BLOG希有馬屋

同人サークル希有馬屋のブログ
HPはhttp://tenra.net/keumaya/index.htm

海外ガレージキットを作ろう

三ヶ月ぶりぐらいです、お久しぶりです。


それでは本体の塗装に入りましょう!!
って、いっても、ようはマスキングしまくるだけなんですけどね……。

マスキングしてはエアブラシで塗り

マスキングしてはエアブラシで塗り

マスキングしてはエアブラシで塗り

@繰り返しです!!




01はだ色を塗る
まず顔から塗ります
 やる気の維持のためです!!

 あと腰に大穴空いてますね?
 金属球を埋め込んで、SFっぽさを増そう作戦です。


02肌色を塗る
ほら、なんかやる気出てきた!



04マスキングする
マスキングしては、エアブラシで塗り



03マスキングする
マスキングしては、エアブラシで塗り
 あ、画面に写ってるマックスファクトリーのマスキングゾルはとてもいいです。
 お薦めです。



05マスク剥ぐよ
マスキングしては、エアブラシで塗り
あー しんどい。



06マジョーラカラー
今回塗ったのはマジョーラカラーというものです。
仮面ライダー響鬼のアレです。

照明によって色が変わります。
(ま、正直、作例の真っ黒の方が良かった気も、若干……)




07もう一度マスキングする
なんか足りない気がしてきて、
再びマスキング




08薄くパールを吹く
上からパールを吹いてみます
下がマジョーラカラーの所為か、面白い効果になりました。



09顔を塗り直す
顔がくどい気がして、塗り直し
シンナーに漬けて(というか拭いて)
下地からやり直しです。

実は三回塗り直しましたが、たぶんどこが違うのか俺以外には分からないと思います。
自己満足のために自分以外には分からない苦労をする……


それが模型です! たぶん!







完成01
出来た!!!



完成02
わーカッコイイ!!



完成04
前と顔違ってるんですが、分かります?



完成05銃修正
今時スイッチもないだろうと思ったので、まぁタッチパネル的ななにかに改変



完成06
 下地に銀を塗り、塗料剥がしています。
 SFブロップ風に景気よく汚そうと思いまして、
 とにかく派手に好き勝手にボロボロにして、錆びさせています。

 たのしー!!!



完成07
 各所に金属球やら、モノアイやら光る物を埋め込んでいます。
 「古い宇宙船の中で拾った海兵隊の銃」って脳内設定ですわ。





完成08
で、左手を外して……
体の各所にも金属球埋め込んでいます。




完成09
ガシャーン


というわけで、
これ以降は次回「完結編」にて!





海外ガレージキットを作ろう

では、塗装に入りましょう!


今回は蛇紋塗装というやつをやってみます。


【↓】蛇紋とは、こういうヤツです
蛇紋塗装01
つまり、大理石模様、マーブル模様ですね。

このやり方は、私の超尊敬するフィニッシャーにして原型師、
矢竹 剛教氏のブログから学びました。

私、矢竹氏のブログで語られた方法は、
とりあえず全部やってみるくらいに完全信者です。


といいますか、模型は上手い人の言うことを鵜呑みにすると、
たいてい上手くなります。


あ、これ、実は絵もそうだったりします。
(ま、俺はいつまでたっても上手くなりませんが…)





実は、蛇紋塗装をやるのは、
この時が初めてだったりします

ドキドキですね。






蛇紋塗装02
で、まず綿とくりぬいた箱を用意
綿をうすーーーーーく一枚だけ剥がして、箱に貼るのは、ちょっと難しいです。



蛇紋塗装03
で、安いクリアースプレーを吹いた後、
指でぐいぐい弄って、広い所と狭い所を作る

膜を張り直す感じでやるとうまくいくみたいです。
指がクリアー塗料でべとべとになります。


蛇紋塗装04
原型を黒くぬる
めんどくさいので、サーフェイサー 1500 ブラックを使っています。とても便利!!


蛇紋塗装05
綿の膜が乾いたら、原型にかぶせ……

蛇紋塗装06
上から白を吹くと…

蛇紋塗装07
出来た!!!
なんかいきなり上手くなった気がします!!【気のせい】







全体をこんな感じで塗った後、
細かい所をマスキングして塗ったりするわけですが、
今回使ったのは、コレ

蛇紋塗装08
マスキング ガム

販売店にリンクしようとしたら、もう売ってない・゜・(ノД`)・゜・

なにかというと、
ようは練りケシです。練りケシ。

やわらかい粘土みたいなもので、
凸凹した塗装面を簡単にマスキング出来ます。


蛇紋塗装09
こんな風にマスキングガムで包み…

蛇紋塗装10
黒鉄色を吹くと

蛇紋塗装11
キレイに塗り分け出来る!!
  コ  レ  は  便  利  !!

こういうぐねぐねしたモンスター系にはとても役に立ちます。
※ガンプラのような平面が多く、キチッとした塗り分けが必要なものには、あまり役に立ちません





この辺から、どんどん作業が進み、
快楽中枢が刺激され、
「ひゃっはー!」状態になり、
画像がないのです(;´Д`)

蛇紋塗装12
ひゃっはー!
細かい所は主にラッカー塗料を筆で塗り分け。
エナメル系塗料で陰色を入れたり、流し込んでみたり、拭き取ってみたり


蛇紋塗装13
ひゃっはー!!!
こういう「錆」を入れる場合、
オレンジのパステルやピグメント等をアクリル系シンナーで溶かして
塗ると、いろんな本に書いてありますが、
自分はエナメルシンナーでやってます。

そのほうが、細かい所に流れて錆っぽくなるのですが、
先に流し込んだ陰色とかが溶け出すので諸刃の剣。
あんまりお薦め出来ない。







出来た!!!!
蛇紋塗装14
かっこいいなぁ!!!



蛇紋塗装15
凹部分はピンバイスで掘って、
小さい金属球を埋め込んでおります

あと、部分的にクリアー塗って艶を変えています。



蛇紋塗装16
本体が真っ白だと、
なんかそういう芸術みたい。





蛇紋塗装17
あと、台も塗っておく!
なんだか、可愛い…


蛇紋塗装18
蛇紋塗装はせずに、本体と差別化。
いいかげんに塗ってもそれなりになるので、とても面白い台です。




蛇紋塗装19それでは、
次は、いよいよ
本体!!!



海外ガレージキットを作ろう

さあ、制作開始
ワタシ、模型作る時はいつも持ってる武器とか、ベース(土台)とか、
そういう簡単なものからやるとモディベーションが保てるんです。



Blog-space-host14
というわけで、まず武器を分解して、整形します
実はこういうプラ板メイン工作って、この時初めてだったり。
今はもうちょっとうまくできるかなぁ……


Blog-space-host15
どうですか!?
まぁ、サーペントカスタムの銃を使えば、こんなことしなくてもいいんですけどね……


Blog-space-host16
指も作りました!!
意外と簡単でした。




Blog-space-host17
よし、次は足の隙間を埋めるぜ!!
エポキシ系パテで隙間を埋めます。
使ったのはコレ【→】マジックスカルプ

「最近のエポパテはこんなに簡単なのか!!」ってぐらいに扱いやすいです。
あ、べとつく場合は水とか消毒用アルコール、無水エタノールとか、どれかを同時に使うといい感じ。



Blog-space-host18
よし埋めた!
ここからもうちょっと弄ってますが。



Blog-space-host19
腕の隙間も埋めるぜ





Blog-space-host20
ここが特に酷い。
あからさまに手で丸めた粘土をポイと置いてます



Blog-space-host21
削るぜ! 実はこの作業のためにリューター買いました。
トルクのいいやつ。

この後、使いまくりなんで、買って良かったなと。


Blog-space-host22
金属球埋めて、それらしくパテでフチを
画面に21/200とあるのはロットナンバーですね。
俺が注文したのは発売から1年以上たってて、それでも21個しか売れてない・゜・(ノД`)・゜・

しかも、まだ売ってる(;´Д`)
皆様も是非に…




Blog-space-host23
目立つ穴を削り
新規造形部分は、複製に失敗して欠けてる部分だったので、勝手なディテェールで、いい感じに。


Blog-space-host24
金属球を埋めてみました
超楽しい!




Blog-space-host25



ここら辺でノリノリになってきて、
ありもしない部分を勝手に増やし始める



Blog-space-host26
元がゆるい整形だから、造形を追加しやすい
いや、この原型師(スカルプター)の方の技術はすごいんですが、
最後の仕上げが粗いので、逆に「ナニカ」を追加しやすいのです。
楽しい!!!





Blog-space-host27
ガタガタ凸凹のゴーグルもなんとかしよう
まずは、切り離します。



Blog-space-host28
円形に切ったプラ板をゲージにして、それらしく


Blog-space-host29
いきなり色が付いててなんですが、
ゴーグルのフチにはコレを使う!


Blog-space-host30
なぜか、タブレットペンの先のリングが
ジャストフィット!

銀色に塗って貼っただけ。

Blog-space-host31
違和感なし!
意外な流用パーツが見つかる、こういう時も楽しいですね〜。





Blog-space-host32
出来た!!



Blog-space-host33
改めて見ると、ホントでかい!!!



Blog-space-host34
文句なくカッコイイ!
どうやって塗ろうか考えてるのもたまらない瞬間です。






Blog-space-host35
左手チェンジ!!



Blog-space-host36
銃に時間ががかかったなぁ……
正直、ほとんどの作業が銃周りでしたわ……。



Blog-space-host37
付け加えたウネウネもいい感じ!
より凶悪になって、嬉しい限りです。




じゃあ、次はいよいよ塗装!

海外ガレージキットを作ろう

Blog-space-host01



はろーはろー、一年以上放置しておりました。スミマセン。

何をしてたのかというと、中国嫁日記の3巻を一年かけて描いておりました。

ホントはここを更新したかったデスが、3巻作業を伸ばしに伸ばしてるのに、
趣味ブログは更新できなかったデスヨ。



というわけで、
今回はコレを作ります!!


Blog-space-host0101
スペースホスト!

このキット、怪物屋さんのブログで見かけ、一目惚れ
検索しまくって、どうにか販売サイトを見つけ、
輸入代行サービスまで使って、半年以上かけて(この通販サイトが、ホント遅くて……)手に入れました。

海外ガレージキットですよ!?
簡単な裸フィギュア専門ぬるいモデラーの私には、かなりの難物ですが、

愛があれば何とかなるもんですよ!!
きっと!!



Blog-space-host02
で、半年たって届いたので、組んでみた

わー、でかーい!
1/6とか書いてますが、ウソですわ。1/5近くありますわ。


あ! このキットボーナスパーツが入ってます!

交換出来る

すごいサービス!

とか、思ったんですが、この交換用の腕、とても必要なんですよ。
なぜなら、このキット最大の売りである巨大な左手

重い腕

本体と同じくらい質量があるので、
とても重くて、体が傾く勢い
なのです。

つまり、

ボーナスパーツを
通常の腕と考えるべき、


と私は判断いたしました。




ん?
Blog-space-host03


んん?
Blog-space-host04

Blog-space-host05


んんんん??
Blog-space-host06

Blog-space-host0601

Blog-space-host07


オッケー!!
それもまた味!!

海外ガレージキットに細かいこと言っちゃいけないぜ。
嫌なら作らなきゃいいんだぜ。

日本の原型師の皆さん、ホント細かい仕事ありがとうございます。
私、甘やかされてました。今、分かりました。





Blog-space-host08

つうか、反ってるくらいなんの不良でもないっつーの。
茹でれば簡単に直るんだよ!!


Blog-space-host09
ほら直った!


ん?
Blog-space-host11

Blog-space-host12


んんんんん???
Blog-space-host13
※部品の不足とかでなく、そもそも造形されていません


お、オッケー!!
それもまた味!!

これぞ海外ガレージキットだよ!!
もうなんでもないね! 40代の苦労は勝手でもしろ、だよ!





……あれ? でもこの銃、
……どっかで見たような


Blog-space-host10
あっ!!



Googleさんによる、
「ガンダムW エンドレスワルツ サーペントカスタム」の画像検索




お、オッケー!?


愚民万歳!!

IMG_0682
お久しぶりデース!!!
久しぶりにフィギュア作ったので、更新しまーす!!!



というわけで、今回はキャラグミン カラーレジンキット 戦場のヴァルキュリア ユリアナ・エーベルハルト(1/8スケール)を作りますたよ。



この『キャラグミン』ってのは親切なキットなんですよ。
どこが親切かというと、全部のパーツが色事に分割され、色キャストで抜かれてるのです。


IMG_0550
スミマセン。
途中経過なしにいきなり色塗っています!!


だって簡単なんだもの!!

いや、実は別なフィギュア作ってたんだけど、
それがアメリカ製の実に手がかかるガレージキットで、
いよいよそのキットの色を塗る段階になって、
「あ、コレも買ったんだった。ちょっといじってみよう……」

と思ったら完成していたんだよ!!

IMG_0566
 なんかもう語ることなく完成。




IMG_0566-2
 しかも、肌色はいつものパステルティッシュや綿棒でこすりつけてるだけです。
 あ、そのままだと触ると色が剥げるから、Mr.スーパークリアー UVカットつや消し で保護してください。




IMG_0640
 簡単すぎて語ることはないんですが、たった一つ

眉のシール張るの無理!!
細かすぎて、ブチブチ切れます。
描いた方が絶対早いです!!!


しかし、本当に作りやすいこのキット。
あまりに作りやすさに、ボークスガレージキット開発者が
「こんなものが出回ったら、キャラクターモデラーが愚民化してしまう!!」
と恐れ、そのことを子々孫々に伝えるためにキャラグミンのと名付けたとか……嘘ですが。




というわけで、キャラグミン、ガレージキット初心者の方、お薦めです!



あ、髪の毛はエアブラシで影色だけ塗っています。
この色で!
計ったように色があってて、笑いましたw



ではまた、1年後に……



IMG_0734
 イヤリング付け忘れてた(;´∀`)
最新のつぶやき
井上純弌の本
記事検索
コメント注意
コメントが表示されない
※コメントが反映されるには
時間がかかります。
ご注意下さい
livedoor プロフィール
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ