乃木坂についてはこれまで何度か取り上げていて、直近では「乃木坂 (NO.132)その3 /乃木坂今昔」と題して今昔話をしてみたのですが、今回は最近ひさびさに訪れてみたら、けっこう変化があったので、記録がてらということで。


乃木坂 (NO.132)その4-1
写真1

いきなりですけど、坂の中腹あたりの様子など。(写真1)
だいぶ前に公開したトラベルjpでの乃木坂の記事(乃木坂46や駅名だけじゃない!アイドルと縁深い乃木坂めぐり)の写真と見比べてもらったらわかると思いますけど、なんとここにも坂の碑が新しく立てられていたのですよ。
しかも設置年月日は、令和4年4月とあったのでつい最近のことですね。

ちなみに坂の碑には「大正元年(1912年)、乃木将軍の葬儀と同時に幽霊坂という名は廃され、乃木坂に改められた。また、行合坂、なだれ坂と呼ばれた。」とありました。


乃木坂 (NO.132)その4-2
写真2

あとびっくりしたのが、坂上あたりを歩いていたら、上記でもリンクしたトラベルjpでの乃木坂の記事でも「アイドルグループ「乃木坂46」の名前の由来ともなった「SME乃木坂ビル」があります。」と紹介した坂道の途中にあるSME乃木坂ビルがなんと、今はジャニーズの事務所になっているようでしたね。

写真2でいえば、右側のビルがそれですね。

坂道をてくてくと上って、おおSME乃木坂ビルだと思ったら、ビルの入口の三角錐の案内板にジャニーズと書かれていて気がついたというわけです。

やはりこのあたりはいろいろと動きが早いですね。


乃木坂 (NO.132)その4-3
写真3

ここからはすこし脱線して、今日は5月5日のこどもの日ということで、乃木坂散歩とあわせて訪れた乃木坂からすぐの場所にある東京ミッドタウンのミッドタウン・ガーデンではためいていた鯉のぼりなど。(写真3)

ちなみにこれは東京ミッドタウンの公式サイトによれば、「こいのぼりGALLERY」という企画らしく、「子供の成長を願う」をテーマにアーティストなどが手がけたこいのぼりが100体ほど展示されているそうです。


乃木坂 (NO.132)その4-4
写真4

せっかくなので、ひとつ気になった鯉のぼりでも(写真4)
実は写真3でも奥に小さく見えているんですが、写真4では違う角度からぱちりと。

公式サイトの説明では「奈良『東大寺』狹川普文管長様が、人にとって一番大切な言葉は「ありがとう」「ごめんなさい」ですと、私に教えてくださいました。人、動物、植物、鉱物、宇宙のあらゆるもの、あらゆることへの感謝と謝罪の真理の言葉だと思います。」とありました。

いいですね。(^^)

ということで、すこし脱線話もしてしまいましたが、今回はこんな感じです。


地図
港区赤坂8あたり


リンク:こいのぼりGALLERY | OPEN THE PARK 2022 | 東京ミッドタウン