東京坂道さんぽ

タグ:パルコ
渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道
閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター
スペイン坂 (NO.23) /渋谷区宇多川町

以前に書いた「閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター」の続きといえばそうなのかもですが、閉店前の渋谷パルコの様子を撮った写真、まだあるのですよ。

すこし時間が経ってしまいましたが、今回は周辺の坂道とからめながらの話です。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道1
写真1

それがこちらですね。(写真1)
奥には渋谷パルコパート3の建物が見えていた場所ですね。
ここを歩いたことある方ならわかると思いますが、渋谷パルコ側から背後のほうへと下る結構な勾配具合の坂道になっているのですよ。
パルコ以外にも特徴的なお店がいっぱいある場所ですが、今回は目の前の渋谷パルコがなくなってしまう(建替ですが・・・)ということで、一時閉店になる前のパルコに絞って撮っておいたものなのです。
しかも、パルコの照明やらライトアップもわかりやすいということで、夜のものです。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道2
写真2

すこし坂をくだって坂下方向を見るとこんな感じの場所もあります。(写真2)
奥を横切っている道路が井ノ頭通りで、まさに渋谷の繁華街のど真ん中ともいえる場所ですね。
この通りのひと街区東側(写真2でいえば左側)にスペイン坂がある場所といえば、この勾配具合もすこし理解できそうですかね。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道3
写真3

そして、これですよ。(写真3)
写真2でも左の自販機の手前にちらりと見えていますが、いつもここを通るたびにゴミにまみれてある「山路愛山終えんの地」と書かれた木製の碑が気になっていたのですよ。
そんなこともあり、今回、ちょうどいい機会なので、写真にも撮っておいて、あんまり見ていて気持のいいものではないかもですが、あえて載せておくことにしました。

ちなみに、この碑には場所の説明も書かれてありましたので、いつものように抜粋しておくとですね、
『史論家として知られる山路愛山は、元治元年(1864)浅草に生まれました。明治29年から大正6年、54歳で没するまでここに住み、多くの作品を発表しました。代表的な著書に 「豊太閤」「西郷隆盛」「足利尊氏」などがあります。』
とのこと。
なるほど。
いちおう、抜粋文に人物リンクも張ってますので、そちらもよかったらどうぞ。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道4
写真4

気になっていたことを片付けた後は、再びパルコ前にきてぱちりと。(写真4)
特に今回は建物のこまかいことにはふれませんが、こうしてみるとやはり懐かしいですねえ。
つい最近このあたりを通った時は真暗でしたからね。
それにしてもここからみると、やはり手前と奥でけっこうな高低差になっていますね。
そんな高低差具合を写真でみながら、このあたりの地形とのかねあいも実はパルコの建物に影響していたことを突然思い出してみたり。
そして、坂上あたりでスペイン坂と合流しているというのも、ここらあたりの地形の特徴ともいえるかもですね。


渋谷パルコと井ノ頭通りへと下る坂道5
写真5

最後はエントランスのアップでも。(写真5)
ここでも手前と奥に結構な段のある階段があったんですよねえ。
あらためて、こういう今はなくなってしまったエントランスをみていると、まだまだ使えそうな立派な壁や地面のタイルとかガラスとか照明とかあるのに、これはどうなってしまうのか考えてしまいますね。
このあたりのことは全然くわしくないので、また知人にでもそのうちきいてみますかね(まあ、プラモデルみたいにがちゃがちゃと取り外したりできないことぐらいはわかってますけど、それでもやはりですね)。。
(え〜、そんなことも知らないのーと馬鹿にされるかもしれませんが・・・。汗、笑)

ということで、今回はこんな感じです。


地図
渋谷区宇田川町14あたり

実は、渋谷パルコPart1(地下に本屋があった棟)の地下へと向かう階段が、いい感じで、しかも公園通りのあの坂道から歩いてきて、そのまま入れることもあって、前からお気に入りの階段だったのですよ。
そんな中、渋谷パルコ全体が建物の老朽化のため、2016年8月7日をもって一時閉店に入るという話を聞き、建物が取り壊しになる前に写真を撮っておいたのですよ。


閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター1
写真1

まずはこちらから。(写真1)
公園通りの勤労福祉会館前交差点側から、今回の階段の出入口を見てみたものですね。
ここなのですよ。
非常階段と一体で計画されていつつも、ちゃんと出入り口としての役割も果たしているということに好感がもてたのですよね。


閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター2
写真2

次は階段上からです。(写真2)
実際の階段は、上の階にもつながっていたのですが、今回はここから地下までを散歩対象としたので、今回の記事ではここを坂上ということにして、話を勧めますので、あしからず。

それはさておき、いろんなつくりの階段が楽しめて、ここからの景色はいつもながらいい感じですね。(笑)


閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター3
写真3

次は踊り場を一望できるポイントにてぱちりと。(写真3)
床のタイルのデザインがなんとも楽しい場所でしたかね。
しかも、両サイドの手摺も、ちょっと変わったつくりになっていますよね。


閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター4
写真4

こちらは、写真3で見えていた踊り場までやってきて、階段上のほうを見てみたものです。(写真4)
ここからだと、手前の2種類の階段とともに、写真ではわざと人を写していませんが、通常なら公園通りを歩く大勢の人たちがちらちらと奥に見えてなにげに楽しい鑑賞スポットだったのですよ。


閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター5
写真5

写真4と同じ位置より、階段下を眺めてみたものです。(写真5)
このあたりは普通な階段といった感じですが、やはり両サイドの手摺が気になる場所でもありましたかね。


閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター6
写真6

記念に、階段下にあった案内板でも。(写真6)
地下にはこんな感じで、店があったのですなあ。
art・book・culture・designでABCDですか。
なにげない案内板にもにくい演出があって楽しいですね。


閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター7
写真7

こちらも記念に。(笑)(写真7)
地下店舗部分への出入口ですね。
なんかこの秘密の入口感がたまらなかったですね。
なんどここを通ったかも忘れたくらいお世話になりました。


閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター8
写真8

最後は、階段下からの景色でも。(写真8)

そして、ここからはおまけです。
これまであえて写真に写っていたのに取り上げなかったのですが、階段の壁面には、写真でも見えているとおり、「Last Dance」と書かれた著名な芸能人の方々のポスターが数点設置されていたのですよ。


閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター9
写真9

そんなわけで、記念に、設置されていたポスターすべて紹介しておきますね。(写真9)
まずは、階段上側にあったポスターには森山未來さんが写っていました。


閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター10
写真10

次は、写真8の踊り場のあたりにもみえていたポスターには、木村カエラさんが。(写真10)


閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター11
写真11

同じく踊り場の別の壁面のポスターには、中谷美紀さんが。(写真11)


閉店前の渋谷パルコ地下への階段とポスター12
写真12

そして、最後の階段下側のポスターには、エリイさん(Chim↑Pom)が写っていたのですよ。(写真12)
なんとも豪華ですねえ。


ちなみに、この記事を書いている時に気になったので、軽く調べてみたら、なんと、このパルコのポスターに登場した方々へのインタビュー動画がyoutubeにありましたよ。
しかも、このポスター企画についての詳細情報を載せてくれている公式HPまでありました。
(とりあえず、それぞれについてリンクつけときますので、よかったらどうぞ。)

→『【パルコ】渋谷パルコ Last Dance_ SPECIAL MOVIE 2』
https://youtu.be/P0jlnE6rYE0


→『LastDance_|渋谷パルコ8.7sun一度さよなら。/advertising』
http://shibuya.parco.jp/lastdance_/advertising/


いやはや。
こんな動画やHPがあったとは。
たかが階段、されど階段。(笑)
歩いてみるものですね。

ということで、今回はさらりとこんな感じです。


地図
渋谷区宇田川町15-1

所在地:渋谷区宇多川町


パルコなんかが近くにある有名な坂です。
(最後のほうに地図のせときます。)


spainsaka01


渋谷区のHPによると、
“パルコパート1裏から井の頭通りへと下る坂道。喫茶「阿羅比花(あらびか)」の店主、内田裕夫氏は、写真で見たスペインの風景に心ひかれ、店の内装をスペイン風に統一していました。昭和50年にパルコからこの坂の命名を依頼されたときには、迷わずこの名をつけたそうです。命名後、近所の人たちも協力して、建物を南欧風にしました。”
とあります。
しかし、このあたりの通りの命名は、パルコが関係していることが多いですね〜。

ここは、こじんまりとした坂道なんですが、まわりはお店がひしめいています。しかも、HPまでありましたよ。

まあ場所が場所だけにですかね。

あと、坂上あたりには、東京FMのスペイン坂スタジオなんかがあるのは、有名なところです。
そのほかにもたくさんありますが、坂の途中というか登りきったあたりにある“シネマライズ”なんかは、いい味だしてますかな。

シネマライズは、ミニシアターで、けっこう穴場な映画がやっていたりします。でも、はじめてみたときは、ゲームセンター?と思ってしまいましたが・・・。(汗)しかし、この映画館は建築家の北川原温氏が設計したことでもけっこう有名な建物だったりします。


spainsaka02




地図
渋谷区宇多川町

このページのトップヘ