東京坂道さんぽ

気がつけば、一ヶ月ほど過ぎてしまいましたが、9月の最初にLINEトラベルjpとRICOH THETAによるオープンエアのバスで都内の観光地をまわるというイベントでは、前半に銀座をぶらぶらするということだったので、せっかくなので銀座の中銀カプセルタワーにも行ってみたのですよ。

なので、前回の記事の続きみたいな感じですが、今回はそのときにいつものカメラではなく、RICOH THETAで撮っておいたものをあげてみますよ。


まずは、中銀カプセルタワーについてですが、これはウィキペディアをみてもらうと詳しいことが書いてありますけど、要は今はなき著名な建築家の黒川紀章さんの設計による世界で初めて実用化されたカプセル型のマンションですね。しかも時期が1972年(昭和47年)竣工ということで、当時としては画期的なものだったんじゃないですかね(設計者も当時は新進気鋭の若手ということですし)。
なので、そのあたりからも当時のとんがり具合が感じられる建物ともいえるかも。
まあ僕的には、大阪の太陽の塔と同じくらい大事に扱ってもいいのではないかと思っているのですけどね。(笑)

あとは、Googleマップで、中銀カプセルタワーのところに行くと、最近はマップ上に建物情報まで出るようになっていて、「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」なるサイトにリンクまでしているんですね。
まあこれは、この建物に限らず、他の地図上のレストランや各種施設でも公式HPへのリンクが貼られているので、Googleさんの気合が感じられる地図といえるかもですね。
そのうち全部の建物にこれが実装されそうな予感ありありです。(笑)



動画1

そんなわけで、まずは中銀カプセルタワーの向かいにある電通側の歩道橋の階段から、遠目にビルとともに周辺の様子をRICOH THETAで360度写真を撮って動画に変換したのがこれですね。(動画1)
カプセルタワーと階段が写っていて個人的にはツボであります。(笑)

ただこれ、かなりの魚眼具合なので、建物写真に慣れている方には街並み風景的になんとも不思議な雰囲気にうつるかもですので、今回も360度グリグリ写真版もつくっておきましたので、よかったらどうぞ。
「中銀」THETA360度写真1(階段より)

(リンク先では、最初の画面はベタッとした写真だけなのですが、写真内にある反時計回りの矢印をクリック(またはマウスの左クリックを1回)すると、360度写真が観覧できる形となりマウスの左クリックを押しながらグリグリ動かしたり、ホイールで拡大縮小してみたりと、まわりの景色を堪能できます。)



動画2

あともうひとつは、中銀カプセルタワーの真下で撮ってみたものを同じく動画形式にしたものですね。(動画2)
こちらは遠隔操作して、僕自身は柱の影に隠れてシャッターをきったものです。(笑)
とにかくビル足元の雰囲気やまわりの景色もあわせて残しておきたかったので撮ってみました。
なお、こちらの場合は、ビルとともに、高架下の地下へと下るスロープも個人的にはツボだったりします。(笑)

そして、こちらも同じく360度グリグリ写真版もつくっておきました。
「中銀」THETA360度写真2(真下より)

ちなみに、この中銀カプセルタワーについては、過去にこのブログでも取り上げています(新橋というか銀座のカプセルマンション)。
これは、このブログでもたまに登場してもらっているせきかわ君が、当時、このビルの一室を借りていて、記念に友人たちと一緒に泊めてもらった時のことを記事にしたものです。とにかく、当時の施設の使い勝手とかを聞くことができて有益でしたが、それよりなにより、空間の雰囲気や建物からの景色に(そして相手から見られているという感覚に)なんともいえない不思議な気分になったことを覚えていますかね。(笑)


あとは、なんとなく気になって、今現在、中銀カプセルタワーの関連書籍がどれくらいあるのかなと調べてみたら、いまのところ5冊くらいしかヒットしませんでしたね。
もうすこしあると思ったんですけど(探せばあるのかな?)。

ということで、今回は、今後どうなるかわからないこともあり、はたまたちょっとした思い出もあることもあり(笑)、中銀カプセルタワーをRICOH THETAで撮ってみましたが、さてさてどうなることやら。

ちょっと時間が空いてしまいましたが、今月の2日にLINEトラベルjpとRICOH THETAによるオープンエアのバスで都内の観光地をまわるというイベントが開催されまして、参加してきたんですよ。
それで、まあイベントでまわったところ全部を一気に書くとたいへんだし、もったいないので(笑)、すこしずつ小出しにしてブログで書いていこうかなと思っています。

そんなわけで、今回は、イベント後半で東京タワーに行ったんですが、あのあたりはすでにご存知の方も多いと思いますが、坂道リサーチはすでに済んでいるので、界隈の坂道を一緒にまわってきたというわけなのです。


東京タワー界隈坂道めぐり@リコーTHETA+LINEトラベルjp1
写真1

当日は、こんな目立つオープンエアのバス(なにやら運営側の人は「スカイホップバス」と言っていたので、それが正式名称かもしれません。)で、都内を観光していたんですよ。(写真1)
おかげで、走っている途中は外国人らしき観光客に手をふられたり、パチパチと写真に撮られていましたね。(^^)


東京タワー界隈坂道めぐり@リコーTHETA+LINEトラベルjp2
写真2

ちょうど、東京タワーに向かう途中に、LINEトラベルjpの記事「タイムトラベル気分で歩く!東京タワー下「富士見坂」と「永井坂」」でも取り上げた東京タワーそばの永井坂を通ったのでぱちりと。(写真2)
かなり視線が高くて、普通の乗り合いバスよりさらに高い位置に座席があったので、なかなか珍しいアングルから永井坂が撮れたかもです。
ちなみに写真2は、バスが走っている最中に撮ったものなので、一眼で撮ったとはいえ、さすがに手ぶれしておりますね。。


東京タワー界隈坂道めぐり@リコーTHETA+LINEトラベルjp3
写真3

到着後、ちょうどタワー下の富士見坂のほうへと上る無名坂にバスが停まったので、コラボ写真です。(笑) (写真3)



THETA写真1

そして、肝心のTHETAの写真がこちらですね。↑
タワー下の富士見坂(こちらもLINEトラベルjpの記事「タイムトラベル気分で歩く!東京タワー下「富士見坂」と「永井坂」」で取り上げた坂です。)で、THETAを使って撮った360度写真を動画にしたものです。

ちなみに、このTHETAの動画、ちまたでよく公開されている360度写真形式(最近の例でいえば、NHKの「半分青い」のHP内で公開されている360度ビューなんてのがわかりやすいです。撮影レベル高すぎですが。(笑))とはちょっと違いますよね。
これは僕自身も理解するのに苦労しまして、自分でみるだけなら簡単なのですが、このブログで直接公開するにはハードルが高すぎるみたいなんですよね。
ただこれは、リコーTHETA の専用サイトに登録してあーだこーだすればできるみたいですけど、今回はもっとも簡単なやり方で、Googleフォトにて公開するやり方を選んでみました。

要は、THETAで撮った360度写真をGoogleフォトに専用の形式(これもちょっと説明がめんどくさいので省きますが)で保存すると、さっきの「半分青い」のHPのように360度の写真が公開されてぐりぐりと見れるというものです。
で、それをよくある写真をブログに貼り付けるみたいな感じでやってみたんですけど、やはり、べたっとした平面写真だけしか表示されないみたいなので、今回はブログへの貼り付けはやめてGoogleフォトへのリンクだけ張っておくことにしました。

なおリンク先では、おそらく最初の画面はベタッとした写真だけなのですが、写真右上にある反時計回りの矢印をクリック(またはマウスの左クリックを1回)すると、360度写真が観覧できる形となりマウスの左クリックを押しながらグリグリ動かしたり、ホーイールで拡大縮小してみたりと、まわりの景色を堪能できるというわけなのですよ。

以下がそのリンクです。
「富士見坂の頂上」THETA360度写真@Googleフォト

だいぶ暗くなりだしの頃だったからなのか(もしくはGoogleフォトにあげる形式のためなのか)、すこし写真の画質がガビガビしてますけど、それも設定次第なのかなと。(今回は気が付かずそのまま撮りました。)

以上THETAの説明が長くなりましたが、肝心の富士見坂のほう、写真をみてもらうとわかるかもですが、なんと改修工事がはじまっており、仮囲いが施され坂下から頂上へと向かう階段もない状態になっていましたよ。(ただ、これは工事が終われば元にもどると思うのですが。。)



THETA写真2

せっかくなので、もう一枚(というか動画)。↑
これもタワー下の無名坂で、坂上は永井坂とつながっている坂道なので、過去にはブログでもとりあげたことのある坂道です。
ここはなんといっても、真上に東京タワーも見えてTHETA映えする坂道のなのかなと。(笑)

あとは、同じく、360度写真もつくっておきましたので、リンク先からどうぞ。
「タワー下の無名坂」THETA360度写真@Googleフォト


東京タワー界隈坂道めぐり@リコーTHETA+LINEトラベルjp4
写真4

とりあえず、THETA写真はここまでで、最後はさっきの富士見坂の横の道をバスが通ったときに撮ったものです。(写真4)
ここもLINEトラベルjpの記事「タイムトラベル気分で歩く!東京タワー下「富士見坂」と「永井坂」」で紹介しています。
とにかく、この時は直前まで忘れていて、同じく走行中にもかかわらず暗い中とっさに撮ったものなので、手ブレがすごいですね。(汗)
もうちっとこういう場面での撮影を想定して練習せねば。。
ただ、アングルだけみればいい感じなので、解説もつけれるこのブログだけで公開してみました。(笑)

ということで、今回は説明が多めになってしまいましたが、とりあえずこんな感じです。
なおTHETAについては現在リコーさんからレンタル中の身(ちなみに今レンタルしている機種は「THETA V」です。)でもうすぐ返さないといけないので、今後どれくらい撮れるかどうかわかりませんが、なかなかおもしろい機器なので効果的な使い方できればなあと思っていますよ。

さてさてどうなることやら。


追記20180922:現在、動画のほうですが、パソコンからだとみれるのですが、スマホからだとうまくみれない場合があるようなので、申し訳ないですが、その場合はパソコンから見てください。もしくは右上のポップアウトボタンを長押ししてみてください。

世間でもなにかと話題になっていますが、気がつけば16日の明日、歌手の安室奈美恵さんが引退する日なんだそうですね。(リンクしたウィキペディアにも書いてありますね。)

そんな中、この一ヶ月の間ずっと気になってたんですけど、渋谷の駅前から上っている道玄坂を歩いていると安室奈美恵さんのDVDの宣伝ポスターがいつも目にはいってくるんですよ。(^^)

そんなわけで、今回はこのためだけに調査したわけではないので日記がてらなのですが、この一ヶ月に道玄坂で撮った写真などをいくつか掲載しておこうかなと。

渋谷道玄坂の安室奈美恵ポスター1
写真1

その様子を撮ってみたものです。(写真1)
ちょうど道玄坂の途中にあるユニクロのあたりにあった旗のようなポスターです。
今月始めに撮ったものなのですが、坂道沿いにはこんな感じでいたるところにありましたよ。
しかも、それぞれが違う写真でした。

旗の下の渋谷道玄坂商店街振興組合という文字が気になるところではありますが、109でも関連イベントやっているみたいなので、旗もたくさんあるのかなと思ってみたり。


渋谷道玄坂の安室奈美恵ポスター2
写真2

こちらは直近の一週間ほど前ですかね、109がよくみえるポイントにてスマホでぱちりと。(^^) (写真2)
この日は、僕が訪れた時はおわっていましたが、109の三角地帯で関連イベントもやっていたようで「WE♡namie amuro」なる文字が書かれた看板までありました。



動画

あとは、同じ日に、さきほどの旗と109がよくみえるポイントで道玄坂の動画も撮ってみましたよ。(^^)
車も少なめで、人も渡っていないタイミングで撮れたので公開してみました。

ちなみにこの動画についてはスマホカメラで撮ってなんの映像編集もしていません。(もうちっと勉強せねば、汗)

ということで、僕自身はそれほど熱狂的なファンというわけではないかもしれないですが、それでもだいぶ前ですが「SWEET 19 BLUES」なんかはけっこう個人的にも思い出深い曲というかエピソードがある曲だったりするので、引退前の今しか見れない時事坂道風景がてらふれてみました。

さてさて、明日の16日はどんな感じになることやら。

このページのトップヘ