東京坂道さんぽ

〚Category: 無名坂&未確認の坂 [東京編]
聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道
聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道
渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道
都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地
ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる
代々木八幡宮の男坂かも?
高島屋ガーデンアイランド横の坂道  /世田谷区瀬田2丁目
瀬田隧道の真上を通っている階段 / 世田谷区瀬田1丁目
国分寺崖線の崖具合を楽しめる階段 / 世田谷区瀬田1丁目
行善寺横の階段 /世田谷区瀬田
国立新美術館前の坂道
明治公園と国立に挟まれた無名坂
鉄砲坂その2 (御殿山界隈/品川区)
鉄砲坂 (御殿山界隈/品川区)
コミュニティ道路という名の坂道
ソニー歴史資料館のある坂道
上強羅駅への坂道
ミッドタウン裏の檜坂の坂上にある謎の駐車場と無名坂
渋谷國學院と御用邸の横の坂
渋谷氷川神社のぐるぐるスロープ
上目黒氷川神社の階段
六本木の三角地帯に隣接した回廊のような坂
大使館の宿舎を眺めながら
タワー下のthank you & welcome坂
馬込城と湯殿神社の階段
給水塔の見える西馬込の坂道
代々木体育館の石垣階段
東海道新幹線がゆっくり見える階段
台場公園の高低差
大田区山王4丁目のひっそりとした坂道

今回も、「ジブリ映画「耳をすませば」の聖地、聖蹟桜ヶ丘のいろは坂を歩いてみよう」の記事で取材した時に一緒にまわった時の話です。
名前はついていないようでしたが、なかなかの坂道だったので、取り上げておくことにしましたよ。


聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道1
写真1

ではいきなりですが。(写真1)
ここは、いろは坂の坂上にあたる場所(さらに前回の天守台(関戸城跡)よりすこしだけ坂上)でもあり、道の左側には桜ヶ丘浄水所がある場所です。
写真でも見えているとおり、左側には浄水所の給水塔が見えていて、奥の方に向かって下っている坂道です。
なんといっても給水塔とのコラボですかね。
なかなかいい感じだと思います。
さらに遠くのほうを眺めると、この地独特の高低差具合からくる景色もいい感じでした。
地図で見ると北東側に下っているので日野市あたりの街なみが見えていたのかもしれないですね。


聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道2
写真2

さらに坂を下り、坂下方向を見てみたものです。(写真2)
ここからもさらに下っているようで、遠景の街並みを確認すれば、その高低差具合もすこしばかりですが想像でそうでしたかね。
なお、この道路は坂上あたりの場所から「桜ヶ丘西通り」という通り名もついているため、ここからさらに坂下のほうへと道路は続いているようでした。

ちなみにこの浄水所、映画「耳をすませば」のラストシーンで、二人が景色を眺めていた場所なのかもしれないなどと、アニメの検証サイトで唱えている人も実はいたのですよ。たしかに雰囲気といい、いちおう多摩川の方向も向いているし、写真2の左の擁壁の上からならばそれっぽいところもあるのですが、僕の調べた限りではちょっと違う場所なのかなというのが正直な感想です。


聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道3
写真3

それはさておき、こちらは坂の途中から給水塔を見てみたものです。(写真3)
よく見ると、給水塔の壁面になにやら壁画が見えていますよね。
実はこれ、僕も現地ではほほーと思っていながら、どこにも説明らしきものがなかったので、帰ってから調べてみたら、多摩市のHPに説明があってですね、どうやら「輪華」という作品名で木版画家、河内成幸氏デザインのものらしいですよ。HPの説明によると『太陽を表す大きな円に、花弁が流れ飛ぶ様子が描かれています』とのこと。
ふむふむ。


聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道4
写真4

そして、これですよ。(写真4)
ここは坂上からの景気もいいですが、この坂下からの勾配具合やら途中から道が分かれてY字路になっている真ん中に、例の給水塔があるという具合がなんともよかったです。
給水塔と左側の坂道だけでもなかなかですが、加えてのこのアングルからの景色も印象的で、無名坂にしておくのはもったいない坂道だなあなんて思ってみたり。


ということで、今回はこんな感じです。



地図
多摩市桜ケ丘4-10あたり

今回は、けっこう前のことですが、たびねすの記事『ジブリ映画「耳をすませば」の聖地、聖蹟桜ヶ丘のいろは坂を歩いてみよう』の取材とあわせてまわった階段の話でも。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道1
写真1

いきなりですがばばんと。(写真1)
たびねすの記事でもすこし取り上げましたが、京王の聖蹟桜ケ丘駅からいろは坂をのぼった高台のところに「天守台(関戸城跡)」なる案内板というか天守台の碑(標柱?)があり、その奥がかなりの高低差のある階段になっている場所があるんですよ。
そんなわけで、耳をすませばとの関連についてはたびねすのほうを見てもらうとしてですね、今回は階段自体についてクローズアップしてみたいと思うのです。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道2
写真2

天守台の碑のアップ写真など。(写真2)
せっかくなので、天守台の碑にも説明が書かれていましたので、いつものように抜粋させていただくとですね、
『桜ヶ丘一丁目の金比羅宮(琴平社)付近を「天守台」などといい、一帯の山を「城山」ともいう。多摩川に面し、武蔵野台地を一望できる絶勝の地であることから、鎌倉幕府以来の物見的城砦として敵を察知したり、急変を狼煙などで知らせる通信拠点であったとも考えられる。一帯は関戸城跡とされているが、今はわずかにその一部を留めるのみで、山頂は削られ地形も変わっている。(多摩市教育委員会)』
ということだそうです。
地図で確認してみると、多摩川も武蔵野台地もここからなら北東側を眺めれば一望できた場所だったみたいですね。
まあ、この地の北側にいろは坂があることからも、史実のようですね。

じゃあ、目の前に見えている南東側(多摩川方向とは反対側)に下る階段は?ということになりそうですが、これはおそらく、『、一帯の山を「城山」ともいう』という一文があることからも、このあたりがちょっとした山でもあったことを示す階段なんじゃないですかね。(あくまで仮定の話ですが。)


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道3
写真3

ではまず、階段上から坂下方向を見てみたものなど。(写真3)
こうしてみるとかなり高低差のある階段でした。
坂下あたりの様子も見えないし。。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道4
写真4

こちらは坂上からはまわりの樹木がじゃまして見えなかったので、階段を下り、写真3でもみえていた踊り場のあたりからの街並みですね。(写真4)
なかなかいい感じでしたね。
かつてのほどの高さはないとはいえ、やはりここがちょっとした山だった感じはわかるかもですね。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道5
写真5

一気に階段下までやってきて坂上方向を見てみました。(写真5)
なかなかの高低差ですね。
見た感じは抜道階段みたいにもみえそうですが、天守台の碑があることからも、けっこう昔からある階段なのかもしれないですね。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道6
写真6

そして、写真5の右側をみるとなんともいい感じの坂道が。(写真6)
おそらくこの小山を車で上るために後からつくられた道路のようでしたね。
訪れた時期が真冬だったので、こんな感じの見え方ですが、今の時期ならもっと緑にあふれていて、さらにいい感じになっていそうな坂道でしたかね。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道7
写真7

坂の途中から見えた街並みなど。(写真7)
この景色もなんかいいですねえ。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道8
写真8

そんでもって、写真6からも見えていた、折り返し地点でもある180度カーブのあるところまでやってきて、ぱちりと。(写真8)
ここからの景色もいい感じでした。
正面の木々にY字路のように見えている道、そして180度カーブ。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道9
写真9

最後は、写真8の右側に見えていた坂上あたりからの様子など。(写真9)
なので写真は、天守台の碑のあたりから坂下方向を眺めてみたものですね。
なお坂道自体は、今回、180度カーブのあるところからのみ取り上げましたが、このまままっすぐ東方向に下っていく道もあるようでしたね。(要は写真8の背後方向ですね。)

そしてここも今の時期に訪れたら緑でいっぱいの風景っぽいですね。

しかも、ここは階段→坂道→階段→坂道・・・という具合にループで坂道散歩できる場所ということを書いている今、気が付きました。(笑)
そういう意味ではなかなかこういう場所ないかも。(天守台跡でもありますしね。)


ということで、今回はこんな感じです。


地図
東京都多摩市桜ケ丘1-4あたり

以前に書いた「閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター」の続きといえばそうなのかもですが、閉店前の渋谷パルコの様子を撮った写真、まだあるのですよ。

すこし時間が経ってしまいましたが、今回は周辺の坂道とからめながらの話です。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道1
写真1

それがこちらですね。(写真1)
奥には渋谷パルコパート3の建物が見えていた場所ですね。
ここを歩いたことある方ならわかると思いますが、渋谷パルコ側から背後のほうへと下る結構な勾配具合の坂道になっているのですよ。
パルコ以外にも特徴的なお店がいっぱいある場所ですが、今回は目の前の渋谷パルコがなくなってしまう(建替ですが・・・)ということで、一時閉店になる前のパルコに絞って撮っておいたものなのです。
しかも、パルコの照明やらライトアップもわかりやすいということで、夜のものです。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道2
写真2

すこし坂をくだって坂下方向を見るとこんな感じの場所もあります。(写真2)
奥を横切っている道路が井ノ頭通りで、まさに渋谷の繁華街のど真ん中ともいえる場所ですね。
この通りのひと街区東側(写真2でいえば左側)にスペイン坂がある場所といえば、この勾配具合もすこし理解できそうですかね。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道3
写真3

そして、これですよ。(写真3)
写真2でも左の自販機の手前にちらりと見えていますが、いつもここを通るたびにゴミにまみれてある「山路愛山終えんの地」と書かれた木製の碑が気になっていたのですよ。
そんなこともあり、今回、ちょうどいい機会なので、写真にも撮っておいて、あんまり見ていて気持のいいものではないかもですが、あえて載せておくことにしました。

ちなみに、この碑には場所の説明も書かれてありましたので、いつものように抜粋しておくとですね、
『史論家として知られる山路愛山は、元治元年(1864)浅草に生まれました。明治29年から大正6年、54歳で没するまでここに住み、多くの作品を発表しました。代表的な著書に 「豊太閤」「西郷隆盛」「足利尊氏」などがあります。』
とのこと。
なるほど。
いちおう、抜粋文に人物リンクも張ってますので、そちらもよかったらどうぞ。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道4
写真4

気になっていたことを片付けた後は、再びパルコ前にきてぱちりと。(写真4)
特に今回は建物のこまかいことにはふれませんが、こうしてみるとやはり懐かしいですねえ。
つい最近このあたりを通った時は真暗でしたからね。
それにしてもここからみると、やはり手前と奥でけっこうな高低差になっていますね。
そんな高低差具合を写真でみながら、このあたりの地形とのかねあいも実はパルコの建物に影響していたことを突然思い出してみたり。
そして、坂上あたりでスペイン坂と合流しているというのも、ここらあたりの地形の特徴ともいえるかもですね。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道5
写真5

最後はエントランスのアップでも。(写真5)
ここでも手前と奥に結構な段のある階段があったんですよねえ。
あらためて、こういう今はなくなってしまったエントランスをみていると、まだまだ使えそうな立派な壁や地面のタイルとかガラスとか照明とかあるのに、これはどうなってしまうのか考えてしまいますね。
このあたりのことは全然くわしくないので、また知人にでもそのうちきいてみますかね(まあ、プラモデルみたいにがちゃがちゃと取り外したりできないことぐらいはわかってますけど、それでもやはりですね)。。
(え〜、そんなことも知らないのーと馬鹿にされるかもしれませんが・・・。汗、笑)

ということで、今回はこんな感じです。


地図
渋谷区宇田川町14あたり

すこし前(5月頃です)ですが、都庁から新宿駅のほうへ向かう途中に前から気になっていた無名坂があるんですが、ひさびさに調査もかねて歩いてみたら、おもしろい場所(というか聖地)でもあることに気がついたので、忘れないうちにとりあげておこうと思います。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地1n
写真1

都庁の東側、京王プラザホテルの南側にこんな具合に新宿の駅前へと向かう道路があるのですよ。(写真1)
知っている方も多いかもしれないですが、緩やかな勾配、しかも直線で道幅も広くて見渡しのいいのにもかかわらず、なにか雰囲気のある坂道なんですよね。
かつてこのあたりは、淀橋浄水場があった場所で、今立っているあたりは、浄水場の貯水池の底だったため、この坂道はここが池があり、奥の場所と高低差があったことを示す痕跡とも考えられるのですが、今回はそこのところにはふれず(というか調べず、笑)、坂道自体を楽しんでみようというわけだったのですよ。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地2
写真2

これは写真1でいえば、奥の信号が見えていたあたりから、坂下方向を眺めてみたものですね。(写真2)
もう写真2のとおりなのですが、坂の途中から、みごとなまでに都庁がみえるのですよ。
しかも、はとバスとのコラボ。(笑)
ただここからだと、道幅が広すぎて、坂道の勾配具合はわかりにくですが。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地3
写真3

あと、写真2の右側にも見えていたのですが、京王プラザホテルが坂道沿いにあり、ホテル内に入るところの、今回の無名坂との兼ね合いやらホテル敷地内の階段もかなり複雑なつくりになっていて面白かったですね。(写真3)
写真3は、京王プラザホテルの前の歩道から坂下方向を見ているのですが、勾配具合もわかりやすいじゃないですかね。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地4
写真4

さらに、写真3の左側には、こんなものが。(写真4)
なにかのオブジェなのかな?と思ったら、上部から空気をはきだしていて換気塔になっておりましたよ。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地5
写真5

こちらは、写真3と4の立ち位置から振り向いて、坂上方向を見てみたものです。(写真5)
勾配具合はゆるやかですが、さらに坂道となっていました。
こういう坂道もいいですねえ。
新宿といえば、平坦な場所と思っている人もいるかとは思いますが、実はこんな感じで微勾配の坂道が結構あるのですよ。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地6
写真6

さらに坂をのぼり、坂上方向(駅方向)をみると、見慣れた(まあ僕だけのことかもしれないですが)新宿西口の風景が見えていました。(写真6)
ここからずっと駅まで平坦な場所が続くので、このあたりが今回の無名坂の坂上あたりになりそうですかね。


都庁が見える坂道とロスト・イン・トランスレーションの聖地7
写真7

そして、これですよ。(写真7)
写真6の場所から、奥へ歩き、坂下方向(都庁側)を眺めてみたものですが、実はここ、2003年公開の映画「Lost in Translation(ロスト・イン・トランスレーション)」のロケ地としても有名な場所なのですよ。
映画では、最後にでてくる場所で、流行りの言葉でいえば、聖地ですかね。(笑)
映画の該当シーンを見直してみると、合成なのか、長望遠で撮っているのかわかりかねますが、後ろの都庁がありえないくらい近くに映っていて、このままの景色が映画の映像になったというわけではないようですが、それでも写真7の左に映っているヨドバシカメラの時計館の看板は映画でも映っているので、だいたいこのあたりだと思いますよ。


ちなみに、ロスト・イン・トランスレーションでは、渋谷スクランブル交差点でのシーンもでてくるのですよ。一説によると、この映画にてスクランブル交差点が大きく取り上げられたことによりアメリカで話題になり、海外メディアでも多く取り上げられ、そんなこんなであの場所が外国人にもよく知られるスポットになったということらしいですね。


ということで、撮影時間も夕方だったこともあり、都庁から聖地まで歩いてくる間に暗くなってしまい、夜散歩の体になってしまいましたが、ある意味それが坂道さんぽの別の楽しみ方でもあるのかもなあと再認識したところで、今回はこんな感じです。


地図
新宿区西新宿1-22あたり

タイトルそのままですね。
今回は、2015年8月31日をもって建て替えのために閉館してしまったホテルオークラ東京の本館についてのことについて取り上げてみたいと思っています。
ただこのブログではやはり、建物自体というよりは、せっかくまわりに著名な坂道たちに囲まれた場所でもあるとおり、高低差にめぐまれた立地にあることから、他の方とはちょっと違った視点でもあり、このブログでは定番の視点で振り返ってみたいと思います。


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる1
写真1

まずはこちらから。(写真1)
ホテルの北側にはこんな具合に広々とした場所があるのですよ。
撮影した時期は、ホテルの建て替えのニュースが流れ始めた頃に、直前になるとマークが厳くなるかもと思い、昨年の11月のなかばに散歩してきたものでありまして、この時点では、ホテルが閉館になったらブログにアップしようと思いながら歩き、こっそり撮影していました。


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる2
写真2

写真1のうしろには、若干傾斜しているように見える道路が接しているのですが、実はここ、汐見坂なんですよ。(写真2)
ちなみにこの坂は、前にこのブログでも取り上げてますのでよかったらどうぞ。
→ 汐見坂 (NO.118) 


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる3
写真3

そして、肝心の坂道がここですよ。(写真3)
場所的には、写真1の右側のスロープを奥へすこし歩くとここにやってきます。
要は、写真1の側から入る側とは別の場所から入ってきた車が通る場所なのですが、現地で歩いていると、目の前の高低差具合と左に見えているオークラの外観が一緒に鑑賞できてかなり楽しかったです。
しかも、手前と奥の高低差具合もオークラの外観をみると、一発でわかりますよね。


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる4
写真4

すこし坂を上ってみて、坂上方向を見てみました。(写真4)
坂は右に曲がる形で、まだ上っているようでした。


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる5
写真5

いちおう、写真4とだいたい同じ位置より、坂下方向も見てみました。(写真5)
まだまだ坂下あたりという感じですかね。
ただ奥の道もスロープになっていることから、写真1の場所と比べると建物1階分くらいの高低差はある場所ということになります。



ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる6
写真6

あと、写真5の左側には、こんな場所がありました。(写真6)
通常は、こういうところまでは気にして撮影しないのですが、さすがに見納めかもと思うと、やはり撮らずにはいられませんでした。


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる7
写真7

奥を覗くと、これまたかなりの高低差の階段が。。(写真7)
見た感じ建物1階分以上の高低差がありそうですね。
この道路の下にも、オークラのなんらかの施設があるということですかね。
ということは、取り壊しの際は、やはり今回取り上げた坂道も無くなってしまう可能性が高いということなのかも。。


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる8
写真8

坂道にもどりまして、さらに坂を上り、坂上方向をみてみました。(写真8)
この位置から坂道をみると、カーブしながら上る感じとか建物の関係とかが面白いですね。
やはりこの写真も通常なら、写真4でまとめて説明をすませてしまうところなのですが、見納めということで今回は載せてみたのですが、坂道の曲がり具合とか坂道と建物の関係部分なども含めてあらためてじっくりと写真で見るとかなり良い感じですね。


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる9
写真9

せっかくなので、写真8の位置からの坂下方向の景色なども。(写真9)
こうしてみると、坂道はもちろん、右側のオークラの外観の庇の飛び出し具合が比べられて、これはこれでまた楽しい写真なのかも。(そして、そういう視点で、写真3とか写真4を見直してみると、これまた感慨深いですね。)


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる10
写真10

そして、もうすこし坂を上り、坂下方向を眺めてみたものです。(写真10)
もうこれは、個人的には絵はがきにしたいくらいのものかもですよ。(今、思えば、三脚たててきちんとここから撮っておいてもよかったかもと後悔しておりますが。。)
こうしてみるとオークラの外観ておもしろいですね。(もちろん坂道との関係もです。)


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる11
写真11

次は、写真10とだいたい同じ位置より、坂上方向を見てみたものです。(写真11)
さっきまでと同じくかなりの急勾配の坂道でした。
ここからのも坂道景色的にはおもしろいかもですね。
ちなみに奥に見えている高層ビルは、ANAインターコンチネンタルホテルのようですね。


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる12
写真12

さらに坂を上り、坂下方向を見てみました。(写真12)
こうしてみると右側の擁壁のようにみえていたものもオークラの施設の一部だったということがわかりやすいかもですし、高低差具合もしかりという感じ。


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる13
写真13

こちらは、写真12の左のほうに見えていた車が止まっていた砂利の駐車場からのホテルオークラの外観です。(写真13)
今回の坂道散歩では、坂道景色と同様に、いかにオークラの建物もいい位置で見れる(撮れる)かも気にしながら歩いていたのですよ。
ただこの位置からだと、太陽光のおかげで、ファサードがこれまで見てきたような色とりどりな変化のある感じとは違い、あまり変化のない(のっぺりとした)ように見えていたのはおもしろい発見だったかも。


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる14
写真14

再び坂道にもどりまして、さらに坂を上ってみました。(写真14)
こんなところで車が駐車するのかとも思いましたが、地面には「駐停車禁止」という表示が書いてありました。


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる15
写真15

そんなこんなで、やっと坂上あたりまでやってきて、坂下方向を眺めてみました。(写真15)
もうここまでくると、途中、いろいろと景色的にも楽しめるポイントが多くあったためか、坂下ははるか下という感じでした。


ホテルオークラ東京の坂道を歩いてみる16
写真16

ちなみに写真15の右側にはこんな景色が広がっていたのいたのですよ。(写真16)
坂道好きなら知っている方も多いとは思いますが、右に見えている道路は霊南坂の坂上あたりなのです。
こちらも過去にブログなどで、坂道を取り上げてますので、気になる方はどうぞ。
→ 霊南坂 (NO.117) 
→ アメリカ大使館と霊南坂
なので、今回の無名坂(そう、ここでいきなり登場しましたが、ここは名前のない坂道なのです)も実は霊南坂と同じ高低差具合のはずなので、そのあたりのことも想像しながら歩ければ最高ですが、そうもいかなそうなので、過去のブログ記事を見ながら、今回の無名坂と比べてもらえれば、違った感覚が味わえるかもですね。


ということで、これから取り壊されてしまうであろうホテルオークラ本館(特に内部)についてはいろんな方々が独自の視点で書かれているものも多々ありますので、そちらをみていただくことにして、今回の坂道散歩は長々となってしまいましたがこんな感じです。



住所
東京都港区虎ノ門2-10-1

今回も、代々木八幡宮の境内からです。

前回、代々木八幡宮の女坂(NO.261)を取り上げたわけですが、では男坂はどこにあるのだろうと思って、現地ではいくつか坂道や階段になっている場所を撮っておいたわけですが、やはりここなのかなあということで、推測も含めて今回は、境内の坂道を取り上げてみたいと思います。


代々木八幡宮の男坂かも?1
写真1

まずは、坂下あたりからです。(写真1)
見てのとおりというか、予想どおりというか、神社の西側を走っている山手通り側のメインの入口でもある階段の様子です。
高低差といい、つくりといいまさに男坂という感じなのですが、なぜか神社の案内版には、そう書かれていませんでした。(理由はおいおいわかるかもですが。)


代々木八幡宮の男坂かも?2
写真2

次は、写真1で見えていた階段を上りきったあたりからの坂下方向の眺めです。(写真2)
まわりの建物と見比べてみると、2階どころか3階分くらいの高低差がありそうでした。
奥に見えている道路は、山手通りという幹線道路で、元々道幅が広めの道路でしたが、ここ数年のリニューアルで、きれくなりさらに道幅が広くなったような気がしますかね。


代々木八幡宮の男坂かも?3
写真3

写真2の背後はこんな感じでした。(写真3)
本殿はかなり奥のほうで、ゆるい勾配の坂道が、しばらく続いている感じでした。


代々木八幡宮の男坂かも?4
写真4

すこし坂上方向に歩いてから、坂下方向を見てみたものです。(写真4)
奥のほうに写真1でも見えていた階段上にあった鳥居がちらりと見えていたりします。
これだけでもけっこうな距離ですが、本堂はまだまだです。


代々木八幡宮の男坂かも?5
写真5

そして、写真4の背後(坂上方向)にすこし歩き北側(写真4でいえば右側)にすこし歩いていくと、こんな感じでまた鳥居があり、奥のほうに本殿が見えていました。(写真5)


ということで、このような階段と坂道のつくりからも、今まで歩いてきた他の神社の男坂は、たいてい急な階段を上りきると坂上とほぼ同じ高低差レベルで、すぐそばに本殿があることが多いのですが、この神社の場合、階段上からは女坂のような坂道があり、本殿も境内の反対側の端にありかなり離れていることから、神社もやはりここを男坂と言ってしまうのは、はっきり決められないのだろうなあと、歩いてみて実感できたわけなのですよ。
なので、そういう意味では、この神社の参道はハイブリッド型の坂(男女坂)なのかもと思ってみたりもしたわけなのですが、どうなのでしょうかね。


住所
東京都渋谷区代々木5-1

二子玉界隈の玉川通りに点在している高島屋S・Cの中で一番北側にある施設でガーデンアイランドとよばれる場所のすぐ隣に、前から気になっていた坂道がありまして、この前歩いてきましたので、今回はその坂を取り上げてみたいと思います。


高島屋ガーデンアイランド横の坂道1
写真1

いきなりですが、こちらなんですよ。(写真1)
けっこうな高低差の場所を一気にかけあがっていく感じの坂道で、右側には初めにすこしふれた高島屋S・Cガーデンアイランドの建物が地形に沿うようなつくりで建っていました。


高島屋ガーデンアイランド横の坂道2
写真2

また、写真1の左側をみるとこんな感じのトンネルがあったんですよ。(写真2)
なかなかアートな雰囲気のトンネルで、名前もそのままで「瀬田アートトンネル」という名前がつけられていました。
ちなみに、このトンネル「公共の色彩賞」という賞も受賞しているらしいのですが、その原動力となったであろう左右のモザイク壁画は、プロの作品というわけではないようで地元の美術大学のボランティアによって制作されたとのこと。
またそれもあってなのか、「相棒シーズン6」でロケ地として使われたこともあるそうです。


高島屋ガーデンアイランド横の坂道3
写真3

次は、坂をすこし上り、坂下方向を見てみたものです。(写真3)
トンネルと坂下との関係も見えていますよね。
あとは、左側の歩道部分には、普通の歩道ではあまり見かけない感じの街路樹やその下には花などが丁寧に植えられていましたよ。
おそらくこの歩道はガーデンアイランドが提供している場所なのかもしれないですね。


高島屋ガーデンアイランド横の坂道4
写真4

そして、一気に坂上のほうまでやってきて、坂下方向を眺めてみたのがこちらです。(写真4)
ここからの感じだと、この場所を通ったことがある人なら、「あああそこかあ」と思い出された方もいるかもしれませんが、写真4の右側を走っているのは玉川通り(246号)だったりします。
とにかく坂道と246号の風景が一望できるなかなかおもしろい場所で、国分寺崖線の地形的な要因や246号(および玉川通り)の道幅のおかげで、かなり雄大な景色を楽しめる場所なのですよ。
そんなこともあり、坂下のほうはつきあたりになっていたとおりでここからの眺めでも直接には玉川通りに面していない左側の高島屋S・Cガーデンアイランドは、名前に”高島屋S・C”という名はついてますけど、地理的にみると他の高島屋S・Cの施設とはかなり離れた場所にあるので、いつもここを通るたびに気になっていたのですよ。


高島屋ガーデンアイランド横の坂道5
写真5

あとは、写真4の左側をみると、地形的にはさらに高低差があるようでなかなかな勾配具合の坂道になっていました。(写真5)
ただ目の前の坂道も今回のガーデンアイランド横の坂と同様に坂道に名前はついていませんでしたので、とりあえず今回はこのあたりまでの坂道を取り上げておわりということにしたいと思います。


高島屋ガーデンアイランド横の坂道6
写真6

最後は、おまけがてら。(写真6)
ガーデンアイランド横の坂道が一望できる場所から、すこし望遠気味にして撮影したものですが、こうしてみると、遠くのほうに高島屋S・Cの本館の建物がわかりやすく見えていましたよ。
しかも、写真4では真ん中の電柱がけっこう邪魔してわかりにくかったのですが、右側を走っている道路はこのあたりで玉川通りと246号にわかれていて、奥のいい感じでカーブしながら地形の高低差にあわせるようにこのあたりからすこし上りながら高島屋の本館のほうに延びている高架部分は246号だったりします。
そして、ガーデンアイランド横の今回取りあげた坂と246号の高架の間にも道があって、それが玉川通りなのですけど、こちらも写真奥のほうに向かって下っている道なので、なんというか、このあたりはかなり興味深い地形具合だったりするのですよ。


ということで、今回はこんな感じです。


住所
世田谷区瀬田2-32あたり

また寄り道です。
場所は、前にとりあげた「まむし坂(NO.252)」の途中にある無名階段です。


瀬田隧道の真上を通っている階段1
写真1

こちらが、その階段です。(写真1)
見てのとおりですが、坂下からの様子です。
またこの階段は「まむし坂(NO.252)」の記事の7枚目(写真7)でもちらりと登場しています。
高低差具合はもちろん、S字にくねくねと曲がっているなかなか視覚的にもおもしろい階段でした。


瀬田隧道の真上を通っている階段2
写真2

次はですね、こちらも「まむし坂(NO.252)」の記事の8枚目(写真8)で登場したものなのですが、この写真、penで撮っていたおかげで元画像はかなりの高解像度で記録されていたため、画像は粗いですがこのような拡大写真が作成できたわけなのですよ。(写真2)
で、そこにはなにが写っていたかというと、瀬田隧道の扉だったんですよ。

実は、このまむし坂(NO.252)を記事にしているときに、まむし坂(NO.252)沿いに、瀬田隧道なるものがあるということを知り、もちろん現地では素通りしてしまい、写真1でも、存在に気がついていれば一枚の写真におさめることも出来たのですが、残念ながら今回はその様子をとらえていなかったので、このようなことをしてみたわけなのです。
なので、写真2の右下に、Googleマップより拝借した画像で写真1と同じアングルの瀬田隧道のトンネルの扉が右のほうに写っているものも貼り付けてみました。

ちなみに瀬田隧道の”隧道”とは、僕自身はトンネルという意味でとらえていましたけど、やはりコトバンクで調べてみても「地中に掘った,墓室に通じる通路」や「トンネル」という意味がでてきますので、瀬田隧道の場合は、トンネルととらえていいと思います。
またこの瀬田隧道、ネット情報によれば(なので確定情報ではありませぬ)、写真2の場所からトンネルになっていて、まむし坂(NO.252)などでもでてきた坂下にある丸子川につながっているそうです。(しかも、場所は「整体協会」の隣にあるという情報もあったので、Googleマップで調べてみるとそれらしい入口らしきものを見つけましたが、今回は撮影していないので、括弧書きです。。)
とにかく、今まで歩いたこのあたりの地形具合を考えると、写真2の扉の場所と丸子川までは高低差があるはずなので(扉側が高くて、丸子川側が低い)、水を流すにはちょうど良さそうな感じになっているかもですね。

あと、「ウルトラシリーズロケ地探訪」なるサイトにも瀬田隧道のことが取り上げられていまして、なにごとかと思ったらウルトラマンの「ミイラの叫び」の回やウルトラQの「育てよ!カメ」の回で、この扉が登場するとのこと。


瀬田隧道の真上を通っている階段3
写真3

しつこいですが、こちらも”まむし坂(NO.252)”の記事の写真6を拡大表示させてみたものです。(写真3)
ここにもちらりと見えておりました。(汗)
(今度、ぶらりとしたときは、絶対に階段とあわせて撮ります!)


瀬田隧道の真上を通っている階段4
写真4

と、そんなこんなでやっと階段を上りはじめ、坂下のほうをみてみたものがこちらです。(写真4)
じっくり眺めてもらうとわかるかもですが、この階段、なかなかつくりが凝っていて、特に気になったのが右側の擁壁も兼ねている白い壁が微妙にななめりながらカーブしているんですよ。
しかも、その手前(下?)の白の擁壁と階段の間にあるコンクリートのしきりみたいなものも、実はなくても問題なさそうなものなのに存在していて、手前の90度カーブしているところのつくりなどはなんともきれいに曲線を描いていて、この階段、特に坂上になにか有名な施設があるわけでもなく、どこにでもあるような抜け道的な用途のためのものだったので、ちょっとびっくりしてしまいました。
やはりこれは瀬田隧道の影響ということになるんですかね。


瀬田隧道の真上を通っている階段5
写真5

さらに階段を上り、坂下方向をみてみたものです。(写真5)
踊り場のしきりと擁壁というか白い壁のカーブ具合も良い感じ。


瀬田隧道の真上を通っている階段6
写真6

そして、やっとこのあたりが坂上ということになります。(写真6)
坂下とはかなりの高低差具合でした。
また、この階段の下に、おそらく瀬田隧道のトンネルがあると思われます。


瀬田隧道の真上を通っている階段7
写真7

いちおう、写真6の背後もみてみました。(写真7)
さきほども触れたとおり、なにか変わったものがあるというわけでもなく、ふつうに閑静な住宅街でした。
ただ、地図で確認した感じでは、この道路と丸子側が地図上で交差するところに「整体協会」(もうかたほうの瀬田隧道の入口)があるようなので、この道路の形状にあわせて瀬田隧道が地下を通っているのかなあと予想はしているのですが。


ということで、今回はこんな感じです。


住所
東京都世田谷区瀬田1-3と2の間あたり

また世田谷の坂道の話にもどりまして、今回は前に取り上げた行火坂(NO.251)の坂上の道を東の方向にすこし歩いた場所になかなか高低差具合のはげしい階段を見つけたので、その時のことでも。


国分寺崖線の崖具合を楽しめる階段1
写真1

まずは坂上あたりからのものなど。(写真1)
なんてことない緩やかな坂道なのですが、奥のほうに大きな木が見えていたので、そのあたりまでとりあえず行ってみることに。


国分寺崖線の崖具合を楽しめる階段2
写真2

大木のあたりまで行く途中に、坂の南側(写真1でいえば右側)を見ると、遠くのほうに建設中の二子玉川ライズの高層住宅ビル群がなにげに見えていましたよ。(写真2)
見るからにこの地形的な高台にあるこの場所よりも高いビルということがわかりやすいかもですね。


国分寺崖線の崖具合を楽しめる階段3
写真3

大木のあたりまでやってくると、さらに奥のほうに階段が見えてきました。(写真3)
それにしても大木の道への占拠具合がなかなかのものでしたよ。


国分寺崖線の崖具合を楽しめる階段4
写真4

写真3の位置からすこしばかり進んで、階段がよく見渡せるところまでやってきました。(写真4)
階段なのであたりまえですけど、正面奥に見えている場所までかなりの高低差があるようで、しかも階段は写真4ではわかりにくいですけど、さらに右に曲がって続いているようでした。
現地では実際のところ、地図を見ながら歩いていたので、ここから国分寺崖線の崖地になっているだろうなということはだいたい予想できていたわけですが、やはりこれだけ山道のように急に降りていく階段をみると驚いてしまいましたよ。


国分寺崖線の崖具合を楽しめる階段5
写真5

そして、一気に写真4で見えていた踊り場のような役割の場所まで降りてきて、坂上方向をみてみました。
とりあえずここまでで、建物の2階から1階に降りる分くらいの高低差はありそうでした。
あとは階段途中の樹木と階段との関係がなんとも珍しい感じだったかもです。
なかなか都内の階段でこういうつくりの場所はちょっと思い出せないですかね。



国分寺崖線の崖具合を楽しめる階段6
写真6

次は、写真5の左側を見てみるとですね。(写真6)
さらに階段は坂下まで続いていて、まさに崖という感じで、階段下には川が流れているようでした。
見た感じの高低差は建物でいえば3階か4階分くらいありそうですかね。
景色的にはまわりの樹木がなければかなりの開け具合なのかもしれませんが、僕が歩いた時には、まわりに樹木を覆われている階段という印象でした。


国分寺崖線の崖具合を楽しめる階段7
写真7

そんなわけで、一気に階段下まで降りてきて坂上方向を見てみました。(写真7)
名も無き階段ですが、国分寺崖線の崖地具合を堪能できるかなりダイナミックなつくりの階段だったかもです。
また、写真左側にマンションの一部が写っていて、ここからみるとかなり背のたかそうなマンションに見えますけど、実は同じマンションの屋上部分が写真2の左側にちらりと写っていまして、そのことからもこの階段の高低差具合を想像してもらうとおもしろいかもしれないですね。


国分寺崖線の崖具合を楽しめる階段8
写真8

最後は、写真7の右側をみるとこんな感じで川が流れていましたよ。
こちらは、行善寺坂(NO.250)でも登場した丸子川とのこと。

ちなみにさきほどから何度も出てきた国分寺崖線ですが、wikipediaの説明を一部抜粋させてもらうとですね、
『国分寺崖線は武蔵村山市緑が丘付近に始まり、西武拝島線と多摩都市モノレールの玉川上水駅付近を通り、JR中央線を国立駅の東側で横切り、国分寺市・小金井市と国立市・府中市の市境に沿って東に進む。さらに野川の北に沿いながら調布市に入って深大寺付近を通り、つつじヶ丘などの舌状台地を作りながら世田谷区の砧地域、玉川地域南部を通り、大田区の田園調布を経て同区の嶺町付近に至る。高低差は20メートル近くになる。なおこの国分寺崖線は、古多摩川(関東ローム層下に存在)の浸食による自然河川堤防と考えられている』
とのこと。

今回は細かい説明は省きますけど、ひとつだけ上げるなら”崖の高低差は20メートル近くになる”という記述、今回歩いた無名階段にあてはめてみると、坂上と坂下でだいたい建物6階分くらいの高低差があったわけなので、1階分を3.5mで計算すると21mということで、だいたいあっているという感じですかね。

ということで、そのうち国分寺崖線沿いにある他の坂道もまわると思うので、他の説明はその都度おこなうということにして、今回はこんな感じです。


住所
世田谷区瀬田1-2と9の間あたり

前回とりあげた「行善寺坂(NO.250)」の坂上でつながっていて、行善寺に隣接した場所に良い感じの無名坂というか階段がありましたので、ちょっと寄り道してみましたよ。


行善寺横の階段-1
写真1

まずは、行善寺坂(NO.250)の坂上あたりを歩いていると、坂道から路地の奥のほうに視界の開けている場所がちらりと見えたのでおもわずぱちりと。(写真1)
また路地の左側に見えている渋いつくりの建物は、行善寺の境内の建物みたいですね。


行善寺横の階段-2
写真2

せっかくなので、行善寺の境内に入るための門を坂道側から見てみたものなども。(写真2)
位置的には、写真1の場所からすこし左側(坂下方向)に移動した場所になりますかね。
あとこのアングルからだと、行善寺の由来などが書かれた案内板が見えているので、そのまま抜粋するとですね、
『本寺の開基は長崎伊予守重光(法名・行善)、開山は法蓮社印誉上人伝光和尚であり、永禄年間(一五五九〜一五六九)に建立された。
本尊は阿弥陀如来で、寺宝にが玉川出現楠薬師があった。
この地は展望にめぐまれ、江戸時代から玉川八景として有名であり、将軍も遊覧の折、しばしば立ち寄った。

二子渡船 太田子徳
玉くしけ二子のわたり明ぬやと
見しや鵜船の篝也けり』
とありました。

ちなみに、長崎伊予守重光さんなる方は、北条氏の家臣だったとのこと。
しかも、城めぐ.comというサイトの説明によると、この場所には瀬田城というお城がかつてあったそうですよ。
なるほどー。
(なお行善寺については、猫のあしあとなるサイトの解説ページが詳しいです。)


行善寺横の階段-3
写真3

そんなわけで、写真1の路地を奥に進むと、いきなりこんな急傾斜の階段が姿を現しました。(写真3)
坂下には、東急田園都市線が横切っていて、撮影時にはうまい具合に電車が走りぬけてくれました。


行善寺横の階段-4
写真4

いちおう、坂上方向も見てみました。(写真4)
右側の緑に覆われた塀がすごく印象的な感じですが、こちらは行善寺の塀ですね。


行善寺横の階段-5
写真5

坂上からの遠景はこんな感じでした。(写真5)
正面には玉川通り(246号ですね)の高架もちらりと見えているのですが、高さ的には、地形の高低差の関係もあって全然目立っていませんでした。
このあたりの地形のことを知らないでこの景色をみてしまったらちょっと不思議な風景と感じてしまうかもですね。


行善寺横の階段-6
写真6

そして、一気に坂下までやってきて、坂上のほうを眺めてみました。(写真6)
両サイドの樹々といい、傾斜具合といい、ちょっと無名階段として放っておくにはもったいない風情のある階段だったかもです。
ただそういう意味では、もしこの階段に名前をつけるとしたらやはりここも写真6の右側に行善寺が隣接しているので「行善寺坂」ということになるんですかね?


行善寺横の階段-7
写真7

ちなみに、右側の行善寺のほうも見てみました。
まさに崖の上に建つお寺という感じでしたよ。
まあこんな感じなら、昔の人もこの崖の上にお城をつくりたくなるのもなんとなくわかるかもですね。


行善寺横の階段-8
写真8

最後は、写真6・7の場所から、左側方向を見てみたものです。(写真8)
実はこの道路も坂道になっていたんですよ。(もちろん無名坂です。)
しかも景色的にもなんだか良い感じ。


ということで、今回はこんな感じです。


住所:
世田谷区瀬田1-12あたり

以前から、国立新美術館を訪れるたびに撮らねば、歩かねばと思っていた坂道をやっと取材してきましたので、そのときのことでも。


国立新美術館前の坂道1
写真1

それがこちらですね。(写真1)
ちょっと前になりますが、行ってきましたよ。
もちろんこの坂道は、無名坂なのですが、写真にも遠目に六本木ヒルズのあの銀の高層棟が見えているとおり、国立新美術館から六本木ヒルズへ向かう際に、ここを通ればかなりの近道となる坂道だったりします。
坂道自体も、ここから見ると、けっこうな高低差のある場所に加えて道路自体もいい感じでカーブしているので、ふらりと歩く分にはなかなか気分の良い場所です。


国立新美術館前の坂道2
写真2

写真1の右側をちらりとみると、写真2のように、国立新美術館が見えていました。
国立新美術館については、このブログでもたまに取り上げてますので、気になるかたは、サイドバーの東京坂道さんぽ内検索で”国立新美術館”と入力でもしてみて見てくださいな。


国立新美術館前の坂道3
写真3

坂を下り、道がちょうどカーブしているあたりまでやってきて、坂下のほうを見てみました。(写真3)
けっこうなカーブ具合でしたよ。
あと、左側の雑居ビルと駐車場という風景が都心部のどこにでもありそうな感じですが、ちょっと右側を見てみるとですね。


国立新美術館前の坂道4
写真4

こんな具合に、研究政策大学院大学なる学校の立派な校舎が見えていました。(写真4)


国立新美術館前の坂道5
写真5

さらに坂を下り、今度は坂上のほうを見てみました。(写真5)
同じ坂道上とは思えないほど、目の前に見える建物が新しいものだらけでした。
それにしても、この写真3といい5といい、道の上空にだらんとぶら下がる電線を見ているとですね、アニメのパトレイバーなんかにでてくるそれなりに大きいロボットが作中ではふつうに街を歩いているシーンが描かれてますけど、実は都内にもこういう電線が上空を無造作に横切っている場所がけっこうあって、今のままで将来そういうロボットの世界になったとすれば、けっこう大変なことになるのではと、意味も無く妄想してみたり。。


国立新美術館前の坂道6
写真6

最後は、坂下あたりの風景です。
このあたりまでくると、道の傾斜もほとんどなくなっていました。
ちなみに道路の奥のほうにみえている橋は、このあたりの地形の凹凸の場所に高低差のほとんどない道路を通すために造られた橋のようですね。
なので、写真6でいえば、左右がすこし高くて、この道路部分だけ下がっている地形という感じになるのですかね。


ということで、今回はさらりとこんな感じです。


住所
港区六本木7丁目あたり

今回も、国立競技場に隣接した明治公園界隈の話です。


明治公園と国立に挟まれた無名坂1
写真1
まず、いきなりですが、坂道の写真など。(写真1)
左側に国立競技場がちらりと見えていることからも、ここはちょうど国立と右側に隣接している明治公園に挟まれた道路というか無名の坂道だったりします。

ただ、この場所。
今、話題になっている国立競技場の建替話の中で、ネットなどで公開されている渦中の計画案を調べてみると(図面みただけですが・・)、この坂道は、建替にしても改修されるにしても、どうやら存続があやしいようなんですよ。
そんなことから、そのような場所に都内で出くわすのはなかなか珍しいことからも、すこし前にここを通った時にぶらりと取材してみたわけなのです。
なので、前回前々回の記事も、実はこの無名坂の途中にあった”埋蔵文化財発掘調査工事”という案内板も見かけたことから、ついでにあたりをうろうろしてみると、前から気になっていたこととあわせていろいろな発見があったので、話を広げてしまったというわけなのですよ。


明治公園と国立に挟まれた無名坂2
写真2

そんなわけで、話を坂道のほうに戻しまして、写真1の場所の右側を眺めてみると、写真2のように明治公園内の広場と名付けられた場所が見えていました。
明治公園といえば、この場所を思い浮かべる人が多いのではないですかね。(僕もすこし前まではそうだったんですが・・・。)


明治公園と国立に挟まれた無名坂3
写真3

そして、一気に無名坂の坂上あたりまでやってきて、坂下のほうを眺めてみました。
坂下から見た感じより、高低差感があるかもですね。
ちなみに、表参道原宿エリアの情報「おもてサンド」なるサイトさんの記事によると、前回の記事の最後のほうでもふれたとおり、坂下の外苑西通りはかつては川だったという話につながるのですが、現在の坂下にある観音橋交差点(写真3では信号が見えている場所)のあたりに、交差点と同じ名前の「観音橋」なる橋がかつて架かっていたそうです。
なぜ観音橋かというと、この無名坂の東側に「聖林寺」なるお寺が、いまもあるのですが、そのお寺に由緒正しい観音様が祀られていたことから、この名が付けられたそうです。
(なので、この坂に名前をつけるとしたら、”観音坂”というのがいいかもしれないですね。)
しかも坂の途中に新宿区と渋谷区の区界が横切っているという割と珍しい事例もおまけについていたり。


明治公園と国立に挟まれた無名坂4
写真4

こちらは、さっきと同じく、坂上あたりから明治公園のほうを見てみるとこんな感じでした。(写真4)
これだけでも、なんかこのあたりが高低差のある場所だということが想像できそうなつくりかもです。


明治公園と国立に挟まれた無名坂5
写真5

あと、公園内にはものすごく斜めってる木が数本ありました。。(写真5)
なんでこうなったんですかね・・・。
実は、この木々、写真4でもちらりと見えていますので、興味あるかたは探してみてくださいな。


明治公園と国立に挟まれた無名坂6
写真6

いちおう、公園側から、さっきの無名坂の坂上あたりを見てみました。(写真6)
正面の立派な木に目が行きますが、右側の階段も、階段上と下が膨らんでいるちょっと変わったつくりをしていて、手すりの湾曲具合もかなりのもののようでした。


明治公園と国立に挟まれた無名坂7
写真7

最後は、写真2で登場した明治公園の広場側から、写真5ででてきた傾き樹木のほうを見てみました。(笑)(写真7)
とりあえず、ここから観察してみても、あの樹木がなぜあんなに傾いていたかは謎のままですが、こうしてみると、坂上と坂下で、正面の階段と写真6の階段をあわせた、けっこうな高低差(1階半くらい?)があったことはわかりやすいかもですね。

あと余談で、実は最近、再びこのあたりを通る機会があったのですが、そのときはすでに公園内の一部に囲いがつくられていたりと、取材したときとは違った雰囲気になっていましたよ。
(あれは遺跡の調査のためなのか、はたまた・・・。)

ということで、今回はこんな感じです。


地図
新宿区霞ヶ丘町6あたり

前回の「鉄砲坂 (御殿山界隈/品川区)」に続いて、ちょっと気になる資料が見つかったので、今回も鉄砲坂のことを再び取り上げてみたいと思います。


鉄砲坂その2_1地図
地図

まずは、前回の記事でも掲載した地図ですこしばかり鉄砲坂の復習です。
この坂道は、今は現存していない坂で、おそらく現在の地図に落とし込むとこんな感じかなということで描いてみたもので、御殿山から第一京浜のほうへ(東)に下る地形になっていたようです。
あと、前回の記事には書いてなかったのですけど、マピオンで今回の予想される坂上あたりの標高を計測してみると11m、そして坂下あたりも同じく計測してみると5mくらい。
ということは高低差6mくらいですか。
けっこうな高低差ですかね。
でもまあ、今の御殿山は、お台場を海につくるためにかなりの部分が削られてしまったので、比較は難しいですけど、昔はもっと高低差あったのかもしれないですね。


鉄砲坂その2_2古地図
古地図

そこで古地図が登場です。
これでみるとかつての鉄砲坂の坂下のすぐそばは海。
ということは、標高もかぎりなく0mに近いことになりますかね。
なので、高低差はやはりかなりあったと思われます。


鉄砲坂その2_3品川すさき
品川すさき

そして、この浮世絵です。
広重さんによる「品川すさき」(安政3年(1856)ごろ)という絵だそうです。
これは位置的には、上の古地図で(実はこっそり)鉄砲坂の左右に黄色の★マークを記しておいたのですけど、この浮世絵は坂の右側の★地点が該当する場所といわれているそうです。
ということは、かつての鉄砲坂の坂下付近の景色もこんな感じだった可能性は高いと思われます。
そうであれば、前回の記事の写真2が、今の坂下あたりの景色なのでえらい違いですね。。
あと、この浮世絵の右上のほうに描かれている小さな島が、かつての御殿山を削りとった土で築いたといわれるお台場だそうです。


鉄砲坂その2_4月の岬
月の岬

せっかかくなので、もう一枚。
こちらも同じく広重さんによる「月の岬」(安政4年(1857)ごろ)という浮世絵です。
上の古地図でいうと、坂の左側に黄色の★マークがあるところですね。
僕が参考にした本(ここが広重画「東京百景」)では、古地図の場所にて、絵に描かれているような豪華な料理屋はなかったかもしれない(左の影の女が遊女であることから)とも書かれていて、この場所についても空想だったのではないかという説があるようですが、とにかく広重さんが描きたくなるような景色がこのあたりに広がっていたことはたしかで、そんなことからもこの絵もあわせて紹介してみました。


というわけで、このあたりは東に海、北は御殿山(昔は桜の名所でもあった)ということで眺望的にもかなりすぐれた場所だったそうで、そういう意味でも、かつての鉄砲坂からの景色もかなりのものだったことは想像できそうですかね。



住所
品川区北品川1あたり

気がつけばけっこう長い期間、品川駅界隈の坂道を取り上げてきたわけですが、やっと最終章に入ります。

今回とりあげる坂道は、”てっぽう坂”とかつて呼ばれていた坂で、すでに無くなってしまった坂道です。

まずは、この坂道を取り上げている江戸東京坂道事典の記述によるとですね、
『嘉永二年の切絵図には品川歩行新宿から、西方御殿山の北辺に上る坂を、テッポウ坂と記載し、坂下少し北のところには「清水の井」があり。』
とありました。
なので、今回はまた品川駅の南側エリアに戻り、前に取り上げた御殿山の坂(NO.240)とすこし関連のある場所を取り上げるということになります。

また同じ本の中で他の項には、
『1853年、黒船来航に太平の眠りを破られた幕府は、品川砲台(お台場)を急造するため、この御殿山を削りとって、その土をもって台場を築いたので、御殿山は変形し、さらに明治初年の鉄道敷設のさいには、山の東部を南北に分断し、そのさい、鉄砲坂下の有名な清水の井も埋められてしまった。今の京浜電鉄北品川駅がそのあたりである。』
とも書かれていました。


鉄砲坂1
写真1

そこでふぬふぬと軽く調べて(ここだけですよ)、現地に行ってみるとなんかそれらしき痕跡があったというわけです。(写真1)
写真1の案内板には、
『磯の清水:江戸時代、北品川宿畑地内(現在の北品川駅付近)に昔から磯の清水と呼ばれる名水の出る清水井がありました。宿内の半数以上の家でこの井戸の水を飲料にしていました。干魃の折にも涸れることがなかったといいます。このことから、この横町を清水横町と呼んでいました。』
と書かれてありました。
そういうわけで、このあたりが史実によれば清水井があった場所ということみたいなので、かつての鉄砲坂の坂下もこのあたりだったということになりますかね。


鉄砲坂2
写真2

とりあえずまわりを見渡してみました。(写真2)
写真1の位置より東側の方向にこんな感じで京急の踏切がありました。
いちおうこの踏切をわたり、奥へと歩いていくと、かつての東海道(今は旧東海道と呼ばれているんですかね)があった場所に行くことができます。


鉄砲坂3
写真3

また北側をみると、京急の北品川駅も目の前という場所でした。(写真3)


鉄砲坂4
写真4

さらに、写真2の方向と反対の西側をみると、第一京浜道路が見えていました。
そして、御殿山と呼ばれる場所は今でもこの道路の向こう側にあるので、かつての鉄砲坂はこの方向に上る坂道だったと思われます。


鉄砲坂5地図
地図

そこで、現在の地図(グーグルマップ)に、清水井の場所から想定した鉄砲坂の位置をのせてみることにしてみたのが上の図です。
かつての御殿山と呼ばれていた場所は、この図からも、お台場へ土を運ばれたことによる変形に加えて、今のJRの線路によって昔とはかなり違った場所になったようですね。


鉄砲坂6古地図
古地図

あと、せっかくなので、goo地図の古地図ページから拝借したものにも、清水井と鉄砲坂の位置をのせてみたものが上の古地図です。
ちなみにこの古地図を拡大して確認してみると、実は清水井と鉄砲坂のこともちゃんと記載してありましたよ。
なのでこの古地図からも現在の御殿山とかつての御殿山はえらく違うものになっているということが確認できたので、個人的は大満足です。


鉄砲坂7
写真5

そして、最後は、現在の御殿山と呼ばれている場所の頂上近くから、京浜急行側(かつての鉄砲坂の坂下方向ですね)を眺めてみたのが、写真5です。
どうですかね、なにか想像できましたかね。

ということで、今回はこんな感じです。


住所
品川区北品川1あたり

今回は、パソコンのデータ整理中にすこし前の写真を見つけて、そういえばということで。。


コミュニティ道路という名の坂道1
写真1

では、さっそく写真をばばんと。
ここは半年以上前のことなのですけど、池尻大橋から中目黒までぶらりと歩いた時にみつけた場所で、見ての通り階段タイプの坂道なのですが、実はここ「烏森コミュニティ道路」という名前がつけられているようなのですよ。
よくみると坂上あたりに名前が記されたプレートも見えていたりします。

高低差もいい感じで、見るからに立派なつくりの階段でしたよ。

あ、それで忘れてましたが、詳しい場所のほうは中目黒駅の西側エリアに烏森小学校があるんですけど、そこの学校の敷地の南西側にこの階段がありました。
住所でいえば上目黒3-38あたりということになりますかね。
なので、この烏森という名(地名?)がどこからでてきたのかは不明だったのですが、後からネットでさらりと調べてみたら、やはりかつての地名由来のようでした。
詳しくは区のHPに説明ありましたので、気になる方はどうぞ。
目黒の地名 烏森(からすもり)


コミュニティ道路という名の坂道2
写真2

いちおう坂下からの眺めなども。
街灯もしゃれててつくりも丁寧ですねえ。
でもここはまちなかによくあるなんてことない道が途中からこんな具合になっていたんですよ。

ちなみにコミュニティ道路というのは、ウィキペディアによれば、自動車の通行を主たる目的とはしない道路。道路上の空間は近隣住民の交流や子供の遊びなどに用いられる、とのこと。
なるほどー。
たしかにそういう目でみると、まあこの階段のつくりもすこし納得といった感じですかね。

あとは、この階段を無名坂とするのか「烏森コミュニティ道路」という名の坂道と捉えるのかということですが、どうしましょうかね。(笑)


住所:
目黒区上目黒3-38あたり

(つけたし:上の写真はスマホカメラで撮ったものですのであしからず。)

今回は、品川の坂道に話を戻しまして、前に取り上げた八ツ山の坂(NO.243)の坂下から北側(品川駅方向)に抜ける道がこれまた坂道になっていてなかなかいい感じの場所だったもので、ちょっと取り上げてみたいと思います。


ソニー歴史資料館のある坂道1
写真1

まずは坂下からの様子です。
なんだかえらく整備されていた道だったので、おもわず歩いてみたわけなのですが、位置的には、右側に八ツ山の坂(NO.243)でも出てきたガーデンシティ品川御殿山というマンションがあり、左側は地図で確認すると御殿山SHビルということでした。
(それでビルの外観のテイストも似ていたので調べてみたらやはり建築主は同じく積水ハウスでしたよ。)

特にこの坂の向こうになにかがあるわけでもないのですが、なかなか立派な街路樹も植えられていてちょっとびっくり。(というかこの向こうになにかがあるから道を整備しているという僕の感覚自体がおかしいのかもしれないですけどね。。)


ソニー歴史資料館のある坂道2
写真2

もうすこし歩いて、高低差に変化が現れる場所まできてみました。
どこぞやの新興住宅街なのでは?と思ってしまうほど、道を含めた各マンションの外構具合がかなり気合いはいっているなあという感じでした。。
でもやはり今回一番気になったのは、奥へと続く坂道の高低差具合ではありましたけどね。(笑)


ソニー歴史資料館のある坂道3
写真3

やっと坂を上り始めて、坂上のほうをまずは見てみました。
今いる場所は、坂下からも見えていたオレンジというか赤というかそれ系の色のアスファルトのちょうど中間あたりの場所なのですが、それでもなかなかの高低差具合でした。
また右側の歩道の部分だけ、いきなり階段になっているあたりが、ちょっと謎ではあったのですけど、よく考えてみたらここだけ勾配がきつめなので、もにかしたらその関係でこうしてみたのかなあと思ってみたり。


ソニー歴史資料館のある坂道4
写真4

さらに坂を上り、今度は坂下のほうを眺めてみました。
とりあえず、このあたりからが高低差具合やらまわりの景色の開け具合が一番いい感じで感じれる場所なのかなと個人的には思います。
そして、できたばかりの匂いみたいなものがぷんぷんするわけなのですが、実は坂下の道は名前のついている坂道ということで、かなり昔からあった道なので、この坂道ももしかしたら昔からあったのではないかと想像してみたり。(でも帰ってから古地図で調べてみたらどうやら江戸時代にはなさそうな感じの道のようでしたけど・・・。)


ソニー歴史資料館のある坂道5
写真5

また左側にはこれまたなにか意味ありげな階段なんかもあったり。


ソニー歴史資料館のある坂道6
写真6

いちおう、写真4とだいたい同じ位置より坂上方向も見てみました。
坂上はまだまだ上のようでした。


ソニー歴史資料館のある坂道7
写真7

もうすこし坂を上り、坂下方向を見てみました。
道自体がすこしカーブしていて、すでにここからは坂下の様子はうかがえませんけど、高低差具合はかなりのものでしたよ。
ビルでいえば、5階か6階分くらいでしたかね。


ソニー歴史資料館のある坂道8
写真8

そして、最後は、坂上あたりまでやってきて、坂下方向を眺めてみたものです。
ここからだと、この奥にある道の様子がまったく想像できないところが、これはこれでおもしろいかもですね。
ちなみに、写真8の左側にはタイトルにもあげておいたソニー歴史資料館がひっそりと存在していましたよ。(散歩当日は閉まっていたので中にははいれませんでしたけど。)


ということで、今回はこんな感じです。



住所
品川区北品川6-6あたり

今回も箱根編です。
前回の一番坂(NO.242)の坂上から北に向かう道をすこし歩くと、上強羅駅に着くんですけど、その途中で見つけたよさげな階段坂道のことでも取り上げてみたいと思います。


上強羅駅への坂道1
写真1

はじめにも言ったとおり一番坂(NO.242)の坂上からすぐの場所に箱根登山鉄道の上強羅駅があるんですけど、写真1はそこへ向かうための道がちょうどいい感じで坂道(というか山道?)になっていたので思わずぱちりと一枚。
ここに来た時は、写真1のように上強羅駅という小さな案内看板があるだけだったので、え?どこどこ?という感じだったのですけどね。


上強羅駅への坂道2
写真2

階段というか坂道というか、その道をすこし上り、いちおう坂下方向も見てみました。
今回の坂道とともに坂下を横切っている坂道もあるようですねー。
と、まあそれもそのはずでこのクロスしている道路は一番坂(NO.242)の北側を並行に走っている坂道ですからね。


上強羅駅への坂道3
写真3

さらに階段を上っていくと、なにやら坂上のほうに人工的な構造物が見えてきました。
ただこれだけだと駅っぽくなくてなんだかわからない感じですかね。
でも坂道自体は山道のような割には、いちおう駅前ということもありすごく手入れされていました。


上強羅駅への坂道4
写真4

再び、坂下方向を見てました。
ここからだとけっこうな高低差具合ですかね。
鉄道のためにこういう地形になったのか元々からこうだったのか。ちょっと調べてみたくなる階段でしたけど、とりあえず今回はただ歩くのみ。
ただし、この坂道に名前がないということだけはわかっているのですけどね。


上強羅駅への坂道5
写真5

そして、すこし坂を上ると、突然に上強羅駅のホームが見えていましたよ。
しかも歩いた時はちょうど電車が来た時でした。(ちょっとわかりにくいかもしれないですが。)


上強羅駅への坂道6
写真6

ホームにはただでは入れたので、入場(?)すると、うまい具合に電車が発車したばかりということで、これまた急いでカメラでぱちりと。
すでにこの段階で僕の姿が電車の窓ガラスに映らないであろう高さになっていましたよ。


上強羅駅への坂道7
写真7

ちなみに強羅駅(坂下)方面も見てみると、かなりの傾斜具合ですかね。
なのでホームもかなりの傾斜具合でした。


上強羅駅への坂道8

写真8

さすがにレールだけではすべるのか写真7でもちらりと見えていますけど、補助ケーブルなんかもロープウェイのようにがらがらと動いていました。
レール坂ならではの風景かもですね。


上強羅駅への坂道9
写真9

最後はやっぱり。


ということで、今回はこんな感じです。



地図
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300あたり

気がつけば、すこし前のことになってしまいましたが、このブログでも前にとりあげた六本木のミッドタウン裏にある檜坂 (NO.131)の坂上と「大使館の宿舎を眺めながら」の記事で取り上げた無名坂の坂上をつなぐ坂道があるんですけど、今回はそこで見つけた奇妙な階段の話でも。


ミッドタウン裏の檜坂の坂上にある謎の駐車場と無名坂1
写真1

まずは、肝心の檜坂 (NO.131)と無名坂をつないでいる道がたまたま廻りの高低差により坂道になっていたわけなんですが、写真1はその坂の坂上あたりの様子です。
この坂の坂上のほうから右に曲がると檜坂 (NO.131)の坂上につながっているという場所です。


ミッドタウン裏の檜坂の坂上にある謎の駐車場と無名坂2
写真2

もうすこし坂を下り坂上のほうを見てみたものが写真2です。
閑静な住宅街の向こうに忽然と六本木ヒルズのあのビルが見える風景はいつきても不思議な感じがしてしまいます。
それはさておき、右側の立派な塀、この向こうは実は建物はなく(僕が歩いた時は)駐車場になっていたんですよ。


ミッドタウン裏の檜坂の坂上にある謎の駐車場と無名坂3
写真3

で、写真2の塀のオレンジ(というか橙色)のドアのようなものがあるちょっと坂上側に入口らしきものが見えていたんですけど、それを正面から見たものがこちらです。
なんとこの坂道から駐車場へと入れる階段となっていたのですよ。
ただこれ、よく見てみるとどうやら前に建っていた家の出入口を改良してこのようなつくりになっていたようでした。
いやはやなんとも珍しいつくりというか。
ふつうなら敷地内にあるものすべて取り壊してしまいがちなんですけど、ここではこんな感じでなんともいえない再利用されていましたよ。


ミッドタウン裏の檜坂の坂上にある謎の駐車場と無名坂4
写真4

階段上の駐車場側からみるとこんな感じでした。
ほほ〜♪という感じでしたよ。


ミッドタウン裏の檜坂の坂上にある謎の駐車場と無名坂5
写真5

また隣を見てみるとこんな感じでした。


ミッドタウン裏の檜坂の坂上にある謎の駐車場と無名坂6
写真6

そして、逆方向を見るとけっこうな規模の駐車場のようでした。


ミッドタウン裏の檜坂の坂上にある謎の駐車場と無名坂7
写真7

あと、写真3と4にも写っていたのですが、例の階段の坂との入口あたりには謎の頑丈そうなドアがありました。
もちろん中には鍵がかかっていてはいれませんでしたけど。


ミッドタウン裏の檜坂の坂上にある謎の駐車場と無名坂8
写真8

また階段のある場所からすこし離れた駐車場内の北側にはこれまた過去の遺産とも言える謎の地下室への階段も残っていました。
ちなみにここから下へは柵があって入れないようになっていますのであしからず。


ミッドタウン裏の檜坂の坂上にある謎の駐車場と無名坂9
写真9

そして、最後は再び外の坂に戻り、坂下の方を眺めてみました。
この坂下から右側に行くと、今度は「大使館の宿舎を眺めながら」で取り上げた無名坂の坂上へとつながっていくわけなんですよ。


住所
港区赤坂6-19あたり

前から今回取り上げる坂道を通るたびに気になっていたので、すこし前にこのあたりを歩いた時の話でも。

場所は渋谷駅の東に位置する國學院大学から東4丁目という交差点までの東のほうに下る坂道で、しかもその途中にはなんと御用邸が隣接しているという実は知る人ぞ知るという場所の無名坂だったりします。


渋谷國學院と御用邸の横の坂1
写真1

まずは坂上からの景色など。
実をいうとここは坂道自体でみると、なんてことない感じの、勾配具合が気持ちいいどこにでもありそうな坂なんですけど、やはりここの特徴は(見てのとおりといえばそれまでなんですけど)、坂の左側に隣接している立派な塀と樹々の存在なのかもですよ。
とにかくここを通るたびに良い感じだなあーと思っていた坂だったので、どこがいいのだろうと考えてみるとやっぱりこの要素がつよいのかなと。


渋谷國學院と御用邸の横の坂2
写真2

ちなみに坂上には、國學院とともに江戸時代後期の儒学者、松崎慊堂宅の跡地に建てられた「白根記念渋谷区郷土博物館・文学館」なる区の施設があったのですが、そこの一郭にこんな松がありました。
この松は、白松とかいて”はくしょう”と読むのだそうで、全国的にも非常に数の少ない稀種だそうで、大正の末ごろに中国北京から持ち帰ったもので、内田治という方が昭和53年に区に寄贈したものだそうです。
ふーむ。


渋谷國學院と御用邸の横の坂3
写真3

話は坂道に戻りまして、すこし坂を下り、坂下の方を眺めてみたものです。
けっこう長めの坂で、左側の御用邸(あ、いきなりでてきましたがそうなんですよー。あとで詳しく書きますが)あいかわらずですかね。


渋谷國學院と御用邸の横の坂4
写真4

今度はだいたい同じ位置より、坂上のほうを見てみました。
こうしてみると意外と高低差具合もありそうですね。
また坂上のほうには國學院大學のキャンパスもちらりと見えていたりしました。(たしか写真で見えている近代的な感じのキャンパスの建物は最近、日建設計が設計したものだったような。とにかくそれなりに知る人ぞしる建築だったと思います。)


渋谷國學院と御用邸の横の坂5
写真5

そして、やっと坂下あたりにやってきました。
もう左側の御用邸の立派な樹々がものすごい感じですね。


渋谷國學院と御用邸の横の坂6
写真6

ちなみに現地では、この坂下にやってくるまで、この左側の敷地になにがあるのか実は知らなかったのですが、写真5の左側はこんな感じで写真6のように御用邸への入り口になっていて、奥に警備の方がいたのでそこで尋ねたら、なんとここは御用邸だったというわけなんです。
ちなみにちなみにこの御用邸は、正確には「常陸宮邸」または「常磐松御用邸」というそうですよ。(これ以上は深入りしないですが、もうこれで誰が住んでらっしゃるのかは明白ですよね。)


渋谷國學院と御用邸の横の坂7
写真7

そして、最後は坂下よりです。
今回はすこし変則的な位置からの眺めですが、御用邸と坂道がよく見える場所があったもので。

ちなみに(しつこいですが)、この坂下の交差点(しかもここ6差路なんです)の向こう側には、前にこのブログでもとりあげた羽沢坂(NO.159)の坂下があったりするんですよ。

ということで、今回はこんな感じです。



住所
渋谷区東4-6あたり

前回は上目黒氷川神社だったのですが、今度は渋谷駅のすこし東側エリアの文教エリアに隣接してある渋谷氷川神社で見つけた坂の話でも。

あ、ただこれは別にねらって氷川神社ばかりを散歩したわけではなく、最近、過去に取材したところを整理していたら、たまたま同じ神社名だったので、せっかくなのでまとめて取り上げてみただけですので、あしからず。


渋谷氷川神社のぐるぐるスロープ1
写真1

で、いきなりの坂の全景です。
まあ、これを坂道とよんでいいのかという基本的な疑問は残りますが、とにかく地形に沿った斜面の真ん中あたりに大きな樹木が一本、立派に育っていました。


渋谷氷川神社のぐるぐるスロープ2
写真2

そして、いつものようにすこしディテール(意味不明?)の紹介。
写真2はすこし角度をずらして見てみたものです。
実はここ、奥から手前に傾斜している場所(坂)に加えて、この場所より本堂側の道は幅が狭くてUターンが困難なため、こんな具合に木のまわりをラウンドしてもときた道にもどれるようなつくりになっていたようなんですよ。(ただし散歩した時は鎖がかかっていてただの駐車場になっていましたが。。)


渋谷氷川神社のぐるぐるスロープ3
写真3

いちおう坂をぐるぐるしてみることにして、まずはすこし坂を上ってみました。
これだけだと普通な坂の感じですかね。


渋谷氷川神社のぐるぐるスロープ4
写真4

ちなみに写真3の左側のほうにで見えていた階段、坂上のほうは謎のつくりになっていました。。


渋谷氷川神社のぐるぐるスロープ5
写真5

そして、木の裏側あたりにきてみました。
坂道ラウンド中です。


渋谷氷川神社のぐるぐるスロープ6
写真6

もう一方のほうはこんな感じでした。
やはり明らかに車がぐるぐるするための道幅とちょうどいい勾配具合になるようにつくられているようでしたよ。


渋谷氷川神社のぐるぐるスロープ7
写真7

最後はもう片方の坂下よりです。

そして、さらに下るとまた写真1の場所にもどる、という感じになるんですかね。
なんとも、よくよく見てみると不思議な場所かもですね。


ということで、今回はさらりとこんな感じです。


住所
渋谷区東2-5

けっこう前になってしまったんですが、目黒区にある上目黒氷川神社にふらりと立ち寄った時に、いい階段があったのでちょっと取り上げてみたいと思います。

場所は、目黒区とはいってもいろいろあるわけですが、細かい場所は田園都市線の池尻大橋駅の近くにあり、最近話題にもなった大橋ジャンクションの目の前にある神社で、今回はそこの階段でのことです。


上目黒氷川神社の階段1
写真1

いろいろ説明していてもあれですので、まずは坂下からの様子でも。
とにかくここの階段、急勾配でしたよ。
ただここは別に“上目黒氷川神社男坂”とかそういう名前が他の神社のようについているわけではなく、いわゆる無名坂の部類に入るものだと思います。
でも良い感じの坂というか階段ですねえ。


上目黒氷川神社の階段2
写真2

こちらはすこし階段をのぼり、さらに坂上のほうを見てみたものです。
この段階でも坂上になにがあるかもわからないくらいの高低差がまだまだありました。


上目黒氷川神社の階段3
写真3

そして、一気に坂上までやってきて坂下方向を眺めてみました。
目の前にみえている高速道路のおかげですこし圧迫感はありますが(そのおかげで大橋ジャンクションも見えてないんですが)、かなり印象的な坂上からの眺めだったかもです。
高低差も遠くに見えている建物と比べてみると4階分くらいはありそうですかね。


上目黒氷川神社の階段4
写真4

ちなみに坂の全景が見れる場所があったので、いちおう撮っておきました。
なんかもう、こうしてみると(しつこいですけど)すごい傾斜の階段ですね。
見た感じでは45度以上ありそうにも見えるんですが、真相やいかに。

またこの階段下に、氷川神社の由来みたいなことが書かれた案内板があったのですが、そこにけっこう面白いことが書かれていてですね、
『正面の石段は文化13年(1816)に造られましたが、明治38年(1905)に前を通る大山街道(現、玉川通り)を拡張する際に、現在の急勾配な石段に改修されました。』
ということなんだそうです。
なので写真3でいえば、坂下の大通りが玉川通りなのですが、どうやらこの階段、道路の拡幅工事が行われる前はもっとゆるやかな勾配の階段だったみたいですね。
そして、同じく案内板の最後には『境内には、目切坂上(現、上目黒1−8付近)にあった目黒元富士から石碑などが移され、「目黒富士」と称す登山道が築かれています。』とも書かれていたんですよ。
(これはわくわくドキドキ。)


上目黒氷川神社の階段5
写真5

そんなわけで、階段を登りきると、正面にこんな感じで本殿が見えていました。


上目黒氷川神社の階段6
写真6

そしてそして、その本殿の左側にかなり気になるお堂がありました。
見てのとおりなのですが、「目黒富士浅間神社」という木碑があり、そのそばには案内看板もありました。
せっかくなのでそのまま抜粋するとですね、
『目黒富士 江戸時代に富士山を対象とした民間信仰が広まる中、富士講という団体が各地で作られ、富士講の人々は富士山に登るほかに身近なところに小型の富士山(富士塚)を築き、これに登って山頂の石祠を拝みました。目黒区内には二つの富士塚がありました。一つは文化9年(1812)に目切坂上(上目黒1-8)に築かれたもので、「元富士」と呼び、後に別所坂上に築かれたもう一つの富士塚を「新富士」と呼びました。元富士は高さ12mで、石祠(浅間神社)を祀っていましたが、明治11年(1878)に取り壊しとなり、この氷川神社の境内に石祠や富士講の石碑を移しました。昭和52年(1977)7月に富士山に見立てた登山道を開き、境内の一角を「目黒富士」と呼ぶようになりました。7月1日には山開きの例祭が行われています。』
とのこと。
とにかく、前に歩いた代官山駅近くにある目切坂(NO.154)とこの神社はどうやら昔から富士山(富士塚)つながりの場所だったみたいですね。(ちなみに別所坂はまだです・・・。)

ということで、富士塚と坂道の関係についても、もうすこし話を切り込んでいきたいところなのですが、またそのうち、目黒区内の他の坂道話の時に必ずでてくるであろう「元富士」と「新富士」の話をするときに、ちょっとずつ歴史を紐解いていければなあということで、今回はとりあえずこんな感じです。


住所
目黒区大橋2-16

六本木の三角地帯に隣接した回廊のような坂1
写真1

いきなりですが、こういうところを歩いていると、ここを計画した人たちはなにをしたかったのか、つたえたかったのかと思ってしまうんですよ。

場所は、前回とりあげた六本木の三角地帯にある歩道橋(「とある街の風景210(すれ違えないですよ。。)」)からすぐ南にあり、六本木ティーキューブなる高層ビル(写真1でいえば右側ですね)のあしもとの道路に面してあった歩道です。
写真1でいえば、左側が三角地帯になり、写真は坂下方向からのものです。
とにかく敷地内にきれいなタイルを敷き詰めるだけならまだしも、それに加えて写真のようなフライング・バットレスのようなL字型の柱のような(まあなんと呼べばいいのかわからないので適当に言っております)、そんなものが歩道に沿って並んでいました。
そしてそして、この歩道、(見てのとおりなんですけど)坂道になっていたんですよ。
地形的にみれば、こちらも前にとりあげた「とある街の風景208(六本木一丁目駅の上にある坂道)」の坂でいえば、このあたりは坂下のほうの場所なので、ここも自然とこんな坂道になっているというわけなんです。


六本木の三角地帯に隣接した回廊のような坂2
写真2

もうすこし坂をのぼり、坂上のほうを見てみました。
こうしてみると、道が右側のビルのカーブにあわせて曲がっていて、それにあわせて柱もいい感じで見えていて、なかなかおもしろい風景になっていました。
ただここ、こんな立派なつくりしてるんですけど、人の流れはほとんどなかったんですよね。。
でも坂道風景は前述のとおりかっこよかったです。


六本木の三角地帯に隣接した回廊のような坂3
写真3

いちおう、すこし離れた位置からも見てみました。
こうしてみると結構な勾配具合というものわかりやすいかもです。
そして、このL字型の柱のようなもの、はじめにフライングバットレスのような感じと言いましたが、ここからみると、柱がくっついている壁が奥に見えているんですが、どうやらその壁をフライングバットレスのごとく支えている可能性があるみたいですね。(裏側は見てないのでなんともいえないのですが、手持ちの写真とここから見た感じだとです。。)


六本木の三角地帯に隣接した回廊のような坂4
写真4

ちなみに、前回とりあげた三角地帯との関係はこんな感じで、すこしだけですが例の歩道橋もちらりと見えていたりしたんですよ。
(実は、前の「とある街の風景210(すれ違えないですよ。。)」の1枚目の写真でも右側のほうにちらりとこのバットレスもどきが見えていたりするのですが。)


六本木の三角地帯に隣接した回廊のような坂5
写真5

こちらはまた坂にもどり、坂上あたりからの様子です。
ここまでくると、もうなんのためにつくられたのかもわからない感じの豪華な歩道であり坂道ですが、坂道風景的には都内でもなかなかめずらしいものだと思いますので、今回はそれでよしとしておきましょうかね。。


六本木の三角地帯に隣接した回廊のような坂6
写真5

そして、フライングバットレスもどきのある坂道を抜けて、坂上のほうをみるとこんな感じでした。
こうして見ると、ここからみえる坂もけっこうな傾斜具合で、そういう意味では右側にある六本木ティーキューブなる高層ビル、かなりの高低差のある場所に面して建っていたんですね。


住所
港区六本木3-1

前に取り上げたとある街の風景208(六本木一丁目駅の上にある坂道)の坂道のある場所から西のほうに行き、六本木通りを越えてすこし歩くとアメリカ大使館職員宿舎なるところがあるのですが、今回はその隣の道を歩いていた時に気になった坂道風景でも。


大使館の宿舎を眺めながら1
写真1

六本木通りからすこし奥に入ったあたりにこんな場所があったんですよ。
とにかくここは坂道的にはのっぺりとした傾斜のゆるい坂なのですが、見てのとおりこの道の右側にはなんとも個性的なつくりのアメリカ大使館職員宿舎として使われているタウンハウスが坂道に沿って建っていたんですよ。
とにかくタウンハウス(日本でいえば長屋がそれにあたるのですかね)ということで各住戸が途切れることなく繋がっていて、それが坂道の傾斜に沿って微妙に階段上になっていて、その他のつくりもよくよく見てみると(プレハブ住宅みたいな感じのものがただただ連結したものではなく)いろいろと凝ったつくりしていましたよ。

そんなわけなのでここまでくると坂道風景にもかなりの割合で影響を与えているといわざるをえない感じですかね。
ちなみにこのタウンハウス、実は知る人ぞしる建築らしく、「ミツイタウンハウス」という名前がついているみたいで、設計者はハリー・ウィーズとその方々(海外で有名な人みたいです)ということだそうですよ。
ただここ、実はこの坂道沿いの建物とあわせてこの奥にも奇妙な感じのデザインの宿舎建築があるので、それらを含めてのものだとは思いますけどね。



大使館の宿舎を眺めながら2
写真2

いちおう坂上からのものも。
ここからだと傾斜具合もわかりやすく、左のタウンハウスもその傾斜にあわせて階段上になっている感じがわかりやすいんじゃないですかね。

またここは、前に取り上げたとある街の風景207(泉ガーデンの階段いろいろ)の中の最後のリンク先で出ててきたこのあたりの広域計画と泉ガーデンタワー(写真2の左上にもちらりと見えてますけど)の階段のあるアーバンコリドールとの関係を示した図の軸線のしたの方の場所でもあったりするんですよ。
(でもこの写真だけみるとそれでどうしたの?なにか意味あるの?とつっこまれそうですし、後で気がついたことなのであれなんですが・・・。)


ということで、今回はなんだか坂道話というより建築話という雰囲気になってしまいましたが、さらりとこんな感じです。


住所
港区六本木2あたり

今回は東京タワーつながりで、タワー下をふらりと歩いていたら、ちょっと気になる坂道を発見。


タワー下のthank you & welcome坂1
写真1

見てのとおりなんですが、タワー下の切符売り場の場所から駐車場に向かう途中にあった坂道です。
簡単にいえば右の車が通るところと分けるためにつくられた歩道のような役割の場所だったのですけど、これを無名の坂道という視点で見なおしてみるとなんだかとても気になる存在になってしまったのでおもわずぱちりと。

それにしてもあらためてまじまじと見てみるとけっこうおもしろいつくりしていて、高低差もなかなかある感じでした。


タワー下のthank you & welcome坂2
写真2

こちらが坂上からのものです。
この写真だとここが坂道だということがわかりにくいですね。
でも坂下のほうをみるとなんとなく感じがつかめるかもですよ。

ちなみに、坂上のほうにも今回は写真撮るの忘れてしまいましたが、坂下のthank youに対してwelcomeの文字が設置されていました。
そして、これらは暗くなるとネオン管のような発色で光るんですよ。


タワー下のthank you & welcome坂3
写真3

そいでもって、こちらが実は坂下にもあったんですが、welcomeの文字の左右にいたノッポンの人形の片方です。
なんだか撮ってくれと言われているような気がしてズームでぱちりと一枚。
ただこの人形、まったくといっていいほど汚れてないので、もしかしたら毎日外してるんですかね。。


ということで、今回はさらりとこんな感じです。



住所
港区芝公園4-2

しかしまああれですね。
今回は神社内の階段が現地ではかっこいいなあと思い歩いていたのですが、帰ってから軽く調べていたら現地では気がつかなかったけっこうおもしろい史実がでてきたのでそのあたりのこともまじえながら。

場所は前回取り上げた「大田区立郷土博物館の北側にある眺望坂」の坂の途中の道を南にすこし下ると湯殿神社なる神社があるんですが、今回はそこの境内の無名階段です。


馬込城と湯殿神社の階段1
写真1

まずは「大田区立郷土博物館の北側にある眺望坂」から歩いてくると道沿いからこうま児童公園なる小さな公園が見えてきて、ふと奥をみると写真1のような感じで湯殿神社の本殿が見えていました。


馬込城と湯殿神社の階段2
写真2

気になり境内に入ってみると途中には写真2のような味のある階段もありつつ。


馬込城と湯殿神社の階段3
写真3

本殿の前には写真3のような階段もありました。
右の大木の育ち具合といい階段との関係といいなかなか良い感じでしたよ。


馬込城と湯殿神社の階段4
写真4

また写真4はすこし位置はもどりますが、本殿のそばから坂下のほうを眺めたものです。
こうみると坂下まではけっこうな高低差具合で、右側の社務所の屋根がいい感じのつくりでこちらも気になるところでした。


馬込城と湯殿神社の階段5
写真5

そして、一気に坂下の神社の入り口までやってきて坂上のほうを見てみました。
手前の階段のなんとも古そうなつくりと鳥居の奥のうっそうとした緑と大木がこれまた良い感じの風景つくっていたかもです。

そしてそして、実は湯殿神社の史実を軽く検索していたら、なんとこのあたりにはかつてお城があったそうなんですよ。
それがタイトル名にも加えたように馬込城というそうで、大田区のHPにも馬込城跡として説明があったのでそのまま抜粋するとですね、
『戦国時代の後北条氏の家臣である梶原助五郎(三河守)の所領で、東は北野神社(南馬込二丁目)、西は湯殿神社(南馬込五丁目)、南は臼田坂下(中央一丁目、中央四丁目)、北は大田区立馬込図書館(中馬込二丁目)までに及ぶ中世城郭でした。城の構えは周囲が急な崖で、周辺の谷に沼を配し、敵の侵攻に備えていました。特に西側の部分はかつて根古屋ねごやと呼ばれ、このあたりが城主の館の跡と伝えられています。写真は湯殿神社に隣接する湯殿公園の様子です。城の遺構は残されていません。』
とのこと。

そこで、湯殿神社と前にとりあげた臼田坂(NO.231)以外の北野神社、大田区立馬込図書館の場所はどこだろうと思い、地図におとしこんでみたものが次の地図です。


馬込城と湯殿神社
馬込界隈の地図


おそらく紫の点線で囲んだあたりがかつての馬込城の城郭だったエリアのようですね。
それで、肝心の馬込城のほうは、もちろん今はないのですが、こちらの東京都の城というサイトの説明によると今回の湯殿神社のすぐ東隣、しかも前回とりあげた「大田区立郷土博物館の北側にある眺望坂」も含めた場所にあったみたいなんです。
なのでこの無名坂の坂上からの風景は、かつてあった馬込城からの眺めとかぶっているところはあるかもですね。

というわけで、よくよく考えてみるとかつての馬込城は、「大田区立郷土博物館の北側にある眺望坂」とその北側にある南坂(NO.239)の間にあったということになりますかね。
むむー、現地ではまったく気がつきませんでしたよ。南坂(NO.239)の坂の碑にこれ書いててくれたら気がついたんですけどね。(笑)


地図
大田区南馬込5-18

今回も無名坂ですが、また馬込界隈の話にもどります。
場所は前に取り上げた二本木坂(NO.236)の途中にあり、そこから下る形になっている坂道です。


給水塔の見える西馬込の坂道1
写真1

まずは坂上からの風景など。
短い距離で一気に下る形の坂なので勾配はけっこう急でした。
坂下のマンションと高さ比べしてみるとわかりやすいかもですが、4階分くらいの高低差はありそうですかね。

しかも遠くには、とある街の風景194(給水塔のある坂道風景)でもとりあげた給水塔がふたつ並んでみえていて、なかなか良い感じ。
なんかもうこの景色だけで(気がついた人もいるかもしれないですが)、このあたりのうねうね感というか高低差の具合にバリエーションがあることもわかったりするのですが、気がついてもらいましたかね?


給水塔の見える西馬込の坂道2
写真2

次は、一気に坂下までやってきて坂上の方を見てみました。
この坂については、坂上からもそうだったのですが、坂下からの景色からも急勾配の坂道ということがわかりやすいかもですね。
そして、この坂道の舗装は写真2のとおりジャノメ(ドーナツ)型のものなのですが、個人的にはこれくらいの傾斜にこの舗装というのが正統なのかなと思っていたりするのですよ。
あとは舗装のコンクリートの色に新色が。。(笑)


住所
大田区西馬込1-16あたり

気がつけばずいぶん前に撮った無名階段なんですが、今回は原宿駅からほど近い代々木体育館の敷地内でみつけたものです。


代々木体育館の石垣階段1
写真1

いきなりドンと階段下からのものなど。
階段上に代々木体育館があるのですが、そこにいく途中の階段とその横に広がる石垣がすごい感じでした。
もうこれは明らかに人の手によるものなのは見ての通りです。
ただこの高低差に関してはもともとの地形なのかどうかというところではちょっとわかりかねるという具合でした。


代々木体育館の石垣階段2
写真2

次は階段をすこし上ったあたりからのものです。
実は階段下の道路もなにげに坂道になっていてカーブの具合もなかなかいい感じなのですよ。


代々木体育館の石垣階段3
写真3

で、階段の中腹あたりまできて、さらに階段上のほうを見てみました。
階段上には門があり、夜は入れないようになってしまうみたいでした。


代々木体育館の石垣階段4
写真4

そして、最後は階段上より。
とにかくまわりもオリンピックにあわせてつくられたものが多いので、計画的でわざとらしいところはありますけど、やっぱりここからの景色はなかなかいい感じでしたよ。

ということで、今回はさらりとこんな感じです。



住所
渋谷区神南1-1

前回の続きといえばそうかもという話です。


東海道新幹線がゆっくり見える階段1
写真1

まずは、前回の「大田区相生坂の坂上の坂道」のエントリーの写真1の坂下の向こうに見えていた側の坂と橋からの景色など。
こうしてみると坂下と坂上の部分でけっこう高低差あるように見えてました。

あとは手前の坂のほうでは、右側に橋があるんですが、気になってしかたがないのが、ガードレールが上下に2つあったんですよ。
これなんでしょうかね?
昔はこの道や橋の道路レベルがもっと低い位置にあったのかもと予想もできますけど、ようわからんです。


東海道新幹線がゆっくり見える階段2
写真2

そして、写真1の背後は、なんと階段になっていました。
しかも隣のJRの線路レベルまで高低差を一気に下るという形。
ほんとこの線路沿いの坂道の高低差はほんとうねうねとしていたんですね。


東海道新幹線がゆっくり見える階段3
写真3

いちおう坂下からも見てみました。
かなりの急勾配な階段ですが、これぐらいの急坂なら見たこともなくはないので、ここでわざわざ階段にしているということは、いろいろ想像してみると、もしかしたらここは(線路を通すのにあわせてあたらしくつくられたものではなく)昔から階段のあった場所なのかなあと。


ということで今回はさらりとこんな感じです。


住所
大田区西馬込2-10あたり

今回もお台場シリーズです。


台場公園の高低差1
写真1

いきなりこんな写真ではじめてみたのですが、これだけみるとなんじゃこれという感じですかね。

で、その場所なんですが、この階段、台場公園内にあったものなんです。
台場公園といってもぴんとこない方もいるかもしれないですけど、要はフジテレビとレインボーブリッジの間にある知る人ぞ知る砲台跡のある場所といえばわかりますかね。
そして、そんな場所に写真1のようなどこぞやの登山道かと間違えそうな階段があったというわけなんですよ。


台場公園の高低差2
写真2

ただ写真1の左側をみるとこんな景色が見えていました。
こちらもこれだけだとちょっとわかりにくいですけど、手前に見えている橋はレインボーブリッジだったりします。
かなり近いですね。


台場公園の高低差3
写真3

ちなみに階段下から見るとこんな感じでした。
緑いっぱいなのですが、どこか人工的というか手入れがものすごいされている感じがなんともあれですかね。
個人的には、現地でこれ見た時はなんかジブリ映画にでてきそうな風景っぽいなあと勝手に想像してしまい、思わずぱちりとしてみたわけなんですが、この写真だけだとあまりそんな感じはないかもですね。。(笑)


台場公園の高低差4
写真4

しかも、写真3の右側をみると、なにやら立派な石垣にはさまれた水路のような抜けがあり、その奥には海とレインボーブリッジが見えているなど、気になる景色が広がっていました。
なんか草ぼーぼーな感じですけど住所を確認すると、ここはいちおう港区だったりします。(笑)


台場公園の高低差5
写真5

で、今度は、位置でいえば写真3の背後にもこんな階段がありました。
なかなかの高低差具合に両サイドの緑が良い感じ。
こちらの緑もすごく手入れされてる感いっぱいでした。
階段自体も、写真をあらためてじっとみてみると、荒い石のかたまりのようなものと四角く人工的な石(もしかしたら木かも。現地では確認してなかったです。汗)が交互に組まれていて、かなり渋いつくりになっているようですね。
こういうつくりの階段はなかなか見ないかもです。


台場公園の高低差6
写真6

いちおう坂上というか階段上からも坂下方向を見ながらパチリと一枚。
遠くのほうには当たり前ですけど、海が見えてます。


台場公園の高低差7
写真7

そいでもって、写真6の右側をみると、ドアップのレインボーブリッジが。。


台場公園の高低差8
写真8

そして、写真6の左側を見ると、台場公園の全景とともに、奥にはあのフジテレビのビルも見えていましたよ。

ちなみに、この台場公園内にも、まちでよくみかける案内板があったので、最後にそのまま抜粋しておきますね。
『台場公園(第三台場):「お台場」の名で知られる品川台場は、江戸幕府が黒船来襲にそなえて品川沖に築いた砲台跡です。設計者は伊豆韮山の代官・江川太郎左衛門英龍で、ペリーが浦賀に来航した翌年の嘉永六年(一八五三年)八月に着工、一年三ヶ月の間に六基が完成しました。現在は大正一五年(一九二六年)に国の史跡に指定された第三、第六台場だけが残されています。このうち第三台場は、昭和三年東京市(都)によって整備され、台場公園として開放されています。周囲には、海側から五〜七mの石積みの土手が築かれ、黒松が植えられています。また内側の平坦なくぼ地には、陣屋、弾薬庫跡などがあります。』

あ、あと説明に江川太郎左衛門英龍なるこの砲台の設計者の名が書かれていたのでちょっと調べてみたらウィキペディアにありましたよ。
江川英龍
たぶんこの人だと思うんですが、気になったのは“日本のパン業界から「パン祖」と呼ばれている”というところで、説明によれば日本ではじめてパンを焼いた人となっているみたいでしたよ。
ほほー。(笑)

というわけで、今回はこんな感じです。



住所
港区台場1

今回も無名坂です。
そして、やっと坂道です。


大田区山王4丁目のひっそりとした坂道1
写真1

まずは坂上からの様子など。
見た感じはなんてことない抜け道ですが、まさにそのとおりの坂道でした。
ただ散歩当日はなんとなく山道ぽくもあり、このひっそり感と緑率の多さなどその他諸々のことが気になり思わずぱちりと。
なんというか現地ではなにかすごく引き込まれる感じだったんですよね。

あっ、あと場所ですが、ここは前回とりあげた「大田区山王の厳島神社へ下る階段」の坂上から南東に徒歩1分くらいの場所にあり、写真1の坂上の場所から東に向かって下っている坂道でした。
(ただ、写真だけでは下っている感じがちょっとわかりにくいのでなんですが。。)


大田区山王4丁目のひっそりとした坂道2
写真2

そして、こちらは一気に坂下までやってきて、坂上のほうを眺めてみたものです。
右側はちょっとした崖になっていて前の記事(大田区山王の厳島神社へ下る階段)でもとりあげた厳島神社と一体になった公園の敷地もすぐそばの場所のようでした。
そのためかここは左から右に下る崖地を削ってつくられた道のようで、右はフェンス、左側もこれまた擁壁という具合に、まわりが住宅街にもかかわらず坂上から坂下にかけて家の出入り口とまったく接していない具合がなんともめずらしい坂道なのかもなあなんて思ったりもしたわけなんですよ。

ちなみに写真ではけっこうな勾配具合に見えていますが、おなじみのマピオンで高低差を計ってみたところおよそ3m(坂上16m、坂下13m)という具合でした。(なんかこの数値もちょっと違うような気もしますが・・。)

ということで、今回はさらりとこんな感じです。


住所
大田区山王4-23あたり

このページのトップヘ