2011年09月14日

サーベルタイガー

ケンノスケです。

先週末サーベルタイガーが博多に来たので見に行きました。

現在のメンツは僕的にはサーベル+ハードギア+コンチェルトの融合のイメージでしたが、期待で胸が一杯でした。

恥ずかしながら泣きました。

凄すぎて泣き、メンバーの体調を考えて泣き、過去を思い出して泣き。

爆音の中、何回「すげえ!」「うおぉ!」と喚いたか分かりません。

水野くん除いて初老(失礼)と言ってもおかしくない年齢で、早い重い(声が)高いのステージを2時間やるなど信じられない事が目の前で起こってました。

そしてそのアンサンブルの鉄壁さ。

この人達は今までに何本の弦を切り、何本のスティックを折り、何万回ピッキングしてきたんだろう。

何千時間スタジオに入り、どれだけの違う選択肢を犠牲にしてきたのだろう。

その全ての時間が音になっていました。

自分はそれがやれたのか、これからやれるのか?爆音の中、そればかりを考えてました。

アンコールでのSEからボーカルの咆哮、何度聞いたか分からないMCからのラスト曲への流れも鳥肌を立たせ、心を思い切り揺さぶられました。

散々サーベルのアンサンブルを研究し、打倒サーベル!とか目論んだりもした時期もありましたが、完全にサーベルキッズになってました。

癒しという言葉が持て囃される中、弱者の傷の舐め合いのようなネガティブなイメージを自分は持ってましたが、癒しとは心の浄化なんだなと。

包み込まれるのではなく、痛みを与えて強くする類かもしれません。

心の内壁の汚れがボロボロ落ちた気がします。

またこれから生きていけそうです。

あの音楽をやり続けるには心身共に満身創痍になりそうですが、一秒でも長くバンドが存続するのを願って止みません。

新作を作るそうなので来年また九州で見れるのを楽しみにしています。

いやー、凄いもん見たな…

本当にありがとうございました。



今までこっそりターベルサイガーとか言っててゴメンよ。


keybowz2112 at 22:08│Comments(2)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヒデアキ   2011年09月16日 19:52
今のサーベルタイガーが、そしてそのライブがいかに凄まじいか、そして素晴らしいかがひしひしと伝わる文章ですね!今回のサーベルのアルバムもすごかったので、是非とも見に行きたかったのですが、都合により行けませんでした。ケンノスケさんのコメントを読んで、行けなかったことを大いに悔やみつつも、サーベルが期待どおりどころか、それ以上に凄かったことに(観てもいないのに 笑)感動をおぼえています!!
2. Posted by 白痴が笑う様   2013年03月08日 17:00
音楽性などと偉そうなこと言ってる割には、人間性などを度外視してるオマエに、警告しておく。
所詮、オマエ等の音楽や活動に金落とす奴は衆愚だから、あたい達には関係ないんだけど、税金だけは払えよな!
市民税、県民税、国民年金・・・その他の税金。。。
日本国民としての義務だからな!
それをしているなら、このコメントもどうどうと掲載しろ、ばか!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

keybowz2112

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: