東京坂道さんぽ

タグ:街
とある街の風景(青山トンネル)
とある街の風景(西新宿夕映え)
とある街の風景(代々木公園18時)
とある街の風景(東京国際フォーラムのイルミ)
とある街の風景(恵比寿空景)
とある街の風景(恵比寿橋から)
内記坂(渋谷区恵比寿西1あたり)
とある街の風景139(増上寺)
とある街の風景138(駿河台渓谷)
とある街の風景137(暖冬の表参道ヒルズ)
とある街の風景124(あるビルからの新宿の眺め)
とある街の風景120(キャロットタワー展望台)
とある街の風景119(ゆりかもめ汐留駅あたり)
とある街の風景118(汐留展望台)
とある街の風景117(カレッタ汐留)
とある街の風景116(新宿住友ビルの展望台)
とある街の風景115(淀橋浄水場跡)
small planet

ブログネタ
街写真 に参加中!
そういえば、このまえの羽沢坂(NO.159)でもちょこっとでてきた六本木通りを歩いた時に出会った青山トンネルのことでもさらりと。



青山トンネル

とりあえず、これは渋谷駅側から六本木方面を眺めたものです。
現地では、トンネルの向こうに見える道路のうねり具合にひかれてぱちりと撮ってみたのですが、帰ってからじっくりながめてみると、そのほかにもいろいろと気になることが。。(笑)

なにわともあれ、第一印象としてトンネルというより人工的な構築物(というか橋)といってしまったほうがしっくりときそうなトンネルではありましたかな。

そして地図でこのあたりを見ていると、首都高速(3号渋谷線)も一緒に走っているのですが、このトンネルのところでぶつりと首都高速が切れていた(もちろん地図の絵がですよ・・・)ので、あれれと思い、写真をもう一度見てみると、なんと六本木通りの真横を首都高速が走っていたんですね。
そいでこのトンネルの上になにがあるかというと、なんと青山学院関係の学校関連施設があるみたいですね。(だから首都高速もトンネルの下にあるんですかね。ちょっとそのあたりのことはきちんと調べてないので予想だけなんですけど。)

そんなこともあり、歩いていた時は、この青山トンネルの南北方向に沿って尾根になっているのかなと思っていたのですが、どうもそう簡単に結論をだせる感じではないようですね。
ただ、すこしばかり歩いた時のことを思い出してみると、このあたりはよくよくわけがわかないほど地形と道路が複雑に入り乱れていて、渋谷駅側から歩いていくと、駅前あたりは六本木通りの上空に首都高速があり、そこから渋谷駅を離れるほどに、その位置関係は徐々に変化していき、ついには首都高速のほうが下側を走っている状態になり、青山トンネルのところで、今度はふたつの道がだいたい同じ高さになり、トンネルをぬけると、また首都高速が上にくるという具合になっているようで、これが学校施設があったためなのか地形に影響を受けて今の状態になったかはなんとも判断がつかずじまいでした。

ということで、最近どうも、とある街の風景のカテゴリーのくせに話が長くなってしまってなんですが、この青山トンネルあたりは過去の地図をいくつか重ね合わせたりしながら見てみないとわからないのかもなあということで、今日はこれ以上深入りせず、さらりとこんな感じです。。


住所
渋谷区渋谷4

ブログネタ
風景 に参加中!
今回はひさしぶりというか気分転換に西新宿あたりのことでも。


西新宿夕映え

これは、もうすこしで暗くなる前(一言でいえば夕方)の北通とよばれる通りからみたものです。
右側にヒルトン東京が見えているので、場所はだいたいわかってしまいますかね。
実は、この5分前くらいが、ちょうど日没後の、ほのかに明るい光が上手い具合に高層ビルを照らしていて、なかなかよかったんですが、それに気がついて、写真を撮ったときには、すでに光の具合が変化して、ちょっと薄暗い雰囲気になってしまいました。。

ただ今回は、ビルの景色というより、この夕方の時間帯で、葉のない樹木と空のコントラストを撮りたくて来てみたところ、どうもこのあたりは、街路樹のスケールに対してまわりの高層ビルが大きすぎたりして、以外といい場所がなく、うろうろしていたら、あっという間に暗くなってしまったんですけどね・・・(汗)。

ということで、過去のエントリーを見ても、様々な時期、時間の中でいろいろな視点というか角度からこの西新宿の風景を撮ってきましたけど、この夕方の時間帯の風景というのもまたあらたな発見だったかもです。
(というか今まであまりこの時間帯に撮っていなかったもので。。)


住所
新宿区西新宿2あたり

ブログネタ
風景 に参加中!
とりあえず、正月のことはそのうちおいおいはなす(かも?)として、今日はさらりと代々木公園からです。



代々木公園18時

なんだかけっこうなまっくら具合なのですが、時間はなんとまだ18時前のものなのですよ。
夏ならまだまだ明るい時間帯です。
ただ、このサイズだと、わかりにくく真夜中との区別もちょっとむずかしいですかね。。(そもそも区別できるのかという話もありますが・・。)

場所的には、いつもよく訪れる噴水広場のあたりです。
しかも、写真では遠くのビルのあかりなどをカメラがひろってくれていて、それなりに明るい感じに見えなくもないのですが、実際はもっと暗かったです。

でもそんな中、すぐ近くにあった影のように見える樹木と夜空とのコントラストだけは、はっきりと区別できたのはなかなかだったかもです。

そんなこんなで、6時まえということもあり、たまに人を見かけてもカップルばかりという中、あまりの寒さとカップルの雰囲気に負けて、ただぶらりと公園内を1周して渋谷の街のほうへとむかったのでした。。


ちなみに、暗くてどこの景色なのかわからんという方には、だいぶ前に書いたもので、明るい時にだいたい同じ位置から撮った写真をのせたものもありましたよ。(→2007年03月22日

ということで、今日はこんな感じです。


住所
渋谷区代々木神園町

ブログネタ
風景 に参加中!
このブログではひさしぶりですが、今回は東京国際フォーラムにぶらりと行ったときに出会ったこの季節らしい景色でも。



東京国際フォーラムのイルミ

いつもここにくると(といってもたまにですけど・・)、なぜだか写真を撮りたくなってしまう気分になるなか、いつもスルーしていたのですが、今回はとりわけ、ライトアップイベントをやっていたもので、パチリと一枚。

今回は有楽町駅側から歩いてきて、予備知識もなくぶらりと訪れたので、はじめはけっこうびびってしまいましたが“クリスタルイルミネーション”というタイトルで、東京国際フォーラムの中庭というか地上広場がライトアップされていましたよ。
ただ、このイベント自体は、けっこう前からやっていたようですね。
しかも、この日は、風がびゅうびゅうと吹き荒れていたので、あまりじっくりとはみれず、ちょっと急ぎ気味で撮ってみたのですが、こうしてあらためてみると、他の歩いている人もなんとなく急ぎ足のような気がしますが、どうでしょうかね。。

あっ、そうそう、実はここ以外でもこの周辺の丸の内界隈でライトアップイベントがやっていたようなのですが、けっこう場所が広域で分散していて、それなりにまえもって調べていかないと迷いそうだったのと、あまりの寒さのため、今回はあきらめてフォーラムの近くを歩いただけだったので、今日はこの1枚でおわりです。。


住所
千代田区丸の内3

ブログネタ
街写真 に参加中!
ということで、やっと恵比寿ガーデンプレイスにやってまいりました。。
(流れとしてはビール坂(NO.155)あたりからなので、そのあたりから読んでもらってもいいかもです。)
ただ、過去のエントリーを見てみると、去年もこの時期に、このあたりをふらふらとしていたようなので、今年はすこし視点を変えて、ガーデンプレイス内にある恵比寿ガーデンプレイスタワーという高層ビルに登り、周辺の景色を眺めてみることにしてみました。



恵比寿空景1

これは神奈川方面を見たもので、写真左側あたりに天気がよく夕方あたりなら、もしかしたら富士山が見えるかもといったアングルなのですが、それいぜんに、天気もよく空気も澄んでいたはずなのに、もやがかかったみたいに遠方がかすんで見えていましたよ。



恵比寿空景2

こんどは、ちょっと恵比寿駅周辺を見てみると、駅からガーデンプレイスにつながっている動く歩道もここからみるとなんだかすごく小さなもののように感じてしまいますが、よくよくまわりの建物とスケールを比べてみるとやっぱり距離の長い歩道なのかなと。



恵比寿空景3

最後は、地上に降りて、展望スペースからもちょうど真下に見えていたビアステーションあたりからパチリと。
今年も、正面に見えているとおり、バカラのシャンデリアがここからもはっきりと見えるくらいの頑丈そうなガラスケースの中におさまり、公開されていましたよ。
でも、大半の人のこころの景色の中では、あのガラスケースは見えていないのかも、なんて思ったりもしてしまいましたけど。



恵比寿空景4

そして、この時期らしく、おまけのクリスマスツリーです。。
実は、2枚目の写真でもすこしだけ見えていたりするのですよ。(笑)


住所
渋谷区恵比寿4

ブログネタ
風景 に参加中!
恵比寿橋から

いきなりでなんですが、ここは前回の坂道散歩の中でもでてきたビール坂(NO.155)の坂下あたりにある恵比寿橋からの渋谷川の風景です。
ぱっと見は、どちらかというと、どこにでもありそうな河川の風景ともいえますかな。
ただ、いまでこそ殺風景にも見える渋谷川は、この写真のさらに奥に行き広尾の天現寺橋をこえると古川という名前に変わり、そのあたりはかって名所江戸百景「広尾ふる川」として、広重が描いた風景だったみたいですね。
絵を見てちょっとびっくりという感じでした。

あと、そのついでといったらなんですが、恵比寿橋というのも明治時代に出版された「東京遊行記」(大町桂月著)のなかで、「恵比寿橋をわたれば両行の桜人を導き・・・(略)」なんてことが書かれていて、今とはつくりが違ったかもしれませんが、すでにあった橋のようですよ。

まあ、いまでこそこんな感じで近代的なコンクリートにぬりかためられたものになってしまっていますけど・・。

ということで、この渋谷川、なんだかいろいろと話がでてきそうな感じがするので、また機会があったら、渋谷川の風景なんかもふくめて、いろいろ取り上げてみたいなあと思ったりもしましたが、いつにするかは決めてませんので、あしからず。。


住所
渋谷区広尾1あたり

ブログネタ
街写真 に参加中!
今回も恵比寿界隈の坂道話です。
ただ、今回のは最近撮ったものなので、前回の時期とはかなり違っていたりしますので、あしからず。。



とある街の風景(内記坂)

場所的には、東横線の代官山駅の東側にある坂道で、内記坂と書き「ないき坂」とよぶそうです。
もちろん、この坂道周辺にナイキのお店があるわけではありませんよ。(笑)
なので内記坂の由来についてはまったく不明です。
しかも、いくつかの坂道HP(いつかは紹介したいと思っていますけど)や僕の持っている「歩いてみたい東京の坂」という坂道本でもさらりとその名前が書いてあるのみでした。

そんなこんなで由来については、これぐらいにして、実際に歩いてみた感じでは、坂道自体は適度にカーブしていて、勾配具合も適度な感じでいい具合だったかもです。
また写真の右側に、この通りではけっこう見た目が印象的ともいえる近代的な建物が見えていたりしますが、それ以外は、どちらかといえば普通の雑居ビルやマンションが建ち並び、その低層部に、センスのいいお店が入居して点在しているといった具合で、坂道の名前や場所を知らなくても、代官山周辺をぶらりとしたことがある人なら一度は通ったことがある道なんじゃないのかなというのが、僕の感想です。



とある街の風景(内記坂)2

最後は、ちょっと坂道を下り、坂上のほうを見ながらぱちりと。

ということで、今日もさらりとこんな感じです。


※追伸
ひさしぶりにその他もろもろもかねて再確認してみると、なんと、最近、図書館で再び借りてきた「江戸の坂-東京・歴史散歩ガイド」の中で坂道のことが一文ともに、地図にも記載されているのを発見してしまいましたよ。


住所
渋谷区恵比寿西1−30と2−17の間

ブログネタ
街写真 に参加中!
今回は、東京タワー近くにある増上寺に来てみました。
最近は、有名スポットというか名所に行くと、ついその近くのお寺をさがしてしまいますよ。(笑)


増上寺01

増上寺といえば、徳川家の菩提寺としても、有名なお寺ですよね。
(なら今度は、寛永寺にもいかないと・・・いけないかもしれませんね(笑))
実は、増上寺に来るのは初めてなのですが、こんなに広々とした敷地だったとは、という感じでした。
(ただ、後で地図をみると納得してしまいましたが。。)

それと、もう日が沈みかけていたため、すこし暗めですが、空の色がかなりきれいだったかも。
これぐらい空に赤みがかかれば、東京タワーがもうすこしオレンジよりの色だったりしたなら、足元はほぼ消えてしまったように見えたりして・・。(笑)


増上寺02

帰り際に、東京タワーがライトアップしだしていたため、パチリと、もう一枚。
こちらは、一枚目よりかなりさがった位置から撮ってみました。
ライトアップ効果のためかお寺よりタワーのほうがかなり目立つものになってしまいましたが、なんだかんだといっても、お寺と東京タワーの重なる風景はやっぱり印象的なものかもしれませんね。


地図
港区芝公園4

ブログネタ
街写真 に参加中!
このまえひさしぶりに御茶ノ水あたりを歩きました。


駿河台渓谷2007

今回は、御茶ノ水橋からなので、正面の橋は聖橋です。
聖橋の半円のアーチの形がしっかりと見えていました。
うまくはいえませんが、歩きたくても歩けない場所、川沿いに人が歩いているわけでなく、渓谷みたいになっているのが、なんともいえない感じでした。

そんなこともあり、夕方ということで、ちょっとずつ遠くの看板に灯りがともり、お茶の水駅を行きかう大勢の人が見え、この写真を撮っている僕のうしろにも大勢の人が歩いているのに、この神田川の静けさといったらまるで時間がとまっているようでした。

ちなみに、この写真を撮っている時にも、となりで2,3人のかたが僕と同じように写真を撮っていましたよ。。(笑)



地図
千代田区神田駿河台2あたり

ブログネタ
街写真 に参加中!
このまえひさしぶりに表参道ヒルズに行ってみました。


暖冬の表参道ヒルズ

行ってみると、以前からたまに行われているらしいのですが、なんと場内でミニライブをやっていました。
外は、暖冬とはいってもすこし寒さを感じる日ではあったのですが中に入ると、ひろい吹き抜けの空間があるにもかかわらずすごく暖かかったし、人も少なめだったので、ゆっくりと演奏を聴くことができました。

ひと通りぼんやりと演奏を聴いてから、場内のスロープを下ったり上ったり、時には、演奏者のかたたちの真横も通ってみたりして・・。

すると、場内のどこにいても同じような感じで演奏の音楽が聞こえてくる不思議な感覚に。。
なんだか音が、場内を、スロープをぐるぐるまわり、吹き抜けの上へとあがっていくような、なんとも聞いていて、建物との一体感のようなものが味わえたかも。

まあ、あくまで個人的な感想ですが・・。
それにしても、やっぱり生演奏となると、違うものですね。

ちなみに、演奏していたのは、time againというジャズのトリオの方たちだそうですよ。



地図
渋谷区神宮前4

ブログネタ
街写真 に参加中!
今回は、ひさしぶりに新宿のとあるビルよりです。


新宿のとあるビルからの眺め01

写真を見てピンときた方もいるかもしれませんが、サザンテラスからすぐ近くにあるマインズタワーのとある階からのものですよ。
ちょうど新宿の西口あたりがよく見えていますね。


新宿のとあるビルからの眺め02

違う方向もついでに見てみましたが、こちら側は、どちらかというと普通な感じでしたかな。

ということで、ひさしぶりに新宿の高層ビル群を撮ってみたくなり、そのついでといったらなんですが、このビル内にある「住まいの図書館」という専門図書館に行ってみた時に撮ってみました。
このビル自体は、サザンタワーなどの存在もあってか、あまり目立たない感じですが、ビルからの眺めは意外といい感じで、このほかにも撮ってみたいポイントもありましたが、今回はこんな感じです。



地図
渋谷区代々木2

ブログネタ
街写真 に参加中!
今回は、三軒茶屋よりです。

キャロットタワー展望台1

ということで、三茶といえばキャロットタワーということで、まずはその26階にある展望室へ行ってみました。


キャロットタワー展望台2

ここも無料で入れる貴重なスポットですな。
そしてここは、神奈川方面をみるにはちょうどいい方向に向いていて、タイミングがあえば富士山も見えるとのことですよ。
あともし都内方面をみたいということであれば、同階にあるレストランに入ればみれそうですね。


キャロットタワー展望台3

中は、こんな感じで、ここにも、新宿の三角ビルの展望室にもあったような一息できるカフェがありました。
しかもけっこう広々としていましたよ。


キャロットタワー展望台4 

また、なにげに下をみるとちょうど東急世田谷線のあの小さな車両が走っているのが見えていますね。
なんだかのんびりした気分にさせてもらえますね。


キャロットタワー展望台5 

あとメインの場所からではないのですが写真のように新宿の高層ビル群も見えましたよ。
ということは、方向的に手前あたりの場所は下北沢あたりということですかね。



地図
世田谷区太子堂4

ブログネタ
街写真 に参加中!
今回は、ゆりかもめ汐留駅あたりからです。


ゆりかもめ汐留駅あたり1

このまえのカレッタ汐留側の駅前の風景ですな。
左側に東京汐留ビルディングがあるあたりですが、この日は、人いないですねー。(笑)
正面左手にみえているのが汐留住友ビルです。


ゆりかもめ汐留駅あたり2

そして、やっぱり気になったので汐留住友ビルに入ってみると、かなりおおきな吹き抜けの場所が・・。
しかも奥は、ヴィラフォンテーヌというホテルのエントランスとつながっていました。
こんなホテルもあったんですね。


ゆりかもめ汐留駅あたり3

またすぐ近くには、あの高級ホテルとしてもよく聞くコンラッド東京がありましたよ。
中はすぐフロントだったので、今回は外から入り口のみですが撮ってみました。


ゆりかもめ汐留駅あたり4

また駅の反対側には、日テレのビルもありました。
ちょっとわかりにくいですが、ここはビルの足元あたりのものです。


ゆりかもめ汐留駅あたり5


日テレ前の広場から空を見上げてみたものですが、このあたりは建物が密集していてカレッタほどの目立つビル(目立つのがいいというわけではないですよ・・・。)は、ありませんが、ビルをでればまた違うビル、また違うビルという感じの場所ではありましたかな。。
まあこのことは、ビルに反射してみえているビル群からもわかりますが、どうでしょ。
あと正面は、汐留シティーセンターというビルです。

ちなみにこのあたりというかエリアは「汐留シオサイト」と呼ばれているらしくですね、来年の2007年にすべて完成する一大プロジェクトだそうですよ。(どうりで工事中の場所もいくつかあったわけですね。(笑))

公式HPもありましたよ。


地図
港区東新橋1

ブログネタ
街写真 に参加中!
ちょっと間があいてしまいましたが、汐留からです。
前回のカレッタ汐留の46階にある展望スペースがあり、やっぱり行ってみましたよ。


汐留展望台1

前にとりあげたお台場がみえていますが、この日は、すこし霞がかってて遠くまでは、はっきり見えませんでしたが、以前の逆側からみているなあという思いもあるためか感慨もひとしおといった感じでした。。


汐留展望台2

そして、真下あたりを見ると浜離宮庭園が見えていました。


汐留展望台3

また、すこし左手には、築地の中央卸売り市場が見えていますねー。


汐留展望台4

展望スペースの様子ですが、今回行った時もけっこう人がいました。


汐留展望台5

また、となりに、レストランもあり、吹き抜けになっていて解放感もあり、雰囲気もよさそうですね。
というかかなり高級そうですけど・・。

ということでこの展望スペースは、つくりかたがいいかものか、かなり一般の見物客にとってもウェルカムな感じで、ここも2層吹きぬけになっていて思ってた以上によかったですよ。。


汐留展望台6



地図
港区東新橋1

ブログネタ
街写真 に参加中!
今回は、新橋からすぐの汐留あたりに行ってみました。
このあたりは、ほんと、お台場と違って初めてきてみた場所なのでどうなることやら。(笑)

カレッタ汐留1

まずは、カレッタ汐留あたりに到着。
初めての身としては、どこまでがカレッタなのかわからずあたふたとしてしまいました。(汗)


カレッタ汐留2

そして、行った時は、最下階の広場で、カレッタ公認のストリートライブをやっていましたよ。
上からみるとかなり広場は下のほうですな。
音もかすかに聞こえるくらい。

またここには、劇団四季の常設劇場があったりもします。


カレッタ汐留3

そして、高層部分といえるビルの部分を見上げてみました。
知っているかたも多いとは思いますが、このビルはあの電通の本社ビルでもあり、実は建物的にもけっこう有名で、フランス人建築家のジャンヌーベル氏がメインでデザインしたことでも知られている知る人ぞしるビルだったりしますよ。


カレッタ汐留4

遠めにこのビルを見るとこんな感じです。
まあこんな感じでみると変わった感がわかりますかね?(笑)
かなーりむずかしいかもしれませんが・・・。(汗)



地図
港区東新橋1

ブログネタ
街写真 に参加中!
前回の淀橋浄水場の話ですこしふれたビルで、同じ敷地内にある新宿住友ビルからです。


新宿住友ビルの展望台01

ここにも、近くのビルと同じように、51階にふらっと立ち寄れる無料の展望ロビーがありました。
しかも22時まで開いているそうですよ。


新宿住友ビルの展望台02

ただ写真でもわかる通り展望ロビーからは、左手に都庁がそびえ建っていてパノラマが限定されている感は多少ありますが、逆に都庁がまじかでみれるのはいいかもしれませんね。(笑)
ただ展望室には、簡単な軽食もとれるカフェもあるんですが、それはめずらしいかも。


新宿住友ビルの展望台03

ちなみに、これは新宿住友ビルの1Fからビルの真ん中が屋上まで拭きぬけになっていて、なんかいい感じだったので思わずパチリと。(笑)


地図
新宿区西新宿2

ブログネタ
街写真 に参加中!
ひさしぶりに新宿副都心からです。
やっと、行ってきましたよ。


淀橋浄水場跡1

ここは、前にもとりあげた新宿副都心にある淀橋浄水場が、昔ここらあたりにあった場所のメモリアルとして浄水場跡のモニュメント(蝶型弁)などが置いてある場所で、新宿住友ビルの敷地内1階の三角広場の中にそれとなくあったりします。

あと、壁には「東京水道発祥の地」の解説レリーフがありました。
 

淀橋浄水場跡2

また、このあたりの雰囲気もそれっぽくレトロ風(なんとなくですが・・・。)に見えてしまいます。
バックの高層ビルともなぜだか愛称がいいかも。(笑)


淀橋浄水場跡3

そのほかにも、写真のように出雲大社という説明板がある東屋のようなレンガの建造物などがあったり、その奥の壁はレンガつくりとビルの隙間をうまく活用しているようにもみえますかな。


淀橋浄水場跡4

よくわかりませんが、出雲大社という説明板が・・・。


淀橋浄水場跡5


説明板などによるとですね、ここはあの縁結びの神として知られている出雲大社に参拝するのと同じご利益を受けられる場所らしいですよ。
建物の中央にあるのが、七福神の一人である弁天さまの像みたいですね。(驚)


地図
新宿区西新宿2

ブログネタ
おすすめの本 に参加中!
small planet


最近は、いろんな本屋さんでも見かける写真集ですが、実際の風景写真を、(おそらく撮る時にかな?)、なんらかの工夫をして、ミニチュア模型のように風景が撮られているというなんとも、おもしろい趣旨の本です。
なにも知らせないで見せたら勘違いする人が、続出しそうなくらい、ほんとよく見ないと模型の写真と間違いそう・・。
ほんと、それっぽいです。(笑)
一通り写真集をみると、タイトルの意味にも納得といった感じですかな。
色味も実際の風景にはない鉄道模型とか都市の模型にありそうな鮮やかさが印象的かもです。


このページのトップヘ