今年は万能機をメインテーマにマシンを作ってきました。


そもそもKevinが定義している万能機とは何なのか。

【万能機とは】
・一台のマシンで様々なコースを攻略できる事
・瞬時にセッティングが変更できる事
・フロント及びリアのアンダーガード(ブレーキ)の調整が用意な事

この3点がポイントです。

その他にもギア比やモーターの選択性、パーツの入手性、ボディの選択性などがあげられますが、それらは現在主流のシャーシならばだいたいクリアしていますので今回はあげません。


【初めての万能機】
私が最初に万能機を作り始めたのはMSからでした。
DSC_0061

最初は単にバンパーレスにしただけだったんですが、ふとその構造を見ていた時バンパーをそっくり交換して3レーンも公式も走れるマシンが作れるんじゃないかと思ったのがきっかけでした。

最初はフロントユニット2種類だけでした。

リアも交換できるように改修。
DSC_0282

DSC_0324


フロントも様々なセッティングを開発。
image

image

image

これが2013年までの万能機。


そして
今年、2015年ver.は片軸で作成しはじめたのです。今年もやはりバンパーレスにした事がきっかけでした。


【TZ-Xで作り始めた2015年ver.万能機】
image

この頃の万能機はフロントのみ変更が可能でした。というのもTZ-Xはリアの強度不足により3点固定ステーを使わざるをえなかった為、セッティングに調整がきかなかったのです。

そこで躓いた私はVSに計画を移行しました。
image


VSに計画移行後、最初は今までの万能機と同じように1つのシャーシで様々なセッティングを出来るようにしていました。

ある時ふと、
「サイドアームの弱点を逆に利用したらどうか。シャーシもコースに合わせて選択できるようにしよう!」
そう思い付いたのです。

そうして万能機は進化の時を迎えたのです。
image

image

万能機-極-


【新たに追加されたサイドアームモード】
image

左右独立機構を利用して重心バランス、稼働域を個々に調整することで、ジャンプ時の姿勢をコントロール出来るようになりました。


【EVO.の復活】
GNMビクトリーズの仲間達から強い復活の支持を受け、プロトセイバーEVO.を復活させる事になりました。
image


EVO.に合わせてペクトラルフィンモードを作成。
image


【IPF(インデペンデンス・ペクトラルフィン)システムの開発】
しかし、サイドアームがボディに干渉するのが昔は平気だったのですが今はどうしても許せず、どうにかペクトラルフィン・システム同様の内蔵型ギミックで左右独立した機構が作れないかと考え、新しいギミックを開発することにしました。

IPFモード
image

image

image

サイドアームと同様に左右独立式で、それぞれ重さや稼働域を調整でき、かつ見た目もすっきりとした内蔵型ギミックが完成しました。


しかし
この頃、どうにかTZ-Xでも同じように作れないものかとずっと考えていました。
そして、革新的なリアの補強方法を思いつき、万能機計画をTZ-Xに戻す事にしました。

【万能機計画、再びTZ-Xに移行】
image


TZ-Xはロングホイールベースなので直進安定性があり、かつARやX系よりもはるかに柔軟なので片軸の中でも立体コースに適しているんじゃないかと私は考えます。


【サブマシンの作成】
レースは何が有るかわかりません。メインマシンが何か有った時にと、メインと同じくTZ-Xで各ユニットがそのまま使えるサブマシンを用意したいと常々思っていました。

そして作成したのが
image

image

ハリケーンソニック

このマシンは来月行われるチーム内レースの為に作成しましたが、その後はメインマシンの完全なサブマシンに変更する予定でいます。



【日々、進化する万能機-極-】
数多くのユニットを作成しあらゆるコースに対応できる……とはいえ、それを使いこなせなければ意味が有りません。
その為、現在色々なコースで練習走行をし、どの組み合わせが相性良いのかテストを繰り返しています。さらには新しいユニットの開発も日々行っています。
そして、いつか完全に万能機を使いこなせるようこれからも自分自身のレーサースキルを磨いていこうと思います。

目指すは最強のミニ四駆!!




↓クリック宜しくです↓

ミニ四駆ランキングへ


次回も見てくれよな、
れっつ&ゴー