東京坂道さんぽ

2009年12月

ブログネタ
路上探検 に参加中!
今回は、初台坂(NO.179)のすぐ近くでたまたま見つけたものです。



初台橋1

なにやら橋のようにも、コンクリートでできたガードレールのようにも見えますかね。
場所は、ほんとうに初台坂(NO.179)の坂下あたりにあり、山手通りからも見える狭い抜け道をすこしばかり、西の方へ歩いていくと、このあたりにやってきます。

そして、ここの地域情報でもないかなと、さらりと調べたところ、やっぱりあって(笑)、ここは、かつてはちゃんとした橋だったようで、「初台橋」という名前までついているようでしたよ。
(ちなみに、現地では橋名までは気がつかなかったのですが、「世田谷の川探検隊」というサイトにて、それらしきものを発見して、おそらく同じ場所だろうと・・・。)

なので、かつての川を暗渠化した場所にたまたま橋が残っているということみたいですね。



初台橋2

そして、見てのとおり、もうすこし近くで撮ったものです。
ちょっと見にくいのですが、橋の上をなにげなく見ていたら、なんとマンホールが見えていましたよ。(汗)
ということは、この橋は見た目だけのものなんですかね。
それともちゃんと掘り起こせば、橋の形というか機能は残っているのか、ある意味どうでもいいといえばそれまでなんですけど、気になりますねえ。。
しかも、マンホールの中がどうなっているかも見てみたいです・・・。(笑)

でもまあ、どちらにしても、ここまで橋の記憶みたいなものがはっきりと目に見える形で残っているのは、やっぱり嬉しい限りなんですけどね。



住所
渋谷区初台2

ブログネタ
路上探検 に参加中!
明日はクリスマスのイブだし、ベタにイルミネーション系の写真にでもしようかなと自分の中でなんとなくそう思っていましたが、やっぱり今回は、例年とは違う感じでさらりと。。(笑)



代々木公園の坂道

ちょっと前(といっても12月中です)に、代々木公園をぶらりとしたときに、なんとなく撮ってみたものです。
写真は井ノ頭通りのもので、ちょうど時間帯もよく、方向がほぼ西向きだったこともあり、なかなかいい感じだったかもです。
いちおうここは知っている方も多いとは思いますけど、坂道になってまして、正面の信号あたりまでの両サイドは代々木公園の敷地だったりします。
なので、これは代々木公園側の坂上から西側のほうを眺めた風景ということになります。
あと、坂下からの様子は、ブログをはじめて間もないころだったので、ちょっと写真が小さいですけど、だいぶ前にエントリーした“とある街の風景20(上り、下り?)”の二枚目の写真で撮っていましたよ。。
そして、これにも書いたみたいなんですけど、坂の両サイドは手入れされた緑に囲まれていて、ちょっと独特な雰囲気を出しているような気がしてしてしまいますかね。

ちなみに、この道路、井ノ頭通りと上では書いてみましたが、その後、ちょこっと調べてみると、井ノ頭通りというのは、この坂を下り、正面に見えている信号の向こうからのことらしいです(しかも、ここが井ノ頭通りの片方のスタート地点ではなく、正面の交差点を左に曲がり、NHKの横を通り、最終的には渋谷駅前の西武百貨店前あたりがスタート地点だそうですよ)。
なので、手前の坂道には特に通称らしきものはなく、東京都道413号赤坂杉並線と言うだけみたいで、さらに東へ行き原宿駅前をこえると、表参道という別名がまたつくみたいですね。
(ということは、過去にこの道の原宿よりの場所のことを井ノ頭通りと言っていたこともあったのですが、それは間違いということになりますねえ・・・。(汗))
そういえば、西武百貨店の前は井ノ頭通りていう名前だったよなあと、いまさらながら思い出すこと多々あり、なんでその時疑問に思わなかったですかね。。

しかも、そうなれば、「井ノ頭」の意味もちょっと調べたくなってきましたが、今日はこのあたりで、やめておくことにしますよ。


住所
渋谷区神南2あたり

ブログネタ
路上探検 に参加中!
所在地:渋谷区初台2

はつだい坂と呼ぶそうです。
場所は、坂上あたりは京王線初台駅からそれほど遠くない場所にあり、坂下は山手通りに面している坂道です。



初台坂(NO.179)1
坂下より

これは坂下から見たものです。
なんていうか、ここから見るぶんには、ちょっときついですかね(汗)。
別に整然としているのがいいとか、そういう問題でもなくて、なんというか右側の山手通りの工事中の荒れた風景もあわせて、なんだか写真映りは微妙かもですね。。
(とにかく、山手通りの風景は早くなんとかしてほしいなあなんて、思っている今日この頃ですが、それもいつになることやら。。)



初台坂(NO.179)2
坂の途中

ただ、坂道をすこし上ってくると、こんな感じでした。
このあたりまでくると、坂下の雰囲気がうそのように静かになり、左側に見えている大きな樹もなかなかいい感じで育っていました。
坂道自体は、ふつうに車どうしが十分すれ違えるくらいの道幅もあり、勾配具合もきつくもなくゆるくもなくといった感じでした。



初台坂(NO.179)3
坂の途中より2

そして、もうすこし坂道を上り、坂上のほうを眺めてみました。
途中から、坂道がゆるやかにカーブしだしていて、しばらくすると、こんな感じで、坂のむこうに東京オペラシティーの高層ビルが見えていましたよ。



初台坂(NO.179)4
坂上あたりより

最後は、坂上あたりから、坂下のほうを見たものです。
ここからだと、坂道のカーブ具合もわかりやすいんじゃないですかね。
しかも、このあたりまでくると、坂下からかなり歩いてきたこともあってか、ほんとうに坂下の雰囲気とは一変していて、閑静な住宅街といった具合で、坂の両サイドに高層マンションもほとんどみられず(あってもかなりバックしています)、ほんと空が広く見えていましたよ。


ちなみに、ここにはいつもの坂の牌はありませんでしたが、江戸東京坂道事典によると、
『地名や坂名の起源になった初台の局は、二代将軍秀忠に仕えた奥女中で、その墓は、彼女が開基した浄土真宗正春寺(代々木三丁目二十七番)の境内にある。』
とのことです。


地図
渋谷区初台2

ブログネタ
路上探検 に参加中!
ちょっと長いタイトルですが(汗)、すこし前に、小田急参宮橋駅近くでもあり、首都高速4号新宿線の代々木出入口近くでもある場所をたまたま通ったときに、なかなかいい感じの無もなき坂道があったので、ぱちぱちと。。



首都高新宿線の出入口あたりの坂1
坂上より

ちょうど左側には東京代々木ユースホステルなるものがあり、右側には参宮橋駅があり、その間をぬうように首都高速が走っていて、さらにこのあたりは、ちょっとした坂道にもなっていたりします。
なので、この写真は坂上から眺めたもので、奥のほうに小さく見えているのが料金所ということになりますよ。
しかも、この時期は、銀杏並木もちょうどいい感じで色づいていました。



首都高新宿線の出入口あたりの坂2

今度は、すぐ横の歩道を歩いてみると、ちょうど時期がうまくて、まだ踏み荒らされていない銀杏の葉っぱがしきつめられた銀杏絨毯が見れてしまいました。



首都高新宿線の出入口あたりの坂3
坂下あたりより

最後は、坂下あたりまでやってきて、坂上のほうをみてみました。
ここも歩いている分には、それなりに勾配具合が感じれるポイントなのですが、写真では、ほんとわかりにくですね。。
そして、遠くには、ガラスのビルを包帯でぐるぐる巻きした(あっ、だからってフランケンシュタインみたいだなんていう意味で言っているわけではないですので、あしからず・・・)ような、なんとも奇抜なデザイン(ちょっとかっこよく言えば、斬新なデザイン)の西新宿にあるモード学園コクーンタワーが見えていたり、手前には、地下からぬっと出てきたような首都高速の道路が、一番右側の一般道とわずかな段差のみでくぎられつつ、見えていたりとなかなかおもしろい風景が重なっていましたよ。
あと、左側にも立派な樹々が見えていますが、これは地図で見る限りは緑地帯でもあり、道路関係の車両の待機場所のようでもあるみたいですが、今回はよく確認していなかったので、これについては、またいつかということで。。



住所
渋谷区代々木神園町3あたり

「ぶらたもり」 たかたかたかたか・・・、というフレーズがなんだか耳に残る、あのタモリさんが都内をぶらぶらする番組ですけど、やはりこれは、このブログの記事としてそろそろ書いておきたいなあということで、今日はさらりと。

それにしても、なぜかこの番組、いつのまにか知っていましたよ。
誰からも教えられたわけでもなく、新聞をとっているわけでもなく、なんとなくネットをぶらりとしていて、たまたまNHKの番組ページにいきあたり、その時点で近々放送されることに気がつき、めでたく最初から見ることにあいなりました。

なので最初は、タモリ倶楽部の流れをひきつつもNHKらしくまじめな話などもまざりつつの番組なんだろうなあ、と思っていたら、やっぱりその通りで(笑)、そこは何回か見た後の今でもあまり感想は変らないですが、なんといっても、各回の内容がつぼをコリコリと心地よく揉んでくれる時もあれば、ああそこはまだこってないですよという内容もあるにはありましたが、どれもこれも今度は自分でも足運んでみようという話というか場所ばかりで(もちろんすでに足を運んだところもありますけど)、そういう意味では、やっぱりうれしい限りで興味深い番組という感じですよ

最近の放送(12月3日分)では、本郷台地ということで、地形と坂道の話がいっぱい出てきて、わ〜いという感じでしたが、それ以外にも三田・麻布の回での“がま池”の話も、以前にこの界隈を坂道散歩がてら、ぶらりとし、ブログを書いていて、なんとなく知ったことなのですが、あんなところにあんな場所があったなんてびっくりでした。
あとは、銀座の高低差にもちょっと驚きましたが、この回では、銀座の裏道界隈話のほうが興味深かったです。
それと、二子玉川が取り上げられたのは川つながりなのかなあとか、そういえばこの近くに国分寺崖線もあったなあとか、いろいろ思いつつも、どちらかというと今住んでいるところと同じ区内だし、それほどは遠くないので、タモリさんのちょっとひいた感じの態度とは違い、けっこう親近感を持ってみてしまいました。

しかも、ゲストの方たちもびっくりするような専門家の方々が大勢でていて、びっくりです。。

それで、それで・・・・。

と、
なんだか各場所で書きたいこともたくさんでてきてしまいましたが、このブログを見てもらってもわかるとおり、細かいことやどうでもいいようなことをいろいろとひろげながら妄想もくわえつつ書いてしまうくせがあるので(汗)、今回のようにまとめていろいろと書いているとほんとうにきりなさそうです。。

なので、その他のことは実際に歩いた時に、各記事でちょこちょこっと書いていこうかなと思いつつ、とりあえず今回はこれぐらいでやめておきますよ。。

ということで、前回までの放送では、
早稲田→上野→二子玉川→銀座→三田・麻布→秋葉原→日本橋→本郷台地
という順で都内めぐりをしており、来週は品川とのことです。


あと最後にですが、このブログを見ていて、もしまだ「ブラタモリ」を見ていないかたでもいれば、一度見てみるといいかもですよ。
(ちなみに、こういう話にうといと思われる(たぶん・・)、高校時代からの友人でもこの番組のことを知っていたので、こんなことを最後に書かなくてもよかったかもしれませんが、とりあえず。。)



追伸
上のリンクの方が、固定されたアドレスだったみたいなので、あらたなリンク追加しておきますよ。
ブラタモリ@Wikipedia

このページのトップヘ