※注意 いつもの中国嫁日記ではありません※

評論同人 希有馬屋
最後のエヴァンゲリオン感想


以下の文章はシン・エヴァンゲリオン劇場版:||の感想です。

ストーリーおよび内容に関しては触れていないつもりですが、
しかしそれがゆえに『テーマのネタバレ』という、
ある意味致命的なネタバレが含まれていますので、
映画視聴後に読むことをお薦めします。


またいつもの中国嫁日記とは違う、
ものすごい恥ずかしい文章が続きます。

私のかつての同人誌を読んだことのない人は注意して下さい。



というか、
どうしても書かずにはいられなかったんです。
エヴァ大好きなんで
すみません。




極秘







現実対虚構。
子供が出来るのは圧倒的に現実(リアル)であり、
その前には虚構などちぎれ吹き飛んでしまう。

そう思っていました。
というかそう想像していました。フィクションとして。
しかしそうじゃない。
いや、女性はちぎれ飛ぶのかもしれない。
しかし男性はそうじゃない。


それは残念なことに、
男性はお腹を痛めて産むわけじゃないことに由来するものだ。
私は出産の現場に立ち会ったし、産まれる瞬間も見た。
苦しむ妻にずっと付き添った。
しかし、お腹を痛めた妻とは距離があるのだ。
絶対的な距離があるのだ。
それは生理的なものであり、埋まらないのだ。
そこからがスタートだ。




そうなるだろうなというところに収まった。
物語の話じゃない。
物語は違う。驚きも憤慨も納得も興奮もふんだんにある。
結構本気で驚く、興奮する。安心して欲しい。いや不安に思って欲しい。
なんの情報も入れず、今すぐ見てほしい。
ここで語るのはテーマの話だ。
エヴァンゲリオンというもののコアだ。


テーマとしては「そうなるだろうな」という所に落ちる。
それは最初から予定されてたもの。
というか、一番最初、庵野秀明が
シン・エヴァンゲリオン開始前ににテーマとして掲げている。

だからネタバレでもなんでもない。

それは繰り返しの物語だ。
我々がずっとずっと繰り返してきた家族の物語だ。
生まれてきて、生きるものの物語だ。



だが、それは衝撃的だった。
なぜ衝撃的だったのかというと、
自分が父親になっていたからだ。
そして言われたのだ
「お前と妻には距離があり、絶対的なもので、それは埋まらないのだ」
いや、それは知ってた。

知ってたが、しかし、まさかエヴァに言われるとは思わなかった。
親の顔より見た……
いや間違いなく下手な親戚よりずっと付き合ってきた「ヤツ」に
面と向かって言われるとは思わなかった。

そしてそれに納得する自分がいるとは思わなかった。
油断してたがゆえに殴られた。
ああそれ分かる と思ってしまった自分にショックだったのだ。



俺は間違いなく自分の息子を愛している。

しかし、息子がなんの疑いもなく俺を信頼してることに
小さく、小さく、ほんの小さくだが
……怖れを感じる。
それは間違いなく怖れ。
なぜなら、息子がよく分かっていないから。
生きた人間だからだ。ヒトだからだ。
息子と俺とは違う……

「……って思ってるだろ?」と言われたのだ。
これは恐怖だ。



かつて庵野秀明は
最初のエヴァ映画で「お前らオタクは~」的な雑な殴り方をしてきた。

今だと笑える。やり方も稚拙だし、今は「そこ」にいないから。
今だったら笑える。しかし当時は違う。
本気でショックだった。
今のオタクには理解できないと思うが、殴られた俺らはショックだったし
「あ、今、俺殴られた」と認識した。


まさか25年の時を超え、同じ文法で殴ってくるとは思わなかった。
しかも殴られる思っていない箇所を殴られた。
そして殴られた瞬間に思ったのだ。


エヴァだ。
エヴァが帰ってきた。


25年の時を超え帰ってきたのだ。
そしてそれと同時に25年分の加速を付けて殴られた。
やってくれたな。くそったれ。

そうだ。またしてもやられたのだ。
思い出した。お前そういうヤツだったよな。
いやあ変わらないねと表面上は笑いながら、
それでも実は痛かった。痛かったぞこのやろう。


その痛みとともに、エヴァンゲリオンは終わった。
どこからどうみても完璧なエヴァンゲリオンだった。
映画としてはいいたいこともある。
なんだそりゃと思う展開もあった。
でもいいんだ。なんか晴れやかだ。
ヤツはそういうヤツだった。
思い出したよありがとう。


と思ったのは俺だけかと思っていたら、
見える範囲だと結構みんなそうやって笑っている。
アラフィフアラフォーが妙に晴れやかに笑ってるのを
「気持ち悪い」と思う若い人もいるかもしれないが、
仕方ないのだ。そんなヤツとずっと付き合ってきたんだもの。
そして終わるんだもの。




エヴァンゲリオン大好きだったなあ!
庵野さん大好きすぎて、本人にインタビューにいったなあ!
人生がエヴァだった時期あったなあ。
そしてそこには間違いなくあの痛さがあったなあ。



さらば、全てのエヴァンゲリオン
本当に本当に本当にそういう映画だった。




お前と妻の間には、絶対的な距離がある。
それは息子との距離だ。
お前はお腹を痛めてない。そうだろ?
その通りだ。

そして、そこがスタートだ。

俺と息子との現実はそこからだ。
終わりじゃない。スタートだ。
俺はフィクションとは違う。

そう思えるのはヤツがいるからだ。
俺たちが25年付き合った、作り話だ。
油断すると本気で殴ってくる。いいヤツだった。
大好きだった。


制作に関わった全ての皆様。
本当にありがとうございました。






※これは息子のいるアラフィフ男の感想でありますが、
子供がいないと感動できないとかそういう浅はかな映画じゃありません。
そんな迂闊な映画あの人が撮るわけないじゃないですか。