東京坂道さんぽ

先月のことですが、クリスマスの数日前に恵比寿ガーデンプレイスにふらりと寄った時に、やっと写真におさめることができた坂道とあわせて3つほど一挙に公開してみたいと思います。

ただ、この時は坂道目当てというよりは、恵比寿ガーデンプレイスに行くためだったので、今回はこのカテゴリーでのエントリーです。


恵比寿ガーデンプレイスそばの坂道たち1
写真1

いきなりですが。(汗)(写真1)
クリスマスの数日前で、クリスマスツリーも写っているので(しかも、時間的にも暗くなったばかりの夕方だったので女子多めでした)、なんとなくクリスマスムード満々ですけど、ここでは頭を切り替えてガーデンプレイス内の坂道がきれいにライトアップされているハレの風景と見てもらえるとありがたいかも。(笑)

ただ、こちらはこのブログでも何度か取り上げているので、まあこんな感じで坂道がライトアップされていましたよという写真です。
今でいえば、インスタ映え)というやつですかね。(汗)

あとは、みんながこの風景撮っているので、写真的な価値というよりも、この時期に(そしてこの坂道に、笑)”これだけ人が集まって写真を撮っている風景”というのを記録しておきたかったからというのもあるかもですね。


恵比寿ガーデンプレイスそばの坂道たち2
写真2

で、今回の本題はこちらです。(写真2)
ガーデンプレイスから駅までの平らなエスカレーターのある遊歩道を通っているといつも見える坂道なのですが、やっと撮るだけでなく、ブログでも取り上げることができましたよ。
ここは左側は下り坂、右側は上り坂になっていて見た目にもおもしろい坂道で、たしか山手線からも見えたんじゃないですかね。

ただ、今回は暗くなっていたこともあり、右側の上り坂のほうは通らなかったんですが、この記事を書く上で地図を確認してみると、坂上に「景丘ちいさい秋公園」なる公園があるみたいですね。
実は公園名からも推測できるのですが、いちおう軽くネットで調べてみたら、あの名曲「小さい秋見つけた」に関係する公園のようです。
(とりあえずこのことは別途、時間のあるときにでも坂道散歩とあわせて詳しく取り上げるかもしれません。)

ちなみに坂道自体は、左右の坂道ともに無名坂です。


恵比寿ガーデンプレイスそばの坂道たち3
写真3

最後はこちら。(写真3)
恵比寿駅東口の駅前から東に向かう道路なのですが、なにげに坂道になっていました。
もちろんここも名前のない坂道ですが、今回は、この傾斜具合と工事用のコーンの整列具合がおもしろかったのでぱちりと。(笑)


ということで、今回はさらりとこんな感じです。
要は、ガーデンプレイスと恵比寿駅の間にある坂道風景をきりとってみたという感じですかね。


地図
今回は一挙に3つプロットしました。

おめでとうございます。🎍

昨年は、ブログとあわせてLINEトラベルjpさんで記事を書き継続的に坂道マニア以外の人にも坂道関連のことをだいぶ伝えることができましたが、それとあわせてなにげに人生初のテレビ出演も経験でき、おもしろい体験もできましたね。
ただテレビでいえば、直接会った方には時々話しているんですが、10年ほど前にそういうお話をはじめていただいてから、その後もちょくちょくいろんな番組の制作会社からブログ経由で連絡いただくんですが、こちらからの返信連絡がおくれたり(汗)、はたまた条件やスケジュールがあわずに、という感じで話が流れてしまったりしたこともあり、今回が初体験ということだったのですよ。
まあ、そういうのは、昨年のクリスマスのFMラジオで沢木耕太郎さんが話されていたことをすこし借りるような言い方になりますが、僕がよく読んだり聴いたりしている作家さんやミュージシャンの方のライフスタイルに影響を受けているところもすこしばかりありそうです。(それ以前に人前で話すのがあまり得意でないという一面もありますが。)

あとは、昔どこかのSNSで書いたと思うのですが(ただSNSでの発言は、業者によっては時間が経つとたまに消えていたりなぜか非表示にされていたりすることもありますので今もみつからないのです。そういう意味ではブログは、そういうことがほとんどないともいえます)、地元つながりの同じ歳の友人がテレビで専門家として特集されていたこともモチベーションのひとつになっていたこともありますかね。

ただ、今回はそういう話もあるのですが、やはりなんといってもLINEトラベルjpさんのサイトの連絡先経由で連絡いただいたこともあり、制作会社とのやりとりがかなり早かったこともありますし、僕のようなマニアックな内容でも書かせてもらっているので、お礼気分も兼ねてテレビにでることを決めたということが大きいかもですね。(あ、もちろん連絡いただいた番組の内容に共感したこともそのひとつですよ。)


そして、このブログでいえば、今年もLINEトラベルjpの記事を地道に書いていたので、連携記事が多めになってしまい、さらに新しい坂道写真のほうもSNSに上げがちになっていたので、みんながSNSのほうに流れがちのいまだからこそ、あえて今年はもうすこしこのブログできちんととりあげていきたいなあと思っています。
あとは、今年もオリンピックのおかげで日々変化を続ける東京の坂道を含む街の風景を、ぼちぼちとではありますが切り取ってこのブログなりで紹介していければなあとも思っています。

ということで、2019年も気楽にお付き合いいただければ幸いです。

あけまして2019-1
目黒の富士見坂からの富士山です。
(いちおう2018年に撮ったものなので、最後にのせておきました。)

昨日で最終回を迎えた「西郷どん」ですが、いろいろ気になる坂道もでてきましたねえ。
まあ、それについてはおいおい、このブログなりLINEトラベルjpで取り上げていくとして、その前にですね、番組最後の解説でとりあげられていた代官山というか目黒の西郷従道の別邸のことですけど、気になって古地図みたりネットで調べてみたりしているんですけど、敷地の範囲がわからないんですよねえ。

西郷従道の別邸は西郷山にあるということで、これは以前、このブログの記事「とある街の風景267(西郷山公園で富士山)」でも公園のことを取り上げていたので、周辺についてはだいたいの土地勘はあるのですが、今回気になったのは、そこではなく、もしかしたら、上村坂(LINEトラベルjpの記事「隠れ史跡スポット東京「代官山」目切坂で富士山を&上村坂で昭和の大スターを想う」でも取り上げた坂です)も、実は西郷従道別邸からかなり近い場所にあることから、当時は敷地内か敷地に隣接しているかもしれないんですよねえ。

まあそれでどうなのかという話はありますけど。(^o^)

でも、もし西郷従道の別邸敷地内に上村坂があったとしたとしたら、それはそれでなかなか興味深い事実でもあるので、またぼちぼちとネットだけでなく現地調査+紙資料などにもあたりながら調べていくことにしますよ。

わかり次第、いろいろ妄想ひろげながら解説してみたいですので。(笑)


西郷従道の別邸と上村坂
写真1

最後はおまけがてらですが、西郷山公園で富士山がみえた時に、一緒に撮っておいた日没直前の上村坂の様子です。(写真1)


ということで、今回はさらりとこんな感じです。

このページのトップヘ