KeyPlayers キープレイヤーズ代表取締役 高野秀敏のブログ

コロナ、ニューノーマルで、景気も怪しい中求人がだいぶ減ってしまっている。人材会社も会社によるが4割くらい売り上げがダウンしているところも多い

そんな中でも求人は実は多くある

【コロナ禍でも求人あり】積極採用中企業の転職情報まとめ

こちらに書いてみているが、相当な積極募集がある。みんなが動かない時に動く。時代の反対に動いてみる。常に自分はそうしてきた。今は投資にも積極的だ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログ移転いたしました。

キープレイヤーズ高野秀敏のブログはこちら!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

仮想通貨が普及し、ICOやクラウドマイニングブームがやってきましたね。大変よく質問を受けるようになりました。この領域に興味があり、転職したいというイノベーター、アーリーアダプターも増えています。

クラウドマイニングはまだ始まってから日が浅いため、見えていないリスクもありえるかと思います。一方で太陽光のように法人で事業としてやった場合は、損金になるようです。

クラウドマイニング自体は領域として詐欺といったことはないですが、実態のないクラウドマイニングビジネスをはじめて詐欺をしている(と思われる)方にも先日お会いしました。

十分に気をつけて選択されることオススメします。

そんな中で、HashFlareというサービスがあります。

HashFlareはHashCoins チームの暗号通貨発掘のエキスパートがお届けする新しいクラウドマイニングのサービスです。

私達はビットコインの始まりから暗号通貨に関わっており、そして三年以上の暗号通貨採掘の実績を有しています。


HashFlareはこちら↓
HashFlare

リファラルコードはこちら
C7DB5502
5%程度割引になるそうです。

そもそも仮想通貨、ビットコインを持っていないと買えないため、もしまだ持ってない方はコインチェック、ビットフライヤーなどで口座開設されると良いかと思います。以下はアフィリエイトリンクなので、無理にクリックしていただかなくても大丈夫です。



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

binance
My Referral ID: 17977253


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あのホームズのそして社名変更になったLIFULL(旧ネクスト)の人事の責任者である羽田さんによる渾身の一冊。

経営理念に命を吹き込む
企業文化の醸成
結果を出す組織開発
社員自ら学ぶ人材育成

など興味深い内容満載です。経営者、人事の方はもちろんのこと、マネジメントの方々、これからマネジャーになろうとしている意思のある方など現場の方々にも大変参考になる内容でおススメです。

日本一働きたい会社のつくりかた 社員が夢中になれる企業、ライフルの人事は何をしているのか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

エンジニア出身ではない経営者、責任者、人事の方、または人材業界の方にオススメ。よくわかっている方ですと、あるある話です。

これからネットやアプリ、IT、クラウドなどに力を入れようとしている会社さんの場合はとても参考になると思います。

非ネット企業の社長からよく相談される内容なのですが、すでにまとまっているためこれからはこの本をオススメしようと思いました。

またエンジニアの方が読むと経営者にはどんな話をすれば良いのか期待値の調整をどうするかなど面接のポイントもわかると思います。

エンジニアの友人に紹介してもらいました。面白かったです。

追記:
優秀なエンジニアの採用に対して2000万円のプロジェクトフィー(コミッション)を払う社長の小説のようなものもついています。ルパンみたいなお話。
ーーー
(概要)
「当社にはエンジニアが必要だ!」といっても、良い人材が見つからない。なんとか採用できても、成果が出ず、解雇もしくは配置転換せざるをえない状況に――そんな悲劇があちこちで起こるのはなぜか?
2万名に近いエンジニアの職務経歴書を読み、エンジニア採用の責任者として年間700人以上の正社員雇用の最終決裁を判断し、約500社の経営陣と面接してきた著者が、エンジニア採用がうまくいかない原因、良いエンジニアを採用するための方法、エンジニアに活躍してもらうための仕組みの作り方を教えます。

(こんな方におすすめ)
・エンジニアの採用や活用で困っている経営者
・人事・自分の処遇や会社の理解に不満を持つエンジニア

(目次)
第1章 経営課題をエンジニア採用で解決しようとする落とし穴
第2章 エンジニアの募集要項が書けない人事
第3章 不幸になる要因はエンジニアサイドにもある
第4章 「どんなエンジニアが必要なのか?」「そもそも,エンジニアは必要なのか?」を判断する
第5章 良いエンジニアを見つけ,採用する方法
第6章 エンジニアを惹きつけ,働いてもらえる仕組みを作る
内容(「BOOK」データベースより)
経営陣は、エンジニアを採用できない人事部門を叱責する。人事部門は、エンジニアがどうすれば採用できるのかわからず、途方に暮れる。エンジニアは、採用されれば、経営陣へ不満をぶちまける。そんなエンジニアも会社も不幸になる現実を少しでも改善するには?

その「エンジニア採用」が不幸を生む 〜良い人材を見つけ、活躍してもらうには何が必要か?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ