スポンサーリンク
  


YBCルヴァンカップ(旧ヤマザキナビスコカップ)

【ルヴァン杯 グループD 第1節 G大阪×柏】守護神キム・スンギュが好セーブ連発!J1復帰の柏、オルンガ技あり弾でG大阪撃破【動画】


news_297958_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2020/02/17(月) 00:00:00.00 ID:000
[2.16 ルヴァン杯GL第1節 G大阪0-1柏 パナソニック スタジアム 吹田(13114人)]
得点:
前半24分 オルンガ


16日、2019-20シーズンのルヴァン杯が開幕。
パナソニックスタジアム吹田ではグループDのガンバ大阪と柏レイソルが対戦し、柏が1-0で逃げ切った。

第2節は今月26日に行われ、柏は湘南、G大阪は大分とそれぞれアウェーで戦う。

J1リーグ開幕戦を来週に控える中、迎えた今シーズン公式戦初戦。
互いに昨年のメンバーをベースに、G大阪はDF新里亮(←磐田)、柏がGKキム・スンギュ(←蔚山現代)と新戦力を1人ずつ起用した。

試合は早々にスタジアムが沸く展開に。
柏は前半1分、FWオルンガのパスを受けたMFクリスティアーノがドリブルで抜け出して、PA右から右足を振り抜く。

GKと1対1の状況だったが、惜しくも枠を外して決定機を逃した。
23分にも右サイドからクリスティアーノがクロスを入れ、オルンガが長身をいかしてヘディングシュートを放ったが、クロスバーを叩いた。

それでも勢いは柏にあった。
直後の前半24分、MF瀬川祐輔がPA中央へループパスを送り、オルンガが頭ではなく、右足で合わせて先制点。

26分にもスルーパスに抜け出したオルンガに決定機が訪れたが、1度目のシュートはGK東口順昭に、2度目のシュートはカバーに入った新里にクリアされ、追加点とはならなかった。

一方のG大阪は前半30分、右CKからFW宇佐美貴史がアウトスイングのボールを供給すると、キャプテンマークを巻いたDF三浦弦太が相手の前に入って頭で合わせる。
しかし、惜しくもゴール右に外れてしまう。
1点ビハインドで後半を迎えたG大阪だが、DFキム・ヨングォン、MF井手口陽介と立て続けにシュートを放つなど、同点を目指して柏を押し込む。

G大阪は後半9分、井手口を下げてMF遠藤保仁、24分にはMF福田湧矢に代えてFW渡邉千真を投入。
直後の25分には、遠藤の正確な斜めのパスをMF矢島慎也がワンタッチで渡邉につなぎ、巧みに相手をかわしてPA中央から右足シュート。
GKキム・スンギュが弾いたボールを矢島が右足で狙うも枠を捉えきれなかった。

さらに攻勢を強めるG大阪。
後半36分、宇佐美のクロスから渡邉がヘディングシュートを放つが、GKキム・スンギュの好セーブに阻まれる。

さらに37分には、宇佐美の右CKからファーサイドの新里が押し込み、ゴールネットを揺らす。
しかし、オフサイドで得点は取り消され、最後まで1点が遠かった。

後半は守る時間帯が長かった柏。
後半44分のオルンガのミドルシュートはクロスバーを直撃し、追加点とはならなかったが、1-0で逃げ切って完封勝ち。

アウェーで貴重な勝ち点3をゲットし、白星スタートを切った。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?297958-297958-fl

JリーグYBC ルヴァンカップ 順位表
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク





続きを読む

【ルヴァン杯 グループD 第1節 湘南×大分】梅崎司が劇的90+3分PK弾!主力欠く湘南、新戦力3トップの大分を破って白星発進【動画】


news_297955_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2020/02/17(月) 00:00:00.00 ID:000
[2.16 ルヴァン杯GL第1節 湘南1-0大分 Shonan BMW スタジアム平塚(6217人)]
得点:
後半48分 梅崎 司


ルヴァンカップは16日、グループリーグ開幕節を各地で行い、湘南ベルマーレが大分トリニータを1-0で破った。

後半アディショナルタイム3分に途中出場FW梅崎司が決勝点となるPKを沈め、劇的な形で勝ち点3を獲得した。

来週末にJ1リーグ開幕を控える中、両チームともにシーズン最初の公式戦。
3-3-2-2で臨んだ湘南は今季加入した6選手が先発に並び、DF大岩一貴(←仙台)、MF福田晃斗(←鳥栖)、MF舘幸希(←日本大)、MF馬渡和彰(←川崎F/期限付き移籍)、FWタリク(←AIKソルナ)、FW岩崎悠人(←札幌/期限付き移籍)が名を連ねた。

一方の大分はMF町田也真人(←松本)、FW知念慶(←川崎F/期限付き移籍)、FW渡大生(←広島)を起用し、新加入選手だけで3-4-3の3トップを構成。

ルヴァン杯で採用されるU-21枠には湘南がMF石原広教(←福岡/期限付き移籍から復帰)、大分がMF高畑奎汰(←鳥取/期限付き移籍から復帰)を送り込んだ。

試合はボールポゼッションを続ける大分に対し、ミドルゾーンで激しいプレッシングをかける湘南という構図。

序盤は大分のパスミスから湘南がボールを奪い、タリクと岩崎の2トップが攻め込む場面を次々につくったが、大分も3バックの中央に君臨するDF鈴木義宜を中心にしぶとく守る。

前半15分ごろから徐々に大分が優勢となり、18分にはMF松本怜のクロスが湘南ゴール前に通って大岩が辛くもクリア。

さらに27分、大分はDF岩田智輝の浮き球パスが知念に通り、波状攻撃から町田が強烈なボレーシュートを狙ったが、これはGK富居大樹が好セーブを見せた。

なおも主導権を握る大分は前半33分、DF三竿雄斗が高畑とのワンツーから左サイドをえぐり、鋭いクロスに渡が頭で合わせたが枠外。
40分、湘南は右サイド攻撃から岩崎が決定機を迎えたが、MF小林裕紀の巧みなカバーリングに阻まれた。
直後の41分、大分は松本のクロスにヒールで合わせた知念のシュートが枠を襲うも、これも富居が防ぎ切り、前半をスコアレスで終えた。

そのまま試合は動かず後半14分、大分の片野坂知宏監督が先に動き、高畑に代わってMF田中達也を投入。

直後、湘南は岩崎に代わって12年ぶりに湘南復帰を果たしたFW石原直樹(←仙台)を送り込んだ。
大分は24分、セットプレー崩れから繰り出した三竿のシュートが富居に阻まれ、こぼれ球に知念が詰めたがキックはミートしなかった。

湘南は後半32分、カウンターから右サイドを崩すもシュートまで持ち込めず。
このカウンターから大分は町田が敵陣へ切れ込み、知念、松本とつないで最後は知念が強烈なシュートを放ったが、相手守備陣にブロックされた。

このまま試合が終わるかと思われたアディショナルタイム、大分GK高木駿のキャッチミスにつけ込んだ湘南がPKを獲得。

これを梅崎が左隅に決め、土壇場で勝ち越した湘南が勝ち点3を獲得した。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?297955-297955-fl

JリーグYBC ルヴァンカップ 順位表
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク





続きを読む

【ルヴァン杯 グループC 第1節 鳥栖×札幌】FK名手・福森が意表を突いた一撃!昨季準Vの札幌、鳥栖を完封で下して白星発進【動画】


news_297951_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2020/02/17(月) 00:00:00.00 ID:000
[2.16 ルヴァン杯GL第1節 鳥栖0-3札幌 駅前不動産スタジアム(8063人)]
得点:
前半14分 ジェイ
後半36分 福森 晃斗
後半47分 鈴木 武蔵


16日、2019-20シーズンのルヴァン杯が開幕。
駅前不動産スタジアムではグループCのサガン鳥栖と昨年準優勝の北海道コンサドーレ札幌が対戦し、札幌が3-0で勝利した。

J1リーグ開幕戦を来週に控える中、今シーズン公式戦初戦に臨んだ両者。
鳥栖はDF森下龍矢(←明治大)とDFエドゥアルド(←松本)、DF宮大樹(←神戸)、DF内田裕斗(←徳島)、MF本田風智(←鳥栖U-18)、MF小屋松知哉(←京都)と新戦力6人をさっそく起用。
一方の札幌はMF高嶺朋樹(←筑波大)やプロ2年目のMF檀崎竜孔らが先発に名を連ねた。

先手を取ったのは札幌だった。
前半14分、左CKを獲得すると、DF福森晃斗が高精度のクロスを供給。
マークをはがしたFWジェイが打点の高いヘディングシュートを放ち、GK高丘陽平の手を弾いてゴールネットを揺らした。

先手を許した鳥栖は、前半35分に縦パスに反応した本田が左サイドからクロスを入れ、ゴール前に走り込んだMF松岡大起が合わせるがミートできず。
42分には左サイドから切れ込んだ本田が鋭い右足シュートを放ったが、クロスバーを直撃。
チャンスをいかせず、前半を1点ビハインドで終えた。

試合は1-0のまま均衡した状況が続く。
その中で追いつきたい鳥栖は、後半28分に決定機を迎えるが、札幌が決死のブロック。
すると、35分だった。

右サイドの浅い位置でFKを獲得した札幌は、鳥栖GK高丘の立ち位置を確認して、キッカーの福森が左足を振り抜く。
開いていたニアに低い弾道のシュートを沈め、札幌が突き放した。

さらに札幌は後半アディショナルタイム2分、GKク・ソンユンのゴールキックの流れから前線でFW鈴木武蔵がボールを受け、圧巻のボディバランスで相手のプレスをかわし、PA左手前から振り向きざまに右足シュート。

豪快なシュートが突き刺さり、札幌が3-0で白星発進を切った。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?297951-297951-fl

JリーグYBC ルヴァンカップ 順位表
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク





続きを読む

【ルヴァン杯 グループC 第1節 横浜FC×広島】広島が助っ人の2発で快勝!13年ぶりルヴァン杯横浜FCは黒星発進【動画】


news_297952_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2020/02/17(月) 00:00:00.00 ID:000
[2.16 ルヴァン杯C組第1節 横浜FC0-2広島 ニッパツ三ツ沢球技場(4287人)]
得点:
前半25分 ドウグラス ヴィエイラ
後半2分 レアンドロ ペレイラ


ルヴァン杯C組の第1節が行われ、サンフレッチェ広島は敵地で横浜FCに2-0で勝利した。
同組のもう一試合は、札幌が鳥栖を3-0で下した。

横浜FCのスタメンには昨季より特別指定選手として参加していたMF松尾佑介(←仙台大)を含めると新戦力が7人。

GK六反勇治(←清水)、DFマギーニョ(←川崎F)、DF小林友希(←神戸)、MF瀬古樹(←明治大)、MF手塚康平(←柏)、FW一美和成(←G大阪)が並ぶ。
規定の21歳以下の先発は小林のみとなる。

一方の広島は今季の新戦力の先発はなし。
しかしベンチには水戸から加入となったMF浅野雄也、松本から加わったFW永井龍、そして特別指定選手のMF藤井智也(立命館大)が入った。

最初の動きは前半22分、横浜FCはDF武田英二郎がMFハイネルとの接触によって負傷。
一度は治療後にピッチに戻ったが、すぐに×サインが出て、DF志知孝明と交代となった。

すると前半25分広島は左サイド深くに突破したMF森島司のクロスをハイネルが折り返すと、MFドウグラス・ヴィエイラがダイビングヘッドで飛び込み、先制点を決める。

前半アディショナルタイムにCKを合わせたD・ヴィエイラのヘッドは六反のビッグセーブに阻まれたが、1点リードで折り返した後半2分、森島のスルーパスからFWレアンドロ・ペレイラが追加点を決めた。

攻め手を欠く横浜FCは後半21分にMF中山克広に代えてFW斉藤光毅、同31分にはFW一美和成に代えてFWイバを送り込む。

しかし組織的に守る広島の守備網を破ることはできない。
2007年大会以来、13年ぶり出場となるJリーグカップは黒星発進となった。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?297952-297952-fl

JリーグYBC ルヴァンカップ 順位表
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク





続きを読む

【ルヴァン杯 グループB 第1節 C大阪×松本】C大阪が4発ゴールラッシュで初戦飾る!布新監督のJ2松本はリード守れず大敗【動画】


news_297959_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2020/02/17(月) 00:00:00.00 ID:000
[2.16 ルヴァン杯グループB第1節 C大阪4-1松本 ヤンマースタジアム長居(6679人)]
得点:
前半8分 ブルーノ メンデス
後半26分 丸橋 祐介
後半34分 ブルーノ メンデス
後半45分 清武 弘嗣
 
前半5分 鈴木 雄斗


ルヴァンカップのグループB第1節が16日に行われ、セレッソ大阪はホームで松本山雅FCと対戦し、4-1で勝利した。
次節は26日に開催され、C大阪は仙台、松本は浦和とそれぞれ敵地で対決する。

ロティーナ監督体制2年目のC大阪は4-4-2のフォーメーション。
GKアン・ジュンス(←鹿児島/レンタル復帰)が先発起用され、新加入のMF坂元達裕(←山形)は右サイドハーフに入った。

一方、J2から唯一のルヴァン杯参戦となる松本は、今季から布啓一郎新監督を招聘。
反町康治前監督時代にメインとしていた3バックではなく、4-4-2の新布陣で臨んだ。

試合は早い時間に動く。
前半5分、松本DF田中隼磨が右サイドからクロスを送ると、FW阪野豊史が頭で落とし、MF鈴木雄斗(←川崎F/レンタル)が豪快に右足を一振り。
クロスバーを叩いたシュートがゴールラインを割り、アウェーの松本が先制に成功した。

だが、C大阪も前半8分にゴールを奪い返す。
右サイドのDF松田陸がドリブル突破から左足で柔らかいクロスを供給。
ファーのMF柿谷曜一朗がヘディングで折り返し、最後はFWブルーノ・メンデスが粘り強く押し込んだ。

C大阪は1-1で前半を折り返し、後半21分にFW奥埜博亮を下げてFW豊川雄太(←オイペン/ベルギー)を投入。

すると同26分、坂元の右からのクロスはニアの豊川に合わないが、DFに当たってこぼれたボールをMF木本恭生が拾い、左へパスを出す。
フリーで走り込んだDF丸橋祐介が左足のシュートをゴール右上に突き刺し、2-1と勝ち越した。

さらに後半33分、B・メンデスがPA内左でGK村山智彦に倒されてPKを獲得する。
同34分にPKキッカーを務めたB・メンデスは右足でゴール左下に沈め、この日2点目で3-1とした。

B・メンデスは後半40分にお役御免となり、昨季途中に怪我で長期離脱していたFW都倉賢が代わってピッチに入る。
そして同45分、カウンターから豊川が右サイドを抜け出し、ニアに都倉が走り込んでマークを引きつけると、その奥からフリーで走り込んだのはMF清武弘嗣。

同27分にMF柿谷曜一朗との交代で途中出場していた背番号10は右足で冷静にゴール左へ流し込み、4-1と試合を決定づけた。

松本は後半にFW高木彰人(←G大阪/レンタル)、MF中美慶哉、FWジャエル(←FC東京/レンタル)と3枚の交代カードを使って打開を図っていたが、C大阪の勢いを止めることはできず。
布監督の初陣は厳しい結果となってしまった。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?297959-297959-fl

JリーグYBC ルヴァンカップ 順位表
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク





続きを読む

【ルヴァン杯 グループB 第1節 浦和×仙台】レオナルド&健勇の2トップがともに2発!!浦和、仙台との打ち合い制して白星発進【動画】


news_297946_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2020/02/17(月) 00:00:00.00 ID:000
[2.16 ルヴァン杯GL第1節 浦和5-2仙台 埼玉スタジアム2002(19589人)]
得点:
前半9分 レオナルド
前半18分 杉本 健勇
前半35分 レオナルド
後半6分 杉本 健勇
後半33分 マルティノス

前半41 田中 渉
前半42分 田中 渉


ルヴァン杯は16日にグループリーグ第1節を開催し、埼玉スタジアム2002ではB組の浦和レッズとベガルタ仙台が対戦。

前半だけで5点が入る乱打戦を制したのは浦和だった。
前半に3点、後半にも2点を記録して5-2の勝利を収めた。

大槻毅監督が続投となった浦和は4-4-2を採用し、2トップにはFW杉本健勇とともに新戦力のFWレオナルドが入った。

一方、今季から木山隆之監督が就任した仙台も4-4-2を採用し、ボランチにはMF松下佳貴と広島から加入したMF吉野恭平、2トップの一角には山口から復帰したFW佐々木匠が配置された。

前半3分にMF汰木康也のクロスにレオナルドが飛び込んでゴールを脅かした浦和が、序盤から主導権を握って試合を進め、前半10分に先制に成功。
右サイドを駆け上がった関根が丁寧に中央に送ると、待ち構えるレオナルドが冷静に右足で合わせてネットを揺らし、スコアを1-0とした。

1点のビハインドを背負った仙台は前半15分、MF道渕諒平がPA外から強烈なミドルシュートを放つが、ポストに阻まれてしまう。
すると同18分に浦和が追加点を奪取。
PA外までボールを運んだMF柴戸海が倒されたことで両チームの集中が一瞬途切れる中、FW杉本健勇がPA外から鮮やかなミドルシュートを沈め、浦和のリードは2点差に広がる。
さらに同35分、自陣からMF関根貴大、汰木、DF山中亮輔と華麗につなぐと、最後はグラウンダーのクロスをレオナルドが押し込んで浦和が3点目を記録した。

まずは1点を返したい仙台は前半41分、DF蜂須賀孝治のクロスをファーサイドのDF常田克人が落とすと、PA内でフリーとなったMF田中渉が右足シュートでネットを揺らす。
さらに直後の同42分には蜂須賀の浮き球のパスを受けたジャーメインのシュートのこぼれ球を田中が押し込み、一気に1点差に詰め寄った。

3-2と浦和がリードしたまま後半を迎えると、同5分に関根がPA内で常田のファウルを誘ってPKを獲得。

キッカーを務めた杉本がきっちりと沈め、浦和のリードは2点差に広がる。
再びリードを広げられた仙台は同8分に常田に代えてDFパラ、同24分には田中に代えてMF石原崇兆をピッチへと送り込む。

しかし、再びスコアを動かしたのは浦和。
後半33分、高い位置でのボール奪取を成功させた杉本がレオナルドへとつなぎ、PA内のMFマルティノスへ。

フリーとなったマルティノスが冷静に左足シュートでゴールを陥れ、浦和が5-2の勝利を収めた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?297946-297946-fl

JリーグYBC ルヴァンカップ 順位表
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク





続きを読む

【ルヴァン杯 グループA 第1節 名古屋×鹿島】度肝抜くマテウス弾で名古屋が白星発進!鹿島は途中出場の高卒ルーキー松村優太が一発退場【動画】


news_297944_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2020/02/17(月) 00:00:00.00 ID:000
[2.16 ルヴァン杯グループA第1節 名古屋1-0鹿島 パロマ瑞穂スタジアム(9364人)]
得点:
前半43分 マテウス


ルヴァンカップのグループリーグ第1節が16日に各地で開催された。
グループAでは名古屋グランパスがホームで鹿島アントラーズと対戦し、1-0の完封勝利。
2020年シーズンの初陣を白星で飾った。

敗れた鹿島は1月28日に行われたACLプレーオフのメルボルン・ビクトリー戦(●0-1)に続き、公式戦2連敗となっている。

マッシモ・フィッカデンティ監督体制2年目の名古屋は、FW前田直輝を1トップに置く4-2-3-1の布陣を採用。

新戦力のMF稲垣祥(←広島)がボランチ、MF阿部浩之(←川崎F)がトップ下としてスタメン起用されたほか、右サイドハーフのFWマテウス(←横浜FM/レンタル復帰)、左のFW相馬勇紀(←鹿島/レンタル復帰)といった復帰組も先発メンバーに名を連ねた。

一方、ザーゴ監督新体制の鹿島は伝統の4-4-2。
最終ラインはDF関川郁万とDF町田浩樹の若い2人がセンターバックを務め、右にDF広瀬陸斗(←横浜FM)、左にDF永戸勝也(←仙台)が入った。

また、サイドハーフは右にMFファン・アラーノ(←インテルナシオナル/ブラジル)、左にMF和泉竜司(←名古屋)。

前線はFWエヴェラウド(←ケレタロ/メキシコ)がFW土居聖真と2トップを組むなど、多くの新加入選手が先発起用された。

開始からハイラインとハイプレスで主導権を奪いに行った鹿島は、前半18分に決定機を迎える。
永戸が敵陣でのインターセプトからダイレクトで前線に送り、土居がうまくスルーすると、裏へ抜け出した和泉が右足でシュート。
しかし、右ポストを叩いて先制点は奪えない。

対する名古屋は相馬や前田の個人技などからチャンスを作ると、前半43分に均衡を破る。
右CKの流れからPA右外で仕掛けた相馬が、MF三竿健斗に倒されて獲得したFK。
キッカーのマテウスが角度のない位置から左足で縦に落ちるシュートを放ち、意表を突かれたGKクォン・スンテが伸ばした右手を越えてネットを揺らす。

そのまま名古屋の1点リードで折り返した。

名古屋は先制ゴールを挙げたマテウスを後半21分に下げ、新天地デビューとなるFW山崎凌吾(←湘南)を投入する。
追いかける鹿島も同時間にファン・アラーノとの交代でMF荒木遼太郎(←東福岡高)をピッチへ送り出した。

すると後半24分、右サイドの広瀬がPA内右へパスを送り、走り込んだ荒木がダイレクトで折り返す。
中央のエヴェラウドがフリーの状態から左足で合わせるも、GKランゲラックがビッグセーブ。
同点には至らなかったが、1日のいばらきサッカーフェスティバル・水戸戦(○1-0)で決勝点をマークした高卒ルーキーの荒木がいきなり魅せた。

鹿島は後半28分にFW上田綺世、同36分にMF松村優太(←静岡学園高)を投入し、3枚のカードを使い切る。

これで荒木、松村と高卒ルーキー2人が公式戦デビューを飾ることになった。
ところが同45分、松村がゴール前へ流れたボールにスライディングすると、先にキャッチしたGKランゲラックへの危険なプレーと見なされ、主審がレッドカードを提示。

鹿島は無得点のまま0-1でタイムアップの笛を聞いた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?297944-297944-fl

JリーグYBC ルヴァンカップ 順位表
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク





続きを読む

【ルヴァン杯 グループA 第1節 川崎F×清水】4-3-3新布陣の王者川崎Fがルヴァン杯白星発進!!清水を5発粉砕【動画】


news_297934_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2020/02/17(月) 00:00:00.00 ID:000
[2.16 ルヴァン杯グループA第1節 川崎F5-1清水 等々力陸上競技場(17057人)]
得点:
前半10分 レアンドロ ダミアン
前半23分 長谷川 竜也
後半29分 長谷川 竜也
後半38分 小林 悠
後半50分 小林 悠

後半22分 石毛 秀樹


ルヴァン杯は16日、グループリーグ第1節を行い、前回王者の川崎フロンターレはホームで清水エスパルスと対戦した。
新布陣を採用した川崎FはMF長谷川竜也とFW小林悠が2ゴールを挙げるなど攻撃力を発揮し、5-1で快勝。

今季初戦を白星で飾った。

昨季のルヴァン杯王者川崎Fは今季、新たにトライする4-3-3のシステム。
中盤を逆三角形で構成し、MF田中碧がアンカー役。
新戦力はDF山根視来(←湘南)が右サイドバック、レンタル復帰のFW宮代大聖(←山口)が右ウイングに入った。

一方、ピーター・クラモフスキー監督を招聘した清水も新たに4-3-3を採用した。
新戦力はGKネト・ヴォルピ(←アメリカ・デ・カリ)、センターバックにDFヴァウド(←セアラーSC)、右サイドバックにDF奥井諒(←大宮)、ボランチにはレンタル復帰した20歳MF西村恭史(←岡山)、1トップにFW後藤優介(←大分)が入った。

川崎Fが序盤から立て続けにチャンスを作り、幸先良く試合を動かした。
前半10分、左サイドで粘った長谷川がつなぐと、PA内左を鋭く仕掛けたDF登里享平がグラウンダーのクロス。

ゴール前のFWレアンドロ・ダミアンが左足ヒールで流し込み、鮮やかな先制ゴール。
今季もチーム1号を挙げたダミアンはボウリングパフォーマンスで歓喜を示した。

先手を取った川崎Fは攻撃を畳み掛けると、再び相手守備を崩し切ってゴールに結びつけた。
前半23分、宮代のパスからPA内右をドリブルで仕掛けたMF脇坂泰斗が左足でマイナス方向にクロス。

MF大島僚太が落とすと、走り込んだ長谷川が右足で突き刺した。

防戦一方だった清水は徐々にボールを保持して押し返したが、川崎Fの2点リードで前半を折り返した。

後半3分にも川崎Fが好機をつくり、右サイドでパスを受けた山根が絶妙なクロスを配給。
レアンドロが決定的なシュートを打ったが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。

互いに交代カードを切り、清水は後半13分、MFジュニオール・ドゥトラを下げてMF中村慶太を投入。

川崎Fも後半16分、宮代を下げてFW旗手怜央をピッチに送り込んだ。
すると、次の1点を清水が奪った。
後半22分、中村がワンツーの形でエリア内を縦に突破すると、ゴールライン際からクロス。
ニアサイドのDF石毛秀樹がジャンピングヘッドで押し込んだ。

1点差とされた川崎Fだったが、ここから立て続けにゴールを奪う。
後半28分、山根のパスを受けた旗手がPA右を縦に仕掛けてクロスを配給。
ファーサイドの長谷川がヘッドで合わせ、勝利を決定付けた。

最後まで攻撃の手を緩めず、途中出場の小林が後半38分、後半アディショナルタイム5分に連続でダメ押しゴール。
川崎Fが5-1で勝利し、ルヴァン杯連覇へ好スタートを切った。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?297934-297934-fl

JリーグYBC ルヴァンカップ 順位表
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/



スポンサーリンク





続きを読む

【ルヴァン杯 決勝 川崎F×札幌】川崎F“5度目”の決勝で悲願達成…PK戦の末に札幌破りルヴァン杯初優勝!!小林悠が涙「決めるのは自分だと言い聞かせた」【動画】

1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/10/26(土) 00:00:00.00 ID:000

news_288596_1

[10.26 ルヴァン杯決勝 3-3(PK4-5) 川崎F 埼玉スタジアム2002(48119人)]
得点:
前半10分 菅 大輝
後半50分 深井 一希
延長前半9分 福森 晃斗

前半48分 阿部 浩之
後半43分 小林 悠
延長後半4分 小林 悠


ルヴァンカップは26日、埼玉スタジアム2002で決勝を行い、北海道コンサドーレ札幌と川崎フロンターレが対戦した。

1-1で迎えた後半43分にFW小林悠が逆転ゴールを挙げたが、後半アディショナルタイム5分にMF深井一希のゴールで札幌が3-3に追いつく。

延長戦でも2ゴールが生まれ、3-3でPK戦に突入。
川崎FがPK5-4で勝利し、ルヴァン杯初優勝。
5度目の決勝で悲願を達成した。

ともにルヴァン杯初優勝を目指す両者のファイナル。
決勝に初出場した札幌は3-4-2-1の布陣。
主将のMF宮澤裕樹が負傷で欠場し、MF荒野拓馬がボランチの一角に入った。
負傷明けのFWジェイ、MFチャナティップも先発に名を連ねた。

2年ぶり5度目のファイナル進出となった川崎Fは4-2-3-1の布陣で、負傷から復帰したMF大島僚太やDF登里享平が先発入り。
トップ下はMF脇坂泰斗が担い、1トップにはFWレアンドロ・ダミアンが入った。

4万8119人が見守った決勝戦は、立ち上がりに札幌が均衡を破った。
前半10分、右サイドで仕掛けたMF白井康介が入れたクロスが右に流れ、こぼれ球にMF菅大輝が反応。

PA左手前の位置で右足を振り抜くと、シュートはクロスバーとGK新井章太にあたり、ゴールマウスに吸い込まれた。

札幌は下部組織で育った21歳のスーパーゴールで幸先良く先制に成功。
川崎Fも押し返し、前半20分、MF阿部浩之がPA内左から折り返し、ファーサイドに入ったダミアンが右足で合わせたが、シュートは惜しくも右ポストを叩いた。

川崎Fは攻撃を畳み掛け、前半44分にもビッグチャンスを迎える。
PA内左に流れた家長が左足でクロスを配給。
ファーサイドの脇坂がヘディングで叩いたが、シュートは右ポストを叩いた。
波状攻撃から最後はこぼれ球に反応した阿部が左足で強烈なシュートを打ったが、これもゴール左に外れた。

再三の決定機を逃した川崎Fだったが、前半アディショナルタイムについにゴールをこじ開けた。
左CKをMF脇坂泰斗が右足で蹴り込むと、中央の競り合いでダミアンが触ったボールがファーサイドに流れ、阿部が反応。
角度のない位置から左足シュートでGKク・ソンユンの股下を抜き、前半のうちに試合を振り出しに戻した。

1-1で後半に突入すると、札幌は後半13分に最初の交代枠を使い、ジェイを下げてFWアンデルソン・ロペスを投入。

川崎Fがボールを保持する時間が続き、脇坂が鋭い飛び出しから決定的なシュートを連発するが、惜しくも枠外。
川崎Fベンチも後半19分に動き、脇坂を下げてMF中村憲剛をピッチに送り込んだ。

後半28分、札幌は白井に代えてMFルーカス・フェルナンデス、川崎Fはダミアンに代えて小林を投入。

後半39分には中村が蹴り入れた右CKの流れから、MF大島僚太が浮き球のパスを入れ、左サイドから阿部が折り返す。
DF谷口彰悟がダイビングヘッドで合わせたが、GKの正面を突いた。

1-1のまま終盤を迎えると、次の一点を奪ったのは川崎Fだった。
後半43分、田中の縦パスを受けた大島がスルーパス。
胸トラップでおさめた小林がGKとの1対1を制し、左足で逆転ゴール。
しかし、90分を過ぎた終了間際にドラマが待っていた。

後半アディショナルタイム5分、右CKのチャンスに福森が左足でクロスを入れると、大島に競り勝った深井がヘディングで叩き込み、起死回生の同点ゴール。
土壇場で2-2に追いつき、延長戦に突入。
すると、川崎Fは延長前半にアクシデントに見舞われた。

延長前半4分、個人技で中央を突破したチャナティップを谷口が後ろから倒して止める。
一度はイエローカードが出されたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。
同7分、決定機阻止として一発退場に変更された。
谷口にレッドカードが提示され、残り時間を10人で戦うことになった。

このプレーで札幌はPA右手前の位置でFKのチャンスを獲得。
延長前半9分、キッカーの福森が左足で直接狙ったシュートはゴール左隅に突き刺さり、3-2と逆転に成功。

しかし、数的不利を強いられる川崎Fも食らい付き、試合を振り出しに戻した。

延長後半4分、中村が蹴り込んだ鋭い左CKがファーサイドに流れると、DF山村和也がPA右からシュート性のクロスを配給。

ゴール前の小林が押し込み、3-3に追い付いた。
迎えたPK戦はGK新井章太が2本をストップ。
川崎FがPK5-4で死闘を制し、カップ戦初タイトルを獲得した。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?288596-288596-fl


スポンサーリンク





続きを読む

【ルヴァン杯 準決勝 第2戦 鹿島×川崎F】川崎フロンターレ、2戦合計3-1でルヴァン杯決勝へ!鹿島はホームで不発、国内3冠潰える【動画】


news_287648_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/10/13(日) 00:00:00.00 ID:000
[10.13 ルヴァン杯準決勝第2戦 鹿島0-0川崎F 県立カシマサッカースタジアム(19127人)]
得点:


ルヴァンカップは13日、準決勝第2戦を行い、川崎フロンターレは敵地で鹿島アントラーズと対戦し、0-0で引き分けた。

第1戦のアドバンテージを生かした川崎Fは2試合合計3-1で上回り、2年ぶり5度目のファイナル進出が決定。
26日に埼玉スタジアムで行われる決勝で札幌と激突する。

第1戦に1-3で敗れた鹿島は第1戦から先発6人を入れ替え、MF名古新太郎やFW土居聖真がスタメン入り。

FW上田綺世は継続して先発出場し、土居とツートップを組んだ。
対する川崎Fは第1戦から先発4人を変更し、MF中村憲剛やFW小林悠が復帰した。

逆転ファイナル進出を目指す鹿島は開始早々にアクシデントに見舞われる。
前半2分、DF犬飼智也が足を痛めたかピッチに座り込み、担架に乗ってピッチ外へ。
後半4分にDFチョン・スンヒョンとの負傷交代を余儀なくされた。

川崎Fがボールを保持する時間帯が続いたが、鹿島は前半22分、MF永木亮太が浮き球のクロスを配給。

裏に抜け出した上田がダイビングヘッドでネットを揺らしたが、オフサイドの判定でゴールは認められなかった。

0-0、2試合合計1-3で前半を折り返すと、鹿島は後半開始と同時に2枚目の交代枠を使い、MF中村充孝を下げてFW伊藤翔を投入。
伊藤は上田とツートップを組み、大岩剛監督は中盤をダイヤモンド型に変更し、反撃を試みた。

川崎Fも後半7分に阿部を下げてMF長谷川竜也、後半12分に下田を下げてMF大島僚太を投入すると、大島を起点に攻撃が活性化。
後半17分、大島のクロスから長谷川が右足ボレー。
後半19分にも大島の浮き球パスから小林が反転シュートを打ったが、枠を捉えられなかった。

鹿島は1失点以下で2点差の勝利、あるいは3点差以上の勝利を目指すが、ゴールが遠い。
後半19分には名古を下げてMFレアンドロを投入し、交代枠を使い切った。
後半36分、レアンドロが切り返しから決定的な左足シュートを放ったが、GK新井章太が好セーブ。
最後までゴールをこじ開けられず、0-0の引き分けに終わった鹿島。

2年連続の準決勝敗退となり、国内3冠の夢は潰えた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?287648-287648-fl



スポンサーリンク





続きを読む
記事検索
遊びに来てくれた人達
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
新型コロナウイルスとの戦い方はサッカーが教えてくれる/岩田健太郎
新型コロナウイルスvs 人類、これからとるべき戦術とは? 「感染症もサッカーもゼロリスクを求めてはいけない」

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の惨状を告発して一躍時の人となった感染症界のエースにして頭脳派ディフェンダーの岩田健太郎が、なぜか大好きなサッカーをたとえに説く、世界一わかりやすい新型コロナウイルスと感染症の話。

世界共通言語といえるサッカーと感染症との相似点は意外に多く、素人には頭が痛くなりがちな専門的な話もわかりやすく伝えられる。

戦局を読み、最強のウイルスとの戦いを制するために必要なことは何か? 非常時だからこそ、少しだけ楽しみながら深く学びたい、今までになかった感染症サバイバルブック。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新型コロナウイルスとの戦い方はサッカーが教えてくれる
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/6/8時点)

💧💧💧アマビエ💧💧💧
焼き物


キーホルダー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アマビエ様キーホルダー 2個セット 木製 グッズ
価格:1200円(税込、送料無料) (2020/6/7時点)


Tシャツ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アマビエTシャツ疫病退散コロナウィルス感染防止対策
価格:2530円(税込、送料別) (2020/6/7時点)


楽天でtotoを買おう!
totoを買う!!
楽天toto
最新記事
カテゴリー
スポーツグッズランキング(楽天市場)
楽天市場デイリー総合ランキング
楽天トラベル ランキング
タグクラウド
楽天市場
楽天Edyオフィシャルショップ
使えば使うだけ楽天スーパーポイントがどんどん貯まる電子マネー
楽天Edyオフィシャルショップ
明治安田生命Jリーグ 順位表 (Jleague.jp)
Ranking(ランキング)

楽天ポイントをアンケートやWEB検索で貯めよう!
楽天市場
応援の必需品!ユニフォーム!!

























































  • ライブドアブログ