ほぼ一週間前のことになりましたが、ちょうど3.11の日に夜の渋谷を訪れる機会があったので、今回は日記がてらです。


渋谷のよると32年前の映画のこと1
写真1

今年はヤフーの3.11関連の巨大な広告看板が渋谷の駅前でもあるスクランブル交差点にどどんとありましたね。(写真1)
「ちょうどこの高さ」と赤に白い文字で書かれているところがあるんですが、ここが地上から16.7mのラインで、この高さまで津波がやってきたこと示す意味で描かれているそうです。
実は渋谷でこの広告が見れるということは前から知っていたんですが、実際に現物を見たのが3.11だったのでいろいろな意味で考えてしまいましたね。
とにかく、あの日からもう8年ですか。

ちなみに8年前の3.11直後に渋谷の街を歩いたことを書いた記事をみちくさ学会にもあげています。


渋谷のよると32年前の映画のこと2
写真2

写真1だけだとわかりにくいので、奥に宮益坂が見えるポイントでぱちりと。(写真2)
こうしてみると16.7mという高さがどれくらいかわかりますね。
ちなみに、この広告は3月いっぱいまでとのこと。

あとは3.11とは関係ないのですが、巨大看板の左側に「屋上テラス&展望台」と書かれた看板も見えていますけど、このビルだったんですねえ。
ネット記事やSNSなんかで、たまにこのスクランブル交差点を真上から撮っている写真を見かけるんですけど、どこなんだろうといつも思っていたんですよ。


渋谷のよると32年前の映画のこと3
写真3

こちらは、スクランブル交差点からもそれほど遠くない場所にある工事中の宮下公園です。(写真3)
なんかすごいことになっていますね。
工事前の宮下公園については、このブログの記事でも以前に取り上げていましたし、なにかと思い出深い場所でもあるので今回も写真を撮ってみました。

ここは屋上部分に公園ができて下階に商業施設ができるみたいなので、こんな感じになっているみたいですね。
とにかくこうしてみるとけっこうな高さに公園ができるということですかね。


渋谷のよると32年前の映画のこと4
写真4

こちらも工事中の宮下公園です。(写真4)
タワレコのあの黄色いビルも見えているとおり、写真3の左側ですかね。
かつてここが公園だったということはまったくわからないですね。


渋谷のよると32年前の映画のこと5
写真5

いきなりですが。(写真5)
そんな変化の激しい渋谷をさらりと歩いたあとに、なんとこの日は、32年前(1987年11月)に公開された映画「私をスキーに連れてって」の上映会がカルカルで開催されたので参加してきたのですよ。
そして、写真5はその会場内にあわせて展示されていた映画でも使われたサロットのスキー板やカメラです。
これまでも2年前ですかね、お台場の映画館でも再上映されるということで大きな画面で観たことはあったんですが、カルカルさんでの場合は応援上映(しかも今回は中の方の解説つき!)で、さらにみんな思い思いのシーンで歓声を上げてもOKとのことだったので、みんなよく観ているなあと関心してしまいましたね。

ただ僕自身は、いつもならSNSなんかを通して実況くらいはしたかもしれませんが、なにぶんこの日が3.11という大事な日であったこともあり、抑え気味にしていました。

とにかく、32年前とはまったく風景も違ってしまっている現在の渋谷で、この32年前の映画をみんなでみるというのもなかなかおもしろい体験をさせてもらったかもです。

あとはひさびさに店長さんと話せたのもよかったかな。
なぜか映画やスキーのことではなく、坂道の話になったのもおもしろかったです。お台場時代のカルカルでの坂サミットのことも覚えていてくれたようですし。
でもまあ、スキーも言うなれば坂道を下るスポーツでもあるので、今後はそっち関連の話ももうすこしこのブログでも増やしていければなあと再認識してみたり。


渋谷のよると32年前の映画のこと6
写真6

イベント後にスペイン坂も訪れてみました。(写真6)
写真は撮りませんでしたが、ライズでなにか音楽イベントがあったらしく、その関係か坂上では若者が座り込んでいて、ある意味ひと昔ぽい夜のスペイン坂らしいなかなかな感じがありましたね。


ということことで、32年前の映画を見るということと3.11が重なり、当日はなんだか過去のいろいろな思い出にひたる気分になってしまいましたが、今回はこんな感じです。