東京坂道さんぽ

タグ:港区赤坂1
霊南坂 (NO.117) /港区赤坂1丁目
雁木坂 (NO.116) /港区赤坂1丁目
桜坂 (NO.114) /港区赤坂1丁目

ブログネタ
街写真 に参加中!
所在地:港区赤坂1あたり


れいなん坂と呼ぶそうです。
場所は、鼓坂 (NO.115) の坂上からつらつらと坂道とは逆の方へ歩いていくと、霊南坂の坂上あたりにきます。


霊南坂 (NO.117) 1
坂上より

坂上から眺めたものですが、左側に立派な白い塀が見えていますがこのむこうにはアメリカ大使館があり、いまのご時世を象徴するように警備の警察官のかたが、このそばをいったりきたりしていました。(他のサイトの写真をみさせていただくと、以前はいまほどは厳重な感じではなさそうでしたよ。)
そんなこともあり坂道自体も第一印象ではかなり立派に見えてしまいましたが、あとで冷静にみたところでも勾配具合や道幅など周辺の雰囲気もあわせてなかなかの坂道だなあと。


霊南坂 (NO.117) 2
ホテルオークラ

また、一枚目の写真の右側には、ホテルオークラも隣接していましたよ。
ここは、ある意味オリンピック遺産みたいなホテルであり写真でみるかぎりはすこしふるぼったくも見えなくもないのですが、実際にホテルの前にたってみてみるとやはりなんともいえない空気をかもしだしており、知る人ぞ知る建築家の谷口吉郎氏の設計であり(まあこれは個人的な関心なのですが・・・)公式ホームページの館内の写真の雰囲気からも、やっぱり高級感満載のホテルのようでした。。
あと、ホテルの敷地内(なのかな?)には、今回写真は撮りませんでしたが、大倉集古館なんていうホテルオークラ創始者の父である大倉喜八郎氏が1917年に創立した日本初の私立美術館なんてのもあり、ここも知る人ぞ知る伊東忠太氏による設計の建物で、今回は中に入らなかったのですが、こんどまた行ってみたいなあと思った建物であり場所でした。


霊南坂 (NO.117) 3
坂の途中

そして、すこし坂道をくだり坂下のほうを眺めたものですが、なんとも左側の白い塀にくわえて、こんどは右側の緑の塀、そしてそれにおおいかぶさるようにして生い茂っている大きな木々のせいかどうかわかりませんが、この坂道にはなにかちがった物語が別にあるのではないかという錯覚をおこさせるような、目にみえないなにかがあるように感じさせてくれる雰囲気だったかもです。
しかも、あらためて写真でみると、まわりの建物や道、塀などに使われている色の数などが少ないことも手伝っているのかもしれませんが、なかなか落ち着いた雰囲気もいい感じでした。


霊南坂 (NO.117) 4
坂の途中

今度はだいたい同じ場所から坂上のほうを見たものです。
ここから見ると、まわりに高いビルなどもみえなくて、なんだか空が広くみえましたよ。。


霊南坂 (NO.117) 5
坂下より

そんな感じで、坂下にきてみると、坂の途中でふと感じたなにか別世界にきたような感覚みたいなものもなくなり、坂道を走っている車やまわりの高層ビルの景色が次々と気になりだし、へんないいかたですが、現実にひきもどされたという感じでした。

ちなみに、ここにはいつものような坂の碑はあったのですが、写真でもすこし見えているとおり、アメリカ大使館側に坂の碑があり、そのまわりの歩道はなぜか一般の人は歩けないように厳重に警備していたので、今回は残念ながらみれなかったのですが、いつもお世話になっている”東京23区の坂道”さんのサイトに管理人さんが以前に調べた坂の碑の記述内容があったのでそれを参考にさせていただくと『江戸時代のはじめ高輪の東禅寺が嶺南庵としてここにあり、開山嶺南和尚の名をとったが、いつか嶺が霊となった。』と書いてあったそうです。
まあ、簡単にいうとというか手元にある資料(江戸東京坂道事典です・・)を参考にすこしわかりやすくいうと、江戸時代のはじめの徳川家康・秀忠・家光の将軍に尊敬されていた僧の霊南がこのあたりの赤坂溜池の南台に寺を創建して住み、これを霊南庵(いまは高輪に移り東禅寺というそうです)といったことから霊南坂と呼ぶようになったみたいですよ。



地図
港区赤坂1あたり

ブログネタ
街写真 に参加中!
所在地:港区赤坂1あたり


がんぎ坂と呼ぶそうです。
場所は、・・・・。
といつものようにいきたいところなのですが、実は、いまは現存しない坂道です。(汗)
ただ、だいたいの場所ですが、前回とりあげた鼓坂 (NO.115) の話でもでてきた霊南坂教会の前から南西に下り、六本木一丁目あたり(今のアークヒルズ内)にいたる崖地の石段坂だったようです。


雁木坂 (NO.116) 1
霊南坂教会

正面に見えているレンガ色の建物が、霊南坂教会です。
ここからみると、教会っぽくみえませんが・・。(笑)
(ただ、霊南坂教会の公式サイトにスケッチがあったのですが、それを見たところ、ちがうアングルからみると、ちゃんとみえるみたいですよ。)
あと、付け加えておきますが、この写真をとるために僕が立っていた場所が、ちょうど教会に対して南西の位置だったりします。

また、現在の会堂は1985年に建てられたものらしいのですが、それ以前は東京駅を設計したことでも知られている辰野金吾氏の設計による教会堂だったらしく大正時代の名建築として、広く愛されていたそうですよ。


雁木坂 (NO.116) 2

今度は、霊南坂教会の側からアークヒルズ方面を眺めたものです。
せめて、一回くらいは道の写真もいれないとなあと思いいれてみました。。

ちなみに、一枚目の写真を撮った位置はちょうど正面に見えている道路の上に架かっているちいさな橋(ただし、あとでみせますが、これ歩道橋じゃないんですよ(笑))から見てみたものです。


雁木坂 (NO.116) 3

そして、上記ですこしふれたちいさな橋の上を、2枚目の写真の左上あたりの場所から眺めたものです。(今回は、写真をみるためにあっちこっち移動する感じになってややこしくなってしまってすいません。。)
ここからみると、ちいさな橋をわたり、そのむこうまで、そのまま直接地面というか道路になっているようで、2枚目の道とは違う高さのようで、こんなことからもこのあたりの地形の複雑さが見てとれました。
(またまたちなみにですが、写真の道路の奥のほうにみえているつきあたりらしき場所が、前回とりあげた鼓坂(NO.115) の坂上だったりするのですよ。。)


雁木坂 (NO.116) 4

こんなものが3枚目の写真の銀色のバーがあるあたりのちょうど左側にありました。
ちょっと見にくいかもしれないので、ここで書いておくと、「旧霊南坂教会礼拝堂所在地」とありました。
ということは、霊南坂教会の前を走っている現在の道のあるあたりもかっては霊南坂教会の敷地で、なにかの計画上(というか道路の計画がうまくいかないので)アークヒルズをつくる際に掘られてまわりより低くなってしまったということなんですかね?
それとも、霊南坂教会そのものの位置が変わってしまったんですかね・・・。
まあ、とりあえず、いまのところはわかりません。。(汗)

あと、ここには、いつものような坂の碑はありませんでしたが、「赤坂区史」に『霊南坂教会の前を市兵衛町に下る坂は雁木坂と呼ばれてゐる。これは石で雁木にしつらへてゐたので斯く称ばれたものと言はれてゐる』と書かれています。
(ちなみに”雁木”を辞書でひくと”群れて飛ぶ雁の列のようにジグザグの形をしたもの。”だそうですよ。)


雁木坂 (NO.116) 5

また、3枚目の写真のすぐ左側には、アークガーデンなるアークヒルズとそのまわりにつくられた7つの庭があり、そのなかのひとつであるフォーシーズンズガーデンとよばれる場所があり、なんとも宮崎駿さんのアニメのなかにでてきそうな雰囲気のガーデンがあったので、思わずぱちりと。。
あと、写真の左上に電柱というか鉄塔のようなものが見えていますが、あれは霊南坂教会のものらしく、鉄塔のうえにちょこんと十字架がのっていたりするのがなんともいえませんでしたよ。


雁木坂 (NO.116) 6

そんな感じで、アークガーデン内をぶらぶらしてみましたが、実はここ、アークヒルズ内にあることもあり、まわりが高層マンションで囲まれていて、そのあいまをとおりぬけるように緑や広場が配置されていて、なんとも不思議な雰囲気のガーデンというか空間になっていたかもです。




地図
港区赤坂1あたり

ブログネタ
街写真 に参加中!
所在地:港区赤坂1


さくら坂とよぶそうです。
場所は、アークヒルズ内の全日空ホテルの北側を走っている坂道で、坂下は六本木通りに面している坂道です。


桜坂 (NO.114)1
坂下より

坂下からの景色ですが、ちょうど右側には全日空ホテルが見えていたりもしますが、道自体もけっこう新しいそうで整備されている感じでした。


桜坂 (NO.114)2
坂の途中より

すこし坂道をのぼり、坂下方面を眺めたものです。
なんというか、はじめにきちんと計画されてできたものかどうかわかりませんが、勾配具合といい道幅といいなんともバランスがいい具合の坂道でした。
また、ここから見えている木々は桜の木みたいで、春には桜の街道になるとのことみたいですよ。


桜坂 (NO.114)3
坂上あたり

そして、坂上あたりにきてみると、ここにも坂の碑が見えていました。
ということで、ここの坂の碑には、
『明治中期に新しく作られた道筋で、坂下に戦災まで大きな桜の木があったことからその名がついた。』
とありました。

また、この坂道は、この近くにあるアメリカ大使館の西側あたりから今もある陽泉寺の墓地ぎわを南へとあがる坂道だったらしいのですが、いまはそれもなくなり、その位置から西側にある現在の坂道が桜坂とよばれるようになったらしいです。(←江戸東京坂道事典を参考にさせていただきました。)


桜坂 (NO.114)4
坂上より

最後に、桜坂の坂上あたりよりさらに上にいける道(アーク森ビル方面)を見てみたのですが、おそらくこの坂道はかつてあったもとの桜坂の坂道と場所は違えどほぼ並行な向きにのぼっている(=南へとのぼる)坂道なのだろうなあと思い、一枚撮っておきました。
ちょうどここからみると、街路樹がなかなかいい感じに育っていていい感じでしたが、なにより右手には全日空ホテルやアーク森ビルが高々とそびえ建っていて、けっこうな迫力ある坂道でした。



地図
港区赤坂1

このページのトップヘ