1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/01/05(土) 00:00:00.00 ID:000
news_263462_1

[1.5 選手権準々決勝 秋田商高 0-1 流通経済大柏高 フクダ電子アリーナ]
得点:
【流】
八木滉史(前半6分)


約4分半あったアディショナルタイムも、集中力を切らさず、試合終了の笛が鳴るまで隙を見せずに守りきった。

1年前の決勝の失点、敗戦から学んでいる流通経済大柏高が、2試合連続で1-0勝利。
準決勝進出を決めた。

この日は秋田商高のエースFW長谷川悠(3年)をCB横田大樹(3年)が、右MF鈴木宝(3年)を左SB西尾颯大(3年)がマンツーマンマーク。
相手のキーマン2人を徹底して封じ込み、チャンスをほとんど作らせなかった。

被シュートはわずか4本。
CB関川郁万(3年、鹿島内定)が「多分、きょうは100パーセントです」というほど空中戦で相手を圧倒していたほか、チーム全体としても大きなミスのないまま試合を締めた。

関川は「きょうに関してはもっと得点が獲れたと思いますし、それで仕留めていくチームが本当に強いチームだと思います」と力を込める。
幾度かあったチャンスで確実に決めなければ、1本のピンチで決められることもある。
今後、1本のシュート、1回の守備の重要性が増すであろう戦いへ向けて気を引き締めていた。

本田裕一郎監督はトーナメントを勝ち抜く上での守備の重要性を口にしていたが、選手たちはその考えを共有。

関川は「(今年は得点力がそれほど高くないこともあって)自分たち全員が失点しないことにこだわりを持っていますし、それがいい方向に、勝ち急がないという方向に向いていると思います」と頷いていた。

関川は「後ろでチームを勝たせる選手は少ない。それになれればいいと思っています」と語る。
チームに安心感を与えているCBは、1年前の敗北、失点から学んだことをチームに伝えてきた。

前橋育英高と対戦した前回大会決勝は、後半アディショナルタイムの失点によって0-1で敗戦。
その失点シーンを体感している関川は「(あのシーンは)凄い思い出しますし、プレミア(リーグ)でもラストの終わり方は気をつけてきましたし、負けからの学びがあったのかなと思います」。
特に意識して引き締めてきた試合終了間際の守備。

今後の戦いでも最後まで隙を見せることなく守り、今年は必ず頂点に立つ。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?263462-263462-fl



スポンサーリンク





2: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/01/05(土) 00:00:00.00 ID:000
news_263420_1

エースはハンドボール投げ40m強の“強肩”。流経大柏MF熊澤はロングスローで決勝点演出

流通経済大柏高の10番MF熊澤和希(3年)は初戦の2ゴール後、「ここ2試合は余裕を持ってできていない。

ところどころミスしたり、大事なところでパスを出せない」。
この日も思うようにボールを収めることができず、攻撃に流れを持ってくることができなかった

本田裕一郎監督はチームの気になるポイントとして「攻撃のところ。奪ったあとの繋ぎ方。繋げない子たちじゃないんだけれど。もう少しショートパスを繋ぎたい」と語っていた。

そのためには左MFの熊澤がよりボールを引き出し、キープして起点になることも必要。
この日はチーム全体的に、1本繋げる場面でクリアになっていたことが多かった。
熊澤はその点の改善をすることも誓っていた。

思うようなプレーができなかったが、先制点の起点となったのは熊澤だった。
前半6分、彼の左ロングスローからFW岡本竜(3年)がヘディングシュート。
クリアボールをMF八木滉史(2年)が押し込み、先制点を挙げた。

熊澤はこの後も両サイドからロングスローを連発。
ファーサイドまで到達するほどの飛距離で相手にプレッシャーを掛け続けた。
この日は足でクロスボールを上げるよりもロングスローの方が感覚が良かったため、相手のクリアをあえて拾わずにスローインを選択するシーンも。
ロングスローに対し、秋田商高GKが飛び出してくることを確認すると、後半からはライナー性のものやバウンドさせたスローインを投じるなど、投げ分けてチャンスに繋げようとしていた。

熊澤が主にロングスローを投じるようになったのは最上級生になってから。
細身で「筋肉はマジでないです」と笑う熊澤だが、飛距離はどんどん伸びている印象だ。

実は下級生時に行われた体力テストのハンドボール投げで約42mを記録(一般的に20m台が多いと言われる)し、「学校で1位だったと思います」というほどの“強肩”の持ち主。

トレーナーにも指摘されるという上体の柔らかさとリーチの長さが活きているのか、彼の飛距離十分のロングスローは間違いなくチームの大きな武器になっている。

準決勝、決勝で意識することはどんな形でも得点に絡み、勝利に貢献すること。
そのためにはロングスローもチャンスに結びつける考えだ。

まずは一週間の準備期間でこの日不十分だった攻撃の組み立て、精度を改善して準決勝を突破する。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?263420-263420-fl



スポンサーリンク



3: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/01/05(土) 00:00:00.00 ID:000
news_263427_1

「いつも大ピンチを救ってくれる」。流経大柏は厚い信頼受ける1年生守護神・松原が完封に貢献

流通経済大柏高の本田裕一郎監督は、1年生守護神のGK松原颯汰について「松原はね、大ピンチをいつも救ってくれる」と信頼感を口にする。

「シュートブロックは入ってきた時からなんですよ。『やられた』というシュートをボンボン止めるんですよ。今までも松原に助けられた試合は多いです」。

そのシュートセーブが、起用され続けている最大の理由。
この日はシュートセーブを発揮するシーンこそなかったが、警戒していたCKにもしっかり対応するなど2試合連続で無失点勝利に貢献した。

クロスボールに対するパンチング、キャッチングの判断については本人も「自分的にはハッキリできた」と頷く。

ただし、DFライン背後にボールを蹴られた際のDFとの連係を反省。
バタバタしてしまったところがあり、全く満足はしていなかった。

大阪の街クラブ、RIP ACE SC出身の松原は入学前の昨年3月に開催されたサニックス杯(福岡)に帯同。
自分のプレーができるかどうか「怖かった」という松原だが、そこで評価を高め、4月22日のプレミアリーグEAST・青森山田高戦(アウェー)で公式戦デビューを果たす。

2試合出場した後は、Jクラブ加入が有力視されているGK猪瀬康介(3年)に先発を奪還されたものの、夏明けからは再びゴールを任されるようになった。
そして、選手権予選優勝に貢献。
今大会も初戦からゴールを守り続けている。

先輩の猪瀬からは「『自信持って、出れない人たちの分も責任を持ってやれ』と言われています」という。
緊張する試合の連続だが、出られない人の分もと責任を持って戦う1年生は安定したプレーを続けている。

今後の試合で訪れるであろうピンチで「シュートストップだと思います」という武器をしっかりと発揮すること。

練習から試合のような雰囲気にある流経大柏に魅力を感じて進学し、そこで成長してきた松原が「やり遂げたい」という選手権制覇を1年生で成し遂げる。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?263427-263427-fl





スポンサーリンク


楽天ブックス








(´・д・`){クリックして頂けると、アホな管理人が喜びます↓

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(サッカー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ
にほんブログ村


スポーツ ブログランキングへ


Jリーグ ブログランキングへ


サッカー ブログランキングへ