東京坂道さんぽ

タグ:オープンハウス
友人のオープンハウスと坂道散歩。
友人のオープンハウスに行ってみる
オープンハウスに行ってみる

このまえ、町田のほうで開かれた友人の関川くんの自身初のオープンハウスでのことはこのブログでも紹介しましたが、なんとそれからまだ日も経ってないのに、またまた新しい家が竣工したらしく、そのお披露目会というかオープンハウスにお呼ばれしたのでとりあえず行ってみましたので、今回はその報告など。

時期的にはもう気がつけば一ヶ月ほど前の話なのですが、当日はさすがに前回の町田の家から一ヶ月しか経ってないのにまたオープンハウスを開くということをきき、ちょっとびっくりしながらも、ちょうどうまく時間があいている日だったので訪問することができました。

まず、この家の場所なのですが、(お施主さんのプライバシーのこともあるので、だいたいの場所しかいえませんが)JRの大森駅から徒歩10分くらいの場所にありました。
なのでこのブログ読んでくださっているかたならわかると思いますけど、最初、メールでこの家の住所をきいた時は「ええ〜!」という感じでしたよ、笑。(ここ最近取り上げている池上本門寺界隈の坂道から大森駅までは距離的に目と鼻の先ほど近いですからね。)
そんなこともあり、当日はオープンハウス見学とあわせて坂道散歩まで強行してしまったわけですが(汗)、これが以外といろんな視点でみる練習にもなり、建築見学に坂道散歩、さらに友人との再会という具合に、なんとも楽しい一日をすごすことができたかもです。
唯一のこころ残りは、坂道散歩したおかげで、オープンハウスがおこなわれている現地に到着するのが遅くなり、関川くん以外の見学にきた大学時代の同級たちとスレ違いになってしまったことですかね。

そんなわけで、すこし現地見学した時のことに話をもどしましてですね。


またまたオープンハウスです。1
写真1

坂道散歩してくたくたになりながらも大森駅を通過し、教えられた住所までやってくるとありましたよ。(写真1)
白を基調とした外観のかっこいい感じの家でした。
しかも規模も大きかったです。


またまたオープンハウスです。2
写真2

今回は室内の写真もたくさん撮ったのですが、実はまだ工事中のところも多かったので、大半の写真はピカサのほうにおさめつつ、ここではその中から、リビング・ダイニングルームの大空間の様子を撮ったものをセレクトしてみました。(写真2)
もうなんかこれみるだけでもつくりがゆったりとしているというなんというか。
とにかく豪邸でしたよ。
建築面積だけでもおよそですが80坪あるそうです。(驚)
もちろん2階もありますしね・・・。(2階もあわせると約130坪だそうですよ!)
あとは建築的な視点でみれば、前の町田の家ほどには空間的にはそれほど凝ったことはしておらず(敷地内の高低差もないためとは思いますが)、そのあたりはいたってオーソドックスな設計なのかなーといった印象でしたが、設備系はすごく豪華そうなものばかりだったかもです(日本間やらシアタールームもありましたし)。


またまたオープンハウスです。3
写真3

で、こちら(写真3)は関川くんの後ろ姿です。(笑)
見学者になにやら説明をしているようでした。
ちなみにこちらの部屋は写真2と同じくリビング・ダイニングルームです。

そして、これ以外にも見学途中でパートナーさん(奥さんですね)が操作中に天窓が閉まらなくなり壊れた〜と騒ぎになったり(これはこのあと解決しました)、帰りにはおみやげものをいただくなどもして、なにげにサプライズあったりして。
そういう意味ではいろんな意味で楽しめましたので、感謝ですなり。


ということで、今回は日記がてらのエントリーなのでさらりとこんな感じですが、いちおうさきほども書いたとおり、このほかにも室内の様子を撮った写真をピカサ(ウェブアルバムです)にたくさんあげてありますので、気になるかたはよかったらそちらもどうぞ。

→ ピカサの写真ページ(大森の家by関川)

さてさて、ひさびさの建築話といえばそうなのかもしれないですが、6月のはじめに、大学時代の友人の関川くんが独立後に自身で設計した住宅の初の見学会を開くという連絡をいただいたので、めでたくもあり応援気分もあって、気分は、いつもの散歩気分とあわせて、渡辺篤史さんの建物探訪風(そういうテレビ番組がやっているんですよ)というか、そんな気分でオープンハウスに参加してきました。


友人のオープンハウス1
写真1

今回の住宅の場所は、町田市のとある場所にあり、駅前からテクテクと歩いてみたわけですが、やはりこのエリアは多摩丘陵地帯に属する場所なのか、駅から歩いてくるだけでもいくつかの高低差のある場所をとおりぬける感じで(途中、これはブログで紹介してもいいなあと思えるくらいの高低差具合がすばらしい階段にも出会いましたよ。急いでたの写真は撮ってませんが・・・。)、今回の住宅もそんな高低差を感じれる斜面地の途中にありました。

で、前置き長くなりましたが、メインの道路から坂道をテクテクとのぼりやっとたどりついた場所に、こんな具合に住宅が建っていました。
(ちなみに写真の撮った順の時系列はいくつか変えてますのであしからず。)

はじめにぱっと見た時は、道路に対してはすごく閉じた具合なのねという感じでした。
(でも学生の時から彼の設計スタンス(作風)にふれてきた僕としては、あいかわらずというか彼らしいというかなんというかそんな感想も同時にもってみたり。)


友人のオープンハウス2
写真2

そんなわけで中に入ってみました。
こちらは入口あたりの様子です。
外観の印象とはうってかわり、明るい感じ。
しかもドア部分を内部にひっこめることで、ひさしがわりにもなっていて、そのあたりの親切なつくりにまずは感心。
そして、やはり、この家は建築家の作品でもあるんですよね。
そんなこともありキリリと気持ちを引き締めなおして、スリッパをはいて階段を上ると。


n03

写真3

なんとも外の印象からは想像できないほど明るく、広々としたリビングがありました。


友人のオープンハウス4

写真4

さらにリビングを見渡してみると、一段高くなっている場所にキッチンがありました。
ここは、図面みると、となりにテーブル置いて、ダイニングルームとしてもつかえるそうです。
これは気持ちいいかもですね。

またキッチンの手前にちょっと背の低めの手摺が見えてますけど、こちら、なんと一本の木からできてるそうですよ。
(ちなみにこれは関川くんのパートナーのeさん(奥さんで、助手でもあるらしいです。)から教えてもらった話です。そして当日、家の説明してもらったのもほとんどが彼女からの説明でしたよ。まあ関川くんと会うといつも適当にあしらわれるのでまあ慣れたことではありますけどね。。笑)

と、それはさておき、(このブログを読んでくださっている方ならもしかしたら想像しやすいかもしれないですが)実はキッチンとリビングの部分の段差の部分に腰掛けることもできるそうですよ。
そして、さっきとりあげた長い手摺はカップがおけるくらいの幅に実はなっていて、ちょっとしたテーブルがわりにもなり、そこでぷふぁーと座りながらお茶もできるとのこと。
個人的にはこういう仕掛けはかなり好きな感じです。


友人のオープンハウス5
写真5

そして、リビングからはこんな景色が見えていました。
手前から奥へと傾斜地になっていたので、景色ひらけてますねえ。
空もひろいです。(いいなあ。)


友人のオープンハウス6
写真6

で次は、写真4のキッチンの下階に写っていた部屋に移動して、リビングのほうを見てみたものです。(左上がリビングです。)
ちょうどこの階が玄関と同じ高さの部屋で上のリビングが半階上というつくりになっているようでした。
なのでこの階が、写真1でみた道路レベルということみたいです。
そしてこの半階下にはお風呂やら寝室やら外には庭とかあるみたいで、要はこの家、渋谷の東急ハンズのように0.5階ずつのフロアレベルのつくりになっているようでしたよ。


友人のオープンハウス7
写真7

そしておまけ写真。
写真6の部屋からですが、実はここからも空みえました。(いいなあ〜ww)


友人のオープンハウス8
写真8

そして最後は、この家の設計者の関川くん(もちろん建築家)です。
ちなみに彼は、前にもこのブログに登場してくれてますよ。
S氏のあつまり


ということで、個人的にはめでたい話でもあるので今回は彼の応援もかねて(いちおう僕個人のブログでもありますので)、しかもいつもの坂道散歩のノリで住宅内外部を歩きまわる記事にしてみましたがどんなもんだったでしょうか。。
あ、あと、もし彼に家たのみたいとかそういうのあれば、また別途連絡でもくだされば関川くんに連絡でもしますんでよろしくなりです。(そっちですか、笑)


住所
東京都町田市あたり

ブログネタ
建築 に参加中!
今日は、街歩きの一部といえばそうなるのかもしれませんが、いちおうカテゴリーわけはしている建築の話です。

といっても、あまり堅苦しいものではなく、ムトウくんという前田紀貞アトリエという建築設計事務所に勤めている、大学時代の後輩で、このまえの年末にゼミの先輩後輩をまじえた何人かでサークル気分で集まってひさびさに飲んだこともあってか彼も僕に連絡しやすかったのか、僕がこのブログを書いていることを伝えておいたので今まで見てくれていて連絡しやすかったのかどうかわかりませんが(前置きが長くてすいません・・)、彼が設計担当した住宅が、つい最近完成して、その見学会というかオープンハウスによんでいただいたので、せっかくの後輩からの誘いでもあるし、なんてえらそうにいいつつも、内心はびびりまくりで、気分は渡辺篤史さんの建物探訪風(そういうテレビ番組がやっているんですよ)というか(汗)、なんというか、そんな気分で見に行くことにしてみました。


オープンハウスに行ってみる1

場所はくわしくはいえませんが町田市のとある場所なのですが、現地に行ってみると、このあたりは、多摩丘陵地帯にあたる場所のようで、いわゆる坂道の多発地帯ともいえる場所でもあり、この住宅に行くときもかなりきつい坂道を駅から延々とのぼりながらやってくるという感じでした。
写真は、その住宅なのですが、今回は正面からの写真はおいて置いて(もしかしたらもうすこしあとにでる建築か住宅系の雑誌などでみられるかもしれませんよ)、すこしあまのじゃくに、横から撮ってみました。
なんというか、このあたりも、写真正面にむかって下っている場所で、いわゆる崖にそって建てられている住宅で、僕が立っている場所はこの住宅でいえば2階にあたるのですが、なんとそちらからのアプローチということみたいでした。


オープンハウスに行ってみる2

そして、入口からはいってみました。
あたりまえですが、僕以外にも何人かのかたが見学にきているようです。


オープンハウスに行ってみる3

次に、入り口からも見えていた奥の階段を下におりると、こんな感じ。
ここから見ると真っ白な部屋から真っ黒な部屋へ移ってきたようにも思えてしまいます。


オープンハウスに行ってみる4

せっかくなので、今度は坂上(汗)のほうではなく、階段上のほうを眺めてみました。
なかなか、アクロバチックなつくりというかデザインですな。


オープンハウスに行ってみる5

最後に、すこし場所は飛んでしまいますが、2階の部屋の窓からのもので、ちょっとわかりにくいかもしれませんが周辺の多摩丘陵らしい風景も見えていましたよ。

ということで、当日は風邪気味でかなり頭がぼーとしている中の見学で、そんな中、かなり個人的な視点で写真を撮ってしまったので、あとで写真をみると、なんであそこ撮っておかなかったんだろうという後悔もあったりしましたが、よくよく考えてみると誰がつくったかわからないなんというかつくった人の顔のみえない家なんかの見学はこれからもそれなりに体験できるのかもしれませんが、今回みたいに親しい仲間がつくった住宅の見学会なんて、そんなに体験できないことかもしれないので、ほんとうによかったです。
あと、この家には、MACHINE HEADという名もついているらしく、いわれてみればかなりメカニカルな雰囲気も感じられましたが、彼の性格をすこしばかり知るものとして、僕としては、なんとなく彼らしさみたいなものがデザインのそこかしこにでているのかなあなんて思ってしまいましたよ。
まあ、もちろんここに住むかたの意見が反映されたものなんですけどね。


追伸
いちおう、担当者のムトウくんにもこのブログにのせることに了承を得ているので、あしからず。(といっても、ムトウくんだけの了承でいいのかどうかはわかりませんが、とりあえず、よしということでお願いします。。)


地図
東京都町田市

このページのトップヘ