まずは、最近、トラベルジェイピーの記事にて『将軍が名付けた珍しい坂道。東京・飯田橋駅そばに佇む若宮町・ゆ嶺坂』と題して、ゆ嶺坂を取り上げてみましたので、よかったらどうぞ。


今回は、このブログでもだいぶ前に取り上げたゆ嶺坂を取り上げてみました。
ただ、当時取り上げたときは、2006年ということもあり、過去記事読んでもらうとわかるかもですが、今とは違っていろいろ気がついてないことが多いですね。(汗)

当時は、どちらかというと坂上にある若宮八幡神社のほうに意識がいっていますね。
まあ、それはそれで悪くはないんですけどね。

あとは、今回の記事は幽霊坂シリーズ第2弾的(もしくは3)な意味合いもありますので、あしからず。(笑)

そんなわけで、ここからはいつものおまけ写真をいくつか。


ゆ嶺坂 (NO.44) その2-1
写真1

まずはなんといっても、今回の発見は「坊っちゃんの塔」でしたね。(写真1)
場所的には、ゆ嶺坂の隣の無名坂のほうなんですけどね。


ゆ嶺坂 (NO.44) その2-2
写真2

近代科学資料館です。(写真2)
たまにきたときは中の展示物のほうに気がまわってしまいますけど、実は外観も楽しい建物だったんですよね。

あとは、なぜこの写真2のような建物写真を記事で載せないかというのは、以前にも書いたかもしれないですが、建築写真をのせてしまうと、こちらのほうが写真的にインパクトが強くなってしまうこと(写真サイズも同じなので、どっちを伝えたいかわかりにくくなる。まあテレビとかで坂道を紹介するなどの場合だとそれでもいいのかもしれないですが。)と、個人的に建物を触れるときはエッセイ風に文章だけで紹介してみたいという思いがあるからです。


ゆ嶺坂 (NO.44) その2-3
写真3

そして、これが若宮公園の公衆トイレの入り口ですね。(写真3)
高低差を利用して、しかも石垣の中にはいるようなつくりが印象的でしたね。


ゆ嶺坂 (NO.44) その2-4
写真4

最後は、同じく若宮公園の坂道に面していない方の入り口あたりのものです。(写真4)
なんだか映画のセットのようなつくりですが、これも公園の一部なんですよね。


ということで、今回はこんな感じです。