皆さんこんにちは、Kevinです。


最近のリアギミックでよく見かけるイシダンパーってみなさんご存じですか?
東北ダンパーのようにリア提灯ギミックっぽいけどマスダンは動くタイプのギミック。

それを私のマシンでも出来ないかなーっとずっと思っていたのですが、ブレーキの構造上厳しいなと思ってきました。
image

そのため、従来の東北ダンパーを愛用していました。


しかし、そんな時TwitterでOSKビクトリーズのゆうさんのツイートを見て衝撃を受けました。
image

「これだ❗」

さっそくゆうさんに承諾を得て作ろうと思いたったのです。

「あのプレートならぴったりなんじゃないかな」
image

超万能、ボールリンクマスダンパー付属のプレートがすぐに思い当たったのですが、残念なことに在庫切れ。お財布の中身は今月シルバーカーボンで破産寸前。

来月まで我慢する事にしました。


しかしそこで、ふと思い出したのです。
「MSの実車系ポリカボディの土台(?)ってたしか穴がいっぱいあいていたよな」

すぐさまTRFワークスを開封。
image

思った通り、良い感じに穴が開いています。

「収まりそうだぞ!よーし、早速切ってみよう!」
image

フロント側を切断。

「これだったらピン打ちも出来るんじゃないあか?」
image

以前フロントスタビ用に切断した中空シャフトをピン打ちしてみましたが、問題なく成功。

「後はアプローチ用のプレートだな」

ガサゴソガダゴソ…
「よし、ちょうど良さそうなのが有ったぞ。仮組してみよう!」
image

「完璧だ。」

後はマスダンが当たらないようにプレート少し削って、高さを調整。
image

image

完成!
名付けて、“ゆとりいしだんぱー”



切るだけお手軽簡単、もげることもないイシダンパーが出来ました。
実走が楽しみです(*´∀`)


↓クリックよろしくです↓

ミニ四駆ランキングへ


次回もみてくれよな、
レッツ&ゴー!