東京坂道さんぽ

タグ:ブラタモリ
そういえば
ブラタモリの坂道記録
ブラタモリ、やってますねえ。

最近ネットニュースで流れていたんですけど、ブラタモリの第3シリーズ放送が決定したみたいですよ。

http://b.hatena.ne.jp/articles/201106/4470

そのほかにWikipediaのブラタモリのページでもちらりと書かれていて、よくよく公式サイトをみてみると「第3シリーズ 始動!」なんて感じでバーンと書かれていましたよ。

しかも公式サイトには日本地理学会賞なる賞を最近受賞したなんてことも書かれていました(おめでとうございます)。
たしかにタモリさんがいなければ、ブラタモリはかなり教育番組てきな内容になってしまうかもなあと思いつつも、番組内容的には、僕は地理学のほうは本で読んだくらいの知識しかありませんけど、建築学的な見方でいえば、番組の出演者として建築史などに詳しい先生方が多く出演されていたように土地の歴史を調べるときなんかはあの番組のように土地やら人やらモノやらを探っていくことも多々あったような気もしています。
ただ、それらをうまく整理して番組として仕上げている点はすごいことだと思いますし、へたをすると大学のいち授業で使ってもいいくらいの内容だと思いますし、もしそういうことが地理学会の方々にとって新鮮にうつったのだとしたら、ある意味ちょっと驚きかもです。


そういえば1
写真1

話はかわりますけど、みちくさ学会でここ最近、僕のライフワークてきな活動でもあった富士見坂やら富士山と坂道との関係を探る内容の記事を書き始めたわけですけど、その中で各記事にのせてなかったけど今思い出してみるとのせときゃあよかったなあと思った写真を最後にちらりと。

写真1は「目黒駅ちかくにある富士見スポット」の坂下あたりにあったものです。
ふつうのマンションの擁壁にこのようなアートてきな匂いのするものが忽然とつくられていました。
今の坂下あたりはせまめで一方通行のほんとうに抜け道といった具合の道路なので、よくよく考えてみるとこんなに手入れされた(真っ白ですからね)状態で誰に見せるともなく堂々とあるのはなかなかなものかもですよ。


そういえば2
写真2

あと同じく「目黒千代か池と富士見坂」と「目黒駅ちかくにある富士見スポット」の坂上の間にはさまれたホテルの敷地はかっては三条実美なる政治家のかたの家だったそうです。
さっきぱばらぱらと現地で撮ってきた写真を見直していたらそれが書かれたホテルの看板の写真を見つけてしまいましたよ。。

ということで、話がいろいろとびましたけど、結局今日はいつもの坂道散歩話をする気がおきなかったので(汗)、こんな話でもしてみることにしてみました。

ブログネタ
テレビに関するあれこれ に参加中!
とうとう『ブラタモリ』が終わってしまったということで、ちょっとばかし、感謝の気持ちと復習がてら、取り上げてみることにしました。

なんていうか、見ている方向が、あっ、いっしょだあ!なんてことも多く、もちろんこれは違うなあ、というか、おーなるほどねえという時も多々ありつつも、月並みな言い方ですけど、最後まで、なかなか楽しめる番組だったなあと。

そして、今回は、いつものように番組の感想みたいなことをさらに書こうかなとも思ったんですけど、それもいまさらだし、なんだか番組批評みたいな話になりそうなので、それはとりあえずおいておくことにしますよ。

それで、今日は、このブログではまだ各坂道を区ごとだったりで整理していないこともあり(汗)、せっかくなので、記憶が薄れないうちに、番組でタモリさんたちが歩いた坂道をおさらいがてら、このブログで、まわったところとまわっていなかったところを一目で読めるようにしてみようと思います。


なので、まずは、第一回から、順にはじめてみますので、お暇なかたはどうぞ。。(笑)

第1回:早稲田をブラタモリ
@胸突坂[文京区目白台1あたり]→まだ歩いてないです。

第2回:上野をブラタモリ
@暗闇坂(清水坂)[台東区池之端4あたり] →まだ歩いてないです。

第5回:三田・麻布をブラタモリ
@暗闇坂[港区元麻布3あたり]→暗闇坂 (NO.69)

第8回:本郷台地をブラタモリ
@妻恋坂[文京区湯島3と千代田区外神田6]→妻恋坂(NO.170)
@立爪坂[文京区湯島3]→とある街の風景(立爪坂)
@見送り坂[文京区本郷4あたり] →まだ歩いてないです。
@見返り坂[文京区本郷4あたり] →まだ歩いてないです。
@菊坂[文京区本郷4丁目あたり] →まだ歩いてないです。
@炭団坂[文京区本郷4丁目あたり] →まだ歩いてないです。

第12回:神田をブラタモリ
@昌平坂[文京区湯島1あたり] →昌平坂(NO.162)
@相生坂[文京区湯島1あたり] →相生坂(NO.161)

第14回:赤坂をブラタモリ
@薬研坂[港区赤坂4]→薬研坂 (NO.137)
@丹後坂[港区赤坂4]→丹後坂 (NO.138)
@円通寺坂[港区赤坂4あたり]→円通寺坂 (NO.134)
@三分坂[港区赤坂5あたり]→三分坂 (NO.133)

第15回:六本木をブラタモリ
@ねずみ坂[港区麻布狸穴町あたり]→鼠坂 (NO.94)
@三年坂[港区麻布台1]→三年坂 (NO.59)
@けやき坂[港区六本木6]→六本木けやき坂通り (NO.24)
@さくら坂[港区六本木6]→さくら坂 (NO.77)
@玄硯坂[港区六本木6] →玄硯坂 (NO.78)


と、こんな感じだったと思いますよ。
今、あらためて昔の坂道散歩記録を読んでみるとはずかしいこともたくさん書いてますけど、そのあたりはさらりとお願いしますね。(汗)
いちおうこれらは、放送時の自分の記憶とウィキペディアと番組公式サイトを参考にしながら、番組内で、タモリさんたちがただ歩いていた場面だけから判断したものも含めて、リストアップしてみました。

ただ、以外とこの作業時間かかってしまいましたよ。。
なんていうか、さらさらといつものように番組の感想書くだけの方がラクだったかもです。(笑)


参考サイト
ブラタモリ(公式サイト)
ブラタモリ(Wikipedia)


「ぶらたもり」 たかたかたかたか・・・、というフレーズがなんだか耳に残る、あのタモリさんが都内をぶらぶらする番組ですけど、やはりこれは、このブログの記事としてそろそろ書いておきたいなあということで、今日はさらりと。

それにしても、なぜかこの番組、いつのまにか知っていましたよ。
誰からも教えられたわけでもなく、新聞をとっているわけでもなく、なんとなくネットをぶらりとしていて、たまたまNHKの番組ページにいきあたり、その時点で近々放送されることに気がつき、めでたく最初から見ることにあいなりました。

なので最初は、タモリ倶楽部の流れをひきつつもNHKらしくまじめな話などもまざりつつの番組なんだろうなあ、と思っていたら、やっぱりその通りで(笑)、そこは何回か見た後の今でもあまり感想は変らないですが、なんといっても、各回の内容がつぼをコリコリと心地よく揉んでくれる時もあれば、ああそこはまだこってないですよという内容もあるにはありましたが、どれもこれも今度は自分でも足運んでみようという話というか場所ばかりで(もちろんすでに足を運んだところもありますけど)、そういう意味では、やっぱりうれしい限りで興味深い番組という感じですよ

最近の放送(12月3日分)では、本郷台地ということで、地形と坂道の話がいっぱい出てきて、わ〜いという感じでしたが、それ以外にも三田・麻布の回での“がま池”の話も、以前にこの界隈を坂道散歩がてら、ぶらりとし、ブログを書いていて、なんとなく知ったことなのですが、あんなところにあんな場所があったなんてびっくりでした。
あとは、銀座の高低差にもちょっと驚きましたが、この回では、銀座の裏道界隈話のほうが興味深かったです。
それと、二子玉川が取り上げられたのは川つながりなのかなあとか、そういえばこの近くに国分寺崖線もあったなあとか、いろいろ思いつつも、どちらかというと今住んでいるところと同じ区内だし、それほどは遠くないので、タモリさんのちょっとひいた感じの態度とは違い、けっこう親近感を持ってみてしまいました。

しかも、ゲストの方たちもびっくりするような専門家の方々が大勢でていて、びっくりです。。

それで、それで・・・・。

と、
なんだか各場所で書きたいこともたくさんでてきてしまいましたが、このブログを見てもらってもわかるとおり、細かいことやどうでもいいようなことをいろいろとひろげながら妄想もくわえつつ書いてしまうくせがあるので(汗)、今回のようにまとめていろいろと書いているとほんとうにきりなさそうです。。

なので、その他のことは実際に歩いた時に、各記事でちょこちょこっと書いていこうかなと思いつつ、とりあえず今回はこれぐらいでやめておきますよ。。

ということで、前回までの放送では、
早稲田→上野→二子玉川→銀座→三田・麻布→秋葉原→日本橋→本郷台地
という順で都内めぐりをしており、来週は品川とのことです。


あと最後にですが、このブログを見ていて、もしまだ「ブラタモリ」を見ていないかたでもいれば、一度見てみるといいかもですよ。
(ちなみに、こういう話にうといと思われる(たぶん・・)、高校時代からの友人でもこの番組のことを知っていたので、こんなことを最後に書かなくてもよかったかもしれませんが、とりあえず。。)



追伸
上のリンクの方が、固定されたアドレスだったみたいなので、あらたなリンク追加しておきますよ。
ブラタモリ@Wikipedia

このページのトップヘ