東京坂道さんぽ

タグ:群馬県
祖師堂坂 (NO.262) /群馬県吾妻郡草津町
望雲坂(NO.260) /群馬県吾妻郡草津町
とある街の風景237(草津温泉湯畑の高低差めぐり)
とある街の風景236(鬼押出し園の坂道をぶらりと)

前回の望雲坂(NO.260)の記事からだいぶ時間が経ってしまいましたが、再び残りの草津の坂道に話を取り上げてみたいと思います。


そしどう坂と呼ばれているそうで、場所は、前の望雲坂(NO.260)から東へ路地沿いに歩いて行き、途中、これも前に「とある街の風景237(草津温泉湯畑の高低差めぐり)」でとりあげた湯畑をとおり、さらに旅館に囲まれた路地を東へすこし歩くと、今回の坂道の坂下あたりにやってきます。


祖師堂坂 (NO.262) 1
写真1

とりあえず、湯畑から近い場所にあり、坂道までの路地沿いにある旅館のことをとりあげるのも悪くないのですが、やはりきりがなさそうですので、いきなりですが、坂下からの様子でも。(写真1)
最初からかなりの勾配具合でした。
ちなみに、このすぐ右横あたりに、いつものような坂の碑はありませんでしたが、「祖師堂坂」はあちらという案内標識がありました。(ただし、これ、現地では気がつかなかったので、ストリートビューで復習している時に実は見つけたのですが・・・。)


祖師堂坂 (NO.262)2
写真2

坂をすこし上り、道が狭くなりだしたところから、坂上方向を見てみました。(写真2)
さらに坂道は上へと続き、これまたかなりの勾配具合でした。
道幅もせまく、つくりも古い感じなので、けっこう昔からある道なのかもしれませんね。


祖師堂坂 (NO.262)3
写真3

写真2とだいたい同じ位置より、今度は坂下方向を見てみたものです。(写真3)
こうしてみると、坂下あたりとは、ここですでに3階分くらいの高低差になっているようでした。
坂の雰囲気としては、旅館が通り沿いに建ち並ぶ賑やかそうな路地が、坂下あたりを横切っており、そこからすこし人通りの少なめな場所の方につながる坂道という感じだったかもです。


祖師堂坂 (NO.262)4
写真4

さらに坂を上り、写真2の坂上のほうに見えていた踊り場っぽい場所あたりまできてみたところからの様子です。(写真4)
もう見てのとおりですが、坂道はさらに上っているようでしたよ。
そして、ここもなかなかの勾配具合でした。


祖師堂坂 (NO.262)5
写真5

こちらは、写真4でもちらりと見えていましたが、写真4の左のほうには日晃寺というお寺へつながる良い感じのつくりの階段が見えていました。(写真5)
この左奥に高村光太郎碑やら松尾芭蕉碑なんかもあって、この坂道をひととおり歩いた後にまわってみたりもしましたが、今回は記事にはしませんので、気になるかたは検索でもしてくださいな。


祖師堂坂 (NO.262)6
写真6

写真4とだいたい同じ位置より坂下方向を眺めてみたのがこちらです。(写真6)
勾配具合がすごいですが、それ以外はなんてことない坂道という感じですが、やはり坂道沿いにお寺があるなど、ここでも日本の坂道に共通する点はあるのだなあとしみじみ。

ちなみに、この坂道の名は、始めに伝えたとおり「祖師堂坂」と言うのですが、現地では坂名の由来が書かれたものはなかったので、最近、地方の坂道をまわるときにお世話になっている坂学会さんのHPを参考にするとですね、かつては冬の期間に住民が冬住みで少なくなることからその期間に温泉を守護するという意味合いがあったという祖師堂が坂上あたりにあることからこの名前がついたとのことみたいですね。(祖師堂については今回、現地では気がつきませんでしたが。。)


祖師堂坂 (NO.262)7
写真7

そこからさらに坂をのぼり。(写真7)
ここも急坂でした。


祖師堂坂 (NO.262)8
写真8

道は直線になりましたが、まだかなりの勾配具合の坂道は続いていました。(写真8)
なんかもう、雪がここに積もったらどうしてるんだろう?と思ってしまいましたよ。


祖師堂坂 (NO.262)9
写真9

そんなこんなで、写真8の奥の方まで上ってくると、やっと勾配具合がゆるやかになり、坂上らしき場所にやってきました。(写真9)
あと、せっかくなので、マピオン地図で、高低差具合がどれくらいなのか調べてみるとですね、坂下あたりは海抜1155m、坂上あたりは1165mとのことで、高低差は約10mとのこと。
でも、よく考えてみたら坂の中腹あたりで、高低差3階分くらいと見ていたので、この感じだとあれ?と思ってしまうわけですが、まあそのあたりは軽くスルーしておきますかね。。


祖師堂坂 (NO.262)10
写真10

ここからは、おまけです。(写真10)
写真5の場所から左のほうに行くと、奥に桐島屋旅館に入るための坂道が見えていたのですが、ここでたまたま旅館の方に声をかけられてですね。


祖師堂坂 (NO.262)11
写真11

「こっち、こっち」と言われ、中に入っていくとですね。(写真11)
なんとこんなものがあったのですよ。
旅館のかたが言うには、富士塚とのこと。
この時は車酔いしていて、頭もぼんやりしていたのですが、さすがにこれにはびっくりしてしまいましたよ。
(ちなみにこの写真は、旅館の方々が説明してくださっているときに、撮ったものなのですよ。)


祖師堂坂 (NO.262)12
写真12

いちおう、登山口からもパチリと一枚。(写真12)
ちなみに、肝心の本物の富士山の方向は、どうやらこの写真12の背後にあたる側が富士山ということになるようなので、実は、この富士塚の目の前に見えている小さな坂道も富士見坂といえるのかもと思ってみたのですが、どうなのでしょうかね。


ということで、公開時期が長期わたってしまいましたが、草津の坂道散歩はこんな感じです。


地図
群馬県吾妻郡草津町大字草津

 
所在地:群馬県吾妻郡草津町草津390あたり


前に、とある街の風景237(草津温泉湯畑の高低差めぐり)で群馬県にある草津温泉を取り上げてからすこし時間が経ってしまいましたが、今回は、東京を離れて草津温泉で歩いた坂道を取り上げてみたいと思います。
ただ、散歩当日は、前にも書きましたけど、車酔いしていて、すこし頭がくらくらしながらの中での散歩と撮影でしたので、写真がどうなっているか不安でしたが、それなりには撮れていたみたいです。(笑)


名前は、ぼううん坂と呼ぶそうです。
場所は、前にこのブログでも取り上げた湯畑から西へすこし歩いたところにあります。


望雲坂(NO.260)1
写真1

まずは坂下からの様子でも。(写真1)
見た感じでもわかりやすいですが、けっこうな勾配具合の坂道でした。
冬にきたことはありませんが、雪が積もると以外とたいへんなのではといらぬ想像をしてみたり。
道幅的にも、車は無理そうな感じでした。


望雲坂(NO.260)2
写真2

写真1でも見えていましたが、すぐそばには坂の名前を記した石碑がありました。(写真2)
わかりやすくてありがたいですね。(笑)
ちなみにこの坂道は、坂上にある望雲というホテルへ向かう坂道ということで、この名前がつけられたそうですよ。(※以上、坂学会さんのHPを参考にしました。)
またこのホテルは、小林一茶(江戸時代後期に活躍した俳人)が訪れて、「湯けむりにふすぼりもせぬ月の」という句を残したことでも有名らしく、このエピソードからも古くからある旅館(HPには慶長4年(1599年)創業とありますね)で、以前は湯畑のそばにあったらしいですよ。(これ以上の詳しい史実を知りたい方は、ホテルの公式HPでも見てくださいな。)
あと、石碑には、昭和39年9月とあるので、この坂道も昭和39年から昭和40年頃にできたものかもしれないですね。(なにげに撮影したものですけど、この写真では見えていませんけど、元画像は一眼クオリティだったおかげで拡大して文字が読めたのですよ。(笑))


望雲坂(NO.260)3
写真3

いちおう写真1の背後あたりの街並みなどもぱちりと。(写真3)
温泉街の情緒がそのまま残っていて良い感じでしたよ。
位置的には、奥の白い車の左側あたりが坂下あたりのはずですよ。
とにかく次回行く時は、冬に泊まりがけできたいものですな。


望雲坂(NO.260)4
写真4

そして、坂道に話をもどしまして、坂をすこし上り、坂下方向を見てみたものです。(写真4)
こうして見ると、坂下の柵の様子からも人しか歩けない坂道ということがわかりやすいかもですね。(じゃあ、写真1で写せばいいのにと思った方もいるかもしれませんが、写真的には手前に柵が写っているのもどうかと思いまして、ここでの登場となったわけなんですよ。)


望雲坂(NO.260)5
写真5

写真4とだいたい同じ位置より坂上方向を眺めてみました。(写真5)
やっぱり坂上を見る方が傾斜具合がわかりやすいですね。
(というか、これはカメラの水平垂直の問題で、坂下方向を写す時は、どうしてもレンズが下向き気味になるからこう見えてしまうのかもとうすうす感じてはいますが、やはり坂道自体を写さないとどうしようもないですからね。。)


望雲坂(NO.260)6
写真6

これまたいちおう、写真5で見えていたホテルの看板をアップでぱちりと一枚。(写真6)


望雲坂(NO.260)7
写真7

次は、看板のあったあたりから、坂下方向を見てみたものです。(写真7)
ここからだとけっこうくねくねした道のつくりになっているのがわかりやすかったです。
しかも遠目には樹木が高くそびえていて、どうやらむこうのほうも崖かなにかになっているのかもしれないですね。


望雲坂(NO.260)8
写真8

今度は写真7とだいたい同じ位置より坂上方向を見てみました。(写真8)
まさに散歩路といった感じで、左右の樹木も都内では見かけない種のようでその点でもけっこう新鮮な感じだったかもです。


望雲坂(NO.260)9
写真9

さらにずんずんと坂を上ると、坂上あたりがすこし見えてきました。(写真9)


望雲坂(NO.260)10
写真10

そして、やっと坂上あたりまでやってきて、坂下方向を見てみました。(写真10)
こうしてみるとけっこうカーブしていたようで、ここから坂下あたりの様子は確認できませんでした。
ちなみに、いつもお世話になっているマピオンで高低差を見てみるとですね、坂下あたりは海抜1156mで、坂上あたりは1165mとのこと。
海抜が1000m台ということにあらためて驚きつつも、ここは高地なので、そのあたりは軽くスルーしてですね、高低差でいえば、9mということになりますかね。
というか、坂道自体をみただけでも、なかなかの高低差があったのですね。


望雲坂(NO.260)11
写真11

実は写真10の右側はさらに坂道になっていまして、奥には今回の坂の名前の由来ともなったホテルが見えていましたよ。(写真11)


ということで、今回はこんな感じです。


地図
群馬県吾妻郡草津町草津390あたり

今回も群馬県ではありますが、さらに前より北上して、草津温泉まで行ってみた時のことでも。


草津温泉湯畑の高低差めぐり1
写真1

とりあえず、このブログは観光情報ブログではないと自分では思っているのですが(笑)、やはり草津といえばここという感じの場所にきてしまいましたよ。。(写真1)
最近では、映画テルマエロマエ2のロケ地としても使われた場所なので、知っている人も多いとは思いますけど。
写真1は、温泉街の中心部にある湯畑なる場所の風景ですね。(湯畑についての細かいことは、ネットなどで検索してくださいな)


草津温泉湯畑の高低差めぐり2
写真2

そして写真1の横を見ると、さっそく見つけましたよ。(写真2)
いい感じの坂道を。
距離と高低差具合が適度な感じでした。(もちろん右に隣接する湯畑との関係もですね。)


草津温泉湯畑の高低差めぐり3
写真3

さっきの坂道(というか道路)を降りていき、また湯畑のほうに戻ると、坂上(というか崖上)の規則正しくて機械的な感じからうってかわり、なかなか豪快な景色が広がっていました。
しかもここから見える景色だけでも、いろんな場所に高低差が生まれていてすごく楽しい感じでしたよ。
また崖の場所の色の変わり具合からもわかるかもしれないですが、このあたりはあの温泉特有の硫黄の匂いもけっこう立ちこめていました。



草津温泉湯畑の高低差めぐり4
写真4

ちなみに、写真3を撮った場所はこんな感じで遊歩道になっていて、写真2で登場した坂道と併走する形で階段がつくられていました。
また、これは帰ってから知ったことなのですが、おそらく写真4の場所も含めて、湯畑のまわりにはほかにも遊歩道がいたるところにつくられていて、それらは「歩道といこいの場」と呼ばれているらしく、これらのデザインはあの岡本太郎氏が手がけたとのことみたいですね。


草津温泉湯畑の高低差めぐり5
写真5

また湯畑に隣接した場所には、こんな感じで高低差を利用した、いい感じのちょっと新しめの広場のような場所もあったりと、これ以外もいたるところに気になる高低差ポイントがありましたが、きりがなくなりそうなので、今回はこれだけにしておきます。


ということで、当日は短い滞在時間で、さらに山道を行き来したためか車酔いしてしまい(高低差好きなのに・・・。汗)、これらの写真を撮るだけでも精一杯だったので、またいつか事前にちゃんと調べつつ、しかも泊まりがけできちんといろんなポイントをまわれたらなあ・・・、といいつつも実はこの界隈にある名前のある坂道だけは短い時間ではありましたがなんとかまわりましたので、次回以降はその話しでもしてみたいと思います。


地図
群馬県吾妻郡草津町草津

またまた今回も世田谷の坂道から話をそらして場所飛びます。(笑)


鬼押出し園の坂道をぶらりと1
写真1

まずはいきなりの写真です。(写真1)
これみて、ああここねと!と思う方も多いと思いますが、このブログでは初登場の群馬県の浅間山というか、そのふもとというか、軽井沢から近い場所というか、そんな場所に、昨年の秋に友人と行った時に、撮ってみたものです。
このあたりは鬼押出し園と呼ばれている有料エリアなわけなのですが、さすがに浅間山の頂上もすぐ近くに見れるほどの場所というだけあって、山道だらけ、すなわち写真1のような坂道だらけの場所だったのですよ。
そして、道の両側には、1783年の浅間山の噴火の際に流れ出た溶岩が風化して形成されたという、岩だらけの変わった景色が広がっていました。
あと、坂道の右側に赤い建物が見えていますが、こちらが上野の東叡山寛永寺の別院で、昭和33年に噴火犠牲者の方々の冥福を祈って建立された浅間山観音堂とのこと。
しかも、ここ、今回は取り上げませんけど、ちょっとした展望台の役割も果たしている場所だったりするのですよ。


鬼押出し園の坂道をぶらりと2
写真2

こちらは、写真1の位置からもうすこし坂道を上って、坂下方向を見てみたものです。(写真2)
なんというか、ここでは坂道自体を見るというよりは、やはりまわりの圧倒的な自然風景を見てしまいましたかね。
ちなみに写真の感じだとすごくわかりにくいのですが、この鬼押出し園のあるあたりの標高は1325mということで、けっこうな高さの場所にいたりします。


鬼押出し園の坂道をぶらりと3
写真3

また園内を歩いていると、こんな具合に、「お休み処」とゆるい感じの案内板がありますが、どうみても、火山が噴火した時に火山灰から身を守るための緊急避難用のシェルターがいたるところにありました。(写真3)
実は、僕がここを訪れた時は、あの御岳山での噴火が起きてからそれほど期間が経っていない時だったので、こういうシェルターをみつけるたびに目がとまってしまったというわけなのですよ。
あとは、中に傘が置いてあったのもなかなか印象的だったかもです。


鬼押出し園の坂道をぶらりと4
写真4

こちらは、写真2でも道の右側(画面中央あたり)の遠くになにげに見えていた、園内では一番標高が低いであろう入口あたりにあったレストランやら展望台がある施設で、公式サイトによると鬼めしセンターという名称とのこと。(写真4)
ただ、ここはwikipediaの説明によると、岩窟ホールとも呼ばれているらしく、ここの設計は建築家の池原義郎氏によるものらしいです。(このことは、帰ってから知りました。。もし前もって知っていれば、中の写真も撮っておいたんですけどね。まあこれはいつになるかわかりませんが、次回の楽しみということで・・・。)


鬼押出し園の坂道をぶらりと5
写真5


最後は、なんとなく坂道とまわりの景色がいい感じで混ざっている場所があったので、思わずぱちりと。(写真5)
やはり、景色の独特な綺麗さの中に(これだけ異質なものが騒然とあるにもかかわらずです)、なにか噴火災害の暗い歴史みたいなものが紛れ込み、歩いていてもなんともいえない気持ちになってしまいましたかね。

ということで、今回はさらりとこんな感じです。


地図
群馬県吾妻郡嬬恋村

このページのトップヘ