東京坂道さんぽ

2005年08月

新宿西口広場にて。
さいきん新宿ばかりですね。(汗)


西口広場01

ここは、地上部分はバスターミナルになっていますよね。
以外と写真撮る人っていないみたいですね。


西口広場02

この広場は、知っている人はしっているかもしれませんが、設計事務所(坂倉建築研究所)がきちんと計画して(どの広場でもきちんと計画はされていますが・・・)、昔、話題にもなった場所でもあります。

駅へむかう人は、バスを使う人以外は、いちいち回り道するか、地下にもぐるなりして、いかなくてはいけません・・・。
けど、なんとなくこのだだ広ぴろいバスターミナルが新宿らしさをかもしだしている場所としてはポイント高いのかなとも思いますよ。

西口広場03

今回は、新宿御苑のすぐ前あたりから。

御苑の入り口付近から、代々木方面の風景です。


gyoenn_01

ドコモのタワーがみえますね。やっぱり目立ちます。


gyoenn_02

ここも同じ場所ですが、靖国通りの方向にむけてパチリと。
いちおうこの通りは「御苑大通り」という立派な名前があるみたいです。世界堂とかが写真の左手にある通りです。

ただ・・、
この通りを地図でみると、南北に走っていて、南は御苑の入り口あたり(ちょうど一枚目の写真のところ)でおわっており、北は、明治通りと合体するところでおわっているみたいです。

どこが大通りなんでしょう?
まあ靖国通りの丸井と伊勢丹の間はそれっぽいですけどね。
でもいい感じで道がカーブしてます。街路樹もわるくないと思いますけど、どうでしょ。

またまた新宿西口の新宿副都心の写真でも。なにげない風景ですが、実際はもうすこし幻想的だったんですけどね・・・。


新宿副都心夜

正面に写っているのは、新宿アイランドタワーです。
44Fくらいの高さの建物です。
駅から西へ行き、西口ビックカメラをぬけてエルタワーの横をぬけたあたりの風景です。

ほんとこのあたりは、これくらいの高さのビルにかこまれている感じですね〜。
でもそれほど圧迫感はないですけどね。

新宿西口にて


新宿副都心

パークタワーがみえますね。
まあ一般的には、新宿副都心といわれる場所です。
このあたりの道路の幅は、写真でみてもわかりますがかなりひろいです。
ここも片道だけで4車線ありますね。
それに比例した車の通行量ではないです。

でも数十年後、はたまた僕らが生きているうちに、ちょうどいい空間になるのですかね〜。
いまのところは、いろいろな西口の場所は、かなり無駄なスペースがおおいですけどね・・・。

将来が見ものです。

台風も無事さり、よかったですね。
街を歩いていると、コンビ二傘の残骸がときどき捨てられていて、その風がつよかったことがうかがえました。

今回の台風ですこし思い出したのですが、台風の目って知っていますか?
台風の目とは、台風の中心の部分のことですが、僕は、昔、小学生くらいだったと思うんですが、この台風の進路がぴたりとあい、台風の目の中に遭遇したことがありますよ。(たしかに、当時まわりの人もそういっていたと思います。)
ほんと、きつい風のあと急に晴天でドピーカンになり、そのあとまた雨風が強くなるということがおきました。晴天時(要は目の中心にいるとき)は、ほんと不思議な気持ちになり、うれしさとともに、不安がいっぱいという変な感覚だったことを覚えています。(笑)

もしかしたら、このブログ読んでいる方も同じような経験をされているかもしれないし、今回の台風で同じ経験されている方がいるかもしれませんね〜。
ということで、ちょっとこれから調べてみます。(笑)


Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 09月号 [雑誌]


かなり発売日から日にちがたってしまいました。(汗)

今月号(9月号)は、あの丹下健三氏の特集号です。このブログでもよくとりあげている新宿パークタワーの設計者でもあり、東京都庁の設計者でもある建築家です。僕らの世代ではあまりにもすごすぎる建築家なのでピンときませんが、わかりやすくいうと、あの安藤忠雄氏でさえも子供のようにみえてくるほどのすごい建築家ということです。(ちょっと表現がうまくいえませんが・・・。)
今回の9月号をみるかぎり、これらの2つの建物(都庁、パークタワー)も丹下氏にしてみれば過去に設計したなんてことない建物と感じさせるくらい紹介している建物や計画が壮大なものばかりです・・・。
ただ、本の内容もものすごく圧倒的な内容なので、そのあたりでおどろくのもおもしろいかもです。(笑)
あとは丹下氏が過去に設計した建物や都市計画なんかのリストものっていて、なかなかこんな情報は手に入りにくいのでよいかもです。

しかもこの内容の充実度はすごいです。これで980円とは、ただおどろくばかりです。(笑)

前のブログの記事の投稿で初めて携帯電話(FOMA)とパソコンをつなげて、moperaで試しにインターネットしてみました。
つながりは上々。まあつかえるかなという感じ。
まあすこしおそいけど、ブログの記事を投稿。とりあえず通信料がかかりそうなので、それでおわりました。

ただ・・・。

ただ・・・。

今日、携帯の料金を確認してみると・・・、なんとブログ投稿だけで2100円の通信料!!
ブログはデータ量が多いかもとは思っていましたが、まさかこれほどとは・・。(驚)
投稿して、画像アップロードして、保存して、再構築しただけでです。
ただパケット通信でしてしまいました〜。
正味、10分くらいの作業だったですけどね。

しかし、今日やっと電話回線つながりました。
まあ盆などがあったので、NTTの対応もおそく電話が今日とあいなりました。
それでやっとダイヤルアップ接続ができます・・・が、いつものネット環境にもどるにはさらに時間がかかるらしいです。(悲)

ということで、やっぱりおそいです〜。


渋谷にて


sibuya_kawa


明治通りの横を流れている、渋谷川です。
渋谷駅のすぐそばにもこんな川があったんですね。
水はほとんど流れてませんが。(笑)
ビルがぎりぎりまで建ちならんでいるのが渋谷に流れている川らしいといえばらしいかな。

地図をみると白金、三田、芝を通って東京湾に流れている川のようです。三田あたりから高速道路が上空に建っているようですね。(悲)


富士見坂9



新富士見坂/ 港区南麻布4丁目5 
 

富士見坂8の青木坂の一本北側にあり、幅6m程度のやや急なスロープで、S字に折れている坂です。


fujisaka9_sakaue
坂上より


坂上と坂下に坂の碑があり、「「江戸時代からあった富士見坂(青木坂)とは別に明治末期頃に開かれた坂で、富士が良く見えるための名であった。」」とあります。

坂名は、この坂が旧麻布富士見町にあったことに由来しています。
(富士見町の由来は、明治の頃にあった麻布御殿を「富士見御殿」とよんでいたことによるそうです。)
 
周辺は青木坂と同じで、大使館が多く高級住宅街です。また両坂とも外国人の往来が多かったです。

この坂も富士山がかって見えた方向には住宅やビルなどの建物のため視界が妨げられています。

fujisaka9_sakatyu
坂の途中より


fujisaka9_sakasita
坂下

(データ:傾斜12°、道幅5.7m)



地図
港区南麻布4

昼に地震ありましたね。
東北では、震度6を超えたらしいですね。(悲)
東京でも震度4だったらしいです。

僕は、幸いなにもなかったのですが、いかんせん現在、引越しのあとかたずけ中でものが山済みだったのでかなりびびりましたよ。(笑)


最近ブログの更新が遅れ気味で、すいません。

めずらしく、このブログで私的なことなどでも。
じつは、現在引越し中で、ネット環境が最悪の状態です。ちょっといろいろ事情があり、プロバイダーの都合でネット回線がつながるのに1週間くらいかかり、結局、パソコンはノートなので、モバイル(携帯からの通信)でネットすることになりそうです。(泣)
まあ、でもそれほど、思っていたよりわるくないのでなんとかなりそうですが。

ちなみに次は、世田谷区在住ということになります。
まあ別に隠すことでもなかったんですが、いまだからいいますが、いままでは中野に住んでいました。(笑)

ということで、今後もこのブログのことよろしくです。



東京タワー/ 安原直樹

やっぱりプロの写真はちがう。きれい!
いろんな東京タワーのみえかたがあっておもしろい写真集です。
巻末に撮影場所がわかるタワー撮影マップもついてました。
(一部の写真がアマゾンで見れるようになったようですよ。)

富士見坂8


青木坂/ 港区南麻布4丁目 
 

現在は青木坂と呼ばれています。

坂上と坂下に港区がたてた坂の碑があり、
「江戸時代中期以後、北側に旗本青木氏の屋敷があったために呼ばれた。」
とあります。


fujisaka_8_sakasita
坂下より。



すぐとなりはフランス大使館で、道はきちんと整備されていますが、大使館の壁と屋敷の庭に囲まれており、独特の雰囲気で、すこし暗い感じのする坂でした。
 
周辺はフランス大使館のほかにもいくつかの大使館があり、高級住宅街でもあります。

坂上からの富士山の方向の眺めは、遠くに高層ビル、近くは住宅街といった感じで、やはりここも今は富士山は見えません。


fujisaka_8_sakatotyu
坂の途中より。


fujisaka_8_sakaue
坂上より。


(データ:傾斜8.8°、道幅3.4m)




地図 
東京都港区南麻布4

新宿南口界隈にて。


minami_sinj_050808_2

文化学院のある空地というか広場からのパークタワーです。
広場は以外と広かったです。
でも、もっと広場に椅子おけばいいのに・・・とも思いました。(笑)


minami_sinj_050808_1

文化学院の裏手のほうです。なにげない道ですが、正面のビルが気になります。

所在地:渋谷区宇多川町


さっきの記事のつけたしです。

オルガン坂とは、渋谷区のHP(http://www.city.shibuya.tokyo.jp/)によると、井の頭通りの東急ハンズ横の交差点からパルコ前交差点へ上がる坂道で、通りの周辺に音楽関係の店が多かったところから命名されたようです。

また、東急ハンズ前の階段がオルガンの鍵盤に見えるから、という説もあるそうですよ。



地図
渋谷区宇多川町

渋谷にて。


sibuya0807_1

とある路地にて。
やけに電線がたれさがっています。怖いくらいです・・・。
トラックがもしとおればあたりそうな感じでした。(まあでもあたらないでしょうけど。あたったらたいへんです。(笑))


sibuya0807_2

東急ハンズ横からパルコへぬける坂の坂下より。
地図にはオルガン坂とかいてありました。

たまたまこのまえ新宿パークタワーにあるリビングデザインセンターオゾンへ行ったら、おもしろいイベントをやっていました。


villa

“スローバケーション”をテーマにしたもので、わかりやすくいうと南国リゾートのプールサイドを再現したというか、演出した構成で、それを体感できるというものです。(あまりに簡単にいいすぎかもしれませんが・・。)
主催者は、あのCONRANショップです。

会場内の写真をとってみたかったのですが、とめられたもので・・・。HPになんとなく雰囲気のわかる写真が掲載されているので、そちらを参考にしてください。 (HPはこちら。)

会場にはいると、センスのよさはもちろんのことびっくりするほど、癒し感まんてんでした。また、希望があれば、マッサージやドリンクなんかもそこで飲めるみたいです。
一度ふらりといってみるのもいいかもです。すぐとなりには、CONRANショップもありますしね。ただ、駅からは遠いです。(笑)でも無料のバスもありますよ。

CONRAN Villa
2005年7月21日(木)〜8月28日(日)※期間中無休
時 間:10:30〜19:00
会 場:リビングデザインセンターOZONE(3F OZONEプラザ、新宿パークタワー)

表紙にあるように番地のある風景写真をメインに街の写真などもところどころにおりまぜたマニアックな写真集です。


渋谷道
Beretta P-05 (著者)

わかりやすくいうと、街を歩くとよく見かける「○○区○○○丁目○○番地」という表示がありますが、それをくまなく写している特異な写真集ということです。(笑)
渋谷区にある番地全部を撮ったら・・・という一瞬のきまぐれを、本当に実行したのがこの写真集です。
たまに、その番地のなにげない日常の風景も一緒にあり、これはこれでなかなか視点がおもしろくよいです。

t_forum

東京国際フォーラムの中庭にて。

夜は地面に埋め込まれたライトが印象的です。
いろいろ話題も多いし、問題も多いホールですが、やはり東京の名物スポットのひとつではあります。



yoyogi_sinj

代々木あたりの一風景です。
やけにドコモのタワーが気になったので、パチリと。(笑)

新宿西口の安田火災ビルの地下あたりの写真です。


yasuda_nisi_sinyuku01

深夜ではありませんよ。
平日の夕方なのに、この人のなさ・・・は?
けっこう西口ってこういう場所多いですよね。


yasuda_nisi_sinyuku02

なんかよさげなので、ぱちりと。

富士見坂7


富士見坂 / 港区西麻布3丁目
 
坂下の外苑西通りから上がり、途中にルーマニア、ギリシャ、ラオス大使館がある坂です。
 
fujisaka7_sakaue


周辺は高級住宅街であり、外国の大使館などもけっこうあります。



fujisaka7_sakatyu

また坂上の近くには写真でもわかるとおり六本木ヒルズがあります。

坂下は外苑西通りにつながっており、そこから坂の途中から眺めると、この六本木ヒルズが遠景としてちょうど坂の延長線上に見えます。



fujisaka7_sakasita

坂上からはここも富士山はみるべくもなく、富士山がかって見えた方向には大きなビルなどが建っているのみです。

(データ:傾斜3.8°、道幅5.5m)




地図 
東京都港区西麻布3


-------------------------------------------------------------------

追記(2011.12.10)
そのうち、このブログにも転載するかもしれないですが、この坂の話をみちくさ学会でも記事にしましたのでよかったらどうぞ。
→ 「西麻布の各国大使館が密集している富士見坂

このページのトップヘ