東京坂道さんぽ

タグ:とある街の風景
とある街の風景(線路をわたる坂道)
とある街の風景178(コクーンタワー)
とある街の風景177(あたらしい渋谷駅)
とある街の風景176(ヒルサイドテラスグリーン)
とある街の風景174(弾正坂)
とある街の風景173(ビックサイトの階段)
とある街の風景172(ひさしぶりに東京ビックサイト)
とある街の風景171(紀之国坂と外掘)
とある街の風景170(ひさびさの東京体育館)
とある街の風景169(代々木公園も、もうすぐ真夏です)
とある街の風景168(赤坂不動尊)
丹後坂かもしれない名もなき坂
とある街の風景166(円通寺坂そばの名もなき坂)
とある街の風景165(Earth Day Tokyo 2008)
とある街の風景164(春の代々木公園)
とある街の風景163(雨、坂、表参道)
とある街の風景162(乃木神社)
とある街の風景161(檜町公園の川)
とある街の風景160(街の中の新旧)
とある街の風景159(新宿雪見散歩)
とある街の風景151(パルコ・パート2の今後)
とある街の風景150(新丸ビルから)
とある街の風景149(東京湾大華火祭)
とある街の風景148(国立新美術館)
とある街の風景147(初夏の代々木公園)
とある街の風景144(ひさしぶりの新宿中央公園界隈)
とある街の風景134(サザンテラスのイルミ)
とある街の風景133(冬の表参道+akarium)
とある街の風景132(冬の東京タワー)

ブログネタ
風景 に参加中!
今回は坂道散歩をしている時にみつけた無名の坂道のことなど。



とある街の風景(線路をわたる坂道)1

ここは以前にとりあげた代官山坂(NO.152)の坂下と衆楽坂(NO.153)の坂上とをつないでいる道だったのですが、なんだかやけに気になり、パチリと坂上あたりから一枚撮ってみました。。
ちなみに線路のむこうに見えているのが、代官山坂(NO.152)です。



とある街の風景(線路をわたる坂道)2

すこし坂道を下り、坂上のほうをみるとこんな感じでした。
なんだか無理やり崖地をけずってつくられた雰囲気がただよいつつも以前からこの場所はあるような雰囲気もありつつという、なんだか不思議な空気感を感じるさかみちだなあと。



とある街の風景(線路をわたる坂道)3

最後はおまけです。
踏み切りをわたる時に見えていたのですが、ちょうど僕が行ったときはこんな感じでものすごい工事をしていましたよ。
まあ都内ではよくある風景なのですけど(汗)。

ということで、今日はこんな感じです。

住所
渋谷区代官山町(あたり・・・)


追記
タイトル見てあれ?と思ったかたもいたかもしれませんが、前回の「とある街の風景」のエントリーでちょうど180回目になったいうことで、ひとまずナンバリングを(ためしに)はずしてみることにしてみましたよ。
なんかあまりに数が大きくなりすぎたので、自分の中でうんざりしてきた感があったもので。。

あとは、今まで坂道話のほうで名前のある坂道ならなんでもOKみたいな感じで話題にしていたことが多くなってきたので、次回からは坂の碑がなかったり、名称の出所(自分で見た本だったり地図に書かれているものなど)がわからない坂道で気になるものは(なるべく・・)、「とある街の風景」のエントリでさらりとふれる程度にしようかなと思っていますので、あしからず。

ひさびさに、新宿をぶらりと。


とある街の風景178(コクーンタワー)

この季節らしく青々と元気よく育っている街路樹を横目に西新宿界隈を歩いていると、ふと気になっていたビルがいい具合で見えたので、ぱちりと一枚。

手前の街路樹はさておき、両サイドの高層ビルのあいだからなにげに見えている派手な外観のビルはモード学園コクーンタワーというそうで、名前の通り専門学校がメインではいるビルだそうですよ。
ただ、地上部分にはブックファーストがはいるらしく、11月のはじめにオープンするとのことみたいです。
なので、西新宿で、またひとつぶらりとたちよれる場所がひとつ増えそうですかな。
また今度、本屋さんなりビル自体がオープンしたら、中にはいっていろいろ見てみようかなと思っていますよ。

ということで、今回はこの一枚のみでさらりと。。


住所
東京都新宿区西新宿1−7

またまた渋谷にもどり、今度は今年できたばかりの、副都心線の渋谷駅構内をぶらりとしてみました。


とある街の風景177(渋谷駅)1

「地宙船」。
短い言葉で表現すると、この駅空間はそうよぶそうです。
なんでも、ここを設計した安藤忠雄氏によると、卵型の宇宙船が地下に浮かんでいる感じを表現したかったそうですよ。

そして「地宙船」でいうと、中央あたりの場所に、楕円形の写真のサイズには入らないくらいの大きな吹き抜け空間がホーム内にひろがっていました。


とある街の風景177(渋谷駅)2

また、すぐ右横には、こんなところが。。


とある街の風景177(渋谷駅)3

こんどは反対方向(一枚目の写真でいうと左側)をみると、こんな感じでした。
すこしばかり考えてみると、正面の人が歩いている場所の下にもレールがひかれているわけですよね。


とある街の風景177(渋谷駅)4

と、書いていたら、こんな写真も撮っていましたよ。。
やっぱり仮設っぽいですね。


とある街の風景177(渋谷駅)5

ということで、最後は、駅構内案内の看板でも。。
なかなかこの看板を撮って、ブログにアップする人も少ないかもと思ったもので。(笑)



住所
渋谷区渋谷2(なのかな?)

ブログネタ
街写真 に参加中!
坂道散歩のついでの代官山だったのですが、そんな中、せっかく近くを通ったこともあり、しばらくおとずれていなかったヒルサイドテラスのことでも。


ヒルサイドテラスグリーン1

今回は、こんな時期にやってきたこともあり、ちょっと変わった視点というか、敷地内の緑を探してみることにしてみました。



ヒルサイドテラスグリーン2

ヒルサイドテラスといえば、旧山手通りをはさんで、建物的には低層の白系の建物が数棟点在しているのが特徴的で、一般的にはおしゃれさんが集まる場所といったイメージが強い場所なのですかね。
ただ、この時期は、それに加えて道路の両サイドや敷地内に点在する立派な樹木が青々としげっていました。
写真は、以前にも取り上げたことのある猿楽神社のあるあたりをぱちりと。



ヒルサイドテラスグリーン3

さらに奥にはいってもこんなりっぱな樹木がぽつねんとありました。
それにしても、このあたりの土はかなりの栄養分があるんですかね。。

場所的には、正面に見えているのがヒルサイドテラスE棟ということになります。(詳しい建物の配置についてはなにかの地図みてください。)



ヒルサイドテラスグリーン4

今度は、旧山手通りをはさんだところにある、F棟とG棟のあいだにあった樹木です。
ここのも立派に生い茂ってますね。
高さも建物と同じかそれ以上という感じですかね。



ヒルサイドテラスグリーン5

最後は旧山手通りの景色です。
いちおう、この写真の両サイドにヒルサイドテラスの建物があるのですが、両サイドの街路樹に隠れて見えていませんね。

ということで、このあたりをぶらぶらしていて、あまりに緑が元気よく育っていたので、この話題にしてみました。
とりあえず、上記以外にも思ったことはいろいろあったのですが、それらはどこか見えないところに残しておくことにして、今後もすこしセーブ気味でいきたいと思いますので、よろしくです。
(まあ、別に言うことのほどでもないのかもしれませんけど・・・。)


住所
東京都渋谷区猿楽町29

世間ではいろいろと大変な話題が満載といった具合ですが、今回もそんなこととはあまり関係ない(といってもすこしは関係してくることもでてくるのかもしれませんが)、以前に坂道カテゴリでもとりあげた弾正坂 (NO.140)をふたたび歩いた時のことでも。



とある街の風景175(弾正坂)1

この写真をみたら、ああここね、とわかる方もいるかもしれませんが、以前の坂道話の時には、ついついこの真後ろにある、とらやの本店のほうに気をとられて撮るのを忘れていたアングルからの写真です。
言ってみれば、坂の途中から坂下をみたものともいえますが、手前に見えている青山通りが坂道を横切るようにあり、ここでいったん平地になり、また下っていっているという感じなのですが、ここから見ると坂道と豊川稲荷の位置関係もわかりやすいんじゃないですかね。



とある街の風景175(弾正坂)2

そして、もうひとつ。
これも弾正坂の途中にあったのですが、“美安温閣”とよばれる建物らしく、ちょうど虎屋のビルの南側にあり、ぱっと見は正面の神社らしきものと奥のビルが別もののように見えていますが、どうやら、後で写真を見直している時にふと思い出し、ここは小さな神社とビルが一体になって建てられているなんとも変わったビルだったことを思いだしたわけですよ。

ちなみに、建築的にみると(変な言い方ですが・・)、この建物は建築家の北川原温氏が設計したもので、後ろのビルは住宅やら店舗などからなる複合ビルで、正面の社殿の部分は宮大工さんによってつくられているというけっこう本格的なものみたいです。
ただ、僕も写真を見ていて思い出したくらいなので、現地ではさらりと歩きがてら撮っただけで、正面部分の社殿に入らなかったこともあり、こまかいことはネット情報から推測するしかないのですが、中には猫メインのなんだかいろいろと変わったものがいくつかあるみたいでした。
また、そのことをすこし示しているものといえるのかもしれませんが、写真でもちょこっと見えているのですが、社殿の屋根の上に円盤のようなものが見えていたりしますよ。(なぜこんなものがあるのかは謎です。。)
そして正面の階段が参道とのことみたいです・・・。



地図
港区赤坂4

ブログネタ
地域文化 に参加中!
今回も東京ビックサイトからです。

なんとなく気まぐれモードというか、ビックサイト内にも建物の高低差を利用した階段がいくつか屋外にあるのですが、前回来た時は素通りした場所だったのにもかかわらず、今回はあまりに気になったもので、階段コレクションというわけではないですが、すこしぶらぶらとしてみました。



とある街の風景173(ビックサイトの階段)1

気にして歩けば、正面入口からもちらりと見えるのですが、ビックサイトの西展示棟の屋上へとむかう大階段を発見。
といってもなにか風情を感じるとかそういうたぐいの階段ではなく、なにかメカニカルな印象で、ががが〜と夜になると動き出しそうな(まあこれは余計ですが・・)雰囲気の立派な階段といった感じでした。



とある街の風景173(ビックサイトの階段)2

階段上からみるとこんな感じでした。
ここから見ると、ああここね!と思うかたもいるかもしれませんね。



とある街の風景173(ビックサイトの階段)3

そして、後ろを振り返ると、屋上展示場という名がつけられた、とにかくだだっ広い屋上の屋外スペースにでてきたのですが、真夏の太陽をさえぎってくれるものがなく、かといって海風も吹いていなかったので、ほんとうに暑かったです。
あと、これはどうでもいいといえばそれまでかもしれませんが、写真右側の場所によって形を変えている東屋のようなものの屋根らしきものが(写真で見てあらためて気がついたのですが)、日よけにしてはちいさすぎるし、どうもあまり意味をなしているとも思えないというか外から見られることばかりを気にしているような感じが、ちと気にはなったかもです。



とある街の風景173(ビックサイトの階段)4

そいでもって、さらに駅からはなれる方(3枚目の写真でいうと海がちらりと見えている奥の方です)に行くと、またまた大階段がありました。
いちおう、案内図で確認すると、階段下手前が屋外展示場で、その向こうが駐車場ということになっているみたいです。(写真では、車ですべてうまってますけど。。)

でも、海の見える大階段ともいえそうですね。



とある街の風景173(ビックサイトの階段)5

最後は、階段下からパチリと。
あらためて下から見ると、とんでもない高低差の階段ともいえますし、あきらかになにか意図があって造られた大階段のようにも見えましたが、今回はとりあえず何もかんがえないことにして、スルーです。。(笑)
ちなみに、写真を撮ったときは、天気もよくどぴーかんでしたが、この数時間後に、あんな天気になるとは。。


地図
江東区有明3

先週ひさしぶりにお台場にある東京ビックサイトにぶらりと行ってきました。
気がつけば、このブログでは2年ぶりなんですね。



ひさしぶりに東京ビックサイト1

スケールの大きいつくりはあいかわらずという感じで、ここに来る度に圧倒されてしまうのですが、それはさておき、今回はここの展示場にてブックフェアが開催されていたので、散歩がてらやってきたわけですが、その展示場内にいる途中で、なかなか変わった風景というか気候現象にであったもので、ぱちりと一枚。

ちょっと写真では見にくいかもしれませんが、たしかに数十分前まではかなりの晴天だったのにもかかわらず、突然この写真を撮った時間帯になると、空は晴れているのに、ものすごい風が吹き荒れ雨が降っているという不思議な現象が起きていました。写真を撮ったときはだいぶ弱くなっていましたが、その数分前までは、ものすごい雨と風が吹き荒れ、雨というより大雨・嵐・台風という表現のほうがいいかもしれませんでしたよ。。

でも、数十分もするとまたからりと晴れていましたが・・・。(汗)



ひさしぶりに東京ビックサイト2

あっそうそう、ここで行われていたブックフェアのことにもやはり軽くふれておきますが、当日は会場内でいろんな出版社の本が2割引きくらいで買えたり、洋書のバーゲンブック(もしくはアウトレットかも)なども買えたりして、以前から気になっていたブックフェアだったことに加えて、今回は、もうすぐ公開される映画「スカイ・クロラ」(アニメです)の原作者である森博嗣さんが原作や映画について語るセミナー(基本的に無料でした)があることを知り、これもあわせて聞いてみたいと思っていたわけです。

そして、当日のセミナーでは、特に僕はマニアというわけではないので(でもビックサイトに行くくらいなのであやしいですが・・・)、ほんとうに無料で見れる端っこの方のスペースで立ち見させていただいたのですが、この日は森博嗣さんに加えて、なんと、この映画の監督の押井守さんまで出演され、ちょっとびっくりという感じで、なんというか、このブログの映画のカテゴリーでもすこしふれていますが、高校生のころにみたお気に入りのアニメ映画をつくった監督さんが目の前にいるというのもなんだか不思議な気分でした。
セミナーの内容については、いろいろなサイトなどで書かれてそうなので(たぶん)、とりあえず置いておくとして(汗)、個人的には、森博嗣さんの小説のファンらしき方々も、あたりまですがたくさんいらっしゃっていたようで、そういうコアなファンの方々の興味津々な視線であったり、セミナーでの森さんのひとことひとことにメモを取っている姿はけっこう印象的だったかもです。





そんな感じで、セミナーもおわり、場内をひととおり回ると、いつものようにお台場散歩に行ったのでした。。

ちなみに、2枚目の写真は、ビックサイトを離れるときになにげなく撮ったものですが、このときにはすっかり雨もやみ、あんな大雨が降ったことさえもなかったかのように、地面はすっかり乾き、からりとした空気が流れていました。



地図
江東区有明3

ブログネタ
地域文化 に参加中!
今回は、紀伊国坂(NO.142) の続きみたいな話です。

(と、 坂の名前が違うんでないかいと思ったかたは、するどい!(笑)。詳しいこと、というか補足として、前回の紀伊国坂(NO.142) のエントリーに、後日談として、追加しておきましたので、気になる方はどうぞ。。)



紀之国坂と外掘_1

ということで、紀伊国坂(NO.142) の話でもちょっことでていましたが、ちょうど赤坂御用地と反対側の方に外掘があったのですが、道路側から外掘を眺めてみると、なかなかいい景色がひろがっていたので、パチリと。

ただ、ここは地図でみると弁慶掘という名前がついていました。

また、奥のほうに弁慶橋ボート場なる、簡単にいえばボートが借りれる場所があり、ここではボートに乗ってのルアーフィッシングもできるようで、いくつかのサイトの情報からブラックバスなどが釣れるらしいです。

それにしても、風景もさることながら、そんなこともできる場所とは知りませんでした・・・、写真を撮っておいてよかったです(笑)。



紀之国坂と外掘_2

そして、すこし左側を見てみると、こちらもけっこう奥の方まで行けるみたいで、ボートに乗っている人も見えていました。



紀之国坂と外掘_3

最後は、坂にもどり、紀伊国坂(NO.142) の坂下あたりよりさらに坂を下ったあたりから、坂上の方をみたものですが、ここから見ると首都高速の高架がびっくりするぐらいうねって見えていました。

坂道を歩いている時には、部分的にしか見えていなかった高架でしたが、ちょっと、引いて見てみると全然違ったものに見えたような気がしたかもです。



地図
港区元赤坂2

ブログネタ
街写真 に参加中!
そういえば、もうすぐ七夕ですが、なんからしい写真も手元にないので、ちょっと前にぶらりとJR千駄ヶ谷駅からすぐの場所にある東京体育館のそばを通った時に撮ったものから、妄想エントリです。。



ひさびさの東京体育館

なんというか、人によっては(というか僕がですが・・)宇宙船をイメージしてしまう東京体育館のメインアリーナの建物が右手に見えているとおり、敷地内を歩いていると、ひさびさにドコモタワーが遠くに見えていたのでパチリと・・・、と、いいたいところですが、今回は、そのことはさておき、実は、その真下に見えているガラスの小さなピラミッドが気になってしまいましたよ。

まあ、ふつうに考えれば、下の階に光をとりいれるために必要だったので、デザインもかっこいいので、このような形のガラスのピラミッドをつくってみました、という感じで完成したものなのかもしれません。(違っていたらすいません。)

が、どうもこの時期(もちろん七夕です)に、この写真というか、正面に見えているガラスのピラミッドをみると、やたらと大きいし、もっとなにかあるんじゃないのか?、ルーブル美術館のガラスのピラミッドのような物語があるんじゃないのか?、なんて、ちょっと妄想してしまったりするのですが、実際は、ただのデザインなんでしょうね。。(深い意味があったらすいません・・・。)

ということで、今回は軽く妄想してしまい、ちょっと変な方向に行きそうな具合でなんでしたが、もうすぐ七夕ということですし、いろんな意味で物語のある場所がいっぱいできたらいいなあという願いもこめて、この蒸し暑い夜に気分転換がてら書いてみました。



地図
渋谷区千駄ヶ谷1

ブログネタ
街写真 に参加中!
それにしても、もう7月ですか、早いものですね。

それはさておき、今回は夜というか、日がしずんだ直後の代々木公園へ行ってみました。
(なんか意味ありげなタイトルですが、別に意味はないです。(汗))



代々木公園も、もうすぐ真夏です

なんとなくぶらりとしていると、奥に見える新宿の高層ビル群のあかりがなんだか気になりパチリと。。

そういえば、この時間帯の代々木公園を撮るのははじめてだったかもです。
(ただ、やはりカメラの感度がいいためか、空がかなり明るく見えていますが、とりあえず、そのままにしておきました。)

あとほぼ真っ黒でシルエットだけになって見えてますが、やはりこの時期らしく緑も元気よく茂っていました。

おかげで、遠くのビル群もだいぶ隠れてしまっていますが・・・。

でもたまには、こんな静かな代々木公園もいいものですよ。



地図
渋谷区代々木神園町

ブログネタ
街写真 に参加中!
いきなりなんじゃ(これを言っているといつもの話になりますが・・・)というわけではありませんが、牛鳴坂 (NO.139)に行く途中というか、そこからすぐの場所に赤坂不動尊なる、なんだか不思議な雰囲気を醸しだしていて、なにか引き込まれる感じのする場所があったので、ふらりと中に入ってみることにしてみました。



赤坂不動尊1

一ツ木通りを歩いていると、なんともわかりやすいというかなんというか、一瞬、中華街でもこのお奥にあるのかな、と思うくらい派手な赤坂不動尊への入口(鳥居?)がありました。



赤坂不動尊2

これは、入口(鳥居?)の奥が坂になっていて、ちょうどその坂道を上り、一ツ木通りのほうをみたものですが、となりには見てのとおりビルにかこまれていて駅からすぐの繁華街の中にもかかわらずぽっかりと墓地があったりしました。

あと、さすがにここはお寺の中ということもあってか坂道の間の塀も低く抑えられており、ちょっと右側をみるとずらりとならんだお墓がばっちり見えてしまったのですが、さすがにその写真はスルーしておくことにしておきましたよ。(汗)

でも、なんていうか、ここから見ると、まわりはビルに囲まれているのに遠くにはさらにそれらのはるか上に高層ビルが見えているけれど、目の前の坂道は下っていたり、なぜかここからはお墓を見下ろせたり(まあ地形のせいなんですけど・・・)という、もしこのあたりの地形の複雑さを知らずに歩いていれば、ほんとうに不思議な気持ちになりそうな風景がひろがっていたかもです。



赤坂不動尊3

そして、さらに坂を上がると本堂がありました。

しかもここは1600年ごろに創建されたお寺らしいですよ。(ということは、もう400年以上も続いているということになりますね。(汗))

でもさすがに、この正面の建物が400年前からあったとは思えませんので、この敷地や不動明王像がということなんでしょうね。(たぶん。)

また、一ツ木通りと反対の方向にもちょっとした抜け道があり、そこからお寺の敷地をでて、路地をえっちらおっちらと曲がって進んでいくと、牛鳴坂 (NO.139) や丹後坂 (NO.138) に通ずる道路に出るという感じです。



地図
港区赤坂4

ブログネタ
街写真 に参加中!
かなりあいまいなタイトルにしてみましたが、とりあえず、そのことはおいて置いて、坂道散歩をしていておもしろそうな階段坂だったこともあり、前回に続いてせっかくなので書いておくことにしました。



丹後坂かもしれない名もなき坂1
坂下より

というのも、赤坂の丹後坂は、いまのところまだこのブログの坂道リストでは取り上げていない坂道なのですが、いつも参考にしている江戸東京坂道事典には「赤坂4丁目10番と15番の間を北へ上がる短い石段坂で、坂上に山脇学園がある」との記述があり、地図でみてみると、どうやらこの抜け道てきな階段坂がそれっぽいのですが、他のサイトの情報をいろいろ見てみると、坂の碑がある丹後坂がこの近くにあるらしく、そんなこともあり”かも?”ということにしてみました。

坂道自体は、以前からこの階段坂があったかどうかは不明ですが、この階段の左側にあり、薬研坂 (NO.137) にも面している赤坂ガーデンシティの開発にあわせて、新しくつくりかえられたんだろうなあと思える階段坂なのですが、見てのとおりかなり高低差のある階段でしたよ。



丹後坂かもしれない名もなき坂2
坂上より

あと、これはおまけみたいなものですが、階段の上からの景色もなかなかいい感じでした。

ただ、正面に工事している建物があったので(これもけっこう前の写真です)、今はもうすこし違った感じになっているかもしれませんが・・・。



地図
港区赤坂4

ブログネタ
街写真 に参加中!
なんとなく以前の坂道の写真を整理していたら思い出したのですが、以前に書いた円通寺坂 (NO.134) の坂の途中から、北側へと下っている坂道だったのですが、なにか、やたらと気になったこともあり、なにげに撮っておいたものです。



円通寺坂そばの名もなき坂1
坂上より

円通寺坂 (NO.134) 側から見たものなのですが、なかなかせまい路地で明らかに抜け道ぽい感じなのですが、その割りに人を拒むという感じがまるでなく、なぜか通りぬけたくなる気分にさせる不思議な雰囲気を醸しだしているように思ってしまい、おもわずパチリと。

しかも、坂の勾配具合もなんだかいい感じで、写真では写っていませんが、僕がこの坂道をあやしげに(笑)うろうろしている間にも、なにげにここを通っている人が何人かいたりしました。




円通寺坂そばの名もなき坂2
坂下より

勾配具合がゆるくなる坂下あたりから、坂上のほうを見てみたものですが、なんとなく露地と坂がうまい具合にまざっていて、その奥には円通寺坂 (NO.134) があり(しかも日があたっていてわかりやすいのですが、斜めになって合流していますね)、そのさらに奥の大きなビルがさらにこの坂道のスケールの小ささを強調しているみたいで、坂上からみるよりなんだか印象的だったかもです。


と、ちょっと坂道カテゴリにしてもいいんじゃないというくらい、坂道の話ばかりになってしまいましたが、まああんまり話をひろげてもなんですので、とりあえず今日はこんな感じです。



地図
港区赤坂4

ブログネタ
街写真 に参加中!
前回のとある街の風景が、代々木公園だったので、うまいぐあいにつながってくれましたが、ついこのあいだ、代々木公園でひらかれていた Earth Day Tokyo 2008なるイベントにいってきました。




Earth Day Tokyo 2008_1

ちょうど、僕が行ったときには、なんと園内の野外音楽堂にてGANGA ZUMBAさんのライブがやっていましたよ。

(というか、この時間帯に重なるように行ったのですが)思っていたより人が多く集まっていて、今回は奥のほうから見ていたのですが、ステージ近くの人はノリノリといった感じでしたが、僕のまわりで見ていたひとは淡々と眺めている風な人が多く、僕自身もそのうちのひとりでしたが、内心はひさしぶりの生ライブをみることができて、大満足の30分間でした。

ちなみに、写真ではかなり小さく写ってしまっていますが、真ん中でブルーのシャツを着て歌っている人が宮沢和史さんです。



Earth Day Tokyo 2008_2

そして、いろんな活動をされている方がたくさんいるもんだなあと思いながら、園内をうろうろと。

このあたりはNPOヴィレッジとよばれるゾーンだったのですが、せっかくなので、ここが代々木公園だぞ〜ということをわかりやすくみせたいがために(別にいわなくてもいいんですけど・・・)、NHKなどが見える位置からぱちりと。。

よくよくみていると、テントの形もなかなか工夫されているんですね。



Earth Day Tokyo 2008_3

最後に、渋谷駅方面とは反対側の井ノ頭通り側から帰り際に一枚撮ってみました。

このまえ来たときも、まま混んでいましたが、この日はそれどころではなかったです。


ただ、さすがにこのあたりまでくると園内の渋谷駅側ほどは混んでなかったのですが、このあたり以外はほんと人が多かったです。

ということで、今回は募金するかわりに、はたまたライブを見させていただいお礼に、というか、僕も共感できそうなイベントということもあり、このブログで書いてみましたが、とりあえず、長々と書くのもなんですので、今日はこんな感じです。


地図
渋谷区神南2

ブログネタ
街写真 に参加中!
気がつけば、もう桜のシーズンですか、早いもんですね。

そんなこともあり、 ”春の代々木公園”というタイトルにして(どうでもいいことかもしれませんが、「代々木公園」とか「春まじかの・・・」いうのはあるのですが 「春の・・」というのはいままでなかったので・・・)、花見シーズンど真ん中の代々木公園にきてみました。

まあ、だいたい予想できたかもしれませんが。(笑)



春の代々木公園

さすがに、訪れた日(というか、前回の”とある街の風景163”と同じ日曜日に行ったのですが・・)は、すこしこの時期にしては寒く、公園にいるときは小雨がぱらついていて、すこし寒々しい感じもありましたが、まわりの木々はまだ緑が生い茂っていない中にあって桜だけが春のおとずれを感じさせてくれているように、みごとに咲いていました。

しかも、写真でもわかるかもしれませんが、訪れた日は日曜ということもあり、かなり人が多く、やはりというか(予想はしていなかったのですが)、花見目的できた若い人のグループが多かったです。

ただ、今日はさすがにみなさん、あそぶぞ〜、飲むぞ〜という雰囲気に満ち溢れていたせいもあってか、去年きた時に感じた公園全体に漂うフラット感(ふらっと感ともいえるかも・・)はあまり感じず、いつもの代々木公園らしからぬ、あえていうとある種のイベント会場の雰囲気だったかもです。

あとは、あいかわらず花見をしている人以外で、散歩している人をなにげなくみているとやっぱりいろんな国の方々がいましたよ。

そんな感じで、いつものようにのんびりと散歩というわけにはいかなかったものの、桜を思う存分満喫できたので、なかなか満足な散歩だったかもです。


地図
渋谷区代々木神園町

ブログネタ
街写真 に参加中!
今日(そう、今日、行ってきましたよ)は、昼頃から雨が降ってきましたが、たまたま通りがかった表参道にてパチリと。


雨、坂、表参道1

だいぶ前に書いた”とある街の風景153(雨の渋谷スペイン坂) ”の続編みたいな感じでとらえてもらえればよいと思いますが、表参道に行ったことがあるかたにはわかると思いますが、ここも実はそれなりの坂道になっていて、以外と高低差もあるため、今日のような雨の日には、傘をさしている人がさらりと見渡せ、傘の洪水と化していました。
こうして、あらためてみると各人の傘の色は(あたりまえですが)地味な色のものが多かったので、それほど思っていたよりはカラフルではなかったですが、それでも休みの日で、場所が表参道ということもあってかどうかわかりませんが、さすがに真っ黒な傘をさしている人は少ないかもなあなんて、あとで写真をみながら思ってしまいましたよ。。


雨、坂、表参道2

せっかくなので、すこし歩いてからふり返ってみると、あんなに混んでいたのにもかかわらず、なぜか後ろとの距離があいていました。(まあこれはたまたまなので、どうでもいいのですが・・。)
やっぱりこっちをみても、黒い傘の持ち主は少ないなあと、写真をみてあらためて思ったりしましたが、これが例えば、ビジネス街とかなら真っ黒になったりするんですかね。。
また、こんど気がついたときに写真でも撮ってみます。

ということで、今日は、たまたま雨で、偶然に坂道に出くわしたこともあり、いままでの流れからすこしはなれて書いてみましたが(というかいつものようにともいえますが)、これからもこんな感じで坂道のいつもとは違った風景なども記事にしてみたいなあとあらためて思った、今日という日でした。



地図
港区神宮前5あたり

ブログネタ
街写真 に参加中!
せっかくなので、坂道散歩のついでに、乃木神社にもよってみました。



乃木神社)1

乃木坂 (NO.132) の一番最後の写真の続きともいえるかもしれませんが、境内にはいると本殿へと向かう途中に、様々な骨董屋さんがいろいろと骨董品をならべていました。

まあ、よくある骨董市の風景といえるかもしれませんが、以外と気になったのは、たまたま神社の前を通って、興味本位で立ち寄ったという感じの外国人のかたがけっこういたことだったかもです。

しかも、写真を撮るために立っている位置も道路側に比べるとなんだかんだといって奥(僕の立っている位置あたりです)へすすむほどきちんと階段をすこしづつあがっていくつくりはなかなかいい演出だなあなんて思ったりもしました。




乃木神社)2

そして、すこし奥へいくと、なかなか立派な本殿がありました。

ちなみに僕が行ったときは、なにやら行事(というか結婚式だと思いますが・・)をやっていましたよ。



乃木神社)3

ちょっと引いてみるとこんな感じ。

こういう感じだったので、かも?ということです。(笑)

ということで、このほかにも乃木邸やら乃木公園など気になる施設もとなりにありましたが、今回はとある街の風景シリーズということもあり、また詳しいことは違う機会にということで。

ただ、乃木神社の公式サイトにこれらのことについての写真や解説がありましたので、詳しく知りたいかたは、そちらもあわせてどうぞ。



地図
港区赤坂8

ブログネタ
街写真 に参加中!
すこし、今日は気分を変えて坂道散歩のついでに檜町公園をぶらぶらしていた時に気になったのでパチリと。



檜町公園の川

おそらくここも檜町公園の中だと思いますが、こんな場所を発見しました。

檜町公園といえば、正面にすこしみえている木造の休憩所だと思いますが、そこに面している池に流れ込んでいる川の上流部分といえばいいのですかね。

ここから見ると、すこしわざとらしい雰囲気がないわけではありませんが、なかなかワイルドな感じが印象てきでした。

そういえば、だいぶ前に檜町公園を訪れた時のことを”ミッドタウンのとなりにある檜町公園” で書いてますので、よかったらどうぞ。


あと、ついでなので、書いておきますが、今回は檜坂 (NO.131) の2枚目の写真とちょうどむきあう感じのアングルで眺めていたりします。

なので、正面の休憩所のさらに奥に、実は檜坂 (NO.131)がほんのすこしだけ見えているんですが、わかりますかね。。



地図
港区赤坂9

ブログネタ
街写真 に参加中!
今日は、とりあえず一休みという感じですが、前回の愛宕新坂 (NO.126) から赤坂のほうへ(わざわざ)歩いて向かう途中になぜか気になったので、ぱちりと。



街の中の新旧

歩いていたときは、手前の家がものすごく古く感じ、そのむこうに愛宕グリーンヒルズの近代的な高層ビルが見え、そのコントラストが印象的だったので、おもわず撮ってみたのですが、写真でみると手前の家もすごく古いという感じにはみえませんね。。

もうすこし、ひいて撮っておけばよかったのですが、まわりの家がこれと比べるとかなりあたらしい感じの家ばかりだったので、かなり目立ってみえてしまったようです。


でも、やっぱりこういう感じの家も、おそらく僕が小さいときにはけっこう普通にあったような気がするのですが、今は(気にしていないからかもしれませんが)あまり目にしないし、ましてやこの地域ではかなりめずらしい雰囲気をかもしだしていたかもです。


地図
港区虎ノ門あたり

ブログネタ
街写真 に参加中!
昨日は、東京でも2年ぶりという大雪でしたね。

そんなこともあり、やっぱり外出してみたくなり、今回は新宿に行ってみました。


あっ、そうそうこれは個人的なことなのですが、昨日、新宿に行く前に4年か5年ぶりに家の近くの駅で大学時代の友人と会いましたよ。

おたがいこんなところで〜、という感じでした。。

おそらく、雪が降らなかったら、ぜんぜん違う時間帯に外出していたと思うので、今回の再開は雪さまさまという感じだったかもです。(それにしても、なぜ家の近くの駅に友人がいたかはわからずじまいでしたが。。(笑))



新宿雪見散歩1

そんな感じで、新宿駅についたときはお昼をすぎたころだったので、外はまだかなりの雪が降っていて、ふつうの道でもそれなりに積もっており、外を歩いていると靴もすぐに湿ってきそうだったので、ほとんど外に出ずにアクセスできる都庁の展望台にきてみたわけです。

ただ、やはりというかなんというか、予想はしていたのですが、ここの展望台くらいの高さとなると、さすがに雪のせいで窓の外は真っ白でした。

けど、ねばっているうちに、かろうじて新宿中央公園が見えたので、パチリと。

ほとんどわかりませんね・・。(汗)



新宿雪見散歩2

すこし遠目のほうを見ると、もうこんな感じで、外は雨ではなく雪だったこともあり、こんなスモーク状態の景色も、なんというかスキー場で、外が吹雪いているときにレストハウスで休憩している時のような気分になってしまいましたよ。

まあ、そういう空気感みたいな想像がふと頭をよぎったというほうがよいのですかね。。



新宿雪見散歩3

そんなこともあり、ふと思いついて、行く予定はなかったのですが、気がつけば1年以上訪れていなかったのですが、さっき窓から見えていた新宿中央公園にきてしまいました。

ここは、見てのとおり(といってもわからないですよね・・)、前にも何度かこのブログでもとりあげた富士見台からのものです。

この公園内では一番の高台でもありますし、かつてはここから富士山も見えたとか。

前にきたときは、9月だったので、かなり緑が生い茂っていましたが、今回は、さすがにその景色も一変していました。

前がグリーンでいっぱいなら今回はホワイトでいっぱいという感じですかな。。


ということで、一日おくれの雪見散歩でしたが、今日はこんな感じです。


地図
新宿区西新宿2

ブログネタ
写真日記 に参加中!
パルコ・パート2の今後


みてのとおりというか、渋谷のパルコ・パート2の正面入口のものです。

パルコパート1と同様、代々木体育館やNHKへとつながっている公園通り沿いの交差点に面していて、なにげにけっこう目立つこのパルコの建物ですが、知ってるかたも多いとは思いますけれど、ちょっと前に、建物の耐震不足による耐震補強のめどがたたず、今年限りで中のお店が順次移転し、その後、しばらくのあいだ(もしくは永久?)営業休止になるとのことが決まったようで(渋谷経済新聞にも、その記事がありました)、そんなこともあり、ここからの景色も、もうすこししたら、大幅に変わってしまうか、囲われてしまうか、なくなってしまうかもしれないと思い、ふとこの前を通ったときに思い出したので、写真を撮ってみました。。


それにしても、どうなることやら。。


ということで、スクラップブックがてら(しかもなんとなくな気分ということで白黒にしてみました。。)、今回はとりあげてみましたが、またちかいうちに(というか年明け?)、このことは調べてみるかもしれませんが、今日はこんな感じです。。


地図
渋谷区宇田川町

ブログネタ
街写真 に参加中!
先週、やっと行ってきました。


とある街の風景150(新丸ビルから)1

ひととおり、新丸ビル内をぶらりとしたあとに、その7階にある、丸の内ハウスなる場所にきてみたのですが、実は、ここ、なかなかいい感じのレストランが集まったフロアなのですが、なんと、その階には眺めのいいテラス席(しかも、景色を眺めるだけなら無料です。)があり、ちょうど皇居のほうの広々とした景色がひろがっていたので、おもわす゛ぱちりと。。

また、同フロアにて、最近、気になっている60visionというプロダクトブランド(といえばいいのでしょうか?)の新作発表の合同展などもやっていたりもしましたよ。
(実は、だいぶまえに、当時、そんなことはなにも知らずに(汗)、街角ショップのカテゴリで、なんとなくいいなあということで、この60visionのコーヒーカップを偶然に紹介していたんですよ。。)



とある街の風景150(新丸ビルから)2

そして、テラス席をぐるりとまわってみると、東京駅も見えていました。

ちなみに、ここは、7階なのですが、実は、さらに上階(9階から37階)がオフィスゾーンになっているらしく、上にいくとどんな風景なんだろうと、ふと思ってしまいましたが・・・。


ということで、今回は、特に新丸ビルの中は撮らずに、いつものようにビルからの景色を撮ってみましたが、中もけっこういい感じで、また機会があればとりあげたいなあと思ったビルでした。


地図
東京都千代田区丸の内1

ブログネタ
街写真 に参加中!
今日行なわれた東京湾大華火祭に行ってきましたよ。


東京湾大華火祭2007

といっても、写真のように海からはかなり遠い、三軒茶屋のキャロットタワーの展望室より見てみました。。
(左側に東京タワーが見えていることからちょっとわかってもらえるかもしれませんが・・・。)

今日は、とある用事でちょうどこの近くを通った時、突然思い出したこともあり(汗)、以前に来たときは、たしか東京湾のほうを見れる側はレストランスペースになっていたので、今日もみれないだろうなあと思いつつ、だめもとで、ふらりと立ち寄ってみると・・・

なんと!

いつもはレストランスペースになっている場所が一部開放されて、だれでも入ってみれるようにしてくれていましたよ♪


そのおかげで、上のような写真も撮ることができ、しかも、音は上空でさえぎられるものがないせいなのかどうかわかりませんが、なにげに聞こえてきていましたよ。

ということで、タイミングよく更新の日と花火大会の日がかぶったので、今日はひと休みがてらだったのですが、以外な場所で今年初の生花火をみることができた日でした。。


地図
世田谷区太子堂4

ブログネタ
街写真 に参加中!
つい最近、”スキン+ボーンズ-1980年代以降の建築とファッション”という展覧会がやっていたので、その展覧会を見にいきがてら、ひさしぶりに六本木にある国立新美術館に行ってきました。
(ちなみにこの展覧会は今月の13日までやっていますよ。)


国立新美術館1

そんな感じで、自分でふっておいて、とりあえず展覧会のことは、今回、置いておいて・・
(でもなかなかよかったですよ。しかも、レンタルDVDで"プラダを着た悪魔”という映画を最近見たばかりだったので、気分的にもちょうどいい感じでした。。でもちょっとちがうかもしれませんが。。(汗))
、前回きた時には撮っていなかった場内の様子をぱちりと。

今回は、前にきた時にあったかどうかおぼえていなかったのですが、逆円錐の柱というか壁というかなんといっていいやらわかりませんが、上部にティーサロンがあり、その下階のまわりに、ただの休憩場所のようにみえますが、テーブルやら椅子やらが置いてあり気楽に立ち寄れるカフェがありました。

この時期は、歩くだけで汗だくになるので、気楽に買って飲めるカフェがあったのは大助かりでしたよ。


国立新美術館2

今度は、そのテーブルや椅子が見えていたあたりから上階を眺めながらぱちりと。。
ここから見ると、かなり巨大な吹き抜け空間でした。
また、このあたりがエントランスロビーということになります。

ということで、このあとふらりと国立新美術館をでて、次の目的地へと向かったのでした。。



地図
港区六本木7

ブログネタ
街写真 に参加中!
気がつけば、3ヶ月ぶりなのですが、この前、真夏を前にした代々木公園に行ってみました。


初夏の代々木公園

この季節になると木々の緑もいっぱいという感じで、歩いていてもほんとうに気持ちよかったです。
ものすごく暑いわけでもなく、適度な涼しさもあり、かなり快適でした。

日曜だったので人もかなり多く、あいかわらず、国際色豊かな感じで、前にきた時以上に、さらにいろんな人がくつろぎ、騒ぎ、飲み、楽器を弾き、そして、寝ている人など様々な感じ。
そして、井の頭通り沿いの公園側の歩道では、ロックやらなにやらいろんなミュージックが流れていました。。
しかも、初夏ということもあってか、この前きたときより、みんなテンション高いし・・・。(笑)

まあ、はたから見ている分には、おもしろくていいんですけどね。。



地図
渋谷区代々木神園町

ブログネタ
街写真 に参加中!
最近じっくりと歩いていなかった新宿の副都心というか西新宿にある新宿中央公園にきてみました。
いつぶりかは過去記事を見ていただくとして、この季節は、緑も青々としてなかなかいい感じでしたが、今回は、すこし違う視点で見てみました。。


ひさしぶりの新宿中央公園界隈1

ふと気になり、公園内の橋の上から撮ってみたのですが、よくよく思いだしてみるとここからの写真はいままでに撮っていなかったと思うのですが、改めてじっくり見てみるとかなり広い道ですね。
しかも、よくもまあこんな道をつくったもんだと思いながらも、なんだか個人的に惹かれるものがあるのですが、それがどういうところからきているかは、いまのところはっきりしないのが、気がかりなところです・・。
ただ、この時期だったおかげか街路樹が青々としていい感じだったかもです。


ひさしぶりの新宿中央公園界隈2

そして、駅へむかいがてら近くをぶらぶらしていたら、これまたなんともいえない景色が。。
まわりの夕暮れの雰囲気もさることながら、左側にみえている都庁が夕日に照らしだされて、いい感じでした。
なんだか、いまにも、飛び立ちそうな感じ。(笑)


地図
新宿区西新宿2

ブログネタ
街写真 に参加中!
気がつけばけっこう取り上げていなかった新宿からです。
去年も取り上げた南口のサザンテラスのクリスマスイルミネーションを今年も見にいってみましたよ。


サザンテラスのイルミ01

それにしても、このブログを始めて2回目のクリスマスを迎えようとしているのですね。。


去年の記事を見てみると、手探りでやっていたこともあり、スライドショーみたいにいろいろなアングルの写真を載せていました。
そして、今回と比べてみると写真のライトアップの灯りの色もやっぱり年ごとに変えているようですね。
去年は、ブルー一色だったのが、今年は2色になっていました。


サザンテラスのイルミ02

今回はすぱっと視点をかえて、すぐ近くのサザンタワーにのぼり観光客気分で、パチリと撮ってみました。(笑)
(ただ、ロビーの光がすこし反射していて、気になるかたもいるかとは思いますが、そのあたりはご勘弁ください。)
こうみてみると、かなり広範囲にライトアップされていますね。。

あと、今日知ったのですが、サザンテラスの公式サイトもあったんですね。
サザンテラス:http://www.southernterrace.jp/ 


サザンテラスのイルミ03

最後に、大行列の写真です。
ちょっと写真では、行列のようにみえないかもしれませんが、とりあえず人がたくさんお店の前にいることだけはわかりますかね・・。

ということで、知っているかたもいるかもしれませんが、「クリスピー・クリーム・ドーナツ」という”口の中で溶けてしまう”という食感が評判になっいるらしい(僕は、まだ食べていませんが・・)アメリカのドーナツのお店の国内1号店が、ここサザンテラスにできたということで、写真のように大行列になっていましたよ。(汗)

それにしても、お店の前で、しかも屋外でこんなに大行列になっているのはひさしぶりにみましたよ。。



地図
渋谷区代々木2

ブログネタ
街写真 に参加中!
冬の表参道+akarium

なにげに、前回書いた表参道akariumのライトアップイベントを見がてらぷらぷらしていたときに、ぱちりと。

ご存知のかたも多いとは思いますが、表参道にあるルイ・ヴィトンのお店の建物といっしょに今回のライトアップイベントの様子をあわせて撮ってみました。
まあ、これを見ると、おそらくだいたいの方は、イベントのライトアップの様子とともに、その奥にあるヴィトンのお店のなかにあるきらびやかで高級なバックやその他の商品をおもい浮かべては、あこがれたりあとずさりしたりするかたが多いかもしれませんが、これがまたデザイン好き(僕も含めてですが・・)の目で見ると、また違ってくるのかもしれないのですよ。。(汗)

実は(僕だけかもしれませんが・・)、中のヴィトンの高級品などにはあまり気持ちがいかず(まったくではないですよ(笑))、この建物自体に興味がいってしまうのですよ・・・。

というのも、ここの場合、実は、よくみるデパートの中にあるブランドのお店とは一味違っていて、この建物自体も知るひとぞ知る有名な建物(あっ、今回の場合も、この建物や土地の価値などというわけでなく、建物のつくりというかデザインそのものという意味でですよ・・・)だったりするんですよ。

なので、ここのルイ・ヴィトンのお店の前でパチパチ写真を撮っている人を見かけたら、その何割かはもしかしたら、そういう見方をしているかもです。(汗)

ということで、今回は短くおわらしたいので、この建物の細かいことについてはまたなんかの機会に違うカテゴリーで書くかもしれませんが、ここまで書いてみて思うのは、やっぱり今回のような見方ってあまり一般的な見方ではなく、一風変わった見方だと思っているのですが、どうでしょうかね。。(笑)



地図
渋谷区神宮前4あたり

ブログネタ
街写真 に参加中!
冬の東京タワー1


今日は、のんびりいった感じです。


おなじみの東京タワーで、前回に続き六本木ヒルズから撮ったものです。

いちおう次回の東京オリンピック年の2016という文字も肉眼では見えたのですけどね。

写真では見えていませんね・・・。



そういえば今回のとは話がすこしそれてしまいますが、最近やっと”とある街の風景”と”街歩き”のカテゴリーの分け方みたいなのを自分なりに整理する考えがまとまってきましたよ。

でも、くわしいことはまた違う機会に書くかもしれませんが、今回の ”とある街の風景 ”に関してのキーワードとしては、はとバスツアー感覚でもあり外国人観光客気分といったところですかね。(笑)




冬の東京タワー2


最後に、ちょっと写真が携帯の写真ぽくなってしまいましたが、一枚目の写真を撮った位置からすこし引いてみるとかなりの方が同じように東京タワーの写真を撮っていましたよ。。




地図
港区六本木6

このページのトップヘ