東京坂道さんぽ

〚Category: 無名坂&未確認の坂 [関西編]
ヴォーリズの時計台と甲山への坂道 /兵庫県西宮市
Y字路の神様というか祠と坂道  /兵庫県西宮市
北野町広場へと上る階段   / 兵庫県神戸市中央区

以前書いた「とある街の風景271(西宮の甲山森林公園をぶらりと)」の続き的な話ですが、甲東園と関学(=関西学院大学)の間におもしろい坂道と建築があったので、忘れないうちにとりあげておこうと思います。


ヴォーリズの時計台と甲山への坂道1
写真1

まずはこれですかね。(写真1)
場所は西宮市で、関学の正門へとつながっている道ですね。

写真1でいえば、奥のほうに関学があるんですが、実はここ写真ではわかりにくいんですが坂道になっているんですよ。(写真右側のレンガ花壇をみると傾斜具合わかるかもです。奥に向かってのぼる傾斜具合でした。)
しかも、よくみるとそのさらに奥にこんもりとした山が見えてますよね。
これがなんと、とある街の風景271の記事でも取り上げた甲山なんですねえ。


実はこの写真撮った時は、例の地すべり館に行く途中だったので(ブログの記事を書く前ですね)、目の前の道の傾斜具合に惹かれてぱちりとしたものだったんですが、最近見直してみると、アレレなんか写っているぞという感じだったのです。(汗)

そこで調べてみるといくつかおもしろい事実がわかりました。


ヴォーリズの時計台と甲山への坂道2
写真2

それがこの写真2ですね。(写真2)
これも関学の構内で、記念がてらなにげに撮ったものです。(笑)
関学といえば、知っている方も多いかもしれませんが、正面の時計台の建物が有名なので、この日も撮ったのですが、その後ろにはしっかりと甲山が写っていたんですよ。

ちなみに、この時計台はウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計ということくらいは知っていたのですが、さらに調べていくと、どうやらこの時計台、キャンパス内の校舎配置にも哲学があるようなのですが、それに加えて、キャンパス外についても甲山を借景となるように配置してつくられているようなのですよ。

それで、写真2のような景色が撮れたというわけなのですね。
ただ、手前のキャンパス外の坂道もそうしてつくられたかはいまのところきちんと調べていないので不明ですが、おそらく大学がつくられた時に、同時に整備された可能性もあるので偶然ではないかもですね。


ヴォーリズの時計台と甲山への坂道3
写真3

せっかくなので、近くにも行ってぱちりと。(写真3)
近くからみると堂々としたつくりに加えて、ヴォーリズが手がけたにおいみたいなものは感じられたかもです。
まあ、大学のシンボル的建物なので、堂々としているのは当たり前といえばそうなのですけどね。

ということで、今回はこんな感じです。


地図
兵庫県西宮市上甲東園3あたり

また時期をすこしさかのぼりまして、七夕ではありますが、年末での神戸での話です。
ただ、ちょっとだけ神がかり関係の記事ではあるかもしれません。(笑)


Y字路の神様というか祠と坂道1
写真1

いきなりですが、こちらですね。(写真1)
年末に兵庫県西宮市にある「仁川百合野町地区地すべり資料館」に行ったついでに見つけた坂道です。
場所的には阪急甲東園駅からすぐそばで、前に取り上げた「上甲東園石畳階段(NO.305)」からもかなり近いです。
左側には大規模なマンションが建っているのですが、その横に坂道が隣接していました。

ただ今回は、坂道プラスという話で、ここで気になったのはY字路のことで、さらにその真ん中に祠があったことですね。
これはここに限らず、都内でもY字路になっているところに設置されていることも多く、なぜ?と思ったからですね。
コトバンクなどの辞書で調べてみると、祠は『神や祖先を祭る所』や『神を祭った小さなやしろ』くらいしか書かれていないです。
そこでウィキペディアを見るとですね、『祠のある場所は集落の入口や道の辻、三叉路などのほか、山の神のように奥深い山奥や海岸の絶壁などに祀られるものには神道的な自然崇拝を偲ばせるものもある。』なんてことが書かれていました。
ふむふむ。
ちなみに三叉路とは三差路とも書き、要はY字路のことですね。

あとは、同じく祠のウィキペディアには『三重県宮川村では、「堂(祠)の前」を土砂災害の起きやすい場所として伝えてきた。2008年に発生した土砂災害では、土石流が祠を飲み込む形で流下し、過去の教訓が生かされる形となった。』なんていう記載も。
そうなんですねえ。

この坂道の地形的にいえば、土砂災害が過去におこった可能性はは低そうですが、ちゃんと調べていないのでわかりません。

ちなみに、三叉路についてもウィキペディアには気になった記載がありました。
『沖縄県や鹿児島県等では、魔物(マジムン)は直進しかできないため、三叉路では突き当たりにぶつかってその先の家に入って来ると信じられた。このため、三叉路の突き当りには魔物除けのために石敢當と呼ばれる石板が置かれる。』
ほほー。

ちなみに、この祠は、「甲東園延命地蔵」とGoogle Mapsに記載があったので、調べてみると西宮聖地巡礼さんのサイトで、この場所の地蔵についてふれていました。
なるほどですねえ。(ブログの記事を読んで)

ブログの内容だと、個人の寄付によるものとのことみたいですね。
でもやっぱり場所柄なのですかねえ。

あとは、ヤフー知恵袋にも同じような疑問を持った人がいましたね。
→『祠の場所性について

とにかく、このY字路と坂道と祠、これもいろいろな文献をあたって調べてみるとおもしろそうですね。

ということで、またこのことについては、おいおい坂道散歩のときに見つけしだい深掘りできればなあと思っていますが、今回はとりあえず今思っていること、調べたことを書き連ねたところでおわりたいと思います。


地図
兵庫県西宮市上甲東園1あたり

さてさて、前回はなかなか激しい震災時の写真をたくさんお見せしてしまいましたが、今回はせっかくなので、震災遺構めぐりのついでに神戸の坂道散歩をしたときにまわった坂道などを紹介してみたいと思います。
ただ、いくつかの神戸の坂道については、みちくさ学会の記事「関西坂道ツアー(前編)」で、取り上げていたりしますので、今回は、その他の坂道ということで。


北野町広場へと上る階段1
写真1

まずはこちらの無名階段の坂下からの様子など。(写真1)
場所は、タイトルにもあるとおり、北野町広場という、わかりやすくいえば、異人館街にある風見鶏の館に面している広場があるのですが、そこへと上るための階段がなかなかいい感じでしたので、ちょっと取材してみることにしました。
見た目はすごく人工的ですが、奥に六甲山の山肌というか樹々が見えているとおり、このあたりは斜面地にあるエリアなので、自然の地形による高低差の場所にこの階段を通したものと思われます。


北野町広場へと上る階段2
写真2

ちなみに写真1のすぐ右側にも、こんな感じで坂道がありましたよ。(写真2)
しかも、今回現地には下調べせずふらりと寄ってしまったのでその存在に気がつかず無念だったのが、この場所の南側(海側)にある北野坂の坂上あたりからこのあたり(もしかしたら奥の坂上のほうまで?)までの階段を含む坂道に、”トーマス坂”という名前がつけられていたのですよ。
なので、こちらの坂道については、またそのうちにということで。。


北野町広場へと上る階段3
写真3

次は、階段をすこし上り、坂下のほうを見てみたものです。(写真3)
このあたりで建物1階分くらいの高低差はありそうですかね。
そして、坂下には、トーマス坂がちらりと・・。


北野町広場へと上る階段4
写真4

さらに階段を上り、坂上あたりがちらりと見える場所までやってきました。(写真4)
右側に、風見鶏の館が、ちらりと見えていましたよ。
しかも、遠くのほうに六甲山の山並みも。
こうしてみるとやっぱり山近いですね。


北野町広場へと上る階段5
写真5

そんなこんなで、坂上あたりまでやってきました。(写真5)
正面に見えている建物と比べてみると、どうやら建物2階もしくは3階分くらいありそうな感じでした。
またこの階段からの景色でいえば、ちょっとくらい階段の軸線方向に海でも見えていてもいいはずなのですが、隣接する敷地内の樹々や建物のおかげで海どころか視線が抜ける場所もありませんでした。(ただ、北野町広場内には、ここ以外に景色が開けている場所もありますのであしからず。)


北野町広場へと上る階段6
写真6

そして、最後におまけで、すぐそばに見えていた風見鶏の館です。
ちなみに、Wikipediaにも書いてあるとおり、この風見鶏の館は当初の居住者の名から旧トーマス邸、旧トーマス住宅とも呼ばれているそうで、そういうことから、さっきの写真3でもでてきた坂道にトーマス坂と名付けられたと考えてよさそうですね。


ということで、今回は、思い出してみてもこのブログ初の関東園以外の坂道を紹介してみたわけですが、これからも、たまに東京近郊以外の場所(とくに東京以外に土地勘のある神戸、関西)の坂道も散歩したときは、あわせて取材もして、このブログで取り上げられたらなあとも思っていますので、よろしくです。



地図
兵庫県神戸市中央区北野町3-11あたり

このページのトップヘ