東京坂道さんぽ

タグ:渋谷
十七歳の地図
金王坂(NO.160)
とある街の風景(明日の神話)
とある街の風景165(Earth Day Tokyo 2008)
とある街の風景153(雨の渋谷スペイン坂)
とある街の風景126(渋谷の夕焼け)
とある街の風景114(渋谷109より)
青山通り
cocoti から

人波の中をかきわけ 壁づたいに歩けば 
しがらみのこの街だから
強く生きなきゃと思うんだ
ちっぽけな俺の心に空っ風が吹いてくる
歩道橋の上 振り返り
焼けつくような夕陽が
今 心の地図の上で
起こるすべての出来事を照らすよ
SEVENTEEN'S MAP

尾崎豊


いきなりですいません。。
この前の坂道散歩の時に、金王坂(NO.160)の坂下あたりにある渋谷クロスタワーなる高層ビルの地上から見ると2階にあたる場所に、なんと今は亡き尾崎豊さんのメモリアルプレートがあり、上に書いた詩がプレートに刻まれていましたよ。



十七歳の地図1w


実は坂道散歩をする前は、ここにこんな記念碑があるなんて知らなかったのですが、金王坂(NO.160)のエントリーでも取り上げた坂道の途中にある歩道橋があまりにも立派(四角錐のやつですね)だったものでとりあえず階段をえんやこらと上り渋谷クロスタワーのほうへ行くと、これがあったわけですよ。
なんというか尾崎豊さんの熱狂的なファンの方なら知っていて当然の場所なのかもしれませんが、僕の場合それほどではなかった(でも以前は比較的よく聞いていましたけどね)こともあり、あまりに偶然に出会った感覚が強かったので、これを見つけた時はほんとびっくりという感じでした。
ただ、僕がここを訪れた時は、けっこう前だったので、人も全然いなくてひっそりとしていましたが、ここ数日の間はここに来る人も多くなっているのかもしれませんね。




十七歳の地図2w


そして今度は、手摺のむこうの景色を眺めてみてねと言わんばかりの記念碑まわりのつくり(デザイン)に誘われるように、テラスの向こうに見える渋谷の風景を眺めながらぱちりと一枚。

そこには色とりどりの風景が広がっていましたよ。(笑)

ちなみにいくつかの熱烈な尾崎ファンであろう方々が書かれたサイトによると、尾崎さんも十代の時にこの景色をこの場所から眺めていたそうで、「十七歳の地図」の歌詞もここからの風景を描写したものというかここの景色を意識して書かれたものだろうということでした。
(まあそうじゃなきゃ、プレートに歌詞なんか刻まないですけどね。。)
そんなこともあり、記念碑が1995年に設置されたということみたいで、プレートに書かれた詩(歌詞?)は、もうお気づきかと思いますけど「十七歳の地図」の一部を抜粋したものみたいですね。


地図
渋谷区渋谷2

ブログネタ
風景 に参加中!
所在地:渋谷区渋谷2


こんのう坂とよぶそうです。
場所は本当に渋谷駅近くの場所で、六本木通りと国道246号が交差するあたりが金王坂の坂下ということになり、坂上のほうで宮益坂 (NO.1)と合流している坂道です。



金王坂(NO.160)1
坂下より

坂下からの風景です。
ちょうど真上に見えているのが首都高速で、写真右手に行くと六本木通りということになります。
また、正面に見えている金王坂は国道246号ということにもなりますかね。
とにかくここから見える風景はダイナミックな感じでした。




金王坂(NO.160)2
坂の途中より

今度は坂道沿いから坂上のほうを見たものです。
両サイドには背の高い高層ビルが門のようにそびえ立ち、これまたふつうのつくりとは一味ちがった立派な歩道橋(屋根つきで両サイドが四角錐ですね・・)が見えていたりと、なにかちょっと考えてみたくなるような景色が広がっていました。
しかも、歩道橋には青山通りと書いてありましたよ(青山通りって明治通りと交差するところまでのことを言うんですね)。




金王坂(NO.160)3
坂上あたりより

そして一気に坂上あたりまでやってきました。
こうしてみるとけっこうな高低差があるんですね。
さっき見えていた立派な歩道橋も明らかに下のほうに見えてますしね。。



金王坂(NO.160)4

そして最後は坂上にある歩道橋(こちらはふつうのデザインのものでしたよ)から坂下(渋谷駅方面)のほうを眺めてみました。
まあここから見るとあんまりありがたみがない感じではありますが、坂の全貌がわかりやすいかなということで、いちおう記念にぱちりと。。

ちなみにこの坂道にはいつものような坂の碑(でも木じゃないです)があり、
『明治、大正、昭和と波乱万丈の過程を経て市区改正、町名変更に伴ない先輩諸氏の築かれた幾多の功績をたたえ由緒ある金王の地名を保存しここに金王坂と命名する。』
とありました。



金王坂(NO.160)5
おまけです。
これは先の歩道橋から今度は青山方面を見たものです。
なので、ちょうどこの左側に宮益坂の坂上もあることになりますかね。
まあほんとは金王坂と宮益坂がいっしょに見える場所からも一枚撮ればよかったんですけどね。。
(あと、これは余談ですけど、正面の青山通りの一番右側の三車線(特にその中の一番左側)のほうから宮益坂のほうへ行こうとすると、サイレンがたぶんなると思いますますのでご注意を・・・。(汗))



地図
渋谷区渋谷2

ブログネタ
美術館・博物館 に参加中!
やっと見に行くことができましたよ。
えっ、それはなにかって?


とある街の風景(明日の神話)1

これですよ。
岡本太郎の「明日の神話」という巨大壁画が、JR渋谷駅と京王井の頭線渋谷駅をむすぶ連絡通路の途中に、こんな感じで、屋外看板のように公開されていましたよ。
しかもこの絵、11月17日に公開されたばかりだそうです。
たまたま近くを通る機会があったので撮ってみました。

とりあえず、その他の詳しいことなんかは、“渋谷経済新聞”や“岡本太郎『明日の神話』を渋谷へ、運動。 ”とかオフィシャルページなどで書かれていて、壁画をじっくり画像で見れたりもするようなので、よかったらどうぞ。
(まあどうでもいいことなのですが、これらのサイト情報は、自分自身のメモがわりとしてもリンクしているんですけどね。実は。。)


とある街の風景(明日の神話)2

ということで、最後は、井の頭線のほうからパチリと。
現地ではそれほどでもなかったのですが、こうやって写真であらためて見ると、なにやらここを歩く大勢の人たちのあらゆる心模様をひとつの絵として描き出したかのような妄想にとらわれてしまうほど、案外、この場所になじんでいるのかなと思ってしまいましたよ。
まあ、あくまで個人的な意見ですし、数年後にまた移転する可能性もなきにしもあらずということらしいですけどね。。


住所
渋谷区道玄坂1

ブログネタ
街写真 に参加中!
前回のとある街の風景が、代々木公園だったので、うまいぐあいにつながってくれましたが、ついこのあいだ、代々木公園でひらかれていた Earth Day Tokyo 2008なるイベントにいってきました。




Earth Day Tokyo 2008_1

ちょうど、僕が行ったときには、なんと園内の野外音楽堂にてGANGA ZUMBAさんのライブがやっていましたよ。

(というか、この時間帯に重なるように行ったのですが)思っていたより人が多く集まっていて、今回は奥のほうから見ていたのですが、ステージ近くの人はノリノリといった感じでしたが、僕のまわりで見ていたひとは淡々と眺めている風な人が多く、僕自身もそのうちのひとりでしたが、内心はひさしぶりの生ライブをみることができて、大満足の30分間でした。

ちなみに、写真ではかなり小さく写ってしまっていますが、真ん中でブルーのシャツを着て歌っている人が宮沢和史さんです。



Earth Day Tokyo 2008_2

そして、いろんな活動をされている方がたくさんいるもんだなあと思いながら、園内をうろうろと。

このあたりはNPOヴィレッジとよばれるゾーンだったのですが、せっかくなので、ここが代々木公園だぞ〜ということをわかりやすくみせたいがために(別にいわなくてもいいんですけど・・・)、NHKなどが見える位置からぱちりと。。

よくよくみていると、テントの形もなかなか工夫されているんですね。



Earth Day Tokyo 2008_3

最後に、渋谷駅方面とは反対側の井ノ頭通り側から帰り際に一枚撮ってみました。

このまえ来たときも、まま混んでいましたが、この日はそれどころではなかったです。


ただ、さすがにこのあたりまでくると園内の渋谷駅側ほどは混んでなかったのですが、このあたり以外はほんと人が多かったです。

ということで、今回は募金するかわりに、はたまたライブを見させていただいお礼に、というか、僕も共感できそうなイベントということもあり、このブログで書いてみましたが、とりあえず、長々と書くのもなんですので、今日はこんな感じです。


地図
渋谷区神南2

ブログネタ
写真日記 に参加中!
一昨日の土曜の台風の近づいた日に、たまたま通ったので、ぱちりと。。


雨の渋谷スペイン坂

ここは、以前にもとりあげた渋谷のスペイン坂 (NO.23) ですが、けっこう人通りが多いこともあり、坂上から見てみると、傘をさしている人が、一目瞭然で見えて、傘の洪水のように見えるかな〜、と思ったんですけどね。(笑)
でも、実際は、ここは坂上から一望できる坂道でなく、なるたけビルなどの高いところから見るということもしたくなかったので、今回のようにちょっとわかりにくい感じになってしまいましたが・・・。
とにかく、すこしだけでもその雰囲気が見えればいいのですが。。

ということで、雨の日をねらってなるべく人通りが多くて、高低差のある坂道をあるくというのは、なかなか、おいそれとはできそうにありませんが、また近いうちにやってみたいなあと思った雨の日の坂道散歩でした。



地図
渋谷区宇田川町

ブログネタ
街写真 に参加中!
渋谷の夕焼け01

正確には、代々木公園内でのものです。(笑)
前回の記事と同じ時に撮ったもので、ちょうど時間的にかなりよい時間だったようですよ。
ちなみに左の建物はNHKです。


渋谷の夕焼け02

もう一枚です。
すこしだけ横をみるとこれまたなんともいえない夕焼けを発見してしまい、パチリと一枚。

ということで、都内ではひさしぶりにいい夕焼けと出会えたように思います。


渋谷の夕焼け03

おまけです。(笑)
夕日の光がうまくはねかえって、2つの建物がいい感じで見えていましたよ。



地図
渋谷区代々木神園町

ブログネタ
街写真 に参加中!
今回は、渋谷よりです。


渋谷109より

スクランブル交差点で信号待ちしていたら、外国人の観光客らしい人たちが、この場所で写真を撮っているのをみかけたので、気になりいってみると、なんだかいい感じだったのでパチリと。
でもいざここで、写真撮ろうとするとかなり人目が気になり、(実際は見られているかはわかりませんが・・)さっさっと撮ってしまった感じです。

なので、手すりにカメラを置いて撮ったので、手すりがすこし気になるかもしれませんが(これが実は撮った場所のヒントだったりしますが)、なかなかこの視点で撮った写真てないかもということで、ご勘弁を。(笑)

あといちおうここは、道玄坂の坂下でもあるんですよね。
道玄坂については、またこんどということで。

それにしても、人が多いですね。(汗)


地図
渋谷区道玄坂2

ブログネタ
街写真 に参加中!
なんか最近、通りシリーズになってますね。(笑)


青山通り01

写真は、見てのとおり青山あたりの青山通りの歩道橋から撮ったものです。
渋谷方面とは逆の方向を見ています。
正面あたりに青山ベルコモンズがほんのすこしみえていますよ。
かなり幅も広い通りというか道路ですよね。
この通りは、渋谷から千代田区までの通りでもあり、渋谷からは、三軒茶屋や二子玉川や神奈川の溝の口とか横浜市、厚木あたりまでずんずんとつながっていますよね。
国道246ともいいますよね。
まあ青山通りというくくりでいえば、渋谷くらいまでとは思いますが・・・。

そして、今はそれほではないかもしれませんが、この国道246といえば、(二子玉川アーバニズムという本の一文によるとですね)沿線に、赤坂TBS、青山、渋谷NHK、三軒茶屋、用賀、溝口、横浜市青葉区のTBSの緑山スタジオなどが点在していて、メディアに関係するクリエイティブな仕事に関わっている人が多く働いていることから、今でいう渋谷ビットバレーのような見方で246沿線全体の将来像をみていた方々が多くいたようですが、今はどうなんでしょうかね・・・。

なんだか、えらく話が広がってしまいました。(笑)
でも、学生時代にメディアとはなんぞや?という感じで、調べまくったことがあるもんで・・・。
ということで、またなんか調べてみたくなりましたよ。
こんどはプレーヤーとして。(汗)


青山通り02

ちなみにこちらが、渋谷方面をみたものです。


ブログネタ
街写真 に参加中!
今回は、渋谷からです。


cocoti から

ひさしぶりに行ってみましたよ。


以前にも取り上げた場所で、ここは、前回は外から撮ったのですが、今回は建物内から、パチリと。

しかも、たしかこのビルは”PICASSO347”という名称だったはずですが、ビルの名前が”cocoti”となっていましたよ・・・。
オーナーとかが変わったんですかね・・・??
(わかりませんが)
どう変わったかとなどの詳しいことは、HPみてください。

まあ、すこし気にはなりましたが、気になる場所には変わりないので、あまり深く考えないことにしときますよ。(笑)

このページのトップヘ