スポンサーリンク
  


小塚和季

【J1 第10節 大分×鳥栖】昇格組大分が5戦無敗で3位浮上!!“監督欠席”鳥栖は通算1ゴールで10試合終了【動画】


news_273346_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2019/05/04(土) 00:00:00.00 ID:000
[5.4 J1第10節 大分2-0鳥栖 昭和電工ドーム大分(24516人)]
得点:
後半3分 オナイウ 阿道
後半15分 小塚 和季


J1リーグは4日、第10節を各地で行い、昇格組の大分トリニータがサガン鳥栖との6年ぶりの『九州ダービー』を2-0で制した。
5試合負けなし(3勝2分)で3位浮上。
不振の続く鳥栖は指揮官がベンチ入りせず、今季9試合目の無得点。
10試合をわずか1得点で終えた。

ホームの大分は前節のC大阪戦(△0-0)から先発1人を変更。
DF福森直也がメンバーを外れ、大分U-18から昇格したDF高畑奎汰がプロ入り初先発を飾った。
対する鳥栖はルイス・カレーラス監督がベンチ入りせず、前節の湘南戦(●0-2)から4人を変更。
金明輝コーチの指揮下でFWフェルナンド・トーレス、FW金崎夢生が前線に復帰した。

試合はお互いに堅い立ち上がり。
大分が一方的にボールを握り、敵陣にサイドを使いながら攻め込もうと目論むが、3-4-2-1で構える鳥栖守備陣もなかなか侵入を許さない。
前半30分、大分はMF松本怜の浮き球パスからDF岩田智輝がペナルティエリア角を取ったが、クロスは相手ディフェンスに阻まれた。

大分は前半40分、松本のクロスにDF鈴木義宜が頭で合わせたが枠内には飛ばず。
鳥栖は同42分、右からのクロスに反応したMF原川力のシュートはミートせず、ファーサイドに流れたボールはFWフェルナンド・トーレスがダイレクトで狙ったが、これも大きく枠を外れていった。

ハーフタイムを終えた後半3分、ようやく大分が均衡を破った。
MF高山薫のボールキープから左サイドを破ると、高畑が鋭いクロスを供給。
ニアサイドでFW藤本憲明がつぶれ、ファーのFWオナイウ阿道が落ち着いてネットを揺らした。
対する鳥栖は同5分、トーレスに代わってMF安庸佑を投入し、暗い雰囲気を打開しにかかる。

それでも後半15分、大分は右サイドをオーバーラップした岩田がアーリークロスを送ると、ニアサイドのDF高橋祐治に当たってコースが変わり、ファーに走り込んだMF小塚和季が反応。
角度のないところからヘディングシュートを流し込み、待望の自身J1初ゴールでリードを2点に広げた。

鳥栖は後半18分、左サイドからのクロスをFW金崎夢生が頭で合わせたが、ここはGK高木駿がビッグセーブで防ぐ。
その後は大分にボールを持たれる展開が続き、スコアは動かないままタイムアップ。

カレーラス監督の事実上解任が推測される中、今季9試合目の無得点試合となった。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?273346-273346-fl

明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク





続きを読む

【ルヴァン杯 PO 第2戦 浦和×甲府】興梠2発も実らず…甲府、小塚のアウェーゴールで浦和撃破!2戦合計3-2で11年ぶりベスト8【動画】


news_246718_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年6月9日(土) 00:00:00.00 ID:000
[6.9 ルヴァン杯PO第2戦 浦和2-1甲府 埼玉スタジアム2002(22,664人)]
得点:
19' 興梠 慎三
24' 興梠 慎三

7' 小塚 和季


ルヴァン杯は9日、プレーオフステージ第2戦を行った。
埼玉スタジアムでは浦和レッズとヴァンフォーレ甲府が対戦し、2-1で浦和が勝利。
しかし、2戦合計3-2と甲府が第1戦のリードを守り抜き、2007年以来、11年ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。

2日に行われたアウェーでの第1戦を0-2で落とした浦和は、その試合から3人を変更。
第46回トゥーロン国際大会に出場しているU-21日本代表から呼び戻したDF橋岡大樹の他、MF阿部勇樹とMF山田直輝も先発起用された。

対する甲府は、2人を変更。
DFエデル・リマとFW金園英学に代え、DFビョン・ジュンボンとFW堀米勇輝を先発で送り出した。

ホームの大声援を受け、立ち上がりから攻め込む浦和。
前半19分、ハーフェーライン付近でボールを奪い、山田のパスを受けたFW興梠慎三が斜めのドリブルから左足を一閃。

DF今津佑太の股下を抜けたシュートがゴール右隅に吸い込まれ、先制に成功した。
さらに24分、MFマルティノスがPA右のスペースへ浮き球パス。
これに反応した興梠がループシュートを決め、2-0。
2戦合計2-2で振り出しに戻した。

立て続けに失点した甲府だが、前半27分に貴重なアウェーゴールを奪う。
ビョン・ジュンボンが前線に出したパスにFW森晃太が反応。

一度はDFマウリシオに奪われるが、森が諦めず追い続け、PA内でこぼれたボールをMF小塚和季が体を投げ出してゴールにねじ込み、2戦合計3-2で再び優位な状況に立つ。

浦和は前半終了間際のアディショナルタイム2分、FW武藤雄樹の左CKからニアに飛び込んだ山田がヘディングシュート。
これはGK河田晃兵の手を弾いてクロスバーを叩き、絶好のチャンスを逃した。

アウェーゴールを許したため、2点が必要な浦和は後半開始からマルティノスに代え、MF柏木陽介をピッチに送り出す。
だが、なかなかチャンスを作れないでいると、浦和のオズワルド・オリヴェイラ監督は11分に武藤を下げ、FW李忠成を投入した。

甲府は後半15分に2枚替え。
森と堀米に代え、FW田中佑昌とFWリンスと攻撃的な選手を送り込んだ。
すると、19分にビョン・ジュンボンの縦パスを受けた小塚がPA左手前から左足を振り抜く。
しかし、GK西川周作の手を弾いて左ポストを叩き、突き放すことはできなかった。

直後に浦和は阿部に代えてMF武富孝介を投入。
3枚の交代カードを使い切った。
敵陣でパスを回し、ボールの主導権を握るものの、最後のところで精度を欠き、1点が遠い。

すると甲府は35分、PA右から田中がクロスを入れ、ファーサイドのMF高野遼が頭で落としたボールをリンスが右足ボレー。
決定機だったが、橋岡のブロックに阻まれた。

甲府は後半43分に小塚を下げ、DF道渕諒平を投入。
集中した守りで浦和に反撃を許さず、逃げ切りに成功した。
試合は1-2でタイムアップ。

甲府は敗れたものの、第1戦のアドバンテージをいかし、2戦合計3-2で準々決勝に駒を進めた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?246718-246718-fl



スポンサーリンク





続きを読む

【ルヴァン杯 PO 第1戦 甲府×浦和】“勢いに乗っている”J2甲府がJ1浦和を圧倒!ホームでの第1戦を2-0先勝【動画】


news_246182_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年6月2日(土) 00:00:00.00 ID:000
[6.2 ルヴァン杯PO第1戦 甲府2-0浦和 山梨中銀スタジアム(10,337人)]
得点:
37' 今津 佑太
51' 小塚 和季


ルヴァン杯は2日、プレーオフステージ第1戦を行った。
山梨中銀スタジアムではヴァンフォーレ甲府と浦和レッズが対戦し、2-0で甲府が先勝した。
なお、第2戦は埼玉スタジアムで9日に行われる。

B組2位でプレーオフステージに進出した甲府。
5月26日のJ2第16節・大分戦(6-2)から2人を変更し、MF堀米勇輝とMF松橋優に代え、MF高野遼とFW森晃太を起用した。

一方、C組首位通過の浦和は、MF橋岡大樹(19)がU-21日本代表に招集されているため、『21歳以下の選手を1名以上先発に含める』という条件を免除。
また、DF槙野智章とDF遠藤航がW杯メンバーに入り、この試合は欠場となっている。

試合は立ち上がり早々に決定機が訪れる。
甲府は前半2分、自陣セットプレーからカウンター発動。
DFエデル・リマがボールを運び、敵陣中央でフリーのFW金園英学に預ける。
金園はGK西川周作との1対1を迎え、右足を振り抜いたが、ゴール左に外してしまう。
11分には、小塚が金園にスルーパスを送り、DF菊池大介がカットしたボールがDFマウリシオに当たってゴール方向に飛び、クロスバーを直撃。
果敢に浦和ゴールに迫った。

すると、甲府が前半37分に先制する。
右CKからMF佐藤和弘がショートコーナーを選択し、小塚がダイレクトでクロスを供給。
うまく走り込んだDF今津佑太がヘディングシュートを叩き込み、先制のゴールネットを揺らした。
5月19日以来の公式戦となった浦和は、徐々にポゼッション率を高めると、45分に決定機。
右サイドからMFマルティノスがクロスを入れ、MF李忠成が打点の高いヘディングシュートを放つが、GK河田晃兵のファインセーブに阻まれ、前半を0-1で終えた。

1点リードで後半を迎えた甲府は6分、右サイドからDF湯澤聖人がゴール前へロングスローを供給。
DF岩波拓也のクリアが中途半端になり、金園がPA中央でおさめて後方に落とし、小塚が右足シュートを沈め、リードを広げる。

15分には、敵陣中央あたりで小塚がボールを受け、ペナルティーアーク内へ柔らかいボールを入れる。
これに反応した金園が胸トラップから右足を振り抜くが、惜しくも右ポストを叩いた。

2点ビハインドの浦和は後半16分、李忠成に代えてDF森脇良太を投入。
28分には、DF菊池大介をDF荻原拓也に代えた。
甲府も森を下げてFW堀米勇輝を入れる。
すると31分、MF佐藤和弘が絶妙なスルーパスをPA右へ送り、MF島川俊郎が足もとにおさめて中央へ折り返す。

これを金園が右足で狙うが、岩波のブロックに阻まれた。

アウェーゴールが欲しい浦和は後半36分、MF長澤和輝に代えて、得点力のあるMF武富孝介をピッチに送り込む。

終盤には、敵陣でパスをつなぐ時間が長くなるが、引いて守る甲府を崩すことができず、そのままタイムアップ。
甲府がホームでの第1戦を2-0で制した。

甲府はこれで公式戦3連勝。

1ゴール1アシストと結果を残した小塚は、試合終了後のインタビューで、「本当に多くのサポーターが詰めかけてくれて、選手は力が出ました。僕のゴールというより、チーム全員で前から行って取れたゴールだった。多くのチャンスは作れていたので、決めるだけだった。本当に勢いに乗っている。この勢いを止めることなく頑張っていきたい」と、今後に意気込んだ。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?246182-246182-fl



スポンサーリンク




続きを読む

【ナビスコ杯 グループB 第5節 柏×新潟】小塚の鮮やかボレーが決勝点!3人デビューの新潟が吉田監督の凱旋試合制す【YNC】【画像・動画】


00016789


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2016年5月18日(水) 00:00:00.00 ID:000
[5.18 ナビスコ杯グループB第5節 柏1-2新潟 日立柏サッカー場(5,300人)]
得点:
66' ディエゴ オリヴェイラ

55' 伊藤 優汰
72' 小塚 和季


 
ナビスコ杯は18日、第5節を行った。
日立柏サッカー場ではB組の柏レイソルとアルビレックス新潟が対戦し、2-1で新潟が勝利した。

お互いに直前のリーグ戦から10人を変更した一戦。
前半は柏が主導権を握り、前半26分、左サイドからFW大津祐樹が上げたクロスをファーサイドのFWエデルソンが頭で落とし、MF小林祐介が右足を振り抜くも軸足に当たってしまったが、こぼれ球を拾ったMF田中順也がゴール左隅を左足で狙うもGK川浪吾郎のファインセーブに阻まれた。

昨年まで柏を率いた吉田達磨監督の凱旋となった新潟は、2種登録の17歳DF長谷川巧とDF西村竜馬、FWカリウの3選手がデビューを果たした。
前半17分、DF中谷進之介との競り合いを制したカリウが左足シュートを放ったが、GK桐畑和繁に至近距離で防がれ、チャンスを逃した。
新潟は前半、なかなかチャンスを作ることができず、苦戦を強いられた。

後半開始から新潟はカイウを下げてDF大野和成を投入し、ボール支配率を高めていった。
しかし、同5分に中盤でパスカットされたボールが前線でフリーの大津につながってしまい、ピンチを迎えたが、GK川浪がしっかり止めて難を逃れた。

すると同10分に先制のゴールネットを揺らす。
MF成岡翔が自陣でボールを奪ってカウンター発動。成岡がそのまま攻め上がり、右のスペースに走り込んだMF伊藤優汰へつなぎ、伊藤がGK桐畑をかわして冷静に右足シュートをゴールに突き刺した。

1点を追う柏は後半13分、ハーフェーライン付近からのフィードを左サイドから斜めに走り込んだDF輪湖直樹が右足ボレーもGK川浪に防がれる。
これで得たCKのこぼれ球からDF伊東純也が強烈シュートもわずかにゴール右に外れる。
それでもチーム得点王のFWディエゴ・オリヴェイラが同19分に入ると、直後に同点ゴールを決める。

同21分、右CKからMF中川寛斗が再びゴール前に入れたボールをD・オリヴェイラが頭で押し込み、1-1と試合を振り出しに戻した。

同点とされた新潟だが、後半37分に鮮やかに勝ち越しゴールを奪う。
左サイドからMF端山豪が上げたクロスをファーサイドのFW平松宗がヘッドで中央に折り返す。
ゴール前に走り込んだMF小塚和季が倒れ込みながら右足ボレーで合わせ、2-1。
同37分にはカウンターから途中出場のMF小泉慶がそのままシュートまで持ち込んだが、右足シュートはゴール左に外れた。

その後は柏の反撃を受けることとなった新潟だが、この日は1失点を喫したもののGK川浪がシュートへの鋭い反応を見せて追加点を許さず、そのまま2-1で逃げ切った。
新潟はこれでナビスコ杯2勝2敗で決勝トーナメント進出に向けて望みをつないだ。
一方の柏はナビスコ杯3連勝とはならず、この日試合のない首位・仙台を抜くことはできなかった。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?189767-189767-fl



ヤマザキナビスコカップ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/ync/



スポンサーリンク





続きを読む
記事検索
遊びに来てくれた人達
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

!!!おすすめ本!!!
テニスの錦織圭とサッカーの本田圭佑は性格も個性も違うが、日本人が世界で勝つための共通点を持っている。その成功への思考法とは。 性格や体力は関係ない、要はどう考えるかだ!日本を代表するアスリート、錦織圭と本田圭佑。ジャンルも個性も異なる2人の考え方には、能力を120%発揮し世界の壁を突破するための隠れた「成功法則」があった。


Kのロジック 錦織圭と本田圭佑世界で勝てる人の共通思考 [ 児玉光雄(心理評論家) ]

↓電子書籍↓
Kのロジック錦織圭と本田圭佑ーー世界で勝てる人の共通思考【電子書籍】[ 児玉光雄 ]
楽天でtotoを買おう!
totoを買う!!
楽天toto
RSS
最新記事
カテゴリー
スポーツグッズランキング(楽天市場)
楽天市場デイリー総合ランキング
楽天トラベル ランキング
タグクラウド
楽天Edyオフィシャルショップ
使えば使うだけ楽天スーパーポイントがどんどん貯まる電子マネー
楽天Edyオフィシャルショップ
楽天市場
楽天ポイントをアンケートやWEB検索で貯めよう!
楽天Edyオフィシャルショップ
使えば使うだけ楽天スーパーポイントがどんどん貯まる電子マネー
楽天Edyオフィシャルショップ
楽天市場
応援の必需品!ユニフォーム!!

【送料無料】2019 北海道コンサドーレ札幌 1ST レプリカ ユニフォーム 半袖/ユニフォーム【smtb-f】


【クーポンあり!】アディダス(adidas) 2019ベガルタ仙台 ホームユニフォーム HFD78-CL6345 (Men's)


【送料無料】2019 鹿島アントラーズ 1ST 半袖 オーセンティック ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】2019 浦和レッズ 1ST 半袖 オーセンティック ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


プーマ 2019 川崎フロンターレ ACL用 レプリカシャツ 921091-01 2019


【送料無料】2019 横浜F・マリノス 1ST レプリカ ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【送料無料】2019 清水エスパルス 1ST 半袖 オーセンティック ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【公式】PUMA プーマ ジュビロ 19 ホーム ハンソデゲームシャツ【メンズ サッカー ジュビロ磐田 ユニフォーム ゲームシャツ】2019年春夏 19SS


【送料無料】2019 名古屋グランパス 1ST オーセンティック ユニフォーム 半袖/ユニフォーム【smtb-f】


ガンバ大阪 2019 ホーム 半袖レプリカユニフォーム 【UMBRO|アンブロ】クラブチームレプリカウェアーuds6916h


【送料無料】2019 セレッソ大阪 1ST 半袖 レプリカ ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


【ヴィッセル神戸】『19_2019レプリカユニフォーム(選手NO+登録選手ネーム)』_【公式】アシックス_asics_キッズ_ユニセックス_サッカー_Jリーグ_お届け予定:3〜4週間(予定)


【送料無料】2019 サンフレッチェ広島 1ST 半袖 オーセンティック ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】


ニュー バランス 2019 jmtf9927-sbl FC サガン 鳥栖 2019 レプリカ ユニホーム ホーム ゲーム シャツ 半袖


大分トリニータTシャツ(ロゴ・エンブ)青大人サイズ

サッカー関連本・雑誌(楽天市場)

SOCCER KING 2019年8月号【電子書籍】[ SOCCER KING 編集部 ]


Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2019年 9/12号 [雑誌]

↓電子書籍↓

Number(ナンバー)985号【電子書籍】


◆◆【期間限定送料無料】SportsGraphic Number / 2019年6月13日号



サッカーダイジェスト 2019年7月11日号【電子書籍】


詳しいことはわかりませんが、サッカーの守り方を教えてください 世界一わかりやすいゾーンディフェンス講座 [ 松田浩 ]


FOOTBALL PEOPLE 小笠原満男特集号 レジェンドの物語。〜鹿島アントラーズとともに闘った (ぴあMOOK)


サッカーダイジェスト 2019年2月14日号【電子書籍】


Jリーグサッカーキング2019年4月号【電子書籍】[ Jリーグサッカーキング編集部 ]
Jリーグサッカーキング 2019年 04月号 [雑誌]


二十冠 アジアの頂、世界の壁。鹿島アントラーズ激闘録 [ 田中滋 ]


日本代表とMr.Children [ 宇野維正 ]


逆境を超える「ポジティブマネジメント論」 西野朗165のメッセージ [ 西野朗 ]


平畠啓史Jリーグ54クラブ巡礼 ひらちゃん流Jリーグの楽しみ方 [ 平畠啓史 ]


黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点 [ 飯尾篤史 ]


サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ目指さないクラブ [ 宇都宮徹壱 ]


アジアフットボール批評(special issue 0) アジア燃ゆ。 [ 『フットボール批評』編集部 ]


メッシ、アザール、モドリッチは知っている サッカーセンスを磨く80項目 [ 下田 哲朗 ]


月刊フットボリスタ 2018年8月号【電子書籍】


Sports Graphic Number PLUS(August 2018) 永久保存版ロシアW杯総集編 (Number PLUS)


フライデー特別編集 完全保存版 ロシアワールドカップ サッカー日本代表の全記録 [ 講談社 ]


ロシアW杯 サムライブルーの奇跡


Number (ナンバー) 特別増刊号 激闘日本代表 ロシアW杯決勝トーナメントベスト16・ベスト8詳報 Sports Graphic Number 2018年7月号[本/雑誌] (雑誌) / 文藝春秋


フットボール批評issue21【電子書籍】


フットボールde国歌大合唱! 代表戦で楽しむ61の国歌斉唱 [ いとうやまね ]

  • ライブドアブログ