知恩院の女坂(NO.279) / 京都府京都市東山区

前に知恩院の男坂を取り上げましたが、やはり男坂があれば、女坂もあるのは全国共通ということですね。

場所は、同じく京都の知恩院の境内にあります。


知恩院の女坂(NO.279)1
写真1

では坂下からの景色でも。(写真1)
明らかに男坂と比べても緩やかですね。
ただ、ここは女坂によく見られるスロープではなく、階段でした。
ここから見るとなかなかかっこいいですし、まわりの緑との調和具合もいい感じです。


知恩院の女坂(NO.279)2
写真2

写真1の場所から左のほうをみると、ドーンとみえます。(写真2)
国宝の三門ですね。
三門についてのことは、男坂のほうで解説していますので、気になる方はそちらをどうぞ。


知恩院の女坂(NO.279)3
写真3

すこし階段を上り、坂下方向を見てみたものです。(写真3)
坂下から見たときより、ここからのほうが高低差感ありましたかね。
それにしても三門と女坂、いいですねえ。


知恩院の女坂(NO.279)4
写真4

さらに階段を上ると、カクンとカーブするところがあり、そのあたりからの坂上方向を見たものです。(写真4)
もうここからなら坂上あたりが見えていました。
坂上の御影堂が仮囲いされてなければ、もうちっと京都っぽい景色になっていたのですが、残念。(笑)

あ、そうそう。
今仮囲されていて見えない御影堂ですが、実はこれも国宝なのですよね。
公式HPによると、『寛永10年(1633)の火災により焼失しましたが、寛永16年(1639)に徳川家光によって再建され、平成14年には国宝に指定されました。』
とあるので、僕が過去に見たものは、1639年に再建されたものということみたいですね。
なお、この御影堂の修理がおわり竣工するのは、2019年らしいです。


知恩院の女坂(NO.279)5
写真5

さらに階段を上り、坂下方向を見てみました。(写真5)
ここからのカーブ具合いい感じでしたね。
そして、なにやら左側にも古そうな建物があったのですが、名前については調べるの忘れましたので(汗)、またそのうち再訪した時にでも調べておきますよ。


知恩院の女坂(NO.279)6
写真6

そんなわけで、やっと坂上あたりまでやってきました。(写真6)
なんかこう見ると、坂道の雰囲気、新しい感じがしなくもなかったですかね。
ちなみに、左下の「総本山 知恩院」と書かれた手摺の石柱が見えてますが、その裏には、平成23年2月建立と書かれてありましたよ。
むむむ。
ということは、この女坂も新しめの坂道なのですかね。
でも前からここはあったような。。
まあ、これもそのうち再訪した時に調べておきますよ。(汗)


ということで、今回はこんな感じです。


地図
京都府京都市東山区林下町400


今回は「踊る大捜査線」のロケ地でもあるお台場海浜公園・展望デッキについてです。 / たびねす記事掲載お知らせ

昨日、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。

→『 「踊る大捜査線」ロケ地、お台場海浜公園・展望デッキは夜景もきれい』
 http://guide.travel.co.jp/article/24470/


今回も映画のロケ地散歩となりましたかね。ちょうどお台場シネマメディアージュで再上映された「私をスキーに連れてって」を観に行くことにしたら、「踊る大捜査線」も閉館記念で一日限りで 再上映されることを知ったので、そういえばということで取材して書いてみました。ちなみに映画は2月19日に再上映されるとのこと。

ちなみに、今回とりあげた場所は、昔ブログで登場しているのですよ。

→『とある街の風景106(海にむかう広場)』
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/50582563.html

映画が公開されてから3年くらいの時期ですかね。
ただ、ブログ記事では映画のことに触れていないようですが。。


あとは、いつものようにおまけ写真をいくつか。


お台場展望デッキ1
写真1

展望歩道橋の夜景ですね。(写真1)
階段がライトアップされていてよかったですね。


お台場展望デッキ2
写真2

階段途中からの海の景色です。(写真2)
ここからでもかなりいい感じ。
夏だったら座ってしばらくぼんやりとできそう。


お台場展望デッキ3
写真3

最後は、海にむかう広場の夜景ですね。(写真3)
同じようなアングルを寄稿記事に載せましたが、こちらはさらに海から離れた方向からのものです。
昼間なら間違いなく人ばっかり写るポイントですね。


ということで、記事のほうよろしくです。