東京坂道さんぽ

タグ:坂道
幽霊坂(NO.307)、幽霊坂(NO.308)、幽霊坂(NO.309) /千代田区
TOKYO MXテレビの「東京クラッソ!NEO」という番組にでます。
本氷川坂 (NO.130) その2 /港区
紀伊国坂(NO.306) / 港区
鼓坂 (NO.115) その2 /港区赤坂1丁目
紀尾井坂(NO.303)、清水谷坂(NO.304) /千代田区
東京富士見坂(NO.301) / 目黒区+品川区
坂道ナンバリング追記 / 諏訪坂(NO.295)、いろは坂(NO.296)、日坂(NO.297)、極楽寺坂(NO.298)、潮見坂(NO.299)、聖坂(NO.300)
鐙坂(NO.292)、炭団坂(NO.293)、本妙寺坂(NO.294)/文京区
とある街の風景266(ハロウィンの日に渋谷で坂道散歩)
とある街の風景265(赤坂サカスのさくら坂でRED BULLのカートレース)
菊坂(NO.288)、一葉坂(NO.289)、金魚坂(NO.290)/ 文京区
須賀神社男坂(NO.284)、東福院坂(NO.285)、円通寺坂(NO.286)、鉄砲坂(NO.287) / 新宿区
女坂(NO.283) / 千代田区
とある街の風景264(アートナイト2017の夜に六本木の坂道をぶらりと)
衣紋坂(NO.282)その2 / 神奈川県横浜市中区真砂町1あたり
衣紋坂(NO.282) / 神奈川県横浜市中区真砂町1あたり
聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道
聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道
今回は、田町駅すぐにある「潮見坂」と「聖坂」の2つを取り上げました。 
今回は、鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」の2つを詳しく取り上げました。 
今回は、東京・恵比寿のビール坂です。
今回は東京・麻布の狸穴坂です。
今回は、ハルキストの聖地でもある千駄ヶ谷の八幡坂界隈についてです。 
欅坂46の坂道の歌(=W-KEYAKIZAKAの詩)を聴いてみて。
乃木坂 (NO.132)その3  / 乃木坂今昔
今回は、港区の「乃木坂」についてです。
今回は「踊る大捜査線」のロケ地でもあるお台場海浜公園・展望デッキについてです。
今回は、耳をすませばの聖地でもある、いろは坂についてです。
今回は、永田町の富士見坂と赤プリ跡地界隈についてです。

まずは、つい最近、トラベルジェイピーの記事にて『再開発のはざまにひっそり残る東京・JR飯田橋駅界隈の3つの幽霊坂』と題して、3つの坂道を取り上げてみましたので、よかったらどうぞ。

なお今回は、同じ名前の幽霊坂が3つということで、後でどれがどの坂のナンバリングかで混乱しないように、この記事で決めておきますね。

1つ目の幽霊坂=幽霊坂(NO.307) /所在地:東京都千代田区富士見2
2つ目の幽霊坂=幽霊坂(NO.308) /所在地:東京都千代田区富士見1と2の間
3つ目の幽霊坂=幽霊坂(NO.309) /所在地:東京都千代田区富士見1

要は記事の順番そのままですね。
でも、幽霊坂自体はここ以外にもありますし、この記事で完結というわけではないので、やはり僕の場合、坂道にナンバリングするのは重要なことなのですよ。

ちなみに、今回の幽霊坂は、ブログでは取り上げていないのですが、昨年の夏に、民俗学的な視点での幽霊の話に惹かれて、このブログの記事で取り上げようと、実は都内の幽霊坂の7割くらいまわっていたんですけど、結局、写真だけ撮って記事は書かずじまいでした。

なので、またそのうちどこかでその写真などは公開するかもしれないですが、今回のトラベルジェイピーの記事でいえば、撮りおろしの坂道ですのであしからず。


そんなわけで、坂道自体のことは記事をみてもらうとして、ここからはいつものおまけ写真をいくつか。


3つの幽霊坂1
写真1

今回は、坂道からはすこし離れていて取り上げなかったのですが、JR飯田橋駅から飯田橋サクラテラスに行く途中に必ず見える教会がありますよね。(写真1)
これってなかなか渋いつくりで気になっていたんですけど、調べてみたら「富士見町教会」というそうで、一粒社ヴォーリズ建築事務所が設計した教会だったんですよ。
一粒社ヴォーリズ建築事務所といえば、ウィリアム・メレル・ヴォーリズなので、この建物もその流れをくんでいるみたいですね。

あとは、幽霊坂が密集している近くに、お寺はなくて教会だけあるというのもなにか不思議な感じではあったかも。(ちなみに靖国神社も近くにありますがそれはもっと広域なエリアに影響を与えている感じがするのでここではスルーしています。)

とにかく、今回の記事を書かなければおそらく調べないままだったので、そういう意味ではよかったですね。


3つの幽霊坂2
写真2

こちらは、幽霊坂(NO.309)の坂上に隣接しているふじみこどもひろばの写真です。(写真2)
まさに原っぱという感じで、まさか千代田区のど真ん中にこんな場所があるとは、という感じでしたかね。(今、この一文を書いていて、これもトラベルジェイピーの記事に載せておけばよかったかなと思ってみたり。笑)


3つの幽霊坂3
写真3

こちらも、トラベルジェイピーの記事に書くのを忘れていたのですが、「Q-DAN1991 」なるビル建築です。(写真3)
建築家の武澤秀一氏の設計によるものです。
ここは意識しないと、普通のビルにみえなくもないのですが、写真3のアングルからよくみると凝ったつくりしていましたね。

ということで、今回はこんな感じです。

今回は、事前告知です。

ブログのタイトルでもすでに書いていますが、TOKYO MXテレビの「東京クラッソ!NEO」というテレビ番組の6月17日(日曜日)の回に出演することになりました。
放送時間は21時30分より22時まで、です。
回のタイトルが「東京さかみち見聞録〜本郷の坂をゆく〜」とあるので、坂道メインの話で大丈夫だと思います。

あとは、公式HPにもちらりとありますが、本郷界隈のおすすめの坂道を現地でお笑い芸人の三拍子のお二人と一緒に歩き、案内するというところが、僕が関わった部分のはずです。

とにかく、僕の方ではロケ撮影した内容しか知らないので(でもたくさん撮ってもらいました)、どんな感じに仕上がっているかは当日の番組を見てくださいとしか言えませんが、よかったらどうぞ。(^^)

→『東京クラッソ!NEO』
https://s.mxtv.jp/variety/tokyo_crasso_neo/



東京クラッソ!NEOのロケ
写真1

おまけです。(写真1)
とある喫茶店内の様子ですね。
ロケ当日に撮ったものです。
この場所は番組でも登場するかも?



追記:20180625
記念といったらなんですが、東京クラッソ!NEOの坂道回のホームページ画像をスクリーンショットで保存しておきました。なんだかここにそのままはるのも気恥ずかしいので、気になった方のみどうぞ。
→ 東京クラッソ!NEOのホームページ画像

まずは、つい最近、トラベルジェイピーの記事にて『勝海舟も暮らした東京・赤坂の「本氷川坂」と界隈坂道めぐり』と題して、3つの坂道を取り上げてみましたので、よかったらどうぞ。

今回取り上げた3つの坂道は、どれも過去にブログで取り上げており、内容的にはラストの部分をのぞいて焼き直しですが、現地での写真は撮りおろしです。


では、いつものおまけ写真でも。


本氷川坂 (NO.130) その2-1
写真1

本氷川坂の坂下にあった勝海舟邸跡地にたてられている木碑など。
ちなみに、トラベルジェイピーの記事の写真でも左の方にちらりと見えているのですよ。
なお、勝海舟邸跡地については過去にブログでも取り上げています。案内プレートの全文ものせていますので、気になる方はどうぞ。
→『とある街の風景(勝海舟邸跡)


本氷川坂 (NO.130) その2-2
写真2

こちらは氷川神社の入口です。
要は、氷川坂の途中にあるのですが、見てのとおり、意外にひっそりとした佇まいでしたね。


本氷川坂 (NO.130) その2-3
写真3

最後は、これも勝海舟邸跡地ですが、晩年暮らした場所のほうにもちゃんとあったんですよ。
トラベルジェイピーの記事でいえば、師弟像があった場所のすぐそばですね。
現地行けばすぐにわかると思いますよ。


ということで、今回はさらりとこんな感じです。

まずは、つい最近、トラベルジェイピーの記事にて『風光明媚な「紀伊国坂」は別名で赤坂。東京・赤坂との関係を探る坂と史跡めぐり』と題して、紀伊国坂を取り上げてみましたので、よかったらどうぞ。

今回は、単純に、このブログでもまだ取り上げていなかったし、ドラマの西郷どんでも、紀伊徳川家に関わる話もちょうどでていたこともあり、なにげに関連している「紀伊国坂」を取り上げてみました。

そんなわけで、坂道自体のことは記事をみてもらうとして、ここではおまけ写真をいくつか。


紀伊国坂(NO.306)1
写真1

いちおう、紀伊国坂にもいつもの坂の碑はありました。(写真1)
ただ雨風がすごい場所なのか、坂の由来が書かれている部分は、色落ちしていてほとんど読めないほどになっていました。(残念。)
ただ、この坂の碑は平成8年(1996年)に建てられたものらしく、いうなれば22年間、雨風にさらされながらみたいなので、まあそうかもしれないですね。


紀伊国坂(NO.306)2
写真2

こちらは、坂下あたりを歩いていると、珍しいタイプの観光バスに遭遇したので、ぱちりと。(写真2)
紀伊国坂の坂下あたりの目玉といえば、高速道路の高架とのコラボですが、いちおう写真でもちらりと見えてはいますかね。


紀伊国坂(NO.306)3
写真3

ちなみに、記事ではふれなかったと思いますが、坂下あたりに隣接している弁慶堀には、こんな感じで貸しボート屋さんがやっているのですよ。(写真3)
しかも、釣具まで貸していて、釣りもできるんです。
いうなれば、ここは大きな釣り堀とも言えるかもですね。

あと、この弁慶堀の釣り堀(?)で思いだしたんですけど、都内の坂道には、なにげに坂の途中(しかも名前のある坂)に釣り堀があるところが何件かあるんですよね。
釣り堀と坂道、なんか関係あるんですかね。
またちょっと調べてみたくなってきました。(笑)


ということで、今回はこんな感じです。

まずは、つい最近、トラベルジェイピーの記事にて『六本木の隠れ花見スポット「桜坂」と旧霊南坂教会痕跡めぐり』と題して、2つ+αの坂道を取り上げてみましたので、よかったらどうぞ。

今回は桜の時期はもう終わってしまいましたが、そうじゃない時期でも読めるようなネタも取り上げたので、そのあたりの補足もかねてです。
なお、今回の記事で取り上げた坂道は過去にブログでも取り上げているのですが、詳しく調べていくと、以前に取り上げた鼓坂 (NO.115)についてだけ、当時の仮説が違う可能性がでてきたので、そのあたりを取り上げるために今回のようなタイトルにしました。


まず、以前の鼓坂 (NO.115)のブログエントリーでは、現在の霊南坂教会の北側を東西に走っている坂道が鼓坂であるとしていたのですが、どうやらそこのところが違うかもしれないという話なのですよ。


115) その2-1
画像1

こちらは、「雑木林の中から」というブログの記事に掲載されていた霊南坂教会工事中の案内図なるものを拝借して、北を上向きにして加工してみたものです。
要はアークヒルズが出来る前の工事案内看板ですね。
図では、ありがたいことに旧霊南坂教会と今ある霊南坂教会がふたつ書かれていて、紫の三角で囲んだあたりが、建替前の旧霊南坂教会で、丸で囲んでいるところが今現在建っている霊南坂教会ということみたいです。

そして、以前の鼓坂 (NO.115)のエントリーでは、江戸東京坂道事典という本に『鼓坂とは霊南坂教会の北わきを西へ下る坂道』と書かれていたことから、現在の霊南坂教会の北わきの道を取り上げたわけなのですよ。
でもですね・・・。
よくよく考えてみたら、僕が参考にした江戸東京坂道事典という本は、昭和46年12月に出版されたものなのですよ。そして、今の霊南坂教会ができたのが、昭和60年。。
ということは、この本で書かれている”霊南坂教会の北わき”というのは、旧霊南坂教会の北わきということになりそうですよね。
そんなわけで、かつての鼓坂は、上の地図の黄緑の位置にあった可能性がきわめて高いのでは?となったわけですね。
そしてそして、現在の地図を見てみると、霊南坂教会の南側とアークヒルズの間にも道路があり、トラベルジェイピーの記事でも取り上げた旧霊南坂教会の石碑のある場所(=上の画像の三角で囲った場所)などからも、鼓坂は見た目や高低差感などは大幅に変わったかもしれないですが、やはりここであっているという結論に達したわけなのです。
ただ、これはかなりの極論で、実は「昭和毎日:昭和の地図」なるサイトで昭和31年の古地図が見れるのですが、それで確認してみると旧霊南坂教会のあるところから西にむかって道が伸びていることから、アークヒルズで土地が改良される前は旧霊南坂教会の北脇あたりが坂上だった可能性がきわめて高いんですよね。(画像1でいえば、赤くぬられている道。)
なので、その1で取り上げた場所は間違っている可能性大ですし、今の鼓坂 (NO.115)についても昔の鼓坂と場所がかぶっている場所は、陸橋のある部分(旧霊南坂教会の石碑のある場所)より坂下側(西側、わかりやすくいえばサントリーホールの北側の道路部分)だけということになるのかもしれないですね。


115) その2-2
写真2

ちなみに、記事が公開されてから数日後の夜に訪れてみると、鼓坂 (NO.115)沿いもライトアップされていましたよ。(写真2)
写真は坂道沿いにある陸橋からのもので、ちょうど陸橋側から坂下方向をみたものです。
なので、このあたりだけが昔の鼓坂と位置がかぶっている部分といえるかもです。

(あとは、最近気がついたんですが、どうやらトラベルジェイピーの記事は公開後でも編集部に相談すれば加筆してもOKということなので、またそのうちこのライトアップのことも加えるかも。)


115) その2-3
写真3

最後はおまけです。(写真3)
鼓坂 (NO.115)の坂下あたりから陸橋へとつながっている階段を下から見上げると、なんと現在の霊南坂教会の十字架と月(そして桜)がうまい具合にコラボしていたのでぱちりと。(^^)

ということで、今回はこんな感じです。


住所
港区赤坂1

まずは、つい最近、トラベルジェイピーの記事にて『ドラマ「西郷どん」でも登場!四ツ谷駅すぐ、歴史的舞台ともなった東京・紀尾井坂めぐり』と題して、2つの坂道を取り上げてみましたので、よかったらどうぞ。
なお、記事で取り上げた紀尾井坂と清水谷坂はまだブログでは取り上げていませんのであしからず。

とにかく、2月の終わり頃から取材に行こうかなとのんびり準備していたところ、3月最初の西郷どん(第9話:江戸のヒー様)で紀尾井坂がどどんと大きく取り上げれたのを知った時はあせりましたね。(笑)
ドラマ内では、記事で取り上げた内容以外にも、ランドマークとして紀尾井坂が江戸の地図に記載される形でもでていましたよね。

なお余談ですが、主演の鈴木亮平さんはなにげに地元の芦屋つながりの人でもあるので、個人的にはそちらのほうでも大河ドラマ以前から関心を持っていたりしていまして、そんなこともあり今回も陰ながら応援していたりもするのですよ。(迷いましたけど、やっぱり書いておくことにしました。すっきり。笑)


紀尾井坂(NO.303)、清水谷坂(NO.304)1
写真1

そんなわけで、話はもどりまして、記事では軽く取り上げるだけでしたけど、取材時は、紀尾井坂の坂名の由来ともなった『紀伊徳川家の「紀」、尾張徳川家の「尾」、井伊家の「井」』のそれぞれの場所も巡っているのですよ。
写真1は、紀伊徳川家の「紀」にあたる場所ですね。
現地にはこんな具合に立派な石碑と案内板があったんですよ。
場所でいえば、東京ガーデンテラス紀尾井町とニューオータニを挟んだ道路沿いにありました。
要は弁慶橋のそばですね。


紀尾井坂(NO.303)、清水谷坂(NO.304)2
写真2

次は尾張徳川家の「尾」にあたる場所ですね。(写真2)
こちらも立派な石碑と案内看板が道路沿いに設置されていました。
なお詳しい場所については記事のほうでもふれていますので、そちらを読んでみてください。


紀尾井坂(NO.303)、清水谷坂(NO.304)3
写真3

そして、井伊家の「井」にあたる場所にも立派な石碑と案内板がありました。(写真3)
こちらは、ホテルニューオータニの敷地内にありました。今回でいえば、喰違見附側の場所といえばわかりやすいですかね。


紀尾井坂(NO.303)、清水谷坂(NO.304)4
写真4

あとは、紀尾井坂の坂上あたりにつくりはシンプルなのですが、なかなかしぶいつくりの建物があったのでぱちりと。(写真4)
「カトリックメリノール宣教会」なる施設の建物みたいでしたね。
いちおう調べてみたら、高垣建築総合計画なる建築設計事務所が設計した建物みたいでした。
竣工は1996年とのこと。
写真ではなんだか最近できたものみたいに見えてますけど意外と昔からあったんですね。


紀尾井坂(NO.303)、清水谷坂(NO.304)5
写真5

紀尾井坂にくるといつも気になる自販機があるのですが、これなんですよ。(写真5)
だしの自販機。(笑)
坂下にさらりと置かれてますので、気になる方は買ってみてはどうでしょうかね。


紀尾井坂(NO.303)、清水谷坂(NO.304)6
写真6

そして、清水谷坂の坂下あたりにある、村野藤吾設計による紀尾井町パークビル(旧・紀尾井町南部ビル)ですね。(写真6)
外観は昔とそれほど変わってないようですが、ビル名が紀尾井町パークビルに変わるときに(けっこう最近みたいです)中もリニューアルしたみたいですね。(これは受付の人に聴きました。)
とにかく、こちらも渋いビルですよね。


紀尾井坂(NO.303)、清水谷坂(NO.304)7
写真7

最後はこちらですね。(写真7)
清水谷坂の坂上あたりにあったビルです。
一風変わった感じの外観だったの、写真に撮っておいたのですが、帰ってから調べてみると「オークラヤ麹町ビル」と言って、大林組一級建築士事務所が設計したビルらしく、2013年にグッドデザイン賞を受賞しているビルみたいでした。
なるほどなるほど。
ちなみに道路のほうをみると坂道の傾斜具合もわかりやすいですよ。


ということで、坂道関連のことについていろいろ取り上げている長くなりそうですので、今回はこんな感じです。

まずは、つい最近、たびねすの記事にて『都心部で唯一富士山が綺麗に見える坂道!東京・目黒の富士見坂』と題して、2つの坂道を取り上げてみましたので、よかったらどうぞ。

なお、今回の記事では、以前に取り上げた富士見坂(NO.237)とあわせて、なにげにブログできちんと取り上げていなかった東京富士見坂についても取り上げてみました。
東京富士見坂については、眺望ポイントとしての名称として、これまではなんとなく僕自身捉えていたのですが、よく考えてみえれば、これも平成という時代につけられた坂名だよなあということにして考え直してみることにしました。
そんなわけで、東京富士見坂についても坂名リストに加えるということでナンバリングしておくことにしました。


東京富士見坂(NO.301)1
写真1

そういえば、富士見坂(NO.237)と東京富士見坂(NO.301)の間で、大規模なマンション建設をやっているみたいでしたね。(写真1)
写真1は、富士見坂(NO.237)側の仮囲いにマンション募集の看板があったのでぱちりと。完成すると雰囲気よくなるんですかね。
ただ現在の街並みは、坂道側からみると仮囲いだらけという感じで、最悪でしたけど。。


東京富士見坂(NO.301)2
写真2

富士見坂(NO.237)側からは工事現場も見えましたね。(写真2)
一部は東京富士見坂(NO.301)にも接していて、かなり大きな現場でした。
まあ、特に深い意味はなく記録がてらの写真です。


東京富士見坂(NO.301)3
写真3

こちらは、今回の坂道の場所からちと離れた場所にある三田公園にあった地名を紹介する案内板ですが、どうやら同じような内容のものが、富士見坂(NO.237)の途中にもかつてあったみたいですが、今はないようですね。(写真3)
ただ、そんなことから歌川広重による浮世絵「目黒千代か池」の舞台がこのあたりだったのかもという推測ができたわけなのですよ。


東京富士見坂(NO.301)4
画像

ちなみに、歌川広重による浮世絵「目黒千代か池」とはこれですね。
以前にも紹介してますけど、再び。
さすがに歌川広重が描くだけあって景色やら雰囲気もよかったんでしょうね。


あ、そうそう。
記事の中でダイヤモンド富士のことをふれているのですが、実はこれ、この日を狙って富士見坂に訪れたわけではなかったのですよ。(汗)
当日は、恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館で気になるイベントがやっていたので、それも見がてら富士山も撮ろうという気軽な気持で訪れて、恵比寿ガーデンプレイスと富士見坂を行ったりきたりしていたら、地元の方が今日はダイヤモンド富士が見える日なので見るべし!と言ってくださって、やっと気がついたわけなのですね。(汗)
まあ、この坂から富士山が見えて、時期があえばダイヤモンド富士が見えるということは知ってはいましたけど、さすがにその日にちまでは知らなかったわけなのです。
なので、ダイヤモンド富士が見れる日についてはあたかも知っているかのごとく書いてますけど、実はこれ、後付なのですよ。(ああ、言ってしまった。でもすっきり。笑)
でもまあこういう偶然みたいなことが次々と起こるから坂道散歩もやめられないのですけどね。

ということで、今回はこんな感じです。

気がつけば、平昌オリッピックに熱中していて、2月はブログの更新が過去最低の1記事だけということになってしまい、唖然としてしまいましたよ。
もうちっと更新しないとですね。
そんななか過去のブログを見直してみると、たびねすで取り上げた坂道でナンバリングしていないものがいくつかあったことを思い出し、まだそれほど数が多くないうちに(自分のためにも)整理しておくことにしました。

順番は最近の分とは前後してしまいますが、以下のとおりになりました。
なおナンバリングはブログと同様に公開した記事が昔のほど小さいナンバーということにしています。

メトロ永田町駅の富士見坂と赤プリ跡地界隈史跡めぐり
→諏訪坂(NO.295)/ 千代田区

ジブリ映画「耳をすませば」の聖地、聖蹟桜ヶ丘のいろは坂を歩いてみよう
→いろは坂(NO.296) / 東京都多摩市

数々の作品に登場!江ノ電・鎌倉高校前駅すぐ「日坂」は風光明媚な坂
→ 日坂(NO.297) / 神奈川県鎌倉市

ブラタモリにも登場!江ノ電・極楽寺駅すぐ「極楽寺坂」で鎌倉の歴史と景色を楽しむ
→極楽寺坂(NO.298) /神奈川県鎌倉市

東京・田町駅すぐ 三田・潮見坂&聖坂界隈はかつての海岸線だった?
→潮見坂(NO.299)、聖坂(NO.300) /港区


こんな感じですかね。まだ数もそれほどないので、今回のタイトルにもすべてのせておきました。
なお、このブログでは「ほにゃらら区」とだけあるのは、東京都のほにゃらら区としていますのであしからず。
あとは、いちおう各記事へのリンクも張ってありますので、気になるかたはどぞ。(^^)

すこし時間が空いてしまいましたが、たびねすの記事にて『樋口一葉の聖地、東京・本郷の樋口一葉旧居跡と鐙坂めぐり』および『近代文学発祥の坂道、東京・本郷の炭団坂と界隈坂道めぐり』と題して、2つの記事にわけて、本郷界隈にある3つの坂道を取り上げてみましたので、よかったらどうぞ。

で、ここからは各坂道をまわった時に気になったことでも。


本妙寺坂(NO.294)1
写真1

まずは前半の記事で取り上げた鐙坂の途中にあった金田一京助・晴彦旧居跡の外観ですかね。(写真1)
最初に歩いた時になぜか撮っていなかったので、もう一度訪れた時に撮ってみたものです。
他の用事ついでだったので、周りは暗くなっていてちょっとあやしい感じの写真になってしまいましたが。(笑)


本妙寺坂(NO.294)2
写真2

そして、鐙坂をとりあげた記事でさらりと取り上げた「右京山」ですが、実は鐙坂の西側にある清和公園内に写真2のような看板があったのですよ。(写真2)
これにはちょっとびっくりしてしまいましたかね。


本妙寺坂(NO.294)3
写真3

なお、右京山とセットで取り上げた東京市営真砂住宅地が写真2の公園に隣接して存在していたんですけど、界隈をブラブラ歩いてみたら、なんと当時の東京市営真砂住宅地に建っていた住宅がそのままの形で残っているところが一軒ありました。(写真3)
暗い中だったので、あやしい人物と見られていたかもしれませんが、たまらずカメラを向けてぱちりと。(笑)


本妙寺坂(NO.294)4
写真4

あとは、後半の記事で取り上げた本妙寺坂の坂の途中には、写真の看板に書いてあるような遺跡もあったんですよ。(写真4)
ただ、今回のたびねすの記事では、本妙寺のエピソードのほうをメインにしたため取り上げませんでしたけど。

ということで、今回も、この界隈の歩いたところをくまなく取り上げていると長くなりそうなので、また気になったところはブログで個別に取り上げるかもしれませんので、今回はさらりとこんな感じです。

今月は、あまりに更新ペースが少ないので、はたまたちょっと前(とはいってもまだ1ヶ月も経ってないのですが)の定点観測した時のことでも。

とりあえず、タイトルにもあるとおり、先月終わりのハロウィンの日に渋谷をうろうろしたんですけど、当日はやはりここは坂道に絞ってまわってみようと思い、今回はその時にであった坂道風景などについて紹介してみたいと思います。


ハロウィンの日に渋谷で坂道散歩1
写真1

まずは、渋谷の駅前ともいえる道玄坂の坂下の様子ですね。(写真1)
ニュースでも取り上げられていましたけど、ハロウィンということで完全に歩行者天国となっていました。
ただ、この日というか時間帯は歩行者天国になってからまだ時間が経っていなくて、さらに平日でもあったので、ハロウィンのコスプレしている人はかなり少なかったかもですね。


ハロウィンの日に渋谷で坂道散歩2
写真2

こちらは、道玄坂の中腹あたりから坂下方向を見たものですね。(写真2)
時間軸的にはすこし前のものですが、ちょうど道路が歩行者天国になった直後のものです。なかなかのレア風景かも。


ハロウィンの日に渋谷で坂道散歩3
写真3

場所は変わり、スペイン坂の坂上あたりの風景ですね。(写真3)
道玄坂のあとに行ったのですが、ここもまだ時間帯が早いのか、道玄坂のほうに人が集まっているのか、人通りだけ見ればいつもの夜の渋谷スペイン坂といった感じでした。


ハロウィンの日に渋谷で坂道散歩4
写真4

ただですね、2回目にスペイン坂を訪れると、坂の途中にあるムラサキスポーツの前になにやら人だかりが。(写真4)


ハロウィンの日に渋谷で坂道散歩5
写真5

輪に入ってみてみると、なんとサンバダンスをしている女性3人が。(笑)(写真5)
なぜに?という感じもありましたが、見ている観客はみな楽しそうな感じ。
まあ、それが答えかもしれないですね。
なので、こちらもなかなかのレア風景ということで、取り上げてみました。


ハロウィンの日に渋谷で坂道散歩6
写真6

最後は、井の頭通りから現在、建替え中のパルコへと上る無名坂の様子です。(写真6)
こちらはけっこう後の時間帯に寄ったと思うのですが、ご覧のとおりでしたね。
以前までの雰囲気を知っているものとしては寂しい限りですが、完全な抜道といった感じでした。

ということで、今回はハロウィン当日に定点観測するという、このブログでは初(個人的にはたまにブラブラしていたはずですが、記事にするのは、という意味で)の試みになり、はたまた僕自身やはりこのブログでなんてことない日常のことも含めてさらりと書くことは気分転換にもなり、やはりもうちっと更新頻度をあげたいなあと再確認した記事でもありましたかね。



住所
渋谷区道玄坂+宇田川町など

先月に赤坂サカスで「RED BULL BOX CART RACE TOKYO 2017」なるイベントが行われたのですが、なんと会場が、サカス内のさくら坂で開催されるということで、ふらりとみてきましたよ。
なんというか、坂道の日常風景を定点観測的に記録するというのも、このブログのコンセプトのひとつということは開始当初から変わっていないので、これまでの経緯を知らない方にとっては単にイベント日記みたいな感じに(まあ、実際そうなのですが、笑)見えてしまうかもですが、当日はカメラをぱちぱちと撮っておいたこともあり、今回、記事にしておくことにしました。(長い、笑)


赤坂サカスのさくら坂でRED BULLのカートレース1
写真1

ではまず、会場で見つけたイベントの案内看板など。(写真1)
当日は雨がけっこう降っていて、人くるのかなと思っていましたけど、やはりそこはレッドブル。けっこうなひとだかりでしたかね。


赤坂サカスのさくら坂でRED BULLのカートレース2
写真2

コースの地図です。(写真2)
こちらも看板形式で会場内にありました。
わかる人はわかるかもですが、まさに赤坂サカス内のさくら坂がコースになっていますね。ちなみにさくら坂については、前にこのブログでも取り上げています。(→さくら坂(NO.149)

なので、コースは坂道になっているのでだいてい予想はつきそうですが、当日は坂道をいわゆるコスプレした人と動力はなにもつけられていないカートが、坂上から坂下に下り、そのタイムを競うというのがこのレースの表向きの内容みたいでしたね。


赤坂サカスのさくら坂でRED BULLのカートレース3
写真3

そんなわけで、コースというかさくら坂の様子など。(写真3)
写真3は、ちょうど坂上あたりにあるスタート地点のものですね。
人だかりもできていて、けっこう本格的なコースでしたよ。


赤坂サカスのさくら坂でRED BULLのカートレース4
写真4

こちらは写真3でもちらりと見えていたスタート地点のアップですね。(写真4)
ちょっとわかりにくいですが、コスプレした参加者やカートも見えてますね。


赤坂サカスのさくら坂でRED BULLのカートレース5
写真5

コースの途中で撮ってみたものなど。(写真5)
見てのとおり、ちょうどカートがコース上につくられた段差を走り抜けようとする瞬間ですね。
こんな感じの段差にも写真1で登場した看板の絵が描かれているあたりは、海外のセンス(いい意味で)なのかなと思ってみたり。


赤坂サカスのさくら坂でRED BULLのカートレース6
写真6

こちらは橋ですかね。(写真6)
写真5の段差の橋バージョンといったところでしょうかね。
なかなかおちゃめなつくりでしたかね。


赤坂サカスのさくら坂でRED BULLのカートレース7
写真7

坂下あたりには、コース横に大型スクリーンもあったりとかなり本格的。(写真7)


赤坂サカスのさくら坂でRED BULLのカートレース8
写真8

そして、ここがゴール地点でもありさくら坂の坂下でもある場所ですね。(写真8)
こちらは意外とあっさりという感じ。
まあ、このさくら坂の場所柄からみてもこっちに人が大勢いるのは問題ありそうなのと、実際見た感じでもスタートこそこのレースは見どころなので、これは正解かもしれないですね。


赤坂サカスのさくら坂でRED BULLのカートレース9
写真9

そんなわけで最後は、レース中の写真はたくさん撮ったのですが、これ以上あげていてもきりがないので、同じく赤坂サカス内にあるsacas坂など。(→Sacas坂(NO.150))(写真9)
同じ坂道でもこの状況。(笑)
人も歩ける道なのですが、当日はレース関連のお客はほとんど歩いておらず、なぜか写真9左側にある赤坂ブリッツ(今は名前変わったはずですが)前の階段ばかり使っていましたかね。
まあ、sacas坂横のsacas広場でもレース関連のブースやイベントがあったからかもしれませんが。(笑)

ということで、当日のような都内での坂道レースは今後、なかなかお目にかかれることも少ないのではということで、書き始めたらなんだか絞れなくてけっこう写真の枚数が多くなってしまいましたが、今回はこんな感じです。


住所
港区赤坂5

またまた変なタイトルとなってしまいましたが、つい最近、たびねすの記事にて『樋口一葉に宮沢賢治など文学者とも縁深い東京・本郷の菊坂めぐり』と題して、3つの坂道(プラス無名坂)を取り上げてみましたので、よかったらどうぞ。


菊坂1
写真1

これらの坂道、これまではブログに載せる場合、ある程度地域の坂道をまとめてまわることが多かったこともあり、取り上げるタイミングがなかなか難しかったのですが、ようやくウェブ上(ブログではありませんが)にて公開することができましたかね。

あとはたびねすでは紹介しませんでしたが、界隈にはおもしろそうな無名坂もいくつかありましたので、そのあたりはこのブログでそのうち紹介できればなと思っています。
ただ、今回の坂道以外にも、過去にブログにのせるためにまわった坂道(無名坂含む)や取材ついでに歩いた坂道の写真もまだまだたくさんあるのでどのタイミングになるかはこれから考えます。(汗)

また、たびねすの記事では旅行喚起も大事な一面もあると思うのであまり深掘りしてませんが、取材しているとやはりこの菊坂界隈は歴史的なことや地形的なことについてもそれなりにネタがありますし、今回、取材したことで新たに気がついたこともありますので、そのあたりのこともどこかのタイミングで書ければなと。


菊坂2
写真2

しかし、今回の菊坂。都営大江戸線・本郷三丁目駅側というか東大側から歩いてくるとほんと写真2のようなような場所に出くわすわけですが、この風景見ると、いつも「え?ここ坂道?」と思ってしまいますよね。


菊坂3
写真3

でも、坂下の旧伊勢谷質店の建物あたりまでくると、視覚的にもけっこうな具合の勾配具合になりますし、さらに坂下のほうにいくと「菊坂下」なる交差点もあるので、ああここが坂下なんだと実感できるかもですね。
ちなみに写真3は、旧伊勢谷質店の外観を撮ったものですね。
京都なんかを歩いているとよく見かけるタイプの町屋ですが、やはり戦災や地震が多発した東京でこのタイプが残っているのは珍しいかもですね。


菊坂4
写真4

こちらは菊坂と平行して走っている菊坂下道ですね。場所的には宮沢賢治旧居跡のある坂下あたりです。取材時に古地図を確認してみたら、古地図にも当時の菊坂と並行して道らしきものが南側に描かれているので、この道も江戸時代からあった可能性はありそうですかね。
とりあえず僕の語れる部分はここくらいで、あとの詳しいことは暗渠マニアの方々におまかせします。(笑)


ということで、この界隈は歩いたところをくまなく取り上げていると長くなりそうなので、今回はさらりとこんな感じです。

なんだか変なタイトルとなってしまいましたが、まず始めに、つい最近、たびねすの記事にて『映画「君の名は。」の聖地、東京・四谷の須賀神社階段と界隈の坂道めぐり』と題して、タイトルに上げた4つの坂道を含めた「君の名は。」の聖地を取り上げてみましたので、よかったらどうぞ。


須賀神社男坂(NO.284)など1
写真1

ちなみに、記事では映画のキービジュアルと似た景色の須賀神社男坂(NO.284)の坂上からの写真もあげようかなと思いましたが、いろいろ考えた末にやめたので、こちらにてちらりと。(写真1)
ただこうしてじっくり見ると、キービジュアルのほうは遠景が現実とはけっこう違っていて、監督さんも含む映画スタッフさんのこうなったらいいなあという願望みたいなものがかなり入っている風景に変わっているかもなあと思ってみたり。
あとは、写真みると、東福院坂(NO.285)の坂上からの景色より須賀神社男坂(NO.284)の坂上からの景色のほうが高低差具合の関係がわかりやすいかもですね。


須賀神社男坂(NO.284)など2
写真2

あと、ここにきていつもびっくりするのは、須賀神社境内に「須賀の社hare terrace」なるなんとも現代的な集合住宅が建っていることですかね。(写真2)
写真2は須賀神社男坂(NO.284)の坂上あたりから境内方向をみているものです。


須賀神社男坂(NO.284)など3
写真3

「須賀の社hare terrace」を崖下から見るとこんな感じ。(写真3)
どうみても境内にある建物ですよね。


須賀神社男坂(NO.284)など4
写真4

あとはこれですかね。(写真4)
東福院坂(NO.285)の坂下あたりから須賀神社のほうを見ているものですが、たびねすの記事では須賀神社男坂(NO.284)の写真とアングルがかぶるので載せなかった写真ですね。
実は、映画で登場する東福院坂(NO.285)はまさにこのアングルからのもので、三葉がこの坂下から走ってくるシーンとして描かれていましたね。


そんなわけで、たびねすの記事では、4つの坂道を一気に紹介してみたわけですが、これらの坂道については、いずれもまだブログでは取り上げていない坂道ばかりなので、そのうち映画の聖地視点だけでなく、いつもの感じでも紹介できればなあと考えていますので、少々お待ちを。


ということで、今回はさらりとこんな感じです。

つい最近、たびねすの記事にて「都内屈指の崖地のユニークな坂道!御茶ノ水・駿河台の男坂と女坂」と題して、御茶ノ水・駿河台の男坂と女坂を取り上げたわけなのですが、なんとこれまでにブログでは男坂(NO.218)は取り上げていたのですが、女坂のほうについてはすでにみちくさ学会の記事にて取り上げていたこともあり、ブログで取り上げておらず、坂道カウントもしていなかったのですよ。(長い、笑)
そんなわけで、今回は坂道ナンバリングとお知らせもかねて書いておくことにします。

以前から、このブログを読んでくださってる方には、またあそこかなどと思われるかたもいたかもしれませんが、やはりたびねすのフォーマットの中では初めての場所ですし、今後もなにか別の場所で書くことでもあれば、同じように紹介するかもです。

それにしても、なぜ神社の境内でもない場所にあんな男坂&女坂が存在するのか。
謎ですね。
僕の予想はたびねすの記事でもちらりとふれてますけど、やはりオマージュみたいなものなのかなと。
ただそれはあくまで僕の推測なので、もっとなにかの理由があったかもしれないですよね。
なのでそういうことを、これまでもそしてこれからも訪れるであろう坂道調査の結果や経験の中から予測していけるかもしれないと思うことはやはり楽しみのひとつかもですね。


そんなわけで、ここからは取材時に撮った気になる場所の写真をいくつかあげておきますね。


女坂(NO.283)1
写真1

すぐ隣に坂の碑があるのですが、こちらはあえて古そうな坂の名前が書かれた石碑のほうをぱちりと。


女坂(NO.283)2
写真2

こちらは女坂の途中にあった隣接するビルの非常階段ですね。
意外といい感じだったもので。


女坂(NO.283)3
写真3

こちらは女坂の坂上すぐの場所にあるアテネ・フランセの外観ですね。


女坂(NO.283)4
写真4

そしてこちらが、同じアテネ・フランセなのですが、坂下側の崖下から撮ってみたものです。
アテネ・フランセの写真はよくみかけるのですが、こちら側からの写真はなかなか珍しいんじゃないですかね。


女坂(NO.283)5
写真5

最後は、たびねすの記事では取り上げませんでしたけど、女坂の坂下側からほんのすこし歩いた場所にある住友不動産猿楽町ビルですね。いちおう芦原建築設計研究所が設計した高層ビルとのことです。


ということで、今回はこんな感じです。


住所
千代田区神田駿河台2あたり

一昨日から昨日にかけて開催された六本木アートナイト2017なのですが、実は僕もちょっと見てきました。
実はここ数年は毎年見にいっているわりにはブログでとりあげることも少なくなっていたのですが、今回は、坂道とコラボした写真がけっこう撮れたので、時事ネタとして時間が経たないうちに公開しておこうかなと思い、記事にしておくことにしました。


アートナイト2017の夜1
写真1

まずはメトロ乃木坂駅の入口にて。(写真1)
これは、アートナイトとは関係ないですけど、例のかわった坂道というか橋の下の部分ですね。
当日は、ライトアップされた階段と月が見えていたので思わずぱちりと。


アートナイト2017の夜2
写真2

こちらは国立新美術館の中にある坂道ですね。(写真2)
以前にも取り上げましたけど、すこし違うのは、国立新美術館の建物の中でアートナイト関連の上映会をやっている様子も見えていたことですかね。


アートナイト2017の夜3
写真3

あと、写真2と同じ場所なのですが、今度は坂上方向を見てみたものです。(写真3)
ちょうど正面に蜷川実花さんによる「Tokyo Followers 1」なる作品が見えていました。
しかも、その奥には東京タワーも見えていたのですよ。
なので、この写真2の敷地内の坂道というか道のほう、実は東京タワーがみえる軸線で計画されたのではという考えを歩いていてふと思いついたのですが、どうでしょうかね。


アートナイト2017の夜4
写真4

こちらはミッドタウンの地下にあったもので、山根英治さんによる「四つの階段」なる作品ですね。(写真4)
まさにタイトルにひかれてぱちりと。
現地でははしご?と一瞬思ってしまったわけですが、よく見るとタイトルどおり急階段が4つありますね。


アートナイト2017の夜5
写真5

お馴染みのけやき坂ですね。(写真5)
今回のアートナイトでは坂道上になにかあるわけではなかったのですが、なんとなく気になったもので。
まあ普段の夜のけやき坂という感じでしたかね。


アートナイト2017の夜6
写真6

そいでもって、こちらは見たままですが、芋洗坂坂上あたりのものですね。(写真6)
世間的には六本木の有名なアマンドがある交差点でも知られている場所ですよね。
そして、ここにも山本洋子さんによる「アジアの花」なるカラフルな作品がありました。


アートナイト2017の夜7
写真7

写真6だけではわかりにくいかもなので、近くから見てみたものなども。(写真7)


アートナイト2017の夜8
写真8

こちらも同じく芋洗坂なのですが、坂の途中にアートナイト関連の作品があったので、坂道風景とあわせて撮ってみました。(写真8)
左側の駐車場隣のビルに投影されているのがそれで、リム・ソクチャンリナ、ナット・スワディーさんの映像作品が流れている「アジア映像集」というプログラムとのことみたいでした。
まあ、事前に知ってないとちょっとわかりにくいので、そのまま素通りしている人も多々いるみたいでしたね。


アートナイト2017の夜9
写真9

最後は、アートナイトとは関係ないのですが、芋洗坂の途中と合流している饂飩坂の坂下からの様子でも。(なので写真9は芋洗坂からのものともいえますかね。)
坂上はタクシーが列をなして渋滞状態になっていましたね。
まさに夜独特の景色という感じだったので、こちらも載せておくことにしました。


ということで、気がつけばけっこうな写真の量となってしまいましたが、今回はこんな感じです。


住所
港区六本木

衣紋坂(NO.282)の話の続きです。
坂の由来については、たびねすの記事でさらりと書いたとおりですが、では昔の衣紋坂の風景とはどんなだったのかということについて、今回はふれてみたいと思います。


衣紋坂(NO.282)その2-1
写真1

まず、衣紋坂についてのヒントなんですが、実は現地で写真に撮っておいたんですが、このことに気がつくのにけっこう時間がかかってしまいましたよ。(写真1)
これは横浜スタジアムもある横浜公園の園内にあった歴史について説明している看板です。
わかるかたはわかるかもですが、ここにのっている絵図が大きなヒントだったのですよ。


衣紋坂(NO.282)その2-2
画像1

その前にまずはこちらから。(画像1)
資料を探していたら、横浜市の広報新聞の中でこんな絵図があることがわかったんですよ。
絵図の名前は不明なのですが、右上にはたしかに「衣文坂」ほにゃららと書かれてありますね。
まあ、衣紋ではなく、衣文というのがちょっと気になりますけど。。
なお、この絵図が紹介されていた紙面には『幕末期、「衣紋坂」という坂があり、太田屋新田の中の港崎町へ向う道にあった。現在の開港記念会館から横浜公園へ向かみなと大通りが坂のあった場所といわれている。』と書かれてあり、この絵図の坂が衣紋坂だということが示されていました。
ただですね、この絵図を見ていてちょっと気になったのは、左上に書かれた山ですね。
絵図右上の説明によれば、富士山という言葉がでてきているので、おそらく左上の山も富士山なのかもしれませんよね。
そこで地図を確認してみると、たとえば、海辺にありがちな海側から横浜スタジアムへと上る坂道だった場合、富士山は坂の右側に見えるはずなんですよね。。
そんで、逆に、横浜スタジアムから海側(北東方向)に上る坂道だったとしたら、富士山は見えませんよね。
そういう意味でも謎な絵であり、この絵図がもしかしたら別の坂道を描いているという可能性があるのですが、じゃあ関内エリアで別の場所に坂道らしい場所があるといえばないわけで。。


衣紋坂(NO.282)その2-3
画像2(御開港横濱之圖)

そこで、見つけたのがこの地図です。(画像2)
横浜公園の歴史を調べていたら、見つけました。
これは今の関内エリアの昔のもので、開港当時の地図みたいですね。
古地図の上が今の地図では南東向きなので、古地図の上のほうに川が流れているあたりが今の関内駅などがあるJRが走っているあたりです。
横浜公園のできる前は、遊廓だったそうなのですが、地図で言えば、ちょうど川の南側に運河で囲われた長方形の場所があるのですが、ここが遊廓だったようですね。
そして、遊廓から南に向かう一本の道が。
しかも、南の住宅街との境には川らしきものが。
川があれば低地、もしや!と思い、いろいろ調べてみたら・・・。


衣紋坂(NO.282)その2-4
画像3(横浜本町並ニ港崎町細見全図/1860年)

この絵図が見つかったのですよ。(画像3)
これは関内エリアの俯瞰図です。
絵図の左下には遊廓が描かれていて、右側の住宅街の間にはけっこう高低差がありますよね。
そして、遊廓と住宅街をつないでいる道、ちょうど坂道になってませんか?
おそらくここのことを衣紋坂と名付けていたのではないかと予想しているのですよ。
そして、今の位置でいえば、「みなと大通り」と重なる場所でもあるんです。
この遊廓のあったエリアは、さらにその後、埋め立てられ現在のようなほぼ平坦な場所になっていったことも史実にあるので、この予想はだいたいあってると思っています。

そんなわけで、最初の写真1にもどるわけですが、画像3の絵図、案内板にのっていますよね。。
まさかのまさかでしたね。(笑)


衣紋坂(NO.282)その2-5
画像4(神名川横濱華郭之光景(横浜風景画帳)/1860年)

ちなみに別の角度から衣紋坂を描いている絵図もありました。
右側に大きく描かれているのが、当時の遊廓で、左側に奥の住宅街へと続いている道が衣紋坂のようですね。
こうしてみるとちゃんと坂になってますよね。


ということで、今回はこんな感じですが、あとは今後の課題として画像1の場所が実際どこなのか、それとも衣紋坂のデフォルメ画なのかを調べることですかね。


地図
横浜市中区真砂町1あたり

先日、たびねすに「衣紋坂」の記事を寄稿したのですが、今後も記事公開を続けていくと、ブログで取り上げた坂道以外の場所についてもけっこうな数になりそうなので、今回から以前のみちくさ学会の時にしたように通常のブログ記事の中でお知らせする形とすることにしました。

中身はあまり変わらないかもしれないですが(笑)、坂道記事に関しては補足事項があれば、その2、その3みたいにしていつもどおりに追加していければなとも思っています。(今回はその可能性大なので。)


衣紋坂(NO.282)1


そんなわけで、今回はブログでも取り上げる機会がなかなかとれなかった、横浜市の坂道をやっと取材して、たびねすの記事を通じて取り上げることができましたので、よかったらどうぞ。
→『関内にも坂道があった?横浜スタジアムを眺めながら巡る衣紋坂 | 神奈川県


衣紋坂の由来については、記事にある通りなのですが、事前の調査で過去の絵図をいくつかみつけることができたので、おいおいこのブログにて紹介していこうかなと思っています。(ほんとうはたびねすの記事で一緒に紹介できればわかりやすくていいのですが、それができない規定なので。)

それにしても、あの関内に坂道があったことは、実は今年になって知り、どのタイミングで取り上げようなかなと思っていたのですが、ちょうど先月記録的な長雨で都内は雨ばかり続いたこともあり、それでは夏だし海も近い横浜に行こうという感じでした。
ところが、いざ調べだすと、坂道界隈だけで、かなりの数の歴史的建造物やら関内自体の史実にたくさんぶつかり、まさに関内の地霊を調べるという具合になってしまいました。
でもまあ、そのおかげで、関内あたりにはかなり土地勘できました。(笑)
しかも、あのあたりは見ておくべき近代建築がたくさんあることに加えて、ライトアップイベントやらアートイベントで訪れることもなにかと多い場所だったので、土地勘どころか愛着さえ沸いてくる感じでしたかね。
とにかくあの港町にも坂道とアートがあるということで、なんというか気持的なものではありますが精神的な軸ができ、自分としてはちょっとうれしい発見だったかもです。


ということで、今回は長くなりそうなので、いったんこれくらいにして、また次回以降に周辺の建築物やら衣紋坂自体のことについても取り上げようかなと思っていますので、しばしお待ちください。



地図
横浜市中区真砂町1あたり

今回も、「ジブリ映画「耳をすませば」の聖地、聖蹟桜ヶ丘のいろは坂を歩いてみよう」の記事で取材した時に一緒にまわった時の話です。
名前はついていないようでしたが、なかなかの坂道だったので、取り上げておくことにしましたよ。


聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道1
写真1

ではいきなりですが。(写真1)
ここは、いろは坂の坂上にあたる場所(さらに前回の天守台(関戸城跡)よりすこしだけ坂上)でもあり、道の左側には桜ヶ丘浄水所がある場所です。
写真でも見えているとおり、左側には浄水所の給水塔が見えていて、奥の方に向かって下っている坂道です。
なんといっても給水塔とのコラボですかね。
なかなかいい感じだと思います。
さらに遠くのほうを眺めると、この地独特の高低差具合からくる景色もいい感じでした。
地図で見ると北東側に下っているので日野市あたりの街なみが見えていたのかもしれないですね。


聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道2
写真2

さらに坂を下り、坂下方向を見てみたものです。(写真2)
ここからもさらに下っているようで、遠景の街並みを確認すれば、その高低差具合もすこしばかりですが想像でそうでしたかね。
なお、この道路は坂上あたりの場所から「桜ヶ丘西通り」という通り名もついているため、ここからさらに坂下のほうへと道路は続いているようでした。

ちなみにこの浄水所、映画「耳をすませば」のラストシーンで、二人が景色を眺めていた場所なのかもしれないなどと、アニメの検証サイトで唱えている人も実はいたのですよ。たしかに雰囲気といい、いちおう多摩川の方向も向いているし、写真2の左の擁壁の上からならばそれっぽいところもあるのですが、僕の調べた限りではちょっと違う場所なのかなというのが正直な感想です。


聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道3
写真3

それはさておき、こちらは坂の途中から給水塔を見てみたものです。(写真3)
よく見ると、給水塔の壁面になにやら壁画が見えていますよね。
実はこれ、僕も現地ではほほーと思っていながら、どこにも説明らしきものがなかったので、帰ってから調べてみたら、多摩市のHPに説明があってですね、どうやら「輪華」という作品名で木版画家、河内成幸氏デザインのものらしいですよ。HPの説明によると『太陽を表す大きな円に、花弁が流れ飛ぶ様子が描かれています』とのこと。
ふむふむ。


聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘浄水所横の坂道4
写真4

そして、これですよ。(写真4)
ここは坂上からの景気もいいですが、この坂下からの勾配具合やら途中から道が分かれてY字路になっている真ん中に、例の給水塔があるという具合がなんともよかったです。
給水塔と左側の坂道だけでもなかなかですが、加えてのこのアングルからの景色も印象的で、無名坂にしておくのはもったいない坂道だなあなんて思ってみたり。


ということで、今回はこんな感じです。



地図
多摩市桜ケ丘4-10あたり

今回は、けっこう前のことですが、たびねすの記事『ジブリ映画「耳をすませば」の聖地、聖蹟桜ヶ丘のいろは坂を歩いてみよう』の取材とあわせてまわった階段の話でも。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道1
写真1

いきなりですがばばんと。(写真1)
たびねすの記事でもすこし取り上げましたが、京王の聖蹟桜ケ丘駅からいろは坂をのぼった高台のところに「天守台(関戸城跡)」なる案内板というか天守台の碑(標柱?)があり、その奥がかなりの高低差のある階段になっている場所があるんですよ。
そんなわけで、耳をすませばとの関連についてはたびねすのほうを見てもらうとしてですね、今回は階段自体についてクローズアップしてみたいと思うのです。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道2
写真2

天守台の碑のアップ写真など。(写真2)
せっかくなので、天守台の碑にも説明が書かれていましたので、いつものように抜粋させていただくとですね、
『桜ヶ丘一丁目の金比羅宮(琴平社)付近を「天守台」などといい、一帯の山を「城山」ともいう。多摩川に面し、武蔵野台地を一望できる絶勝の地であることから、鎌倉幕府以来の物見的城砦として敵を察知したり、急変を狼煙などで知らせる通信拠点であったとも考えられる。一帯は関戸城跡とされているが、今はわずかにその一部を留めるのみで、山頂は削られ地形も変わっている。(多摩市教育委員会)』
ということだそうです。
地図で確認してみると、多摩川も武蔵野台地もここからなら北東側を眺めれば一望できた場所だったみたいですね。
まあ、この地の北側にいろは坂があることからも、史実のようですね。

じゃあ、目の前に見えている南東側(多摩川方向とは反対側)に下る階段は?ということになりそうですが、これはおそらく、『、一帯の山を「城山」ともいう』という一文があることからも、このあたりがちょっとした山でもあったことを示す階段なんじゃないですかね。(あくまで仮定の話ですが。)


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道3
写真3

ではまず、階段上から坂下方向を見てみたものなど。(写真3)
こうしてみるとかなり高低差のある階段でした。
坂下あたりの様子も見えないし。。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道4
写真4

こちらは坂上からはまわりの樹木がじゃまして見えなかったので、階段を下り、写真3でもみえていた踊り場のあたりからの街並みですね。(写真4)
なかなかいい感じでしたね。
かつてのほどの高さはないとはいえ、やはりここがちょっとした山だった感じはわかるかもですね。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道5
写真5

一気に階段下までやってきて坂上方向を見てみました。(写真5)
なかなかの高低差ですね。
見た感じは抜道階段みたいにもみえそうですが、天守台の碑があることからも、けっこう昔からある階段なのかもしれないですね。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道6
写真6

そして、写真5の右側をみるとなんともいい感じの坂道が。(写真6)
おそらくこの小山を車で上るために後からつくられた道路のようでしたね。
訪れた時期が真冬だったので、こんな感じの見え方ですが、今の時期ならもっと緑にあふれていて、さらにいい感じになっていそうな坂道でしたかね。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道7
写真7

坂の途中から見えた街並みなど。(写真7)
この景色もなんかいいですねえ。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道8
写真8

そんでもって、写真6からも見えていた、折り返し地点でもある180度カーブのあるところまでやってきて、ぱちりと。(写真8)
ここからの景色もいい感じでした。
正面の木々にY字路のように見えている道、そして180度カーブ。


聖蹟桜ヶ丘の天守台(関戸城跡)の階段と坂道9
写真9

最後は、写真8の右側に見えていた坂上あたりからの様子など。(写真9)
なので写真は、天守台の碑のあたりから坂下方向を眺めてみたものですね。
なお坂道自体は、今回、180度カーブのあるところからのみ取り上げましたが、このまままっすぐ東方向に下っていく道もあるようでしたね。(要は写真8の背後方向ですね。)

そしてここも今の時期に訪れたら緑でいっぱいの風景っぽいですね。

しかも、ここは階段→坂道→階段→坂道・・・という具合にループで坂道散歩できる場所ということを書いている今、気が付きました。(笑)
そういう意味ではなかなかこういう場所ないかも。(天守台跡でもありますしね。)


ということで、今回はこんな感じです。


地図
東京都多摩市桜ケ丘1-4あたり

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。


→『東京・田町駅すぐ 三田・潮見坂&聖坂界隈はかつての海岸線だった?』
http://guide.travel.co.jp/article/27881/


今回はJR田町駅からすぐの場所にある「潮見坂」と「聖坂」を取り上げてみました。
真夏ということで、単純に海にちなんだ坂道を選んでみたわけですが(笑)、ちょっとだけ時間の概念をいれて、ひと味違った見方できないかなあと考えていたのですよ。
それで、そうだ!アースダイバーがあったなということで、読み返してみたら参考になることがあったので、そこから話を広げる感じで書いてみました。
とはいいつつも、観光ガイド記事のため、あまりつっこまずという感じだったので、なんだかブラタモリ風(もしくは脚本風?)になったかなあと思ってみたり。(笑)

あと、今回は、まだブログでは取り上げていない坂道でしたかね。

そんなわけで、過去記事へのリンクはありませんので、いつものようにおまけ写真をいくつか。


田町駅すくにある「潮見坂」と「聖坂」1
写真1

まずは、潮見坂の坂の碑など。(写真1)
港区の坂道にはこうして坂の碑が設置されているパターンが多いのでありがたいですね。
今回は坂上と坂下にきちんとあるパターンでしたよ。


田町駅すくにある「潮見坂」と「聖坂」2
写真2

潮見坂の坂上にあった学校の案内看板ですね。(写真2)
とにかく、訪れた時は名前に驚いてしまいましたかね。
「普連土=フレンド」だとは思いますが、真相はさだかではないです。


田町駅すくにある「潮見坂」と「聖坂」3-名所図会
画像3

そして、こちらが江戸名所図会に掲載されている潮見坂の絵ですね。
たびねすの記事ではこういう古い絵は掲載不可なので、こちらにて紹介しておきますね。
絵を見るとけっこうデフォルメされてますけど、たしかに遠くには海が描かれていますよね。
田町あたりが海だとこういう景色になるんですかね。
ちなみに、この画像は国立国会図書館デジタルコレクション から拝借したものですが、サイトによるとこの絵も掲載されている江戸名所図会は1893年に出版されたものなので、この景色も100年以上前の景色ということになりますかね。


田町駅すくにある「潮見坂」と「聖坂」4
写真4

次は、聖坂の坂上からのものですね。(写真4)
取材当日は道路工事していて、終わるまでそのあたりで時間つぶして、今回掲載した写真を撮ることができたのですよ。
坂道散歩していると、たまにこういうことがあります。
たぶん階段ではそういうことないと思いますけど、坂道は道路なので地下にいろいろ埋まってますからね。
あと、この角度からなら東京タワーも左側に見えてますね。(さっき気がつきました。汗)
やっぱり坂上からの景色もいい感じの坂道だったんですねえ。


田町駅すくにある「潮見坂」と「聖坂」5
写真5

これは、さっきの写真4のする隣に建っているクウェート大使館ですね。(写真5)
こんなところにも丹下建築があったとは。


田町駅すくにある「潮見坂」と「聖坂」6
写真6

そして、最後は、同じく聖坂の途中にあったアリマストンビルの看板などをぱちりと。(写真6)
けっこう前からあったと思いますけど、今も工事中なのですね。(手作りなのでそうりゃあそうですけど。)

以上です。

ということで、記事のほうよろしくです。

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてます。
しかも、今回は2つの記事です。
よかったらどうぞ。

→『 数々の作品に登場!江ノ電・鎌倉高校前駅すぐ「日坂」は風光明媚な坂』
http://guide.travel.co.jp/article/27149/

→『ブラタモリにも登場!江ノ電・極楽寺駅すぐ「極楽寺坂」で鎌倉の歴史と景色を楽しむ』
http://guide.travel.co.jp/article/27222/


今回は、鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」というこのブログでもまだ取り上げたことのない鎌倉の坂道2つを取り上げてみました。これまでは、だいたい複数の坂道を織り交ぜて紹介していましたが、どちらも内容が濃い坂道だったので、文が長くなり、結局、2つにわけて公開することになりました。2つの坂道を歩いて思ったのは、鎌倉って山と海が近くていいなあということでしたかね。(笑)

あとは、記事で取り上げた場所以外にもブログで取り上げたらおもしろそうな場所もまわってきましたので、おいおい公開できたらなあと。


では、いつものようにおまけ写真をいくつか。


鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」1
写真1

まずは、江ノ電鎌倉高校駅前にてぱちりと。(写真1)
行ったことある方は知っていると思いますが、こんなつくりなのですよ。
江ノ電らしくていいですね。


鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」2
写真2

日坂の坂下あたりですね。(写真2)
記事に載せようかなと思いましたけど、見送った写真です。
僕が行った日は平日でしたけど、それでもこの人だかりだったのですよ。しばらく待ってもこの感じは変わらずといった感じでした。


鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」3
写真3

お次は、極楽寺坂のほうに移り、極楽寺駅の外観など。(写真3)
こちらもこじんまりしていていい感じでしたね。
関東の駅百選にも選ばれているそうですよ。


鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」4
写真4

もちろん、ブラタモリでもタモリさんたちが訪れていた、江ノ電の車両基地も寄り道しました。(写真4)
実は、小学校の時、鉄道クラブの部長さんに誘われて、入部してしまい書記係を任命された経験があり、そんなことからも鉄道マニアまではいきませんけど鉄道には興味があったりします。
そんなわけで、鉄道みるたびにそのことを思い出す今日このごろであります。(笑)


鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」5
写真5

極楽寺坂の途中にある成就院の参道ですね。(写真5)
坂下方向からアクセスするとこんな景色のところがあります。
ちなみに、ここはつい最近まで参道工事をしていたらしく、今の時期なら例年、この左側にあじさいが見れるらしいですが、そういう理由から今回は見れなかったみたいですね。


鎌倉の「日坂」と「極楽寺坂」6
写真6

最後は、「力餅家」の外観など。(写真6)
実はちょうどこの日、海外メディアが中で取材していたのに遭遇しました。
どこの会社だったかは忘れましたけど。(笑)


ということで、今回はこんな感じです。
では記事のほうよろしくです。

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。

→『 ヱビスビール発祥の地、東京・恵比寿と縁深いビール坂めぐり 』
http://guide.travel.co.jp/article/26748/


今回は、恵比寿ガーデンプレイスからすぐの場所にあるビール坂を取り上げてみました。ちょうどこれから暑くなり、ビール飲むのもちょうどいい季節ですしね。
とにかくビール坂という名前自体にインパクトもあって、恵比寿といえばビール坂というのも僕の中にあったので、いつか紹介したいなあと思っていた坂道だったのですよ。

では、今回もブログの過去記事ありますので、リンクしておきますね。

ビール坂(NO.155)
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/51576367.html

ネギ山坂(NO.176)
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/51744448.html


あとは、いつものようにおまけ写真をいくつか。


ビール坂の記事1
写真1

まずはビール坂の坂上にあった建築家の平倉直子氏の設計による「渋谷警察署恵比寿四丁目交番」など。(写真1)
たしかに普通の交番の雰囲気からすると一風変わっているかもですね。


ビール坂の記事2
写真2

ビール坂の途中の景色ですね。(写真2)
ちょうど児童遊園地があるあたりです。
前はこの左側あたりにシーラカンスの設計による「SELFISH」という小規模なビルがあったはずなのになあと思い出し、調査前に建築物のことでちょっと調べてみたら、やっぱりなくなったみたいですね。
今は周辺を一体開発したマンションになっていました。


ビール坂の記事3
写真3

一応、調査時には「ヱビスビール記念館」にも寄ってみました。(写真3)
写真は館内に大階段があったので、記念に撮っておいたものです。


ビール坂の記事4
写真4

同じく恵比寿ガーデンプレイス内にある「恵比寿神社」もぱちりと。(写真4)
庭園の奥まったところにひっそりとありました。


ビール坂の記事5
写真5

そして、最後はネギ山坂の坂上で見つけた景色です。
ちょうど方角的に、はたまた地形具合のおかげで、東北寺の墓地の向うに東京タワーが見えていました。


ということで、記事のほうよろしくです。

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。

→『 東京・麻布の狸穴坂に住んでいた狸は有名人?隠れスポット麻布狸穴界隈を歩いてみよう 』
http://guide.travel.co.jp/article/26122/


今回は、東京タワーからほど近いロシア大使館に隣接した狸穴坂に加えて、榎坂についても取り上げてみました。
今回の狸穴坂を調べていて驚いたのは、サッカーのFC東京のマスコットキャラクター「東京ドロンパ」がここの狸の末裔だったということでしたかね。あとは、記事で書ききれなかったこととして、この坂道は、過去にテレビ番組の企画で、木村拓哉さんや乃木坂46のメンバーが全力疾走した坂道でもあるんですよ。なので、ファンの方々からすると聖地としても見られている坂道だったりもするみたいですね。


では、今回もブログの過去記事ありますので、リンクしておきますね。


狸穴坂 (NO.61) /港区麻布台2丁目
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/50765988.html

榎坂 (NO.57) /:港区麻布台1丁目
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/50725754.html



あとは、いつものようにおまけ写真をいくつか。


狸穴坂に住んでいた狸は有名人?01
写真1

狸穴坂の坂上にあった石碑ですね。たぶん木碑よりは古そうな感じでしたけど、いつ頃つくられたかは不明でしたかね。


狸穴坂に住んでいた狸は有名人?02
写真2

狸穴坂の坂上でもあり榎坂の坂上でもある場所から東京タワーの景色を眺めていたら、ちょうどあのうわさのマリオカートコスプレ集団に遭遇しました。こんなところも走っているんですね。


狸穴坂に住んでいた狸は有名人?03
写真3

最後は、榎坂の坂下からのノアビルなど。なにげに、はとバスとのコラボです。(笑)

ということで、記事のほうよろしくです。

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。

→『 村上春樹ファンの聖地、東京・千駄ヶ谷の八幡坂界隈を歩いてみよう 』
http://guide.travel.co.jp/article/25675/



今回は、千駄ヶ谷の八幡坂に加えて、界隈の坂道2つも紹介してみました。
なお八幡坂と村上春樹さんをリンクさせることは、今、書店で山積みされている最新刊(騎士団長殺し)がでるとうわさされている頃から、考えていたのですよ。しかも、だいぶ前にこのブログで書いたことありますけど、村上春樹さんは中学校の先輩でもあるし、いろんな意味でも影響受けている人で、そういう意味でもどこかのタイミングでこの八幡坂と村上春樹さんのことはきちんと調べて自分のブログ以外でも書き残しておきたかったので、ちょうどいいタイミング(というかこの機会を逃すといつになるかもわからないですからね)だったかもですね。


では、ブログの過去記事リンクしておきますね。


八幡坂(NO.175)
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/51739208.html

榎坂(NO.174)
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/51736671.html


観音坂(NO.173)
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/51733472.html


あとは、いつものようにおまけ写真をいくつか。


今回は、千駄ヶ谷の八幡坂などについてです。 1
写真1

八幡坂の坂上風景ですね。JR千駄ヶ谷駅から歩いてくると、この景色に出会えます。(写真1)
しかも、この写真のどこかに、記事でも取り上げたあのビルがあります。
さすがにこれを掲載するのは、ちょっと・・・、ということでここにて紹介。
さてどこでしょう。(笑)


今回は、千駄ヶ谷の八幡坂などについてです。 2
写真2

こちらは、榎坂の坂の碑ですね。(写真2)
坂下にあるんですけど、ちょうど坂道側からみると写真2の奥の電柱で隠れてしまって気が付きにくいので現地では要注意ですよ。
しかも、見ようによっては、鎌倉街道でもある無名坂のほうが、榎坂なのではないかと勘違いしてしまいそうな位置にあるともいえるので、そちらも間違えないようにしてくださいね。


今回は、千駄ヶ谷の八幡坂などについてです。 3
写真3

あと、榎坂の坂の碑のすぐそばにあった街灯が案内看板代わりにもなっていましたね。(写真3)
そのうち、これ参考にしてこのエリア再訪してみようかな。


今回は、千駄ヶ谷の八幡坂などについてです。 4
写真4

場所は変わって、観音坂の坂の碑ですね。(写真4)
やはり、2009年調査時に比べると雨風にやられてかなり劣化していましたかね。


なお、鳩森八幡神社の富士塚については、このブログでさらりとですが、そのうちとりあげるようかなとも考えているので、またそのときにでも。


ということで、記事のほうよろしくです。

なんとなく、自分の中で話が広がってきだしたので、今回はメモをかねての記事です。


ここ数年は、パソコンサイトにてグーグル検索などで「坂道」と検索しただけでは、それほどの変化はあまり感じられないのですけど、SNSで「坂道」と検索するとですね、トップアイドルの動向がわかってしまうという不思議な現象が起こっているのですよ。

まず、SNSで最近、僕が「坂道」検索して見つけた記事がこちらです。
→『ツイート数の多い「坂道AKB」とは?』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/111200014/032300036/

これを読むとここ最近のヒットチャートに「乃木坂46」やら「欅坂46」などの名前がでているとおりで、これらは坂道グループとよばれるアイドルグループの名前です。
そして、どうやら今時の若者はSNSを利用して、これらの人気グループ名をつぶやきに加えて頻繁にツイートしているみたいなのですよ。
そのおかげで、さきほどのトップアイドルの動向が「坂道」検索でわかってしまうという現象と書きましたが、このような事態につながるということですね。(笑)

なお、記事のタイトルにもあった「坂道AKB」とはこんなグループみたいです。(「坂道」検索で見つけたミュージックビデオがありました。)


坂道AKB


さらに、アイドル動画ばかりで、申し訳ないですが、先日SNSで、同様に「坂道」検索していたら、さらに新たな動画も発見しました。
それがこちらです。↓


欅坂46

さきほどの記事の中のヒットチャートにもでてきた欅坂46の「W-KEYAKIZAKAの詩」という曲のミュージックビデオ(=MV)です。
こちらはさきほどのチャートの曲とは違いますが、最近公開されたばかりの動画みたいですね。
この曲やMVに関する感想はまあいくつかありますけど、やはり、歌詞が坂道の歌(坂道をテーマにした曲とも言えますかね)にもなっているのが一番気になったポイントでしたかね。
あとは、これまでのことやグループの細かい並び順とか上下関係とかそのへんのことはわかりませんけど、各メンバー全体のカメラとの距離のとり方や映像の雰囲気が、個人的には、アニメ映画「耳をすませば」のエンディングロールをちょっと思い出してしまいましたよ。

ちなみに、「欅坂46」については、「鳥居坂46」になったかもしれなかったグループであることもおまけエピソードとしてありますよね。
なお、この「鳥居坂46」については、乃木坂と同様に実存する鳥居坂をモチーフにしていたみたいです。
実存する鳥居坂については、以前にたびねすの記事でも書いておりますよ。そういう意味では、まぼろしの鳥居坂46のエピソードのことも記事に一言いれておけばよかったかなとすこし後悔してみたり。(笑)

そんなわけで、なぜ急にこの記事をと思う人もあるかもですが、やはり坂道マニア(こう書くとまたどっちのこと言ってるかもわからなくなる人もいそうですが・・・。)としては、実存する坂道に加えて、坂道をテーマにした曲や坂道シーンが印象的にでてくる映画についても、ちょくちょく集めているので、このブログでも紹介してみることにしました。


ということで、坂道芸能民俗学的視点をおりまぜつつも(笑)、彼女たちのおかげで、「坂道」なるものが一般的にも楽しいものだというイメージを若者にはじまり色んな人に定着させてくれているかもしれないわけで、そういう意味でもちょっとした感謝もこめてこの記事を書いて残しておくことにしました。
では今回はこんな感じです。

今回は、たびねすで記事を書いていて、いろいろ追記したい事柄がでてきたこともあり、乃木坂 (NO.132)の続編でも書いてみたいと思います。


乃木坂今昔1
写真1

まずはこちらですね。(写真1)
坂の途中で、乃木坂トンネルにもぐる道と左に曲がり新しい部分の乃木坂に向かうところの写真ですね。

トンネルの上の部分は乃木坂陸橋とも呼ばれていて、昭和49年3月に完成したとのことです。
昭和49年?あれ?けっこう最近という感じですよね。


乃木坂今昔2
写真2

そこでこれなのですよ。(写真2)
たびねすの記事では、こういう昔の写真やら浮世絵を説明に使うことがNGなので、載せれなかったのですが、こんな風なかつての乃木坂の写真が、「江戸の坂 東京の坂」という本の中にあり、ちょっと拝借。
おそらく写真2は、写真1と同じ方向で、坂の途中から坂上方向を見てみたものと推測されます。
要はトンネルできる前の乃木坂ですね。
時期的には、「江戸の坂 東京の坂」の巻末に、これらの写真は昭和35年から42年にかけて著者が撮影したものと書かれていますので、だいたいそれくらいの時期のものだと思われます。

また今の乃木坂はかつて、幽霊坂という名前だったことはたびねすの記事でも書きましたが、「江戸の坂 東京の坂」の説明によると、実はそれ以前、行合坂やら膝折坂とも呼ばれていたそうですよ。
なので、本の説明部分を抜粋させてもらうとですね、
『『江戸大名町案内』という写本には、「麻布竜土、ひざ折坂あり」と記してある。嘉永七年正月の江戸切絵図『赤坂今井辺図』(近吾堂版)には、竜土の行合坂の上、突き当たりに「八幡社」とある。これが竜土八幡、青山八幡、馬八幡、駒留八幡などと呼ばれた八幡社であった。したがって、ここの行合坂が、そのときの膝折坂なのである。この坂は、のちに坂下に妙福寺という寺と墓地があったので、幽霊坂とも呼ばれた。』
とありました。

ということは、「幽霊坂」の前の名前が「行合坂」で、別名で「膝折坂」とも呼ばれていたという感じなのですかね。

あとは、いつもお世話になっている「江戸東京坂道事典」という本には、『『新撰東京名所図会』は「市兵衛町二丁目より箪笥町との間を下る坂あり、なだれ坂と称す。』なんてことも書かれていて、新撰東京名所図会は、明治時代の書物なので、これを加味すると、行合坂→幽霊坂→なだれ坂→乃木坂、という具合の名前変更の歴史があるのかもしれないですね。(汗)


乃木坂今昔3new
古地図1

せっかくなので、古地図も見てみましょうかね。(古地図1)
画像の部分で、赤く塗った部分が乃木坂で、今も昔も変わらない位置にあります。
で、青でうすく塗った部分が、現在の外苑東通りということになりますかね。
古地図を見ると乃木坂の西側つきあたりに「八幡宮」というのがありますよね。これがまさに『竜土の行合坂の上、突き当たりに「八幡社」とある。』の部分なのではないですかね。


乃木坂今昔4new
古地図2

さっきのは「東都青山絵図」のほうだったのですが、こちらは「赤坂全図」のほうですね。(古地図2)
地図でいえばちょうど端っこのかぶっているエリアに乃木坂はあるみたいで、こちらの地図はどちらかといえば、乃木坂の東側エリアが詳しく記録されているもののようですね。
そして、これをみると赤くぬった部分の乃木坂のちゅうど真ん中あたりに「妙福寺」と書いてあります。なので、これが『この坂は、のちに坂下に妙福寺という寺と墓地があったので、幽霊坂とも呼ばれた。』の部分で、幽霊坂と命名される元となったお寺もちゃんと地図に残っていて、実際にあったということですよね。


乃木坂今昔5

地図

そんなわけで、現代の地図(Googleさんの地図を拝借)に江戸時代の乃木坂の位置を描いてみるとこんな具合になりそうでした。
ちなみに、ちょうど今のギャラリー間のあるTOTO乃木坂ビルのあるあたりを緑で囲ってみました。古地図1を振り返ってみると、お寺があった位置とかぶりそうですね。
まあだからなんなんだという話でもありますけど、僕としてはギャラリー間に訪れるたびにいつも、ビルの前の道がへんなつくりだなあと思っていたのですが、こうして古地図で振り返ってみると、かつての古道は紫の色で塗った部分であったわけで、そういう意味では、このローターリーみたいになっていた場所(乃木坂駅への入口もありますよね)もそういう歴史があったのだなあとちょっと納得したわけだったのですよ。

あとは、写真2では坂道が二手に分かれていて、かつての乃木坂が、どちらかなのかは今でもわかりかねますし、この風景だって江戸時代の時とは違うのかもしれませんよね。
ただ、なんとなく今の乃木坂のトンネルと右側の階段、左側の坂道のつくりをみるとその名残りもあるのかなあと思いつつも、こればかりはもうちっと調べないとわからないところですかね。

ということで、今回はこんな感じです。


住所
港区赤坂8あたり

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。

→『 乃木坂46や駅名だけじゃない!アイドルと縁深い乃木坂めぐり』
http://guide.travel.co.jp/article/24883/



乃木坂については、過去にブログでもとりあげていますが、歩いて、いくつか地霊を調べてみて、ブログでは取り上げていなかったこともあわせて書いてみました。


では、ブログの過去記事リンクしておきますね。

乃木坂 (NO.132)
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/51364948.html


とある街の風景162(乃木神社)
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/51369013.html


乃木坂 (NO.132)その2
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/52006140.html


あとは、いつものようにおまけ写真をいくつか。


港区の「乃木坂」についてです。01
写真1

乃木坂の坂名の由来が書かれた石碑ですね。乃木神社の入口横にありました。(写真1)


港区の「乃木坂」についてです。02
写真2

最初に乃木坂を取材した日は、なんと節分の日だったのですよ。(写真2)
取材をしているとわさわさと乃木神社界隈が騒がしくなりだしたので、急遽境内に直行。(笑)
そんなわけで、節分祭の様子も撮っておきました。
そして、当日は豆もゲットしましたよ。

ただ、そのおかげで、当日は乃木坂の坂下界隈が賑わっていたため、いい坂道写真が撮れず、後日写真だけを取りに再訪しましたが。。(笑)


ということで、記事のほうよろしくです。

昨日、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。

→『 「踊る大捜査線」ロケ地、お台場海浜公園・展望デッキは夜景もきれい』
 http://guide.travel.co.jp/article/24470/


今回も映画のロケ地散歩となりましたかね。ちょうどお台場シネマメディアージュで再上映された「私をスキーに連れてって」を観に行くことにしたら、「踊る大捜査線」も閉館記念で一日限りで 再上映されることを知ったので、そういえばということで取材して書いてみました。ちなみに映画は2月19日に再上映されるとのこと。

ちなみに、今回とりあげた場所は、昔ブログで登場しているのですよ。

→『とある街の風景106(海にむかう広場)』
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/50582563.html

映画が公開されてから3年くらいの時期ですかね。
ただ、ブログ記事では映画のことに触れていないようですが。。


あとは、いつものようにおまけ写真をいくつか。


お台場展望デッキ1
写真1

展望歩道橋の夜景ですね。(写真1)
階段がライトアップされていてよかったですね。


お台場展望デッキ2
写真2

階段途中からの海の景色です。(写真2)
ここからでもかなりいい感じ。
夏だったら座ってしばらくぼんやりとできそう。


お台場展望デッキ3
写真3

最後は、海にむかう広場の夜景ですね。(写真3)
同じようなアングルを寄稿記事に載せましたが、こちらはさらに海から離れた方向からのものです。
昼間なら間違いなく人ばっかり写るポイントですね。


ということで、記事のほうよろしくです。

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。

→『ジブリ映画「耳をすませば」の聖地、聖蹟桜ヶ丘のいろは坂を歩いてみよう』
 http://guide.travel.co.jp/article/24090/


今回は、映画の聖地巡礼と言ってもいいかもしれないですね。とにかく取材していても楽しかったです。映画には坂道以外にも、月島雫が暮らす団地もでてきて、実存する団地もあるようなのですが、今回は坂道中心に話をすすめています。

ちなみに、今回のいろは坂については、ブログ初登場です。
まえにラジオにちょこっと出させていただいた時に、聖蹟桜ヶ丘のいろは坂をおすすめ坂道として紹介してから、いつかちゃんととりあげねばと思っていたところに、先週金曜に映画が放送されることを知り、ちょうどいいんじゃないということで、行ってきた坂道でもあるんですよ。


あとは、いつものようにおまけ写真をいくつか。


耳をすませばの聖地でもあるいろは坂についてです。1
写真1

まずは、京王線聖蹟桜ケ丘駅の西口広場にあった地球屋をモチーフにしたモニュメント「青春のポスト」ですね。(写真1)
どこぞやのテーマパークかというくらいのつくりでした。
いいですねえ、こういうのが駅前にあるのは。


耳をすませばの聖地でもあるいろは坂についてです。2
写真2

そして、こちらは高台のロータリーに店を構えている洋菓子店のノアさんの店構えですね。(写真2)


耳をすませばの聖地でもあるいろは坂についてです。3
写真3

さらに、当日は店内にも入りました。(写真3)
許可をもらってぱちりと。
バロン人形がたくさんありましたよ。


耳をすませばの聖地でもあるいろは坂についてです。4
写真4

店でおみやげに買った「耳すまロータリークッキー」です。(写真4)
手作り感いっぱいの基本をおさえた味でおいしかったです。


耳をすませばの聖地でもあるいろは坂についてです。5
写真5

そして、最後は、うわさの「耳すま思い出ノート」です。
店内でクッキーを買うと、店主の方が奥からだしてきて、記帳させてもらえることに。

もちろん記帳いたしました。(笑)
いやはや、いい記念になりましたかね。


ということで、たびねすの記事のお知らせとあわせて、今回もいろいろ考慮したうえで載せなかった現地写真も含めて紹介してみました。

では、よろしくです。

数日前に、たびねすへの寄稿記事が公開されてますので、よかったらどうぞ。

→『メトロ永田町駅の富士見坂と赤プリ跡地界隈史跡めぐり』
http://guide.travel.co.jp/article/23524/


今回は、記事見てもらってもわかるかもですが、富士見坂沿いにおもしろそうなポイントがいくつかあり、さらに新たにできた散歩スポットもあるなど、盛りだくさんな感じになったのが特徴ですかね。
下手すると、永田町の富士見坂だけでも記事にできてしまうほどでしたが、そこに無理やり諏訪坂をねじこんだという感じです。(笑)

ちなみに今回の記事で紹介した坂道については、富士見坂のみですかね。

富士見坂 (NO.10) /千代田区永田町2丁目
http://blog.livedoor.jp/kf7654/archives/50058235.html


あとはいつものようにおまけ写真をいくつか。


永田町の富士見坂と赤プリ跡地界隈について1
写真1

これは、東京ガーデンテラス紀尾井町敷地内にある赤坂プリンスクラシックハウスですね。(写真1)
東京ガーデンテラス紀尾井町ができるときに、あわせて改修され、写真1のようにきれくなったみたいです。


永田町の富士見坂と赤プリ跡地界隈について2
写真2

こちらも同じく、東京ガーデンテラス紀尾井町敷地内にある場所です。(写真2)
「空の広場」と名付けられたまさに広場ですかね。
そして、ここから見るとまったくわからないのですが、記事にも書いた説明のとおりで、赤坂御門の古い石垣をうまく再利用した広場でもあったんですよ。



永田町の富士見坂と赤プリ跡地界隈について3
画像1

最後はいきなりですが、たびねすの記事は、オリコンニュースでも転載されているのですが、ちょうど僕がページを開いたときにでてきた画面です。(画像1)
なんともびっくりというか、綾瀬はるかさんのCMに坂道記事が囲まれるという事態に思わず、記念にスクリーンショットしてみたものです。(笑)
とにかく、こんなことに反応してしまうのもどうかと思ったのですが、記事のマニアなタイトルに対しての、このまさに凹凸な感じというか違和感がなんとも面白かったもので。。

ただこの時は、次に開いたとき、普通の画面になっていたので、今でもオリコンニュースのサイトでこれが見れるかは運しだいかもですね。(試す人もいないとは思いますが。笑)


ということで、これ以上脱線してしまわないうちに今回の記事おわります。

では、よろしくです。

このページのトップヘ