Kevinのかっとび奮闘記

皆さんこんにちは、暑いですねー。暑い季節は苦手なKevinです。

さて今回は、先月開催したGNMビクトリーズ走行会のレポです。


コースのレイアウトは今回僕が担当させていただきました。
プロトセイバーEVO.プレミアムの発売を記念してプロトセイバーEVO.をイメージしたコースにしたいなと思い、テーマは「大海原を自由に泳ぐイルカ」にしました。


そして完成したコースがこちら
image

ハイパードルフィンサーキット 2016


ドルフィンウェーブセクション
image

ここからこのコースの全てが始まりました。イルカの波乗りをイメージ。

そして、そのドルフィンウェーブセクションを飛び越える、ドルフィンジャンプセクション
image

波を華麗に飛び越えるイルカをイメージ。

連続コーナーが続くドルフィンスラロームセクション
image

海の中を泳ぐイルカをイメージし、名前は映画のみ登場するEVO.の伝説(?)の技「ドルフィンスラローム」からとりました。


まずは制限クラス。
今回の制限はボディ。J君に所縁のあるプロトセイバーJB、プロトセイバーEVO.、サイクロンマグナム、この3台の制限です。
名付けて「J君 プロトセイバーEVO.プレミアム発売おめでとう杯」w

しかも今回はコンデレも!
第一ラウンドのコンクールデレガンス、第二ラウンドのレース、それぞれのポイントを合算して優勝者を決めました。
(昔のテレビチャンピオン参考にしていますw)

ただし第一ラウンドのコンクールデレガンスは参加しなくてもOKとしました。
(コンデレに参加せずレースに集中するのも戦略かなと)


第一ラウンド コンクールデレガンス
エントリーNO.1
image

ばろんさん

エントリーNO.2
image

Kevin

エントリーNO.3
image

むらさきさん

エントリーNO.4
image

若君

エントリーNO.5
image

ギャクマン君


参加者全員3票ずつ、好きなマシンに自由に振り分けてもらい順位を決めました。

結果は
1位 Kevin (5P獲得)
2位 ばろんさん (4P獲得)
3位 むらさきさん(3P獲得)
4位 若君 (2P獲得)
5位 ギャクマン君(1P獲得)


第二ラウンド レース(総当たり戦)
荒れに荒れたレース展開w
自分も最初はEVO.で参加していましたが全く入る気配が無かったのでJBに切り替えました。その結果、
image

超安定して速かったばろんさんが全勝!

1位 ばろんさん(5P)
2位 Kevin (4P)
3位 ぷぅさん (3P)
4位 なめこさん(2P)
5位 ギャクマン君 (1P)


総合ポイントランキング
1位 ばろんさん 、Kevin (9P)
3位 むらさきさん、ぷぅさん (3P)

それぞれ同ポイントになりましたので決定戦を行いました。
結果
image

総合優勝 ばろんさん
2位 Kevin
3位 ぷぅさん

惜しくも飛んでしまい負けてしまいました。ばろんさんは文句なしの安定感で総合優勝です、おめでとうございます❗


オープンクラス
優勝決定戦から突如安定しなくなったJB、代わりにEVO.の方を調整して参加しました。
結果
image

全く安定せず2勝5敗でビリおじさん確定。

1位 まぁさん
2位 ぷぅさん
3位 ばろんさん
4位 なめこさん


誰だ、あんなコース考えたの!!←
(白目)

マシンの集合写真
image




ミニ四駆が終わった後は、GNMVダンガン部発足からの初のダンガンレース !

今回はこいつで参戦
image

通称、追跡車。
ひさしぶりにこいつを使いました。

総当たり戦で結果は
image

1位 なめこさん
2位 ギャクマンギャクマン君
3位 Kevin
(名前変えすぎてて誰が誰だかわかんないですよねw)


ダンガン集合写真
image


若君のパーシーのシュールさと言ったら…w
image

(特別ルールによりokになってますw)



そして、お誕生日という事でチーム皆からプレゼントいただきました!
image

ありがとうございます!
大切に使わせていただきます!


↓クリックよろしくです↓

ミニ四駆ランキングへ


次回も見てくれよな、
レッツ&ゴー!

皆さんこんにちは、Kevinです。


明日のGNMビクトリーズ走行会に向け、制作してきた新しいJBのシャーシが完成しました。
image

image

image

image


なんとかピポットとノリオの共存が上手くいき、自分なりにも結構満足するセッティングになったかなと。
ただ、それぞれの調整には若干めんどくさい構造になってしまいましたので、その変は今後の課題かなと思います。

よく見かけるホエイルシステムマシンと違って、フロントが9-8mmのWAのみでリアが830の2段なのはノリオとの共存故の妥当した点です。
リアの構造上どうしてもピポットダンパーの設置をあげざるを得ず、だったら後ろを2段構造にしてしまおうってなったわけです。
(他に手はあったのですが、走行会に間に合わないという事で今回はこれでいきます。)



ちなみに、
image

EVO.もちゃっかり乗せられますw



↓クリックよろしくです↓

ミニ四駆ランキングへ


次回も見てくれよな、
レッツ&ゴー!

皆さんこんにちは、Kevinです。


プロトセイバーEVO.プレミアム発売でEVO.をメインに続けられる事が嬉しくてたまらないわけなんですが…

ふと、ばらしてしまったJBを見て考えたんです。
「今年はJBも使ってくっていったじゃないか」


ってなわけで、なんとかEVO.と使い分けが出来ないかと組み直しました。
image

組み直した当初は飛び方の姿勢制御の違いで使い分けが出来ないか考えていましたが、ひとつのアイディアが舞い降りて来ました。

「そうだ、万能機にしよう。」













は?
って思われた方もいらっしゃると思いますw


ここで言う万能機とは“どんなコースでも対応出来るマシン”っていう意味です。

これでもわけわからんですねw


ようするに、
僕がこれまで作ってきた万能機は瞬時にセッティングを変えることでどんなコースでも対応出来るマシンでしたが、今度の万能機はセッティングを大きく変えずとも対応出来るマシンにしようと思ったのです。


そこで参考にしたのがホエイルシステムです。ホエイルシステムのようにどんなコースでも対応出来るマシンに仕上げられたら良いなって考えています。


そして今現在、ピポットダンパーを鋭意制作中なわけなんです。
image

リアも作ったのですが、ノリオとの相性が悪くて作業が止まっておりますw

もしかしたらノリオじゃなくなる可能性も…


↓クリックよろしくです↓

ミニ四駆ランキングへ


次回も見てくれよな、
レッツ&ゴー!

このページのトップヘ