2016年01月01日

平成28年1月1日 オクリモノハナンニモナイ。

ここでときをこえたあかつきに



image

あらたなる
かどでまえはほのお
そしてあたらしきえん

ぐうぜんのそれは
そうじてひつぜん

えらんだのはおのれ
えらんだのはおのれ
いしきもむいしきも
えらんだのはおのれ

こうやのやまおくに
つどいえたほとけ

こうやのやまおくに
つどいえたおのれ

ひというひかりを
ひとというひかりと
ともにかこいて

きょうのためのあすを
ねがい申す

あすのためのいまを
きょうもねがい申す

あれよ
いきよ
うめよ
えがけよ
オクリモノハナンニモナイ

いまのとしも
よろしくおねがい
申しあげます




kf3148 at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月14日

まっとう。

まっとう
なっとう
まっとう
なっとう
まっとう



ねればねるほど
ねるねるね

まじになるほど
まじまじと

ごたくいわずと
やるがよし。


kf3148 at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月21日

アイノコドモ。

あいのあい
あいのあい
あいのあいの
アイノコドモ
アイノコドモ


ハナレグミの
あいのこどもを
ヘビーローテーション

wonder wonder
wonder wonder

あいのこども。image


kf3148 at 01:19|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年08月16日

きすをください。

追加メニュー
あの名前を呼ぶ
はずかしさ
店員次第で
冷めも熱めも


事務所近くにある、てんや。
合格点を安定的にとるこのコストパフォーマンスは、ひとつの芸術と言っても過言ではない。

幾度となく席に座り、合格点を食べてきた
ぼくに、はじめてのことが起きた。


「トッピングしたい。」

贅沢にも、ぼくはトッピングしたくなってしまったのだ。

そして、ぼくはあるものをトッピングすることにした。

トッピングすることを決定していざ口に出した瞬間に、唐突に駆られたはずかしさ。


「野菜天丼。 と きすをください。」

素敵な女性に、こんなにナチュラルでカジュアルに 接吻を求められる男になりたいものだ。


http://www.youtube.com/watch?v=rj1ESEPhpjU

kf3148 at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月24日

脇毛の処理に関しての見解。

作業時間と
美しさは比例せず
脇の甘さと
尻の軽さは
いざしらず


手摺に左手をかけながら、会社の上司と
みのりづらい話をしている。

慕情にひたるタイミングで、視線を左上にあげたぼくの目に入ってきたのは、

肌色にバニラビーンズのようなつぶつぶ。
脇は甘めども、味は酸味と塩気深い外見。

なぜ、丸見えのそれを纏い、
なぜ、丸見えのそれをびらかし、
なぜ、はじらいもなく笑えるのか

そういう情景に限って、画像的に記憶されるこの世知苦さ。

目をつぶれば、バニラビーンズ。
目をひらけば、バニラビーンズ。

嗚呼、ビーンズ。





kf3148 at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月22日

きっかけのきっかけ。

きっかけの
きっかけづくりを
するきっかけを


日常にはきっかけがあふれている。
というか、日常はきっかけでできている。

ただ、おそらく日常がきっかけでできているという事実を考えるきっかけが多くないのではないか と、ちょっと推測してみた。

日常の事物を、ある種の常識と捉えた時点で
きっかけは生滅する。

生滅した時点で、その生滅は寄生虫のように
思考回路のシナプス内に浸透する。

すると、シナプスは、シナプスーとなり、
無味無臭ときどき悪臭へと変化する。

シナプスーになるともうヤバい。
だって、おならみたいなもの。

無味無臭だったら、誰にも気づかれない。
ヤバい。

実にならないとはこのことか。

というわけで、その危険な匂いを嗅ぎつけた私は、”きっかけのきっかけがうまれるきっかけ”をつくれば良いのではないかとおもったわけだ。

それを、だれでもいつでも簡単にできるようにすればよいとおもっているわけだ。

日常はきっかけでできている。
きっかけがもし非日常だと云うならば、
日常は、非日常でできている ということか。




kf3148 at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月27日

151A。

一期一会
151A
一語一絵
苺一重


ひとのみならず
ものたとて
もののみならず
ばしょたとて
ばしょのみならず
すべてとて

ぜんぶひとつの
いちごいちえ

甘酸っぱいごえんかな


UQiYO 151A


kf3148 at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月24日

オクリモノハナンニモナイ。

ナニモナイ
オクリモノハ
ナニモナイ
ナニモナイトイウ
オクリモノ


行きたい行きたいと思い続けて
訪れることのできなかった場所
観光という目的はないが光は観た

竹馬の友といいたいけど、大分
片思いな気がするので、友人

竹と光にまみれたその空間は
人と輝きに満ち溢れていた

ちかおとけんし、あわせて
ちかけん 由来はわりかしシンプルだ

彼らが開ける穴は、次代への
メッセージ。

彼らが灯す光は、時代への
スポットライト。

水の滴りに鮮やかな色味を増す
竹は、人の命と変わりなし。

嗚呼また熊本行きたいな

お誕生日もご結婚もおめでとう。

水あかり



kf3148 at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月04日

久しぶりに出来た恋人-you two vol.3-

上の血も
下の血も
さほど変わらぬ
わが身の圧さ


あなたの血圧は理想的です

と言われてから5年くらいたった

市区町村の施設に入ると
寂しそうに佇んでいる血圧計


病院で久しぶりに腕を通すことになった
もはやどこまで入れればいいかもわからぬ

下はむかしと変わらぬ
上がだいぶ差少なだ

まあこんなもんだろうと思うも
少し不安になりましたものでして

今一度
と再び穴に腕を通したわけだ

電光版の数字が上昇すると同時に
腕を圧迫していくさまは、
昼下がりのサスペンスドラマの
ワンシーンを彷彿させる



おかしい
上と下の差が一桁だ

これじゃあ高も低も
ないではないか

おいおい、看護師さんも
きょとんとしてるじゃないか
大丈夫とあんたどうなってるのの
あいだじゃないか

あのときの 理想のブレッド どこいった



人は溺れる生き物だということを
自ら体験体感した

kf3148 at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月03日

久しぶりに出来た恋人-you two vol.2-

you too,
you too,
わたしもあなたも
you too.
you too.



かくれんぼをするように
蛍がアヌスを光らせるように

そよ風に吹かれた
スカートの中のように

あるいはそよ風のように
時々見え隠れする恋人は


厄介だ
厄介だし、気になる

kf3148 at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)