはやはり面倒ですね。

>>藤城博の血糖値を下げる方法


その他参考サイトもどうぞ
糖尿病の予防には
糖尿病性腎症と予防
糖尿病療養指導士とは

kettou_sokutei at 13:36|Permalink 血糖値の測定 

血糖値を自宅で測定

自分の血糖値を自宅で知りたいという人は多いのではないでしょうか?

最近では家庭用血糖値測定器も販売されていて以前より簡単に血糖値を測定することができるようになりました。

血糖値の測定原理にはいくつか方法があります。
酵素を用いたグルコースオキシダーゼ法グルコースデヒロゲナーゼ法はセンサー中にこれらの酵素を含み、血液中のグルコース(ブドウ糖)と反応すると電子が発生し、それを電流でとらえて測定します。

ヘキソキナーゼ法グルコースオキシダーゼ/ペルオキシダーゼ法は血液とこれらの酵素が反応するときに発色するの具合を見て測定します。

グルコースオキシダーゼ法を使用する測定器具にはデキスターZ、グルコカード、エクザクティック2A、グルテストエースがあります。

グルコースデヒロゲナーゼ法を使用する測定器具にはアドバンテージ

ヘキソキナーゼ法を使用する測定器具はタイド

グルコースオキシダーゼ/ペルオキシダーゼ法を使用する測定器具にはメディセーフ、ノボアシスト

血糖値を測定するときは同じ測定器具を使用して、同じ時間とか食後時間後とか条件を同じにして測定していると日々の血糖値の変化が分かります。

簡易型の血糖値測定器ではアークレイグルコカードが手頃な価格であります。
また最近ではニプロフリースタイルフリーダムが少量の血液で測定できるので便利です。血液の出にくい人にはいいでしょうね。

それから測定器のセンサーは使い捨てのため、そのランニングコストも考えておかないといけません。

>>グルコカード
>>フリースタイルフリーダム


>>藤城博の血糖値を下げる方法


その他サイトも参考に
低カロリーのお菓子をさがす
2型糖尿病の特徴
糖尿病食を宅配で

kettou_sokutei at 13:28|Permalink 血糖値の測定 

腕時計型の血糖値測定器

腕時計型の血糖値測定器

腕時計型の血糖値測定器があるのをご存じでしょうか?
しかも、穿刺して血液採取する必要はありません。
オートセンサーというパッチをセットすると20分ごとに血糖値を測定してくれます。
パッチが皮膚からしみ出してくる間質液の糖分を測定する仕組みだそうです。
血糖値に異常があればアラームで知らせてくれるそうです。

グルコウオッチという名前で600ドル位します。
パッチの有効時間は12時間なので1日2回取り替えないといけません。
またパッチは4.5ドルするので1日900円ほどかかります。

アメリカのシグナス社の製品でFDAから試験販売の認可を受けています。

日本では販売はされておりません。

間質液の糖分を測定するので、実際の血糖値の変化は遅れて分かったり、測定時はパッチ部分にピリピリ感があったりするそうなので、もう少し改良の余地がありそうです。

将来日本でも販売されるといいですね!

>>藤城博の血糖値を下げる方法


その他参考サイトはこちら
血糖値を下げるには
糖尿病の合併症
糖尿病と血糖値

kettou_sokutei at 13:17|Permalink 血糖値の測定