【前々回の日記はコチラ】

【前回の日記はコチラ】

【G】血統 ※過去5年

2014年
ハーツ×タイキ×Danzig×★ミスプロ
フジキセキ×Cozzene×★Crafty Prospector
黒潮×グラス

2015年
★キンカメ×SS
ディープ×Intikhab
Marju×★Rossini×★Vettori

2016年
ディープ×フレンチ
ディープ×Orpen
ディープ×BT

2017年
★キンカメ×ボリクリ×★Seeking the Gold
ハーツ×★Unbridled's Song
ディープ×ボリクリ

2018年
ディープ×★キンカメ
オルフェ×★39
★キンカメ×ネオユニ×★Marquetry


★・・・ミスプロ系


(´・ω・`) 単純明快

① 4代目までに★ミスプロ系を持つ馬・・・9/15頭

② ①以外の馬はディープor黒潮産駒・・・6/15頭


マイネルフロストの母母父Dayjur

サトノラーゼンの母父Intikhab は

ミスプロを内包しているがミスプロ系ではないので①には入れません。


まずは①について見ていきましょう!

2014年のワンアンドオンリーは

母母母父が★ミスプロ系ではなく直で★ミスプロ

それ以外は「3代目までに★ミスプロ系」

もっと言えば2015年以降に馬券に絡んだのは

「2代目までに★ミスプロ系」

日本の馬場の高速化に伴い

高速決着に強い★ミスプロ系が重要視されてきた推移とも言える。

そんな高速の血★ミスプロ系に唯一対抗できるのが

「ディープインパクト(黒潮)産駒」という図式のようだ!


「4代目までに★ミスプロ系」を持つ9頭ですが

2014年のワンアンドオンリーとイスラボニータに関しては

ちょっち私の知識では血統的になぜ来たのか説明できませんw

この年はエキマエの競走中止でラップがハチャメチャになり

トーセンスターダムが内埒に激突したり

皇太子様が2月23日パワーを送ったりw

ちょっち異質の年だったので忘れましょう! Σd(・ω・´。 


2015年以降に来た「4代目までに★ミスプロ系」を持つ7頭の血統は

2015年
1着ドゥラメンテ
(★キンカメ×SS)
『父ダービー①』×『母母オークス①』←エアグルーヴ

3着サトノクラウン
(Marju×★Rossini)
『父英ダービー②』

2017年
1着レイデオロ
(★キンカメ×ボリクリ)
『父ダービー①』×『母父ダービー②』

2着スワーヴリチャード
(ハーツ×★Unbridled's Song)
『父ダービー②』

2018年
1着ワグネリアン
(ディープ×★キンカメ)
『父ダービー①』×『母父ダービー①』

2着エポカドーロ
(オルフェ×★39)
『父ダービー①』

3着コズミックフォース
(★キンカメ×ネオユニ)
『父ダービー①』×『母父ダービー①』


全馬「2代目までにダービー連対馬」を持っている。

複数頭持っている馬が過去4年で3勝!!!

英ダービーやオークスなんて変化球もあって面白いw

こうして見るとコズミックフォースって,めちゃダービー血統w


過去4年で唯一1頭も来なかった2016年も

4着 エアスピネル
(★キンカメ×SS)
『父ダービー①』×『母オークス②』

5着 リオンディーズ
(★キンカメ×スペシャル)
『父ダービー①』×『母オークス①』×『母父ダービー①』

4,5着にきはキッチリきている。

この年は3強の力が頭2つくらい抜けてたのかな?




次に②について見ていきましょう!

ミスプロを持たないディープ(黒潮)産駒は,6頭来ていて


2014年
3着 マイネルフロスト
(黒潮×◇グラス)

2015年
2着 サトノラーゼン
(ディープ×◇Intikhab×Caerleon)

2016年
1着 マカヒキ
(ディープ×フレンチ)
『姉CBC賞① スプリンターズS⑤』

2着 サトイモ
(ディープ×Orpen)
『母亜1000ギニー②』
 
3着 ディーマジェスティ
(ディープ×◇BT×サドラー)

2017年
3着 アドミラブル
(ディープ×◇ボリクリ×TB)

◇・・・ロベルト系


母父が◇ロベルト系の馬が4頭います。

ロベルトの血は仕掛け所で素早く反応できずにモタモタしてしまう馬が多いので

高速決着となるダービーでは仕掛けが遅れて

よく伸びて追い込んでくるも2,3着!という馬ばかりですね。

母母父にしても,Caerleon、サドラー、TB

欧州型の重たい血が入っているとなおさらスパッと反応できずに

ジリジリジリジリ伸びてくる馬が多い印象です。


一方で,★ミスプロ軍団を差し置いて連対した

マカヒキとサトイモの共通点は母系が南米血統で

1600m以下のG1で良績のあるスピードの血が入っていたことです。

これはミスプロ持ちの馬たちにも言えることですが


2017年優勝のレイデオロの祖母レディブロンドは

現役時代にスプリンターズS④

2018年優勝のワグネリアンの祖母ブロードアピールは

現役時代にスプリンターズS④,シルクロードS①,JBCスプリント②


直線で究極のスピード合戦になったときに

対応できるスピードの血が何かしらほしいよね!


以上を踏まえまして!

key的なダービー血統をまとめると↓こんな感じ


2014年
「母母母父★ミスプロ」父ダ②
「母母父★ミスプロ系」
黒潮×◇グラス

2015年
「★父ミスプロ系」父ダ①,母母オ①
ディープ×◇Intikhab 父ダ①
「★母父ミスプロ系」父英ダ②

2016年
ディープ×フレンチ 父ダ① 姉スプリンターズ⑤
ディープ×Orpen 父ダ① 母亜1000ギニー②
ディープ×◇BT 父ダ①

2017年
「★父&母母父ミスプロ系」父ダ① 母父ダ② 母母スプリンターズ④
「★母父ミスプロ系」父ダ②
ディープ×◇BT 父ダ①

2018年
「★母父ミスプロ系」父ダ① 母父ダ① 母母スプリンターズ④
「★母父ミスプロ系」父ダ①
「★父&母母父ミスプロ系」父ダ① 母父ダ①




【G-①】
「4代目までに★ミスプロ系」∩「2代目までにダービー連対馬」

サートゥルナーリア
(★カナロア×スペシャル)
『父父ダービー①』『母父ダービー①』『母オ①』

ランフォザローゼス
(★キンカメ×ディープ)
『父ダービー①』『母父ダービー①』『母母オ①』

リオンリオン
(★ルーラー×クロフネ)
『父父ダービー①』『父母オ①』『母母オ②』

クラージュゲリエ
(★キンカメ×ギムレット)
『父ダービー①』『母父ダービー①』

タガノディアマンテ
(オルフェ×★キンカメ)
『父ダービー①』『母父ダービー①』


↓惜しくも推せない馬たち↓

レッドジェニアル
(★キンカメ×マンカフェ×★スキャン)

ヴィント
(★モンテロッソ×グラス)

マイネルサーパス
(★アイハヴ×タマモ)



【G-②】
「ミスプロ無&ディープ産駒」∩「母系にマイル以下G1好走の血」
「ミスプロ無&ディープ産駒」∩「母父◇ロベルト」

ダノンキングリー
(ディープ×Storm Cat)
※半兄JBCスプリント①
※祖母Caressing・・・BCJF①

メイショウテンゲン
(ディープ×フレンチ×サドラー)

サトノルークス
(ディープ×サドラー)

ロジャーバローズ
(ディープ×Librettist)
※母父ジャックルマロワ賞①&ムーンランドロンシャン賞①
※いとこが桜花賞①VM②など


(´・ω・`) ダノンキングリーは芝ではなくダ1200mG1実績馬がw

祖母がBCJF勝ち馬ということもあって早熟傾向が強いだけか?

メイショウテンゲンとサトノルークスは母系にサドラーがいるので洋梨か。

面白いのは昨日も少し取り上げたロジャーバローズ!

母父のLibrettistは,Danzig系のスピード馬で

現役時代にマイルG1のジャックルマロワ賞とムーンランドロンシャン賞を優勝

このLibrettistの半兄(父Kingmambo)のDubai Destination

という馬もまた凄くて,現役時代に覚醒前のロックオブジブラルタルに勝っているw

現役時代のG1勝ちはマイルのクイーンアンSのみだが

なぜか代表産駒もいないのにBMSとしてその血を開花させていて

ポストポンド(キングジョージ① ドバイSC①)
ゴールデンホーン(英ダービー① 凱旋門賞①)
サンダースノー(ドバイWC①①)

といったビッグレースを制した名馬3頭の「母父」が

み~~んな!Dubai Destination ( ̄□ ̄;)!!

なんでか知らんがBMSパワーが凄い!

しかもロジャーバローズは母のリトルブックが

ジェンティルドンナの母ドナブリーニと姉妹で

共に父はDanzig系

血統表を並べるとわかる通り


ロジャーバローズの血統表
ロジャーバローズの血統表本物

母父が違うだけ。もっと言えば母父母が違うだけの7/8同血!

ジェンティルドンナは桜花賞馬

ドナウブルーはVM②着

そんでもって1枠1番からスタコラサッサ・・・の逃げでしょw

角居厩舎ワンツーもありえるな・・・。

ディープ産駒4頭の中ではロジャーバローズを推奨します!!



【G-③】ミスプロ無&ディープ無

ヴェロックス
(ジャスタ×Monsun)

アドマイヤジャスタ
(ジャスタ×エリシオ)

シュヴァルツリーゼ
(ハーツ×Monsun)

ニシノデイジー
(ハービン×タキオン)

エメラルファイト
(クロフネ×スペシャル)

ナイママ
(ダノンバラード×ジャンポケ)


(´・ω・`) 以上6頭は消し!

ヴェロックスも勇気の消し!

近年のダービーにTBの血は邪魔なだけ!!!



~まとめ~

【A】後半5F59.9秒以下皐月賞で上がり3F2位以内
 [4.0.2.2]
⑥⑬⑯

【B】母の出産時の年齢は11歳以下
(良馬場施行過去10回で8勝)

06歳・・・②⑭
08歳・・・①⑨⑬
09歳・・・②⑰
10歳・・・⑩⑯⑱
11歳・・・④⑦⑧⑪

【C】芝1600m以上の重賞で上がり1位1着経験がある馬
(良馬場施行過去10回で9勝)

⑥⑦⑪

例外は先行競馬をしそうな①⑭⑮
1ターン1800重賞連対馬の⑨⑯

【D】4代目までにDanzigを持つ馬
(1~3番に入ると2勝,大穴3着2回。超大穴4着1回)

①! ⑨

【E】騎手は「乗り替わり無」「勝利経験」「着外は1回」 

②[2.0.1.1] 石川裕紀人 
④[1.0.0.1] 池添謙一
⑦[3.0.1.0] ☆戸崎圭太 
⑨[3.1.1.2] ☆勝浦正樹
⑪[2.0.0.1] 酒井学 
⑬[2.1.0.0] 川田将雅 

【F】最遅ラップが1F目のレースに強い血統
(特にミスプロ&Nureyev持ち6連勝中)

⑥⑩⑪⑭⑮⑯

【G-①】4代目までに★ミスプロ系
(∩2代目までにダービー連対馬)

⑥⑩⑭⑮⑯

【G-②】ミスプロ無ディープ産駒
(∩母系にスピードの血)

①⑦





◎1.ロジャーバローズ(浜中俊)
○6.サートゥルナーリア(D.レーン)
▲10.クラージュゲリエ(三浦皇成)
△14.ランフォザローゼス(福永祐一)
×7,13,15,16



本命◎は,1.ロジャーバローズ (。+・`ω・´)シャキィーン☆

190522_rogerbarows

※競馬ラボさん許してべいべー

ディープ×Librettist という配合

【G】血統 の項目でも話した通り

ディープ産駒は母系にスピードの血が必要で

母父がマイルG1馬で牝系にジェンティルドンナ,ドナウブルー

がいるロジャーバローズは今年出走しているディープ産駒の中で

最も日本ダービー適性が高いと言えると思います。


~前篇~ にも書きましたが

Danzig持ちは,なぜか①~③番に入ると好成績で

1枠1番ディープスカイ →1着
1枠2番ワンアンドオンリー →1着

2枠3番アポロソニック →逃げて3着
2枠3番マイネルフロスト →3着
2枠3番マイスタイル →逃げて4着

青葉賞②着で,父がBig Brownのアポロソニックが

キズナとエピファネイアに続いて3着になれるのがダービー!

弥生賞②着で,父がハーツクライのマイスタイルが

レイデオロ,スワーヴリチャード,アドミラブルに続いて4着になれるのがダービー!

上記2頭は乗り替わり無でした!!

とにかく今年は最後の最後まで「乗り替わり」というキーワードが

気になって気になって仕方ありませんでした。

ロジャーバローズは乗り替わり無です!!

京都新聞杯②着で,父がディープインパクト

母父が海外マイルG1を2勝していて

いとこにジェンティルドンナとドナウブルーがいて

みんな角居厩舎のラビットだと思ってバカにされれば

アポロソニックの3着!

マイスタイルの4着!

を! 上回れる気がしてきませんか!?!?


~中篇~ で書いた今年の京都新聞杯



1F目が最遅ラップ12.6という厳しいレースでした。

過去に最遅ラップが12.6秒だった京都新聞杯は

2013年 と 2015年

キズナが勝った2013年は7F目が最遅12.6秒

逃げたウインアルザスは0.4差の4着に沈みました。

サトノラーゼンが勝った2015年は6F目が最遅12.6秒

逃げたスピリッツミノルは0.4差の6着でした。

高速馬場の恩恵があったとしても

最遅ラップ12.6秒を逃げ切るのは困難!

ましてやロジャーバローズは1F目に12.6秒ですよ!

2F目~ず~~~~~~~~っと速いペースを刻み続けて

2~4番手にいた5頭が軒並み4,5,8,9,11着に沈む中

勝ち馬とタイム差なしの2着ですよ!!

上がり3F3位タイですよ!!

これはもうキセキ級の強い逃げ馬ですよ!!

中2週で関東輸送となる今回

同じローテのタガノディアマンテが

1週前栗東坂路でキャンター

最終追い 栗東坂路
 52.6-38.4-25.2-12.6
(14.2-13.2-12.6-12.6)

なのに対して

ロジャーバローズは

いつも1週前CW終い重点

最終栗東坂路うまなりでサラッと、、、なのに!


1週前 栗東坂路
 52.7-38.6-24.9-12.4
(14.1-13.7-12.5-12.4)

最終 栗東坂路
 52.6-38.1-24.7-12.3
(14.5-13.4-12.4-12.3)

2週続けてのハード追い!美しい加速ラップダブル!!

スプリングSのときに関東輸送でパドックでプッツンした経験があるのに

テンション上がるのを恐れず攻めに攻めている

さすがラビットw 後先の事なんて考えてないようだw

正直1週前追い切りは頭が高くて推進力が上に逃げていて

舌もベロンベロンだして集中力なしでイライラした感じだから

中2週でそんなハードにやってどうすんの!?!?

って思ってたけど

最終追い切りでは頭もそんな高くないし前に前に走れている。

これはひょっとしたらひょっとしてしまうのでは??

2016年の安田記念でポーンと逃げたロゴタイプがさ

偽ベリー騎乗のモーリスが番手でのんびり構えてる隙に

まんまと逃げ切ってしまったあの感じ!!


ロジャーバローズと浜中が逃げる~

リオンリオンの横山息子は外枠からスタートへぐって行けず~

サートゥルナーリア無理なく番手につける~

角居調教師「レーンくん。逃げる1番は君のラビットだから最後の直線に向くまで可愛がりなさい

 その後勝手に下がって来るからそこで仕掛けてバキューーーーン!よ。」

D.レーン「ヘイ!ボス!」

角居調教師「浜中君。番手にレーンを控えさせるから淡々とSペースで逃げなさい

 その後後ろを見てレーンくんの邪魔にならないように沈みなさい」

浜中俊「へい!ボス!」

猪熊広次オーナー「いやぁ。NF様。非社台の私の馬なんかをNF育成受けさせていただき誠にありがとうございました

このご恩は日本ダービー,そして凱旋門賞とサートゥルナーリアのラビットになることで恩返しさせて頂きます」


とか言っておいて・・・

猪熊オーナーも浜中もNFに媚び諂っているように見せかけといて・・・

いざ本番最後の最後で・・・

Sペースではなくイーブンラップで逃げる!

京都新聞杯のような淀みない流れで2~5番手にいる先行馬に脚を使わせる!

D.レーンが前を可愛がり過ぎて,後続も動くに動けない!

エリザベス女王杯のブエナビスタ現象だ!!



key「浜中ぁぁぁあああ!!そのままぁぁぁあああ!!o(*≧д≦)o″」

東京競馬場の中心でkeyの大絶叫が炸裂する!!

逃げるロジャーバローズ! 追うサートゥルナーリア!!

ついでにサラブレPOG馬クラゲちゃん&キンカメ軍団が強襲!!

(´・ω・`) 良い夢見させてくれよ!



対抗○は,6.サートゥルナーリア Σd(・ω・´。 

間隔詰めて状態どうかと思ったけど万全中の万全!

不安なのは鞍上だけw


単穴▲は,10.クラージュゲリエ '`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ 

わいのサラブレPOG馬! クラゲちゃん!!

「父キンカメ×母父ダービー連対馬」という配合の馬は過去に4頭出走していて

2人1着 レイデオロ(母父ボリクリ)
16人3着 コズミックフォース(母父ネオユニ)
16人4着 タガノグランパ(母父スペシャル)
4人5着 リオンディーズ(母父スペシャル)

( ̄□ ̄;)オール掲示板!

しかもタガノグランパは乗り替わりで菱田裕二w

コズミックフォースは乗り替わり&テン乗りで石橋脩!

クラゲちゃん(母父タニノギムレット)


ついでにランフォザローゼス(母父ディープ)も

「父キンカメ×母父ダービー連対馬」という配合なので

掲示板確定!?!?www


(´・ω・`) 印的には正直この4頭までしか打てません!!

皐月賞2,3着馬はミスプロの血を持たないので3連系のヒモでしか買えない!

ダノンキングリーは超絶Sペースで

マイラー向きの流れとなった共同通信杯で強い競馬をしたわけで

これはもう完全なマイラーでしょう。

~2019年のダノン~

高松宮記念 ダノンスマッシュ 4着
大阪杯 ダノンプレミアム 回避
桜花賞 ダノンファンタジー 4着
皐月賞 ダノンキングリー 3着
NHKマイル ダノンチェイサー4着
オークス ダノンファンタジー5着
ダービー ダノンチェイサー回避
ダービー ダノンキングリー ?

~ダノンのG1勝ち~

ダノンシャンティ NHKMC
ダノンシャーク マイルCS
ダノンプラチナ 朝日杯FS
ダノンプレミアム 朝日杯FS
ダノンファンタジー 阪神JF

(´・ω・`) ダノン呪われ過ぎやないか~い!w

お前マイルG1しか勝てないやないか~い!!ww



ヴェロックスも強いのは解るけどTBの血は今の東京には足枷になってしまうよ

ミスプロ持ちのハーツクライ産駒である

スワーヴリチャードやシュヴァルグランが高速東京2400で好走したのとは話が違う!


リオンリオンは鞍上以前に追い切りが酷い。

年明けから連戦でやっとさ青葉賞勝っておつりなし!

タガノディアマンテも京都新聞杯使わなかったら面白かったのに

追い切りから疲労の色が隠せない!





買い目

馬連F
1→6,10,14 各2000円(6000円)

ワイドF
1→6,10,14 各4000円(12000円)

3連複F
1→6,10,14→6,7,10,13,14,15,16 各200円(3000円)

3連単F
1,6→1,6⇔7,10,13,14,15,16 各100円(2400円)

[抑え]
3連単F
6→10,14⇔1,7,10,13,14,15,16 100円(2400円)

馬連F
6→10,14,15,16 各1000円(4000円)

[がんばれ馬券]
10 各100円(200円)

TOTAL 30000円


(´・ω・`) とは言うもののロジャーバローズと心中はさすがに怖いのでw

★ミスプロ&☆Nureyev併せ持ちの⑥⑩⑭⑮⑯決着も考えて

サートゥルナーリア軸の馬券も抑えで買うチキンっぷりw


そういえばロジャーバローズもサートゥルナーリアも

馬体重500k弱なんだよなぁ・・・。

金土日3日連続真夏日となる東京競馬場!!

たのむ!! 490k切って出てきてくれ!!

っていうか真夏日にならないでくれ!!

「ベルクマンの法則」発動したらわいの◎○が沈んでしまうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



馬券は3万円で勝負します!! ヾ(o ・∀・)ノ 



それではみなさん!

私は今年も日本ダービー現地生観戦してきます!!

日記のコメントの返信は日曜日の朝7時くらいまでなんとかできると思いますので

ガンガンコメントください!!

開門ダッシュの待ち時間くっそ暇なんでwww

ロジャーバローズの逃げ切りか!?

キンカメ軍団のレコード決着か!?!?

その結末はいかに!!


(´・ω・`) 平日に日記を書いたせいかランキングが80位台までUP!!

みなさんありがとうございます!

最後の最後にポチッとクリックよろしくお願いします Σd(・ω・´。 

なお現地生観戦の様子はTwitterにて随時上げていきます。

最強競馬ブログランキングへ(´・ω・`)ポチッとな