2013年12月18日

今の中学生はどんな漫画を読んでますか?

前回の続きです

中国嫁393付属02
 さすがに給食はないようです。
 先生のお名前を聞き忘れました、スミマセン。






中国嫁393-2
 名作は永遠に読み継がれる……とは思っていましたが、
 手塚治虫先生の話が一緒に出来て感動。





 話の中心になったのがコレ【↓】



 日本人学校は本当に楽しかった!

 皆様、ありがとうございました。



→→→次の更新は12月21日ぐらいです

keumaya at 02:37│TrackBack(0) 中国生活 | 4コマ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by monyu   2013年12月18日 02:39 l6HajI8y0
まさか手塚先生とは。
ばるぼらがすきでしたなぁ。
2. Posted by hi-ho   2013年12月18日 02:41 DRSQh2p.0
渋い、、、( ̄∀ ̄;)
3. Posted by たれまく   2013年12月18日 02:41 0BkJoOGy0
12〜13歳で「紙の砦」とは渋いですね。
手塚先生の作品が中学生にも楽しく読み継がれている事に感激です。
4. Posted by をを   2013年12月18日 02:41 Lm13uvk90
一桁!
手塚作品と藤子作品はいつの時代でも鉄板なのか?
5. Posted by ほたる   2013年12月18日 02:41 x49BLwb.0
いつも楽しく見させていただいてます(^^)

これからも頑張ってください(*^^*)
6. Posted by wiki   2013年12月18日 02:43 gthVoouI0
5 火の鳥、子ども心にも圧倒的でした。
7. Posted by メーシン   2013年12月18日 02:48 .5F4nmST0
お、おれも読も…
8. Posted by すなほし   2013年12月18日 02:49 EGiKcdod0
多分、学校の図書館にあるんじゃないですかね?手塚マンガ。ウチの学校にもブラック・ジャックやアドルフに告ぐ等ありました。
9. Posted by masa   2013年12月18日 02:50 Qg4PpC6m0
いいですね。
10. Posted by ななし   2013年12月18日 02:54 OZ78ueLuO
図書館にあるのが手塚漫画だけなのでは?本屋さんで自由に買える年齢では無さそうだし
自分の学校も手塚漫画と裸足のゲンだけは揃ってた…
子供が読むには意外とエログロ暴力要素多いと思うんですがね(;´∇`)
11. Posted by クリスティーヌG   2013年12月18日 03:00 7.nKCUaQ0
ブラックジャックちぇんちぇーは世界的な名医ですな…
12. Posted by り   2013年12月18日 03:02 GDiPMCHY0
やはり名作はいつまでも名作ですねー
13. Posted by KKK   2013年12月18日 03:07 HKI2B0Gk0
うん。学校でオススメなのがその辺りなんだと思う。
昔は図書館に漫画なんて無かったんだよ……と年食ったヤローがぶつぶつ言ってます(笑)。
14. Posted by ……   2013年12月18日 03:07 .UoBUgGq0
まあ嫁日記は兎も角、希有馬先生の本を読ませる訳にはいかないですし……
15. Posted by 満月ポン   2013年12月18日 03:11 .30ujKBN0
私がこのくらいで愛読してたのはガキデカやまことちゃんでした。
さすがに生徒さん達は品がありますね。
16. Posted by      2013年12月18日 03:12 p115BzR.0
私や井上さんの世代で図書館だとサザエさんか鉄腕アトムぐらい、学校の図書室だと漫画は無かったと記憶してます。
17. Posted by やま   2013年12月18日 03:20 bDYM8rsH0
6回引越ししたけど小学生の時に買った漫画で未だに持ってるのはブラックジャックだけです。
18. Posted by     2013年12月18日 03:26 YJWePl000
神は神だった
19. Posted by おーちゃん   2013年12月18日 03:32 Y1RvcsCG0
そういや「ブラックジャック」は昔読んだ記憶が・・・。
手塚おさむはジンサンにとってはもう神の存在なのか?
俺らの時代は手塚漫画は普通だったよ。
むしろ今の漫画の方が題名聞いてもさっぱり分からないww
20. Posted by 50   2013年12月18日 04:11 RH..0.Jg0
>>19
当時から手塚治虫は漫画の神様だったろ
あと誰が聞いても知ってるから神様なんであってむしろから下の文章はおかしい
21. Posted by とおりすがり   2013年12月18日 04:27 QXfF7Bxe0
ちょwそこの中学生レベル高過ぎっすwww
日本じゃ声の大きい人が「はだしのゲン」を学校で読ませないように!
と提案して実現させてしまって、
ついでに全国的に「はだしのゲン」の販売数アップ
という大騒ぎになってたというのにw
しかもあんまりという辛辣な感想まで出てくるとは………!!w
22. Posted by ち   2013年12月18日 05:07 irxz90kE0
4 はだしのゲンは前半は漫画家の描きたい話だったけど
後半はスポンサーが共産党や日教組になって
話がおかしくなってくるので仕方ないわねー
僕も小学校で前半はよく読んだけど
後半はあんまり読まなかったわ
23. Posted by ノスタル爺   2013年12月18日 05:35 EHOXyozX0
老生がガキの時分は、少年に鉄腕アトムが連載され始めて間もない頃でした。テンマ博士(だったかな?アトムのお父さん)なんかが出てるのを、胸躍らせて呼んだ記憶が!半世紀以上も昔の話。今に至るも読み継がれてるんですね。
24. Posted by 名無しさん   2013年12月18日 05:53 1.g2BI8b0
うちの小学校では六年生の全てのクラスに
『火の鳥』のセットが置いてましたよ
トラウマになるほど怖かった
25. Posted by しゃも   2013年12月18日 05:54 eEyE4Czm0
むむむ、話を振ったら神さまの名前が返ってきてクリエイターとしてはビビっちゃうでしょうけど、
今流行りのものだけ出てくるよりもイイと思います(´∀`)b
ヤルネ、日本人学校の中学生!

私も小学生の時、友達のお兄さんから火の鳥を借りて読み、カルチャーショックを受けた記憶があります。いいものは今の子供たちにも読み継いでいって欲しいですねー。
26. Posted by 半半   2013年12月18日 06:28 oh9ScXBL0
名作に国境は無いんだなあ
27. Posted by popo   2013年12月18日 06:34 .8FpRxTf0
さすがに奇子は無いですよね?
28. Posted by 配達戦士1号   2013年12月18日 06:46 GInlxV6jO
5 うーん、意外な作品を読んでいて、びっくりしました!環境が日本と異なると、好みが違って来るのかな?
29. Posted by たらった   2013年12月18日 06:52 .A4Rwm.Y0
意外にも旧いのが読まれてるんですね。
私も子供の頃ブラックジャックに夢中になって、全巻揃えたな~。
30. Posted by あらん   2013年12月18日 06:53 cDop.XRG0
5 流行りものを知らないわけじゃないんですね。それでも、「ブラックジャック」なんですね。
それに対して不満を口にする漫画家さんっているのかな。「自分の作品のほうが面白い。長く残る」って。
口にした途端、世間が現実を教えてくれそうだけど。
好き嫌いなんて関係ない。だれも否定できない。
それほどに偉大な「神」!
31. Posted by 名無しはひたむきに   2013年12月18日 07:05 CpADnYyg0
手塚、石ノ森、藤子Fセンセあたりが王道ですな
中国にもマンガ好きは多いと思うんだけど
漫画家となるとさすがに日本で見る機会はないなあ
鄭問さんはすごいって思うが
漫画家っていうよりは絵師って感じだしな
32. Posted by ゆき   2013年12月18日 07:17 AGfYvkvGO
名作が流行なんだなあ、単行本が何百万部ヒットしたら映画化の流行の今の日本とは違いますね。
ところで最後のコマが見れないです汗、本文からだと最後の絵がアップできてなくて「次の画像」からは見える状況なので改善よろしくです。携帯から見ましたけど。
33. Posted by もう一人の東北人   2013年12月18日 07:18 uyZ9XGbo0
長谷川町子先生が貰ってるのに手塚治虫先生に国民栄誉賞が与えられないのは何故?はオタクにとって永遠の疑問だと思います。
オタク系だと宮崎駿監督あたりが一番近いのかな?
井上先生もいつか国民栄誉賞貰えるような漫画家を目指しましょうw
無理なら希有馬屋のほうでコク民栄誉賞を(とても下品:削除しといてクダサイ)
34. Posted by あらわる。   2013年12月18日 07:23 YpSpy2um0
名作というのは、時を経てもなお、読者に考えさせられるもの・・・手塚作品とはそういうものではないでしょうか。なかでもブラックジャックは、命にまつわるテーマに、最大限に肉迫した物語だと思います。私は今では、昭和の風景に郷愁感が募ると、不思議と手塚作品に描かれている背景に見入ってしまいます。道路、セダン型自動車、人物画、ビル、街並み、電話ボックス、下町風景など・・・昭和が恋しくなると、私は手塚作品に頼ります。手塚作品でびっくりしたのは、「きりひと讃歌」を読んだとき、タイムリーに薬剤エイズ問題で赤十字の偉いさんの独断性が問題になったときだったんですが、その作品の、ある登場人物と志向性が、あの赤十字の偉いサンにそっくりすぎで、しかも悲劇性が酷似していた・・・あの薬剤エイズ事件の数十年前に発表された漫画のストーリーを、現実になぞっているかのようで驚きを隠せなかったです。きりひと讃歌は、予言性を含めた作品を発表したものとして、やはり手塚さんは神だったのだと。
35. Posted by ななしくん   2013年12月18日 07:34 NEG3DfhG0
子供にさえ言われてしまう「はだしのゲン」の後半のひどさw
その感性を大人になっても持ち続けてね
36. Posted by 見ず知らず   2013年12月18日 07:47 OZV.fBHlO
はだしのゲンはジャンプ連載のころは評価が高かったけど、左翼団体の機関誌の連載に入ってからはプロパガンダ漫画になってしまいましたからね…
だから中国に置かれているんでしょうが。
しかし、ワンピース以外は古い漫画ですね~。
37. Posted by ゆーさん   2013年12月18日 07:49 8QgEpTjC0
ブラックジャックおもしろいからね
38. Posted by    2013年12月18日 07:52 3uABd2Ce0
小学生の時に読んで以来、2巻は軽いトラウマ…大抵読み飛ばして読んでたなぁ…
というか、ゲンって面白いから読むものなのか…
39. Posted by 外国人奥さんが書く私の国際結婚   2013年12月18日 08:00 K2IcSG.b0
まんが、素晴らしい作品いっぱいありますね〜わたしもこれから読もう(^ν^)
40. Posted by あやちゃんパパ   2013年12月18日 08:00 Q626UBGA0
5 中学生の時はゴルゴ13を夢中で読んでました。あとはうる星やつらかな。
手塚治虫さんは既に古典でしたから、ちょっと手が出なかったですね。
手塚治虫ワールドがちょっと鼻につくというか・・・
良さがわかるようになったのは随分大人になってからです。
今の中学生はすごいなあ。
41. Posted by 卒塔婆   2013年12月18日 08:04 X5FY4d1rO
さすが手塚治虫先生。時代を超えた作品を描いた天才だったなあ。
42. Posted by ピノコ   2013年12月18日 08:09 BM4de8hn0
アッチョンブリケ!
43. Posted by A-110   2013年12月18日 08:09 kpvrbzKO0
「はだしのゲン」と言えば、松江市教育委員会が閉架扱いにして炎上したことが記憶に新しいです。体験記としてはともかく、質的にはアレなので漫画推奨の我が家でも推奨しなかったが、しっかり学校で読んでました(´・ω・`)
44. Posted by ジャガー   2013年12月18日 08:09 i9eGf.R80
はだしのゲンが後半つまんないのは掲載雑誌社が変わった上にプラパガンダが入ったせいなんだっけ。
小学生の頃に読んだけど、見事に昔の日本は悪いやっちゃなーって思ってたよ。いや、悪いけども、一面しか書かれてない。
45. Posted by 名無し   2013年12月18日 08:24 mDVpHzPK0
ブラックジャックは、いま大学生になってからきちんと読むようになりました…
小学生がこうやって読んでくれてるなんて嬉しいですねえ
46. Posted by phoenix_ya   2013年12月18日 08:32 SbhCRrF60
子どもは大人をよく見てる、ということですよね
「ブラックジャック」は子どものときに読んだ印象と今読んだ印象が変わってくるのが不思議です
47. Posted by 村   2013年12月18日 08:51 crpWbLiL0
某国日本語補習校には横山三国志がありました。ブラックジャックも子供に読ませました。短いページ数に話が詰まっていて面白いのだそうです。
48. Posted by じゃこ天   2013年12月18日 08:54 SalM9QQy0
まさしく神ですよね。今、消費税増税前にミニコミ200冊セット買おうかどうか悩んでいるところですよ~。親の都合で日本を離れ暮らす日本の子供たちは少なくないでしょう。そんな中での仁さんとの出会いはどんなに慰めになった事でしょうか。

はだしのゲンは中国人も読んでるんだろうか、読んでるとしたらどんな意味合いで受け取るんだろうか。ちょびっと気になりました
49. Posted by 名無し   2013年12月18日 09:00 RD8PdBBY0
はだしのゲンは子供が読むと後半はつまらないけど、大人になって読み返すと後半の方が面白いよ。
その後が非常に気になる終わり方も良い。

東京に来て大人になったゲンと隆太と勝子の続編も書きかけてたらしいけど
作者の目が悪くなって中断、そのまま亡くなってしまったのが悔やまれて仕方ない。
50. Posted by とん   2013年12月18日 09:07 fNcHqd3a0
 小学校で読んだどろろ、火の鳥が印象に残っています。奈良の仏師の話やロビタの話は筋は忘れてもなぜか登場人物の苦しみや後悔と一コマの記憶とともにときどき蘇ります。

 はだしのゲンは続編が構想されていたそうで、その半ばで作者が世を去られてしまったのは残念です。
51. Posted by ねも   2013年12月18日 09:59 .DduZa0w0
また、紙の砦とは。
いいセンスしてるなあ
52. Posted by 名無し   2013年12月18日 10:02 j2DYQD8H0
手塚治虫と並べられては、そりゃコゾーですわな。
53. Posted by 774GHz   2013年12月18日 10:05 MdlVT75f0
高校の図書館には「はだしのゲン」と「カムイ伝」に朝日ソノラマB5版「火の鳥」、公開はしていなかったけど東京オリンピックまでの漫画「日本の歴史」が。

今は手塚治虫全集あたりなら入れてるかな?
54. Posted by 枯れ葉   2013年12月18日 10:07 zMIZ3KNO0
はだしのゲンは俺が通った小学校の図書室にも置いてあって皆が読んでいた。
トラウマにもなったけどあれは名作だと思う。

現代っ子にも読み継がれていることに感動した!
55. Posted by 774GHz   2013年12月18日 10:09 MdlVT75f0
あ、横山三国志を忘れてた。
……傍目に見てるとずいぶんおおらかというか緩いというか(^_^;)
56. Posted by 名無し   2013年12月18日 10:11 hz.VY5oD0
学校図書館司書です。
いつも楽しく拝見しております^^
うちの図書館、手塚治虫とはだしのゲンもそうですが、ジブリのアニメコミックや、のだめ、宇宙兄弟、テルマエ、スラムダンクも置いてますよ~
ちなみに中国嫁日記も置いてます!
57. Posted by     2013年12月18日 10:17 WREv8aVU0
はだしのゲンは最初は良いんだけど
途中からおかしくなるんだよな
禁止した人はその辺をしってるからなんだろうけど
それにしても、ラインナップが渋いなw
58. Posted by すぶたパスタだったのね   2013年12月18日 10:36 enQPBDII0
究極超人あーる 好きだったなぁ
59. Posted by ひつじ子   2013年12月18日 10:46 HDFZ8.R60
4 なんか…外国に住んでる日本人の方が読む漫画も優秀なような…負けてないかいうちら!?
60. Posted by 名無しの   2013年12月18日 10:53 Xju6Ea0O0
はだしのゲン、後半はともかくとして、前半は読んでほしいよね。
読むべき本だと思う。
61. Posted by こばま   2013年12月18日 11:04 SjVSrVDw0
うん、ゲンは後半あんまりですよ。
62. Posted by hemi   2013年12月18日 11:15 TZ5MPDdr0
購入して読んだというより、日本人学校の図書室にあったのを読んだとかでは・・・
さすがに小遣いではだしのゲンやブラックジャックは買わないでしょうし。
63. Posted by keep9   2013年12月18日 11:23 AnBl5Utn0
手塚作品は学校図書館には良く置いてありますよ。

その中でも「ブラック・ジャック」は一番読まれている人気作品です。基本1話完結の読み切りなので、昼休みの暇つぶし男子にちょうどよろしい。

「はだしのゲン」の後半が……という話ですが、作者の中沢さんは、スポンサーの意向を忖度して作品の内容を変えるような人ではないと思いますよ。むしろ一般誌では編集方針で抑圧されていた部分が噴出したものだと思います。
64. Posted by ねこじろう   2013年12月18日 11:33 l4IVrmQY0
ブラックジャック、はだしのゲン、自分も初めて読んだのは中学の頃だったかな?
今の子らも読んでるんだ~、何か嬉しい。
世代の違う人間と同じ漫画の話題で盛り上がれるって、いいですよね!
65. Posted by みんく   2013年12月18日 12:17 JjMgVfDM0
三つ目がとおるもおもしろい
66. Posted by 韋小寶   2013年12月18日 12:21 M0EHF.oA0
ブラック・ジャックは既に三十年前に台湾でも中国語訳されてましたね^^
67. Posted by らびあん♪   2013年12月18日 12:27 7MmsGJKb0
5 BL読みあさってましたwww
68. Posted by もげ造   2013年12月18日 12:33 ak7H8ISZO
「アドルフに告ぐ」もお薦めです。
69. Posted by フムム   2013年12月18日 12:56 oew0oWJh0
5 いいものはいつの時代もいいということですね。
あと、大事なことをマンガを通じて知ることが出きる日本のマンガ文化は誇れるものがありますね(^∇^)
そんな文化を図書室から排除しろという、日本のモンペは本当に嫌になりますが…
70. Posted by アジアのバカ大将   2013年12月18日 13:10 8AMOmVKm0
「ドラえもん」(藤子F不二雄作)はないの?アジア「最強」のはず。特に10歳以下向けに。「世界最強」の「ドラゴンボール」(鳥山明作)も?。小生としては、「あしたのジョー」(ちばてつや作)と「サイボーグ009」(石森章太郎作。秋田書店版第1~7巻)も永遠の名作として、中学校にはぜひ置いてほしい。
「はだしのゲン」は、一般庶民にとっての戦争と全体主義国家体験、そして未来に全人類が体験しかねない(体験させてはならない)核戦争という歴史を伝える貴重な漫画なので、これも全巻欠かせない。
71. Posted by 774   2013年12月18日 13:21 ezbddoev0
ブラックジャックハヨイマンガデスネ
チバセンセイノアシタテンキ二ナレモオススメシタイ。
72. Posted by    2013年12月18日 14:30 8HY7naGR0
年明けから年度末にかけて、日中間で軍事衝突が起きる可能性が高まっています。ご注意ください。アメリカの航空会社のチケットを買っておくと役に立つかもしれません。

消してくださって構いませんよ
73. Posted by phoenix_ya   2013年12月18日 14:50 SbhCRrF60
アドルフに告ぐ!なんて中学生が読むにはすごくいい教材だと思います
これで第2次大戦の日本と欧州、戦後のパレスチナ問題まで学べるんだから!
74. Posted by パクチー   2013年12月18日 15:27 ROVGO8pp0
渋いチョイスですね。でも私の小学校でもブラックジャックの愛蔵版はいつも貸出中だったなぁ。私自身は大学生になってやっと「ブッダ」と「ブラックジャック」を読みました。「聖☆おにいさん」と「ブッダ」を交互に読むのが一時期マイブームでした。
75. Posted by はち   2013年12月18日 15:54 DfTw0FD80
食事中にブラックジャックは、、、。
今の子供は凄いんですね。
(ー_ー;)
76. Posted by おあい   2013年12月18日 16:02 cwEMsNjw0
私も数年前まで海外の日本人学校にいましたが日本の漫画を現地で買おうと思ったら高いんですよね、、、、、
となると学校の図書館でおいてる「ブラックジャック」とか「はだしのゲン」とかぐらいしか読めるマンガってないんですよ。。。。。
77. Posted by A   2013年12月18日 16:49 uvLvtep30
俺の通ってた中学校にも「はだしのゲン」を置いてあったが、なぜか全巻ではなく途中の巻までしか置いていなかった。今ならなぜそうしたのかよくわかるし適切な処置だったと思う(当時の教師GJ)
ま、単に撤去するとかじゃなく「はだしのゲン」の横に「嫌韓流」などを置いておくのが公正だと思うねw

78. Posted by ななずちゃん   2013年12月18日 17:06 Mcjw1RMP0
最近の日本ではこういうのじゃなくて、流行りものばっかりに手をつけてるからなあ・・・。
基本的にこういう路線に走っている立場としては、是非一緒にお話ししたいものですね!
79. Posted by NRHT   2013年12月18日 17:07 V3.ENccC0
5 子供達、なかなかわかってますね。ブラックジャックは名作です!

海外での日本食、嬉しいですよね^^
80. Posted by 名無しである     2013年12月18日 18:03 uyZ9XGbo0
横山光輝の「狼の星座」なんてどうですかね?難しいかな?
81. Posted by neco   2013年12月18日 18:16 vyqe.Vzu0
異国の学校の図書館の方が、いわゆる名作と呼ばれるものが置いてある率が高くなりますよね。
輸送費がかかるのであまり日本の新作がなかなか入ってこなかったり・・・(^^;←これは○十年前の話ですが。
82. Posted by 8   2013年12月18日 18:29 yCTl0dBGO
教室で弁当とか無茶苦茶懐かしくないですか?
スゲー楽しそう。
または居心地悪そうw
83. Posted by オタクな名無しさん   2013年12月18日 18:43 MMLpO.K30
※19のズレっぷりが……
手塚治虫が神様と呼ばれるのは世代とか無関係の話だぞ?
84. Posted by grip   2013年12月18日 18:58 RNWZoOsG0
そういえばブラック・ジャック創作秘話というマンガで、
中国で出た鉄腕アトムやジャングル大帝の偽物マンガを律儀に手塚プロに送ってきたらしく、
それを見たスタッフらが著作権云々で怒ってる最中、手塚治虫自身は「あまりにも絵が下手だ」って理由で怒っていて自ら手直しした原稿を送り返したって話が載ってました。
85. Posted by ムスビ   2013年12月18日 19:00 zy3Nje.c0
ち、ちがう
これはただの
コメントじゃ……
86. Posted by ピーポー   2013年12月18日 19:09 124JStBB0
はだしのゲンは途中から読めなくなった・・・

ワンピースはエニエスロビー編が私のイチオシ

87. Posted by とりとり   2013年12月18日 19:26 wStHvQ6d0
おいらの所では市民図書館は分館含めて、講談社版手塚治虫全集、長谷川町子、はだしのゲン、のらくろは常備していました。
88. Posted by 111   2013年12月18日 20:19 rrkbsTX90
手塚治虫作品は学校の図書館に入ってますからねー。裸足のゲンも。
89. Posted by SAK]   2013年12月18日 20:35 9HBaHTgh0
今回も月さんの睡眠時間長いね(´・ω・`)
90. Posted by モカ   2013年12月18日 20:36 QQx51Wqx0
世代的にはドラえもんですがブラックジャックは渋いですな。
てか、そこの子達は嫁日記も見てるんでしょう?モゲロモゲロとか言っているのかな?


はだしのゲンは…うん、まぁ…。
91. Posted by    2013年12月18日 20:40 7EQsCsVo0
はだしのゲンは途中で疲れて読まなかったなー
手塚先生ごめんなさい<(__)>テレビとかのアニメしか見ていません
92. Posted by take   2013年12月18日 20:41 by.N2O9k0
意外にもジャンプで連載していた『はだしのゲン』。
93. Posted by ひとまねき   2013年12月18日 21:21 ndwV7aRB0
裸足のゲンが中1で流行るとは...おそるべしΣ( ̄。 ̄)
94. Posted by 大豚猫   2013年12月18日 21:23 YJ3HuPfo0
オイラの中学校の図書室は、『ブッダ』と『はだしのゲン』が有って、『ブラック・ジャック』は無かったなぁ~。『ブッダ』は面白くて何度も読んだが、『はだしのゲン』は、なんというか、もう……ね。一応全巻読んだが、一回だけで、それっきり…………。
95. Posted by ゆみぴ   2013年12月18日 21:38 qmfgdJPV0
ブラックジャック と 三つ目が通る と 火の鳥 で
育った私は、医学のお仕事してるし。

将来を左右する恐るべし影響力を持つ マ・ン・ガ

ジンさんの中国嫁日記が、読者の将来にどんな影響を与えるのか、とーっても楽しみ♪
96. Posted by あ   2013年12月18日 21:46 IQhKlVDN0
はだしのげんは後半から自虐史観とアンチ天皇を全面に押し出してるからな

ジャンプから左翼系の雑誌に移ったのが原因なんだっけ?
97. Posted by みぃ3号   2013年12月18日 21:46 jWph4PFd0
ここに出てる漫画、全部見てるけど、「紙の砦」は私の中でもマイナーwwwチョイスがすごいですねw少女漫画は読まないのかなw
98. Posted by K   2013年12月18日 22:08 azj9O.bB0
今は海外でもネットで漫画を読めるのでは? ワンピースより人気あったっていうぐらいだから、単純に図書館に置いてあるだけが理由じゃないでしょう。
99. Posted by 獲物を屠る名無しさん   2013年12月18日 22:26 up54qayR0
『はだしのゲン』が普通に読めるのはすばらしい。
読むこともままならない、国内の学校より良い教育だと思う
100. Posted by 愛国   2013年12月18日 22:29 xLINirQX0
はだしのゲン・・・左翼御用達のプロパガンダ漫画じゃねえか。日教組は在外の日本人学校まで勢力を伸ばしているのか・・・
安倍政権は、速やかに日教組の駆逐を図らないといけない。
101. Posted by やまさん   2013年12月18日 22:40 u3V.TY2f0
良い交流になりましたね(・ω・)ノ
102. Posted by アジアのバカ大将   2013年12月18日 22:41 8AMOmVKm0
「はだしのゲン」についての賛否両論が出ていますが、作品を論ずる場合、賛否の基準が2つあることに気をつけてください。そうでないと、噛み合いません。2つとは「漫画としての良否(良し悪し)」と「テーマ、主張の正否(正しいか正しくないか)」です。「漫画としてすぐれている」という主張に対し、「作者の主張は間違っている」と反論してもすれ違いになるだけです。
「良否」の問題ですが、良い(ストーリー)漫画とは何か?小生は、(1)絵として優れている(2)ストーリーがご都合主義でなく、かつ起伏に富んでいる(3)感情移入できるキャラクターが多数登場する(4)普遍的なテーマが込められている――だと考えます。
さて「はだしのゲン」ですが、作者の主張、漫画のテーマについては「70」で全面賛成を述べました。漫画としての評価ですが(2)~(4)は文句なしだと思います。(1)は線が固いのと、構図が平凡なのが難とはいえば難ですが、商業作品としては合格点です。作者が早くから一流月刊誌(手塚、横山両巨匠が連載していた)に読みきり連載を持っていたことでも裏付けられます。上で出てきた「嫌韓流」は、テーマ・主張がデタタメなだけだなく、漫画としても商業誌の水準に達していません。とても図書館に置ける代物ではないのです。
103. Posted by ぱるるん   2013年12月18日 22:55 6UmzJUNyO
はだしのゲン、自分も子ども時代に好きでしたが・・・
どちらかというとウジがわいてたりのグロ描写やゲンたちが酷い目にあったり、仲間の素晴らしさとかしか印象に残ってませんw
大人になって右翼だか左翼だか知りませんが片寄りのある漫画だと知りましたが、子どもはそんなこと気にしませんからねぇ
104. Posted by 栃木在住の三重県民   2013年12月18日 23:00 .eFuYK8w0
いやいや、ブラックジャック!名作ですよね。
私の娘(17歳)も今ハマってますよ!
105. Posted by 山猫   2013年12月18日 23:00 iAxpFGQu0
さすがは手塚先生!
私はブラックジャックもアドルフも好きです~♪
ゲンはいろんな意見があるけど作者の一つの意見として読めばいいのでは?
作者も言ってますが逆に原爆投下後の描写は読者の年齢を考えて相当押さえて描いててあれですから、いかに酷い状況下で作者や
他の被爆者が傷ついたのか・・・・・。
ちなみに目の調子が悪くなって描かれなかったその後はテレビでストーリーの紹介だけありましたね。
さらにその後は原発大国フランスに旅立つ予定だったとか。
手塚さんの「ファウスト」同様続きが読めなくて残念です。
106. Posted by めぇ   2013年12月18日 23:17 g61oNHz8O
私は月さんと同年代なんですが、中学校に「はだしのゲン」「ブラックジャック」「ブッダ」が置かれてましたよ(^-^)
107. Posted by ううう   2013年12月18日 23:21 wEPoRIqo0
きりひと賛歌も読んで欲しい。
隠れた名作。

はだしのゲンの思想厨うざい。
ジンサンのアクセス数稼ぎなのかもしれないけど。
108. Posted by A   2013年12月18日 23:29 clZzxVqC0
「嫌韓流」は日本漫画史に語り継がれるべき名作ですよ。日本全国の図書館において一人でも多くの日本人に読んでもらいたいですね。
他には「マンガで読む昭和史・南京大虐殺の真実」が子供たちにお勧めの一本ですね。南京大虐殺が捏造であることや現在中国が行っているウィグル人やチベット人への虐殺行為に関する知識も得られる名作です。
109. Posted by mimi   2013年12月18日 23:35 S2OgrflC0
「ブラックジャック」ですか・・・
ありゃ品行方正をまず勉強した後で読む衝撃作だった
んだがなー
この作品で「お金は大事」と10代一番教わりましたよ。
110. Posted by ふくろう   2013年12月19日 00:01 zVZKo4Eu0
誰もBleachをうまく描けた子に触れてあげないのか!
確かにオサレしかない、ないけどさあああっww
111. Posted by 南   2013年12月19日 01:22 W6HR0pY00
ギギギ…嬉しいのう…嬉しいのう…!

手塚先生は偉大ですねぇ
もっと漫画を読ませてあげるべきです
手始めに中国嫁日記を50冊ほどこの学校に寄付されてはいかがでしょうか?
112. Posted by きつねこ   2013年12月19日 02:01 yHSC2TYJ0
どちらも図書室に置いてあったなぁ
113. Posted by アジアのバカ大将   2013年12月19日 02:27 5uNwZ5xF0
>>108へ
「嫌韓流」「マンガで読む昭和史~」のどこが、漫画としてすぐれているのかいえるのかな?または描かれている主張のどこが正しいか言えるの?具体的な話は何も出てないな。ほんとにその2冊を読んだの?
「ゲン」を高く評価する人たちは、「あの描写が」「あの場面が」と具体的だが。漫画の話なんだから、読んでから話をしようよね。ねと山うよ太郎くん。
114. Posted by non   2013年12月19日 02:29 2yKA1dKJO
異国の中で日本感を発見すると泣けるくらい感動するというか、嬉しいですよね(*^o^*)

逆に、昔の日本のスタイルそのまま保存されたりしてて 懐かしくなることもあったり…
はぁ海外に行きたいな~
115. Posted by 名無し   2013年12月19日 02:50 d824gkzr0
「嫌韓流」は日韓の関係を考える上での一つ考えをわかりやすくするための手法としてマンガを選択しただけのものに過ぎないと思うけどねー。
主張ってものはまず届けたい相手に届いて次にその腑に落ちないといけないものだから、第二工程の腑に落ちるか否かは個人の判断に任せるとして、第一工程の届ける部分の役割についてはわかりやすさと話題性の双方によって充分果たした作品ではあると思う。そういった意味で名作ではなく名檄文…とまではいかないが佳作の檄文足りえたと思う。
でもただそれだけに過ぎないものでしょ。マンガとして表現されるテーマや芸術性、娯楽性を誇るものでは全くなく、学童の感受性と創造性を育てるために学級の図書として置くものでは有り得ないよ。
116. Posted by 知美Love   2013年12月19日 03:21 9SlYN.Ir0
ヘェ〜
117. Posted by A   2013年12月19日 04:37 KqoLgsrQ0
>>115
実際当たり障りのない絵に構成だからそういう評価になるのも納得というか仕方ないね。けれども学研の歴史マンガなどはもっと淡々としてるのでその点ではこの作品も学校の図書に不敵とはいえないと思う。まあ、「嫌韓流」は朝鮮人の悪行を大きく広めるきっかけの1つとなったので、そういう先駆けの作品として俺は名作だと思ってますよ。





118. Posted by 最近ため息しか出ない   2013年12月19日 05:34 a.om7zBn0
現に大久保で罵詈雑言が喚かれるようでは、とても嫌韓流を図書館になんかおけないよ。
日本が朝鮮人差別(ひいてはアジアの盟主意識)から卒業して、自国の戦争犯罪をちゃんと教育できるほどに理想の国なら話は別だけど。
人間(特に自分に強く寄る辺がない普通の人)は差別や差別に基づく自己弁護をするものだから、自分で自分を必死で縛るくらいでちょうどいいと思う。

月さんが嫌な目にあったそうだけど、安全な日本で好き放題する人間のおかげで、在韓法人の肉親も苦労をしてるらしい。
自分は心配だし、一人よがりの屁理屈をこねる日本人や、それを煽る政治家を見聞きする度、中国韓国のそれなんか比較にならないくらい腹が立っているよ。
119. Posted by J   2013年12月19日 06:25 bOjEyHFp0
先生のエロ同人誌読ませて皆お猿さんにしちゃいましょうw
120. Posted by 意味がわからない   2013年12月19日 06:51 UPcoQ7uk0
すみません、コメ118様の仰ってることがさっぱりわかりません。誰かわかりやすく解説してくれない?

嫌韓流の漫画・・・あれは学校図書には向いていない、ということだけは賛成。韓国人の火病姿の描写は、ちょっといただけないかな?と思う。
121. Posted by 呆れます   2013年12月19日 06:51 3z7rveZN0
>>118
日本がアジアの盟主だと思っているのは、むしろ酷いコンプレックスを抱えている韓国人や中国人です。
私は80年代の自虐史観の中で育ったので、日本をずっと過小評価していました。
ようやく総理大臣が日本はアジアの牽引役になるのだという意識を持ってくれて少し安心しています。事実牽引役ですし。
あなたのような人間の存在こそが、今若い人たちの韓国嫌いを悪化させています。反日感情をお捨てなさい。
122. Posted by あ   2013年12月19日 06:56 H2P6PEK90
火の鳥とブラックジャックは日本人の倫理観に根付いちゃってるぐらいなもん
123. Posted by A   2013年12月19日 07:01 KqoLgsrQ0
>>118
朝鮮人に関しては日本人の嫌悪感情がやわらぐことはもうないよ。ま、当然の報いだね。
124. Posted by 名無しはひたむきに   2013年12月19日 07:18 ui.JWZAQ0
悪いけどネトウ○の決意表明は別な場所でやってくれないかな
そういう連中が巣くってるサイトはいくらでもあるでしょ
異なる国同士の異文化交流と国際結婚を語るブログで
やられてもウザイだけだから

それから「はだしのゲン」を図書館から外せって騒いだのは
在○会(関西)のかなりやばい奴だってのはいくらでも新聞に
出ているから ヤ○ザと同レベルの連中に騒がれりゃ
そら教委もイヤになりますわな
125. Posted by 名無しさん   2013年12月19日 08:05 PQox02NJ0
「ブラックジャック」はコミックス未収録作品があるのが問題だね。国会図書館の白黒複写サービスは便利だけど、カラー作品の58話「快楽の座」(週刊少年チャンピオン 1975年01月20日号)はやはり明治大学現代マンガ図書館で読まないと。
126. Posted by もう一人の東北人   2013年12月19日 08:28 aE14GuY70
はだしのゲンに関しては前半名作後半駄作ってのは多分定着した評価じゃないでしょうか?
プロパガンダ(反戦)自体はアリだと思うけど前半では上手に組み込まれてたのが後半はあまりに露骨で説教臭くなって作品の劣化に繋がったと思います。これはむしろ編集の責任ですね
日教組御推薦「学校内で堂々と読める唯一の漫画」漫画はこうなってはお終いです
今は学校に手塚全集が置かれてるんですか。大分反道徳的な描写もあるけど大丈夫なのかな?どろろとかw
127. Posted by スナフキン   2013年12月19日 08:53 2pPa2GaSO
手塚先生の作品が読まれてるのは嬉しいですが、アトムや孫悟空やリボンを飛ばしていきなりブラックジャックですか。
そりゃ凄いですね(笑)
はだしのゲンもかなりのモンです。さすがにカムイ伝はなかったですか。
ヒーロー、ヒロイン物は飽食気味なのかな。
128. Posted by masa   2013年12月19日 08:58 i4nPnObE0
自分の小学校にはアトム、ブラックジャック、火の鳥がありましたね。
アトムとブラックジャックは読みあさりましたねー
火の鳥は当時の自分には難しかったようで。
129. Posted by まーさん   2013年12月19日 10:19 6qfzoes.O
漫画の神様がこんなところにまで…!
ワンピースより人気か
改めて凄いなあ
ゲンは後半微妙ってのは同意
130. Posted by あい   2013年12月19日 11:05 i9OF.EVd0
「はだしのゲン」のドキュメンタリによると、連載当初人気がなくて、とにかくどうしたら少年読者ウケるかをすごく悩んで考えて描かれていたそうなので、たぶん媒体を変えての後半も、そういうことなんだと思います。
プロでやるということは、それで食べるということですから、連載が続くためには、少年誌なら少年誌の読者にあうように、政治機関誌ならそっちの人にウケるように描く。
そういうことだと思います。
131. Posted by macky   2013年12月19日 11:20 0FBCCmHK0
可是、月さんは日本の漫画を見てますか?
 漫画知ってましたか?手塚とか藤子とかゲンとか、
 日本の演歌はどうでしょうか?私のポン友は、
 演歌はしっとりしていてとてもいい、と言ってました。

  中国の胡弓に合わせる歌の方がしっとり感はあるのにね 再見。 
132. Posted by アジアのバカ大将   2013年12月19日 12:09 5uNwZ5xF0
質問あり、「はだしのゲン」の後半って?具体的には、現行の単行本の何巻目、またはストーリー上の、「あのエピソードから」と教えてもらえないかな。小生としては、全体として一貫していて違和感がないのだが。主人公一家らは、戦時中に絶対天皇制のもとで理不尽な仕打ちを受ける→被曝し家と家族を失う→戦後の混乱と占領軍の横暴そして口をぬぐう権力者とその手先たちの醜さ体験→戦争責任をとらない天皇への怒り爆発。
もともと作者はイデオロギーではなく、あるエピソードに凝縮されている主張のために書いたとみうけられる。たしか少年ジャンプ連載分にはなかったエピソードだったと思うが、浮浪児仲間の少年を助けて、その子が極悪叔父に横領された財産を取り返す話の続きだ。ゲンとその子は取り返し財産を使って、被ばく作家の遺作である原爆体験記を出版し路上で無料頒布し占領軍に逮捕されるエピソードだ。2人は日系二世将校から説教される「戦争を起こしたのは、おまえたち日本人だ。真珠湾を奇襲したきさまらは、その報いに文句をいう権利はない」(大意。細かいセリフは未確認)。ゲンはこれに猛反発する。「おれたち庶民が起こした戦争じゃない。まして被爆で化け物のような姿になって死なけれならないいわれはない。おれたちが、原爆の悲惨さを明らかにしなかったら、おまえらはまた同じことをやるつもりだろう」(前に同じ)。この主張は、色褪せていないので海外在住の少年少女たちにも是非受け継いでもらいたい。なお、ストーリー上の時点が被ばく時から遠ざかるにしたがい、ゲンの発言がいささか現実から遊離してみえるのは確かに否めない。これは作者の技量というか、編集者の責任だ。もっと小まめに被ばく回想場面を大きく描くことで、発言に重みを加えてカバーできたと思う。
133. Posted by もう一人の東北人(連投ゴメン)   2013年12月19日 12:50 aE14GuY70
やはり第二部でいきなり天皇戦争責任論に言及を始めたあたりから「思想」が前に出過ぎて胡散臭くなってしまった。商業誌じゃなく思想誌に移ってエンターティメントから思想漫画になってしまった
米軍へのテロ行為とかもいただけない。人物描写もおざなりに感じましたね。前半の反戦、反原爆なら共感もあったでしょうが・・・
感じ方は個人差もあるでしょうが第二部はとにかく「説教臭い」のが鼻につきます。井上先生の後半あんまりってのもそのへんをおっしゃっているんだと思いますが?
もっとも私も単行本の途中で投げ出してるので大きな事は言えませんがwなので何巻目とか訊かれても手元に無いのでお答えできません
134. Posted by もう一人の東北人(連投ゴメンその2)   2013年12月19日 13:09 aE14GuY70
まあ要約しますとはだしのゲンの後半部分については「反米、革命共産主義者」には共感できるマンガとなり私や井上先生のような「普通の読者」には胡散臭い説教マンガになってしまったと言う感想です
何と言っても日本人は共産党アレルギーの方が多いですからね。
135. Posted by 名無し   2013年12月19日 14:14 5BIhDsmv0
図書館に備え付けてあったのかな?
136. Posted by 奈々氏   2013年12月19日 14:59 NQnQWs6w0
5 中国の屋台の本屋でブラックジャックの海賊版を売っているのを見たことがありますが日本人学校のよいこのみんなは中国語の漫画なんか買わないだろうし日本の漫画は中国の本屋で売ってないし親が持っている漫画になってしまうからでは?
137. Posted by アジアのバカ大将   2013年12月19日 15:22 5uNwZ5xF0
>>136さんへ
海賊版?
20年くらい前から香港の出版社が版権契約をして、めぼしい日本漫画はほとんど正規に発行しています。それが流れてきたのかもしれません。日本人児童・生徒たちは、日本で読んだのと見比べて、中国語の勉強ができます。
138. Posted by ゆき   2013年12月19日 15:29 zcWdBWJIO
ジンサンへ、「話の中心になったのがコレ」の画像アップできてないよー!直して下さい。あっ体調良くなってからでOKですお大事に。
139. Posted by らう   2013年12月19日 17:48 g.2yUeWQ0
いきなりブラックジャックとは、テンションあがりますね
140. Posted by ちま   2013年12月19日 18:12 CxP8rj0r0
はだしのゲンと意地悪婆さんと火の鳥は中学の図書館にあったな。はだしのゲンは絵が怖くて見なかったけど…。
今中学生くらいの子の親御さんは、この世代からかなり下でもおかしくないから、親が持ってるという事は無いんじゃないかな。

手塚治虫は凄くマンガとして読みやすいので
不二子マンガと並んで漫画の入り口としていいんだと思います。
内容も子供向けから大人向け。ちょっと黒い話や深い話も多かったりして、子供の心をくすぐるんじゃないかと。
自分も手塚漫画は三つ目が通るからアドルフまで、小学生の頃が一番読んでました。
141. Posted by     2013年12月19日 19:13 gmnIWUAYO
医療マンガ、医療ドラマはいまも数限りなく作られているが
「おこがましいとは思わんかね。。」

「医者とはなんのためにあるんだッ!」
「それでも俺は患者を治すぞ。自分が生きるために!」

これ以上のセリフを吐く医療モノにまだ巡り会ってない。
142. Posted by ほあたー   2013年12月19日 19:23 bDbiEe0i0
ブラックジャックは本当に面白い しかもあのクオリティを数本の連載を抱えながら描いたっていうからすごい ところでゲンは1部以来続編ないのか
143. Posted by 朗に   2013年12月19日 19:23 6mjhK4RT0
中々ツウですね
手塚治虫作品は読む機会がないからなんともいえないけど
神々レベルになると良く受け取らないといけない感じがして難しいですね。素直に楽しめるのは幸せなことだと思います
144. Posted by A   2013年12月19日 20:19 z8vSmvNi0
>>124
在特はヤクザのようなものだけど、反日のしばき隊はヤクザそのものだね。
それと嘘はやめような。在特どもの松江市への陳情は「図書館」から撤去せよではなく「小中学校の図書室」から撤去せよだ。図書館に置くのは問題無しとあの件の首謀者も表明してるぜ。
145. Posted by 和已   2013年12月19日 21:44 ExEHUwHd0
5 ブラックジャックは、重度のスランプに陥っていた手塚先生が、さいとうたかを氏が描く、ゴルゴ13のシチュエーションをパクることで、第一線に復帰できた、まさに背水の陣的な名作ですよね。

それにしても、後年になって、パクったことを正直に述懐した手塚先生は、やっぱり、偉大なる天才漫画家ですよね。
146. Posted by アジアのバカ大将   2013年12月19日 23:12 5uNwZ5xF0
>>144へ
それがどうしたの?「五十歩百歩」という言葉知っている?
松江市の公立図書館って何カ所あるの?小中学校の図書館より多いの?子供たちは公立図書館の方が自分たちの通っている学校の図書館より本が借りやすいの?
147. Posted by 名無しは電気羊の夢を見るか   2013年12月19日 23:31 BQRm1A3IO
確かにジンサンの言うようにはだしのゲンの後半は微妙でした。
なるほど共産党の機関誌に移ったせいでしたか。納得です
148. Posted by 山ゴボウ   2013年12月20日 01:08 WoMLVe0y0
しぶいなぁ(笑)
たぶん図書室なんかにあるやつだろうね
図書室の漫画だと横山光輝の三国志にはまったな
149. Posted by A   2013年12月20日 05:50 PAQ7eKSY0
小中学校の図書室からの撤去なら子どもたちに気持ちの悪い共産主義者御用達の漫画をみせないようにする配慮程度の話だが、公的な図書館全てからの撤去だと最早禁書レベルの話で全く意味が違ってくる。五十歩百歩?さすが虐殺国家中共の犬ちゃんはいうことが違いますね^^
ま、当時の中国が黄河決壊事件で数十万~数百万の自国民を虐殺した行為を日本軍に対抗するためと称して肯定するような基地外なら当然かwwwきもいわぁwww
150. Posted by 名無しはひたむきに   2013年12月20日 07:13 VpEYNL9C0
ま~だボク将ネットで真実を知り愛国運動に投身しますが
いたのか
昨日も言ったがお前の決意表明と妄想なんか誰も聞きたくないって
TPOってモノをわきまえろって言ってるんだよ坊や
一晩中ネットにかじり付いてるより自分の人生見直した方が
建設的だと思うぞ
151. Posted by ナイアルラトホテップ   2013年12月20日 07:19 j.lbuFhU0
なるべくなら
国際結婚に増えて欲しいとは思うし
多数のハーフが抑止力になって欲しい
152. Posted by      2013年12月20日 07:37 9k7pqZvH0
>>149 (主に)子供に読ませるのだから「学校図書」としては共産党機関誌に掲載されていたはだしのゲンがふさわしくないと言う主張はわかるけど実際に閲覧制限の主たる理由は「残酷」でしたよね?
そちらの主張と矛盾が見られるような気がするのですが?ただ中立公正な教育と言う観点からすればはだしのゲンを学校の経費で購入して良いのかと言う疑問はあります。私もイデオロロギーが出過ぎな作品だと思います
153. Posted by A   2013年12月20日 09:44 KGU9Gkbk0
>>閲覧制限の主たる理由は「残酷」
いやいや、それは違いますぜ。あの連中は「イデオロギーが出過ぎな作品」の方の理由で撤去要請してるんだよ。それが残酷な描写だから撤去ということに勘違いした人がいてそれが広まってるのですわ。
「ただ中立公正な教育と言う観点からすれば~」以下の意見には俺も同意。ただ俺は安易な撤去よりは対極の作品を並置してバランスを取ったほうがいいと思う。
154. Posted by     2013年12月20日 10:55 AVvIwhBz0
「話の中心になったのがコレ【↓】」が見えないのはブラウザにAdblockをアドオンしているのが原因じゃないかな。
155. Posted by sunsun   2013年12月20日 11:05 t7FXkD7q0
以前、月さんは「くるねこ」以外は途中で読むのをやめてしまうと書いてありましたね
大人になってから初めて読むのと、子供の頃に読むのでは印象が違いますからね
日本のように毎週毎月大量の漫画が提供される国はないみたいです
「キャンディ・キャンディ」や「ベルサイユのばら」などは月さんが読んでも面白いのでは?
156. Posted by      2013年12月20日 11:20 9k7pqZvH0
>>153
保守よりの漫画って意外と少なくないですかね?嫌韓流や小林よしのりの一連の作品はストーリー漫画であるはだしのゲンとは違い思想書の側面が強いので学校図書館には向きません。
桜坂満太郎はマイナー、ムダヅモ~は麻雀漫画(笑)だから無理。島耕作は尖閣編で左翼に叩かれたけど基本親中路線だったでしょう(過去形)加持隆介も良いけど弘兼作品は性描写がネックw
私は漫画にイデオロギーは不要とは言いませんがイデオロギーが露骨に出過ぎるとやはり違和感を感じてしまいます。右にしろ左にしろです。ですのではだしのゲンの後半部は失敗だと思います
157. Posted by ななし   2013年12月20日 12:36 EoDT.ros0
前半はグロいが資料的価値があり
後半はアジりまくって歴史捏造レベル
って本だからねアレは

中国の小さな子がちゃんと感じとれてるのが逞しい

158. Posted by おーちゃん   2013年12月20日 12:56 CJuqd6o80
>>83
手塚治虫は鼻糞ほじくるのが癖であんなダンゴッ鼻になったとか自分で言ってたけど、「鼻糞ほじくる神」ってのもスゴイよなww
死んだ後は、漫画の創始者もいずれ神になるんだヨ。プッ(笑)
159. Posted by ひとこと   2013年12月20日 12:57 UGcJpOvbO
天皇制反対とか日本軍は悪だったとか
米帝国主義は邪悪だとか
共産党の主張そのまんまだったからね
そらジンサンの言うように後半はあんまりって感想も無理ないわ
160. Posted by とん   2013年12月20日 14:36 r0Xap6Xy0
 はだしのゲンの場合は、天皇と米帝に怒りを向ければよかったですが、中国の場合はどこに向かうんでしょうね。

 過去の歴史を怒りをもって克服すべきなのかどうなのか、はたまたその怒りが向けられた場合にどう対すべきなのか、中国に住む日本人も、その奥さんやお子さんも大変なんだろうなぁと察するばかりです。
161. Posted by     2013年12月20日 17:47 GVINUQtmO
悪の天皇が世界征服を企んでおこった戦争じゃないことぐらい、マトモな人間はちゃんと理解してるからな。そこが共産党の我田引水なんだわ。共和制になったら、共産党政権ならみんなが平和で幸せになれるかどうか、周りの国をぐるっと見回せば一目瞭然。 まあ、色々とアレな部分もあるはだしのゲンだが、原爆の惨禍を世に広めるにあたり一定の役目を果たしたことは否めない。偏ってようが、不道徳だろうが、普通の人間はそんなの鵜呑みにしない様にフィルターを持っている。有害図書だとか、思想が出過ぎなんて言い始めたら、終いには岩波文庫を丸ごと排除しなきゃいけなくなるだろ。 俺は「共産党宣言」を一番薄いからという理由で読者感想文のネタにしたけど、べつに赤化学生にはならんかったぜ?
162. Posted by なーなーし   2013年12月20日 18:11 R.Bqf6.J0
媒体によって作品(漫画)の良し悪しが決まる訳ではないのです。少年誌を蹴って(笑)ブログ連載での成功を勝ち得た井上先生が生きた証ですw例え政党機関誌だとしても優れた作品は生まれるのです
御存じかもしれませんが横山光輝「三国志」が連載されていたコミックトムは某学会系の潮出版社の発行です(但し作家の殆どは非学会員です)掲載媒体による偏見は無意味です
ですがやはり編集の良し悪しは作品に影響します。はだしのゲンの場合作者は編集に阿り編集はそれを見過ごしたと思われます。結果読者の多くから乖離してしまったのでしょう
163. Posted by オタクな名無しさん   2013年12月20日 18:58 SkkIzItP0
※158
で?
悪意に満ちた文章だが、ズレっぷりは変わらんな。
手塚治虫もペレも生きてるうちから神様ってあだ名あったけどな。
164. Posted by オタクな名無しさん   2013年12月20日 19:17 SkkIzItP0
※158
もう1つツッコミ忘れてたわ。
手塚治虫は漫画の革命を起こしたと言えるが、別に漫画の創始者では無いからな?
165. Posted by おーちゃん   2013年12月20日 22:14 CJuqd6o80
>>163 >>164
いちいち細かいことにツッコミ入れてくるんじゃねーよ。
創始者という言葉には俺も間違ってうPしたことは認める。漫画に革命を起こした創始者と言えばよかったかなw
158で言ったことはユーモアで言ったことだ。
悪意で言ったことではない。手塚治虫本人が認めて言ってたことだからな。ユーモアも理解できないお前はツマランオタクだなww
166. Posted by りんご   2013年12月20日 22:42 445stQ360
皆さん、はだしのゲンは原作本から入られてるんですね。私みたいにアニメ( ビデオに録画してあったのを何度か見ました。)から入った人いるのでしょうか?
見なくなってから数十年経ちますが未だに鮮明に覚えてるんですよね。後、母校の小学校には原爆直後の遺体写真の本なんてのもあったなぁ…。
167. Posted by ひとこと   2013年12月20日 23:03 UGcJpOvbO
はだしのゲンって内容的には共産党のプロパガンダだけど考えて見たらこの漫画が普通に読める日本って自由の国だよね
もし中国で核実験でくるしむウィグル人少年の漫画描いたら発禁はおろか投獄は免れないもの
168. Posted by アジアのバカ大将   2013年12月21日 00:13 XlUQigrP0
まず「159のネト山ウヨ吉」をはじめ、真面目な問に一言も答えられない連中を一喝してから、「はだしのゲン補論」を一席。
「(戦前と同じ)天皇制反対」(みんな天皇の臣下で感激!なんていう日本人がどのくらいいるの?)「日本軍は悪」(アジア中を荒らしまわったのは歴史的事実)「米帝国主義は邪悪」(強大な武力を背景に経済力で多くの他国を間接支配している連中は善良?)。以上は、共産党(これは日本共産党のこと?1950年代後半以降、世界の共産党が一枚岩だったことはない)だけじゃなくて世界の常識。「(戦前と同じ)天皇制賛成」「日本軍は正義の味方だった」「米帝国主義は善良」なんて思っているのは、世界中でネト川ウヨ太とその愉快な仲間だけ。そうじゃない具体例を挙げられるかい?、ネト岡ウヨ朗くん。
さて本題。小生は「はだしのゲン(以下、「ゲン」と略す)」は現在のままで仕方がないと思う。確かにゲンが中学に入ったあたりからは、それまでより面白さに欠けるのは事実だ。なぜか?背景がちがうからだ。それまでは、狂気に支配された戦中、既存の権威がことごとく否定された終戦直後など、非日常があたりまえの世の中の話だから、ただでさえ面白い。その中で正論で生きるゲンはキャラクターが光った。物語も、やがて世の中が落ち着いて、戦争も国民を監視するシステムを消滅する。するとゲンはひからなくなった。背景を、歴史を変えるわけにはいかないので、戦後編が進むにしたがって、面白くなくなるのは致し方ない(続く)

 
169. Posted by アジアのバカ大将   2013年12月21日 00:16 XlUQigrP0
(上からの続き)
唐突な例えかもしれないが、中国古典小説というか世界古典小説の中で最も面白い「水滸伝」でさえそうだ。この反権力豪傑たち大暴れ小説は、後半4分の1からは、梁山泊の反体制豪傑たちが、朝廷に帰順して官軍になり外国軍や各地の反乱軍と戦い3分の2が戦死する。最後には首領らが、悪役の大臣らに毒殺されるという、はなはだ面白くない結末を迎える。しかし、梁山泊の豪傑たちの運命は、朝廷に帰順した時から決まっていた。豪傑の1人が主張したように、皆が「皇帝になる」道を選ばなければ、結末はこうならざるを得ない。
「ゲン」も、戦中・終戦直後を剛速球で生きてきたのに、それが青春期になったらスローカーブ投手では、つじつまが合わない。水滸伝は、結末が面白くないからといって、小説の価値をいささかも損じていない。いや、悲劇的結末があってこそ価値がより高い。「ゲン」も面白さは損じても、キャラクターの一貫性で作品の完成度の高いものになっているといえる。長話で失礼。
170. Posted by 七七四   2013年12月21日 06:10 qXmA4scw0
小学校のころは
学研だったかな?
〇〇のひみつシリーズ
をよく読んでたなぁ…
171. Posted by もう一人の東北人   2013年12月21日 07:08 PmvL46kx0
アジアのバカ大将さんはいみじくも私の分析を一部証明してくれたようです。「はだしのゲンは革命、共産主義者には共感できる漫画」という事です(ちなみに日本共産党の支持率は6%)
現憲法下では国民は臣下ではないですが天皇制は日本人の大多数が支持してますし天皇陛下は敬愛されてると思います。米帝主義は善良ねえ?アメリカは普通に好きですが?帝国主義国家だとも思いませんし
後半の水滸伝の話は何が言いたかったのかわかりません。例え話が下手過ぎます。そもそも水滸伝の結末がつまらないと言う貴殿のセンスには共感できませんし
そもそも漫画の感想を言ってるだけなのにマイナス評価は全部ネトウヨとかw
いい加減にしなさいw
172. Posted by するめ   2013年12月21日 07:32 mbu8phBF0
手塚治虫先生の作品では火の鳥が好きです。火の鳥は人気なかったですか?
173. Posted by お前だよ名無し   2013年12月21日 09:24 TGAu.c8cO
※168 169 あたまおかしいの?
はだしのゲンの後半がビミョーなのはイデオロギーが前面に出過ぎたからって感想なのに頓珍漢な思想論展開するとか?
あなたが共産主義者かどうか知らんが日本じゃ共産党は大衆には嫌われてるのよ
その共産党の主張を前面に出したからはだしのゲンは失敗だっての
174. Posted by もう一人の東北人(連投ゴメン)   2013年12月21日 09:58 PmvL46kx0
すいません訂正があります。日本共産党は共産主義を捨てたんですね
共産党の支持率と共産主義関係ありませんでしたw
天皇制も肯定してるんですね(故宮本顕治氏は天皇制廃止論者でしたが)中沢啓二さんも天皇制廃止論者ですし。
やはりコレを出し過ぎたから「後半はあんまり」って言われてんですね
漫画界では雁屋哲氏が天皇制廃止論者として有名ですが氏の(原作)漫画は人気ありますよね?中沢氏との評価の差はやはりイデオロギーを出し過ぎたせいではないでしょうか
175. Posted by アジアのバカ大将   2013年12月21日 12:23 XlUQigrP0
>>171「もう一人の東北人」ことネト野ウヨ造くんと173ネト藤ウヨ政へ
2人とも自分の頭がいかに悪いかを告白してどうするの。まずウヨ造くんは、自分の知っている言葉を小生がつかったから、小生が君に一部でも同意したと延髄反射しているが、小生は君の見解を全面否定しているのだ。もう一度いう。「(戦前と同じ)天皇制反対」「日本軍は悪」「米帝国主義は邪悪」は日本の常識、世界の常識。共産主義者だけの常識だと思っているのは、ウヨ造くんとそのお花畑頭仲間ぐらいだ。日本人が支持している天皇は、日本国憲法下の象徴天皇だ。大日本帝国憲法下の絶対天皇制に戻せという日本人が多数を占める統計がどこにあるの?小生だって、明仁さんは学校で君が代斉唱の強制に反対なので好きだ。米帝が世界でいかに憎まれているかは、「アメリカの裏庭」中南米をみれば分かる。ほぼ反米政権一色だ。ところでネト野くんは帝国主義って何か知っているの?米帝=アメリカ全部ではないのも常識。それから聞くけど、「ゲン」の主な登場人物に共産党員っているの?小生の死んだ祖父(小卒。たたき上げ小企業経営者)が、小学生の孫が口答えすると「この共産党野郎」とののしっていたよ。あの種の「共産党」なら、確かにいっぱいいるな。
水滸伝の後半4分の1が面白さに欠けるは、本家の中国でも常識。官軍としての戦場の話ばかりだからだ。そのため、前半の反逆豪傑大暴れ、大集結で終わる版(70回本)がスタンダードになっている。ウヨ政は、水滸伝を読んだことあるの?基礎教養が欠如しているなら、謙虚に物を知っている人に聞く態度をとれ。レッテル貼りで自分の無知をごまかすな。最後に、「ゲンの後半はおもしろくない」についての見解をもう一度いう、「前半からの物語の流れからいえば、やむえない。それはまた、世界的な名作芸術作品でもありえる」
176. Posted by pikaichi   2013年12月21日 12:42 qitr9vmz0
世代的に手塚作品は古いってイメージですね

ちなみに私は梶原一騎派です!!!
本来もっと評価されるべきと思う

左翼マスコミは嫌いなんだろうけどね
177. Posted by あ   2013年12月21日 13:17 uxmDIDVo0
ゲンはね、前半後半と分けるより全体的な評価するなら「真実の歴史を知る事に意義がある」っつー感じで落とすよ。自分なら。
178. Posted by もう一人の東北人(連投ゴメンその2)   2013年12月21日 13:27 PmvL46kx0
なんかズレまくってるなあ。まず水滸伝の話。吉川英治版しか読んでないですが少なくとも後半部分も面白かったですね。滅びの美学みたいなのが感じられて。多分読んでる水滸伝そのものが違うみたいなのでコレは置いときましょう。こちらも読んだのが中学生くらいなのでどの部分とかツッコまれては困ります(笑)
天皇制の話。中沢啓治氏は現行憲法下での天皇制廃止論者ですよ。コレは日本人の少数派ですね。それに誰か戦前の天皇制に戻せなんて書いてますか?変な言いがかりは止めて下さい
米帝の話。南米ではコロンビア以外に親米政権はありませんが親米で無ければ反米と言うのは短絡的ですよ?いずれにせよ選挙結果で変わるものですしね。
179. Posted by もう一人の東北人(連投ゴメンその3)   2013年12月21日 13:28 PmvL46kx0
そもそも米帝なんて文言使うのは日本じゃ左翼くらいのもんでアメリカが帝国主義だなんてのは反米勢力(中国、北朝鮮、キューバ等)のプロパガンダにすぎないと指摘させていただきます(そもそもココでするべき議論でもない)
肝心のはだしのゲン後半あんまり問題。これはそもそも割と多数派なんですが。その理由として挙げたのが中沢氏が天皇制反対論者であり左翼思想の持ち主でありそれを作品に投影しすぎた事だと思います。
ぶっちゃけて言えば「何言ってんだコイツ」となってしまったんです。
無論アジアのバカ大将氏の様に共感された方も多いでしょう。ですが反感を抱いた人間の方が多いんです。思想書ならともかくエンターティメントとしては失敗です。
180. Posted by もう一人の東北人(連投ゴメンその4)   2013年12月21日 14:51 PmvL46kx0
ちょっと訂正(またかよw)吉川版水滸伝を読んだと書きましたが引っ張り出してみたら未完だったんですね。でも確かに官軍になってボロボロになってく描写は読んだ記憶があるんですが
どこかで読んだ別の本と記憶が混乱してましたね。失礼しました
181. Posted by    2013年12月21日 14:57 1SjJa.850
後半あんまりにワロタ
182. Posted by 名無し   2013年12月21日 15:33 TGAu.c8cO
アジアのバカ大将ってのは意見が違う相手をネトウヨ呼ばわりする典型的サヨクだから話すだけ無駄だよ
相手にしなさんな
183. Posted by 通りすがりの名無しさん   2013年12月21日 19:36 9GapTAke0
アジアのバカ大将とやら凄いな。
ネト山ウヨ吉だか何だか低レベルな返しをしておいて、頭が悪いと告白してどうするとかレッテル貼りで無知をごまかすなとか……そのネトウヨとやらと全く同じことしてるよな?
184. Posted by      2013年12月21日 22:42 ZJJQpMo30
はだしのゲンって前半は名作って言ってるけどホントにそうか?ジャンプでも低順位で打ち切りだよな。なのに日教組のせいで過大評価されてると思う。
歴代作品並べりゃベスト10はおろか30位にも入らんだろう
週刊少年ジャンプ過去掲載作品俺的評価順①ドラゴンボール②スラムダンク③デスノート④北斗の拳⑤キン肉マン⑥キャプテン翼⑦ヒカルの碁⑧男一匹ガキ大将⑨リングにかけろ⑩Drスランプ⑪アストロ球団⑫マジンガーZ⑬ど根性ガエル⑭ジョジョの奇妙な冒険⑮TOLOVEる⑯侍ジャイアンツ⑰るろうに剣心⑱サーキットの狼⑲花の慶次⑳ドーベルマン刑事㉑きまぐれオレンジロード㉒幽遊白書㉓聖闘士星矢㉔遊戯王㉕包丁人味平㉖ROOKIES㉗山下たろー㉘キャッツアイ㉙魁男塾㉚すすめパイレーツetc
やっぱり被爆体験漫画としての資料価値はともかく少年漫画として名作かと言われれば首をかしげるね
185. Posted by 名無し   2013年12月21日 23:53 TGAu.c8cO
※184 6位までは同意する。1、2、3位は鉄板だな
確かにはだしのゲンは30位には難しいだろうが順位だけで作品の価値を判断したくないな
186. Posted by 名無し   2013年12月22日 00:15 mjCfIN7J0
連載期間1年4ヵ月、ストーリー的にも区切りがついてるし、不人気故に打ち切られたという評価は当たってないと思う
187. Posted by 名無し   2013年12月22日 00:38 IadsTE8CO
いや、順位が低迷して打ち切りになりそうだったのを当時の編集長が切らせなかった
その編集長の交代に伴って打ち切りになった
中沢氏本人が語ってる
188. Posted by pikaiti   2013年12月22日 10:00 iyR5MHMf0
ちなみに実家のそばの図書館には
はだしのゲンと松本+新谷の戦場漫画シリーズが同時にありました

当たり前ですが、はだしのゲンは誰も読まなくて、本棚の飾りww
189. Posted by      2013年12月22日 12:53 5MmFUFs30
少年ジャンプコミックス売り上げランキングでは20位にも入ってないきまぐれオレンジロードでも2000万部だから650万部のはだしのゲンが上位に入ってないのはわかるけどそれでも十分成功してる部類でしょ?作者には印税収入三億以上はあったんだから。
大江健三郎氏の激賞がブレイクの切っ掛けだそうだが集英社は大損だね。当時は売れないだろうって判断した集英社の判断ミスだね
進撃の巨人でさえ落としたって話を思い出すな。
190. Posted by 名無し   2013年12月23日 13:00 FOhPyRMr0
ジンサンや生徒さんの言うように後半あんまりには同意しますが名作と言われる漫画全てが全編納得できる作品ではないでしょう。ましてはだしのゲンは本来まだ続くはずだったのですから
白内障で執筆を断念したそうですが続きが読みたかったです。
191. Posted by アジアのバカ大将   2013年12月23日 14:17 rSPXZN.i0
手塚氏には近現代中国舞台とした大河漫画(未完)があるので、それについて是非触れたい。「はだしのゲン」については、小生の問い(後半ってどこから?戦前と同じ天皇制支持者っているの?ゲンの主要登場人物に共産党員っていたって?等々)に対し、ほとんど満足な回答が得られないので、小生からはもう論じません。その前に、「米帝=アメリカ帝国主義(者)」という用語に「左翼用語だ!」と反発したネト辺ウヨ太郎(ネト田ウヨ美?)くんへ一言、「百科事典」を引きなさい。帝国主義というのは、武力を背景に他国を直接間接に支配する政策およびそれを推進する権力者とその手先のこと。日本の中高校の教科書に普通の出てくる用語だ。
手塚氏の中国近現代物は「一輝まんだら」(1974年)という作品。1900~36年の時代(中国革命と抗日戦争)を背景に、中国と日本を舞台として、山東省の農民女性、姫三娘(鼻ぺちゃだが愛嬌があり、かつナイスボディ)を狂言回しに、日中様々な人物群像が活躍する物語だ。題名は、二二六事件の黒幕として処刑される北一輝(辛亥革命に参加)が軸になるキャラクター(最初は隻眼の大学生)で登場することに由来する。中国史にちょっと詳しいつもり小生も、「そういうことも(一行くらい)読んだことがある」ような話が、詳しく書いてあって、手塚氏の底知れなさに脱帽する。ただ、少なくとも「アドルフに告ぐ」の倍くらいのボリューム(新書版全集10冊)になりそうだったのに、2冊分で連載打ち切り。連載誌は2流(3流?)の「漫画サンデー」(この雑誌、実は日本で最初の大人の漫画週刊誌で手塚氏は昔からの常連執筆者)だったせい。(下に続く)
192. Posted by アジアのバカ大将   2013年12月23日 14:26 rSPXZN.i0
(上からの続き)
この作品で、特に注目すべきは、世界で初めて義和団を文芸作品で肯定的に描いている点だ。日本の教科書で「迷信的排外主義反乱集団」とされ、現代中国でも完全に肯定されているとはいえない義和拳民の反乱を、「外国の侵略に対する中国人の怒りを体現した」と登場人物(後の北京大学学長)に称えさせている。一方、同じ人物の口から義和団の行動に対する厳しい批判もさせている。だが、元義和団の姫三娘が、ふとしたことで助けた日本人士官の手引きで香港へ逃げる際、回想するのは、義和団男性リーダーの雄姿、刑場にひかれる女性リーダーの堂々たる態度など。「手塚神」のシンパシーは完全に義和団側にある。
手塚氏には別に、中国文化大革命批判漫画もある。「グランドール」(1968年、少年ブック連載)という作品だ。自分が本当の人間なのか、グランドールという人間そっくりに変身する合成生物なのかで苦しむ少年と、グランドールを操るインベーダーとの戦いを描いた。文革や中国の場面は、主人公の父親のが新聞記者が、天安門前に紅衛兵大集会を取材後、路上小さな人形を拾い、その直後に壁新聞を無許可で撮影報道したため国外退去させられるエピソード5ページほどだけだ。あとは、中国とは無関係なSFサスペンスドラマが息もつかせず展開される。物語冒頭の見開き2ページの天安門前集会の絵は迫力がある。
1968年という、文化大革命について肯定的な評価がメディア報道で主流の中、思想の画一化に反発し、それを娯楽作品に昇華させた手塚氏はまさに「神」だった。「一輝まんだら」は、「グランドール」を踏まえている点も注目すべきだ。「深刻な問題もあったが、方向性はまちがっていない」という、手塚氏なりの文革総括だったと思う。
193. Posted by 名無し   2013年12月23日 18:02 FOhPyRMr0
>>191 192 長文の連投は止めた方がよろしいかと
それにウンチクうざい。
ご自分のブログでどうぞ。
194. Posted by もう一人の東北人   2013年12月23日 22:07 6LiYqO920
あまりに論点がズレるんでムダだなと思いつつも言わせてもらいますが。共産党員がはだしのゲンに登場したなんて誰か書いてます?何番目のコメントのにありました?掲載誌がジャンプから共産党の機関誌に移ったと言う「事実」なら指摘されてますが?
「アメリカ帝国主義」が左翼しか使用しない語句なのは明白。左翼じゃない人が使ってたと言う反論ならともかく帝国主義の講義は結構ですw(アメリカが帝国主義とか中国の膨張主義とか場違いな検証は此処ではしません)
長文は迷惑なようなので失礼します。
195. Posted by 大豚猫   2013年12月23日 22:16 1hGw.U2z0
あのさぁ~。ずーーーっと気になっていたんだけど、今回の件で、はだしのゲンの後半が、あんまりって、言い出しっぺは、井上センセと、生徒さんたちだよね? ここに投稿してる人たちは、その井上センセの意見に同意しているだけだよね。 それがケシカラン、気に入らんと、非難したり、詰問する人は、先ず井上センセに詰問なり非難なりするのが筋じゃね? それとも井上センセも、含めての非難なり詰問なわけ? ちなみにオイラのはだしのゲンの評価は、もう一人の東北人さんと同じだけどさ。
196. Posted by 通りすがりの名無しさん   2013年12月23日 23:58 X.gwbxHg0
自分は※193に同意する。
長文連投するぐらいなら、ご自分でブログ開設して存分にはだしのゲンを賛美すればよろしい。
コメント欄を私物化しておいて、自分の主張が正しいと疑ってない姿勢は滑稽きわまりない。
197. Posted by もう一人の東北人   2013年12月24日 08:57 Bg8N.1cW0
※195 ありがとうございます。思わないでも無かったんですが井上先生に言えはトラの威を借るみたいで嫌だったんで止めました。
※193、196 長文連投はついやっちゃうんです。御不快でしたね、すいません
198. Posted by 名無し   2013年12月24日 15:19 s4ligdb4O
はだしのゲンは読んだことないな。だが天皇制否定してんなら大多数の日本人は嫌がるだろうな
199. Posted by ジンサンじゃない井上   2013年12月24日 23:05 iu2VyWnz0
長文はかまわないんじゃないの?節度はあるべきだけど
ただ誹謗中傷は見苦しいなあ。それと言葉使いが汚いのも
議論じゃなく誹謗中傷や罵りあいは止めよう