東京坂道さんぽ

世界中には僕の行ったことのない坂道はたくさんあるわけです。それに加えて自分の今の年齢を考えると時間も限られているということもありますし、これからは自分の行ったところばかりではない気になる世界の坂道関連ニュースも記録がてら取り上げてみようかなと。(笑)

まあ、このブログをはじめた頃から、時事ニュースは時々取り上げていましたけど、それの坂道版といった感じですかね。


そんなわけで、今回は、「全長80メートル「基坂」滑ろう 28日からウォータースライダー 函館」なる北海道新聞のニュースについて。

これは、北海道の函館に「基坂(もといざか)」なる名前のつけられた坂道があるんですけど、そこで、2018年7月の28日、29日にウォータースライダーが坂道に設置され、実際に滑れるイベントが開かれたという話。
とにかく現存する坂道に手をくわえずそのまま利用しているようですね。

しかもネットでいろいろ調べてみたら、ウォータースライダーイベントの当日の様子などをとりあげている47newsの公式動画もありましたよ。
なので、以下に貼っときます。



函館の坂道に水しぶき 全長80メートルのスライダー

↑いい感じですね。(^^)
僕の知る限りではこの試み日本初なんじゃないですかね。
開催にはいろいろ大変なこともあったかもしれないですけど、やはり「基坂」にこれを設置してくれてうれしい限りです。


ちなみに、坂道にウォータースライダーというのは、元ネタがあって、アメリカのサンフランシスコの坂道で、同じようなことが数年前におこなわれているんですよ。

言葉で説明するよりも当日の様子を伝えている動画がありますので、以下に貼っときますよ。



Urban Surfing down streets of San Francisco! - Bear Naked!

↑つくりは、今回のとほぼ同じですね。
ウォータースライダーの長さは約82mくらいとのこと。
なので函館のと同じくらいですかね。
ただ向こうらしいノリの動画になっていますね。(^^)


さらに、今の動画というかイベントのメイキング映像もyoutubeにあがっていましたね。



Urban Surfing - Behind the Scenes with Bear Naked

↑これみると、やはり入念な準備もしているようですし、ただ動画撮りましたという感じでもなさそうですね。
そういう意味でも、向こうらしいかもなんて思ってみたり。

あとは、これを見終えてから、函館のほうを再びみるとなんとものほほんとした気分になりますね。(^^)
まあ子供メインですしね。
でもそれがいいんですよ。


ということで、函館からサンフランシスコまで話が飛んでしまいましたが、今回はこんな感じです。


今回の坂道の住所
北海道函館市末広町

まずは、最近、トラベルジェイピーの記事にて『将軍が名付けた珍しい坂道。東京・飯田橋駅そばに佇む若宮町・ゆ嶺坂』と題して、ゆ嶺坂を取り上げてみましたので、よかったらどうぞ。


今回は、このブログでもだいぶ前に取り上げたゆ嶺坂を取り上げてみました。
ただ、当時取り上げたときは、2006年ということもあり、過去記事読んでもらうとわかるかもですが、今とは違っていろいろ気がついてないことが多いですね。(汗)

当時は、どちらかというと坂上にある若宮八幡神社のほうに意識がいっていますね。
まあ、それはそれで悪くはないんですけどね。

あとは、今回の記事は幽霊坂シリーズ第2弾的(もしくは3)な意味合いもありますので、あしからず。(笑)

そんなわけで、ここからはいつものおまけ写真をいくつか。


ゆ嶺坂 (NO.44) その2-1
写真1

まずはなんといっても、今回の発見は「坊っちゃんの塔」でしたね。(写真1)
場所的には、ゆ嶺坂の隣の無名坂のほうなんですけどね。


ゆ嶺坂 (NO.44) その2-2
写真2

近代科学資料館です。(写真2)
たまにきたときは中の展示物のほうに気がまわってしまいますけど、実は外観も楽しい建物だったんですよね。

あとは、なぜこの写真2のような建物写真を記事で載せないかというのは、以前にも書いたかもしれないですが、建築写真をのせてしまうと、こちらのほうが写真的にインパクトが強くなってしまうこと(写真サイズも同じなので、どっちを伝えたいかわかりにくくなる。まあテレビとかで坂道を紹介するなどの場合だとそれでもいいのかもしれないですが。)と、個人的に建物を触れるときはエッセイ風に文章だけで紹介してみたいという思いがあるからです。


ゆ嶺坂 (NO.44) その2-3
写真3

そして、これが若宮公園の公衆トイレの入り口ですね。(写真3)
高低差を利用して、しかも石垣の中にはいるようなつくりが印象的でしたね。


ゆ嶺坂 (NO.44) その2-4
写真4

最後は、同じく若宮公園の坂道に面していない方の入り口あたりのものです。(写真4)
なんだか映画のセットのようなつくりですが、これも公園の一部なんですよね。


ということで、今回はこんな感じです。

以前書いた「とある街の風景271(西宮の甲山森林公園をぶらりと)」の続き的な話ですが、甲東園と関学(=関西学院大学)の間におもしろい坂道と建築があったので、忘れないうちにとりあげておこうと思います。


ヴォーリズの時計台と甲山への坂道1
写真1

まずはこれですかね。(写真1)
場所は西宮市で、関学の正門へとつながっている道ですね。

写真1でいえば、奥のほうに関学があるんですが、実はここ写真ではわかりにくいんですが坂道になっているんですよ。(写真右側のレンガ花壇をみると傾斜具合わかるかもです。奥に向かってのぼる傾斜具合でした。)
しかも、よくみるとそのさらに奥にこんもりとした山が見えてますよね。
これがなんと、とある街の風景271の記事でも取り上げた甲山なんですねえ。


実はこの写真撮った時は、例の地すべり館に行く途中だったので(ブログの記事を書く前ですね)、目の前の道の傾斜具合に惹かれてぱちりとしたものだったんですが、最近見直してみると、アレレなんか写っているぞという感じだったのです。(汗)

そこで調べてみるといくつかおもしろい事実がわかりました。


ヴォーリズの時計台と甲山への坂道2
写真2

それがこの写真2ですね。(写真2)
これも関学の構内で、記念がてらなにげに撮ったものです。(笑)
関学といえば、知っている方も多いかもしれませんが、正面の時計台の建物が有名なので、この日も撮ったのですが、その後ろにはしっかりと甲山が写っていたんですよ。

ちなみに、この時計台はウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計ということくらいは知っていたのですが、さらに調べていくと、どうやらこの時計台、キャンパス内の校舎配置にも哲学があるようなのですが、それに加えて、キャンパス外についても甲山を借景となるように配置してつくられているようなのですよ。

それで、写真2のような景色が撮れたというわけなのですね。
ただ、手前のキャンパス外の坂道もそうしてつくられたかはいまのところきちんと調べていないので不明ですが、おそらく大学がつくられた時に、同時に整備された可能性もあるので偶然ではないかもですね。


ヴォーリズの時計台と甲山への坂道3
写真3

せっかくなので、近くにも行ってぱちりと。(写真3)
近くからみると堂々としたつくりに加えて、ヴォーリズが手がけたにおいみたいなものは感じられたかもです。
まあ、大学のシンボル的建物なので、堂々としているのは当たり前といえばそうなのですけどね。

ということで、今回はこんな感じです。


地図
兵庫県西宮市上甲東園3あたり

このページのトップヘ