東京坂道さんぽ

〚Category: 日常のこと
ぶろぐ12年
あけまして
「POP UP!」というJ-WAVEの番組で、坂道の話をしてきましたよ。
幕張の夜
ぶろぐ11年
あけまして
ぶろぐ10年
あけまして
たまには、カメラのことでも。
ぶろぐ9年
まさかの大雪
あけまして
HISTORY VIEWなる機能とその他もろもろのこと
坂サミットおわりました〜。
スライドまとめてます。。
あけまして
東京でざいん散歩2012
友人のオープンハウスと坂道散歩。
ぶろぐ7年
みちくさ学会イベント日記
スーパームーン
たまにはお知らせ
昼モードと夜景モード
みちくさ学会の総会&
S氏のあつまり
あけまして
事典と辞典
天災
ブログいじりその後
ブログいじり

昨日、思い出しました。(笑)

2005年4月26日にブログを始めたので、12年目に突入してから1週間ということになりますかね。

なお11年目に突入してから年末までの主な動きなどについては、2017年の新年のあいさつで書いたとおりで、それからは特に変わっていないので、気になる方はそちらをどうぞ。

あとは、今、東京はオリンピックに向けて、なにかと大きめのビルなどができたり、建て替えられたりして、坂道からの景色も目まぐるしく変化しているところが多いですよね。
なので、そのあたりの変化については見逃さないようにしつつも、今年からは、もうすこし古い建物やらリノベ建物なんかについても、気にしてみようかなと思っています。
古いものなどについては、これまでも普段から気にはしていましたが、ブログではあまり取り上げてこなかったので、もうすこし意識して写真などで記録していこうかなとも思っています。
もちろん、坂道自体が古い存在なので、これまでのように新しい建物とのコントラストが面白いところもあるとは思います。でも「古い坂+古いもの」でもなにか楽しい発見はありそうですよね。

そういう意味では、これまでの視点に加えて、さらにプラスアルファの視点として、有形無形のものを扱う民俗学的なものも交えればなあと考えていますよ。とにかく個人的な興味も含めて、古いもの(+坂道)を理解するのにも、このブログなどを読んでくれている方々に伝えるのにもよさそうな感じがしているので、そういう視点も持って、今後は楽しんでみようかなと思っています。

ということで、今シーズンもよかったら気楽におつきあいください。

おめでとうございます。

昨年は、2015年同様に更新頻度が落ちたままとなってしまいましたが、そんな中、ラジオにもちょこっと出させていただいたり、たびねすでライターとして記事を書かせていただくなど、今後につながりそうなことが起きた一年だったかもです。
とにかく、前も言ったことあると思いますが、これもブログを書いていなかったらなにもおこらなかったことだとも思っていますので、以前のようなペースではなくてもぼちぼちと続けていければなあとは思っておりますよ。(とは言いつつも、義務的な感じにしないのをモットーにしたいとも思っていますが、笑)

ということで、今後も正統な名前のある坂道やこのブログらしい気になったなんてことない坂道に加えてちょっと脱線気味の(笑)時事風景などについても定期的に取り上げていきたいとは思っていますので、気楽にお付き合いいただければ幸いです。


あけまして2017


「POP UP!」という岡田マリアさんがナビゲーターのJ-WAVEでの朝のラジオ番組が「あるのですが、なんと、この前の10月12日の回で、坂道探検家として出演させていただいたのですよ。

まずは、放送を聴いてくれたみなさん、ありがとうございました。

とにかく、FMラジオへの出演は初めてで、昔からよく聞いていたJ-WAVEの番組に出演させていただくなんて、このブログをはじめた時には、夢にも思っていなかったので、うれしさと緊張が交互にやってくる中、生放送(そうなんです、生放送だったのですよ)にのぞみました。

ちなみに、radikoのタイムフリーなる機能(過去の放送分が放送から一週間以内のものならば、いつでも聞けるサービス)が直近の11日から始まったのですが、それを利用して、昨日、この記事を書くためにも、聞き直す決心をして、やっとこ出演した時の放送を聞いてみたのですよ。
とにかく感想としては、僕のパートの部分はともかく(ただ電話出演だったので、普段よりはすこし声がくぐもり気味になっていたかもですね)、この12日の回は、番組全体に坂道愛があふれていたのが、すごくうれしかったです。
しかも、リスナー回答でマニアックな坂道もけっこう紹介されていましたしね。

あと、当日の放送内容をまとめてくれている番組の公式サイトがありますので、よかったらどうぞ。
→『【J's Research】一度は行きたい!日本の坂は?』
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/2016/10/js-research-283.html

まあ、こんな感じだったのですよ。

はじめに依頼がきた時は、東京近郊のおすすめの坂を4つくらい選んでくださいときたので、都内や近郊の坂道をまず10個くらい選び、そこから半分にしぼり、最終的に4つ選んで、ラジオの放送作家さん(でいいのかな?)に、渡したわけなのです。
ただ、今回の放送では、おすすめの坂以外にも自己紹介やら、坂道を楽しむポイントなども話すことになり、これでは時間が足りないのではないか?ということになり、結局、おすすめの坂については2つだけの紹介ということになったのですよ。

なお、聖蹟桜ヶ丘の「いろは坂」については、前から気になっていて昨年くらいですかね、近くを通った時にふらりと寄ってみたらいい感じの坂道だったので、いつか紹介しなくてはと思っていたところだったのでちょうどよかったです。
今回のために映画も復習がてら見直してみたのですが、劇中には坂名などはでてこないのですが、あきらかにそれとわかる描写があり、劇中何度も登場するのですよね。(数えただけでも6回!)
とにかく、坂道自体の情報量も多いことや界隈の坂道も一緒に取材して総合的な視点で坂道を見てみたいこともあって、まだこのブログでは取り上げていませんが、そのうち、ちゃんと取り上げたいとも思っていますよ。
ちなみに、最近話題になっているアニメ映画『君の名は。』で聖地巡礼がブームになっている中、劇中でも実在の坂道が出てくるのですが、映画を見た方はわかってくださると思いますけど、「どこどこの場面ででていた坂道」と紹介するとけっこうなネタバレになりそうですし、ただ「映画の中にでてくる坂道」というのもさびしく、それ以上つこっまれるとこれまたネタバレになるということもあり、今回はタイムリーな坂道よりすこし昔の映画だけれども、ジブリ映画の『耳をすませば』ででてくる聖地巡礼スポットということで「いろは坂」を優先して選んでみたのですよ。
まあ、選択理由はそれだけではないですが、かなり大きな要因のひとつと言ってもいいかもですかね。

あ、そうそう。
最後に、J-WAVEのまとめページには書かれていないのですが、番組中、実は坂道にまつわる曲がオンエアされていたので、メモしておきますよ。

1曲目:
「坂道」/くるり

2曲目:
「陽のあたる坂道 」/DO AS INFINITY

3曲目:
「多摩蘭坂」/RCサクセション(忌野清志郎) 

という感じだったのですよ。
このあたりは、ラジオらしい展開で、感動すらおぼえましたかね。

あ、あと番組を最後まできいていたら、ひきつぎで、岡田マリアさんから次の番組のナビゲーターのサッシャさんにもなにか回答をもとめる感じだったので、もしかして?と思い、ひきつづきタイムフリーでちょこっと聴いてみたら、やはり坂道のことを冒頭で話してして、サッシャさんのおすすめの坂道として「別所坂」をあげておられましたよ。

ということで、気がつけば長くなってしまいましたが、今回の関係者のみなさん、リスナーのみなさん、どうもありがとうございました。

今回もひとやすみです。

気がつけば、一ヶ月がたちかなり客観的になれそうなこととあまり期間をあけてしまうと、この日のことを書くのもおっくうになりそうでしたので、今回は日記気分で幕張に行った時のことでも。

ほぼ一ヶ月前の6月16日に幕張メッセでおこなわれたperfumeの幕張ライブ初日に参加してみたわけですが、今回はそのことにはあまりふれず(なんじゃい、笑)、ライブ終了後に電車がお客でむちゃ混みしそうだったので、いく前から考えていた幕張メッセ周辺の夜散歩を実行してみたのです。

そこで、幕張といえば海ということで、幕張メッセを出て、海方向に歩いて行く途中にですね、いろいろぱちぱちと写真を撮ってみたのですよ。


幕張の夜1
写真1

まずはこちらから。(写真1)
幕張メッセの海側には県立幕張海浜公園なる公園があったので、そちらにいく途中、大通りを渡る歩道橋があり、ちょうど幕張メッセが見える場所があったので、ぱちりと一枚。

幕張メッセの南東側にアパホテルの高層ビルがあるのですが、ここはそのホテルのそばにあった歩道橋で、そこから北西側を撮ったものです。
ちょうどポイントとして、メッセの中でも、さきほどまで参加していたライブ会場のあったメッセの北西側エリアのホールの屋根やら建物がみえておりましたよ。
「おー、さっきまであそこの中にみんないたんだなあー」としんみり。(笑)
ちなみに、当日は一日中雨が降っていて、写真をみてもわかる通り、夜もけっこうな雨が降っていました。
ただ、僕がこの日もっていったミラーレスカメラが簡易防水仕様で強烈な手ぶれ補正のおかげで夜景にも強いので、こんな写真が気楽に撮れたのですよ。(傘もって片手でシャッターでもですよ。)
おかげでカメラはかなりびしょびしょでしたが、ふつうに動いてくれました。

雨風のためレンズまでぬれてしまい、いちいち何度も布でふきふきしながらの撮影を経験できたわけですが、その点ではよくブラタモリが雨の中、ロケをやっているのを思い出して、番組では特にそういうカメラの画面が雨粒でぬれるシーンというのもほとんどないので、そういう意味ではテレビのカメラマンさんのノウハウすごいなあとあらためて思ってみたり。


幕張の夜2
写真2

せっかくなので、道もいいですが、このブログらしく階段からの景色なども。(写真2)
正面に見えている曲線の影のシルエットが幕張メッセですね。
まさにあの天井の下、シルエットのなかでライブがおこなわれたわけですな。(しみじみ)


幕張の夜3
写真3

あと、この歩道橋自体もかなりかっこいいつくりになっていたのですよ。(写真3)
雨露がライトアップに照らされているのもいい感じ。
というか、肉眼でみた時よりも、カメラが光を多くひろってくれたおかげで、実際の見た目以上にきれく撮れているかも。
そして、海はこの奥にあるのですよ。
なので真暗です。


幕張の夜4
写真4

そして県立幕張海浜公園の中をぬけて、砂浜まででてきてぱちりと。(写真4)
方角的には北西なので、ちょうど都内のほうを向いて撮った感じですかね。
右のほうには千葉ロッテマリーンズの本拠地でもあるQVCマリンフィールドもちらりと見えていました。
ただこの場所、写真ではけっこう周辺の景色も見えていますけど、実はまわりに照明などがなく、歩くときは懐中電灯(当日はスマホの簡易ライトでしたが)がないと歩けないくらい真暗だったのですよ。
でもこのカメラなら奥のわずかな船の灯りをひろってくれて、シャッターがきれたのですよ。
しかも、この時も雨だったので、三脚などつかわずに手持ちです!(ありがたやー、オリンパスさん、笑)
ちなみにこのあたりは幕張新都心とよばれる1970年代後半に埋め立てによって開発された場所のようで、この砂浜も自然のものではなく人工砂浜のようですね。
そのためか、ここには明るい時にもきたことがありますけど、広々としていて人工ということもあり、こんな砂浜があったらいいのになあという要素がけっこう盛り込まれている場所だったことは覚えておりますよ。
そんなこんなで、この時はさっき書いたとおりけっこうな雨だったので、砂浜はけっこう雨水を吸い込んでどろどろだったので、写真を撮ったあとは、海のそばまではいかずさっさと退散したのでした。


幕張の夜5
写真5

夜のこともいいのですが、先日、perfumeのTwitterで、ライブ当日のこともサイトで取り上げてもOKみたいなつぶやきがあったので、せっかくなので当日屋内でのコンデジ写真もすこし。(笑)
写真5は、グッズ売り場の様子です。
こんな広々とした幕張ははじめてだったので驚いて何枚か撮ってみたものの中からの一枚です。
とにかく広い!
おそらく、僕の行った日は平日だったので、これくらいの混み方で済んでますが、土日はさらに混むのでこれくらいの広さがないとだめなのかもしれないですね。
通常なら会場の外(野外)などにあることが多いはずですが、ひとブロックを借りてしまうとは。。
おそろしやperfume。(笑)
ちなみにライブ会場は、このブロックの左隣に有料の荷物置き場のブロックがここと同じような広さの場所であり、さらにその左隣がライブ会場という室内構成になっとりましたよ。
そしてライブ会場自体もとんでもなく広かったのですよ。
とある匿名のTwitterに「この会場構成に、お客のことを考えてこの広さにしたのでは?そういう意味ではホスピタリティーがすごい」とか書いている人がいて、そのことが実は今も記憶に残っていて、そういわれてみたらそうだよなあと、写真を見直しながら(好意的に)思ってみたり。


幕張の夜6
写真6

いちおう、写真6だけでは、なんの会場だかわからんかもなので、同じ会場で記念に撮っておいたものでも。(写真6)
今回のツアーグッズを並べているブースですね。
僕も記念にバッジくらいは買いましたよ。(笑)

なんというか、過去にはシンガーソングライター系の歌手の方々やjazz系のライブなどに足を運ぶことが多かったのですが、この数年の間に不思議な出会いを経て、なんとなくperfumeの存在を知ってから、こんなところまで(もちろんいい意味でですよ)きてしまうとは。(笑)


幕張の夜7
写真7

ということで、夕方のライブのことを書いているとだんだん熱くなってきて余計なことも書いてしまいそうなので、これくらいにして、最後は幕張メッセのメインゲート部にある階段を帰り際に撮ったものでも。(写真7)
さすがにライブが終わってから時間がだいぶ経っていたので人はほとんどいませんでしたかね。


ということで、今回はこんな感じです。


住所
千葉県千葉市美浜区中瀬2あたり

今年は覚えておりましたよ。(笑)

2005年4月26日にブログを始めたので、11年目に突入ということになりますかね。

なお10年目突入から年末までの主な動きなどについては、2016年の新年のあいさつで、書いたとおりですので、気になる方はそちらのほうを読んでください。

とりあえずは、昨年あたりから都内のあちこちで様々な工事が行われていたり、オリンピックを見据えてなのか大型施設が次々とオープンするなどして、あまり散歩しない人でもわかるくらい東京という街がどんどん様変わりしている中、それにともなう形で坂道界隈も景色なども含めてけっこう動きがあるので(なんか変な言い方ですが)、この点は見逃さないように記録しつつ、自分もいろんな意味で楽しみながらブログ書いていければなあと。

あとは、肝心の坂道の記事のほうが実はこの1年で少なめだったような気がするので(現段階でもまだ、NO265という坂道ナンバリングからみても)、これはなんとかしないとなあと思いつつも、坂道のことは知れば知るほど、気になることがたくさんでてきて、記事書くのにも調べることが多くなり時間がかかるという状況になっているので、こればかりは気長につきあうしかないのかなと、最近では思うことにしていますよ。

ということで、今シーズンもよかったら気楽におつきあいください。

おめでとうございます。

昨年は、特に夏以後がくっと更新頻度が落ちてしまった中でも、坂道ブログ的には、テレビ関係の方々に声をかけていただいたりすることが数件続くという驚きの展開があり、このブログを見て下さっているかたというか気にかけてくださっている方々とお話などもできる機会もあったので、その点ではすごくはげみになりました。
(ちなみに忘れないうちにここにて軽く報告しておきますが、企画の相談を受けた「美の壺」の坂道特集のほう、BS放送だったため、リアルタイムでみることが出来なかったのですが、録画してもらっていたものをやった最近みることができましたよ。内容のほうは、なるほどーという感じでしたし、おもしろかったです。(感想になっていませんが・・・。))

あとは、数年後の東京オリンピックに向けて、都内に住んでいる方はすでに気がついている方も多いとは思いますが、東京のいろんな場所の景色が忽然と消えたり、はたまた加速度的に動きだしているので、そういう点も大いに気にしつつも、昨年も言ったと思いますが、タイトルに”東京”とついていることもあり、初期の頃はほぼ東京ネタ中心でしたが、やはり気になる坂道があれば、東京だけにこだわらず記事にしてみようという考えは、あいかわらず今年も持っていますので、都内の坂道(および建物、景色)とあわせて、ぼちぼちと更新していければなあと思っておりますよ。

ということで、本年もよろしくお願いいたします。


あけまして2016new

今年はすっかり忘れておりましたよ。。(汗)

ちなみにブログをはじめたのは、2005年4月26日なので、どう見ても10年目に突入ということになりますかね。

昨期も自転車雑誌で紹介していただくなど、なかなか大きなこともありましたが、今期はぼちぼちではありますがブログを更新しつつ、10年目ということで、なんか目新しいことをするかは未定ですが、とりあえず大きな動きがありそうな予感もありまして、まあそれはおいおいお知らせできればなあと思っています。

ということで、坂道探検については、地道に歩き進めていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

おめでとうございます。

昨年は、2013年の時のような大きな動きといえば、FUNRIDEというスポーツ自転車専門誌で紹介してもらったことがぱっと思いつく感じですが、これについてもやはりブログを書いていなかったらなにも起こらなかったことだと思いますので、最近は、記事を書くと色々気になることが多く長めのエントリーとなってしまうこともあり、のんびりペースとなりがちですが、引き続き更新は続けていきたいなあとは思っております。

あとは、数ヶ月前に、このブログで使うメインカメラを画質のよい一眼カメラのpenに変えたので、そのあたりの特性みたいなものを生かした記事やら、なんてことない(でも実際は有名スポット多数登場してますが・・・)まちの普段の風景をなるべく取り上げてみることにしている「とある街の風景」シリーズもせっかくなので強化していきたいなあとも考えていたりしますよ。

またそれ以外にも、”東京”というタイトルをブログ名につけていることもあり、いままでは東京ネタが多かったですが、僕自身、神戸出身ということもあり、地元をはじめ他のエリアでもなにげにいろいろ気になる場所が連鎖的に多くなってきているので、そろそろ散歩する範囲(というか記事で取り上げる範囲ですかね)を広げてもいいのかもなあとも思っていますが、なにせ都内の坂道だけでもまだまわっていないところがたくさんあるわけですので(汗)、とりあえずそのことについてはおいおい更新しながら考えることにしてみますよ。

ということで、気がつけば、こんな日まで更新が遅れてしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。



あけまして2015


たまには

とりあえず、さきほど近所を散歩しながら、宮本常一さんを意識して(汗、冗談です・・)、penの実践配備というか、たまに使う形から普段使い(坂道さんぽなどで)へと今後移行すべく、まずは試しに夜景撮影してきました。

よく考えてみればこれだけ写真をブログにアップしているのにも関わらず、最近はカメラのことについてはなあなあな感じになっていて、さらにブログの更新頻度も落ちてるので今回は気分転換ということでちょっと寄り道です。

とにかくpen自体はだいぶ前から持っていたのですけど、やはり普段使いするとなったら話は別で、僕の場合、まずは機器の細かい設定をせずにオートの状態で夜景撮影することで、カメラがどれくらい光をとらえてくれるかがすぐわかることと、手ぶれ具合も三脚なしでどれくらいまで対応できるかもすぐわかるので、たまに手慣らしがてらこんなテストをしています。

ただ普段使いのカメラということでいえばやはり機動性からいっても今のカメラはかなり使い古したものとはいえ電池の持ちが半端なくよくてまだまだ使えそうなので、併用というのがベストかもしれませんし、ちょっとした日常の感じを記録したいということが多いので、とにかく普段使いしてみて試してみないとわからないというのが本当のところですが。。

あとは、フジフィルムのXQ1という昨年でたばかりの機種も機動性の点から言っても気になってはいますが、penで大丈夫となればそれはそれでという感じになりそうなので、このことについてはまだ先の話なので、まあなんというかかんというか。。

2005年4月26日にブログを始めて以来、今日で9年が経ちました〜。

昨年は、この時期、みちくさ学会の電子書籍が出版されたりして、いろんな意味で浮き足立っていたとこともあり、例年書いていたのにもかかわらず書くの忘れていましたけど、今年はちゃんと書けましたよ。

とにかくこの一年は、坂道ネタにもかかわらず、お台場カルカルの坂道サミットだけでなく、坂道散歩イベント(&レクチャー)もあわせて、ひとまえに出ることがたびたびあって、いろいろ学ぶことが多かったです。
イベントに参加してくださった方々、ありがとうございました。
そして、もうそろそろ自分もいい歳なので、ここまできたらいっそのこと坂道探検だけに没頭というだけでなく、いろいろな方々と協力していくこともそろそろしてみても面白いのかなーとか時々思ってはいるのですが、どうしましょうかね・・・。

あとは、最近すっかりご無沙汰しているみちくさ学会のほうも、あれは別にサイトが終了したわけではなく、締め切りがなくなっただけですので(汗)、気が向けばまた再開できればなあとか考えていますけど、こちらもどうなることやら。。
なので、当面は、みちくさ学会の電子書籍のほうで楽しんでいただければと。

ということで、これからどんどん温かくなってきて散歩もしやすい季節になってきましたので、いろいろ独自の視点も交えて坂道探索していきたいと思ってますのでよろしくお願いします。



みちくさ学会 研究報告第1集 自宅の近所・通勤通学路にあるもの (impress QuickBooks)

まさかの大雪1

前回の記事で、もうこんな雪は東京で数十年ないだろうと思い込んで、先週、雪が残る渋谷の坂道を取材したわけなのですが(渋谷坂道雪景2014)、なんとその次の週に同じくらいか、もしくはそれ以上の大雪になるという事態になってしまったのが昨日というわけだったのですよ。

そして、またもやわけのわからない好奇心がとまらなくなり、夜にもかかわらず(朝から雨との予報だったので)、家からすこし離れたとある場所を歩いてきてしまいました。
詳しい場所は明かしませんけど(今回は日記エントリーにしたので)、とにかく坂道ブログらしく坂道になっている場所(もちろん23区内ですよ)にてシャッターおしてみたのが上の写真です。
ここはどこ?という感じでしたよ。
でも、この日というか時間は、写真みてもらってもわかるかもしれないですが、吹雪いていて、実はこの写真撮るだけでもなかなか大変だったのです。(笑)
いちおう、ゴアテックスのジャンパー着込んで、足元もトレッキングシューズ履いて軽い冬山仕様で歩いていたので、寒さや水濡れとかは感じなかったのですけど、ひととおり歩いてから自分の服を見てみると回りの景色と同じように雪がひっついて真っ白になっていました。。


まさかの大雪2

で、最後にもう一枚。
人静かな場所を雪に埋もれながら歩いていて、ちょっと一枚と思いシャッターを押してみると、思いもよらなかった雪景色が撮れてしまいましたよ。
でも実際のところはカメラの設定ミスのおかげで偶然撮れたもので狙ったものではないというところがオチなのですけどね。

ということで、ちょっと記録もかねて今日は、いつもと違う感じで書いてみました。

では、まだまだまわりにも雪がたくさん残っているようですのでみなさまお気をつけて。

おめでとうございます。

昨年は、なにかと坂道関連で人前に出ることも多くなり、カルカルにはじまり坂道講師関連などいろいろな方にお世話になりました。
とにかくこのブログがきっかけでいろんな方々に会うきっかけができたのはよかったなあと。

また、年末はかつてないほどにこの坂道ブログの更新頻度が落ちてしまい、年末に2013年の簡単な総括みたいなことも書こうと思っていたら、あっという間に年越してしまいました。。
でも、ブログ自体はネタはまだまだありますし、まだ公開していない坂道写真もけっこうあり、というよりこのペースで記事をあげていたら、都内の坂道だけでも紹介が終わるのがいつになるのか怖くなってきますので、今年はぼちぼちではありますが、もうすこし更新頻度を前の状態にもどせればなあと考えていたりします。

ということで、本年もよろしくお願いいたします。


あけましておめでとうございます。


追記(1月4日):
あ、そうそう。カルカルや講師のことは触れているのに、みちくさ学会の電子書籍のことはそういえば書いてなかったのですけど、この電子書籍も昨年の2013年に出たものなんですよ。とういうことで、よかったらどうぞ。
みちくさ学会が電子書籍化されましたー。

なんかライブドアさんからメールきててなにかなーと思ったら「HISTORY VIEW」なる機能ができたので見てくださいということでしたよ。


HISTORY VIEWなる機能

ちなみにこのブログの「HISTORY VIEW」は次のような感じです。
http://blog.livedoor.com/10th/history/kf7654?_f=10thmail_view

ブログを書き始めてから現在の記事まで一気に眺められるものらしく、恒久的なものなのか一時的な機能なのかはわかりませんけど、ライブドアブログが始まって10周年を記念してのものらしいですよ。

いちおうライブドアブログの10周年記念サイトもできてるみたいです。
livedoor Blog 10th Anniversary

個人的には、このHISTORY VIEWとともに、ブログテンプレートで縦書バージョンができたというのは気になる情報ですかね。


あ、あと、このHISTORY VIEWで思い出したのですけど、実は毎年4月になるとブログ何年目ですーという軽い総括みたいな記事を書いていたのですが、今年はカルカルなどの坂道イベントなどでうき足だっていてすっかり忘れていて書いてなかったのですよ。
なので今年はそのままスルーしますけど、また来年以降はなにかひとこと書いておきたいと思っていますよ。

また散歩情報もいくつかいただいていたりしてますので、またそれを参考にしながら、しかも東京オリンピックも決まったのでなにか関係ありそうなことでも探しつつ、のんびり坂道散歩できればなーと考えておりまする。

では今後も引き続きよろしくお願いします。

というわけで、会場に足を運んでくださった方、そして関係者のみなさま、ほんとうにありがとうございました!

もう今日は、情報いっぱいもらいすぎて、頭のなかは混乱状態であります。

しかも気がつけば今日は一枚も写真撮ってないのです。(汗)

なので、今日は軽くこんな感じですが、またこの経験を生かしつつブログにも反映していければなあと思っています。

そんなわけで、ほんとうにさらりとですが、おやすみなさい。

ばたり。。

20130228

いやはや。

週末にせまった坂サミットのために過去の資料やら写真やら新たな資料やら(やらやらがしつこいですが・・)。

とにかくこれらの資料をひさしぶりにあらためて(いっきに)みてたら色々と驚くこと多しです。

ただこれら、いろんな意味で量が多すぎて、坂サミットのスライドにすべて押しこむのは無理です。。(汗)

うーん、どうしましょ。

でもまあ、そのエッセンスくらいはなんとか詰め込んでまとめれればなあという感じです。


ということで、最近は更新があきがちでなんですが、今回はさらりと日記がてらでした。

おめでとうございます。

今年も名前のある坂道に加えて、なんとなく気になる坂や忘れ去られているような場所みたいなところもどんどん歩いてみて自分の視点もいれつつブログで取り上げてみれたらなあと思っていますのでよろしくです。

あとは今年もなにげに坂道ブログつながりでの動きもありそうですのでぼちぼちとおまちくださいな。

ということで本年もどうぞよろしくお願いいたします。


20130101

世間ではいろいろと動きがあったのでなんともイベントがおわってから2週間も過ぎてないのに随分前の感覚になってしまいましたが、今年は東京ウォーカーでも取り上げられていたこともあり、なんかよくわからないですけどすこし気になっていたので(動機が軽すぎですが・・・)、勢いというか学園祭気分でひさしぶりにTDW2012関連のイベントをいくつかぶらぶら散歩して、しかもメインの外苑会場の中にも入ってきてしまいましたよ。
(※TDWとは東京デザイナーズウィークのことです。サイトもありますよ。→http://www.tdwa.com/

なので気がつけば外苑の会場で中に入ったのは5年ぶりぐらいですかね。
しかもこのブログでとりあげるのも2007年以来なんですよ。。
そういえば、初期のころのTDWってたしかメイン会場は外苑でなくてお台場だったような。。
月日はあっというまに過ぎていくもんですね。


tdw2012_4

とまあそれはいいとして、今年の外苑の会場内にはなんとあのPerfumeのコンテナブースもありましたよ。
いちおう上の写真がその外観です。
3人が中で踊っていましたよ。(もちろんホログラムですけど。)
しかもPerfumeのメンバーもお忍びで見に来たらしいですね。(←ラジオ情報らしいです。)

ということで、最近は散歩ネタが多くて、タイトル見た方は、え!と思った方もいたかもしれないですけど、今回は日記がてらのエントリーなので、話はこれぐらいで軽くおわらせて、とりあえずTDWやらその他の会場に行った時にとりあえず撮ってみた写真の一部をアルバム(ピカサ)にアップしてますので、気になる方はよかったらどうぞ。

TDW2012and・・・。

このまえ、町田のほうで開かれた友人の関川くんの自身初のオープンハウスでのことはこのブログでも紹介しましたが、なんとそれからまだ日も経ってないのに、またまた新しい家が竣工したらしく、そのお披露目会というかオープンハウスにお呼ばれしたのでとりあえず行ってみましたので、今回はその報告など。

時期的にはもう気がつけば一ヶ月ほど前の話なのですが、当日はさすがに前回の町田の家から一ヶ月しか経ってないのにまたオープンハウスを開くということをきき、ちょっとびっくりしながらも、ちょうどうまく時間があいている日だったので訪問することができました。

まず、この家の場所なのですが、(お施主さんのプライバシーのこともあるので、だいたいの場所しかいえませんが)JRの大森駅から徒歩10分くらいの場所にありました。
なのでこのブログ読んでくださっているかたならわかると思いますけど、最初、メールでこの家の住所をきいた時は「ええ〜!」という感じでしたよ、笑。(ここ最近取り上げている池上本門寺界隈の坂道から大森駅までは距離的に目と鼻の先ほど近いですからね。)
そんなこともあり、当日はオープンハウス見学とあわせて坂道散歩まで強行してしまったわけですが(汗)、これが以外といろんな視点でみる練習にもなり、建築見学に坂道散歩、さらに友人との再会という具合に、なんとも楽しい一日をすごすことができたかもです。
唯一のこころ残りは、坂道散歩したおかげで、オープンハウスがおこなわれている現地に到着するのが遅くなり、関川くん以外の見学にきた大学時代の同級たちとスレ違いになってしまったことですかね。

そんなわけで、すこし現地見学した時のことに話をもどしましてですね。


またまたオープンハウスです。1
写真1

坂道散歩してくたくたになりながらも大森駅を通過し、教えられた住所までやってくるとありましたよ。(写真1)
白を基調とした外観のかっこいい感じの家でした。
しかも規模も大きかったです。


またまたオープンハウスです。2
写真2

今回は室内の写真もたくさん撮ったのですが、実はまだ工事中のところも多かったので、大半の写真はピカサのほうにおさめつつ、ここではその中から、リビング・ダイニングルームの大空間の様子を撮ったものをセレクトしてみました。(写真2)
もうなんかこれみるだけでもつくりがゆったりとしているというなんというか。
とにかく豪邸でしたよ。
建築面積だけでもおよそですが80坪あるそうです。(驚)
もちろん2階もありますしね・・・。(2階もあわせると約130坪だそうですよ!)
あとは建築的な視点でみれば、前の町田の家ほどには空間的にはそれほど凝ったことはしておらず(敷地内の高低差もないためとは思いますが)、そのあたりはいたってオーソドックスな設計なのかなーといった印象でしたが、設備系はすごく豪華そうなものばかりだったかもです(日本間やらシアタールームもありましたし)。


またまたオープンハウスです。3
写真3

で、こちら(写真3)は関川くんの後ろ姿です。(笑)
見学者になにやら説明をしているようでした。
ちなみにこちらの部屋は写真2と同じくリビング・ダイニングルームです。

そして、これ以外にも見学途中でパートナーさん(奥さんですね)が操作中に天窓が閉まらなくなり壊れた〜と騒ぎになったり(これはこのあと解決しました)、帰りにはおみやげものをいただくなどもして、なにげにサプライズあったりして。
そういう意味ではいろんな意味で楽しめましたので、感謝ですなり。


ということで、今回は日記がてらのエントリーなのでさらりとこんな感じですが、いちおうさきほども書いたとおり、このほかにも室内の様子を撮った写真をピカサ(ウェブアルバムです)にたくさんあげてありますので、気になるかたはよかったらそちらもどうぞ。

→ ピカサの写真ページ(大森の家by関川)

今年は忘れませんでしたよ。(笑)

2009年までは毎年この日になるとメモがてらのエントリー書いてたんですけど、次の年の2010年では、みちくさ学会の立ち上げ時期が重なり、そっちに気持ちがそれていてすっかり忘れてしまい、去年はみなさんもご存知のとおり、あの地震の直後だったこともあり、なんとなくそわそわしている中で、今度はみちくさ学会のお台場イベントが開催されるのも重なっていたため、これまたすっかり忘れていたというわけですよ。

そんなわけで、このブログも気がつけば七周年を迎えることになりました〜。

よくよくこの一年を思い出してみると、みちくさ学会のお台場イベントもなにか遠い過去のような気がしてたんですけど、実は去年の5月の話だったんですよね。
みちくさ学会イベント日記

そして、そのあとの8月のおわりに早くもみちくさ学会のお台場イベントの2回目が開かれるということもあったわけですよ。
ただこれにはちょっとびっくりしてしまったんですけどね。(僕は横で応援するだけだったわりにはですが・・・。)
お台場でのひととき

なんていうかしつこいですけど、なんかもうだいぶまえの出来事のような気がしてしまってますけど、よくよく考えてみるとこのイベントの日からまだ半年とちょっとくらいしか経っていなんですよね。。
ふむー。。

そして、最後の締めは、「スゴブロ2012」ベスト20に選出といううれしいお知らせ。
「スゴブロ2012」ベスト20の報告

とまあ、現実世界とは微妙にリンクしてはいますけど、ここではネット上での坂道ブログがきっかけとなった話題に絞ってしぼってこの1年の出来事を軽くダイジェストしてみました。


あと、これをきっかけに記事読んでくれる人でもいればなあという気持ちもこめて、この1年でみちくさ学会で書いた記事のリンクでも、のせときますので気になる坂でもあったら読んでみてくださいな。
いちおう、これらの記事はみちくさ学会で掲載するための書きおろし記事なので、この坂道ブログには今のところ転載してません。(そのうち転載するかもしれませんけど・・・。)
まあ、そういうわけでありますので、みちくさ学会のほうでもう読んだよというかたはスルーしちゃってください。


2011.5.31/目黒千代か池と富士見坂

2011.6.28/アメリカ大使館と霊南坂

2011.7.27/南郭さんの富士見坂

2011.8.26/日本一の古書店街を見守り続ける富士見坂

2011.10.5/西麻布の各国大使館が密集している富士見坂

2011.11.13/かつての湯島聖堂と湯島天神を結んでいた道にある湯島の眺望坂

2011.12.15/電車がすぐそばを走る場所としてロケでもよく使われる駿河台と水道橋を結ぶ眺望坂

2011.12.31/なぜかまちなかにある神田駿河台の女坂

2012.3.12/学習院大学構内で見つけた富士見坂の痕跡

2012.4.12/江戸時代には海が見えた九段坂


ということで、この1年間いろいろお世話になった方々には感謝感謝です。。
そして、まだまだ歩いてない坂道もたくさんありますので、これからもリアル&ネットを通じて気楽におつきあいしていただければうれしいです。

さてさてちょっと日にちがあいてしまいましたが、5月8日は僕も寄稿させていただいているみちくさ学会のお台場でのリアルイベントが無事開催されました。
当日は僕も参加させていただいて、他の講師の方々の発表を見つつ応援させていただきました。
当日の会場の様子などは他の講師の方々がブログで写真を結構のせられているみたいなので、そちらをどうぞ。
ちなみに開演後の会場は満員、しかも飲食OK(お酒も)だったので、時間が進むたびにみなさんお酒の勢いもあってなかなか勢いのある雰囲気になっていたかもです。
そして、イベント終了後の懇親会(ほぼ講師の方々の打ち上げみたいな感じになっていましたけど)では前川さんの八重歯トークもおまけできけたりと(笑)、発表会とあわせてなかなか楽しい体験をさせていただきました。
とにかく、今回はいろんな偶然がかさなって8日のイベントにつながったと思いますので、次はみちくさツアーなんかがどこかからの旅行会社さんから話がでてくれないかなあとすこし思いつつも(笑)、なにやら同様のイベントを次回もお台場でやるかもという話がはやくもでていたので、ちょっと気にしつつ、今後もなにか協力でもできたらなあと(といっても登壇は考えていませんけど・・・)思えたイベントだったかもですよ。
というわけで、発表なさった講師のみなさまおつかれさまでした。
そして会場に足をはこんでくださったみなさまにも感謝感謝です(横で応援していただけですけどね・・・)。


みちくさイベント

最後に上の写真は、みちくさイベントとは直接は関係ないですけど、今回の会場であったZEPPTOKYO(の2階)のすぐちかくのヴィーナスフォートとメガウェブトヨタの間にある広場にてハワイフェスティバルやってました。
妙にはずかしがりながらステージにて踊りはじめている感じがなんともほっこりしてきて、なんだかみちくさてき仲間意識を感じておもわずぱちりと。

ちなみに予定していたお台場散歩は、雨のため大幅に縮小してしまいましたので、今回はこんな感じです。

スーパームーン


今、月と地球が最接近する現象がおきてます。

ていうか、みてのとおりふつうの満月なんですけどね。
写真は都内のもので、今さっき撮ってきたものです。
(なかなかきれいな満月でしたよ。)

なんでも今月の満月は「スーパームーン」といって月と地球が最接近する現象がおこっているらしく19年ぶりのことらしいです。
そして、あと2・3時間でピークをむかえるみたいですよ。

とあるサイトには、この現象と大規模災害との関係が深いかもなんて記事もあったりしましたがどうなんでしょうかね。。
ただNASAは、今回の関東での大地震とスーパームーンは関連していないという立場をとっているみたいですね。

まあそんな不安な話は置いておくとして、見た目てきには普段の満月のときより14%大きくて30%明るく見えるらしいので、被災地の真っ暗な場所でもいつもよりも月夜が明るくなっていればいいなあなんて思ってしまいました。

ちなみにスーパームーンについての詳しいことはグーグルなんかで普通に検索してみるといろいろひっかかってきますのでそのあたりでのサイトを参考にしてみてください。

というわけで、今回の写真はさらりと撮ってみたものなので、あまりそういうきれいさ感みたいなものがうまく撮れてませんけど、今日はそういう日だったんだなあという記録がてら撮って書いておくことにしました。

最近はブログの更新がさらにのんびりモードにはいっているような気もしますが、まあそこは置いておいて、ちょっと前になってしまいましたが、みちくさ学会のほうで坂道記事を追加しましたのでよろしくです。
→ 東京の坂道から富士山を眺めてみる。

今回は自分の中で思い入れもある富士見坂についての記事です。画像もいつもの写真に加えて広重さんの浮世絵やら僕が大学時代に坂道関連の話を題材にした卒業論文で使うために撮ったちょっと昔の富士見坂の写真なんかものせてみましたのでよかったらどうぞ(ただ貧弱な一代昔のデジカメと小さな保存メモリの機能をフル活用してやっと撮った写真なので画質はあまりよくないですけど)。


あと、これは事務局の方からのメールで知ったのですけど、みちくさ学会がライブドアが主催する「日本ブログメディア新人賞」にノミネートされていますよ。
まあ同じ会社内でノミネートしちゃってという意見もあるかもしれませんけど、例えば有名な文学賞なんかは賞を主催する出版社がだした小説を大賞候補にあげたりさらには賞まであげたりもしているわけで、ここまでくると中身の問題になってくると思われるので、それはそれでいいのかもと思っていたりします。
しかも受賞すれば著名人のかたにも執筆依頼なんかできるかも??(笑)
というわけで、そのおしらせ記事を事務局のかたがみちくさ学会で書いているみたいなので、こちらもよかったらどうぞ。
→ 【お知らせ】日本ブログメディア新人賞にノミネート

今回はおやすみモード。

あっそうそう、数日前にみちくさ学会の坂道記事をかきましたので、よかったらどうぞ。



昼モードと夜景モード01

いきなりですけど、これは六本木ヒルズで撮った六本木けやき坂通りの夜景写真です。
みちくさ学会の記事にのせようか迷った末に掲載しなかったものです。
ただこれ、いま使っているデジカメの昼モードで撮ったのでかなり光をひろっているみたいで、そのせいか画面も荒れ気味でなんか受信状態の悪いテレビの画面をみているようですかね。
原因はよくわかりませんけど、とにかくあたりは明るくうつり、いろんなものがよく見えていて、光のオーラまでうつしだしているかも。笑

ちなみに坂道散歩で使う僕のデジカメは、持ち運びもスイッチ押してからの起動もはやい、以前にもお知らせしたことがあるやもしれませんがfinepixF11という機種で今となってはけっこうなベテラン機種になりつつありますけど、いつもつかっている機能はオートと手動のあいだの機能みたいなのがあって、それをつかってます。



昼モードと夜景モード02

それに対して、こちらは同じデジカメ、同じ場所で、そして夜景モード(という機能があるんです)にかえて撮ったものです。
この写真と1枚目の写真を見比べればやっぱり全然違いますよね。
こちらはどちらかといえば、目でみた感じの見え方に近くて明るいところは明るく、暗いところは暗くなっていてメリハリがきいていますかね。
画像てきにもこちらのほうが電波状況がいいところでみる映像という感じがしなくもないです。

ということは・・・?
ちょっと脱線しますけど、このデジカメでさえ、見え方の違う世界が2つとれたわけなので、同じ日、同じ時刻でもちがった世界というものがあるんですかね。
今回はたまたま2つの世界を切り取っただけの話で、おそらくこの光のとらえかたの違いだけで、たとえば人によっては道の左側があかるくて、右側が暗く見えていたとしたら、やっぱりまず左側に歩こうとするけれど、違う人はたまたま左右の明るさが同じように見えていて、じゃあ右側の道に行ってみようとなったら、それだけで同じ道を歩いていてもその後の世界がすこしかわってくるというわけで・・・。
でもそこにひとそれぞれの思考やその日の体調も加わるとこれまた違った世界がひろがるわけで・・・。
「風景とはなにものなんだろう?」
「いやただのモノのあつまりだよ」
「いやちがうね」
「・・・・・・」
「ぶつぶつぶつ。笑」

とまあ、たまたまふたつの同じ風景の写真でありながら微妙に違うものをみながら、みちくさ学会にこの写真をのせようかのせまいか迷ったときに、ふと脱線気味に思ったことをつらつらと書いてみました(ちなみにもし記事に掲載するとしたら、もちろん2枚目の写真ですけどね。笑)。

そんなわけで今日はちょっと日記気分な更新でした。

すでに先週になってしまいましたが、僕も坂道記事を執筆しているみちくさ学会の総会が新宿のライブドアで開かれることになり参加してみることにあいなりました。



みちくさ学会の総会&1

それで新宿からとぼとぼと西新宿方面に歩き、ライブドアの会社がある住友の西新宿ビルの前にきて、まずはぱちりと一枚↑。
最近の住友不動産のビルは力が入っているなあとしんみりと思いながら、ふらふらとビル内へ。



みちくさ学会の総会&2

そして、エレベーターの乗り継ぎを間違えてあたふたしながらも、なんとかライブドアのある階に到着。
ついでに、入口にあったロゴマークもおきまりごとのようにぱちりと。(笑)


そして、いざ中に入ると、まだ総会開始まで時間があり、事務局の大谷さんいわく、会議室からの外の写真は撮ってもよいとのことだったので、何枚かの写真を撮ってみました。



みちくさ学会の総会&3

まずは西口のロータリーのあたりがちょうど見える場所で一枚↑。
遠くには東京タワーやら六本木ヒルズが見えていたりします。
このふたつが遠近同時に見えるのはなかなか新鮮だったかもです。



みちくさ学会の総会&4

そういう意味では、三越アルタラインの新宿通りと歌舞伎町新宿区役所ラインの靖国通りが同時に見える景色もなかなかびっくりでしたよ↑。


そして、そうこうしているうちに総会ははじまり、それほど堅苦しい感じではないのんびりモードで(と僕は思っただけですけど)会はすすみ、時間が過ぎるのも早くあっというまにおわってしまいました。

そのあとは、近くの高層ビルで懇親会もありました。
ちなみに、その時、居酒屋の窓から見えた景色の写真をさっそくアップされている方がいましたよ。→写真はこちら(@BLUE STYLE COM)。

というわけで、今回はさらりとこれでおわりますけど、みなさん興味のあるカテゴリーがはっきりしていたので、初対面のわりに話がふりやすくて話題も豊富だったのでなかなかおもしろい体験をさせてもらったかもです。

最近は、個人的な出来事はこのブログであまり書いてなかったので、なんとなく殺風景というかたんたんとしていた感もあるような気がしていたので、たまにはいいかなと思い、とあるイベントのことを(日があくのもなんですので)、ちょこっと日記がてら。

S氏の祝い1

最近、大学時代の友人がめでたく結婚しました。
それで、先週のとある日、恵比寿駅そばの新富士坂(NO.180)近くにある会場で結婚記念パーティーが開かれたので、まずはそのついでに、夜の坂道風景をぱちりと・・・。(笑)

ちょっと感度良すぎて明るくうつってますけど、すでにまわりは暗くなっていましたよ。
しかも、夜のほうが坂上のほうまで街灯のおかげでよく見えていますかね。
そして、信号下にある「道しるべ」なる古くからある道しるべも、まわりに幽霊なんかがうつることなく(笑)、けっこうしっかり見えていたりしましたよ。



S氏の祝い2

ということで、とりあえず坂道のことはおいておいて。(汗)
まずは、会の様子なぞ。
会場はしゃれてましたけど、けっこうフランクな感じでした。

せっかくなので友人についてひとこと加えておくと、彼とは大学時代は同じゼミで、さらに卒業後の数年間ほど(彼の誘いで)、経費節約も兼ねてルームシェアをしていたこともあります。
なんというか、苦楽をともにしたゼミ仲間でもあり、それと同時に僕に兄弟がいないせいか、すこしばかり弟扱い気分で彼にずうずうしく接してしまうせいか、ちょっとけむたがられる時もありますけど(笑)、まあそんなゆるい関係の友人です。

そんな彼が結婚するという話を聞いて、やあやあ、おめでとう!と大学仲間たちと年明けくらいに飲んだ時に、奥さんになる人のことを聞いてこれまたびっくり。
なんと彼が教えている建築系の専門学校での元生徒さんというではありませんか。
さらにくわしくきくと学校で学ぶまえは、なんと最近勢いのある某有名女性歌手グループの初期のころの作詞を担当するなどして活動していたとのこと。
これには、ちょっとびっくりで、作詞という仕事については、僕の祖父が詩人としても活動していたこともあって個人的に以前からすこしばかし興味があったこともあり、興味津々で「なんでそんな人が建築学ぼうなんておもったんだろうね」なんて友人に聞いてみたんですけど、友人は「わからない」の一言・・・。(笑)
ただ、今後彼女は作詞家活動も続けながら、すでに独立して個人で建築設計の活動をしている友人の手伝いもするということみたいですよ。
(パーティーでもこれらのことにはふれていたので、書いても大丈夫だと思いますし、いちおう、このブログに二人の写真をのせつつなんか書きますと了解とってますので、あしからず。)

ということで、せきかわ君(友人の名前です)のすぐれた設計能力に彼女のたぐいまれな想像力が加わってできた建築をいつかみてみたいなあなんて思いつつ、せきかわ君は彼女のパワーに負けないようにがんばってくださいな。


ちなみに、パーティー自体は、同期のみんなとも話をしながら、やはりというべきか、みなさん油がのりだしてきている時期ということもあってかキレキレモードのなか、ぼくだけ迷羊というかかなりののんびりモード気分だったのでちょっとあせりましたけど(笑)、それはそれとして、集まり自体はすごく楽しめましたし、元気もらいましたよ。
そして、僕自身、いろんな意味で人生における忘れ物をしないようにしなきゃいけないなあとふと思った楽しいひとときでした。


最後に、超微力で恐縮ですけど、おふたりの応援がてら。。
★せきかわ君の事務所HP(なんか建築相談でもあれば。)
こちら
★彼女が作詞した曲がいくつか入っているアルバム(CD)
→詳しく知りたい方は個別で連絡お願いします。(笑)



S氏の祝い3

おめでとうございます!


追伸:せきかわ君の要望で今後の二人の活動状況の変化やら反響に対応するため、記事の内容をすこしぼかす意味で修正しましたので、よろしくなりです。

おめでとうございます。

あけまして2010

そして、昨年はありがとうございました。
もともとのんびりモードでぼちぼちと更新してはいたのですが、昨年はいくつかのサイトで紹介していただいたこともあり、アクセス数の変動が激しく、一日の訪問者が最高で20万ページビューなんて時もあったりと、このブログとしては考えられないような数字の時もありましたが(もちろんそんなのは一度限りでしたけど。。)、現在は、坂道話、しかも東京の坂道というピンポイントな話ということもあって、ふつうのブログらしくというか、それなりに落ち着いてきてはいますよ。


あと(別に書かなくてもいいのかもしれませんが)、上の写真は、明治神宮のものですが、正月のものではないんですよ。(汗)
いちおう今年の冬にぶらりと寄った時のものですが、なんとなくな気分と、近々、初詣も兼ねて行くであろうこの正月の時期との対比もおもしろいかなと思って、のせてみました。
おそらく、今日なら、正面あたりに賽銭用のスペースなんかが設けられて、あたりは人だらけで、大行列ができてるんじゃないですかね。。

ということで、またこの正月の間のことはのちのち話すとして、坂道散歩についても、まだまだ東京には歩いていない坂道がたくさんあるので、ただ古いものを懐かしむというだけのサイトにはならないようにしつつも、のんびりモードではありますが、散歩とブログ更新は続けていこうかなと思っていますので、今年も気楽にお付き合いください。

ブログネタ
読書あれこれ に参加中!
最近過去記事を見直していたら、ちょっとびっくりな(といってもそれほどではないですけれど)ことに気がつきましたよ。

今日の投稿した時点では、よく坂道記事を書くときにお世話になっている「江戸東京坂道事典」のコンパクト版のアマゾンのページを見ると、本のタイトルが「江戸東京坂道辞典コンパクト版」になっているではありませんか。。
ようは、事典が辞典になってしまっているということですな。
(現在のアマゾンのページの表紙写真ではちゃんと、「江戸東京坂道事典」となっていますよ。)

僕自身も、ある時期までの坂道記事で、てっきりタイトル名を“江戸東京坂道辞典”と思い込んでいて、そのまま書いていることもありましたが(その記事はまだ訂正してませんよ)、途中から気がついて、新たなページについては“江戸東京坂道事典”としてきましたが、このアマゾンのページについては、ほんとうに2日くらい前に気がついたんですよ。。(汗)

いやあ、このブログを始めたころ(2005年ごろ)は、アマゾンや楽天なんかの本売りサイトでもけっこうこういった書きミスみたいなものがよく見受けられていたのですが、ここ最近ではそれもなくなってきたなあなんて、思うこともあったんですが、なんとこんな身近なところで、こんなことを発見してしまうとは・・・。(笑)

と、そんなことを思っていたら、なんだか事典と辞典の違いについて、いままでなんとなく知っているような気分で流していたのですが、あらためて、はて?と思い、ネットの辞書でさらりと調べてみましたよ。


@事典
Yahoo!辞書
『百科事典や専門語辞典など、語を手がかりとして、それを名目とする事柄の内容を知らせる辞書。ことてん。』

goo辞書
『 (1)事物や事柄を表す言葉を集めて一定の順序に配列し、解説を施した書物。「百科事典」や「人名事典」などのように用いられる。
(2)〔周礼〕国家の諸種の事務を規定した法典。』

@辞典
Yahoo!辞書
『(1)国語辞典・対訳辞典など、語の言語としての意味・用法と内容を示す辞書。言語辞書。字引(じびき)。ことばてん。
(2)多数の語を集録し、一定の順序に配列して一つの集合体として、個々の語の意味・用法、またはその示す内容について記したもの。語のほかに接辞や連語・諺なども収める。また、語の表記単位である文字、特に漢字を登録したものも含めていう。辞書は辞典(ことばてん)・事典(ことてん)・字典(もじてん)に分類されるが、現実に刊行されている辞書の書名では、これらが明確に使い分けられているとはいえない。辞典。字書。字引(じびき)。』

goo辞書
『いろいろな言葉を集めて一定の順序に配列し、その表記法・発音・語源・意味・用法などを記した書物。辞書。じびき。』


とこんな感じで書かれていました。
まあ、これを読んだだけでも、辞典というより事典というほうが、この坂道本らしいですかね。
もし、辞典と後につけたなら、「神楽坂」とあれば、ええ〜この“神楽”の言葉の意味は・・・なり。そして・・・・。え〜・・・・。(←かなりの思い込みですので、軽く流してください。)
なんて説明もいれなければならなかったりして、けっこうたいへんなことになりそうかもですね。。


ということで、あまり深入りしないうちに今日はこれぐらいにしておいて、今回はなんとなく記録というかメモがてら書いてしまいましたが、このことについては、しばらく様子を見て、その後なにも変化がないようであったら、アマゾンにでも連絡してみようかなと思っていますよ。
ただ、アマゾンのページが訂正されてしまったら、この記事も意味のないふわふわとしたものになってしまうかもしれませんが、別に間違いを指摘するために書いたものではないですので、そのページの画像みたいなものがあればそれはそれでいいのかもしれませんが、今回はのせないことにしましたので、あしからず。

それにしても、今日の朝はびっくりでした。
もちろん地震のことですけど、なぜか今朝は地震の数分前に目がさめてしまい、その後、ゆらゆら〜という感じでした。
そして、早朝だったこともあり、寝ぼけていたのにもかかわらず、けっこうな揺れを感じたので、“ああ”と思いテレビをつけてみると(こういう時のテレビの対応のすばやさや何度も繰り返し情報を流すといういい意味でのしつこさみたいなものはありがたいですし、すごいですね)、都内で震度4、静岡のほうでは震度6!
しかも台風も近づいているみたいだったので、小一時間はテレビに釘付けでした。
この時はラジオ(FMですけど)かけても、音楽流れているだけだし、携帯もなにかそういう関係のサービスがあるみたいですが、まだ登録していなかったので、状況がわからず、結局、テレビがいちばんの情報源だったかもです。。
とりあえず、ここ数日、都内でも地震が続いているので、また自分でできる範囲で情報収集でもしていこうかなと思っていますよ。



天災

前の話のあとでの、この写真でなんですが、この木は地震で折れたものではありませんよ。
これは、2,3日ほど前に、ちょっと用事があって、そのついでにお茶の水に立ち寄った時に、古本屋めぐりをしつつ、この界隈は裏道を歩くと坂道が多いこともあり、大通りではなく裏道をわざと歩いていたらこんなものに出くわしてしまったわけなんです。(汗)
たしか最初にここを通った時には、なにもなかったはずなのに、帰りに同じ道を通ったら、こんな木が。。
見事にボキリと。
当日は雨が降っていたわけでもなく、ましてや雷も鳴っていなかったと思うんですけどね。
ちなみに、場所は明大のリバティータワーのすぐそばあたりです。
しかし、どうやったらこうなるんですかね?

ということで、なぜだか天災つながりの話になってしまいましたが、今日はあまり長々と書く気分でもないので、こんな感じでご勘弁を。

気がつけば梅雨も明けたようですね。

それはさておき、ここ最近、新しくしたブログのデザインがなぜか気になるというか、どこか落ち着かない感じがしてしまい(自分でこのテンプレートを選んでおいてなんですけど・・・)、ちょこちょこマイナーチェンジしています。
まあ見ての通りなんですけどね。。(見るたびにデザインが変わっているぞーと思われたかた、すいません・・・。)

実は、ここ数日、ブログいじりをしながらも、新しいテンプレートを使ったブログでの新機能(おもに広告表示ですかね)の面で、どうもいまいち納得いかない機能があって、本気で元のデザインに戻そうかと思っていたりしていましたが、今のところは思いとどまって、現在のデザインに落ち着いているという感じです。

なんというか、無料で使っているのだからこれぐらいは我慢するべきなのかなあとか、わけのわからないことをいろいろと考えてしまいつつ、考えがあっちこっちにいっており、とりあえず、今後どうするかは自分にもわからないという感じですよ。(笑)

ということでお知らせがてらでした。

とりあえず、今日のところは散歩話もひとやすみにして、お知らせがてら。

まず、みてのとおりブログのデザインをかなりひさしぶりに変えてみましたよ。
おそらくここまで見た目を変えたのは2年ぶりくらいかもしれないです。
なんというか、中身をいじくりまわしすぎて、自分でもわけわからなくなってきたことと、ブログまわりにもすこしずつかもしれないですけど、あたらしい技術みたいなものもふえているのかもなあと思い、最近公開されたっぽいあたらしいテンプレートをいじくってリニューアルしようと思い立ち、ほんとうは6月の最初あたりに公開しようと思っていたんですけど、気がつけばずるずると今日まできてしまったという感じです。
といっても、これでおわりというわけでなく気がついたら、機会をみてちょくちょくデザインなりをいじくっていこうとは思ってますし、なんかいいブログパーツなりでもあれば追加していこうかな(これは興味本位で坂道話とは関係ないですけどね・・・)と考えてますよ。

あっ、そうそう、そういう意味では、はてなブックマークなんかもいまさらといわれればそれまでですけど(汗)、つけてみましたので、この記事みたよ〜とかあれば、はてブにブックマークなんかしてもらえれば、おそらくこちらでも気がつくとおもいますし(たぶん)、これまではいちいちブログにそれらの記事やブログをリンクしていくとわけがわからなくなりそうだったのでやっていなかった(中断していたともいえますかね)のですが、当ブログのほうでも、気がつけば、はてブのほうにメモがわりにブックマークしていこうかなと思っていますので、よかったらどうぞ。
(でもそれほど頻繁にはやらないつもりですし、いつまでやるかも未定です・・・。)

あと、肝心の散歩のほうは、そろそろ梅雨の時期に入りそうであれだなあという感じではありますが、ぼちぼちと雨の景色なんかも眺めながら、都内を中心にぶらぶらとしていこうとは思っていつつ、最近はなんというかただ写真をとりつつ散歩してブログ書くというだけでは終わらない、なんか(それが観察記なのか紀行エッセイみたいなものなのか、はたまた写真記録日記みたいな既製のものになるかはわからないですし、このブログのツール的な感じを生かしたなにかがあるかもしれないですしね)を考えていきたいなあと思いつつも、それじゃあ、それはなんだろう?と思うと、気がおもくなりますし、なんか違う方向に話がいきそうなので、とりあえず、今はたんたんと、街を坂道を散歩して、気になったことを撮り書いていくという感じで、のんびりと続けながら考えていけたらなあと、思う今日このごろです。

ということで、気がつけばもう今年の半分あたりまできてしまいましたが、これからも気楽にお付き合いください。

(追記:このブログを無料で使う場合、必ず表示させなければいけない記事の最後に表示される広告スペースなのですが、いままでのグーグル広告を選択すると、一部のページでどうもへんなところに広告が表示されたりと意味不明の不具合がでるみたいなので、現在は、もうひとつのマイクロアドなるものを選択しています。でもこれちょっとグーグル広告に比べるといろいろと納得のいかない広告やら画像が表示される場合も多く、(せっかく広告だされている方にはもうしわけないですけど)やっぱりう〜んと嘆くことが多いのですよ。。ちなみにこのサイドバーの下のほうにあるグーグル広告については、自主的にとりつけているものです。ということで、あしからず。)

このページのトップヘ