東京坂道さんぽ

ちょっと前に、青梅のほうをぶらりとしたときにいくつかよさげな坂道をみつけたので、取り上げてみたいと思います。

ちなみに、このブログで青梅界隈を取り上げるのは初です。


住吉神社の男坂1
写真1

ではいきなりですが、こちらは青梅駅からほど近い場所にある住吉神社の様子です。(写真1)
そして奥を見るとなにやら高低差のある階段が見えたので境内に入ってみたわけなのですよ。


住吉神社の男坂2
写真2

それがこちらですね。(写真2)
かなり高低差のある階段でした。
ちなみに、タイトルには男坂とつけていますが、僕の調べた限りではここは名前のない階段のようで、他の神社同様、正面の急勾配の階段と緩やかな階段が境内にはあったので、仮称ではありますが、この急階段を男坂と呼んでみることにしました。


住吉神社の男坂3
写真3

階段をのぼり、中腹あたりまできて坂下方向を見てみると、正面に一棟だけぴこんと建っているマンションが気にはなりますが、その奥には青梅の山並みが見えていてなかなかいい感じでしたね。(写真3)


住吉神社の男坂4
写真4

階段をのぼりきってから、再び坂下方向を見てみました。(写真4)
かなりの高低差で、まわりの樹々で視界が遮られているとはいえ、背の高いビルがほとんどないことや界隈の地形具合もあり興味深い景色を眺めることができましたかね。


住吉神社の男坂5
写真5

写真4の背後にはこんな感じで本殿がありました。(写真5)
ちなみに、この神社は、神社庁のサイトによれば、「応安二年(1369年)住吉大社を勧請奉祀した事により始まる。」とあったので、かなり古い歴史を持つ神社のようですね。


住吉神社の男坂6
写真6

あとは、この神社の入口からすぐの場所(徒歩1分以内)には、青梅赤塚不二夫会館があるんですよ。
写真6がその外観ですね。
HPによると、かつて外科医院だった建物を残し、2003年にオープンしたとあるので、建物自体は見た目のとおりけっこう古いもののようですね。


住吉神社の男坂7
写真7

中の写真も一枚くらいは載せておきますよ。(写真7)
会館と名前にはありますが、中は資料が充実していて記念館のようなものでしたね。
なかなか楽しい時間を過ごさせてもらったかもです。

ということで、最後は少々坂道から話が脱線してしまいましたが、今回はこんな感じです。


地図
青梅市住江町12

すこし日にちが過ぎましたが、LINEトラベルjpの記事「江戸時代から存在するネッコ坂と原宿・表参道の路地裏めぐり」にて、ネッコ坂を取り上げてみました。

この坂はタイトルからもわかるとおり、すでにこのブログでも取り上げている坂道です。
ただ今回はLINEトラベルjpの記事での公開ということだったので、ネッコ坂だけを取り上げるというのではネタ不足ということもあり、周辺のスポットもあわせて調べてみると、現代建築以外にも興味深い場所がいくつかあったので、なかなかな散歩&取材となりましたね。

あとは、ネッコ坂だけを見ても古い建物がだいぶ建てかわり雰囲気も以前とはだいぶ近代的になっているところも多かったですかね。


ということでここからはいつものおまけ写真でも。


ネッコ坂(NO.171)その2-1
写真1

LINEトラベルjpの記事にも載せたネッコ坂の坂下あたりの風景です。(写真1)
これは、以前のネッコ坂(NO.171)記事の1枚目のコインパーキングがあったあたり(今はおしゃれな建物になっている)から、坂上を方向をみているものですね。
こうしてみるとコインパーキングの看板がなくなっただけでもだいぶ雰囲気が変わったようにみえますね。


ネッコ坂(NO.171)その2-2
写真2

こちらは、表参道の渋谷川近くの歩道橋を歩いているとちょうど走っているところに出くわしたのでぱちりと。(写真2)
なぜだかわかりませんけど、路上でこのカート集団をみると撮影したくなってしまいますね。(笑)


ネッコ坂(NO.171)その2-3
写真3

こちらはキャットストリートの写真です。(写真3)
右側に写っているのが、建築家の妹島和世氏設計による商業施設なのですが、当時は高級インテリアショップが入居していたと思うのですが、今は古着屋のお店になっていましたね。
中の経年劣化具合と古着屋の中古感が意外と悪くない組み合わせで、妹島氏が設計した建物はテナント次第で外観のイメージも高級から庶民的なものまで雰囲気が変化する建築だなあと思ってみたり。(ちなみにこれが安藤忠雄さん設計の建物だと、中のテナントによらず高級な感じに見えてしまうと思っています(というか思い込んでいます、笑)。)


ということで、現地ではいろいろ写真は撮ったのですが、ネッコ坂とは直接関係ないものがほとんどですので、今回はこれくらいにしたいと思います。

梨木坂(NO.318)についても、LINEトラベルjpの記事「東京を代表的する坂道景観!皇居と桜田濠が一望できる三宅坂めぐり」にて取り上げてみましたが、伝えきれていないところもあるので、ひとつの記事にて。

坂の由来や場所については、LINEトラベルjpの記事に書いているので、詳しくは書きませんけど、やはりここは、現代でいえば国立国会図書館に隣接している坂道ということが大きいですかね。

なおこのブログでは、今回初めて取り上げますけど、国立国会図書館に訪れたときは、図書館への入口も坂道側にもあるので、過去に6割から7割くらいはこの坂道を通っていた思うので、今書いていて初めてな感じがしないですね。


梨木坂(NO.318)1
写真1

LINEトラベルjpの記事では、坂上からの写真を掲載しましたが、こちらは坂下からの風景ですね。(写真1)
なので、右側の立派な擁壁の上に見えているのが、国立国会図書館です。
写真的には、坂下側からのほうが独特な雰囲気の坂道に見えるかもですね。


梨木坂(NO.318)2
写真2

こちらは、坂上あたりにある坂の碑の横から国立国会図書館の敷地内を撮ってみたものです。(写真2)
ちなみに、国立国会図書館の設計者といえば、前川国男というイメージがありますが、調べてみるとすこしややこしいんですよね。
新館のほうは前川国男建築設計事務所が設計ということになっているんですけど、旧館は、ミド同人なる前川事務所の若手グループが設計を手がけたということになっています。
なので、写真2で見えている国立国会図書館は旧館のほうなので、ミド同人が設計した建物ということみたいです。


梨木坂(NO.318)3
写真3

こちらは、見てのとおり遠くに国会議事堂が見えていますけど、実は梨木坂(NO.318)の坂上あたりの景色でもあるんですよ。(写真3)
坂上あたりからさらに坂上方向を見るとこんな景色が広がっているということです。

ちなみに、この写真3で左右に走っている道路は、令和元年10月22日の天皇ご即位パレードのルート上の道でもあります。
なので、おおざっぱにいえば、梨木坂(NO.318)の坂上がパレードのルートになっているとも言えるかもです。(汗、笑)


ということで、今回はこんな感じです。

このページのトップヘ