東京坂道さんぽ

タグ:古地図
乃木坂 (NO.132)その3  / 乃木坂今昔
古地図のちょっとした疑問
またまた古地図散歩
東京の古地図が・・

今回は、たびねすで記事を書いていて、いろいろ追記したい事柄がでてきたこともあり、乃木坂 (NO.132)の続編でも書いてみたいと思います。


乃木坂今昔1
写真1

まずはこちらですね。(写真1)
坂の途中で、乃木坂トンネルにもぐる道と左に曲がり新しい部分の乃木坂に向かうところの写真ですね。

トンネルの上の部分は乃木坂陸橋とも呼ばれていて、昭和49年3月に完成したとのことです。
昭和49年?あれ?けっこう最近という感じですよね。


乃木坂今昔2
写真2

そこでこれなのですよ。(写真2)
たびねすの記事では、こういう昔の写真やら浮世絵を説明に使うことがNGなので、載せれなかったのですが、こんな風なかつての乃木坂の写真が、「江戸の坂 東京の坂」という本の中にあり、ちょっと拝借。
おそらく写真2は、写真1と同じ方向で、坂の途中から坂上方向を見てみたものと推測されます。
要はトンネルできる前の乃木坂ですね。
時期的には、「江戸の坂 東京の坂」の巻末に、これらの写真は昭和35年から42年にかけて著者が撮影したものと書かれていますので、だいたいそれくらいの時期のものだと思われます。

また今の乃木坂はかつて、幽霊坂という名前だったことはたびねすの記事でも書きましたが、「江戸の坂 東京の坂」の説明によると、実はそれ以前、行合坂やら膝折坂とも呼ばれていたそうですよ。
なので、本の説明部分を抜粋させてもらうとですね、
『『江戸大名町案内』という写本には、「麻布竜土、ひざ折坂あり」と記してある。嘉永七年正月の江戸切絵図『赤坂今井辺図』(近吾堂版)には、竜土の行合坂の上、突き当たりに「八幡社」とある。これが竜土八幡、青山八幡、馬八幡、駒留八幡などと呼ばれた八幡社であった。したがって、ここの行合坂が、そのときの膝折坂なのである。この坂は、のちに坂下に妙福寺という寺と墓地があったので、幽霊坂とも呼ばれた。』
とありました。

ということは、「幽霊坂」の前の名前が「行合坂」で、別名で「膝折坂」とも呼ばれていたという感じなのですかね。

あとは、いつもお世話になっている「江戸東京坂道事典」という本には、『『新撰東京名所図会』は「市兵衛町二丁目より箪笥町との間を下る坂あり、なだれ坂と称す。』なんてことも書かれていて、新撰東京名所図会は、明治時代の書物なので、これを加味すると、行合坂→幽霊坂→なだれ坂→乃木坂、という具合の名前変更の歴史があるのかもしれないですね。(汗)


乃木坂今昔3new
古地図1

せっかくなので、古地図も見てみましょうかね。(古地図1)
画像の部分で、赤く塗った部分が乃木坂で、今も昔も変わらない位置にあります。
で、青でうすく塗った部分が、現在の外苑東通りということになりますかね。
古地図を見ると乃木坂の西側つきあたりに「八幡宮」というのがありますよね。これがまさに『竜土の行合坂の上、突き当たりに「八幡社」とある。』の部分なのではないですかね。


乃木坂今昔4new
古地図2

さっきのは「東都青山絵図」のほうだったのですが、こちらは「赤坂全図」のほうですね。(古地図2)
地図でいえばちょうど端っこのかぶっているエリアに乃木坂はあるみたいで、こちらの地図はどちらかといえば、乃木坂の東側エリアが詳しく記録されているもののようですね。
そして、これをみると赤くぬった部分の乃木坂のちゅうど真ん中あたりに「妙福寺」と書いてあります。なので、これが『この坂は、のちに坂下に妙福寺という寺と墓地があったので、幽霊坂とも呼ばれた。』の部分で、幽霊坂と命名される元となったお寺もちゃんと地図に残っていて、実際にあったということですよね。


乃木坂今昔5

地図

そんなわけで、現代の地図(Googleさんの地図を拝借)に江戸時代の乃木坂の位置を描いてみるとこんな具合になりそうでした。
ちなみに、ちょうど今のギャラリー間のあるTOTO乃木坂ビルのあるあたりを緑で囲ってみました。古地図1を振り返ってみると、お寺があった位置とかぶりそうですね。
まあだからなんなんだという話でもありますけど、僕としてはギャラリー間に訪れるたびにいつも、ビルの前の道がへんなつくりだなあと思っていたのですが、こうして古地図で振り返ってみると、かつての古道は紫の色で塗った部分であったわけで、そういう意味では、このローターリーみたいになっていた場所(乃木坂駅への入口もありますよね)もそういう歴史があったのだなあとちょっと納得したわけだったのですよ。

あとは、写真2では坂道が二手に分かれていて、かつての乃木坂が、どちらかなのかは今でもわかりかねますし、この風景だって江戸時代の時とは違うのかもしれませんよね。
ただ、なんとなく今の乃木坂のトンネルと右側の階段、左側の坂道のつくりをみるとその名残りもあるのかなあと思いつつも、こればかりはもうちっと調べないとわからないところですかね。

ということで、今回はこんな感じです。


住所
港区赤坂8あたり

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
ここ最近ヤフーの地図をほめまくってしまいましたが、疑問に思ったこともあるんですよ。
ヤフーの古地図ってすごく便利なのですけど、ひとつ思ったのは、昔の地図と今の地図の位置がものすごく精度よくあっているんですけど、それって・・・。

地図をつくる専門家ではないのでわかりませんが、僕もいちおう大学時代や仕事などで地図をすこしトレースしたことはあるのですこし考えてしまいましたよ。。(まあ実際の地図のつくりかたはぜんぜん違うのだとは思いますが・・・。)
でも、よくよく考えてみれば、これもひとつの娯楽コンテンツというかゲームというかなんというかはわかりませんが、ヤフーがつくったファンタジーみたいなものと考えてしまって、古地図散歩するといいかもしれませんね。
そんな感じで、こういう歴史ものは精度の話になるととんでもないことになりそうですしね。(笑)
それにしても、考えてみただけで膨大な作業っぽいところが、想像しただけで冷や汗ものかも。(汗)

と、まあいろいろ言ってみましたが、なんだかんだといってもほんとこの古地図楽しいです♪
この「古地図で東京めぐり」という企画が期間限定とは、ほんともったいない感じですね。

あっ、そういえばこの前のタモリ倶楽部でヤフーとのコラボと称してこのサイトを利用して、当時の死罪者市中引廻順路を実際にまわるという企画をやっていましたね。
お〜という感じで、びっくりでした。(笑)
なんだか今回は笑って楽しむというより、へ〜♪なるほど〜おもしろいおもしろい♪という感じで一緒に散歩している気分になってしまいましたよ。。

ブログネタ
歴史のお話 に参加中!
前回のニュースでとりあげたヤフーの「古地図で東京めぐり」サイトが期間限定なこともありせっかくなので、またまた古地図などをプリントスクリーンさせていただいて、今度は渋谷の宮益坂 (NO.1) あたりの話でも。


渋谷古地図_今
現代


宮益坂 (NO.1) といえば、地図でみてもわかるようにほんとに渋谷の駅前の目と鼻の先の場所にある坂道で、かつては、ここから富士山も見えたことから富士見坂ともよばれている坂道です。

でも、まあ実際に歩いていると坂道は坂道ですが、どちらかといえば食事処が多いので、僕はお腹がすいた時にふらりと行くことが多いですけどね。。


渋谷古地図_明治
明治

以前に書いた宮益坂 (NO.1) の記事や現代の地図とくらべてみると、道の途中にあった御嶽神社という神社は、今もありますが妙祐寺なるお寺は、今はないみたいですね。

あと、これも前にとりあげた渋谷川(とある街の風景13にてありました)もちゃんとあるんですね。


渋谷古地図_江戸
江戸

そして、江戸時代。
地図では、宮益坂と富士見坂がわかれて書かれてますね。
昔はちょっと場所が違ったのかな?
また、明治の地図にもあった妙祐寺というお寺は、この時代からあったのですね・・。
じゃーなんで、今は妙祐寺はないのだろう?と思い、いろいろ検索してみると、なんと昭和20年のあの戦争の際の空爆に遭って焼失してしまい、世田谷区北烏山へ移転したそうですよ。

そして、渋谷川もこの時代からあったのですね〜。
いまでこそ、てきと〜につくった川みたいになってしまっていますが・・・。

そんなこんなで、ふと思ったのですが、「江戸名所図会」(宮益坂 (NO.1) の記事にも同じ文を載せたのですが・・)にこの坂のことが書いてあり、「富士見坂 渋谷宮益町より西に向ひて下る坂を云ふ。斜に芙蓉の峰に対、ふ故に名とす。相模街道の立場にして、茶店酒亭あり、麗の小川に架せる橋をも富士見橋と名づけたり。相州街道の中、坂の数四十八ありとなり、此富士見坂は其首なりといへり」と記されていることと、今回の古地図をみて、当時は坂下にきれいな渋谷川が流れていて、道の両側には休憩処がならび、遠景には富士山が見えているというなんとも気持ちのよい場所だったのかもしれませんね。

でもまあ、これはお城側から歩いてきた場合なのですけどね・・・。

ブログネタ
こんなことありました に参加中!
こんなページができていたんですね。
SOUBOU WALKERさんのサイトを見て知ったのですが、ヤフーのサイトに期間限定(3月15日まで)で古地図が見れるサイトがオープンしたようですよ〜。。
古地図で東京めぐり」というサイト名で、なんとその一部に今の地図に明治、江戸時代の古地図が重ねあわされてデータ化されており、グーグルなどのネット地図で航空写真が一緒にみれるのと同じ感覚で古地図がみれるという、なんともうれしいというか驚きというかはうまくいえませんが、そんなことができるサイトでしたよ。
スクロール地図のURLはこちら → http://map.yahoo.co.jp/kochizu/maptop

いやいや楽しいです♪
ちなみに江戸時代の古地図は1856年(安政3年)のもので、明治時代の古地図は1907年(明治40年)のものを使用しているらしいですよ。
それにしても、こうしてあらためて、特に江戸時代の古地図をみていると、過去にとりあげた坂道もいくつか今と場所が違っているものもありましたよ・・・。

でもまあ、僕の参考にしている本は2、3冊なので実際のところはよくわからないんですけど。(ほんと坂道本によって坂道の場所の記述が違っている坂道があったりと、たまにわけがわからなくなるときがあるんですよ。。)
そんな感じなので、ほんとは今回のような古地図も参考にしたほうがいいかもしれないのですが、それをしているとお金がいくらあっても足りない状況になりそうかもなので・・・。(汗)


古地図_現代
現代


古地図_江戸
江戸

ということで、古地図の一部をプリントスクリーンさせていただいて、あらためて見てみると、最近とりあげた芥坂 (NO.80) や大横丁坂(NO.79) などがある西麻布あたりも、江戸時代の地図でみると、今とかなりちがうんですね〜。(あたりまえですが・・。)

しかも、坂道でみても、芥坂 (NO.80) は江戸の地図にも”ごみ坂”とかいてあり今とぜんぜん違う場所で今ある坂は別の名がついていたり、大横丁坂 (NO.79) にいたっては江戸時代には古地図でみるかぎり、ちょっと小道になっているし・・・。

まあ、そんな感じで、たまたま最近とりあげた直近の2つの坂道に疑問をもちつつも、坂道本のとある1冊の一文を信じることにして(汗)、今日は見てみぬふりをして(笑)、終わりたいとおもいます。。

このページのトップヘ