東京坂道さんぽ

〚Category: 音楽
欅坂46「アンビバレント」のMVロケ地はかずさアカデミアホール。
欅坂46の坂道の歌(=W-KEYAKIZAKAの詩)を聴いてみて。
渋谷宮益坂のラケルで桑田佳祐さんメニューを見つけるの巻
東京ワンダーホテル&ツアーズ
UA
north marine drive
トーキョー・シティ・セレナーデ

3週間くらい前ですかね、欅坂46「アンビバレント」のミュージックビデオ(略してMVと僕は言ってます)が公開されたんですけど、そのバックのロケ地が気になっていたので、今回はニュースネタがてらひと味違った視点からの話でも。



欅坂46 『アンビバレント』

↑まずは、そのMVの動画でも。
この動画が公開されてから、いちおう音楽ニュースなりで気にはしていたんですけど、ロケ地のことにふれているものがなかったんですよね。
まあ、そんなわけで、今回は建築探偵でもあり建てない建築家のいち面もある僕が、とりあげておこうかなと思ったわけです。(笑)

ちなみに、なぜ欅坂46かというと、やっぱり欅坂46の当初の名前が実在する六本木の鳥居坂だったこともあり、単純明快ではありますが坂道つながりということで当初から気になっていたグループだからですかね。
なお、乃木坂46もまあ同じ理由から(こちらは自在する乃木坂とも縁深い)、もちろん気になってはいます。なのでそれについての動画もあとでちょこっとふれてみようかなとは思っています。

さてさて、で、さっきのMVのロケ地のことにもどしますが、こちらのほう最初にみたときに「はて、どこかで見覚えある場所だな」と思い、すこしばかり調べてみるとやっぱりそうだったんですよ。
具体的には、「かずさアカデミアホール」という建築物というか施設(竣工は1996年)で、場所は千葉県木更津市にあります。(どうやらコンベンション施設のようですが、詳しい施設内容などについて公式サイトなんかもありますので、そちらをみてくださいな。)
あと、肝心の設計者ですが、これがなんとあの坂倉建築研究所の東京事務所とのこと。坂倉建築研究所とは簡単に言えばル・コルビュジエの弟子でもある坂倉準三氏がはじめた事務所ですね。(とりあえずここで書いていたらきりがないので、詳しくはウィキペディアでもみてください。)

なんというかこれだけ知名度があるアイドルというか歌手というかグループが、こうして取り上げてくれるのはけっこう稀な例かもしれないですね。
ただここ、最近はドラマのロケ地としてもけっこう使われているみたいですね。(なんとなくわかるような気もします。しかも大階段もありますし。笑)

なお、坂倉建築研究所の公式HPにも実績としてアカデミアホールのページありますね。さすがに説明とあわせてかっこいい建築写真も満載ですね。

そんなこんなでまた僕自身も行ってみたいと思いますし、トラベルジェイピーの坂道ネタが場所行き尽くしてあやしくなってきたら、ライター修行して建築ネタもとりあげたいとも思っているので、その際にはここもとりあげてみようかなあと思ってみたり。(^^)


あとは、一年半くらい前ですかね、乃木坂46 「シンクロニシティ」のMVが公開された時にも、ロケ地の話題がすこし盛り上がっていましたよね。


乃木坂46 『シンクロニシティ』

↑ここでもあえて歌のことにはふれませんが(あ、別にばかにしているとかそういうのではなく、今回はあくまでバックの建築メインなので)、なかなか印象的な空間ですよね。
これも調べてみるとやはりコアファンの方々が、いろいろネットにあげてくれていて、どうやら長野県にある北沢建築の加工場がロケ地になっているようです。
僕も最初は知らなかったのですが、北沢建築の公式サイトを読んでみると新建築の2011年3月号で大きく掲載されているようなので、知る人ぞ知る建築というわけでなく、内外で有名な建築だったようですね。
MVで見たときは、どこかの博物館あたりかなんて思ってしまったのですが、加工場だったとは。
なお竣工は2009年で、設計者はMs建築設計事務所(MSD三澤文子)x北沢建築設計部とのこと。
なるほどなるほど。

ちなみに、北沢建築さんのHPではこのMVのことはこの記事を書いている時点では触れておられないようですね。(泣)
まあ、僕も建築学科で学んだ身なので、その空気感みたいなものはなんとなくわかりますけどね。(だからこそ、このブログで取り上げてみたくなったわけですけど。笑)

とにかく、こちらはイチ会社内の施設みたいなので、さすがにかずさアカデミアホールのように気楽に見学というわけにはいかないようなので、気になった方は、新建築2011年3月号のほうをみるといいかもですね。

ということで、今回は建築ネタでもありましたが、こんな感じです。

なんとなく、自分の中で話が広がってきだしたので、今回はメモをかねての記事です。


ここ数年は、パソコンサイトにてグーグル検索などで「坂道」と検索しただけでは、それほどの変化はあまり感じられないのですけど、SNSで「坂道」と検索するとですね、トップアイドルの動向がわかってしまうという不思議な現象が起こっているのですよ。

まず、SNSで最近、僕が「坂道」検索して見つけた記事がこちらです。
→『ツイート数の多い「坂道AKB」とは?』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/111200014/032300036/

これを読むとここ最近のヒットチャートに「乃木坂46」やら「欅坂46」などの名前がでているとおりで、これらは坂道グループとよばれるアイドルグループの名前です。
そして、どうやら今時の若者はSNSを利用して、これらの人気グループ名をつぶやきに加えて頻繁にツイートしているみたいなのですよ。
そのおかげで、さきほどのトップアイドルの動向が「坂道」検索でわかってしまうという現象と書きましたが、このような事態につながるということですね。(笑)

なお、記事のタイトルにもあった「坂道AKB」とはこんなグループみたいです。(「坂道」検索で見つけたミュージックビデオがありました。)


坂道AKB


さらに、アイドル動画ばかりで、申し訳ないですが、先日SNSで、同様に「坂道」検索していたら、さらに新たな動画も発見しました。
それがこちらです。↓


欅坂46

さきほどの記事の中のヒットチャートにもでてきた欅坂46の「W-KEYAKIZAKAの詩」という曲のミュージックビデオ(=MV)です。
こちらはさきほどのチャートの曲とは違いますが、最近公開されたばかりの動画みたいですね。
この曲やMVに関する感想はまあいくつかありますけど、やはり、歌詞が坂道の歌(坂道をテーマにした曲とも言えますかね)にもなっているのが一番気になったポイントでしたかね。
あとは、これまでのことやグループの細かい並び順とか上下関係とかそのへんのことはわかりませんけど、各メンバー全体のカメラとの距離のとり方や映像の雰囲気が、個人的には、アニメ映画「耳をすませば」のエンディングロールをちょっと思い出してしまいましたよ。

ちなみに、「欅坂46」については、「鳥居坂46」になったかもしれなかったグループであることもおまけエピソードとしてありますよね。
なお、この「鳥居坂46」については、乃木坂と同様に実存する鳥居坂をモチーフにしていたみたいです。
実存する鳥居坂については、以前にたびねすの記事でも書いておりますよ。そういう意味では、まぼろしの鳥居坂46のエピソードのことも記事に一言いれておけばよかったかなとすこし後悔してみたり。(笑)

そんなわけで、なぜ急にこの記事をと思う人もあるかもですが、やはり坂道マニア(こう書くとまたどっちのこと言ってるかもわからなくなる人もいそうですが・・・。)としては、実存する坂道に加えて、坂道をテーマにした曲や坂道シーンが印象的にでてくる映画についても、ちょくちょく集めているので、このブログでも紹介してみることにしました。


ということで、坂道芸能民俗学的視点をおりまぜつつも(笑)、彼女たちのおかげで、「坂道」なるものが一般的にも楽しいものだというイメージを若者にはじまり色んな人に定着させてくれているかもしれないわけで、そういう意味でもちょっとした感謝もこめてこの記事を書いて残しておくことにしました。
では今回はこんな感じです。

今回は、ちと坂道つながりではありますが、ふたたびの時事ネタです。


7月のなかばくらいですかね、テレビの歌番組に、歌手の桑田佳祐さんがゲストで出ていて、当時の新曲「大河の一滴」を歌っているのを聴いていたら、なんと「宮益坂」という言葉が、歌詞にでてきたのですよ。
それでびっくりして、歌詞を調べてみるとですね、やはりあったんですよ。
しかも、記号的というよりも、現にある渋谷の宮益坂を想像させるものでした。
その証拠と言ったらなんですが、歌詞には、宮益坂の途中のある「ラケル」というオムレツ屋やら「御嶽神社」がでてくるのですよ。(なお「ユートピア」は調べてみると違う場所のようでした。)

いちおう、歌詞を掲載しているサイトがありましたので、リンクしておきますよ。
→ 大河の一滴 - 桑田佳祐 - 歌詞 : 歌ネット

該当部分は、歌詞の後半のほうにあります。

ちなみに、宮益坂とは?という人のために、過去にこのブログでも取り上げた宮益坂 の記事のほうもリンクしておきますね。
→ 宮益坂 (NO.1)  、宮益坂 (NO.1) その2
2005年のものなので、だいぶさらりとした感じではありますが。
御嶽神社についても、写真でとりあげているとおりなので、おそらくこの坂道を初めて歩くという人でも気がつく神社ではないですかね。


渋谷宮益坂のラケルで桑田佳祐さん
写真1

そんなこんなで、これなのですよ。(写真1)
その後、8月になり、気になっていた宮益坂の途中にある「ラケル」に行ってみるとですね、なんと、はじめに書いた「大河の一滴」の歌詞に登場するお店ということで、復刻メニューと題して、桑田さんが学生時代の頃のオムレツを再現したメニューがあるとの看板が大々的に店の前に置かれていたのですよ。
いやはや。(笑)

ちなみに、オムレツ専門店の「ラケル」は、都内にもいくつかチェーン店があり、僕もよくよく思い出してみたら、この宮益坂店ではないですが、食べた記憶はありましたかね。
もちろん、当日は、店で食事もしましたよ。(このメニューを頼んだかはご想像におまかせします。笑)

それにしても、この宮益坂の「ラケル」は40周年とのことですか。
これも記憶をたどると、あーここにオムレツ屋あったよなあ、とうる覚えですがあることはあるのですよね。
でもそんな前からあったんですね。
なお、この桑田さんの復刻メニューは、8月31日までとのことなので、今はやってないと思いますので、あしからず。
(食べログに関連コメントというか口コミありました。このブログでは食のことについてはつっこまないので、おまかせします。(笑)あえていえば、店内の雰囲気もわかるのはいいですね。→ 『あの桑田佳祐も食べた!ラケル宮益坂店で復刻ベーコンエッグオムレツを食べてきた』)


あ、あと最後にですが、桑田佳祐さんの「大河の一滴」の公式動画がyoutubeにありましたよ。
ただ、これはショートバージョンなので、宮益坂の歌詞の部分は登場しないのですが、まあ曲の雰囲気はこんな感じですよということと歌の公開時期もわかるということで。(汗)
→ 桑田佳祐「大河の一滴」×UCC BLACK無糖 WEBムービー 

ということで、脱線話ではありましたが、今回はこんな感じです。


住所
渋谷区渋谷1-12

ブログネタ
ドラマ全般 に参加中!
前回の東京ワンダーツアーズの番組の放送で、抽選で番組のサントラCDをプレゼントなんてのがあったのでまたまた応募したところ、なんと今回もCDいただくことができました。(喜)
ありがとうございます!

ということでせっかくなので、当たったCDの紹介でも。(笑)

「東京ワンダーホテル&ツアーズ」オリジナル・サウンドトラック


このアルバムは、東京ワンダーホテル&ツアーズというタイトルどおり、いままでのワンダーシリーズの番組内で流れた曲をよりすぐったサウンドトラックアルバムです。
もちろん過去にも紹介した東京シティセレナーデやJOJOもしっかり収録されていますよ。
まあアルバムのジャケットのように夜に聴くといい感じの気分にさせてもらえるアルバムのように思えましたかな。

あと、もうあさっての日曜になってしまいましたが、番組のほうもありますね。
いちおう今回で、東京ワンダーツアーズも最終回らしいですよ。
ということで、どんな展開になることやら♪

昨日、とあるイベントで、UAさんの生ライブ聴けました〜。

とあるイベント(TDW2005です・・・)のほうは、ただのお客さんとしてふらりと行っただけですが、会場の雰囲気に圧倒されつつも、がんばってみてきました。(笑)
しかし、その話はとりあえず、おいておいて、なんとTDWのイベントの一貫として、UAさんの生ライブもあったんです!
入場者は無料でみれるおいしいライブです。

そして、最近ラジオで聞いて気になっていた曲
「この坂道の途中で」
もラストで歌ってくれました。
やっぱりライブできくとぜんぜんちがいますね!
しかも、会場は明治神宮外苑の中だったこともあり、野外ライブでした〜。

まあ特にこのブログとは、関係ないのですが、“坂道”ときくとピクリ。という感じです。(笑)
でもこの曲、坂道の情感もなにげにほんわかと表現していて、よいです。
ちなみにこの曲は、映画「空中庭園」の挿入歌ということをあとで知りました。

Nephews



⇒詳しい情報をamazon.co.jpでみる

ひさしぶりにおすすめCDでも。

North Marine Drive


この時期に聞くには、かなりよいかもです。
とくに海辺なんかで。
地元に帰ったときによくCDウォークマン持って、防波堤でよく聞いてました♪。
こまかいルーツについてはわかりませんが、ボサノヴァっぽくもあり、ポップっぽい感もあるアルバムだと思っています。かなり古いですが、とにかく良いアルバムだと思いますよ。
ちなみにこのアルバムのアーティーストのベン・ワットは Everything But The Girlのメンバーで、このアルバムはグループ結成前に作った彼のソロ作品らしいですよ。


⇒詳しい情報をamazon.co.jpでみる

たまには音楽の紹介でも。
ちょっとなつかしいCDです。

「東京ワンダーホテル」って、知っている人はしっていると思いますが、日本テレビでドラマにもなりました。  
季節ごとに1話ずつ放送するスペシャルドラマでしたが、ユースケ・サンタマリアさん、上原多香子さん、藤村俊二さんなどが出演していたドラマです。
話は東京に文化の生まれる小さなホテルを作ろうというもの。実際に東京ワンダーホテルというホテルを東京につくるまでを描く架空と現実がまざったドラマで話題にもなりました。
それとあわせて、ドラマと広告がすごくうまく融合していました。要は、テレビの中でコマーシャルが、ドラマの雰囲気を壊さないようにドラマの中に上手く組み込まれていて、ドラマの内容とともに、かなり感動した覚えがあります。
公式サイトはこちら

と、そのドラマのイメージソングが、「トーキョー・シティ・セレナーデ」ということです。
あの佐藤竹善さんが歌っています。クリストファー・クロスの'81年全米No1ヒット「ニューヨーク・シティ・セレナーデ(ARTHUR'S THEME)」をドラマ用にアレンジしたカバー楽曲です。


木蘭の涙/トーキョー・シティ・セレナーデ

(両A面)  佐藤竹善
01. 木蘭の涙 with コブクロ
02. トーキョー・シティ・セレナーデ
03. さらば恋人
-on T-FM「CATCH THE POP」1989- (CD初収録/アルバム未収録)
04. ハリウッド・スキャンダル
-on T-FM「CATCH THE POP」1989- (CD初収録/アルバム未収録)

⇒詳しい情報をamazon.co.jpでみる

このページのトップヘ