東京坂道さんぽ

〚Category: 街角shop
LEDレス救灯MOBILE
ダイナモトーチライト
エルゴライフチェア
キャンデラ
±0 加湿器 

ブログネタ
大好き!雑貨 に参加中!



前回からの期間が短めですが、街角shopのカテゴリーからです。
またまた前回につづき電池いらずの、防災グッズでもありアウトドアグッズでもあるものでも。

見ても分かるとおりなのですが、ラジオが手回しの充電で聞けてしまい、さらに左側にも見えているとおりライトもつくようになっています。
スタイルストアの説明によると、90秒くらいぐるぐるまわして充電すると、ラジオだけなら20分から30分くらいきけるそうで、ライトなら5分くらいだそうです。
そして、なんと、これとあわせて携帯の充電もできるというかなりありがたい機能までついていて、デザインもいいし、値段もそれほど高くないし、いい感じのグッズを見つけてしまいましたよ。

でも携帯の充電なんてなんか意味があるのかなあ〜?
なんて思っているかたもいるかもしれませんが、意外とこれがあるんですよ。(笑)
ふつうに考えれば、アウトドアで使うことぐらいしか思い浮かびませんし、いざ地震などの災害が起これば携帯電話なんてつながらないんじゃないないの?と思われる方が多いかもしれませんね。

でも、実は95年の大震災の時には、僕の家の近所のかたが当時ではけっこう珍しかったのですが携帯電話を持っていて実際に借りて電話をかけてみたところ、まわりの建物はけっこう壊れていて被害も大きい地域だったのですが、ちゃんとつながり、地震直後にもかかわらず遠くにいた親戚に無事をつたえることができたという実体験があり、局地的な災害であれば携帯電話もつかえる可能性が高いということがあるんですよ。
そういうことを考えていると、新潟での地震では携帯のつながり具合というのはどうだったのでしょうかね。
ちょっと調べてみたくなりましたよ・・。

まあ今の場合なら混雑とかでつながらないとかもありそうですが、こういう携帯の充電もできるグッズがあるというのは以外と重宝するかもしれませんね。

ということで、話が大きくなってきそうなので(汗)、今日はこんな感じです。

ブログネタ
お買い物♪お買い物♪ に参加中!


ここ最近は地震も少なくなりひと安心といった感じですが、いつか紹介しようと思っていたものです。

見てのとおり携帯ランプというか懐中電灯です。
”ダイナモトーチライト”というそうです。
これはなんといっても電池いらずで 手前にみえているハンドルを回すと充電されて 、しばらくの間点灯してくれるというありがたい機能をもったランプです。
しかもなかなか格好いいし、使いやすそうで、ふつうにアウトドアでも使えそうですしね。
細かい説明はサイトを見ていただくとして、実はこういう防災グッズというのはけっこう最近多いですよね。

でも、同じような機能であればなんでもいいやと思うときもあるのですが、僕のいままでの経験から思うことなのですが、お気に入りのデザインやグッズなどで防災グッズを選び自分にすこしでも思いいれのあるものをつかうことで、いざというとき(まあ災害時ということですね。)でも、そのマイグッズへの信頼感みたいなものが思わぬところで役立ち、窮地をすくってくれたりすることもあるかもしれないですからね。
ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが。(汗)

なので、僕の場合は今回のような防災グッズなどを買うときはしっかり選んで買うことにしているのですよ。

ブログネタ
***雑貨*おやつ*暮らし*** に参加中!


見ての通りですが、一風変わった感じの椅子をみつけましたよ。
なんでも、14本の木材プレートを丈夫な布で連結してつくっているとのことです。
そして、写真からでもわかるかもしれませんが、背もたれをたたむと、接合部は布なのでくるくると巻くとかなりちいさくなるそうです。
なので、(実は)“携帯チェア”と名うっていることもあり、持ち運びも便利そうですよ。
デザインもちょうどいい感じで、どこにでも持っていきたくなりそうな携帯チェアかもしれませんね。
もちろん散歩のときもですね。(笑)


ブログネタ
***雑貨*おやつ*暮らし*** に参加中!



これは、見ての通りランプです。
よく最近、いろいろな雑貨屋さんでも見かけることも多いんじゃないんですかね。

キャンドルのような柔らかな光を放つ充電式のワイヤレス・ランプとのことです。
写真のように、ひとつひとつが、独立していて、持ち運べるのが、特徴的。
光は、ほんのり明るい感じなので、ベッドサイドに置いたりしても、本なんかを読むには、すこし明るさはたりなさそうですが、充電式なので、そのままほっといてもかってに消えてくれるのはラクチンかも。(笑)
明るいところでみると、すこしおもちゃっぽい感じもしますが、ほんのり暗い場所でみると、いい感じでしたよ。
以前は、ランプの部分が4つというのが、ありましたが、今回のは2つということで、ちょうどいい数なんじゃないかね。
停電になったときは、ライトが自動的に点灯するようになっているらしく、緊急時の誘導灯としても利用できるように配慮されているのは、ありがたいですかな。

ブログネタ
***雑貨*おやつ*暮らし*** に参加中!


この季節には、かなり重要な加湿器です。

深澤直人氏がデザインしていることでも有名な“±0”ブランドのもので、水滴をイメージしたおもしろい形をしたデザインをしています。
くわしい説明は、スタイルストアにかいてありますので、そちらを見てください。

使い方として、僕が考えるのは、ぽんと床において、眺めるのもよし、飾りとしておいて置くだけでも見栄えがするので、まあなんでもありかな。
デザイン的にも、実は和室とかにおいてもあいそうな感じで、僕的には、なんだか和菓子みたいで、和洋折衷な感じが以前からしていました。

でも、この加湿器、これかっこいいというより、なんだかほっとするデザインだったので、みた時から、お気に入りでしたよ。

このページのトップヘ