スポンサーリンク
  


アジアチャンピオンズリーグ

【ACL グループH 第2節 川崎F×シドニーFC】救世主は齋藤学!投入2分で決勝ゴール!苦戦した川崎Fに約1か月ぶり勝利もたらす【動画】


news_268624_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/13(水) 00:00:00.00 ID:000
[3.13 ACLグループH第2節 川崎F1-0シドニーFC 等々力陸上競技場(11278人)]
得点:
後半38分 齋藤 学


AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は13日、グループステージ第2節を行い、川崎フロンターレはホームでシドニーFC(オーストラリア)を1-0で下した。
MF齋藤学が投入から2分後に決勝ゴール。
公式戦4試合未勝利だった川崎Fは今季ACL初勝利を挙げ、2月16日のゼロックススーパー杯浦和戦(1-0)以来、約1か月ぶりとなる白星を飾った。

川崎Fは10日に行われたJ1第3節横浜FM戦(△2-2)から先発3人を入れ替え、FW小林悠、MF中村憲剛がスタメンに復帰。
MF長谷川竜也はACL連続先発となった。
右サイドバックにはMF守田英正が入り、DF登里享平が左サイドバックを務めた。

4-4-2のミラーゲームとなった第2戦は小林とFWレアンドロ・ダミアンが2トップを形成した。
徐々に川崎Fがボールポゼッションを高め、前半12分、鋭いドリブルで左サイドを持ち上がった長谷川が切れ込み、横パスを供給。
L・ダミアンがトラップから右足で狙ったが、シュートは惜しくもゴール右に外れた。

前半20分にはカウンターから中央を突破したL・ダミアンが右足シュート。
これはGKアンドリュー・レッドメインの好セーブに阻まれ、続くCKから立て続けに攻めたが、好機は生かせなかった。
シドニーFCの反撃はGKチョン・ソンリョンを中心に跳ね返し、スコアレスで前半を折り返した。

距離感が悪くパスがつながらない場面もあったが、徐々に攻勢を強め、左サイドの長谷川が加速したドリブルから右足シュート。
これはわずかにゴール右に外れると、後半14分にはMF中村憲剛の右CKから守田が強烈なミドルシュートを打ったが、好反応したGKレッドメインに横っ飛びで阻まれた。

鬼木達監督は後半16分、右サイドバックで先発した守田に代えてMF鈴木雄斗を投入。
後半19分にはL・ダミアンに代わってFW知念慶が入った。
後半21分に決定機を迎え、登里のグランダーのクロスを長谷川がプッシュしたが、GKレッドメインの正面。
その後もシュートを畳み掛けたが、シドニーFCの堅守に跳ね返された。

ゴールが遠い川崎Fは後半36分、長谷川に代えて齋藤を投入すると、この交代策が的中する。
直後の後半38分、家長の縦パスを知念がつなぎ、右サイド深い位置から中村がクロスを供給。
相手がクリアしたボールがバウンドして流れ、こぼれ球に反応した齋藤が右足シュートを突き刺した。

1-0で勝利した川崎Fは今季ACL初勝利。
第3節は4月10日にアウェーで蔚山現代(韓国)と対戦する。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?268624-268624-fl

AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ 順位
https://www.jleague.jp/standings/acl/



スポンサーリンク





続きを読む

【ACL グループG 第2節 北京国安×浦和】耐えてつかんだ勝ち点1…防戦一方の浦和、シュートの雨浴びるも無失点でしのぐ【動画】


news_268659_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/13(水) 00:00:00.00 ID:000
[3.13 ACLグループG第2節 北京国安0-0浦和 北京工人体育場(43112人)]
得点:


AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は13日、グループG第2節を開催し、浦和レッズが北京国安(中国)のホームに乗り込み、0-0で引き分けた。
1勝1分の勝ち点4となった浦和は4月9日の第3節で全北現代(韓国)とホームで対戦する。

浦和は9日に行われたJ1第3節松本戦(○1-0)から先発2人を入れ替え、MFエヴェルトン、DFマウリシオらを先発起用。
3-5-2のシステムを採用し、GKに西川周作、最終ラインは右からDF岩波拓也、マウリシオ、DF槙野智章、アンカーにエヴェルトンを配置。
アウトサイドは右にMF橋岡大樹、左にMF宇賀神友弥、インサイドハーフは右にMF長澤和輝、左にMF柏木陽介を並べ、2トップにはFW興梠慎三とFWアンドリュー・ナバウトを据えた。

徐々に北京国安に主導権を握られると、前半10分にはMFジャン・シージエに強烈なミドルシュートを枠内に飛ばされるが西川が阻んで先制を許さず。
さらに同18分には左サイドのDFリー・レイが送ったパスからPA内に侵入したFWセドリック・バカンブに西川までかわされるが、角度のない位置から放たれたシュートはゴール前を横切る形となって難を逃れた。

その後もブラジル代表MFレナト・アウグスト、コンゴ民主共和国代表のバカンブ、元スペイン代表MFジョナタン・ビエラらを中心とする北京国安攻撃陣にフィニッシュまで持ち込まれる場面を幾度となく作られるが、体を張った守備でゴールを許さずに試合を進める。

AFCによると前半のボールポゼッションは60.1%対39.9%、12本ものシュートを放たれるなど圧倒されながらも0-0のまま後半を迎えるが流れは変わらず。
北京国安にゴールに迫られる場面を作り出され、同5分にはJ・ビエラに抑えの効いた鋭いシュートを放たれるも西川がストップ。
同9分にはR・アウグストに直接FKを枠内に飛ばされ、同10分にはPA内からFWジャン・ユーニンにシュートを放たれながらも、ともに西川が立ちはだかってゴールを許さない。

なかなかフィニッシュまで持ち込めない浦和は後半18分に長澤に代えてMF柴戸海、さらに同27分にはナバウトに代えてFW杉本健勇を投入して状況を打開しようと試みる。
そして、同36分には柏木に代えて最後のカードとなるMF阿部勇樹をピッチへと送り込んだ。
その後も浦和は攻撃の形をなかなか作れなかったものの、後半アディショナルタイムのJ・ビエラのシュートがポストを叩くなど、最後まで北京国安に得点を許さずに0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?268659-268659-fl

AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ 順位
https://www.jleague.jp/standings/acl/



スポンサーリンク





続きを読む

【ACL グループF 第2節 広島×メルボルン・V】本田圭佑が“凱旋”同点弾で魅せるも…渡V弾!広島がホームで意地のACL初勝利!!【動画】


news_268520_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/12(火) 00:00:00.00 ID:000
[3.12 ACL第2節 広島2-1メルボルン・V 広島広域公園陸上競技場(8968人)]
得点:
前半3分 東 俊希
後半41分 渡 大生

後半26分 本田 圭佑


AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の第2節で、グループFを戦うサンフレッチェ広島はホームでメルボルン・ビクトリーに2-1で勝利し、今大会初勝利をあげた。
メルボルンは2連敗となった。

ともに初戦を落として迎えたチーム同士の対戦となったが、広島は9日にC大阪とのリーグ戦を消化。
中2日で迎える一戦には、5日の敵地での広州恒大戦同様に、直近リーグ戦からスタメン全員を変えて試合に臨んだ。

一方のメルボルン・Vは初戦となったホームでの大邱FC戦に1-3で敗戦。
ただし先週末に国内リーグ戦の戦いはなく、日本に乗り込んできた。
注目の“凱旋マッチ”となるMF本田圭佑は右MFで先発した。

先制点はあっという間に決まった。
前半3分、広島は右サイドをFWパトリックが力強いドリブルで突破。
マイナスに折り返すと、中央にフリーで走り込んだMF東俊希が右足で合わせる。
今季トップ昇格した18歳ルーキーの嬉しいプロ初ゴールで広島がスコアを動かした。

出はなをくじかれたメルボルン。
本田も積極的に前線に顔を出し、突破口を見出そうとする。
しかし全体的にゴール前での精度に欠くプレーが続き、脅威になることは出来ない。
前半34分のバーバルーゼスの落としから本田が左足で狙った場面も、シュートはわずかに右に外れていった。

後半に入ると同時に広島が先に動く。
先制点を決めた東に代えて、DFエミル・サロモンソンを投入する。
ただ最初の決定機はメルボルン。
だが本田が右サイドから中にドリブルで仕掛けてミドルを狙うが、シュートは枠上に外れていった。

だがこの男はやはり持っていた。
後半26分、メルボルンはトロイージのスルーパスで右サイドをDFストーム・ルーが抜け出す。
マイナスに折り返すと、ここに走り込んだ本田がスライディングしながら左足に当てて流し込み、同点弾を決めた。

しかし広島も粘りを見せる。
後半41分、左サイドからMF柏好文が上げたクロスにニアに走り込んだFW渡大生がヘディングで合わせて再び勝ち越しに成功。

ホームで意地をみせた広島が、今季ACL初勝利をあげた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?268520-268520-fl

AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ 順位
https://www.jleague.jp/standings/acl/



スポンサーリンク





続きを読む

【ACL グループE 第2節 山東魯能×鹿島】伊藤翔が2発!アジア王者鹿島、フェライニ擁する山東魯能に敵地ドロー【動画】


news_268512_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/12(火) 00:00:00.00 ID:000
[3.12 ACLグループE第2節 鹿島2-2山東魯能 済南奥林匹克体育中心(12185人)]
得点:
前半21分 グラツィアーノ ペッレ
前半42分 グラツィアーノ ペッレ

前半11分 伊藤 翔
前半14分 伊藤 翔


AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は12日、グループリーグ第2節を各地で行い、鹿島アントラーズは山東魯能(中国)と2-2で引き分けた。
前半14分までにFW伊藤翔が2ゴールを決めたが、元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレに屈して2失点。
それでも敵地で貴重な勝ち点1を獲得し、通算成績を1勝1分とした。

鹿島は9日に行われたJ1第3節・湘南戦(◯1-0)から先発6人を入れ替えた。
MF三竿健斗が昨季のACL決勝第2戦以来の先発復帰を果たし、2月23日のJ1第1節を最後に負傷離脱していたDFチョン・スンヒョンも復帰。

その他、第1節のジョホール・ダルル・タクジム戦(◯2-1)で好パフォーマンスを見せたDF平戸太貴、MF遠藤康、FW山口一真MFセルジーニョも先発した。

試合は立ち上がりから大きく動いた。
前半10分、鹿島は2トップの一角で先発した伊藤がバイタルエリアで中央突破をしかけ、相手ディフェンスとの競り合いからセカンドボールがMFレオ・シルバの元へ。
これを伊藤に再び送ると、コントロールした右足ミドルシュートをゴール右隅に流し込み、敵地での貴重な先制点を奪った。

さらに鹿島は前半14分、右サイドを攻め上がったDF平戸太貴が内側に絞りながらスルーパスを送ると、ここでも反応したのは伊藤。
GKワン・ダーレイの飛び出しに対し、意表を突いたループシュートで追加点を流し込んだ。
今季、横浜FMから加入した伊藤はこれで今季の公式戦5試合で5得点目となった。

ところが前半20分、山東はDFワン・トンが右サイドを攻め上がると、鋭いクロスがファーサイドに流れ、MFジョウ・ハイビンが折り返す。
これに対し、カバーに入ったMF三竿健斗がエリア内でハンドの反則。
PKを与えてしまい、これをペッレに落ち着いて決められた。

勢いを強める山東は前半38分、負傷したワン・トンを下げてDFジャン・チーを投入。
ところが同41分、DFチョン・スンヒョンを背負ったままボールをおさめたペッレがMFウー・シンハンとのワンツーからシュート。
タイミングを外された鹿島GKクォン・スンテは反応できず、ボールはネットに吸い込まれた。

後半立ち上がりも山東が主導権を握り、立て続けにゴール前のチャンスを作り出す。
それでも同9分、鹿島はセルジーニョが右サイドを突破し、クロスをMFレオ・シルバがPA内左に流すと、FW山口一真が右足でシュート。
しかし、力のないボールはワン・ダーレイの正面に飛んだ。

鹿島は後半16分、山口に代えて20歳のFW安部裕葵を投入。
同20分にはコーナーキックから元ベルギー代表MFマルアン・フェライニにヘディングシュートを放たれたが、ボールはわずかにクロスバーを越えた。
その後は互いに中盤での時間帯が長く、双方ともにリスクを避けながら攻め合う展開となった。

鹿島は後半34分、遠藤に代わってDF安西幸輝を、同41分には平戸に代わってMF土居聖真を投入。
終盤にはレオ・シルバに決定機も訪れたが、相手GKの攻守に阻まれて追加点はならず。
互いに勝ち点1を分け合う結果に終わった。

鹿島は4月9日の第3節で慶南FC(韓国)と対戦する。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?268512-268512-fl

AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ 順位
https://www.jleague.jp/standings/acl/



スポンサーリンク





続きを読む

【ACL グループH 第1節 上海上港×川崎F】終了間際に悪夢…フッキPK弾に沈んだ川崎F、今年もACL黒星発進【動画】


news_268009_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/06(水) 00:00:00.00 ID:000
[3.6 ACLグループH第1節 上海上港1-0川崎F 上海体育場(22777人)]
得点:
後半43分 フッキ


AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は6日、グループG第1節を行い、川崎フロンターレは敵地で上海上港(中国)に0-1で敗れた。
終了間際にFWフッキが決勝PK弾。
昨年グループリーグ未勝利(3分3敗)で敗退した川崎Fは2年連続の黒星発進となった。

3年連続7度目の大会出場となった川崎Fは、J1第2節鹿島戦(0-0)から大きなメンバー変更はなく、先発1人の入れ替えにとどまった。
FWレアンドロ・ダミアンに代えてMF長谷川竜也を起用し、長谷川は左サイドハーフでプレー。
小林が1トップに入った。

川崎Fがポゼッションを高めて押し込んだが、得点機を生かせなかった。
前4分にCKからMF守田英正がPA左手前の位置で左足ミドルで狙ったが、これはゴール右へ。
MF家長昭博、FW小林悠と攻撃陣がそれぞれフィニッシュに持ち込み、29分にはMF中村憲剛の浮き球パスを受けた家長が走り込んだ長谷川にパスを供給。
長谷川は左足シュートを狙ったが、GKの好セーブに阻まれ、スコアレスで前半を折り返した。

川崎Fは後半立ち上がりにアクシデント。
右サイドバックで先発したDF馬渡和彰が相手との接触で左足を痛めてプレー続行不可能となり、後半6分にDF登里享平との交代を余儀なくされた。

後半6分には上海上港がチャンスを迎え、MFオスカルの右CKにFWエウケソンが頭で合わせ、ファーサイドに抜けたボールにフッキが飛び込んだが、シュートは左ポストを叩いた。

後半15分には川崎Fに決定機。
中村がスルーパスを通すと、家長が右サイドからクロスを蹴り入れ、ファーサイドに長谷川が飛び込んだが、ヘディングシュートはわずかにゴール右へ。
後半37分にはフッキに突破を許し、PA内で窮地を迎えたが、GKチョン・ソンリョンら守備陣が耐えた。

スコアレスのまま試合は進んだが、終了間際に悪夢が待っていた。
後半43分、相手のクロスが守田の腕に当たってしまい、ハンドの判定でPKを献上。
キッカーのフッキが左足で狙い、冷静にGKの逆を突いてゴール左に沈めた。

後半45分には最後の交代枠でL・ダミアンを投入して押し込んだが、反撃は実らず、0-1で敗れた川崎F。

13日の第2節はシドニーFC(オーストラリア)を本拠地に迎える。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?268009-268009-fl

AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ 順位
https://www.jleague.jp/standings/acl/



スポンサーリンク





続きを読む

【ACL グループG 第1節 浦和×ブリーラム・U】槙野先制弾&橋岡2発!!2年ぶりアジア王者狙う浦和が白星発進【動画】


news_268003_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/06(水) 00:00:00.00 ID:000
[3.6 ACLグループG第1節 浦和3-0ブリーラム・U 埼玉スタジアム2002(20056人)]
得点:
後半5分 槙野智章
後半30分 橋岡大樹
後半43分 橋岡大樹


AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は6日、グループG第1節を開催し、埼玉スタジアム2002では浦和レッズとブリーラム・ユナイテッド(タイ)が対戦。
前半をスコアレスで折り返した試合は、後半5分にDF槙野智章のゴールで先制した浦和が、同30分と同43分にMF橋岡大樹が加点して3-0の完封勝利を収めた。
白星スタートの浦和は、13日の第2節で北京国安(中国)とアウェーで対戦する。

浦和は2日のJ1第2節札幌戦(●0-2)から先発3人を入れ替え、FWアンドリュー・ナバウト、橋岡、DF森脇良太らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

公式戦3試合未勝利で無得点の浦和は、前半9分、左サイドからMF柏木陽介が送ったクロスにナバウトが反応するがダイレクトで合わせたシュートは枠を捉え切れず。
同23分には右サイドの森脇のパスを受けたFW興梠慎三がフィニッシュまで持ち込むが、ボールはGKの守備範囲に飛んでしまった。

その後もボールを保持して押し込む展開となるが、守備に重心を置くブリーラム・Uを崩し切れず。
前半30分にはナバウトのパスをPA内で受けたMF宇賀神友弥がシュートを放つもGKシワラック・テースンヌーンに阻まれ、さらに同38分にはMF長澤和輝のパスを柏木がスルーし、後方の宇賀神がAP外から狙うが枠を捉え切れなかった。

0-0のまま後半を迎えると、同2分にブリーラム・Uにゴールを脅かされる。
FWペドロ・ジュニオールが蹴り出したFKは直接ゴールへと向かうが、GK西川周作が触れたボールはポストを叩いて先制を許さなかった。
すると同5分、柏木が蹴り出したCKに走り込んだDF槙野智章がヘディングで叩き込み、浦和が先制に成功。
この得点は浦和にとって今季公式戦初ゴールとなった。

1点のリードを奪ったものの、直後はブリーラム・Uにゴールに迫られる。
後半8分には左サイドから送られたクロスをDFアンドレス・トゥニエスにヘディングで合わせられるが、シュートはクロスバーを叩いて難を逃れる。
さらに同9分にはP・ジュニオールにフィニッシュまで持ち込まれるが、西川が弾き出してゴールを守った。

ブリーラム・Uの攻撃をしのいだ浦和は後半21分、長澤が送ったクロスに反応した興梠がヘディングで合わせるが、好反応を見せたテースンヌーンに触れたボールはクロスバーを叩いて追加点とはいかず。

しかし同30分、長澤のシュートのこぼれ球を橋岡が右足で蹴り込み、リードを2点差に広げると、さらに同43分には左サイドを切り裂いた途中出場のMF汰木康也のクロスをファーサイドに走り込んだ橋岡が滑り込みながら蹴り込んで、3-0の完封勝利を収めた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?268003-268003-fl

AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ 順位
https://www.jleague.jp/standings/acl/



スポンサーリンク





続きを読む

【ACL グループF 第1節 広州恒大×広島】直近リーグ戦から先発11人変更の若手主体の広島、敵地中国で強豪広州に敗れる…次節はホームで本田メルボルン戦【動画】


news_267904_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/05(火) 00:00:00.00 ID:000
[3.5 ACL第1節F組 広州 2-0 広州天河体育中心体育場(48216人)]
得点:
前半19分 アンデルソン タリスカ
前半26分 パウリーニョ


AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の第1節が5日に行われ、F組のサンフレッチェ広島が敵地で広州恒大(中国)と対戦し、0-2で敗れた。

敵地に乗り込んだ広島は、1日のJ1リーグの磐田戦から先発11人全員を入れ替えるメンバーを選択。
ユースから昇格したMF東俊希やMF松本大弥、大卒ルーキーのDF荒木隼人らが先発に並んだ。

13年、15年と過去2度のアジア制覇を経験する中国スーパーリーグの強豪は、若いメンバーで挑む広島を相手に前半から襲い掛かる。
19分にはFWユー・ハンチャオの左クロスからMFアンデルソン・タリスカに豪快なヘディングシュートを決められる。
さらに同26分にはCKからMFパウリーニョに胸で押し込まれ、リードを2点に広げられた。

ただ広島はFW渡大生に代えてMF野津田岳人を投入するなど、テコ入れを図った後半、落ち着きを取り戻す。

しかし後半32分に左サイドで仕掛けたMF清水航平のシュートや、同38分のCKを合わせた荒木のシュートはいずれもGKに防がれる。
前半に比べて明らかにチャンスの数は増えたが、最後までゴールネットを揺らすことは出来なかった。

キャプテンマークを巻いたDF井林章は、「やれたことやれなかったことがはっきり前後半で出た。リーグも同じ課題があるので、追及していきたい」と話した。

黒星発進となった広島の次節は12日、ホームにMF本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)を迎えての一戦になる。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?267904-267904-fl

AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ 順位
https://www.jleague.jp/standings/acl/



スポンサーリンク





続きを読む

【ACL グループE 第1節 鹿島×ジョホール】王者鹿島、アジア連覇へ白星発進!五輪世代MF平戸が復帰初戦で先制ゴール【動画】


news_267897_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/03/05(火) 00:00:00.00 ID:000
[3.5 ACLグループE第1節 鹿島2-1ジョホール 県立カシマサッカースタジアム(6425人)]
得点:
前半43分 平戸 太貴
後半11分 セルジーニョ

後半35分 ジオゴ


AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は5日、グループE第1節を行い、前回王者の鹿島アントラーズがジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)を2-1で破った。
期限付き移籍から復帰したMF平戸太貴がACLデビュー戦で先制点をマーク。
日本勢初のアジア連覇に向け、初戦を白星で飾った。

鹿島は4日前に行われたJ1第2節の川崎F戦(△1-1)から先発を5人を変更。
昨季は町田でJ2アシスト王に輝いた東京五輪世代のMF平戸太貴と順天堂大から加入したMF名古新太郎を先発に抜擢し、平戸は右サイドバックに入った。
その他、MF遠藤康、FW山口一真、FW金森健志が新たに名を連ねた。

『ジョホールバルの歓喜』で知られるラルキンスタジアムを本拠地とするマレーシア王者をホームに迎えてのACL初戦。

鹿島は序盤から相手陣内に勢いよく攻め込むと、前半14分に山口のカットインシュートが相手GKを強襲し、こぼれ球を拾ったMFセルジーニョが倒されてPKを獲得する。
しかし、セルジーニョのキックはGKに阻まれた。

決定機的なチャンスを逃した鹿島はなかなかアタッキングサードでの精度が上がらず、攻めあぐねる展開が続く。
それでも同43分、山口のシュートで獲得した左CKの流れから平戸が引いて受け、ゴール前に鋭いクロスを配球。
これに反応したDF町田浩樹は触れられなかったが、そのままボールがネットに吸い込まれ、ようやく先制点が入った。

鹿島は後半開始30秒、左サイドからの攻撃でチャンスをつくったがGKのビッグセーブに阻まれる。
同9分にはセルジーニョが最終ライン裏に抜け出したが、これも後方から走ってきたDFに阻まれた。
それでも同11分、バイタルエリアで前を向いたセルジーニョが今度は左足ミドルシュートでネットを揺らし、リードを2点に広げた。

その後は2点を奪われたジョホールの選手がラフプレーを連発する中、鹿島は後半21分に平戸のクロスを金森がボレーで合わせるも枠外。
同25分には大岩剛監督が動き、遠藤を下げてFW安部裕葵を投入。
同34分にはセルジーニョを下げてMF三竿健斗を入れ、名古を一列前に上げて守備に比重を置く戦術に出た。

このまま逃げ切りたい鹿島だったが後半35分、鹿島は自陣左サイド深くでFKを与えると、波状攻撃からMFジオゴにボレーシュートを決められ、再び1点差とされる。
鹿島は同41分、名古をベンチに下げてMF土居聖真を投入。

最後は何度かピンチをつくられながらも守り切り、鹿島が開幕白星をおさめた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?267897-267897-fl

AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ 順位
https://www.jleague.jp/standings/acl/



スポンサーリンク





続きを読む

【ACL プレーオフ 広島×チェンライ・U】広島冷や汗…PK辛勝3年ぶりACL本戦出場、本田圭佑所属メルボルンVと同組激突へ【動画】


news_266408_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/02/19(火) 00:00:00.00 ID:000
[2.19 ACLプレーオフ 広島0-0(PK4-3)チェンライ・U 広島広域公園陸上競技場]

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフ東地区が19日に行われ、サンフレッチェ広島がチェンライ・U(タイ)を0-0から突入したPK戦の末に4-3で下し、本戦出場を決めた。

3年ぶりのACL本戦出場を目指す広島は19歳GK大迫敬介がプロデビュー。
大卒ルーキーのDF荒木隼人や、3年ぶりに帰ってきたMF野津田岳人、新外国人選手のDFエミル・サロモンソンらフレッシュなメンバーがスタメンに並んだ。
システムは3-6-1。

広島は序盤から攻め込んだ。
しかし前半10分、相手のハンドによってPKを獲得するが、FW皆川佑介の蹴ったシュートはコースが甘く、タイ代表GKサラヌーン・アヌインにストップされた。

前半29分には右CKからチャンス。
ニアでDFに当たってこぼれたボールがファーで待っていたサロモンソンに入るが、シュートは枠を捉えない。
前半はスコアレスで折り返すことになった。

後半に入っても広島ペースは変わらないが、相変わらず決定力を欠いてしまう。
後半25分には右CKをダイレクトで合わせた荒木のシュートがクロスバーを叩いて外れていった。

たまらず城福浩監督は、ベンチスタートさせていたエースFWパトリックを投入。90分で試合を決めに行く。
しかし願いかなわず、試合は延長戦に突入する。

終了間際の延長後半14分にはMF柴崎晃誠のシュートが相手に当たってコースが変わったボールをパトリックが押し込む。
しかしわずかにオフサイド。
相手選手が副審に詰め寄ると、一旦はゴールとしていたナワフ・シュクララ主審もゴールを取り消した。

突破の行方はPK戦に突入。
先攻のチェンライは2人目のDFタナサク・シーサイ、3人目のMFピティワットが失敗。
広島は4人目のMF川辺駿が失敗したが、5人目のMF松本泰志が決めて、勝利した。

POを突破した広島は本戦でグループFを戦う。
広州恒大(中国)、大邱FC(韓国)、そしてMF本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリー(豪州)と同組となる。

本田の日本凱旋、広島の本拠地で行うメルボルン・V戦は3月12日に予定されている。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?266408-266408-fl



スポンサーリンク





続きを読む

【ACL プレーオフ 鹿島×ニューカッスル】一発勝負のプレーオフで4発快勝!アジア王者鹿島、ACL連覇へ第一関門突破【動画】


news_266405_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/02/19(火) 00:00:00.00 ID:000
[2.19 ACLプレーオフ 鹿島4-1ニューカッスル・ジェッツ 県立カシマサッカースタジアム]
得点:
前半18分 伊藤翔
前半32分 山本脩斗
後半22分 セルジーニョ
後半46分 セルジーニョ

前半24分 ロナルド バルガス


AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は19日、東地区プレーオフを行い、前回王者の鹿島アントラーズはホームでニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)と対戦した。
新加入FW伊藤翔の移籍後初ゴールなどで4点を奪い、4-1で快勝。
アジア連覇に向けてACL本戦の出場権を獲得した。

前回大会王者の鹿島は昨季のJリーグを3位で終えたため、本戦出場を一発勝負で争うプレーオフからの参戦。
アジア制覇に大きく貢献したMF三竿健斗、FW鈴木優磨を負傷で欠く中、横浜F・マリノスから加入した伊藤、今季から10番を任されたMF安部裕葵らが先発した。

5バック気味の3-4-2-1で守る相手に対し、立ち上がりは攻めあぐねる展開が続いた鹿島。
セットプレーで相手ゴール前に攻め込む場面もあったが、前半14分には1トップのFWロイ・オドノバンに強烈なミドルシュートを放たれ、GKクォン・スンテがかろうじて弾き出すという危ない場面もつくられた。

それでも前半17分、安部のボレーシュートが枠内を襲ってCKを獲得すると、先に試合を動かした。
同18分、左からのCKをMF永木亮太が蹴り込み、相手のクリアボールを拾ったMFレオ・シルバがミドルシュート。
これをMFセルジーニョが軌道を変えると、GKが触ったこぼれ球に伊藤が詰めて押し込んだ。

ところが前半24分、鹿島は相手サイド攻撃に詰め切れずにいると、FWディミトリオス・ペトラトスのパスをDFジョン・クルトンビスがつなぎ、カバーに入ったセルジーニョに当たってゴール前へ。
FWロナルド・バルガスのシュートは力がなかったが、DFチョン・スンヒョンに当たってゴールに吸い込まれた。

同点に追いつかれた鹿島は前半27分、PA内に抜け出した伊藤がGKとの1対1を迎えたが、シュートはGK正面。
同28分にはDF山本脩斗の絶好機もGKに阻まれた。
ところが同32分、人数をかけた攻撃からMF安西幸輝がクロスを上げると、後方から走り込んだ山本がヘッドで押し込み、再度勝ち越しに成功した。

1点リードでハーフタイムを迎えた鹿島は後半4分、カウンターから右サイドを突破した伊藤のクロスにセルジーニョが反応したが、わずかに合わず。
同8分には左サイドを切り裂いた安部がカットインから右足で狙うもGKにキャッチされた。
その後はやや攻め込まれる場面が続いたが、相手のシュートミスに助けられた。

鹿島は後半16分、ロングフィードからのこぼれ球を拾ったセルジーニョが左足で狙ったが、再三攻守を見せていたGKグレン・モスがまたしても防ぐ。
それでも同21分、セルジーニョのパスを受けたレオ・シルバがPA内で倒されてPKを獲得。
これを同22分、セルジーニョが左に決めて2点リードとした。

鹿島は後半27分、伊藤に代わってMF遠藤康を投入。
右サイドハーフのFW土居聖真が2トップの一角に回り、遠藤が右サイドに入った。
同30分、土居のクロスに安部が頭で合わせたが、ボールは大きく枠外。
同35分には安部を下げて、FW山口一真を左サイドハーフで起用した。

鹿島は後半42分、土居に代わってDF犬飼智也を投入し、5バックで逃げ切り態勢に入ると、同アディショナルタイムにセルジーニョが1点を追加して4点リードに。
そのままタイムアップを迎え、アジア連覇への挑戦権を獲得した。

ACLのグループリーグでは慶南FC(韓国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、山東魯能(中国)と対戦する。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?266405-266405-fl



スポンサーリンク





続きを読む
遊びに来てくれた人達
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
RSS
最新記事
カテゴリー
スポーツグッズランキング(楽天市場)

楽天市場デイリー総合ランキング
楽天トラベル ランキング
タグクラウド
楽天Edyオフィシャルショップ
使えば使うだけ楽天スーパーポイントがどんどん貯まる電子マネー
楽天Edyオフィシャルショップ
楽天市場
楽天Edyオフィシャルショップ
使えば使うだけ楽天スーパーポイントがどんどん貯まる電子マネー
楽天Edyオフィシャルショップ
楽天市場
応援の必需品!ユニフォーム!!

【送料無料】予約 2019 北海道コンサドーレ札幌 1ST レプリカ ユニフォーム 半袖/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】予約 2019 北海道コンサドーレ札幌 1ST レプリカ ユニフォーム 長袖/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】予約 2019 北海道コンサドーレ札幌 2ND レプリカ ユニフォーム 半袖/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】予約 2019 ベガルタ仙台 1ST オーセンティック ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】予約 2019 鹿島アントラーズ 1ST 半袖 オーセンティック ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】予約 2019 鹿島アントラーズ 2ND 半袖 レプリカ ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】予約 2019 浦和レッズ 1ST 半袖 オーセンティック ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】予約 2019 浦和レッズ 2ND 半袖 レプリカ ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


川崎フロンターレ 2019 ホーム 半袖レプリカユニフォーム 【PUMA|プーマ】クラブチームレプリカウェアー762620-11


川崎フロンターレ 2019 アウェイ 半袖レプリカユニフォーム 【PUMA|プーマ】クラブチームレプリカウェアー762621-13


【送料無料】予約 2019 横浜F・マリノス 1ST レプリカ ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】予約 2019 横浜F・マリノス 2ND レプリカ ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】予約 2019 清水エスパルス 1ST 半袖 オーセンティック ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】予約 2019 清水エスパルス 2ND 半袖 オーセンティック ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】

ジュビロ磐田 2019 ホーム 半袖レプリカユニフォーム 【PUMA|プーマ】クラブチームレプリカウェアー762628-61


ジュビロ磐田 2019 アウェイ 半袖レプリカユニフォーム 【PUMA|プーマ】クラブチームレプリカウェアー762630-63


名古屋グランパス 2019 ホーム 半袖オーセンティックユニフォーム 【MIZUNO|ミズノ】クラブチームレプリカウェアーp2ja9y0801


【送料無料】予約 2019 セレッソ大阪 1ST 半袖 レプリカ ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】予約 2019 セレッソ大阪 2ND 半袖 レプリカ ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【ヴィッセル神戸】『19_2019レプリカユニフォーム(選手NO+登録選手ネーム)』_【公式】アシックス_asics_キッズ_ユニセックス_サッカー_Jリーグ_お届け予定:2月末頃(予定)


【送料無料】予約 2019 サンフレッチェ広島 1ST 半袖 オーセンティック ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


サガン鳥栖 2019 ホーム 半袖レプリカユニフォーム 【NewBalance|ニューバランス】クラブチームレプリカウェアーjmtf9927


大分トリニータ 2019 ホーム 半袖レプリカユニフォーム 【PUMA|プーマ】クラブチームレプリカウェアー921100-01

サッカー関連本・雑誌(楽天市場)

FOOTBALL PEOPLE 小笠原満男特集号 レジェンドの物語。〜鹿島アントラーズとともに闘った (ぴあMOOK)


サッカーダイジェスト 2019年2月14日号【電子書籍】


Jリーグ選手名鑑2019 J1・J2・J3 エルゴラッソ 特別編集 ハンディ版 2019年3月号[本/雑誌] (雑誌) / 三栄書房


Jリーグサッカーキング 2019年 04月号 [雑誌]


日刊スポーツマガジン 2019年2月号 2019Jリーグ全選手名鑑[本/雑誌] (雑誌) / 日刊編集センター


二十冠 アジアの頂、世界の壁。鹿島アントラーズ激闘録 [ 田中滋 ]


日本代表とMr.Children [ 宇野維正 ]


逆境を超える「ポジティブマネジメント論」 西野朗165のメッセージ [ 西野朗 ]


鹿島アントラーズ栄光の軌跡 2019年 01月号 [雑誌]


サッカーダイジェスト 2018年 12/27号 [雑誌]


月刊サッカーマガジン 2019年 01月号 [雑誌]


川崎フロンターレJ1連覇記念号 2018年 12月号 [雑誌]


平畠啓史Jリーグ54クラブ巡礼 ひらちゃん流Jリーグの楽しみ方 [ 平畠啓史 ]


黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点 [ 飯尾篤史 ]


サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ目指さないクラブ [ 宇都宮徹壱 ]


アジアフットボール批評(special issue 0) アジア燃ゆ。 [ 『フットボール批評』編集部 ]


アジアサッカーキング 2018年 11月号 [雑誌]


Number(ナンバー)967号【電子書籍】


メッシ、アザール、モドリッチは知っている サッカーセンスを磨く80項目 [ 下田 哲朗 ]


Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2018年 8/2号 [雑誌]


月刊フットボリスタ 2018年8月号【電子書籍】


Sports Graphic Number PLUS(August 2018) 永久保存版ロシアW杯総集編 (Number PLUS)


フライデー特別編集 完全保存版 ロシアワールドカップ サッカー日本代表の全記録 [ 講談社 ]


ロシアW杯 サムライブルーの奇跡


Number (ナンバー) 特別増刊号 激闘日本代表 ロシアW杯決勝トーナメントベスト16・ベスト8詳報 Sports Graphic Number 2018年7月号[本/雑誌] (雑誌) / 文藝春秋


フットボール批評issue21【電子書籍】


フットボールde国歌大合唱! 代表戦で楽しむ61の国歌斉唱 [ いとうやまね ]

  • ライブドアブログ