渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道

以前に書いた「閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター」の続きといえばそうなのかもですが、閉店前の渋谷パルコの様子を撮った写真、まだあるのですよ。

すこし時間が経ってしまいましたが、今回は周辺の坂道とからめながらの話です。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道1
写真1

それがこちらですね。(写真1)
奥には渋谷パルコパート3の建物が見えていた場所ですね。
ここを歩いたことある方ならわかると思いますが、渋谷パルコ側から背後のほうへと下る結構な勾配具合の坂道になっているのですよ。
パルコ以外にも特徴的なお店がいっぱいある場所ですが、今回は目の前の渋谷パルコがなくなってしまう(建替ですが・・・)ということで、一時閉店になる前のパルコに絞って撮っておいたものなのです。
しかも、パルコの照明やらライトアップもわかりやすいということで、夜のものです。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道2
写真2

すこし坂をくだって坂下方向を見るとこんな感じの場所もあります。(写真2)
奥を横切っている道路が井ノ頭通りで、まさに渋谷の繁華街のど真ん中ともいえる場所ですね。
この通りのひと街区東側(写真2でいえば左側)にスペイン坂がある場所といえば、この勾配具合もすこし理解できそうですかね。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道3
写真3

そして、これですよ。(写真3)
写真2でも左の自販機の手前にちらりと見えていますが、いつもここを通るたびにゴミにまみれてある「山路愛山終えんの地」と書かれた木製の碑が気になっていたのですよ。
そんなこともあり、今回、ちょうどいい機会なので、写真にも撮っておいて、あんまり見ていて気持のいいものではないかもですが、あえて載せておくことにしました。

ちなみに、この碑には場所の説明も書かれてありましたので、いつものように抜粋しておくとですね、
『史論家として知られる山路愛山は、元治元年(1864)浅草に生まれました。明治29年から大正6年、54歳で没するまでここに住み、多くの作品を発表しました。代表的な著書に 「豊太閤」「西郷隆盛」「足利尊氏」などがあります。』
とのこと。
なるほど。
いちおう、抜粋文に人物リンクも張ってますので、そちらもよかったらどうぞ。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道4
写真4

気になっていたことを片付けた後は、再びパルコ前にきてぱちりと。(写真4)
特に今回は建物のこまかいことにはふれませんが、こうしてみるとやはり懐かしいですねえ。
つい最近このあたりを通った時は真暗でしたからね。
それにしてもここからみると、やはり手前と奥でけっこうな高低差になっていますね。
そんな高低差具合を写真でみながら、このあたりの地形とのかねあいも実はパルコの建物に影響していたことを突然思い出してみたり。
そして、坂上あたりでスペイン坂と合流しているというのも、ここらあたりの地形の特徴ともいえるかもですね。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道5
写真5

最後はエントランスのアップでも。(写真5)
ここでも手前と奥に結構な段のある階段があったんですよねえ。
あらためて、こういう今はなくなってしまったエントランスをみていると、まだまだ使えそうな立派な壁や地面のタイルとかガラスとか照明とかあるのに、これはどうなってしまうのか考えてしまいますね。
このあたりのことは全然くわしくないので、また知人にでもそのうちきいてみますかね(まあ、プラモデルみたいにがちゃがちゃと取り外したりできないことぐらいはわかってますけど、それでもやはりですね)。。
(え〜、そんなことも知らないのーと馬鹿にされるかもしれませんが・・・。汗、笑)

ということで、今回はこんな感じです。


地図
渋谷区宇田川町14あたり


氷川坂(NO.277) / 目黒区

所在地:目黒区八雲2-11あたり


ひかわ坂と呼ぶそうです。
場所は、これまたわかりにくいのですが、坂上は目黒通りに面していて、以前とりあげた宮前坂(NO.276)の西側を同じように並行して北に下っている坂道です。


氷川坂(NO.277)1
写真1

ではまず坂上から。(写真1)
写真では、途中でかくっと道が曲がっていて勾配具合がわかりにくいですが、こんな感じだったのです。
この背後に、目黒通りがある場所ともいえますかね。
とりあえず、ここからだと正面のマンションと道路の兼ね合いの部分をみると勾配具合がわかりやすいかもですね。


氷川坂(NO.277)2
写真2

写真1ではちょっとわかりにくいので、すこし坂を下り、坂上方向を見てみたものです。(写真2)
奥の横断歩道があるあたりが目黒通りですね。
こうしてみると勾配具合わかりやすいですね。
道幅的にも狭めで、それもあるのか手前から奥の方向にしかいけない一方通行の道になっていました。


氷川坂(NO.277)3
写真3

さらに坂道を下り、坂上方向を見てみました。(写真3)
だんだんと住宅街らしくなってきましたかね。
坂道自体もカーブしていていい感じ。


氷川坂(NO.277)4
写真4

さらに下り、坂下方向が見渡せるあたりがこれですね。(写真4)
もうこのあたりから平坦な道となっていました。

ちなみに、写真4でも見えているとおり、ここにもいつものような坂の碑がありましたので、抜粋しておくとですね、
『近くに氷川神社があるので氷川坂と呼ぶようになり、この坂下のあたりを坂口といった。坂のあるこの道から氷川神社の前を右折し、商店街を通る道は二子道と呼ばれた古道である。』
とありました。

氷川神社があるので氷川坂。
わかりやすいですね。
氷川神社については、後でもふれますが、今回の坂下をさらに歩くとあり、写真4でも実は奥のほうにちらりと見えていたりするのですよ。


氷川坂(NO.277)5
写真5

そんなわけで、坂下あたりまできて、坂上方向を眺めてみました。(写真5)
ここからすでにカーブして上っているので、見た目てきにも楽しいですかね。
しかも左側の坂の碑とあいまって、この奥になんかありそうな雰囲気を感じてしまうわけですが、坂道自体はこれまで歩いてきたような景色だったというわけなのですよ。


氷川坂(NO.277)6
写真6

そして、せっかくなので氷川神社もあわせてぱちりと。(写真6)
位置的には、写真4のときにも言ったように、今回の坂道の坂下方向(地図で言えば北側)へ歩くと、この場所にやってきます。
とにかく、境内の大きな樹木が印象でしたかね。
神社の成り立ちなどこまかいことは、ウィキペディアのほうをみてもらうとしてもですね、この神社、どうやらかなり古い歴史があるらしく、創建年代は不明であるものの、文化文政期(江戸時代末期の文化〜文政年間 (1804〜30) ごろ)成立の「新編武蔵風土記稿」にも境内の様子が書かれていることから、その頃にはすでに神社はあったとみてよいと思われるのですよね。
なので、そうであれば、坂の碑にも書いてあった「氷川神社の前を右折し、商店街を通る道は二子道と呼ばれた古道である」というのも、要は写真6の左右を横切っている道が「二子道」ということになりそうなので、必然的にここも古道になると考えていいかもしれないですね。


氷川坂(NO.277)7
写真7

そんなわけで、最後はおまけがてらの氷川神社の境内の様子でも。(写真7)
敷地は地図でみてもらうとわかりやすいですが、かなり縦長な形をしています。
なので、ここからだとかなり奥に本殿がある感じでしたね。(地図で距離を測ってみたら150mほどありました。。)


ということで、今回はこんな感じです。


地図
目黒区八雲2-11あたり



(追記:この坂も草なぎさんが走った坂道なので、リストに追加しました。)