東京坂道さんぽ

梨木坂(NO.318)についても、LINEトラベルjpの記事「東京を代表的する坂道景観!皇居と桜田濠が一望できる三宅坂めぐり」にて取り上げてみましたが、伝えきれていないところもあるので、ひとつの記事にて。

坂の由来や場所については、LINEトラベルjpの記事に書いているので、詳しくは書きませんけど、やはりここは、現代でいえば国立国会図書館に隣接している坂道ということが大きいですかね。

なおこのブログでは、今回初めて取り上げますけど、国立国会図書館に訪れたときは、図書館への入口も坂道側にもあるので、過去に6割から7割くらいはこの坂道を通っていた思うので、今書いていて初めてな感じがしないですね。


梨木坂(NO.318)1
写真1

LINEトラベルjpの記事では、坂上からの写真を掲載しましたが、こちらは坂下からの風景ですね。(写真1)
なので、右側の立派な擁壁の上に見えているのが、国立国会図書館です。
写真的には、坂下側からのほうが独特な雰囲気の坂道に見えるかもですね。


梨木坂(NO.318)2
写真2

こちらは、坂上あたりにある坂の碑の横から国立国会図書館の敷地内を撮ってみたものです。(写真2)
ちなみに、国立国会図書館の設計者といえば、前川国男というイメージがありますが、調べてみるとすこしややこしいんですよね。
新館のほうは前川国男建築設計事務所が設計ということになっているんですけど、旧館は、ミド同人なる前川事務所の若手グループが設計を手がけたということになっています。
なので、写真2で見えている国立国会図書館は旧館のほうなので、ミド同人が設計した建物ということみたいです。


梨木坂(NO.318)3
写真3

こちらは、見てのとおり遠くに国会議事堂が見えていますけど、実は梨木坂(NO.318)の坂上あたりの景色でもあるんですよ。(写真3)
坂上あたりからさらに坂上方向を見るとこんな景色が広がっているということです。

ちなみに、この写真3で左右に走っている道路は、令和元年10月22日の天皇ご即位パレードのルート上の道でもあります。
なので、おおざっぱにいえば、梨木坂(NO.318)の坂上がパレードのルートになっているとも言えるかもです。(汗、笑)


ということで、今回はこんな感じです。

鍋割坂(NO.317)についても、LINEトラベルjpの記事「東京を代表的する坂道景観!皇居と桜田濠が一望できる三宅坂めぐり」にて取り上げてみましたが、補足があるので、ひとつの記事にて。

読み方としては、「なべわり坂」というそうです。
ホテルグランドアーク半蔵門の南側を三宅坂(NO.316)方面というか、内堀に向かって下っている坂道とも言えますかね。


鍋割坂(NO.317)1
写真1

鍋割坂(NO.317)の坂下から坂上方向を見たものです。(写真1)
坂道らしい景色といえば、この坂下あたりだけで、現地には坂の碑もないのでかなりわかりにくい坂道ともいえますかね。


鍋割坂(NO.317)2
写真2

あとはこちら。(写真2)
Visit Chiyodaという千代田区観光協会のサイトにも、鍋割坂を取り上げているページがあるんですが、実は、LINEトラベルjpの記事で紹介した場所とすこし違うんですよ。
そして、Visit Chiyodaに乗っている写真をよくみてもらうと、写真2と同じ場所ということがわかります。
実は、写真2の場所は、国立劇場の敷地内の道路というか坂道で、ホテルグランドアーク半蔵門の南側の坂道とは一歩南側を東西に走っているんですよ。
僕が参照した坂道本では、すべてホテルグランドアーク半蔵門の南側の坂道のことを指しているので、なぜVisit Chiyodaがその写真を掲載したかは不明ですが、まあそういうことなんですよ。

なので、そんなこともあり、千代田区も鍋割坂(NO.317)の坂の碑を現地に置きかねているのかなと妄想してみたりもしています。(笑)


ということで、今回はこんな感じです。

すこし日にちが過ぎましたが、LINEトラベルjpの記事「東京を代表的する坂道景観!皇居と桜田濠が一望できる三宅坂めぐり」にて、三宅坂を取り上げてみました。

しかも、三宅坂については、まだこのブログで取り上げていなかったんですよね。
そんなこともあり、令和になったときに、天皇陛下がここを通られたことでも話題になったので、LINEトラベルjpの記事で取り上げてみました。

ただこの坂道、前から思っていたんですが、記事には「東京を代表的する坂道景観」と書いたとおりで、特に内堀側の歩道を歩いていると堀と皇居の景色がすごく印象的なんですけど、写真に収めるとなるとまた別の話なんですよね。

とにかく、三宅坂は、道幅が広くて、車が走る部分と、景色が堪能できる歩道とは大きな街路樹と背の低い植物が間にあるので、車が走る側からだと堀がほとんど見えないんですよ。
そんなこともあり、記事のような写真になっております。

なので、そのうち超広角レンズ持って、ふたたび撮影にチャレンジするのも悪くないかなとは思っていますが、いつのことになるのやら。(笑)


三宅坂(NO.316)1
写真1

では、いつものおまけ写真ですが、こちらは坂上あたりからの内堀と皇居の眺めですね。(写真1)
やっぱり奥の高層ビルとのコントラストが印象的ですね。



三宅坂(NO.316)2
写真2

こちらは、記事でも取り上げた半蔵門の風景です。(写真2)
ただこの風景なにか変ですよね。

というのも、実は取材当日、ほんとたまたまですが天皇陛下が皇居から出られるところに遭遇したのですよ。(驚)
白バイと黒の車が、そうですね。

そしてそして、警備の方によれば写真撮影OKとのことだったので、ドキドキしながら待っていると。


三宅坂(NO.316)3
写真3

このとおり撮影させていただきました!(写真3)
ちなみに現地には、幸運にも偶然居合わせた方々が十人くらいいましたが、一眼カメラを持っているのは僕くらいだったと思います。



三宅坂(NO.316)4
写真4

その後、ハッと気がついて、三宅坂を走る車も撮ってみました。(写真4)
急いでいたので、ズームしたまま撮影したため、近景のみでわかりにくいですが、たしかに三宅坂を下るコースをとり走り去っていかれました。



三宅坂(NO.316)5
写真5

最後は、三宅坂小公園内にある「平和の群像」と最高裁判所を一緒に撮ってみたものです。(写真5)
なお公園についてはLINEトラベルjpの記事でも取り上げたので、詳しくは解説しませんが、この配置はいろいろ考えされられるものがありますね。


ということで、今回はこんな感じです。

このページのトップヘ