東京坂道さんぽ

タグ:日々のこと
事典と辞典
天災
たまには

ブログネタ
読書あれこれ に参加中!
最近過去記事を見直していたら、ちょっとびっくりな(といってもそれほどではないですけれど)ことに気がつきましたよ。

今日の投稿した時点では、よく坂道記事を書くときにお世話になっている「江戸東京坂道事典」のコンパクト版のアマゾンのページを見ると、本のタイトルが「江戸東京坂道辞典コンパクト版」になっているではありませんか。。
ようは、事典が辞典になってしまっているということですな。
(現在のアマゾンのページの表紙写真ではちゃんと、「江戸東京坂道事典」となっていますよ。)

僕自身も、ある時期までの坂道記事で、てっきりタイトル名を“江戸東京坂道辞典”と思い込んでいて、そのまま書いていることもありましたが(その記事はまだ訂正してませんよ)、途中から気がついて、新たなページについては“江戸東京坂道事典”としてきましたが、このアマゾンのページについては、ほんとうに2日くらい前に気がついたんですよ。。(汗)

いやあ、このブログを始めたころ(2005年ごろ)は、アマゾンや楽天なんかの本売りサイトでもけっこうこういった書きミスみたいなものがよく見受けられていたのですが、ここ最近ではそれもなくなってきたなあなんて、思うこともあったんですが、なんとこんな身近なところで、こんなことを発見してしまうとは・・・。(笑)

と、そんなことを思っていたら、なんだか事典と辞典の違いについて、いままでなんとなく知っているような気分で流していたのですが、あらためて、はて?と思い、ネットの辞書でさらりと調べてみましたよ。


@事典
Yahoo!辞書
『百科事典や専門語辞典など、語を手がかりとして、それを名目とする事柄の内容を知らせる辞書。ことてん。』

goo辞書
『 (1)事物や事柄を表す言葉を集めて一定の順序に配列し、解説を施した書物。「百科事典」や「人名事典」などのように用いられる。
(2)〔周礼〕国家の諸種の事務を規定した法典。』

@辞典
Yahoo!辞書
『(1)国語辞典・対訳辞典など、語の言語としての意味・用法と内容を示す辞書。言語辞書。字引(じびき)。ことばてん。
(2)多数の語を集録し、一定の順序に配列して一つの集合体として、個々の語の意味・用法、またはその示す内容について記したもの。語のほかに接辞や連語・諺なども収める。また、語の表記単位である文字、特に漢字を登録したものも含めていう。辞書は辞典(ことばてん)・事典(ことてん)・字典(もじてん)に分類されるが、現実に刊行されている辞書の書名では、これらが明確に使い分けられているとはいえない。辞典。字書。字引(じびき)。』

goo辞書
『いろいろな言葉を集めて一定の順序に配列し、その表記法・発音・語源・意味・用法などを記した書物。辞書。じびき。』


とこんな感じで書かれていました。
まあ、これを読んだだけでも、辞典というより事典というほうが、この坂道本らしいですかね。
もし、辞典と後につけたなら、「神楽坂」とあれば、ええ〜この“神楽”の言葉の意味は・・・なり。そして・・・・。え〜・・・・。(←かなりの思い込みですので、軽く流してください。)
なんて説明もいれなければならなかったりして、けっこうたいへんなことになりそうかもですね。。


ということで、あまり深入りしないうちに今日はこれぐらいにしておいて、今回はなんとなく記録というかメモがてら書いてしまいましたが、このことについては、しばらく様子を見て、その後なにも変化がないようであったら、アマゾンにでも連絡してみようかなと思っていますよ。
ただ、アマゾンのページが訂正されてしまったら、この記事も意味のないふわふわとしたものになってしまうかもしれませんが、別に間違いを指摘するために書いたものではないですので、そのページの画像みたいなものがあればそれはそれでいいのかもしれませんが、今回はのせないことにしましたので、あしからず。

それにしても、今日の朝はびっくりでした。
もちろん地震のことですけど、なぜか今朝は地震の数分前に目がさめてしまい、その後、ゆらゆら〜という感じでした。
そして、早朝だったこともあり、寝ぼけていたのにもかかわらず、けっこうな揺れを感じたので、“ああ”と思いテレビをつけてみると(こういう時のテレビの対応のすばやさや何度も繰り返し情報を流すといういい意味でのしつこさみたいなものはありがたいですし、すごいですね)、都内で震度4、静岡のほうでは震度6!
しかも台風も近づいているみたいだったので、小一時間はテレビに釘付けでした。
この時はラジオ(FMですけど)かけても、音楽流れているだけだし、携帯もなにかそういう関係のサービスがあるみたいですが、まだ登録していなかったので、状況がわからず、結局、テレビがいちばんの情報源だったかもです。。
とりあえず、ここ数日、都内でも地震が続いているので、また自分でできる範囲で情報収集でもしていこうかなと思っていますよ。



天災

前の話のあとでの、この写真でなんですが、この木は地震で折れたものではありませんよ。
これは、2,3日ほど前に、ちょっと用事があって、そのついでにお茶の水に立ち寄った時に、古本屋めぐりをしつつ、この界隈は裏道を歩くと坂道が多いこともあり、大通りではなく裏道をわざと歩いていたらこんなものに出くわしてしまったわけなんです。(汗)
たしか最初にここを通った時には、なにもなかったはずなのに、帰りに同じ道を通ったら、こんな木が。。
見事にボキリと。
当日は雨が降っていたわけでもなく、ましてや雷も鳴っていなかったと思うんですけどね。
ちなみに、場所は明大のリバティータワーのすぐそばあたりです。
しかし、どうやったらこうなるんですかね?

ということで、なぜだか天災つながりの話になってしまいましたが、今日はあまり長々と書く気分でもないので、こんな感じでご勘弁を。

たまには

それにしても、もう8月ですか。
早いものですね。

上の写真はこのまえのお台場散歩の帰りに撮ったものなのですが、とりあえず、お台場散歩は前回でひと段落して、また次回から坂道散歩(とその周辺・・・)ということで、今日はひと休みです。

ということで、最近はあまり日々のことは書かないようにしようと思い、このブログを始めた当初よりは圧倒的に書かなくなってしまったので、今回はひさしぶりのエントリというかお知らせがてらなのですが、前回ひさしぶりに”街歩き”のカテゴリで書いたあと、ふと過去のエントリを見直してみると、このカテゴリは番号をふってなかったこともあってか、自分でもあまりになにがなんだかわけわからなくなり(汗)、いままでずっと見てくれてきた方ならまだしも、最近見てくれるようになった方にとってはさらに見にくいだろうなあと思い、年代ごとにカテゴリ分けをしてみました。(カテゴリとはサイドバーにあるやつです。)
ただ、”とある街の風景”のほうは、しばらくのあいだは今のままでいこうと思っていますが、そろそろ各エントリのデータも多くなってきたので、これらをどうやって整理していこうかなと考えている最中といった具合です。

あと、最近は淡々とブログの更新をしていたこともあり、あまり意識していなかったのですが、このライブドアブログも色々と便利な機能が追加されていて、今回、カテゴリを再振り分けするのも、このブログを始めたころと比べると圧倒的にラクチンになり、あっというまに作業ができてしまったのは、びっくりという感じでした。
しかもこんだけ、写真を保存しているのにもかかわらず100Mも使っていないとは・・(まだ、70MBくらいです・・)。
でも、まだまだ坂道はあるので(汗)、どんだけ続けるかはわかりませんが、これからも気楽にお付き合いください。
また、こんな穴場ありますよ〜などの情報も、なにかあれば知らせていただくとうれしいですので、このブログのサイドバーの一番下にあるメールフォームからメールでご意見をくださってもかまいませんので、よろしくです。

このページのトップヘ