東京坂道さんぽ

タグ:富士山
とある街の風景267(西郷山公園で富士山)
行人坂(NO.266) /目黒区
別所坂 (NO.265) /目黒区
とある街の風景248(文京シビックセンターから富士見)
茶屋坂(NO.263) /目黒区
とある街の風景242(代々木八幡宮で富士山)
岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257) /世田谷区
日暮里富士見坂からの富士山が・・・
富士山、世界遺産へ
とある街の風景191(富士見坂から花火を眺めてみる)
とある街の風景186(日暮里富士見坂をぶらり)
とある街の風景185(シビックセンターからの富士山)
とある街の風景183(フジテレビの大階段)
とある街の風景(元富士跡)
夏のおわりの新宿中央公園
文京シビックセンターの展望台
新宿中央公園の富士見台

数日前のことですが、代官山からもほど近い西郷山公園にふらりと寄ってみたらなんと園内から富士山が見えたので、今回は忘れないうちにここにて記録がてらです。


西郷山公園で富士山1
写真1

西郷山公園内には、富士山がうまくいけば見えると書かれた看板もあるのですが、まさにそこから富士山が見えましたよ。(写真1)
僕自身、この公園で富士山が見れたのは初のことです。
いつもは、ここにくると富士山が見えるかもと、看板のある位置から今は見えないけど富士山のあるだろう方向(と思っていた)に向かってシャッターを切っていたのですが、実際の富士山は、もうちょい右側にあったみたいですね。(汗)


西郷山公園で富士山2
写真2

もうすこし引き気味の場所から。(写真2)
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、写真中央に見えていますよね。
このあたりは丘のようなつくりになっていて、さらに写真1の場所より高い位置にあり、さっきの場所(ちょうど写真左側に見えるゴミ箱があるあたり)よりは富士山が大きく見えていましたね。
ただそうは言っても手前のマンションでかなり削られてはいますけど。

ちなみにさっき書いた富士山が見えるだろうと思っていた方向とは、写真2でいえば左側のゴミ箱のある場所の向うに見えているマンションの向こうにあると思っていたんですよね。。
いやはや。


ということで、今回は最近、富士山ネタが少なかったこともあったので、さらりとですが取り上げてみました。


地図
目黒区青葉台2-10-7あたり

ぎょうにん坂と呼ぶそうです。
場所は、JR目黒駅からすぐの場所で、駅東側を流れている目黒川のほうへと南西に下る坂道です。


行人坂(NO.266) 1
写真1

まずは、坂下からの様子など。(写真1)
見てのとおりなのですが、かなりの急坂で、道幅も狭めです。
ただ、JR目黒駅からすぐの場所で、後でもでてきますが、この右側に目黒雅叙園などもあるためか、急坂でしかも道幅が狭いという坂道の割には、人通りが多めの場所だったりします。

あとは、写真1の左にもちらりと見えていますが、いつものように坂の碑がありましたので、そのまま抜粋するとですね、
『行人坂の由来は大円寺にまつわるもので、寛永年間(1624)このあたりに巣食う、住民を苦しめている不良のやからを放逐する為に、徳川家は奥州(湯殿山)から高僧行人「大海法師」を勧請して、開山した。その後不良のやからを一掃した功で、家康から「大円寺」の寺号を与えられた。
当時この寺に「行人」が多く住んでいた為、いつとはなしに江戸市中に通じるこの坂道は行人坂と呼ばれるようになった。』
とのこと。

大円寺や行人については、後でもでてくるので、ここでは軽くスルーして、まあこういう具合の坂の碑があったということで、覚えておいてくださいな。


行人坂(NO.266) 2
写真2

こちらは、写真1の左側の様子ですね。(写真2)
正面に見えているビル群が目黒雅叙園ですね。

要は、結婚式場やホテル、レストランなどが入居している施設ですね。
このブログでも前に目黒雅叙園内にある百段階段について取り上げている記事「目黒雅叙園の百段階段をぶらり」も書いてますので、百段階段の様子などを知りたい方はどうぞ。
ちなみに、百段階段のある建物は、写真2でもちらりと写っていてですね、ちょうど正面の瓦屋根の建物がそれで、写真左のほうに建物は続いているというつくりでした。


行人坂(NO.266) 3
写真3

あと、写真2にも実は見えているのですが、「お七の井戸」なるものがあり、以前からここにくるたびに気になっていたので、撮っておくことにしました。(写真3)
こちらも、せっかくなので案内看板の説明を抜粋しておきますよ。
『八百やの娘お七は、恋こがれた寺小姓吉三あいたさに自宅に放火し、鈴ヶ森で火刑にされた。
吉三はお七の火刑後僧侶となり、名を西運と改め明王院に入り、目黒不動と浅草観音の間、往復十里の道を念仏を唱えつつ隔夜一万日の行をなし遂げた。
明王院という寺院は、現在の目黒雅叙園エントランス付近から庭園に架け明治13年頃まであった。この明王院境内の井戸で西運が念仏行に出かける前にお七の菩提を念じながら、水垢離をとったことから「お七の井戸」と言い伝えられている。』

なるほど。
そういう場所が今は、結婚式場なんですね。
ちなみに明王院というお寺は、明治13年頃まであったと書かれているとおり、この頃に廃寺になったそうです。そして、その際に吉三の墓も含めて大円寺に移され、昭和30年には吉三とお七の共同の墓(比翼塚)も置かれるようになったとのこと。


浮世絵-目黒太鼓橋
名所江戸百景

あとは、これですかね。
広重による名所江戸百景「目黒太鼓橋夕日の岡」ですね。
今回は、この浮世絵の存在を知らずに当日は歩いていたこともあり、写真には撮っていませんが、写真1の後ろ側、写真2の右側のほうを少し歩くと、目黒川があるのですが、そこを渡る橋のかつての様子を描いたものがこの浮世絵ということみたいですね。
なので浮き世絵の左側が小山になっているように見えることから、こちらのほうにいくと行人坂があると思われます。


行人坂(NO.266) 4
写真4

では、坂道に話を戻しまして、こちらは坂をすこし上ったあたりからの、坂下方向の景色です。(写真4)
車が見えているとおり、ここも道幅はかなり狭い坂道でしたかね。
そして、左側に大きな樹々が何本も見えていてかなり印象的ですが、その奥にさきほどから何度も出てきている大円寺があるのですよ。


行人坂(NO.266) 5
写真5

ちなみに、写真4で見えていた大円寺の塀と樹木の兼ね合いがなんともおもしろい感じだったので、近くまで寄りぱちりと。(写真5)
正面の部分は根っこのおかげで浮いておりました。(笑)
ここまでくるのにどれくらいの時間を要したのか想像してしまいましたかね。


行人坂(NO.266) 6
写真6

こちらは、写真4の左側をみたもので、大円寺の立派な門がありました。(写真6)
まずは坂下にあった坂の碑の一文を思い出してもらいながらも、内容は上記の抜粋文を見てもらうとして、ここでは、目黒区のサイトに書かれてある坂の説明文がわかりやすいですので、一部抜糸させていただくとですね、
『行人坂という名称は、湯殿山の行者(法印大海)が大日如来堂(現大円寺)を建て修行を始めたところ、次第に多くの行者が集まり住むようになったのでつけられたという。
また、この坂は「振袖火事」「車町火事」と並ぶ江戸三大火のひとつ(行人坂火事)とも関連して知られている。行人坂火事は明和9年(1772年)2月、行人坂の大円寺から出た火が延焼し、3日間も燃え続けたというものである。明和9年の出来事であったので、だれいうとなく「めいわくの年」だと言い出したので、幕府は年号を「安永」と改めたといわれている。』
とあります。

”行者”については、ネットの辞書で調べてみると、仏教を修行する者のことを言うそうですね。
なので、このお寺は、坂の碑にもあったように、住民を苦しめている不良のやからを放逐する為に、徳川家が、湯殿山(奥州)から高僧行人「大海法師」(=行者(法印大海))を勧請して、開山したことが始まりみたいですね。
そして、しつこいですが、その時に寺の前の坂を切りひらいたことで行人坂ができあがった、ということですかね。


行人坂(NO.266) 7
写真7

境内に入ると、いろいろな仏像が置いてあったのですが、中でも圧巻だったのがこれでした。(写真7)
手前の仏像群に加えて、奥には五百羅漢石仏群なるものが。
あまり詳しく潜ると、別の方向に行ってしまい帰ってこれなさそうな気がするので、ここでは軽く触れるだけにしますが、要は、このお寺が出火元となった大火で犠牲になった方々の供養のために造られたものだそうです。
これは、上記の抜粋文では『「振袖火事」「車町火事」と並ぶ江戸三大火のひとつ(行人坂火事)とも関連して知られている。行人坂火事は明和9年(1772年)2月、行人坂の大円寺から出た火が延焼し、3日間も燃え続けたというものである。』の部分ということになりますかね。
とにかく、ここですべて取り上げていたら違うサイトになりそうなほど、色々な仏像がありました(始めにふれた八百屋お七の話のことも含めて)ので、気になる方は実際に訪れて見てみることをおすすめしますよ。


行人坂(NO.266) 8
写真8

そんなわけで、再び坂道に戻りまして、写真4とだいたい同じ位置より、今度は坂上方向を見てみたものです。(写真8)
坂上の高層ビルがちょっと気になるところですが、坂道自体は勾配具合といい両サイドの緑の具合といい、なかなかいい感じだったかもです。


行人坂(NO.266) 9
写真9

さらに坂道を上り、坂下方向を見てみたものです。(写真9)
さきほどの大円寺の門も見えつつも、左には「目黒川架橋供養勢至菩薩石像」なる説明文が書かれた案内板が設置されたほこら(勢至堂)がありました。
どうやら坂下の太鼓橋に関係する石像を祭っている場所のようでしたね。

あとは、ここにもほこらの説明とあわせて坂の説明が書かれた案内板もありました。
いちおう、抜粋しておくとですね、
『寛永の頃、出羽(山形県)の湯殿山の行人が、このあたりに大日如来堂を建立し修行を始めました。しだいに多くの行人が集まり住むようになったので、行人坂と呼ばれるようになったといわれています。』
とのこと。


行人坂(NO.266) 10
写真10

さらに坂を上り、坂上方向を見てみました。(写真10)
たぶんこのあたりが一番、急勾配な場所のように感じましたが、今回は傾斜具合を調べていないため、あくまで感覚ですので、あしからず。


行人坂(NO.266) 11
写真11

さらに坂を上り、坂下方向の景色でも。(写真11)
もうここからは、坂下あたりははるか下という感じでした。
そして、この右側にも、なにやら「富士見茶屋と夕日の丘」という案内板がありましてですね、
『江戸時代、この辺には「富士見茶屋」があり、大勢の参詣客や旅人がここで一服、秀麗な富士の眺めを楽しんだ。また、坂の周辺は夕日と紅葉が見事で、夕日の岡と呼ばれていた。』
と書いてありましたよ。
なるほどですね。
このブログを前から見てくれているかたやマニアの方なら、わかるかもしれないですが、この目黒-恵比寿駅間は西側の目黒川に下る形の地形になっているので、目黒-恵比寿駅間にある坂道の坂上からならかつてはどこも富士山が見えたということみたいですね。
しかも、ここも茶屋坂(NO.263)の「爺々が茶屋」ほどは有名でなかったのかもしれませんが、富士見茶屋があったというわけですね。


浮世絵-富士見茶屋
江戸名所図会

こちらは、江戸時代の、このあたりの景色を描いている「富士見茶亭」という江戸名所図会です。
夕日と紅葉の感じはちょっとわかりにくいですが、当時の富士見茶屋の栄えぶりについてはわかりやすく描かれていておもしろいですね。
ここは、当時、江戸市中から目黒不動尊に通じる道だったようなので、このような賑わいがみられたようですね。

行人坂(NO.266)12

写真12

ほぼ坂上あたりまできて、坂上方向を見てみたものですね。(写真12)
これだけ急勾配の坂を上がる、さらに奥に高層ビルが見えているというのが、なんとも悲しいやら珍しいなあという気分にさせてくれる場所でもありましたかね。



行人坂(NO.266) 13
写真13

ここもほぼ坂上なのですが、写真12の場所からすこし坂を上ったあたりからのものです。(写真13)
ちょうど正面に、ホリプロのビルが見えていたので、載せてみましたよ。
こんなところにあったのですね。
(余談ですが、たまたま昨日、スーパー銭湯に寄ったついでにひさびさにゴールデンタイムのテレビを見ていたら、TBSで三浦友和さんのお姉さんのペンションに安住さんと佐藤さんが訪れるという番組をやっていて、昨日の今日ということもあってか、あらためてそういう歴史も含めての場所(坂道)というかビルでもあるのだなあと、ふと思ってみたり。笑)

ちなみに富士山の方角は、ちょうどビルとビルの間の抜けている方向みたいでした。


行人坂(NO.266) 14
写真14

そんなこんなで、やっと坂上からの景色でも。(写真14)
とにかく、富士山のことも含めていろいろなエピソードのある坂道だったので、今後も引き続き訪れることにして、さらに歴史研究(汗)、そして時代による変化を楽しんでみたいと思える坂道だったかもですね。


ということで、今回も長くなりましたが、こんな感じです。



地図
目黒区下目黒1および品川区上大崎4あたり

べっしょ坂と呼ぶそうです。
場所は、東急の中目黒駅の東側にあり、こまかい場所は説明しにくいのですが、目黒川よりは北にあり、恵比寿駅の南西側にある坂道といえば、だいたいの場所がわかりそうですかね。


別所坂 (NO.265)1
写真1

ではまず、坂下あたりの様子から。(写真1)
このあたりは、ちょっと道幅が狭めで、閑静な住宅街の中の坂道といった感じでした。
ただ勾配具合は、あとでもでてきますが、この坂道は全体的に急坂で、その雰囲気がこのあたりからもでてきているようでした。
ちなみに、この坂道にも、坂の碑があり、写真では写っていませんが、写真1のすぐ左側にあってですね、いつものように抜粋するとですね、
『この辺りの地名であった「別所」が由来といわれる。別所坂は古くから麻布方面から目黒へ入る道としてにぎわい、かつて坂の上にあった築山「新富士」は浮世絵にも描かれた江戸の名所であった。』
と、ありました。
もうここで、坂名の由来がわかってしまいましたが、どうやらここは地名由来の坂道みたいですね。
なお、新富士については、後でも触れますので、ここでは軽くスルーです。


別所坂 (NO.265)2
写真2

すこし坂を上り、坂下方向を見てみたものです。(写真2)
ここからだと、勾配具合もすこしわかりやすいかもですね。
しかも、写真1では写っていなかった坂の碑も道の右側のほうにちらりと見えていますかね。


別所坂 (NO.265)3
写真3

写真2とだいたい同じ位置より、今度は坂上方向を見てみました。(写真3)
このあたりから、急坂具合が出てきましたね。
坂道によってこれくらいの勾配でも道路の舗装が滑り止めタイプのものになる場合もありますが、ここではまだ普通のアスファルトタイプでした。
道幅具合もあいかわらず狭いままでしたね。


別所坂 (NO.265)4
写真4

そんでもってこの階段ですよ。(写真4)
この階段は別所坂とは別ものですが、位置的には写真3の右側あたりから、このような急階段がどどんとあるのですよ。
これみるだけでも、これから上る別所坂の高低差具合が想像できそうですかね。(汗)


別所坂 (NO.265)5
写真5

さらに坂を上り、坂下方向を眺めてみたものです。(写真5)
写真4の階段は、道路の左側に黄色のネットが見えていますけど、そのすこしむこうあたりにあるようでした。
(あ、そうそう、それで思い出したのですが、当日は、階段と別所坂を一緒に写そうとすると、あの黄色のゴミ置場があまりにも写るのでやめたのでしたよ。(笑))


別所坂 (NO.265)6
写真6

さらに坂を上ると、今度は右にカーブしていました。(写真6)
勾配具合もかなりすごくなってきました。


265)7
写真7

これは、写真6の正面に見えていたマンションですね。(写真7)
なかなか渋くて、高低差のものすごい階段の先にどうやら入口があるみたいです。
こういう場所に一度は住んでみたいなあと思ってみたり。


別所坂 (NO.265)8
写真8

再び坂道に戻りまして、さらに坂をすこし上り、今度は坂下方向をみてみました。(写真8)
このアングルからの左へのカーブ具合もいいですねえ。
ちなみに、この別所坂、こんな感じで、蛇道といってもいいくらいS字が続いている坂道なのですよ。
なので、坂を歩いている途中は、坂全体を見渡せるこれといったポイントはありませんので、あしからず。


別所坂 (NO.265)9
写真9

こちらは、写真8とだいたい同じ位置からの坂上方向の景色です。(写真9)
歩くたびに景色が変わるのでおもしろいですね。
そして、このくねくね感に、あいかわらずの急勾配具合、いいですね。


別所坂 (NO.265)10
写真10

こちらは、写真9での道路が左に曲がる直前の場所からの坂下方向の景色です。(写真10)
このあたりからやっとドーナッツ型の滑り止め舗装が登場。
遠くには中目黒駅前にある、なんか地震がきたら倒れそうな感じのつくりというか細長くて背の高い形をしていて前から気になっていたアトラスタワーなる高層ビルが見えておりましたよ。


別所坂 (NO.265)11
写真11

道がくねくねカーブしていて、全体が見えないのでちょっとわかりにくいかもですが、今度は、写真10でいえば、写真右側方向を見ると、これまたかなりの急勾配の坂道が続いていました。(写真11)
右側の擁壁と左側の建物に囲まれていて狭苦しい感じがしなくもないですが、道自体がすこし幅が広がっている分、それほどの圧迫感はないのかなと。


別所坂 (NO.265)12
写真12

こちらは、写真11で見えていた坂上の踊り場のような場所まで上り、坂下方向を見てみたものです。
しつこいですが、かなりの急坂でした。(写真12)
ここは坂下側からと坂上側からの景色が全然違った感じに見えるのが、おもしろいところではあります。
ちょっとした高低差マジックとも言えますかね。
ちなみに、ここの部分をスマホのアプリで傾斜具合を計ってみると14.2度でした。
またこれを、よく道路標識などで表示されている%に換算してみると、だいたい25.3%みたいですね。。
どうりできついわけですな。(笑)


別所坂 (NO.265)13
写真13

写真12とだいたい同じ位置より坂上方向を見てみると、ここからは階段になっていました。(写真13)
どうりで車の通りが散歩中まったくなかったわけな。(と言いつつもこういうつくりになっていることは散歩前から知っていたのですが。。)


別所坂 (NO.265)14
写真14

ちなみに、写真13の左側には、こんな具合に庚申塔がありました。(写真14)
しかも、説明が書かれているプレートもありましたので、こちらもいつものように抜粋しておくとですね、
『「庚申塔」は、庚申を信仰する庚申講の仲間たちが建てたものである。仲間達は60日に一度くる庚申の日に、眠ってしまうと、「三尸」という虫が体から抜け出し、天の神に日頃の悪事を報告され、罪状によって寿命が縮められるので、集まってその夜は眠らずに過ごしたという。
江戸時代には、豊作や長寿、家内安全を祈るとともに新陸や農作業の情報交換の場ともなり盛んに集まりがもたれた。庚申講の仲間たちは3年、18回の集まりを終えると共同で庚申塔を建てた。形や図柄は様々だが多くは病気の悪い鬼を追い払うという青面金剛像、その他に三匹の猿や日月、二羽の鶏が掘られている。
別所坂庚申塔の昭和51年の調査では、紀年銘、寛文五乙巴天〜昭和元年(1665〜1764)である。平成九年七月吉日 設置』
とありました。

なるほど。


別所坂 (NO.265)15
写真15

写真13で見えていた階段の全景はこんな感じでしたよ。(写真15)
また、今回の別所坂の坂上は、この階段上ということにもなります。
これはこれでなかなか良い感じの階段ですかね。
これだけ急勾配の坂道を上ったあとにこの階段というのも、坂道的にも珍しい部類のつくりだと思います。


別所坂 (NO.265)16
写真16

そして、これですよ。(写真16)
写真15の階段右側のほうにちらりと見えていましたが、こんな感じでまたまた案内看板があったのですよ。
始めのほうの坂の碑の説明でもでてきた、新富士についてですね。
まずは、写真16からでも読めるかもしれませんが、こちらもいつものように内容を抜粋しておくとですね、
『この辺りは、昔から富士の眺めが素晴らしい景勝地として知られたところ。江戸後期には、えぞ・千島を探検した幕臣近藤重蔵が、この付近の高台にあった自邸内に立派なミニ富士を築造。目切坂上の目黒”元富士”に対し、こちらは”新富士”の名で呼ばれ、大勢の見物人で賑わった。
平成3年秋、この近くで新富士ゆかりの地下遺構が発見された。遺構の奥からは石の祠や御神体と思われる大日如来なども出土。調査の結果、遺構は富士講の信者たちが新富士を模して地下に造ったとわかり「新富士遺構」と名づけられた。今は再び埋め戻されて、地中に静かに眠る。』
とのこと。

そうなんですよ。
この坂上あたりからは、かつては富士山がよく見えたらしいですね。
近藤重蔵については、「高台にあった自邸内に立派なミニ富士を築造」とありますが、これは、山野さんの大江戸探訪でもさらりとふれられていて、近藤重蔵のwikipediaのページにも書かれていますが、重蔵は、このあたりに広大な土地を所有していて、文政2年(1819年)に富士講の信者たちに頼まれて、富士山を模した富士塚をつくり、目黒新富士、近藤富士、東富士などと呼ばれて参詣客で賑ったそうですよ。
ただ、その賑わいがいろんな意味で災いして文政9年(1826年)にこの場所の管理を任せていた長男の近藤富蔵が、屋敷の利害問題に憤慨して隣家の7名を殺害したという大事件もあったという場所でもあったみたいですね。
近藤重蔵の目黒新富士のあった土地はwikipediaのページによれば、現在の中目黒2-1あたりとのことです。
また、目黒新富士なる富士塚についても、昭和45年(1965)に取り壊されKDDIの研究所となり(これはマルハナバチのつぶやきなるサイトさんの記事「木曽呂富士と安藤広重の「目黒新富士」」の情報です)、今はその研究所も地図で見た限りはなく、マンションになっているようですね。
むむー。
あと、目黒区の解説サイトによれば、「文政二己卯年六月建之」の碑石なるものが今でも残されているとのことが書かれているので、また機会があれば調べてみたいと思います。
ちなみに、屋敷跡がKDDIの研究所となっているいうことは、タモリさんの坂道本にも書かれていて、タモリさんが調査した時は、まだKDDIの研究所だったとも記しているので、今のマンションになったのはけっこう最近のことなのかもしれないですね。

あとは、新富士遺構も気になりますね。
今は、マンションになってしまった場所の地下でひっそりと眠っているんですかね。


目黒新富士
広重の浮世絵

写真16の案内看板の上のほうにも浮世絵が掲載されていますが、ここでは違うほうの浮世絵を紹介してみますよ。
広重による名所江戸百景の「目黒新富士」ですね。
要は、浮世絵の左に描かれているのが、かつて存在した目黒新富士ですね。
人の大きさと比べてみてもかなりの大きさだったようですね。
まあデフォルメされているのか、実際にこれだけの規模だったかどうかは、今のところきちんと調べていないので不明なのですがね。。
あと、別所坂については、いつからここにあったのかは不明ですが〔古地図みてもよくわからんのです)、この浮世絵でいうと、右側の人が歩いている坂道が、今の別所坂の位置と合致するので、そうなのかもしれないですし、そうでないかもしれないです。。


別所坂 (NO.265)17
写真17

そんなわけで、やっとこ、坂上からの景色でも。(写真17)
ちなみにこの左側が、KDDIの研究所の跡地であり、今はマンションになっている場所のようですね。

別所坂 (NO.265)18
写真18

こちらは地図をみながら富士山の方向を調べてみると、だいたいこの位置かなという場所からの景色です。(写真18)
なので、やはりこの感じ(正面の大きな建物があるので)からすると、目黒区の解説サイトに書かれている、「冬から春先にかけての朝のうちなら、今でも坂上から富士が見える」というのは厳しいかなというのが歩いてみての感想になりますかね。
(と言っても、目黒区のサイトの説明は、「月刊めぐろ」という1970年代から80年代に発行されていた雑誌の抜粋らしいので、仕方ないのかもしれないですけどね。)

ただ坂道自体はおもしろい坂道ですし、隠れ富士見坂としても見ることができる坂道であり、おすすめランキングはかなり高い坂道なので、ここに行ったことない坂道好きの人はぜひ歩くように。(笑)


ということで、長くなってしまいましたが、今回はこんな感じです。


地図
目黒区中目黒2-1あたり

気がつけば、けっこう時間が経ってしまいましたが、年末に、ひさびさに東京ドームそばの文京シビックセンターの展望台に行って、定点観測してきた時のことでも。


文京シビックセンターから富士見1
写真1

いきなりドドンと。(写真1)
富士山ですね。
見てのとおりですが、ここは文京シビックセンターの25階というけっこう高い場所にある展望ラウンジからのものです。

しかも、過去にも(2012年2006年)ブログで取り上げていたわけですが、今回が一番よく見えていて、冬らしく頂上には雪もしっかり、という感じだったのです。
もしかしたら、カメラの性能の違いかも?とも思いましたが、たぶんそれよりは、時期はもちろん、行った時間がよかったからなのかなと。(2012年のほうは、逆行気味ですしね。)


文京シビックセンターから富士見2
写真2

今度は、引き気味の視点で。(写真1)
これだとちょっとわかりにくいですかね。
この写真2の感じだと、すこし富士山が遠目にみえているかなと。
現地で見た感じでは、これと、写真1の真ん中あたりの距離感で見えていました。


毎回こういう場所で富士山が見えるたびにブログの記事にしていてなんですが、やはりこのような高層階で見る富士山は、地上でみる富士山とはまた違った感じで見てしまいますかね。
ただ、その感じが、どいうものなのかは、好き嫌いも含めて、まだいろんな要素がありすぎるので、おいおい気持ちの整理でもしていきたいとは思っていますけど。


ちなみに記事の内容とは関係ないですが、今日(2月29日)は4年に1回というめずらしい日なのですよね。
ということは、2012年にシビックセンターでの定点観測記事を書いた年も2月29日があった年ということになるんですかね。(そういう意味ではちょっとだけつながりましたかね。。)

ということで、今回はさらりとこんな感じです。


住所
文京区春日1‐16‐21

ひさびさの都内の坂道再開です。


ちゃや坂と呼ぶそうで、場所は、JR目黒駅と恵比寿駅の間にある恵比寿ガーデンプレイスの南西エリアにある坂道で、坂上のそばには防衛省の施設が隣接している場所でもあります。



茶屋坂(NO.263)-1
写真1

まずは坂上からの様子でも。(写真1)
見てのとおりですが、けっこう道幅の狭い坂道でした。
しかも、道がくねくねしていたので、ここからは坂下の様子はまったくわかりません。

あと、ブログの写真では見えないと思いますが、正面の黄色い看板には10%という表示が書いてありましたよ。
なのでここは勾配10%ということですね。
ちなみに、軽く復習がてらですが、勾配10%と傾斜10度はかなり勾配具合が変わってきますのであしからず。
(10%の勾配で、5.5度くらい?)


茶屋坂(NO.263)-2
写真2

いちおう、写真1の背後も見てみました。(写真2)
防衛省の宿舎のマンションがボンボンボンと並んで見えていましたよ。


茶屋坂(NO.263)-3
写真3

次は、坂をすこし下り、坂上方向を見てみた物です。(写真3)
地面の舗装の色が途中からあずき色のものになっていましたが、これは普通なら、坂上あたりより勾配具合がゆるいからというパターンが多いのですが、ここはどうなんですかね。
見た目はむしろ傾斜はきつくなっているような気もしますけど。。


茶屋坂(NO.263)-4
写真4

写真3とだいたい同じ位置より、今度は坂下方向を見てみました。(写真4)
途中で右に曲がるポイントがありますが、今回の坂道はまっすぐのほうです。
とりあえず、今回の坂道は道幅が狭いまま、こんな感じで坂下まで続いているのですよ。
でも道幅が狭いとなんか独特の雰囲気がでてくるのは、やはり坂道のおもしろいところかもですね。


茶屋坂(NO.263)-5
写真5

こちらは、写真4でも見えていた、右に曲がる道を曲がり正面をみるとこんな景色がひろがっていたのですよ。(写真5)
ここは、茶屋坂ではないので、要は無名坂といえるのですが、勾配具合もいい感じの坂道でした。
あとは奥の目黒清掃工場の煙突もかなり印象的な場所だったかもですね。


茶屋坂(NO.263)-6
写真6

写真4とすこしかぶり気味ですが、写真5の立ち位置とだいたい同じ場所より、茶屋坂の坂下方向を眺めてみたものです。(写真6)
このあたりも道がくねくねしていて、坂下あたりはまだ見えていませんが、勾配具合はけっこうあるのはわかりやすいかもです。


茶屋坂(NO.263)-7
写真7

さらに坂をくだっていきますが、まだ坂下は見えず。。(写真7)
舗装が、例のドーナツ型なので、勾配はけっこうきつめなのかもしれませんが、距離がかなり長いので歩いているときはそれほどは感じなかったですかね。

茶屋坂(NO.263)-8
写真8

さらに坂を下ると、急にカクンと右に曲がるポイントがやってきます。(写真8)
そして、正面に見えている黄色い看板には、20%という文字が。。(かなりきつい・・・。)
さらに、その左横には、坂の碑ならぬ坂の案内版もあったのですよ。
いつものように抜粋するとですね、
『茶屋坂は江戸時代に、江戸から目黒に入る道の一つで、大きな松の生えた芝原の中をくねくねと下るつづら折りの坂で富士の眺めが良いところであった。この坂上に百姓彦四郎が開いた茶屋があって、3代将軍家光や8代将軍吉宗が鷹狩りに来た都度立ち寄って休んだ。家光は彦四郎の人柄を愛し、「爺、爺」と話しかけたので、「爺々が茶屋」と呼ばれ広重の絵にも見えている。以来将軍が目黒筋へお成りの時は立ち寄って銀1枚を与えるのが例であったという。また10代将軍家治が立ち寄った時には団子と田楽を作って差し上げたりしている。こんなことから「目黒のさんま」の話が生まれたのではないだろうか。』
とありました。

そうなんですよ。
この坂道、実はかつて坂道の途中から富士山が見えたという富士見坂でもあったんですね。
しかも、「大きな松の生えた芝原の中をくねくねと下るつづら折りの坂」とあるとおり、これは現在でもこれまで歩いてきた感じ(写真1から写真8)からも、昔のくねくね感もちょっと想像できそうですよね。

ちなみに、江戸時代にあったという爺々が茶屋については、説明にもあるとおり、広重の絵にも描かれています。


茶屋坂(NO.263)-広重絵図
「目黒爺々が茶屋」広重

それがこの絵図ですね。
右下あたりに見えているのが爺々が茶屋ですかね。
しっかり松も描かれていますね。
位置的には、写真1あたりからの景色を描いたものだろうと思われます。
ちなみに、この茶屋、将軍家光の時から、爺々が茶屋と言われるようになったそうですが、本来はこの茶屋から富士山を望むことができたことから、富士見茶屋と呼ばれていたそうですよ。


茶屋坂(NO.263)-9
写真9

そして、坂道をカクッと曲がり、さらに坂下方向を眺めてみたのがこちらです。(写真9)
まだ坂道は続いていましたよ。
しかも、ここでもあの煙突が。
ちなみに、富士山の方角ですが、地図で確認すると、実はここの坂道の軸線上にあるみたいですね。


茶屋坂(NO.263)-10
写真10

こちらは、写真9で見えていた横断歩道のあたりまで下り、坂上方向を見てみたものです。(写真10)
ここで坂上のほうが急に曲がっていているのは昔からだったのかどうかについては、手持ちの古地図では場所が微妙に外れていて確認できなかったのですが、写真でも見えているとおり、いつもの坂の碑があるので、昔からあったということにしておいて、とりあえずここでは、坂の碑の説明を抜粋するとですね、
『江戸時代、将軍が鷹狩りの際に立ち寄った、「爺々が茶屋」と呼ばれる一軒茶屋がこの近くにあったのが由来といわれている。』
ということでした。


茶屋坂(NO.263)-11
写真11

せっかくなのでさらに坂道を下り、坂上方向を見てみたものです。(写真11)
こうしてみるとかなりの高低差でした。
しかもここから坂上までの高低差を想像してみると・・・。


茶屋坂(NO.263)-12
写真12

さらに坂下方向に歩いていると、途中、道の西側(写真12でいえば左側)の擁壁とその緑がなかなかの感じだったのでおもわずパチリと。(写真12)


茶屋坂(NO.263)-13
写真13


そして、最後にこれなのですよ。(写真13)
微妙に、写真12ででてきた緑と擁壁も写真13の上のほうに見えている場所なのですが、なんとここに”茶屋坂街かど公園”なる公園があって、しかも、園内には「茶屋坂の清水と碑によせて」という案内版があったのですよ。
もうここまできたら、それも抜粋してですね、
『落語で有名な「目黒のサンマ」の話のもととなったといわれている爺々ヶ茶屋は、現在の三田2丁目に位置する茶屋坂の途中に、その由来をしめす説明板があります。この爺々ヶ茶屋は、江戸時代、徳川歴代の将軍、三代家光公、八代吉宗公が、鷹狩りにおなりのさい、背後にそびえる富士の絶景を楽しみながら、湧き出る清水でたてた茶で喉を潤したと云われています。中でも八代将軍吉宗公は、祐天寺詣でのおりにも利用したと伝えられています。こうして長い間、身分の垣根を越えて皆に愛され親しまれてきた「茶屋坂の清水」も、昭和8年、分譲地の造成工事のため、埋没の危機にさらされました。その時、この清水を惜しんだ、分譲地の一画にあった水交園の管理人夫妻が、清水の保護に努力されて「茶屋坂の清水」は、守られ、次の世代へと受け継がれてきました。その後、この清水は、東京大空襲の際には、消防用水、炊事用として付近の人々の命を救ったのでした。この碑は、戦後、「茶屋坂の清水」の由来を永く後世に伝えるため、この清水の恩恵を受けた人々により建てられました。残念ながら現在は、その清水も渇き、この碑だけが、唯一、当時を語っています。目黒区では、この碑の中に流れる人々の心を、受け継ぐ意味から公園に移動しました。この碑の心が区民の皆様にも永く伝えられ、当時を偲ぶ資料となれば幸いです。』
と長いですが、ありました。

要は、このあたりに、かって、おいしい水がわき出る清水があったということみたいですね。
なので、爺々ヶ茶屋もそのおいしい水でお茶をいれて、当時の将軍をもてなしていたのだなあと想像すると、今はひっそりとあるこの場所もなかなか興味深い場所だったのかもしれないですね。


そして、最後の最後に、これまでの話だけではちょっとわかりにくかった”目黒のさんま”のことについてすこしふれて今回はおわりにしたいと思います。

『例によって遊猟の帰途、茶屋に寄った将軍は、空腹を感じて彦四郎に食事の用意を命じた。だが、草深い郊外の茶屋に、将軍の口にあうものがあろうはずはない。そのむねを申しあげたが「何でもよいから早く出せ」とのこと。やむをえず、ありあわせのさんまを焼いて差しあげたところ、山海の珍味にあきた将軍の口に、脂ののったさんまの味は、また格別だったのだろう。その日は、たいへんご満悦のようすで帰った。それからしばらくして、殿中で将軍は、ふとさんまの美味であったことを思い出し、家来にさんまを所望した。当時さんまは、庶民の食べ物とされていたので家来は前例がないこと、たいへん困ったが、さっそく房州の網元から早船飛脚で取り寄せた。ところが料理法がわからない。気をきかせた御膳奉行は、さんまの頭をとり、小骨をとり、すっかり脂肪を抜いて差し出した。びっくりしたのは殿様。美しい姿もこわされ、それこそ味も素っ気もなくなったさんまに不興のようす。
「これを何と申す」
「は、さんまにございます」
「なに、さんまとな。してどこでとれたものじゃ」
「は、銚子沖にございます」
「なに銚子とな。銚子はいかん。さんまは目黒に限る」
この話が、落語「目黒のさんま」である。』 
(”「目黒の坂 茶屋坂」目黒区” のHPより抜粋)


ということで、今回はこんな感じです。


地図
目黒区三田2-11あたり

ちょっと間が、あいてしまいましたが、代々木八幡宮の続きです。
知っている方もいるかもしれないですが、実は、代々木八幡宮の境内には富士塚(富士信仰に基づき、富士山に模して造営された人工の山や塚)もあったんですよ。
(富士塚についての細かい説明は、wikipediaをみてくださいな。)



代々木八幡宮で富士山1
写真1

それがこちらですね。(写真1)
けっこうな高低差のある小山でしたよ。
上のほうに見えている大きな石碑が3つほど見えているあたりが頂上ということになるみたいですね。
とにかく富士塚のつくりについては、僕はよく知りませんので、「過去にいくつか見た富士塚と比較してみても、だいたい同じように階段まわりは荒々しいつくりになっていましたよ」というほかはありませんが、なんだかいろいろ考えさせられて興味深かったです。

ちなみに、この写真1、下部の方の画像が荒めですが、これは画像処理ソフトで、元の場所は、暗くてかなり黒くなっていたのを、わかりやすくするため無理矢理修正したためにこんな風になってしまいましたよ。(汗)


代々木八幡宮で富士山2
写真2

富士塚めぐりは、坂道さんぽの中では、あくまでおまけなので、これくらいで軽く流すとしてですね(と言いつつも、当日はこれを一度見たくて来てみたのが7割くらいだったのですが。。)、最後は、富士塚の階段を下っている途中にぱちりと一枚。(写真2)
もちろんこれは坂下方向を見てみたものですね。
しかも、地図で確認したところ、この軸線方向のむこうに、富士山があるようでしたよ。(というか軸線方向を探していたらやはりこの石段だったということなのですが。。)
あと、坂下にみえている石段の奥の階段と通路は、本殿の横にある出世稲荷神社への参道なのですよ。(写真1では、左側にこの参道があります。)
実は、この出世稲荷神社、ネットで調べていたら過去にテレビでご利益のある神社として取り上げられたらしく、その影響もあってか、この種の小規模の神社としてはめずらしく、僕が訪れた平日でも参拝客がひっきりなしにお参りされていましたよ。
ただそれらの方々が、どれだけ富士塚に気がついていたかは不明ですけどね。


ということで、今回は軽くこんな感じです。


住所
渋谷区代々木5−1−1

やっときましたよ。
タイトルに「岡本三丁目の坂 」とつけているのは、通称というわけでなく、世田谷区の国分寺崖線発見マップにも、岡本三丁目の坂ということで載せているようでしたので、ここでは坂名として「岡本三丁目の坂」と呼ぶことにしますので、あしからず。

場所は、前に取り上げた「堂ヶ谷戸坂(NO.256)」の北側にあり坂上でつながっているところにあります。


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)1
写真1

そんなわけで、まずは坂下からの様子など。(写真1)
見てのとおりですが、坂下あたりよりすこし離れた場所から、今回の坂道を眺めてみたものです。
これだけみても、高低差がものすごい坂道ということはわかるんじゃないですかね。
普通に6階か7階分くらいはありそうかも。


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)2
写真2

写真1と立ち位置がだいたい同じ場所なのですが、すぐそばを仙川が流れていました。
このあたりには、この仙川だったり、野川やこれまでに登場した丸子川だったりいろいろな川がありややこしいですが、まあそのあたりは地図でも見て確認してみてくださいな。。


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)3
写真3

次は、坂下あたりからの風景です。(写真3)
なにか独特の雰囲気を感じてしまいましたが、気のせいでしょうかね。
とりあえず、坂上の頂上あたりは見えているのにはるか遠くという感じだったかもです。

あと、この右側には写真では見えていませんが、玉川幼稚園があり、今は建て替えられておもかげはないそうですが、かつての岡本幼稚園の建物は政治家の高橋是清の別跡だったそうですよ。(参考サイト:せたがや百景 No.69 岡本玉川幼稚園と水神橋


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)4
写真4

すこし坂をのぼり、勾配が急になり出すあたりから、坂上方向を見てみたものです。(写真4)
やはりこのあたりにくるとかなりの急坂でした。
だからか右側には階段もありましたよ。


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)5
写真5

写真4とだいたい同じ場所から、今度は坂下方向を見てみました。(写真5)
まあ、このアングルだと、よくある感じの坂道という感じですかね。。


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)6
写真6

でも中腹あたりまできて、同じように坂下方向をみてみると、さっきとは全然違う景色が広がっていましたよ。(写真6)
しかも、左側は空き地になっているので、ひらけ具合が半端なかったです。
(ということで、ここはぜひ公園に!(笑))


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)7
写真7

いちおう、写真6と同じ位置より、坂上方向を見てみました。
あいかわらずの勾配具合でした。
あと、このあたりで、スマホの傾斜を計れるアプリで何度か計測したところ、だいたい13度前後の値がでてきましたよ。
なんとなく体感では20度くらいあるかなあと思っていましたので、ある意味びっくりだったかもです。
(でもまあ、無料のおもちゃアプリなので、多少の誤差はあるかもしれないですけど。)


岡本三丁目の坂 [東京富士見坂](NO.257)8
写真8

そして、やっと坂上あたりまでやってきて、坂下方向を見てみました。
やはり坂上からの景色も、国分寺崖線による高低差とその向こうも住宅街ということで低層の建物が多かったので、遠くのほうまで街を見渡せてかなりよかったですよ。
ちなみに、この坂道、タイトルの中に”東京富士見坂”と入れているとおり、このそばに「関東の富士見百景」という国土交通省関東地方整備局設置の標識もあり、国公認の富士見スポットとしても有名なのですが、散歩した当日は、富士山は見えませんでしたよ。


ということで、この岡本三丁目の坂については、これからも定期的に訪れて、そのうち富士山が写った写真を記録しておこうとは思っていますので、またその写真がとれ次第報告してみたいと思いますが、今回はこんな感じです。



地図
世田谷区岡本3丁目あたり

そういえば、つい最近、「今日も日暮里富士見坂」というブログがあるのを知り、そちらの投稿で知ったのですが、とうとう6月22日に新築のマンションのために日暮里富士見坂から富士山が見えなくなってしまったとのこと。
2013年6月22日の日暮里富士見坂からの富士山(今日も日暮里富士見坂より)

うーん。
残念ですねえ。(といっても僕は保存活動とかそういうのには参加していなかったので偉そうなことは言えないのですが。。)

しかも、「今日も日暮里富士見坂」のブログの写真を見てみると、富士見坂から見える方向に”seiwa”という広告が足場を覆っているシートらしきところに堂々とかけられていますし。・・・。(汗)
(ちなみにどうでもいいことですが、この看板に書かれているseiwaとは生和コーポレーションという不動産業者(元々は建設業者)のようですね。しかもここ、今は本社が東西にあるようですが、たしか関西系の会社だったような。ということは地元企業にあたる会社ということではないですか・・・。(汗、なんかもうこんなどうどうとやってしもうている感じが恥ずかしいですなり・・・。))

あ、あとこれは備忘録ですが、今回のニュース、地味に朝日新聞デジタルでも取り上げられていましたよ。
日暮里富士見坂から富士山が…「眺望遺産」消える(朝日新聞デジタルより)


まあ、それはそれということで備忘録としてひと段落して、話はすこし前になるのですが、さる2013年1月の終わり頃にダイヤモンド富士が見られるという日が数日あったのですが、実はその日、現地に僕もいまして、天気もよかったのでみることができたんですよ。
ただ、そのことをこのブログでもそのうち記事書いて取り上げようと思っていたらあっというまに半年が経ってしまったわけでして、この機会だからせっかくなので、当日撮った写真をいくつか載せておきたいと思います。


日暮里富士見坂からの富士山が・・・1
写真1

まずは、まだまわりが明るくて富士山がほとんど見えない時のものです(うっすらですがいちおう見えていますが)。
この時間は、左の方に謎のバルーンが見えていました。
(あとで確認してみたところ、地元の人が抗議のために打ち上げたもののようでした。要は富士見坂から見られること意識したものらしいです。)


日暮里富士見坂からの富士山が・・・2
写真2

写真1の時から30分くらいのち、いよいよ夕日がちょうど富士山と重なる時間帯に近づいてきました。
もちろん、まわりは見物客でいっぱい。
ただこの時は、あまりの逆光状態で富士山はまったく見えず。。


日暮里富士見坂からの富士山が・・・3
写真3

そして、こちらが(待望の)ダイヤモンド富士直後のものです。
山頂の位置からはすこしずれてますが・・・。(そこはご愛嬌。。)


日暮里富士見坂からの富士山が・・・4
写真4

それから5分くらいであっという間に太陽はこんな位置に。
(なので今の現況からいうとこれが最後のダイヤモンド富士ということだったのですね。(泣))


日暮里富士見坂からの富士山が・・・5
写真5

写真4の時から、5分後の世界です。
富士山のシルエットがきれいに見えていました。


日暮里富士見坂からの富士山が・・・6
写真6

で、最後は、そのまた30分後の世界です。
いちおう、このままでは、なんかあれでしたので、富士見坂と一緒にですね。
とにかくこの時間になっても富士山のシルエットはよく見えていましたよ。


日暮里富士見坂からの富士山が・・・7
写真7

あと、こちらは同じ日に富士見坂でこんなこともやっていましたよ。
坂の途中の両サイドの壁や柵などに路上写真展と称して写真がいっぱい貼ってありました。


日暮里富士見坂からの富士山が・・・8
写真8

中にはこんなものまで。。
建築模型みたいでしたよ。


日暮里富士見坂からの富士山が・・・9
写真9

そして、在りし日の坂からの富士山の写真も。


ということで、今回はなんかいろいろ詰め込んでしまった感ありますが、富士見坂の番外編でもあり、備忘録というか記録もかねてこんな感じです。

本日登録が決定されたようですよー。
もちろん富士山がですね。

富士山、世界遺産に=三保松原も逆転登録―「信仰と芸術の源泉」・ユネスコ委(Yahoo!ニュースより)

とにかくおめでとうございます〜。


と、言いつつも今回の件、いいニュースなのはたしかなのですが、とりあえず今後、どういう展開になるのかが楽しみでもあり、心配なところでもありますのでしばらくは冷静に様子見という感じなのですかね。

ちなみにこれは余談ですが、今日のグーグルさんのトップページも富士山バージョンになっていましたよ(備忘録)。
富士山、世界遺産へ_1



また、このブログでもよく取り上げている都内および近郊の富士見坂についても、今後なんらかの影響はありそうな気もしますので、これからもどんな風な動きというか展開になるのかということも気にしつつ、なにか気になることでもあればこのブログで取り上げられればなあとも考えてますのでよろしくです。


富士山、世界遺産へ_2
日暮里富士見坂より



関連:
世界遺産:「富士山」登録決定 「三保松原」含め(毎日jpより)

今回は、時期てきなこともあり、あまり遅くに公開しても実感ないかなーということで、かなり直近のことですが神宮外苑花火大会が行われた日にちょっと変わった試みをしてみました。


富士見坂から花火1
写真1

まずはこちら。(写真1)
ちょっとわかりにくいかもですが、道路の向こうで花火みえてますよね。
そうなんです。
実は今回は花火見物のまえに、ちょっと下調べをしてみて都内の富士見坂から神宮外苑花火大会の花火が見えるポイントないかな〜と地図とにらめっこしてみるとあったんですよ。

過去記事でいえば、富士見坂 (NO.10)の千代田区永田町にある富士見坂で、場所的にはメトロの永田町駅やら赤坂見附駅が一番近い駅となっている坂道です。


富士見坂から花火2
地図

地図で見てみるとこんな感じでした。(グーグルマップを利用して加工したものです。)
今回の富士見坂 (NO.10)はちょうど東から西へと下っている坂道で坂道の軸線がほんとうに神宮外苑あたりを通っていたんですよ。
地図でいえば、青の点線あたりが富士見坂で、赤の点線で囲われたエリアが花火大会の行われた神宮外苑です。
もうこの位置関係を地図で再確認した瞬間、行かねば〜という感じでしたよ。(笑)


富士見坂から花火3
写真2

で、場所を変えて見てみてもやっぱり見えていましたよ。(写真2)
現地では僕が写真取り出しはじめてから人もちらほらと集まりだしてきました。


富士見坂から花火4
写真3

こちらはもうすこしカメラをズームにして撮ってみたものです。(写真3)
とりあえず花火に目がいってしまいますが、ここは富士見坂でもあるので、もし高速やらビルがなければ花火の向こうに富士山が!というロケーションも期待できるかもですが、まあ今の状況では夢の話ですかね。


富士見坂から花火5
写真3

また場所を移動して、坂の途中で花火がよくみえるポイントがあったので、そこにてぱちりと。
高低差具合からするとこのあたりはなかなか良い感じの場所みたいです。
(あと、どなたか知りませんがうしろ姿写ってますが気にしないでくださいな。)


富士見坂から花火6
写真4

そして、さっきのポイントでは花火に見いっていて全然動いてくれなさそうだったので(笑)、またまた移動してみました。
位置的には坂の中腹あたりですかね。(写真4)
ここからもなんとか見えていましたよ。
しかも坂道風景的にはここからのものがたぶん坂道と高速の高架の見え具合がよさげにみえるポイントのひとつでもあるので、これはこれでなかなかよかったかもです。
(でもなぜか警察の警備の人がいて(もしかしたらデモ関連かもしれませんが・・・)あまり落ちついてはみれませんでしたけど。)

ということで、いままでなぜこのことを思いつかなかったのだろう?というくらい写真撮るとき、すごく楽しかったです。あとはこの坂以外にも乃木坂も行ってみたんですが、こちらは地図では坂上のほうでなら下りながらみえるはずだったのですが、現地では完全に花火方向に背の高いビルがあってみえませんでした。また来年の花火大会までにはもっと下調べして他の場所もないかどうか調べてみたいものですよ。


住所
千代田区永田町2丁目あたり

さて今回は2月1日前後の日に富士見坂から富士山が見える!というニュースが各方面から流れてきていたのでそのあたりの話題でも。

なんでも今年の1月30日ごろから2月のはじめにかけて日暮里にある富士見坂(富士見坂 (NO.3))から富士山が名前の通り見え、しかも今年以降はさらに坂道と富士山の軸線上にマンションが建設中とのことで、もう見れなくなってしまうのではないかということで、見物客やテレビなどでも放送されてかなりの盛り上がりだったようです。

そんなわけで僕も、(実は)2月の中頃に日暮里の富士見坂 (NO.3)に行ってみたわけなんですよ。


とある街の風景186(日暮里富士見坂)1

それでこちらが現地での当日の様子です。
でも見てのとおりなんですけど、富士山見えませんでした。。
そのあと、駅前に行ったり、あたりをぶらついてみたりして2時間くらい滞在してみましたけど結果は同じ。(泣)
うーん。。


とある街の風景186(日暮里富士見坂)2

いちおう坂の途中よりお気楽カメラの望遠を最大にしながらも見てみました。
うまくいけば手前のビルと奥のビルのあいだに富士山見えるようですが、この日はやっぱり見えませんでした。
でも脳内景色には富士山みえてましたけどね。(笑)


とある街の風景186(日暮里富士見坂)3

また近くにはかの有名な「夕焼けだんだん」もあったのですけど、ここについてはまたそのうち詳しくとりあげますのであしからず。


そんなわけで最後は、実際に現地に行かれてしっかりと坂から富士山とらえられている方々の写真や動画があるサイト見つけたのでとりあえずの紹介でも。


ダイヤモンド富士、ビル建設で見納め? 東京・富士見坂
http://www.youtube.com/watch?v=m3Y6o2SDkWo

今年で見納め?富士見坂からの富士山
http://www.asahi.com/national/update/0130/TKY201201300082.html

日暮里・富士見坂にて ダイヤモンド富士です
http://orange.ap.teacup.com/magicdragon182/1477.html


あとはTwitterで最近、坂道の案内板にお願い張り紙がはられているという情報もゲットしました。
http://picplz.com/user/kawasumi2/pic/9v06j/


というわけで、この坂からの富士見風景はこんな感じなのですけど、なんか収拾つかなくなりそうなので、今回はさらりとこんな感じです。



住所
荒川区西日暮里3

まずは、あけましておめでとうございます。


文京シビックセンターからの富士山1

で、いきなりの写真ですが、こちらはタイトルにもあるとおりちょっと前にメトロ後楽園駅近くにある文京シビックセンターに立ち寄ったときに、撮ったものです。
とりあえずこの施設はだいぶ前にも登場したことありますし観光スポットでもあるので知っている方も多いとは思いますけど、ここの25階に展望ラウンジなる場所があってさらに無料でぶらりとできるというなかなかありがたい場所だったりします。

そして今回は前の時と違って、偶然にも富士山を遠くにみることができました。
写真ではちょっとわかりにくいかもしれないですけど手前の高層ビルと奥の新宿にある都庁とのあいだに見えていたりします。


文京シビックセンターからの富士山2

いちおうわかりやすくするため、同じ写真にちょっとした処理をしてみました。
とにかく富士山を見ようと狙ってきたわけでなかったので、かなりのお得感あったかもです。


文京シビックセンターからの富士山3

また展望ラウンジをぐるりとすると、今度は富士山の方向とは反対方向にスカイツリーも見えていました。
まわりのビル群とのコントラストもものすごく、かなりの近距離感でした。
(あとは上空に月も写ってるんですよ。)
とにかくここからのスカイツリーの眺めはおすすめだと思いますので、まだ見てないかたは訪れてみるといいかもですよ。

というわけで、今年もぼちぼちとぶらり坂道散歩を続けていきたいと思っていますので、気楽にお付き合いください。


住所
文京区春日1

フジテレビの大階段1

そういえば、だいぶ前にお台場のフジテレビの展望台に行ったときのことを書いたことあったと思うんですけど、たしか当時はたしかここもぶらりとしたと思います。
けどおそらくおまけみたいな感じで使われていたかなあという記憶しかなかったんですけど、今回訪れてみると、前は上の展望台やら名物の建物内の展示室めぐりにアクセスするのにチューブのような構造になったエスカレーターで行き来したと思いますけど、どうやら最近はこの大階段を通らなければいけないようになっていました。

よくよく考えてみれば、本来の想定していた使われ方をしているのかなあとも予想してますけど、どうでしょうかね。

それはさておき、この大階段の上も下もいちおうフジテレビの施設なわけで、そういう意味では、おそらく今じゃこんな場所の提案してもなかなか実現しそうにないほど贅沢なつくりをしているかもですね。


フジテレビの大階段2

しかも階段上からの眺めも、今でこそ正面にホテルが建ってちらりとしか見えてないですけど、海まで見えるという設定。
そして地図で見てみると、ちょっとだけ軸ずれているっぽいですけど、いちおうこの階段、富士山方向に向かって下るようになっているんですよね。
(このあたりの街区の向きの偶然もありますけど。。)
なので、手前のホテルがもしなかったら今でも時期がうまくあえば、、階段のどっかから富士山見えていたかもしれないですけど、今となってはその真相は闇の中です。(笑)

それにしてもここを歩く方々、みなさん楽しげでした。
もちろんこの上のアトラクションをこれから楽しみにしている人や見てきた人ばかりで、この場所(階段)に興味を持っている人はほとんどいないでしょうけどね・・・。


フジテレビの大階段3

そして、階段の頂上でもあり上の展望台へと続くフロアにて、外海方面をぱちりと一枚。
この日のお台場は快晴でした。
あと、写真よく見てみると遠くには最近完成したばかりのかの特異なつくりの東京ゲートブリッジも見えていましたよ。


フジテレビの大階段4

おまけです。
当日めちゃくちゃ暑かったんで、おもわず撮ってみたものです。。
でも考えてみれば、まだ一ヶ月とすこし前の話なんですよね。。


住所
東京都港区台場2

ブログネタ
歴史について(日本のことも世界のことも) に参加中!
今回は、前回とりあげた目切坂(NO.154)の中で書いてしまいたかった話でも。
というのも、目切坂(NO.154)のある道を歩いたことがある方なら、逆に、あれなんで書かなかったの?というような内容だったりするものなもんで。。



元富士跡1

ということで、見てのとおり、こんなものが目切坂(NO.154)の坂上あたりにあったんですよ。
まあ簡単にいえば、富士山のミニチュアが、かつてこの案内板のうしろのマンションが見えているあたりにあったそうです。

また近くには、「目黒元富士跡」と書かれたすこし古めの案内板もあり、その内容をそのままのせてみるとですね、
『目黒元富士跡 上目黒1−8
 江戸時代に、富士山を対象とした民間信仰が広まり、人々が集まって講をつくった。それを富士講という。
 富士講の人々は富士山に登るほかに、身近なところに小型の富士を気づき、これに登って山頂の石祠を拝んだ。
 このマンションの敷地にあった富士は文化9年(1812)上目黒の富士講の人々が築いたもので、高さは12mもあったという。文政2年(1819)中目黒2丁目に新しく富士が築かれ、それを新富士と呼ぶようになってから、ここの富士は元富士といわれるようになった。
 元富士は明治11年(1878)に取りこわされ、石祠の講の碑は昭和18年(1943)上目黒氷川神社に移された。
 昭和58年3月 東京都目黒区教育委員会』
なんてことが書いてありましたよ。

なので、もうここには、かつて12mもあった元富士のことをしめすものはなにも残っていないということになりますかね。
これらの案内板以外は。。



元富士跡2

せっかくなので、かつて元富士があったであろう場所をパチリと。
現在は、この大きなマンションがあるのみでした。
ちなみにも、ちょこっとネットで調べてみると、ここは「目黒元不二」として、広重も「名所江戸百景」で描いていた名所だったんですね。
(いちおうウィキペディア以外にも、江戸東京博物館のサイト内でも見れるページもありましたのでこちらもリンクしておきますね→目黒元不二


住所
目黒区上目黒1−8

ブログネタ
街写真 に参加中!
季節はもう秋ですが、ついこないだ行ってきました。


夏の新宿中央公園1

ということで新宿中央公園にきてみましたよ。
まずは、通りに面して大きく副都心に開かれた広場のある入口あたりをぱちりと。


夏の新宿中央公園2 

前回は、まだ寒いくらいの時期だったので公園内も閑散とした感じもありましたが、今回は、真夏こそ過ぎましたがそれでも公園内には緑が青々と生い茂っていましたよ。


夏の新宿中央公園3

公園内のかつては富士山もみれたという富士見台からもこんな感じでした。(汗)
正面の木が青々としていたので、富士山どころの話ではなく、まわりも見えない感じでした。(笑)

となんとなく公園内をふらふらと歩いてみましたが、やはりいつ来ても名前の割には、まわりにひらかれた感じというよりは地域に密着した公園という雰囲気をあいかわらずぷんぷんだしている感じの公園に思えてしまいますよ。




地図
新宿区西新宿2

ブログネタ
街写真 に参加中!
前回に来た時は、夜でしたが今回は、昼の風景を。
ということで、文京シビックセンターの展望台にふらりと行ってみました。


文京シビックセンターの展望台1

この方向だと新宿のビル群の後ろあたりに富士山が見えるはずですが、やっぱり見えませんね。


文京シビックセンターの展望台2

前回は撮り忘れた展望台の中の様子でも。ここは、窓の部分が斜めになっているのが、けっこう印象的でしたかな。
まあ実際は、夜でも明かりの反射などを気にすることなく見れるようにした結果のデザインだとは思いますけどね。


文京シビックセンターの展望台3

そして、御茶ノ水あたりの景色も見えたので撮ってみたのですが、以外にビルがたくさん建っていてしかも高層なものが多いなあと。



文京シビックセンターの展望台4

このあたりは、地形の起伏がけっこうあって、このブログでも取り上げている坂道も多いんですけど、ぜんぜんわかりませんね。(笑)

ということで、ここは、前回もいいましたが、無料ではいれる場所なので、なかなかいいですよ〜。

ブログネタ
街写真 に参加中!
またまた新宿よりです。

前の記事で、すこしふれましたが、やっぱり、また行ってみました。(笑)

新宿中央公園には、富士見台というちょっとした高台があり、以前の記事にも書きましたが、そこからはかっては富士山がみえたそうですよ。


中央公園の富士見台1

ということで、写真の正面あたりが、かって富士山が見えたあたりですな。


中央公園の富士見台2

こんなものまでちゃんとありましたよ。


中央公園の富士見台3

そして、これが六角堂です。


中央公園の富士見台4

飛び石もこんな感じでありましたよ。


中央公園の富士見台5

最後は、ぱーと引いてみてパチリと。
こんなすぐそばに都庁あるんですよ・・・。
ちょっとあせるでしょ。

このページのトップヘ